for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericsson

ERICb.ST

現在値

98.98SEK

変化

-0.50(-0.50%)

出来高

8,609,640

本日のレンジ

98.71

 - 

100.42

52週レンジ

93.42

 - 

121.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
99.48
始値
99.98
出来高
8,609,640
3か月平均出来高
147.39
高値
100.42
安値
98.71
52週高値
121.80
52週安値
93.42
発行済株式数
3,329.59
時価総額
331,974.60
予想PER
16.94
配当利回り
2.01

次のエベント

Dividend For ERICb.ST - 1.0000 SEK

適時開示

その他

Telefonica Awards Ericsson And Nokia Contract For Its 5G Network Radio In Spain

Telefonaktiebolaget LM Ericsson Q2 Oper Income Up At SEK 5.8 Bln

Ericsson And Anterix Collaborate To Deploy Private Network Operational Models In Utilities Segment

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericssonとは

エリクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)はスウェーデンの電気通信オペレーターである。【事業内容】同社は各分野でモビリティ、ブロードバンド、クラウドの開発を推進するハードウェア、ソフトウェア及びサービスを提供する。主な事業はラジオ、コアとトランスミッション、及び電気通信サービスである。同社は3つの事業区分により構成される。同社はビジネスサポートシステム(OSS)及びビジネスサポートシステム(BSS)、テレビとメディア、並びにインターネットプロトコル(IP)とクラウド分野に向いて運営する。ネットワーク事業はモバイル及び固定通信、各世代の無線ネットワーク、IP及び伝送ネットワーク、並びにコアネットワーク及びクラウド向けの製品とソリューションを提供する。グローバルサービス事業はマネージドサービス、製品関連サービス、コンサルタントとシステム統合サービス、並びに放送とメディアサービスを提供する。サポートソリューション事業はオペレーター向けのソフトウェアスイートを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

Torshamnsgatan 21

164 40

Sweden

+46.10.7190000

https://www.ericsson.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ronnie Leten

Non-Executive Independent Chairman of the Board

E. Boerje E. Ekholm

President, Chief Executive Officer, Director

Helena Stjernholm

Deputy Chairman of the Board

Jacob Wallenberg

Deputy Chairman of the Board

Carl Mellander

Senior Vice President, Chief Financial Officer and Head of Group Function Finance and Common Functions

統計

2.04 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SEK)

2018

210.8K

2019

227.2K

2020

232.4K

2021(E)

233.7K
EPS (SEK)

2018

0.960

2019

4.320

2020

5.830

2021(E)

5.871
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.77
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.43
株価純資産倍率(四半期)
3.55
株価キャッシュフロー倍率
11.53
総負債/総資本(四半期)
45.78
長期負債/資本(四半期)
30.84
投資利益率(過去12カ月)
12.76
自己資本利益率(過去12カ月)
7.11

最新ニュース

最新ニュース

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想上回る

フィンランドの通信機器大手ノキアは29日、通期の業績予想を上方修正した。第2・四半期の営業利益が予想を上回ったことが背景。

ノキア、中国で5G設備を初契約 エリクソンはシェア低下

フィンランドの通信機器大手ノキアは19日、中国移動が実施した高速通信規格「5G」設備の入札で受注業者に選ばれ、同国で初めて5G契約を結んだ。一方、スウェーデンの通信機器大手エリクソンは政治的対立を背景にシェアが縮小した。

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。鉱業株が軟調だったことや、新型コロナウイルス感染の急増により経済活動再開への期待が後退した。

欧州株式市場=続落、資源株売られる

(26日から表は本文の下に表示します) [16日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 454.74 -1.46 -0.32 456.20 種 FTSEユーロファー 1754.64 -6.66 -0.38 1761.30 スト300種 ユーロSTOXX50 4035.77 -20.62 -0.51 4056.39 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。資源大手リオ・ティントの 鉄鉱石の出荷が減ったことで資源株全体が値下がりした。 STOXX欧州600種資源株指数...

エリクソン、第2四半期中核利益が予想割れ 中国本土で販売さえず

スウェーデンの通信機器大手エリクソンが16日発表した第2・四半期決算は、中核利益が市場予想を下回った。ほとんどの市場で高速通信規格5G関連機器の販売が堅調だったが、中国本土での販売がさえなかった。

米インテル、印リライアンス・ジオと5G技術で協力

米半導体大手インテルは21日、インドのリライアンス・インダストリーズ傘下のリライアンス・ジオと高速通信規格「5G」ネットワーク技術の開発で協力すると発表した。

英ボーダフォン、5G設備の調達先にサムスン電子を選定

英通信大手ボーダフォン・グループは、英国内の5G(第5世代通信)網設備の調達先に韓国のサムスン電子を選定した。

英ボーダフォン、5G設備の調達先にサムスン電子を選定

英通信大手ボーダフォン・グループは、英国内の5G(第5世代通信)網設備の調達先に韓国のサムスン電子を選定した。

エリクソン、中国5G市場でシェア低下の恐れ ファーウェイ排除で

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは24日、現在の中国通信インフラ市場でのシェアに比べて、高速通信規格「5G」市場では同社シェアが縮小する可能性があるとの見方を示した。

インド、5G整備検証実験でエリクソンなど選定 中国系含まれず

インド政府は4日、次世代通信規格「5G」網整備に向けた検証実験で、装備や設備の発注対象となる企業にフィンランドのノキアやスウェーデンのエリクソンなどを選出した。中国の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)は含まれなかった。

焦点:ミリ秒遅れを解消せよ、音楽家と技術者のタッグで新技術

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によるロックダウンで離ればなれの状態が続く中、ミュージシャンたちは何とか一緒に演奏活動をしようと知恵を絞ってきた。オンライン接続におけるミリ秒単位での遅延を解消しようとテクノロジー企業と手を組んだことで、音楽の領域を越えた技術革新が加速している。

エリクソン第1四半期決算、中核利益が増加 特許訴訟が圧迫

スウェーデンの通信機器大手エリクソンの第1・四半期決算は、中核利益が市場予想を上回った。サムスン電子との特許訴訟の影響でロイヤルティー収入が減少したが高速通信規格5G関連機器の好調な販売で相殺した。

ノキア、今後2年で最大1万人削減 研究開発投資を加速へ

フィンランドの通信機器大手ノキアは16日、今後2年で最大1万人の人員削減を行う計画を明らかにした。コストを削減し、研究開発投資を増やす狙いがある。

インド、通信設備でファーウェイ除外へ 6月から調達先を限定

インドは、国内通信インフラで中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製品を排除する見通しだ。通信省は10日、通信事業者に対し、6月15日以降は政府が認定した「信頼できる」製品の調達を求めた。先進技術を使う事業を中国企業に発注することに安全保障上の懸念があることに加え、国内の通信機器産業を支援する狙いもある。

ノキア、第4四半期決算は予想上回る 5G事業が寄与

フィンランドの通信機器メーカー、ノキアが発表した2020年第4・四半期決算は売上高と実質利益が予想を上回った。

欧州市場サマリー(29日)

保険大手プルーデンシャルは今週、15.9%下落した。資金調達や米事業 の分離に関する計画が嫌気された。ドイツ銀行やUBS、バンク・オブ・アメリカなどは プルーデンシャルの目標株価を引き下げた。 一方、オンライン衣料販売大手ブーフーはこの日、1.5%高。経営破綻し た英アルカディア・グループ傘下のブランド「ドロシーパーキンス」と「ウォリス」、「 バートン」の買収を巡りアルカディアと協議していると追認したことが材料視された。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 反落して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの供給の遅 れに関する不安が高...

欧州株式市場=反落、週間ベースで昨年10月以来の大幅安

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 395.85 -7.54 -1.87 403.39 種 FTSEユーロファー 1524.10 -30.35 -1.95 1554.45 スト300種 ユーロSTOXX50 3481.44 -75.60 -2.13 3557.04 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの供給の遅れに 関する不安が高まっているほか、個人投資家の取り引きが過熱する中で米国株式相場が乱 高下し、STOXX欧州600種は週間ベースで...

エリクソン、第4四半期は予想上回る 5G事業が好調

スウェーデンの通信機器大手エリクソンが29日発表した第4・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。次世代通信規格「5G」関連の売り上げが好調だったほか、複数の国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ) を排除する動きも引き続き追い風となった。

中国ファーウェイ、スウェーデン5G入札で上訴

中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)は、スウェーデンの裁判所が昨年末、通信当局PTSに対し、同社抜きで次世代通信規格「5G」の周波数帯割り当て入札を実施することを認める判断を下したことを不服として、上訴した。

アングル:「脱ガラパゴス」で海外にらむ電電ファミリー

NTTを軸に、通信機器ベンダーのNECや富士通といったかつての「電電ファミリー」が、携帯基地局の海外販路拡大に打って出ている。海外の大手ベンダーによる寡占市場が米中摩擦を契機に揺らいでおり、「ガラパゴス」と揶揄(やゆ)されたこともある日本の通信業界は、他国の同業とも手を組む戦略に転じて商機を探っている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up