for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericsson

ERICb.ST

前日終値

77.94SEK

変化

--(--)

出来高

--

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

72.82

 - 

96.74

As of on the Stockholm Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
77.94
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
156.43
高値
--
安値
--
52週高値
96.74
52週安値
72.82
発行済株式数
3,305.14
時価総額
256,949.30
予想PER
21.35
配当利回り
1.30

次のエベント

Telefonaktiebolaget LM Ericsson at Handelsbanken Nordic Blue Chip Seminar

適時開示

その他

Nokia CFO: Strong H1 Gave Confidence To Hike Market View

Ericsson Q2 Operating Income In Line With Estimates At SEK 3.7 Billion

Ericsson: Telkomsel Indonesia To Deploy Ericsson Core In Preparation For 5G

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericssonとは

エリクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)はスウェーデンの電気通信オペレーターである。【事業内容】同社は各分野でモビリティ、ブロードバンド、クラウドの開発を推進するハードウェア、ソフトウェア及びサービスを提供する。主な事業はラジオ、コアとトランスミッション、及び電気通信サービスである。同社は3つの事業区分により構成される。同社はビジネスサポートシステム(OSS)及びビジネスサポートシステム(BSS)、テレビとメディア、並びにインターネットプロトコル(IP)とクラウド分野に向いて運営する。ネットワーク事業はモバイル及び固定通信、各世代の無線ネットワーク、IP及び伝送ネットワーク、並びにコアネットワーク及びクラウド向けの製品とソリューションを提供する。グローバルサービス事業はマネージドサービス、製品関連サービス、コンサルタントとシステム統合サービス、並びに放送とメディアサービスを提供する。サポートソリューション事業はオペレーター向けのソフトウェアスイートを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

Torshamnsgatan 21

+46.10.7190000

https://www.ericsson.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ronnie Leten

Chairman of the Board

Borje E. Ekholm

President, Chief Executive Officer, Director

Helena Stjernholm

Deputy Chairman of the Board

Jacob Wallenberg

Deputy Chairman of the Board

Carl Mellander

Senior Vice President, Chief Financial Officer and Head of Group Function Finance & Common Functions

統計

2.50 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SEK)

2016

222.6K

2017

201.3K

2018

210.8K

2019(E)

224.4K
EPS (SEK)

2016

2.660

2017

1.420

2018

0.960

2019(E)

3.610
株価売上高倍率(過去12カ月)
1,235.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.16
株価純資産倍率(四半期)
3.02
株価キャッシュフロー倍率
31.45
総負債/総資本(四半期)
53.61
長期負債/資本(四半期)
48.22
投資利益率(過去12カ月)
0.31
自己資本利益率(過去12カ月)
0.18

最新ニュース

英政府、ファーウェイ問題で今秋に決断へ=デジタル相

の製品の利用を認めるか今年秋に決定すると述べた。

中国、インドに報復措置警告 ファーウェイ排除なら

を排除した場合、中国で事業展開するインド企業に影響があると警告した。関係筋が6日、明らかにした。

ノキア、第2四半期は予想上回る増益 5Gが好調

フィンランドの通信機器大手ノキアが発表した第2・四半期決算は、予想を上回る増益となった。

UPDATE 1-英国、5Gへのファーウェイ参画巡る決断を先送り

英国は22日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米制裁措置の影響が明らかになるまで、第5世代(5G)通信網の構築へのファーウェイの参画を巡る決断を先送りすると発表した。

英国の新首相、ファーウェイ問題で早急な決断を=議会委員会

英議会の情報安全保障委員会(ISC)は19日、国内の第5世代(5G)通信網に中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を採用するかどうか、新首相が早急に決定する必要があると表明した。

英国の新首相、ファーウェイ問題で早急な決断を=議会委員会

英議会の情報安全保障委員会(ISC)は19日、国内の第5世代(5G)通信網に中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を採用するかどうか、新首相が早急に決定する必要があると表明した。

欧州市場サマリー(17日)

ユーロ圏の10年債利回りは軒並み3─6ベーシスポイント(bp)低下。 イタリア10年債利回りは一時1.57%と、2016年終盤以来の低 水準を付けた。 仏10年債利回りは5bp低下のマイナス0.04%と、今月初旬に付 けた過去最低水準のマイナス0.14%に迫った。 独10年債利回りもマイナス0.29%。 FRBの利下げ観測を背景に、欧州中央銀行(ECB)が9月に利下げを実施すると の憶測も広がっている。 クーレECB専務理事は、理事会を来週に控えたこの日、インフレ率が目標に向かう のを支援するために、必要なら行動する用意があると述べた。...

欧州株式市場=反落、決算軟調でスウェーデン株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 387.66 -1.44 -0.37 389.10 種 FTSEユーロファー 1525.29 -5.22 -0.34 1530.51 スト300種 DJユーロSTOXX 3501.58 -19.78 -0.56 3521.36 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算でスウェーデンの銘柄が売られた ほか、原油安を受け石油株が値を下げた。 スウェーデンの銀行株が重しとなりSTOXX欧州600種銀行株指数は1 .50%低下した...

「つながる車」通信規格で5Gに道、EUがWiFi案否決

欧州連合(EU)各国は4日、インターネットにつながる車の通信規格を巡り、欧州委員会のWi─Fi(ワイファイ)ベース案を否決した。 BMW<BMWG.DE>やクアルコム<QCOM.O>が支持する5世代移動通信ネットワーク(5G)に軍配が上がり、実現に道を開いた。

特別リポート:中国クラウドホッパー攻撃、西側敗北の裏事情

スウェーデンの通信機器大手エリクソン<ERICb.ST>は、2014年から17年にかけて、5回にわたり中国系と見られるサイバースパイによるハッキング攻撃を受けた。同社のセキュリティ担当スタッフは、それらへの対応策に、さまざまな種類のワインにちなんだ呼称をつけるようになった。

中国、富士通やNTTデータにも不正侵入 大規模サイバー攻撃

中国政府とつながりのあるハッカー集団「APT10」が「クラウドホッパー作戦」と銘打ち、情報窃取目的で政府機関や企業に大規模なサイバー攻撃を仕掛けた問題で、これまでに日本企業を含む大手ハイテク企業8社がハッキング被害を受けていたことが、複数の関係筋の話で明らかになった。

EXCLUSIVE-米地方通信業者、ノキアやエリクソンと協議 ファーウェイ機器交換で

米国の地方通信業者が、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)機器からの乗り換えに向けて、同業大手スウェーデンのエリクソンやフィンランドのノキアと協議を進めていることが、関係筋の話で分かった。

ファーウェイ、ドイツの5G安全要件満たすと確信=幹部

の幹部は24日、同社製品がドイツの第5世代(5G)移動通信網に関するセキュリティー要件を満たすと確信しているとの考えを示した。

焦点:米中対立、日本企業が危惧する「対中ビジネス縮小」圧力

日本企業のグローバルビジネスが、米中という二大覇権国の対立で、大きな別れ道に直面しつつある。「巨大市場」中国の需要取り込みを優先させてきた企業が、日米同盟の必要性によって、対中ビジネス縮小を迫られかねない事態となっている。

欧州の5G整備費、中国製の通信機器禁止で620億ドル増へ=業界分析

通信業界の国際的ロビー団体、GSMAは、中国製通信機器の採用禁止によって欧州の次世代通信規格5G通信網の整備費用が約550億ユーロ(620億ドル)増えるとの見通しを示した。

ノキア、5G契約数で中国ファーウェイ上回る=幹部

の推定40件を上回っている。ノキアの幹部が明らかにした。スウェーデンのエリクソン<ERICb.ST> <ERIC.O>の公式契約数は19件。

コラム:ファーウェイ排除か静観か、欧州通信会社の二者択一

を禁輸リストに載せたことで、欧州の通信事業者は米国に追随して調達先を他社に切り替えるか、もしくは事態の改善を期待して静観するかの決断を迫られている。総合的に考えると、静観するほうが良さそうだ。

UPDATE 1-5G事業者、安全保障と技術力の観点から判断=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は、次世代通信規格5G通信網整備について、安全保障と通信網のパフォーマンスに基づき決定し、特定の事業者を排除しない方針を示した。

ノキア、第1四半期は予想外の赤字 下期に圧力見込む

フィンランドの通信機器大手ノキア<NOKIA.HE>が発表した第1・四半期決算は予想外の赤字となった。中核のネットワーク事業で競争が激化したことが要因という。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばい。鉱業株が値下がりする一方で金融株 は値を上げた。 FTSE350種鉱業株指数は1.15%低下した。資源大手ヴァーレが、ダ ム決壊事故を受け操業を停止していたブルクツ鉱山について、72時間以内に操業を再開する見通しだと発 表したことが材料視された。3月にオーストラリアを直撃したサイクロンの影響で鉄鉱石の生産高目標を引 き下げた同業のリオ・ティントとBHPは2.7%と2.5%それぞれ下落した。 一方、アジアへのエクスポージャーが高い保険大手プルーデンシャルや金融大手HSBC<HSBA .L>は買われた。 ロンドン...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up