for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericsson

ERICb.ST

現在値

77.36SEK

変化

-0.68(-0.87%)

出来高

3,282,430

本日のレンジ

77.36

 - 

78.35

52週レンジ

70.05

 - 

117.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
78.04
始値
78.17
出来高
3,282,430
3か月平均出来高
127.25
高値
78.35
安値
77.36
52週高値
117.32
52週安値
70.05
発行済株式数
3,329.99
時価総額
261,338.50
予想PER
10.23
配当利回り
3.20

次のエベント

Dividend For ERICb.ST - 1.2500 SEK

適時開示

その他

Ericsson Get 5G Contract In India

Ericsson Selected By WINDTRE To Power Network

Ericsson Gets Regulatory Approval To Complete Acquisition Of Vonage

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericssonとは

エリクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)はスウェーデンの電気通信オペレーターである。【事業内容】同社は各分野でモビリティ、ブロードバンド、クラウドの開発を推進するハードウェア、ソフトウェア及びサービスを提供する。主な事業はラジオ、コアとトランスミッション、及び電気通信サービスである。同社は3つの事業区分により構成される。同社はビジネスサポートシステム(OSS)及びビジネスサポートシステム(BSS)、テレビとメディア、並びにインターネットプロトコル(IP)とクラウド分野に向いて運営する。ネットワーク事業はモバイル及び固定通信、各世代の無線ネットワーク、IP及び伝送ネットワーク、並びにコアネットワーク及びクラウド向けの製品とソリューションを提供する。グローバルサービス事業はマネージドサービス、製品関連サービス、コンサルタントとシステム統合サービス、並びに放送とメディアサービスを提供する。サポートソリューション事業はオペレーター向けのソフトウェアスイートを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

Torshamnsgatan 21

164 40

Sweden

+46.10.7190000

https://www.ericsson.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ronnie Leten

Non-Executive Independent Chairman of the Board

E. Boerje Ekholm

President, Chief Executive Officer, Director

Helena Stjernholm

Deputy Chairman of the Board

Jacob Wallenberg

Deputy Chairman of the Board

Carl Mellander

Senior Vice President, Chief Financial Officer and Head of Group Function Finance and Common Functions

統計

2.33 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SEK)

2019

227.2K

2020

232.4K

2021

232.3K

2022(E)

258.4K
EPS (SEK)

2019

4.320

2020

5.830

2021

7.260

2022(E)

6.964
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.17
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.07
株価純資産倍率(四半期)
2.00
株価キャッシュフロー倍率
8.10
総負債/総資本(四半期)
30.48
長期負債/資本(四半期)
25.81
投資利益率(過去12カ月)
13.32
自己資本利益率(過去12カ月)
7.65

最新ニュース

最新ニュース

エリクソン第2四半期決算、コスト増が利益率圧迫 利益は予想下回る

スウェーデンの通信機器メーカー、エリクソンが14日発表した第2・四半期決算は、中核利益が増加したものの予想には届かなかった。部品や物流コストの上昇で利益率が低下した。

衛星接続の5G通信網計画 エリクソンとクアルコム、タレスの3社

スウェーデンの通信機器大手エリクソン、フランスの防衛・電子機器大手タレス、米半導体大手クアルコムの3社は、衛星と接続する第5世代(5G)移動通信網の共同開発計画を発表した。

5G利用者、今年10億人突破へ=エリクソン

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは21日、世界の第5世代(5G)移動通信網の利用者が今年10億人を超えるとの見通しを示した。中国と北米で採用が拡大するという。

米SEC、エリクソンへの調査開始 イラクでの不正報告受け

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは9日、2019年までにイラクで企業倫理に反する不正行為があったとする同社の報告に関して、米証券取引委員会(SEC)が調査を開始したことを明らかにした。

カナダ、5GからファーウェイとZTE排除へ 米英などと足並み

カナダ政府は19日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)を高速通信規格「5G」の通信網から排除する方針を明らかにした。安全保障上の懸念が理由とした。

カナダ、5GからファーウェイとZTE排除へ 米英などと足並み

カナダ政府は19日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)を高速通信規格「5G」の通信網から排除する方針を明らかにした。安全保障上の懸念が理由とした。

ノキアの第1四半期決算、予想上回る 5G需要が好調

フィンランドの通信機器大手ノキアが28日発表した第1・四半期決算は予想を上回った。供給制約や部品価格の上昇にもかかわらず、5G(第5世代通信)設備の需要が好調だった。

エリクソン、イラク不祥事巡り罰金の可能性 決算は予想下回る

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは14日、イラクの不祥事を巡り米規制当局から罰金の支払いを命じられる可能性があると表明した。

ロシア撤退企業、国営銀が管理も 議会に法案提出

ロシアから撤退する外国企業の事業を国営開発対外経済銀行(VEB)に移管する法案が、下院に12日提出された。企業側には3カ月以内に事業を再開もしくは売却する選択肢を与えるとしている。

ノキア、ロシアから撤退へ 業績見通しに影響せず

通信機器大手ノキアのペッカ・ルンドマルク最高経営責任者(CEO)は、ロイターとのインタビューで、ロシア市場から撤退することを明らかにした。

エリクソン、ロシア事業を無期限停止

スウェーデンの通信機器大手エリクソンは11日、ロシアでの事業を無期限で停止すると発表した。

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。ロシアとウクライナ危機の深刻化を背景とした商品価格の高騰を受けて石油や鉱業大手の株価が急上昇し、相場全体を押し上げた。

欧州株式市場=反発、商品価格急騰が押し上げ

欧州株式市場は反発して取引を終えた。ウ クライナ侵攻を巡るロシアへの制裁措置を背景に供給が制約されるとの 見方から商品価格が急騰し、エネルギーや資源株が上昇した。 北海ブレント原油先物が2014年以来初めて1バレル= 110ドルを突破し、STOXX欧州600種石油・ガス株指数<.SXEP >は4.05%上げた。 資源株指数は2.25%上昇。供給混乱観測が高まり、銅 やアルミニウムなどの金属価格が急騰したのが押し上げ要因になった。 エクイティ・キャピタルの市場アナリスト、デービッド・マデン氏 は「株式市場はここ数日大きく落ち込み、それが買...

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。1月の 英消費者物価指数(CPI)の大幅上昇が嫌気されて、小売株が売られた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.11%下げ、生活必需品株の 値下がりが重しとなった。 1月の英CPIは前年比の伸び率が約30年ぶりの大きさとなり、イングランド銀行 (英中央銀行)が3月に政策金利を0.75%または1.00%に引き上げるとの観測が 強まった。 ハーグリーブス・ランズダウンの投資・市場シニアアナリスト、スザンナ・ストリー ター氏は「特に3月の追加利上げ、そして4月のエネルギー料金高騰の連続打撃で...

欧州株式市場=小幅続伸、商品関連株が堅調

欧州株式市場は小幅続伸して取引を終え た。緊迫するウクライナ情勢が注目される中、商品関連株が相場を押し 上げた。 STOXX欧州600種石油・ガス株指数が1.60%、 資源株指数が1.32%それぞれ上昇した。 米国と北大西洋条約機構(NATO)はロシアがウクライナ周辺で まだ部隊を増強していると指摘し、ウクライナ政府はサイバー攻撃につ いてロシアが背後にいた可能性があるとの見解を示し、懸念は払しょく されていない。 ここ数週間でリスクの高い資産は打撃を受けた。原油価格の高騰が インフレ懸念に拍車をかけ、ロシアのウクライナ侵攻の懸念からボラテ...

ノキア配当・自社株買い実施へ、第4四半期利益が予想上回る

フィンランドの通信機器大手ノキアは3日、第4・四半期の営業利益が市場予想を上回ったことを受けて、配当を再開し自社株買いを行うと発表した。

ボーダフォン、インテルとOpenRAN提携 スペイン拠点開設

英通信大手ボーダフォンは、米半導体大手インテルなどと提携し、「OpenRAN」ネットワーク技術に対応した独自の半導体アーキテクチャを設計する。伝統的な通信機器サプライヤーの支配力を弱めることを目指している。

欧州株式市場=続伸、FRB結果発表控えて回復

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。 米連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)の結果 発表を控え、ウクライナ情勢への懸念などから下落していたエネルギー や旅行、テクノロジー関連株が回復し、全ての部門がプラスとなった。 STOXX欧州600種指数の上昇率は昨年12月初旬以来の 大きさとなった。 石油・ガス株指数は4.04%上昇し、伸び率は2020 年11月以来の大きさ。旅行・娯楽関連株指数の3.35%高 、資源株指数の2.62%高と並んで上昇をけん引した。 テクノロジー株指数も2.16%上昇。FRBのタカ派的 姿勢の見通...

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。金融引き締め観測を背景とした国債利回りの上昇で銀行株が買われ、FTSE100種は前日に付けた約1カ月ぶりの安値から上昇に転じた。金融大手のHSBC、ロイズはそれぞれ3.5%、3.3%上げた。

欧州株式市場=反発、好決算が下支え

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 スウェーデン通信機器大手エリクソン、スイスのパソコン周辺機器メー カー、ロジテック・インターナショナルがそれぞれ好決算を発表したの が支援材料となった。 前日は米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めの 動きや、ウクライナでの軍事衝突の可能性への懸念から下落していた。 投資家は、FRBが26日に3月の利上げを示すと予想している。 米短期金利期待を示すフェデラル・ファンド(FF)金利先物は、今年 計4回の利上げを織り込んでいる。 ゼネラリ・インベストメンツのマクロ・マーケット調査首席のトー...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up