for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericsson

ERIC.O

現在値

10.32USD

変化

0.32(+3.22%)

出来高

6,627,105

本日のレンジ

10.18

 - 

10.36

52週レンジ

9.93

 - 

15.31

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
10.00
始値
10.29
出来高
6,627,105
3か月平均出来高
134.62
高値
10.36
安値
10.18
52週高値
15.31
52週安値
9.93
発行済株式数
3,329.99
時価総額
33,814.42
予想PER
14.06
配当利回り
3.15

次のエベント

Telefonaktiebolaget LM Ericsson at UBS Global TMT Conference

適時開示

その他

Ericsson To Acquire Vonage For $6.2 Billion

Nokia CEO: Semiconductor shortage will get worse before it gets better

Telenet Group Holding Is Further Expanding Its Partnership With Ericsson

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericssonとは

エリクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)はスウェーデンの電気通信オペレーターである。【事業内容】同社は各分野でモビリティ、ブロードバンド、クラウドの開発を推進するハードウェア、ソフトウェア及びサービスを提供する。主な事業はラジオ、コアとトランスミッション、及び電気通信サービスである。同社は3つの事業区分により構成される。同社はビジネスサポートシステム(OSS)及びビジネスサポートシステム(BSS)、テレビとメディア、並びにインターネットプロトコル(IP)とクラウド分野に向いて運営する。ネットワーク事業はモバイル及び固定通信、各世代の無線ネットワーク、IP及び伝送ネットワーク、並びにコアネットワーク及びクラウド向けの製品とソリューションを提供する。グローバルサービス事業はマネージドサービス、製品関連サービス、コンサルタントとシステム統合サービス、並びに放送とメディアサービスを提供する。サポートソリューション事業はオペレーター向けのソフトウェアスイートを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

Torshamnsgatan 21

164 40

Sweden

+46.10.7190000

https://www.ericsson.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ronnie Leten

Non-Executive Independent Chairman of the Board

E. Boerje E. Ekholm

President, Chief Executive Officer, Director

Helena Stjernholm

Deputy Chairman of the Board

Jacob Wallenberg

Deputy Chairman of the Board

Carl Mellander

Senior Vice President, Chief Financial Officer and Head of Group Function Finance and Common Functions

統計

2.33 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

24.2K

2019

24.1K

2020

25.3K

2021(E)

26.6K
EPS (USD)

2018

0.110

2019

0.460

2020

0.634

2021(E)

0.707
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.10
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.34
株価純資産倍率(四半期)
3.13
株価キャッシュフロー倍率
10.34
総負債/総資本(四半期)
42.80
長期負債/資本(四半期)
30.13
投資利益率(過去12カ月)
12.50
自己資本利益率(過去12カ月)
7.05

最新ニュース

最新ニュース

再送-欧州市場サマリー(22日)

(誤字を修正して再送します) [22日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。鉱業株 と銀行株が上昇し、相場全体を押し上げた。 チリ産銅大手アントファガスタは5.0%大幅高。チリで21日実施された 大統領選挙で右派のホセアントニオ・カスト元下院議員がリードし、政治的な不透明感が やや払拭されたことから買われた。 FTSE350種鉱業株指数は1.73%、政策金利の動きに敏感な 銀行株指数は1.42%それぞれ上昇した。 通信大手BT、携帯電話サービス大手のボーダフォンはそれぞれ2. 5%、3.2%上昇。米投資ファンドKKR...

欧州株式市場=ほぼ横ばい、ロックダウン懸念が影を落とす

欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を終え た。イタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)の非公開化に向 けた米投資会社KKRによる120億ドルの買収提案を受けてテレコム ・イタリアが上昇したものの、ドイツがロックダウン(都市封鎖)規制 の強化を警告したことが影を落とした。 STOXX欧州600種指数は小幅続落。ドイツのメルケ ル首相が新型コロナウイルス感染再拡大を抑えるためにより厳しい規制 が必要と発言したのが下落要因となった。この発言は、オーストリアで 新型コロナ感染者数が急増し、ロックダウンが再び導入されたのに続く 動きとなった。...

エリクソン、クラウドのボネージ買収 62億ドル

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは22日、クラウドコミュニケーションのボネージを62億ドルで買収することに合意したと発表した。

ノキア、第3四半期利益は5G需要で予想超え 供給制約の影響も

大手通信機器メーカー、フィンランドのノキアが28日発表した第3・四半期決算は営業利益が市場予想を上回った。通信業界の5G導入の動きやコスト削減の取り組みが寄与した。

欧州市場サマリー(25日)

イタリア10年債利回りは4.5bp低下の0.92%となり、ドイツ 10年債との利回り差が103bpに縮小した。 発行市場では欧州連合(EU)が7年債リオープン(銘柄統合)入札を実施し24億 9700万ユーロを調達した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.1611 1.1656 ドル/円 113.69 113.62 ユーロ/円 132.01 132.47 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 472.21 +0.33 +0.07 471.88...

欧州株式市場=ほぼ横ばい、工業株下落が他の上昇を相殺

週明けの欧州株式市場はほぼ横ばいで取 引を終えた。銀行株やコモディティー関連株が上昇したものの、債券利 回り上昇による工業株の下落に相殺された。通信部門の見通し悪化も投 資家心理を悪化させた。 インフレ上昇や経済成長の鈍化に対する懸念も投資家心理を圧迫し た。 STOXX欧州600種資源株指数、石油・ガス株指数<.S XEP>はそれぞれ1.81%、0.98%上昇。原油価格が数年来の高値 を付けたことや、中国の在庫が減少して銅価格が反発したのが好感され た。 債券利回りの上昇を背景に銀行株指数は0.84%上昇し 、2年超ぶりの高値となった...

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。保険株 や小売株が上昇し、相場全体をけん引した。 FTSE350種損害保険株指数と小売株指数はそれ ぞれ1.21%、1.04%値上がりした。 ただ、インフレとサプライチェーン圧力の高まりを受けてイングランド銀行(英中央 銀行)が年内にも利上げに踏み切るとの見方からポンドが上昇したため、輸出関連株が売 られ、FTSE100種の上値を抑えた。 英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などの親会社IAGは5 .8%下落。ベレンバーグが投資判断や株価目標を引き下げたことが嫌気された。 一方、中型株...

欧州株式市場=反発、ディフェンシブ銘柄が上昇

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 ディフェンシブ銘柄の上昇などが相場をけん引し、フランス乳製品大手 ダノンやスウェーデン通信機器大手エリクソンの下落を相殺した。米医 薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N >や保険のトラベラーズといった米企業の好業績も投資家心理を 支えた。 STOXX欧州600種電力株指数、建設・資材株指数<.S XOP>がそれぞれ1.28%、0.85%上昇。ドイツのミュンヘン再保 険は2.6%上昇し、第3・四半期の利益が倍増したのが好 感された。 一方、ダノンは3.0%下がり、来年...

エリクソン、第3四半期中核利益は予想超え 中国事業は不振

通信機器大手、スウェーデンのエリクソンが19日発表した第3・四半期決算は、中核利益(調整後営業利益)が市場予想を上回った。各国での5G関連機器の販売が好調で、中国本土のシェア縮小や世界的なサプライチェーン(供給網)混乱による打撃をカバーした。

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想上回る

フィンランドの通信機器大手ノキアは29日、通期の業績予想を上方修正した。第2・四半期の営業利益が予想を上回ったことが背景。

ノキア、中国で5G設備を初契約 エリクソンはシェア低下

フィンランドの通信機器大手ノキアは19日、中国移動が実施した高速通信規格「5G」設備の入札で受注業者に選ばれ、同国で初めて5G契約を結んだ。一方、スウェーデンの通信機器大手エリクソンは政治的対立を背景にシェアが縮小した。

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。鉱業株が軟調だったことや、新型コロナウイルス感染の急増により経済活動再開への期待が後退した。

欧州株式市場=続落、資源株売られる

(26日から表は本文の下に表示します) [16日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 454.74 -1.46 -0.32 456.20 種 FTSEユーロファー 1754.64 -6.66 -0.38 1761.30 スト300種 ユーロSTOXX50 4035.77 -20.62 -0.51 4056.39 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。資源大手リオ・ティントの 鉄鉱石の出荷が減ったことで資源株全体が値下がりした。 STOXX欧州600種資源株指数...

エリクソン、第2四半期中核利益が予想割れ 中国本土で販売さえず

スウェーデンの通信機器大手エリクソンが16日発表した第2・四半期決算は、中核利益が市場予想を下回った。ほとんどの市場で高速通信規格5G関連機器の販売が堅調だったが、中国本土での販売がさえなかった。

米インテル、印リライアンス・ジオと5G技術で協力

米半導体大手インテルは21日、インドのリライアンス・インダストリーズ傘下のリライアンス・ジオと高速通信規格「5G」ネットワーク技術の開発で協力すると発表した。

英ボーダフォン、5G設備の調達先にサムスン電子を選定

英通信大手ボーダフォン・グループは、英国内の5G(第5世代通信)網設備の調達先に韓国のサムスン電子を選定した。

英ボーダフォン、5G設備の調達先にサムスン電子を選定

英通信大手ボーダフォン・グループは、英国内の5G(第5世代通信)網設備の調達先に韓国のサムスン電子を選定した。

エリクソン、中国5G市場でシェア低下の恐れ ファーウェイ排除で

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは24日、現在の中国通信インフラ市場でのシェアに比べて、高速通信規格「5G」市場では同社シェアが縮小する可能性があるとの見方を示した。

インド、5G整備検証実験でエリクソンなど選定 中国系含まれず

インド政府は4日、次世代通信規格「5G」網整備に向けた検証実験で、装備や設備の発注対象となる企業にフィンランドのノキアやスウェーデンのエリクソンなどを選出した。中国の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)は含まれなかった。

焦点:ミリ秒遅れを解消せよ、音楽家と技術者のタッグで新技術

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によるロックダウンで離ればなれの状態が続く中、ミュージシャンたちは何とか一緒に演奏活動をしようと知恵を絞ってきた。オンライン接続におけるミリ秒単位での遅延を解消しようとテクノロジー企業と手を組んだことで、音楽の領域を越えた技術革新が加速している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up