for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールド

FCX.N

現在値

30.27USD

変化

1.51(+5.25%)

出来高

4,276,394

本日のレンジ

28.51

 - 

30.50

52週レンジ

24.81

 - 

51.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
28.76
始値
28.59
出来高
4,276,394
3か月平均出来高
440.21
高値
30.50
安値
28.51
52週高値
51.99
52週安値
24.81
発行済株式数
1,452.00
時価総額
43,869.17
予想PER
7.95
配当利回り
0.99

次のエベント

Q3 2022 Freeport-McMoRan Inc Earnings Release

適時開示

その他

Freeport-McMoRan Says 'Striking' How Copper Market Sentiment Shifted In Q2

Freeport-Mcmoran Inc - Q2 Consolidated Sales Totaled 1.1 Bln Pounds Of Copper

BRIEF-Freeport-Mcmoran Inc - On June 6, Freeport-Mcmoran Bagdad Inc Received An Imminent Danger Order Issued By Mine Safety And Health Administration (June 8)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ゴールドとは

フリーポート・マクモラン(Freeport-McMoRan Inc.)は採鉱会社である。【事業内容】同社は銅、金とモリブデンの可採・推定埋蔵量を有する地理的資産及び銅生産業者を通じて運営する。同社の事業は精製銅製品、銅の濃縮製品、金、モリブデン、石油等を含む。同社の事業にはMorenci、Cerro Verde、Grasberg銅鉱山、Rod&Refining事業及び米国石油・ガス事業を含む。同社は北米銅鉱山、南米鉱業、インドネシア鉱業及びモリブデン鉱業を通じて事業を運営する。同社の資産ポートフォリオはインドネシアのグラスベルグ鉱物地区、銅・金鉱床、北米の大型モレンシ鉱物地区と南アメリカのセロベルデ事業等の米州の鉱業事業を含む。

業種

Metal Mining

連絡先

333 N Central Ave

PHOENIX, AZ

85004

United States

+1.602.3668100

https://www.fcx.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard C. Adkerson

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Kathleen L. Quirk

President

Maree Robertson

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Stephen T. Higgins

Senior Vice President, Chief Administrative Officer

Douglas N. Currault

Senior Vice President, General Counsel

統計

2.33 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

14.4K

2020

14.2K

2021

22.8K

2022(E)

23.4K
EPS (USD)

2019

0.020

2020

0.540

2021

3.130

2022(E)

2.712
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
2.95
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
74.50
長期負債/資本(四半期)
67.53
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(22日)ドル指数2年ぶり高値、株は大幅安

<為替> ニューヨーク外為市場では、前日のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の発言が引き続き支援要因になり、ドル指数が約2年ぶりの高水準を付けた。

米国株式市場=大幅安、軟調な企業決算や米利上げ観測が重し

米国株式市場は2.5%超値下がりして取引を終えた。軟調な企業決算に加え、米連邦準備理事会(FRB)が積極的に利上げを実施するとの見方が引き続き重しとなった。

米国株式市場=最高値更新、テスラ売られ終盤に上げ幅縮小

米国株式市場は小幅高で取引を終えた。インフラ投資法案の可決を好感し、序盤に値を上げたが、テスラ株の下げが重しとなり終盤に上げ幅を縮小した。

フリーポートのインドネシア鉱山、コロナ巡り労働者が抗議活動

米鉱業大手フリーポート・マクモラン<FCX.N>の子会社が操業するインドネシアのグラスベルグ鉱山では26日、新型コロナウイルスを巡る労働者の抗議活動が3日目に突入した。

グレンコア、設備投資・生産予測を下方修正 コロナの影響に対処

ロンドン市場に上場している商品取引・資源大手グレンコア<GLEN.L>は30日、2020年の設備投資と生産の見通しを下方修正した。支出削減により新型コロナウイルスの感染拡大の影響に対処できるとしている。

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

S&P上昇、ナスダック最高値 決算や新型肺炎に注目=米株市場

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が小幅に上昇し、ナスダック総合<.IXIC>は最高値を更新して取引を終えた。ネットフリックス<NFLX.O>が急伸し、相場を支援した。ただ、中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大や、まちまちの内容となった企業決算を受け、上値は抑制された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(23日)

(表のレートを更新し、株のリポートを追加しました) [23日 ロイター] - <為替> ドルが対ユーロで上昇。欧州中央銀行(ECB)が同日の定例理事会で主要政策金利を据え 置くとともに、物価目標を含む政策戦略の検証を開始したと明らかにしたことを受けた動き。 ラガルド総裁は理事会後の会見で、インフレ目標の検証を巡り「くまなく精査していく。物価の計測方 法に関しては検討が必要だ」と語った。 終盤の取引で、ユーロ/ドルは0.32%安の1.1055ドル。一時、昨年12月2日以来の 安値となる1.1037ドルを付ける場面もあった。 新型コロナウイルス...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up