for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericsson

ERICb.ST

現在値

101.55SEK

変化

0.20(+0.20%)

出来高

3,254,978

本日のレンジ

100.55

 - 

102.00

52週レンジ

59.54

 - 

105.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
101.35
始値
101.00
出来高
3,254,978
3か月平均出来高
174.16
高値
102.00
安値
100.55
52週高値
105.10
52週安値
59.54
発行済株式数
3,323.47
時価総額
340,899.70
予想PER
21.29
配当利回り
1.48

次のエベント

Telefonaktiebolaget LM Ericsson at SEB Nordic Large Cap Seminar

適時開示

その他

Ericsson To Supply 24, 28 And 39 Ghz mmWave Equipment And Services To U.S. Cellular

Ericsson And Deutsche Telekom Strengthen Partnership With 5G Deal

Deutsche Telekom And Ericsson Strengthen Partnership With 5G Deal

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Telefonaktiebolaget LM Ericssonとは

エリクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)はスウェーデンの電気通信オペレーターである。【事業内容】同社は各分野でモビリティ、ブロードバンド、クラウドの開発を推進するハードウェア、ソフトウェア及びサービスを提供する。主な事業はラジオ、コアとトランスミッション、及び電気通信サービスである。同社は3つの事業区分により構成される。同社はビジネスサポートシステム(OSS)及びビジネスサポートシステム(BSS)、テレビとメディア、並びにインターネットプロトコル(IP)とクラウド分野に向いて運営する。ネットワーク事業はモバイル及び固定通信、各世代の無線ネットワーク、IP及び伝送ネットワーク、並びにコアネットワーク及びクラウド向けの製品とソリューションを提供する。グローバルサービス事業はマネージドサービス、製品関連サービス、コンサルタントとシステム統合サービス、並びに放送とメディアサービスを提供する。サポートソリューション事業はオペレーター向けのソフトウェアスイートを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

Torshamnsgatan 21

164 40

Sweden

+46.10.7190000

https://www.ericsson.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ronnie Leten

Chairman of the Board

E. Borje E. Ekholm

President, Chief Executive Officer, Director

Helena Stjernholm

Deputy Chairman of the Board

Jacob Wallenberg

Deputy Chairman of the Board

Carl Mellander

Senior Vice President, Chief Financial Officer and Head of Group Function Finance and Common Functions

統計

2.15 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SEK)

2017

201.3K

2018

210.8K

2019

227.2K

2020(E)

234.1K
EPS (SEK)

2017

1.420

2018

0.960

2019

4.320

2020(E)

4.768
株価売上高倍率(過去12カ月)
120.51
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.49
株価純資産倍率(四半期)
4.27
株価キャッシュフロー倍率
34.15
総負債/総資本(四半期)
60.22
長期負債/資本(四半期)
37.95
投資利益率(過去12カ月)
1.54
自己資本利益率(過去12カ月)
0.88

最新ニュース

最新ニュース

コラム:容易でないファーウェイ排除、5G特許が覇権の切り札

西側諸国が自国の通信インフラから中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製品をむしり取るのは容易ではない。ファーウェイは第5世代(5G)移動通信の特許を宝の山のように抱えているからだ。5Gを巡る何らかの世界統一基準が出現するとき、ファーウェイの技術は通信業者にとって必要不可欠になるかもしれないのだ。

ノキアの第2四半期は予想外の増益、コロナで売上高は減少

フィンランドの通信機器メーカー、ノキア<NOKIA.HE>が発表した第2・四半期決算は、売上高が減少したものの実質利益は予想外に増加した。最高経営責任者(CEO)交代を前に利益率の低い事業を縮小したことが背景。

コラム:「飢餓」が迫るファーウェイ、頼みの資産売却も望み薄

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は英米両国から新たな締め付けを受けており、創業者の任正非最高経営責任者(CEO)は知的財産の売却を検討している。しかし海外にはファーウェイの知財、あるいは携帯機器や通信設備事業の買い手はほとんどいない。中国政府も英米への屈服と受け取られるような売却を認めないだろう。ファーウェイは海外での資産売却が進まず、「飢餓状態」に陥りそうだ。

仏、5Gからファーウェイ事実上排除 免許更新せず=関係筋

から次世代通信規格「5G」に関連する機器を調達する場合、使用免許の更新はできないと非公式に通達したことが複数の関係筋の話で明らかになった。ファーウェイ製品の事実上の排除に当たるとみられる。

欧州株式市場=続伸、新型コロナワクチンに期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 375.51 +2.80 +0.75 372.71 FTSEユーロファース 1463.56 +10.66 +0.73 1452.90 ト300種 ユーロSTOXX50種 3388.34 +22.74 +0.68 3365.60 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチンに関す る前向きな結果が買い材料となった。欧州連合(EU)首脳が新型コロナで打撃を被った 欧州経済を立て直す「復興基金」について合意が近いとの...

中国、EUもファーウェイ排除ならノキアとエリクソンに報復=報道

製品の第5世代(5G)移動通信システムからの排除を決定した場合、中国は欧州の通信機器大手、ノキア<NOKIA.HE>とエリクソン<ERICb.ST>に対する報復措置を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として報じた。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチンに関する期待から製薬のアストラゼネカ<AZN.L>が買われた。

欧州株式市場=小幅反発、EU復興基金案にらみ相場は横ばい

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 372.71 +0.58 +0.16 372.13 種 FTSEユーロファー 1452.90 +2.29 +0.16 1450.61 スト300種 ユーロSTOXX50 3365.60 +0.25 +0.01 3365.35 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は小幅に反発して取引を終えた。7500億ユーロ(8580億ドル) の復興基金案に関する合意が期待される欧州連合(EU)首脳会議をにらみ、ユーロST OXX50種 は横ばいだった。 ドイツのメルケル...

エリクソン第2四半期、5G好調で予想上回る営業利益 財務目標据え置き

スウェーデンの通信機器大手エリクソン<ERICb.ST>が発表した第2・四半期決算は、営業利益(調整後)が予想を上回った。第5世代(5G)通信事業やソフトウエアの収入が寄与した。同社は2020年と2022年の財務目標を据え置いた。

エリクソン第2四半期、予想上回る営業利益 財務目標据え置き

スウェーデンの通信機器大手エリクソンが発表した第2・四半期決算は、営業利益(調整後)が予想を上回った。通信設備の販売で利益率が上昇した。

中国、英ファーウェイ排除に警告 「投資に多大な影響」

製品を第5世代(5G)移動通信システムから完全排除する英国の決定について、中国企業の英投資に多大な影響が出るだろうとジョンソン首相に警告した。

トランプ氏、英のファーウェイ排除決定は「自分の手柄」

製品を第5世代(5G)移動通信システムから排除する決定について、自身が貢献したとの認識を示した。

英、ファーウェイの5G製品排除へ 限定容認から一転 中国反発

の製品を第5世代(5G)移動通信システムから2027年までに完全に排除すると発表した。当初は同社の限定的な参入を容認する姿勢だったが、方針転換した。

英、5G整備からファーウェイ排除へ 限定参入容認から転換

英国のジョンソン首相は14日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の製品を第5世代(5G)移動通信システムから2027年までに完全に排除すると発表した。当初は同社の限定的な参入を容認する姿勢だったが、方針転換した。

テレコム・イタリア、ファーウェイを入札排除へ 5G通信網巡り

イタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)<TLIT.MI>が、イタリアとブラジル両国で構築を準備している携帯電話の次世代通信規格「5G」用の機器を巡り、今月実施行う入札から中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)を排除する方針であることが10日、分かった。2人の関係者が明らかにした。

仏通信各社の5G、ファーウェイ採用をあえて奨励はしない─当局=新聞

の通信機器採用を全面的には禁止はしないが、現在同社製品を使っていない場合は、あえて採用すべきでないとの考えを示した。

エリクソン、中国5G事業が重し 第2四半期に1.08億ドルの費用

スウェーデンの通信危機メーカー、エリクソン<ERICb.ST>は8日、中国市場の製品在庫の評価減により第2・四半期に約10億スウェーデンクローナ(1億0880万ドル)の費用を計上する見通しを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up