for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェデックス・コーポレーション

FDX.N

現在値

150.75USD

変化

5.80(+4.00%)

出来高

376,069

本日のレンジ

144.84

 - 

150.75

52週レンジ

141.95

 - 

266.66

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
144.95
始値
145.72
出来高
376,069
3か月平均出来高
58.67
高値
150.75
安値
144.84
52週高値
266.66
52週安値
141.95
発行済株式数
260.22
時価総額
37,185.41
予想PER
6.25
配当利回り
3.22

次のエベント

Q2 2023 FedEx Corp Earnings Release

適時開示

その他

FedEx Corp. Reports First Quarter Results

President Of Logistics Association Launches No Confidence Vote In FedEx Ground CEO John Smith

Fedex Corp Declares Quarterly Cash Dividend Of $1.15 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェデックス・コーポレーションとは

フェデックス(FedEx Corp)は、「FedEx」ブランドの下で、集合的に競争し、独立して運営される企業を通じて、輸送、eコマース及びビジネスサービスのポートフォリオを提供する。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。フェデックスエクスプレスセグメントは、パッケージと貨物の配送のために、米国内及び国際的な各種な配送サービスを提供する。フェデックスグラウンドセグメントは、米国とカナダの任意の事業所住所への特定の日限定サービスを含む小型パッケージの地上配送サービス、及びフェデックス宅配サービスによる宅配サービスを提供する。フェデックスフレイトセグメントは、トラック積載量(LTL)未満の貨物サービスを提供する。フェデックスサービスセグメントは、販売、マーケティング、情報技術、通信、カスタマーサービス、技術サポート、請求と回収サービス、及び事業セグメントをサポートする特定のバックオフィス機能を提供する。

業種

Air Courier

連絡先

942 South Shady Grove Road

MEMPHIS, TN

38120-4117

United States

+1.901.8187500

https://www.fedex.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Frederick W. Smith

Executive Chairman of the Board

Rajesh Subramaniam

President, Chief Executive Officer, Director

R. Brad Martin

Independent Vice Chairman of the Board

Michael C. Lenz

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Lance D. Moll

President and Chief Executive Officer of FedEx Freight

統計

2.34 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

69.2K

2021

84.0K

2022

93.5K

2023(E)

94.8K
EPS (USD)

2020

9.500

2021

18.170

2022

20.610

2023(E)

14.528
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.51
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.39
株価純資産倍率(四半期)
1.48
株価キャッシュフロー倍率
4.89
総負債/総資本(四半期)
79.78
長期負債/資本(四半期)
79.23
投資利益率(過去12カ月)
5.08
自己資本利益率(過去12カ月)
4.28

最新ニュース

最新ニュース

米企業の業績見通し下方修正に懸念、米株価大幅安の要因に

米自動車大手フォード・モーターなどの米優良企業が最近、インフレや需要減退による収益悪化の見通しを示したのを契機として、今後の米企業収益全般に懸念が広がっている。折から米株は来年の米景気後退(リセッション)入りを織り込んで下落を続けており、投資家は一段と警戒感を強めそうだ。

米国株式市場=大幅安、利上げや景気後退懸念で

米国株式市場は大幅安で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派的な金利政策が米経済を後退させるとの懸念の中、ポジション調整の売りが出た。

NY市場サマリー(23日)英ポンド37年ぶり安値、米株大幅安 利回り上昇

<為替> 対ドルでユーロが20年ぶり、英ポンドが37年ぶりの安値を付けた。企業活動の減速が示され、リセッション(景気後退)懸念が高まっていることが背景。英ポンドに対しては、財務相が大規模な減税と大幅な借り入れ増額を発表したことも重しになった。

フェデックス、23年度最大27億ドル経費削減 利益悪化受け

[22日 ロイター] - 米宅配大手フェデックスは22日、需要の落ち込みで第1・四半期(6─8月)の利益が悪化したことを受け、2023年度に22億─27億ドルのコスト削減に向けた具体策を発表した。日曜配達の一部停止やオフィスの閉鎖などを実施する。

NY市場サマリー(20日)2年債利回り15年ぶり高水準近辺、株反落

<為替> ドルが上昇し、約20年ぶり高値に迫った。市場参加者は、大幅追加利上げが見込まれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を注視している。週内に開催される各国中銀による金融政策決定にも注目が集まる。

米国株式市場=反落、インフレが米企業圧迫との見方が重し

米国株式市場は反落して取引を終えた。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を明日に控え、新たなポジション構築が手控えられる中、インフレが米企業を圧迫していることを示す新たな発表が重しとなった。

NY市場サマリー(20日)2年債利回り15年ぶり高水準近辺、株反落

<為替> ドルが上昇し、約20年ぶり高値に迫った。市場参加者は、大幅追加利上 げが見込まれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を注視している。週内に開催される各 国中銀による金融政策決定にも注目が集まる。 米連邦準備理事会(FRB)は20日、2日間の日程でFOMCを開始。金利先物市 場が織り込む0.75%ポイント利上げの確率は83%、1.00%ポイント利上げ確率 は17%となっている。 終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.5%高の110.10。月初 に付けた20年ぶりの高値となる110.79近辺を推移した。 スウェーデン中央銀行は...

米宅配業界、今年の年末商戦期は一転サービス供給過剰問題に直面

新型コロナウイルスのパンデミック下の年末商戦期に需要の急拡大への対応に苦しんだ米宅配業界が、今年はサービスの供給過剰という正反対の問題に直面している。

国際貨物大手の需要悪化、年末商戦に向け暗雲

米宅配大手フェデックスや香港のキャセイ・パシフィック航空などの国際貨物大手が需要悪化の見通しを示し、クリスマスなどの年末商戦に暗雲が漂っている。

欧州株式市場=ほぼ横ばい、中銀利上げにらみ不安定な値動き

週明けの欧州株式市場はほぼ横ばいで取 引を終えた。今週、米連邦準備理事会(FRB)を始めとする中央銀行 の利上げが見込まれており、不安定な値動きとなった。 FRBは今週の連邦公開市場委員会(FOMC)で3会合連続とな る75ベーシスポイント(bp)の利上げを決めるとみられている。 スイス国立銀行や南アフリカ準備銀行を含めて今週会合を開く中央銀行 の大部分が利上げに踏み切ると予想されている。イングランド銀行(英 中央銀行)は利上げ幅は50bpまたは75bpで市場の見方が分かれ ている。 ドイツのDAX指数は0.49%上昇。 一方、フランス...

欧州株式市場=4日続落、景気悪化懸念で

欧州株式市場は4日続落して取引を終え た。国際通貨基金(IMF)と世界銀行が景気悪化を警告したことや、 米連邦準備理事会(FRB)が来週の連邦公開市場委員会(FOMC) で大幅な利上げを決めるとの見方が強まったことで売り注文が優勢とな った。 STOXX欧州600種指数は週間ベースで2.89%下 げ、週間の下落率として約3カ月ぶりの大きさとなった。 16日は主要セクターのうち不動産以外は全て下落した。 世界銀行は15日夜、中央銀行が高止まりしているインフレを抑え るために積極的な金融引き締めを進めているため、世界経済が景気後退 に近づいている...

フェデックス6─8月期低迷、景気減速で通期予想を撤回 株価15%安

[15日 ロイター] - 米宅配大手フェデックスは15日、第1・四半期(6─8月)の暫定決算を発表し、景気減速により世界的に出荷量が低迷したと明らかにした。また、第2・四半期に事業環境が悪化すると見込む中、6月に示した通期業績見通しを取り下げた。

米フェデックスの6─8月期、景気減速が影響 時間外で株価15%安

[15日 ロイター] - 米宅配大手フェデックスは15日、第1・四半期(6─8月)の暫定決算を発表し、景気減速により世界的に出荷量が低迷したと明らかにした。また、第2・四半期の業績はさらに悪化するとの見通しを示した。

米UPS、今年も年末商戦で10万人以上を臨時雇用へ

米物流大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は7日、今年もクリスマス商戦に向けて昨年並みの10万人以上を臨時雇用すると発表した。主に運転手と、集荷や梱包、発送の業務担当者で、フルタイムとパートタイムの両方を募集する。

訂正-物言う投資家の標的企業助言業務、22年上期はゴールドマンが首位

[ボストン 23日 ロイター] - リフィニティブが23日公表したデータによると、2022年上期にアクティビスト(物言う投資家)の標的となった企業の金融アドバイザーランキングで、米ゴールドマン・サックスが首位となった。ゴールドマンは前年同期のランキングでもトップだった。

米ボーイング、7月引き渡しが26機に減少 5カ月ぶり低水準

[9日 ロイター] - 米ボーイングは9日、7月の航空機引き渡しが26機となり、5カ月ぶり低水準になったと明らかにした。中型機「787ドリームライナー」の引き渡し再開準備を進める中、世界的なサプライチェーン(供給網)問題が浮き彫りになった。

米フェデックス・オフィス、フォードの商用EVを試験導入へ

米物流大手フェデックス傘下のフェデックス・オフィスは9日、米自動車大手フォード・モーターの商用電気自動車(EV)を一部地域における荷物の集配で試験的に導入すると発表した。

台湾周辺の中国軍演習、航空各社が欠航や迂回で対応

[ソウル 5日 ロイター] - ペロシ米下院議長の訪台を受けて中国が台湾周辺で軍事演習を行う中、航空会社の間では台北便を欠航したり、民間機の飛行が規制された空域を迂回(うかい)したりする動きが出ている。

UPSがアマゾン向け配送を制限へ、BtoB関連に再び注力

米貨物輸送大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は26日、最大顧客であるアマゾン・ドット・コム向けの配送をこれ以上増やさない方針を表明した。

フェデックス、一部米地域で日曜宅配中止へ 来月15日から

米宅配大手フェデックスは21日、米国内の人口の少ない一部地方地域で8月15日から日曜の配達を中止すると発表した。これにより、地上配送の「グラウンド」部門で効率化を強化できるという。影響を受ける地域は明らかにしていない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up