for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Equinor ASA

EQNR.OL

現在値

122.50NOK

変化

1.80(+1.49%)

出来高

4,324,357

本日のレンジ

116.30

 - 

122.90

52週レンジ

95.20

 - 

187.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
120.70
始値
119.00
出来高
4,324,357
3か月平均出来高
58.07
高値
122.90
安値
116.30
52週高値
187.20
52週安値
95.20
発行済株式数
3,328.59
時価総額
401,233.60
予想PER
--
配当利回り
5.39

次のエベント

Dividend For EQNR.OL - 0.0900 USD

適時開示

その他

Equinor CEO: Brazil's Peregrino oilfield to resume output next year

Equinor And BP Canada Made Two Oil Discoveries Offshore Newfoundland

Equinor Q3 Adj. Oper Result At $0.78 Bln, Below Estimates

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Equinor ASAとは

エクイナー(Equinor ASA)(旧名:Statoil ASA)は主に石油・ガスの探査と生産に従事するノルウェーを拠点とするエネルギー会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。ノルウェー開発・生産(DPN)事業はノルウェー大陸棚(NCS)にある上流活動を含む。国際開発・生産(DPI)事業はDPI外部と米国開発・生産(DPUSA)事業分野にある上流活動を含む。マーケティング・ミッドストリーム・加工(MMP)事業は石油製品と天然ガスのマーケティング、取引、輸送、加工、製造、開発に従事する。その他の事業は新エネルギー・ソリューション(NES)、技術・プロジェクト・掘削(TPD)、グローバルな戦略とビジネス開発(GSB)、企業スタッフ及びサポート機能事業を含む。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

Forusbeen 50

4035

Norway

+47.51.990000

https://www.equinor.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jon Erik Reinhardsen

Independent Chairman of the Board

Eldar Saetre

President, Chief Executive Officer

Jeroen van der Veer

Independent Deputy Chairman of the Board

Lars Christian Bacher

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jannicke Nilsson

Chief Operating Officer, Executive Vice President

統計

2.69 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

61.0K

2018

78.6K

2019

64.4K

2020(E)

44.0K
EPS (USD)

2017

1.390

2018

2.010

2019

1.480

2020(E)

0.558
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.82
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
3.87
総負債/総資本(四半期)
104.28
長期負債/資本(四半期)
88.93
投資利益率(過去12カ月)
-2.26
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.92

最新ニュース

最新ニュース

米エクソンモービル、第4四半期配当を前期と同水準に

米石油大手エクソン・モービル<XOM.N>は28日、第4・四半期の配当額が前期と同水準の1株当たり0.87ドルになると発表した。

米メキシコ湾岸石油生産の約半分が停止、ハリケーン接近に備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社や港湾当局が同湾上空を移動するハリケーン「ゼータ」への警戒態勢を強めている。英BP<BP.L>、米シェブロン<CVX.N>、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は27日、157の施設から作業員を退避させ、生産を大幅に削減した。パイプライン運営のエンブリッジ<ENB.TO>もルイジアナ州の天然ガス処理施設などから作業員を退避させている。

米原油先物2.6%上昇、ハリケーン接近で一部生産停止

米国時間の米原油先物価格は2%超上昇。ハリケーン接近に備え、米メキシコ湾岸の石油企業が生産を一部停止した。一方、新型コロナウイルスの感染拡大やリビアの供給増で上値は抑えられた。

米メキシコ湾岸石油生産の16%が停止、ハリケーン「ゼータ」接近に備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社は26日、熱帯低気圧からハリケーンに発達した「ゼータ」の接近に備え、湾岸の石油施設の操業を相次ぎ停止し、作業員を退避させた。

ノルウェー海洋油田スト終了へ、賃金交渉で労使合意

ノルウェーの海洋油田労働者のストライキで一部油田の操業が停止している問題で、石油会社側と労組側の交渉担当者は9日、賃金交渉で合意し、ストライキに終止符が打たれると述べた。

ノルウェー海洋油田スト、労使が9日の調停で合意

ノルウェーの海洋油田労働者のストライキで一部油田の操業が停止している問題で、石油会社側と労組幹部は8日、スト終了に向けて9日朝に国が指名した調停人と会うことで合意したと明らかにした。

ノルウェー油田労組のスト継続、北海最大油田が14日に操業停止も

ノルウェーの石油大手エクイノール<EQNR.OL>は7日、同国の海洋油田労働者によるストが来週14日までに終了しない場合、同社が操業する北海最大のヨハン・スヴェルダップ油田の操業を停止する必要が生じると明らかにした。

ノルウェー海洋油田労組、10日からスト拡大も

ノルウェーの海洋油田労働者らの労組「Lederne」は6日、ノルウェー石油・ガス協会(NOG)との賃金交渉がまとまらない場合、10日からストライキの規模を拡大すると明らかにした。

米メキシコ湾岸の石油施設が相次ぎ操業停止、ハリケーンに備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社は6日、5段階分類で2番目に強い「カテゴリー4」に発達したハリケーン「デルタ」の接近に備え、湾岸の石油施設の操業を相次ぎ停止し、作業員を退避させている。

コラム:地球の脱炭素化、中国が握る命運 対策次第で好循環も

中国の習近平国家主席はこのほど、二酸化炭素(CO2)排出量を2060年までに実質ゼロにするとの骨の折れる宿題を自らに課して見せた。14兆ドル(約1480兆円)規模の中国経済はいまのところ、大量のCO2を排出する化石燃料への依存度が圧倒的に高く、習氏は目標達成のために国内のエネルギー供給体制を劇的に変える方法を見つけなければならない。解決策が見つかれば、中国だけでなく、同じ課題を抱える他の国々も恩恵を受けるかもしれない。

ハリケーン「サリー」が勢力強める、15日に米メキシコ湾岸上陸か

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ハリケーン「サリー」は14日時点でメキシコ湾上で勢力を急速に強めており、15日に米メキシコ湾岸中央部に到達する可能性がある。

米メキシコ湾岸に熱帯低気圧接近 1カ月で2個目のハリケーンに

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、13日時点で熱帯低気圧「サリー」が米フロリダ州西岸沖合で勢力を強めつつあり、5段階分類で下から2番目の「カテゴリー2」のハリケーンに発達する見込み。米メキシコ湾岸に危険な高潮や強風をもたらす恐れがある。

米石油ガス輸出、ハリケーンで大きな影響 施設再開へ被害調査

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、米国の石油・ガス輸出に大きな影響が出ている。港湾の閉鎖などで原油輸出は今週、日量100万バレル近く減少する可能性が高い。

メキシコ湾の石油施設再開に向け各社が被害調査、ハリケーン通過で

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、エネルギー各社は沖合の石油生産施設などへの被害状況の調査を進めており、27日にも初期の調査結果が判明する見通し。

米に2つのハリケーン上陸へ、メキシコ湾・カリブ海地域で被害拡大

ハリケーン「マルコ」と熱帯性低気圧「ローラ」が23日、カリブ海とメキシコ湾に同時に襲来し、米ルイジアナ州沿岸部やキューバで多くの住民が避難を余儀なくされたほか、ハイチの首都では道路が浸水している。これらの地域では今週、さらに被害が拡大することが予想されている。

中国、米国産原油の購入拡大 通商合意の検証控え=関係者

米中による第1段階通商合意の検証を控え、中国が米国産原油の購入を増やしていることが、関係者らの話で分かった。中国による米国産原油の輸入は今後数週間で大幅に拡大する見通しで、中国の国営石油各社は8─9月にかけて、最低2000万バレルの原油輸送に必要なタンカーを押さえたという。

世界の石油・ガス大手12社、温室効果ガス削減で共同目標を初設定

世界の石油・ガス大手12社が設立した温暖化対策に取り組む国際組織「石油・ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、業界による気候変動の取り組み姿勢に対する圧力が高まる中、温室効果ガスの削減目標を初めて設定した。

石油大手の国際組織、温室効果ガス削減で共同目標

世界の大手石油会社が加盟する環境対策の共同組織「石油・天然ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、温室効果ガスの共同削減目標を初めて設定した。

石油大手、第2四半期の資金調達額は過去最大 債務圧力高まる

世界の石油・ガス大手は2020年第2・四半期に低金利の環境を活用し、過去最大の債務による資金調達を行った。新型コロナウイルス流行による大幅減収に対応する財務上の余裕を確保するため、現金保有を高めた。

ノルウェー、現行の減産計画維持 OPECプラス延長合意受け

ノルウェーは8日、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国で構成する「OPECプラス」が現行水準での協調減産を7月末まで延長することで合意したことを受け、自国の現行の減産計画を変更する予定はないと表明した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up