for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Fiat Chrysler Automobiles NV

FCHA.MI

前日終値

14.12EUR

変化

-0.41(-2.82%)

出来高

12,180,740

本日のレンジ

14.03

 - 

14.53

52週レンジ

10.93

 - 

15.31

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
14.53
始値
14.45
出来高
12,180,740
3か月平均出来高
230.37
高値
14.53
安値
14.03
52週高値
15.31
52週安値
10.93
発行済株式数
1,976.46
時価総額
22,516.37
予想PER
5.58
配当利回り
4.47

次のエベント

Q4 2019 Fiat Chrysler Automobiles NV Earnings Release

適時開示

その他

FCA: S&P places FCA on CreditWatch Positive

Fiat Chrysler Announces New FCA Manufacturing Site Located On East Side Of Detroit

Fiat Chrysler CEO says PSA merger will help fix issues in EMEA

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Fiat Chrysler Automobiles NVとは

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles N.V.)は、車両の設計、エンジニアリング、製造、流通、販売を行う。【事業内容】北米自由貿易協定(NAFTA)、ラテンアメリカ(LATAM)、アジア太平洋(APAC)及びエメア(ヨーロッパ、中東、アフリカ)を含む地域の大衆市場車両セグメント、高級ブランドセグメントであるマセラティ、及びグローバルコンポーネントセグメントで構成される。「Abarth」、「Alfa Romeo」、「Chrysler」、「Dodge」、「Fiat」、「Fiat Professional」、「Jeep」と「Ram」ブランド及び「ストリート・レーシングテクノロジー(SRT)」車両名称でマスマーケット向けの車両を設計、エンジニア、製造、流通、販売を行う。量販車ブランドの場合、設計、エンジニアリング、開発、製造の各業務を集中管理する。また、「マセラティ」ブランドで高級車を設計・設計・製造・流通・販売する。「Teksid」及び「Comau」ブランドのコンポーネント及び生産システムセクターで動作する。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

25 St. James's Street

+44.20.77660311

https://www.fcagroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Philipp Elkann

Executive Chairman of the Board

Massimiliano Trantini

President

Michael Manley

Group Chief Executive Officer, Executive Director, Member of the Group Executive Council

Richard Keith Palmer

Chief Financial Officer, Chief Operating Officer (COO) Systems and Castings, Head of Business Development, Member of the Group Executive Council

Linda I. Knoll

Chief Human Resources Officer, Member of the Group Executive Council

統計

2.35 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

111.0K

2017

110.9K

2018

115.4K

2019(E)

108.7K
EPS (EUR)

2016

1.181

2017

2.240

2018

3.200

2019(E)

2.602
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.21
株価純資産倍率(四半期)
1.05
株価キャッシュフロー倍率
2.89
総負債/総資本(四半期)
54.91
長期負債/資本(四半期)
29.81
投資利益率(過去12カ月)
4.60
自己資本利益率(過去12カ月)
2.41

最新ニュース

最新ニュース

米テスラのセダン2車種、有力専門誌の「推奨」評価を回復

米有力専門誌「コンシューマー・リポート」が14日公表した自動車ブランドの信頼調査で、米電気自動車(EV)大手テスラのセダン、「モデル3」と「モデルS」が「推奨」の評価を回復した。

米、EU自動車関税の判断を半年先送りの可能性=EU当局者

複数の欧州連合(EU)当局者によると、トランプ米大統領は今週、EUから輸入する自動車および自動車部品に関税を発動するかどうかの判断の先送りを発表する見通し。先送りの期間は、前回と同じ半年間である可能性が高いという。

UPDATE 1-米、自動車関税の判断半年先送りの可能性=ニュースサイト

トランプ米大統領は今週、欧州連合(EU)などから輸入する自動車および自動車部品に関税を発動するかどうかの判断をさらに半年間先送りすると発表する見通し。政治専門サイトのポリティコが関係筋の話として11日に報じた。

PSAとフィアット合併、両社全ブランドを維持へ=タバレスCEO

プジョーを傘下に持つ仏PSA<PEUP.PA>のカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は8日、同社と欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>が計画している500億ドル規模の経営統合が実現した場合、両社のブランドはすべて維持するとの見解を表明した。同氏は統合後の新会社のCEOに就任するとみられている。

系列部品会社の再編続ける、単独での技術開発困難=ホンダ副社長

ホンダ<7267.T>の倉石誠司副社長は8日、2019年7―9月期決算会見で、傘下の部品メーカー3社と日立製作所<6501.T>傘下の部品メーカーが経営統合を決めた背景について、次世代技術の高度化・複雑化・多様化が進む中、単独での技術開発は「スピードや経営資源の点でたいへん厳しくなっている」と指摘。今後もホンダが出資している部品メーカーの再編を続けるかとの問いには「イエスだが、いま具体的に新しいことを言える状況ではない」と述べた。

米司法省がフォードやホンダなどに召喚状、排ガス巡る加州との協定で

米カリフォルニア州と自動車大手4社が7月に合意した厳格な排出ガス基準を定める自主協定について、司法省は4社に詳細な情報の開示を求める召喚状を出した。事情に詳しい関係筋が7日、明らかにした。

米、欧州自動車に追加関税発動させないと確信=欧州委員長

欧州委員会のユンケル委員長は7日、トランプ米政権は欧州から輸入する自動車に国家安全保障を理由とした追加関税を発動させないと確信していると述べた。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 続伸して、1カ月超ぶりの高値で 取引を終えた。銀行や鉱業、石油株が買われ全体水準を押し上げた。 FTSE100種総合株価指数は0.92%上昇。中型株で構成するFTSE250 種指数は0.45%上がった。米中貿易協議が進展し、世界経済を押し下げてい た摩擦の緩和への期待感が高まった。 欧州格安航空会社(LCC)最大手ライアンエアは8.2%上昇し、201 4年12月以来の上昇率となった。今期前半の利益が市場予想を上回ったためだ。 格安航空会社のイージージェットジェットやハンガリーの英格安航空(LC C)ウィズエアーもそれぞれ...

欧州株式市場=続伸、4年ぶり高値 貿易協議を楽観視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 403.41 +3.98 +1.00 399.43 FTSEユーロファース 1581.87 +16.34 +1.04 1565.53 ト300種 ユーロSTOXX50種 3665.21 +41.47 +1.14 3623.74 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。米国と、中国や欧州との貿易協議を楽観視す る姿勢が広がり、4年超ぶりの高値となった。 STOXX欧州600種資源株指数やSTOXX欧州600種自動車・部品 株指数は3%近く...

FCAとPSA合併、中国での苦戦はすぐ解決されず=アナリスト

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>と仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)<PEUP.PA>は対等合併で合意したが、中国市場で両社の問題が直ちに解決される可能性は低い。両社とも現地に適した車種を適正価格で販売するのに、長年苦戦しているためだ。アナリストらが語った。

マツダ、円高で今期営業益予想27%減に修正 世界販売計画6万台超下振れ

マツダ<7261.T>は1日、2020年3月期(今期)の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益は前年比27%減の600億円となる見通し。従来は同34%増の1100億円を見込んでいた。為替相場で米ドルやユーロなどが円高に推移しており、前提為替レートを見直したことが響く。

米加州の排ガス規制訴訟、トヨタやGMが再びトランプ政権を支持

米カリフォルニア州による自動車の排ガス基準の独自規制に対し、トランプ政権が州権限の取り消しを求めている問題で、トヨタ自動車<7203.T>など複数のメーカーが、追加の2つの訴訟で政権側を支持する意向を示した。

フィアットとPSAの統合合意、欧州の労組が雇用への影響懸念

経営統合で基本合意した自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI> と仏PSA<PEUP.PA>に対し、欧州の主要労働組合は人員削減や工場閉鎖を回避するよう訴えている。域内経済が失速するなか、統合を巡る労働者側の懸念が浮き彫りになった。

フィアットとPSAが経営統合で合意、世界4位の自動車メーカーに

自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>と仏PSA<PEUP.PA>は31日、対等合併に向けた作業を進めることで合意したと発表した。経営統合が実現すれば、世界4位の自動車メーカーが誕生し、自動車業界で新たな再編の波が起こる可能性がある。

フィアットとPSAが経営統合で合意、世界4位の自動車メーカー誕生へ

自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏PSAは31日、経営統合で合意したと発表した。世界4位の自動車メーカーが誕生することになる。

米加州燃費規制の阻止、GMやトヨタの支持にトランプ氏が謝意

トランプ米大統領は30日、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>、トヨタ自動車<7203.T>、フィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>などの自動車大手に対し、ツイッターで謝意を示した。米カリフォルニア州による独自燃費規制などの導入を阻止する米政府方針を巡り、こうしたメーカーが支持を決めたことを評価した。

欧州市場サマリー(30日)

一方、STOXX欧州600種銀行株指数は1.85%低下した。ドイツ銀 行は7.9%下落。世界的な事業再編に関する経費が影響し2四半期連続で損 失を出したことが嫌気された。スペインの銀行サンタンデールは4.1%安だっ た。英事業における特別費用が影響し、四半期の純利益が75%減少した。2020年に ついて慎重な見通しを示したスイスの金融大手クレディ・スイスは2.6%値を 下げた。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> ドイツ10年債利回りが3カ月ぶり高水準を下回って推移。市場 では、この日公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を待ちとなっている...

欧州株式市場=まちまち、ロレアル買われる

一方、STOXX欧州600種銀行株指数は1.85%低下した。ドイツ銀 行は7.9%下落。世界的な事業再編に関する経費が影響し2四半期連続で損 失を出したことが嫌気された。スペインの銀行サンタンデールは4.1%安だっ た。英事業における特別費用が影響し、四半期の純利益が75%減少した。2020年に ついて慎重な見通しを示したスイスの金融大手クレディ・スイスは2.6%値を 下げた。 (い)

フィアットとPSA、合併協議を確認 31日にも合意発表か

自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>と仏PSAは30日、両社統合の可能性について協議していることを確認した。両社が合併した場合、新会社の規模は500億ドル相当に達する可能性がある。

フィアットとPSA、提携協議を確認

自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏PSAは30日、両社提携の可能性について協議していることを確認した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up