for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Equinor ASA

EQNR.OL

現在値

182.74NOK

変化

3.96(+2.22%)

出来高

884,012

本日のレンジ

180.00

 - 

182.80

52週レンジ

116.30

 - 

182.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
178.78
始値
180.00
出来高
884,012
3か月平均出来高
70.82
高値
182.80
安値
180.00
52週高値
182.80
52週安値
116.30
発行済株式数
3,246.25
時価総額
573,603.90
予想PER
11.18
配当利回り
2.16

次のエベント

Equinor ASA Capital Markets Day

適時開示

その他

Equinor Ends Investigation Of Fires At Tjeldbergodden And Hammerfest

Equinor ASA Annual General Meeting Approved Dividend Of USD 0.12 Per Share For Fourth Quarter 2020

Equinor - Teams up with Vårgrønn For Floating Wind At Utsira Nord

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Equinor ASAとは

エクイナー(Equinor ASA)(旧名:Statoil ASA)は主に石油・ガスの探査と生産に従事するノルウェーを拠点とするエネルギー会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。ノルウェー開発・生産(DPN)事業はノルウェー大陸棚(NCS)にある上流活動を含む。国際開発・生産(DPI)事業はDPI外部と米国開発・生産(DPUSA)事業分野にある上流活動を含む。マーケティング・ミッドストリーム・加工(MMP)事業は石油製品と天然ガスのマーケティング、取引、輸送、加工、製造、開発に従事する。その他の事業は新エネルギー・ソリューション(NES)、技術・プロジェクト・掘削(TPD)、グローバルな戦略とビジネス開発(GSB)、企業スタッフ及びサポート機能事業を含む。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

Forusbeen 50

4035

Norway

+47.51.990000

https://www.equinor.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jon Erik Reinhardsen

Independent Chairman of the Board

Anders Opedal

President, Chief Executive Officer

Jeroen van Der Veer

Independent Deputy Chairman of the Board

Svein Skeie

Acting Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jannicke Nilsson

Chief Operating Officer, Executive Vice President

統計

2.55 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

78.6K

2019

64.4K

2020

45.8K

2021(E)

66.4K
EPS (USD)

2018

2.010

2019

1.480

2020

0.280

2021(E)

1.943
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.49
株価純資産倍率(四半期)
1.94
株価キャッシュフロー倍率
9.82
総負債/総資本(四半期)
97.62
長期負債/資本(四半期)
86.67
投資利益率(過去12カ月)
-3.14
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.62

最新ニュース

最新ニュース

再生エネ比率、石油業界予想上回るペースで拡大へ=調査会社

ノルウェーのエネルギー調査会社ライスタッド・エナジーは6日、2050年までに世界の全エネルギー需要の74%を再生可能エネルギーが満たすとの最新見通しを示した。石油大手各社や国際エネルギー機関(IEA)の予想をはるかに上回る水準となる。

原油先物は反落、ドル高で 米寒波で供給なお逼迫

アジア時間の原油先物は下落している。ドルの上昇が背景。前日までは米南部の寒波で原油生産や精製が停止したことを受け、2日連続で上昇していた。

ノルウェー石油労組、賃上げ交渉で経営側と合意 スト回避

ノルウェーの石油労組「セーフ」と経営側は16日、賃上げ交渉で合意し、モンスタッド・ターミナルでのストが回避された。

エクイノール、2020年は過去最大の赤字 米シェール事業を売却へ 

ノルウェーの石油会社エクイノールが10日に発表した2020年決算は、過去最大となる55億ドルの純損失を計上した。新型コロナウイルス感染拡大で原油・ガス価格が下落し、多額の評価損が発生した。

ノルウェー、6月から実施の原油量削減を年末で終了

ノルウェーの石油・エネルギー省は1日、6月以降実施してきた原油生産量の削減を12月31日で終了するとの声明を発表した。

今年の中国温暖化ガス排出量、前年上回る見込み=IEA事務局長

国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は25日、2020年の中国の温暖化ガス排出量が前年比で増加するとの見通しを明らかにした。新型コロナウイルス流行後に増えたという。

エクイノール・ハイドロ・パナソニック、電池事業巡る覚書に署名

ノルウェーの石油会社エクイノール<EQNR.OL>とノルウェーのアルミ大手ノルスク・ハイドロ<NHY.OL>、パナソニック<6752.T>の3社は18日、欧州電池市場における事業展開の実現可能性を評価するためのパートナーシップに関する覚書に署名したと発表した。ノルウェーでの自動車向けリチウムイオン電池生産事業の可能性を探る。

BRIEF-パナソニックおよびエクイノールと欧州における電池事業の可能性評価のための覚書に署名=ノルスク・ハイドロ

* パナソニックおよびエクイノールと欧州における電池事業の可能性評価のための覚書に署名=ノルスク・ハイドロ (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

石油需要は2027-28年がピーク、従来予想は30年=エクイノール

ノルウェーの石油会社エクイノール<EQNR.OL>は17日、年次見通しを発表し、世界の石油需要は2027─2028年頃までにピークを迎える、との予測を明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同社の従来見通しに比べピークが2年程度早まるという。

米エクソンモービル、第4四半期配当を前期と同水準に

米石油大手エクソン・モービル<XOM.N>は28日、第4・四半期の配当額が前期と同水準の1株当たり0.87ドルになると発表した。

米メキシコ湾岸石油生産の約半分が停止、ハリケーン接近に備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社や港湾当局が同湾上空を移動するハリケーン「ゼータ」への警戒態勢を強めている。英BP<BP.L>、米シェブロン<CVX.N>、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は27日、157の施設から作業員を退避させ、生産を大幅に削減した。パイプライン運営のエンブリッジ<ENB.TO>もルイジアナ州の天然ガス処理施設などから作業員を退避させている。

米原油先物2.6%上昇、ハリケーン接近で一部生産停止

米国時間の米原油先物価格は2%超上昇。ハリケーン接近に備え、米メキシコ湾岸の石油企業が生産を一部停止した。一方、新型コロナウイルスの感染拡大やリビアの供給増で上値は抑えられた。

米メキシコ湾岸石油生産の16%が停止、ハリケーン「ゼータ」接近に備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社は26日、熱帯低気圧からハリケーンに発達した「ゼータ」の接近に備え、湾岸の石油施設の操業を相次ぎ停止し、作業員を退避させた。

ノルウェー海洋油田スト終了へ、賃金交渉で労使合意

ノルウェーの海洋油田労働者のストライキで一部油田の操業が停止している問題で、石油会社側と労組側の交渉担当者は9日、賃金交渉で合意し、ストライキに終止符が打たれると述べた。

ノルウェー海洋油田スト、労使が9日の調停で合意

ノルウェーの海洋油田労働者のストライキで一部油田の操業が停止している問題で、石油会社側と労組幹部は8日、スト終了に向けて9日朝に国が指名した調停人と会うことで合意したと明らかにした。

ノルウェー油田労組のスト継続、北海最大油田が14日に操業停止も

ノルウェーの石油大手エクイノール<EQNR.OL>は7日、同国の海洋油田労働者によるストが来週14日までに終了しない場合、同社が操業する北海最大のヨハン・スヴェルダップ油田の操業を停止する必要が生じると明らかにした。

ノルウェー海洋油田労組、10日からスト拡大も

ノルウェーの海洋油田労働者らの労組「Lederne」は6日、ノルウェー石油・ガス協会(NOG)との賃金交渉がまとまらない場合、10日からストライキの規模を拡大すると明らかにした。

米メキシコ湾岸の石油施設が相次ぎ操業停止、ハリケーンに備え

米メキシコ湾岸のエネルギー各社は6日、5段階分類で2番目に強い「カテゴリー4」に発達したハリケーン「デルタ」の接近に備え、湾岸の石油施設の操業を相次ぎ停止し、作業員を退避させている。

コラム:地球の脱炭素化、中国が握る命運 対策次第で好循環も

中国の習近平国家主席はこのほど、二酸化炭素(CO2)排出量を2060年までに実質ゼロにするとの骨の折れる宿題を自らに課して見せた。14兆ドル(約1480兆円)規模の中国経済はいまのところ、大量のCO2を排出する化石燃料への依存度が圧倒的に高く、習氏は目標達成のために国内のエネルギー供給体制を劇的に変える方法を見つけなければならない。解決策が見つかれば、中国だけでなく、同じ課題を抱える他の国々も恩恵を受けるかもしれない。

ハリケーン「サリー」が勢力強める、15日に米メキシコ湾岸上陸か

米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ハリケーン「サリー」は14日時点でメキシコ湾上で勢力を急速に強めており、15日に米メキシコ湾岸中央部に到達する可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up