for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericsson

ERICb.ST

現在値

84.36SEK

変化

-0.32(-0.38%)

出来高

6,205,188

本日のレンジ

83.42

 - 

84.84

52週レンジ

74.02

 - 

96.74

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
84.68
始値
84.64
出来高
6,205,188
3か月平均出来高
140.16
高値
84.84
安値
83.42
52週高値
96.74
52週安値
74.02
発行済株式数
3,308.93
時価総額
286,089.70
予想PER
29.58
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Telefonaktiebolaget LM Ericsson Earnings Release

適時開示

その他

Ericsson Signs $150 Mln Credit Facility For 5G R&D

Ericsson Says Planning Assumptions Remain Unchanged As Communicated In Q3-spokesman

Ericsson reaches resolution on U.S. FCPA investigations

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericssonとは

エリクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)はスウェーデンの電気通信オペレーターである。【事業内容】同社は各分野でモビリティ、ブロードバンド、クラウドの開発を推進するハードウェア、ソフトウェア及びサービスを提供する。主な事業はラジオ、コアとトランスミッション、及び電気通信サービスである。同社は3つの事業区分により構成される。同社はビジネスサポートシステム(OSS)及びビジネスサポートシステム(BSS)、テレビとメディア、並びにインターネットプロトコル(IP)とクラウド分野に向いて運営する。ネットワーク事業はモバイル及び固定通信、各世代の無線ネットワーク、IP及び伝送ネットワーク、並びにコアネットワーク及びクラウド向けの製品とソリューションを提供する。グローバルサービス事業はマネージドサービス、製品関連サービス、コンサルタントとシステム統合サービス、並びに放送とメディアサービスを提供する。サポートソリューション事業はオペレーター向けのソフトウェアスイートを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

Torshamnsgatan 21

+46.10.7190000

https://www.ericsson.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ronnie Leten

Chairman of the Board

E. Borje Ekholm

President, Chief Executive Officer, Director

Helena Stjernholm

Deputy Chairman of the Board

Jacob Wallenberg

Deputy Chairman of the Board

Carl Mellander

Senior Vice President, Chief Financial Officer and Head of Group Function Finance & Common Functions

統計

2.28 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SEK)

2016

222.6K

2017

201.3K

2018

210.8K

2019(E)

226.4K
EPS (SEK)

2016

2.660

2017

1.420

2018

0.960

2019(E)

2.942
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.27
株価純資産倍率(四半期)
3.62
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
62.52
長期負債/資本(四半期)
57.60
投資利益率(過去12カ月)
-5.59
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.30

最新ニュース

最新ニュース

独連立政権、ファーウェイの5G参入巡る決定先送り

の排除につながる可能性のある次世代通信規格「5G」ネットワークのセキュリティー規定に関する決定を来年まで先送りした。

独連立与党SPD、ファーウェイ排除案を支持するか17日決定へ

ドイツ連立与党の社会民主党(SPD)は17日、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)を次世代通信規格「5G」ネットワーク整備から排除する提案を支持するかどうかを決定する。支持を決めれば、キリスト教民主・社会同盟と組む連立政権内で緊張が高まりそうだ。

ドイツテレコム、5G機器契約凍結 ファーウェイ巡る動向見極め

を国内5G網から排除するかどうかを巡り独政府が結論を出すのを待つ構えだ。

メルケル独首相、中国5G問題で欧州諸国に共同歩調呼びかけ

メルケル独首相は27日、次世代通信規格5G通信網整備や中国への対応で欧州諸国は共同歩調をとるべきとの考えを示した。

5G通信網整備からファーウェイ排除せず=仏副経済相

フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は25日、同国は米国の後追いはせず、次世代通信規格「5G」の通信網整備から中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)<HWT.UL>を排除することはしないと述べた。その一方で、政府は安全保障上の脅威に関して全ての通信機器メーカーを入念に調べる権限を持つ見込みだと付け加えた。

トランプ氏、アップルCEOに5G関与打診 中国に対抗心

トランプ米大統領は21日、米国での第5世代(5G)移動通信網のインフラ整備に米アップル<AAPL.O>が関与できないか、ティム・クック最高経営責任者(CEO)に尋ねたことを明らかにした。

ポスト5G通信技術で国家プロジェクト、首相が検討指示=未来投資会議

政府は29日、「未来投資会議」でポスト5Gと呼ばれる次々世代通信技術で日本企業の競争力を確保する方策を議論した。次世代の5G(第5世代通信技術)では中国勢が世界の先端を走っており、巻き返しのため政府として国家プロジェクトを立ち上げる方針を示した。地銀・バス会社の再編や高齢者向け自動車運転技術の開発などと共に、来夏に取りまとめる成長戦略に盛り込む方針だ。

首相、ポスト5G技術で国家プロジェクト検討指示=未来投資会議

安倍晋三首相は29日夕、官邸で開かれた未来投資会議で、次次世代の通信技術であるポスト5G技術で、国家プロジェクトの検討を梶山弘志経済産業相らに指示した。

ファーウェイ、5G技術使用巡り米企業と初期協議=幹部

は、第5世代(5G)移動通信システム技術の使用許諾に向け、複数の米通信会社と初期段階の協議を行っている。同社の上級副社長で取締役員のビンセント・パン氏が18日、ロイターに明らかにした。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。英国と欧州連合(EU)が合意した新たな離脱協定案が英議会で承認を得られるか不安視されたが、ポンドの上昇幅が圧縮する中で、輸出銘柄が買われた。

欧州株式市場=下落、英EU離脱巡り期待後退

フランスのCAC40指数は日中に12年ぶりの高値を付けた後、0.42 %低下して取引を終えた。ドイツのクセトラDAX指数も序盤に上昇した後に0 .12%低下した。ただ依然として1年超ぶりの高値近辺を維持した。 決算も材料視された。金融機関を対象にソフトウェアを提供するテメノスは 15.0%下落。第3・四半期のコア利益が市場予想を下回った。 一方、スウェーデン通信機器大手エリクソンは6.2%上昇し、3カ月ぶ りの高値。四半期のコア利益が市場予想を大幅に上回ったことが好感された。フィンラン ドの同業ノキアは2.0%の連れ高となった。 (い)

独政府、5G通信網構築でファーウェイ排除せず=新規則で関係筋

通信網の構築に関する規則をまとめた。これによると、中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)の製品は排除しない見通しとなった。

EU報告書、国家関与のサイバー攻撃を警戒 中国名指しせず

欧州連合(EU)は9日に出した報告書で、国家を後ろ盾とするサイバー攻撃が拡大するリスクについて警告した。ただ、中国や同国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)を脅威として特定することはしなかった。

ノルウェー、5G通信網からファーウェイ排除せず=デジタル化相

の製品を次世代通信規格「5G」の通信網から排除する考えはないとロイターに明らかにした。

米下院委員会、ファーウェイ機器交換支援へ10億ドルの法案

や中興通訊(ZTE)<000063.SZ>などの通信機器を交換するため、小規模・地方通信業者に10億ドル規模の支援を提供する超党派の法案を今週提出した。

英政府、ファーウェイ問題で今秋に決断へ=デジタル相

の製品の利用を認めるか今年秋に決定すると述べた。

中国、インドに報復措置警告 ファーウェイ排除なら

を排除した場合、中国で事業展開するインド企業に影響があると警告した。関係筋が6日、明らかにした。

ノキア、第2四半期は予想上回る増益 5Gが好調

フィンランドの通信機器大手ノキアが発表した第2・四半期決算は、予想を上回る増益となった。

英国、5Gへのファーウェイ参画巡る決断を先送り

英国は22日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米制裁措置の影響が明らかになるまで、第5世代(5G)通信網の構築へのファーウェイの参画を巡る決断を先送りすると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up