for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクスぺディア・インク

EXPE.O

現在値

64.42USD

変化

3.87(+6.39%)

出来高

3,715,228

本日のレンジ

61.27

 - 

66.06

52週レンジ

40.76

 - 

144.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
60.55
始値
64.04
出来高
3,715,228
3か月平均出来高
84.76
高値
66.06
安値
61.27
52週高値
144.00
52週安値
40.76
発行済株式数
139.99
時価総額
8,476.34
予想PER
--
配当利回り
2.25

次のエベント

Q1 2020 Expedia Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Expedia Group Says Borrowed $1.9 Bln Under Credit Agreement

Expedia Group Withdraws 2020 Guidance Due To Covid-19 Impact

Expedia Will Cut 3,000 Jobs To Simplify 'Bloated' Business - Bloomberg News

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクスぺディア・インクとは

エクスペディア・グループ(Expedia Group, Inc.)(旧名:Expedia, Inc)はオンライン旅行会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。コア・オンライン旅行代理店(Core OTA)事業は米国の「Expedia.com」、「Hotels.com」、「Orbitz.com」、「Expedia Affiliate Network」、「Hotwire.com」、「Travelocity」、「Wotif Group」、「CarRentals.com」、「Classic Vacations」等のブランドで各種旅行・広告サービスを提供する。trivago事業はオンライン旅行会社と旅行サービス・プロバイダーに紹介サービスを提供する。Egencia事業はOrbitz Worldwideを通じて世界的企業顧客にマネージド旅行サービスを提供する。HomeAway事業はバケーション・レンタル産業のオンライン市場を運営する。

連絡先

1111 Expedia Group Way W

SEATTLE, WA

98119-1111

United States

+1.206.4817200

http://www.expediainc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Barry Diller

Chairman of the Board, Senior Executive

Peter M. Kern

Vice Chairman of the Board

Eric M Hart

Acting Chief Financial Officer, Chief Strategy Officer

Lance A. Soliday

Senior Vice President, Chief Accounting Officer, Controller

Robert J. Dzielak

Secretary,Chief Legal Officer

統計

2.52 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

10.1K

2018

11.2K

2019

12.1K

2020(E)

10.0K
EPS (USD)

2017

4.300

2018

5.820

2019

6.150

2020(E)

2.874
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.17
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.70
株価純資産倍率(四半期)
2.18
株価キャッシュフロー倍率
5.72
総負債/総資本(四半期)
124.48
長期負債/資本(四半期)
105.60
投資利益率(過去12カ月)
6.53
自己資本利益率(過去12カ月)
2.90

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(16日現在)

スウェーデンのファストファッション大手へネス・アンド・マウリッツ(H&M)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて業務内容を見直し、欧州の12市場で一時閉鎖する店舗をさらに追加する、と発表した。また、2019年12月─2020年2月(第1・四半期)の中国での売り上げが24%減少したことを明らかにした。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(16日現在)

オーストラリア政府は、新型コロナウイルス感染拡大に対応し、景気刺激策第2弾を検討している。政府の検討に詳しい関係筋3人が明らかにした。同国では新型コロナ感染による死者が5人に達し、当局は感染拡大防止の取り組みを加速している。

米エクスペディア、3000人削減へ 合理化計画の一環で

オンライン旅行代理店の米エクスペディア<EXPE.O>は24日、従業員の12%に相当する約3000人を削減することを明らかにした。合理化計画の一環。昨年末時点の従業員数は世界全体で2万5400人だった。

NY市場サマリー(14日)

<為替> ユーロが対ドルで横ばい。米株安が支えとなる一方、欧州の成長率を巡る懸念が引き続きユーロの重しになると見込まれている。

米国株はおおむね上昇、企業決算や税制控除巡る報道が支援

米国株式市場はダウが小幅安で終了したものの、S&Pとナスダックは上昇して引けた。新型肺炎を巡る懸念や低調な米経済指標が取引時間の大半は相場の重しとなっていたものの、半導体大手エヌビディア<NVDA.O>の決算が好調だったことや、トランプ政権が株式投資に対する税制控除を検討していると伝わったことが支援要因となった。

消費者関連企業の決算に注目、ウイルスの影響見極め=今週の米株式市場

10日からの週の米株式市場では、一般消費財関連企業の決算や小売統計が、新型コロナウイルスによる消費者需要への影響を探る材料として注目される見通しだ。

米シアトル市、外国の影響受ける企業の政治献金禁止へ 法案可決

米ワシントン州シアトル市議会は13日、外資が少なくとも5%を保有する企業が地方選挙で政治献金を行うことを禁止する法案を全会一致で可決した。

米国株式市場=反発、米中通商合意への期待膨らむ

米国株式市場は反発して取引を終えた。トランプ米大統領が、中国との通商協議は「極めて順調」に進捗していると述べたことを受け、「第1段階」の合意への楽観的な見方が高まった。

米ダウ・S&P最高値、米中関税撤廃の期待で

米国株式市場は上昇し、ダウとS&P500が終値で最高値を更新した。米中が発動済みの追加関税を段階的に撤廃する方針で一致したと伝わり、安心感が広がった。ただ、その後の報道で合意に不透明感が生じ、上値は抑制された。

ソフトバンク、ウィーワークCEOの交代を模索=関係筋

ソフトバンクグループ<9984.T>が、共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーのアダム・ニューマン最高経営責任者(CEO)を交代させる方法を模索している。4人の関係筋が22日、明らかにした。

グーグルやアマゾン、米政府公聴会で証言へ 仏デジタル課税巡り

仏政府が導入するIT(情報技術)企業への「デジタル課税」を巡り、米政府は19日に公聴会を開く予定で、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルや、フェイスブック<FB.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などが証言を行う。

米民泊エアビー、独自番組制作へ 顧客獲得やブランド確立狙い

米民泊仲介大手のエアビーアンドビーは、旅行に対する利用者の関心を盛り上げるための独自の番組制作に乗り出す。事情に詳しい関係者4人が、ロイターに明らかにした。

欧州議会、ネット事業慣行巡る新規則を承認 グーグルなどに影響

欧州連合(EU)の欧州議会は17日、オンライン企業の事業慣行に関する新たな規則を承認した。グーグル<GOOGL.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は自社のプラットフォーム上で製品をどのようにランク付けするかを企業に伝えることが必要になり、フェイスブック<FB.O>などは規約の透明化が求められる。

アングル:旅行業界にブロックチェーン革命、仲介業者排除も

金融などの分野で革命を起こしてきたブロックチェーン技術は、旅行業界も大きく揺るがす力を秘めている。大手の航空会社やホテル運営会社などが、エクスペディア・グループ<EXPE.O>やアマデウス<AMA.MC>などの仲介業者抜きで事業を展開したり、顧客情報をより適切に入手できる手段が得られるからだ。

米ウーバー、COOにオンライン旅行サービス元幹部を指名

は20日、空席となっていた最高執行責任者(COO)にバーニー・ハーフォード氏を指名した。同氏は過去にオンライン旅行サービスのオービッツ・ワールドワイド<OWW.N>の最高経営責任者(CEO)を務めた。

米旅行予約サイト、民泊などの新規参入で成長維持に暗雲

米旅行予約サイトのプライスライン・グループ<PCLN.O>やトリップアドバイザー<TRIP.O>の株価は7日、大幅に下落した。かつて旅行業界のビジネスモデルを変えるともいわれた旅行予約サイトだが、民泊などの新規参入により業績が圧迫されていることが浮き彫りとなった。

アングル:ソフトバンクが出資攻勢、しぼむ新興企業の上場意欲

新興ハイテク企業の新規株式公開(IPO)市場が今年再び活発化するのではないかとの期待がしぼみつつある。これらの企業に対して、ソフトバンク<9984.T>や中東諸国などの投資基金から多額の資金が流入しているためだ。

ウーバー、1年半ー3年以内にIPOも=新CEO

のダラ・コスロシャヒ新最高経営責任者(CEO)は30日、本社で全社員会議を開き、社風の刷新が必要と言明した。さらに、今後1年半から3年以内に新規株式公開(IPO)を行う可能性があることを明らかにした。

米国株式市場はほぼ横ばい、エネルギー・銀行売られる

28日の米国株式市場は、S&P総合500種とダウ工業株30種がほぼ横ばいで取引を終了した。テキサス州南部を襲ったハリケーン「ハービー」によって製油所の操業が閉鎖に追いやられたことなどを背景に、エネルギー株や銀行株が売られる一方、ハイテク株やヘルスケア株が買われ、ナスダックを押し上げた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up