for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクスぺディア・インク

EXPE.O

現在値

118.70USD

変化

-2.75(-2.26%)

出来高

1,961,996

本日のレンジ

117.56

 - 

120.99

52週レンジ

82.39

 - 

217.72

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
121.45
始値
118.71
出来高
1,961,996
3か月平均出来高
48.35
高値
120.99
安値
117.56
52週高値
217.72
52週安値
82.39
発行済株式数
156.09
時価総額
18,527.99
予想PER
16.58
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2022 Expedia Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Expedia Group Reports Second Quarter 2022 Results

Expedia Group Reports First Quarter 2022 Results

Australia's ACCC Says Federal Court Ordered Trivago To Pay Penalties Of A$44.7 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクスぺディア・インクとは

エクスペディア・グループ(Expedia Group Inc)は、オンライン旅行会社である。【事業内容】 セグメントには、Brand Expedia、Hotels.com、Vrbo、Orbitz、CheapTickets、Travelocityが含まれる。Brand Expediaセグメントは、世界中に多種な旅行および広告サービスを提供する。Hotels.comセグメントは、プラットフォームを介した宿泊施設のマーケティングに重点を置く。Vrboセグメントは、代替宿泊施設業界向けのオンラインマーケットプレイスを所有および運営する。主にマーチャントモデル、エージェンシーモデル、広告モデルなどのビジネスモデルを通じて旅行商品およびサービスを製造する。企業の旅行管理、航空会社、旅行代理店、オンライン小売業者、金融機関など、多種な旅行および非旅行業界を提供する。「Brand Expedia」、「Hotels.com」、「Vrbo」、「Expedia Partner Solutions」、「Egencia」などのブランドを所有する。

業種

Personal Services

連絡先

1111 Expedia Group Way W

SEATTLE, WA

98119-1111

United States

+1.206.4817200

https://www.expediagroup.com/home/default.aspx

エグゼクティブリーダーシップ

Barry Diller

Chairman of the Board, Senior Executive

Peter M. Kern

Chief Executive Officer, Vice Chairman of the Board

Julie Patenaude Whalen

Chief Financial Officer, Chief Strategy Officer, Director

Lance Allen Soliday

Senior Vice President, Chief Accounting Officer, Controller

Robert J. Dzielak

Chief Legal Officer, Secretary

統計

2.44 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

12.1K

2020

5.2K

2021

8.6K

2022(E)

11.7K
EPS (USD)

2019

6.150

2020

-8.780

2021

1.650

2022(E)

7.160
株価売上高倍率(過去12カ月)
42.11
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.64
株価純資産倍率(四半期)
8.19
株価キャッシュフロー倍率
13.70
総負債/総資本(四半期)
275.00
長期負債/資本(四半期)
275.00
投資利益率(過去12カ月)
5.62
自己資本利益率(過去12カ月)
2.57

最新ニュース

最新ニュース

アングル:中国で海外旅行解禁、ロシアルート使える国内航空に勝機

中国が先日ようやく、コロナ禍に伴う渡航制限を解除したことで、抑えこまれていた中国渡航需要の回復が欧米の航空会社の懐を潤すことになるだろう。とはいえアナリストや航空当局者は、増便の承認や新たな検査ルール、大型機の不足といった点が、依然として収益改善の障害になると指摘している。

欧州旅行のオンライン予約、コロナ禍前水準上回る

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)によると、域内の短期宿泊施設のオンライン予約が今年2月以降、2019年の新型コロナウイルス禍前を上回っている。

6月に自動運転車事故、ソフトリコールで問題解消=GM系クルーズ

米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下の自動運転車開発クルーズは1日、カリフォルニア州サンフランシスコで2人が負傷した6月3日の事故を受けて、自動運転車80台を自動運転システムのソフトウエア改修のためリコールしていたと発表した。正面衝突を避けるため左折しようとする際に、まれに急ブレーキがかかってしまう不具合で、ソフト改修は7月6日に終わり、現在は改善できたと判断しているという。

米レーバーデー連休、旅行者数はコロナ禍前回復へ=旅行業界

米国で今年、レーバーデーの祝日(9月5日)の連休に旅行する人数はコロナ禍前の2019年を上回り、データによっては過去最多になる可能性もある。米国の旅行関連の数社の話や数字で分かった。

訂正:S&P500企業、CEOと従業員の報酬格差324倍=AFL-CIO

米S&P500種株価指数を構成する企業の最高経営責任者(CEO)の平均報酬と従業員の賃金中央値の比率が、2021年に324対1に拡大したことが、米労働総同盟産別会議(AFL─CIO)が18日公表した年次報告書で明らかになった。経営トップと従業員の賃金格差は、新たな情報開示に基づく算出が可能になった18年以来で最大となった。

米国発着便と国内便、27日も約1000便欠航 コロナに加え悪天候も影響

米国の航空会社が27日に米国発着便および国内便約1000便を欠航にしたことが、航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」の集計で分かった。国内で新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染が拡大していることに加え、一部地域が悪天候に見舞われていることが響いた。

米国発着便と国内便、27日も740便欠航 オミクロン感染拡大で

米国の航空会社が27日早朝までに米国発着便および国内便計約740便を欠航にしたことが、航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」の集計で分かった。国内で新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染が拡大しているため。

米国株式市場=急反発、ナイキやマイクロンの上昇が支援

米国株式市場は主要株価3指数が急反発して取引を終えた。前日には新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念から1%超下落していた。この日は旅行関連株やテクノロジー株が買われたほか、決算を受けてナイキとマイクロン・テクノロジーも上昇した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(21日)株式急反発、ドル軟調

(表を更新しました) [21日 ロイター] - <為替> リスク選好度がやや回復したことで豪ドルや英ポンドなどが買われた一方 、ドルはやや軟調に推移した。 主要6通貨に対するドル指数は一時96.336まで低下した後、終盤の取引 で0.03%安の96.47。 前日の取引では、民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員が週末の間にバイデン大 統領の看板政策である大型歳出法案を支持しないと表明したことを受け、リスク選好度が 低下。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大への懸念も影響し、円や スイスフランなどの安全通貨に資金が流れていた。...

NY市場サマリー(21日)株式急反発、ドル軟調

<為替> リスク選好度がやや回復したことで豪ドルや英ポンドなどが買われた一方 、ドルはやや軟調に推移した。 主要6通貨に対するドル指数は一時96.336まで低下した後、終盤の取引 で0.03%安の96.47。 前日の取引では、民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員が週末の間にバイデン大 統領の看板政策である大型歳出法案を支持しないと表明したことを受け、リスク選好度が 低下。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大への懸念も影響し、円や スイスフランなどの安全通貨に資金が流れていた。 ただこの日はリスク選好度が回復し、米株価が上昇したほか...

米国株式市場=急反発、ナイキやマイクロンの上昇が支援

米国株式市場は主要株価3指数が急反発 して取引を終えた。前日には新型コロナウイルスのオミクロン変異株を 巡る懸念から1%超下落していた。この日は旅行関連株やテクノロジー 株が買われたほか、決算を受けてナイキとマイクロン・テクノ ロジーも上昇した。 テクノロジー株ではマイクロソフトやアマゾン・ドット・ コムが上昇し、指数を押し上げた。エネルギーなど景 気敏感セクターも買われた。 旅行関連株ではクルーズ船運航大手カーニバル、カジノ大 手ラスベガス・サンズ、オンライン旅行代理店エクスペディア ・グループなどが値上がりした。 アメリプライズ・フィナンシャル...

トリバゴのキャンセル率急伸、オミクロン懸念や渡航制限で

オンラインホテル検索プラットフォームのトリバゴは14日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念や渡航制限の影響で、キャンセル率が11月以降約35%急上昇したと明らかにした。

米への旅行検索が48%増、外国人の渡航規制解除で

旅行検索・比較サイトの「カヤック」は18日、米国への海外旅行に関連した検索が、16日に前週比48%急増したと発表した。米国が新型コロナウイルス対策として実施していた渡航制限の解除を発表したことが背景にある。

複数のウェブサイトが一時ダウン、米アカマイのシステム不具合で

米アカマイ・テクノロジーズのシステム不具合に伴う通信障害で複数のウェブサイトが一時的にダウンした。アカマイに関連する大規模な障害はここ1カ月で2回目となる。

米アフターコロナ関連株が軟調、変異ウイルス巡る懸念を象徴

米国株式市場で、旅行やレジャーなど新型コロナウイルスの収束を見据えたアフターコロナ関連株が軟調に推移しており、変異ウイルス「デルタ株」への懸念が一因であることが示唆されている。

NY市場サマリー(7日)利上げ懸念後退でダウ最高値、ドル安・長期債利回り上昇

<為替> ドルが2カ月超ぶりの安値に沈んだ。4月の米雇用統計が予想を大幅に下回ったことを受け、景気回復に伴う金利上昇やドル高への期待感が後退した。

米ダウ・S&P最高値、低調な雇用統計受け利上げ懸念後退

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が終値で最高値を更新した。大型グロース(成長)株が主導し、ナスダック総合も上昇した。朝方発表された米雇用統計が期待外れの内容となったことで、インフレ高進や利上げの可能性を巡る懸念が後退した。

EU欧州委員、IT大手と来週テレビ会議 デジタル規制案巡り

欧州連合(EU)のブルトン欧州委員(域内市場担当)はアルファベット<GOOGL.O>やアップル<AAPL.O>、アマゾン<AMZN.O>、フェイスブック<FB.O>などIT大手の影響力を抑えるための規制案について協議するため、関係各社を招いて来週テレビ会議を行う。EU当局者が19日、明らかにした。

反競争でグーグルへの措置求め165の企業・団体が共同書簡

米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルがサーチ機能で自社を有利に扱っているとして、165の企業と業界団体が欧州連合(EU)のベステアー委員(競争政策担当)に厳しい措置を求めた。

空売り投資家、ワクチン期待受けた旅行関連株の反発で多額の損失

9日の欧米株式市場では、新型コロナウイルスワクチンのニュースがきっかけとなり、これまでコロナ行動規制の影響を受けてきた旅行・レジャー関連株や銀行株の買い戻しが進み、これらの銘柄に空売りを入れていた投資家は多額の損失を出した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up