for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェデックス・コーポレーション

FDX.N

現在値

193.86USD

変化

9.78(+5.31%)

出来高

526,308

本日のレンジ

184.50

 - 

193.95

52週レンジ

141.95

 - 

256.44

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
184.08
始値
184.50
出来高
526,308
3か月平均出来高
48.12
高値
193.95
安値
184.50
52週高値
256.44
52週安値
141.95
発行済株式数
252.40
時価総額
48,096.80
予想PER
13.56
配当利回り
2.41

次のエベント

Q3 2023 FedEx Corp Earnings Release

適時開示

その他

Fedex Says Experienced Substantial Disruptions At Memphis, Indianapolis Hubs Due To Severe Winter Weather

Fedex Reports Q2 Results

FedEx Q2 Revenue Misses Expectations as Demand Weakness Continues

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェデックス・コーポレーションとは

フェデックス(FedEx Corp)は、「FedEx」ブランドの下で、集合的に競争し、独立して運営される企業を通じて、輸送、eコマース及びビジネスサービスのポートフォリオを提供する。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。フェデックスエクスプレスセグメントは、パッケージと貨物の配送のために、米国内及び国際的な各種な配送サービスを提供する。フェデックスグラウンドセグメントは、米国とカナダの任意の事業所住所への特定の日限定サービスを含む小型パッケージの地上配送サービス、及びフェデックス宅配サービスによる宅配サービスを提供する。フェデックスフレイトセグメントは、トラック積載量(LTL)未満の貨物サービスを提供する。フェデックスサービスセグメントは、販売、マーケティング、情報技術、通信、カスタマーサービス、技術サポート、請求と回収サービス、及び事業セグメントをサポートする特定のバックオフィス機能を提供する。

業種

Air Courier

連絡先

942 South Shady Grove Road

MEMPHIS, TN

38120-4117

United States

+1.901.8187500

https://www.fedex.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Frederick W. Smith

Executive Chairman of the Board

Rajesh Subramaniam

President, Chief Executive Officer, Director

R. Brad Martin

Independent Vice Chairman of the Board

Michael C. Lenz

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Lance D. Moll

President and Chief Executive Officer of FedEx Freight

統計

2.38 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

69.2K

2021

84.0K

2022

93.5K

2023(E)

91.9K
EPS (USD)

2020

9.500

2021

18.170

2022

20.610

2023(E)

13.576
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.96
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.51
株価純資産倍率(四半期)
2.06
株価キャッシュフロー倍率
6.49
総負債/総資本(四半期)
83.96
長期負債/資本(四半期)
83.25
投資利益率(過去12カ月)
4.70
自己資本利益率(過去12カ月)
3.92

最新ニュース

最新ニュース

米国内便で遅延・欠航1万便超、システム不具合 週内影響も

[ワシントン/シカゴ 11日 ロイター] - 米連邦航空局(FAA)は11日、夜間に生じたシステムの不具合により、米国内の全ての出発便に運航停止を命じたと発表した。約90分後に停止令は解除され、運航は徐々に再開しているものの、正常化にはなお時間がかかりそうだ。

フェデックス、米での日曜配送を3月から半減 需要と費用見合いで

米物流大手フェデックスは10日、米国で日曜配送能力を3月から半減させることを明らかにした。効率性向上と週末配送の競争力維持を図るという。

米商用EV優遇措置、輸送業界の「クリーンビークル」普及につながるか

米インフレ抑制法に盛り込まれた商用電気自動車(EV)購入に対する新たな税額控除制度が来年1月1日から始まる。大型商用EVなら1台当たり最大4万ドル、小型商用EVでも最大7500ドルの控除が適用され、宅配サービスをはじめとする輸送業界にクリーンビークル(バッテリー式EVとプラグインハイブリッド車=PHV、燃料電池車=FCVの総称)への切り替えを促す狙いだ。

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた 。好調な米経済指標を受けて米連邦準備理事会(FRB)の政策金利の高止まりが長期化 するとの懸念がくすぶる中で、市場はクリスマスの連休を控えて方向性を見いだすのに苦 慮した。 国内市場に特化した中型株で構成するFTSE250種指数は0.36%高 。 プルリミ・ウェルスのパトリック・アームストロング最高投資責任者(CIO)は「 22日午後にかなり急激に売られたのが買い戻されただけだ」とし、「休暇の時期には流 動性の低い市場になるため、どんなニュースもそれほど重要ではないかもしれない。この ため...

欧州株式市場=ほぼ横ばい、週間は上昇

欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を 終えた。祝日を控えて薄商いとなった。今週は景気後退やタカ派的な中 央銀行への懸念が経済改善の見通しへの期待感を上回り、不安定な値動 きとなった。 STOXX欧州600種指数は週間では0.64%上昇し た。 22日に発表された米経済指標は労働市場の逼迫と経済の底堅さを 示し、主要中央銀行による利上げの長期化と景気後退への懸念が強まっ た。 一方、今週発表された米ナイキの売上高と、米宅配大手フ ェデックスの利益がそれぞれ市場予想を上回り、米国とユーロ 圏の12月消費者信頼感指数が改善した。このため、急激な利上...

フェデックス、予想より小幅な減益は評価 一段の経費節減を=市場分析

米物流大手フェデックスが20日に発表した第2・四半期(9─11月)決算の減益が市場予想より小幅にとどまったことで、アナリストらからは同社の約40億ドル規模の経費節減計画の効果を評価する声が聞かれた。ただ、経済の不確実性を考えると同社にはもっと大胆な経費削減が必要だとの指摘もあった。

今日の株式見通し=買い戻し先行、上昇一巡後は利益確定も

きょうの東京株式市場は、買い戻し先行でスタートする展開が見込まれている。日経平均は昨日までの5営業日で1800円超下落しており、買いが流入する見通し。昨日公表された12月の米消費者信頼感指数が良好だったことを受け、投資家心理が改善しているとの指摘も聞かれた。ただ、上昇が一服した後は利益確定売りが優勢になることが予想され、上値の重さも意識されそうだ。

NY市場サマリー(21日)株続伸、円下落、長期債利回りほぼ変わらず

<為替> ニューヨーク外為市場は不安定な値動きとなる中、円が下落した。前日は日銀がイールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)下での10年物国債金利の許容変動幅拡大を決めたことに反応し、円は対ドルで約4%急伸していた。

米国株式市場=続伸、ダウ526ドル高 企業決算や消費者信頼感改善が支援

米国株式市場は主要3指数が続伸。今月に入り最大の上げを記録した。スポーツ用品大手ナイキと宅配大手フェデックスの決算や消費者信頼感の改善、インフレ期待の低下に支援された。

NY市場サマリー(21日)株続伸、円下落、長期債利回りほぼ変わらず

<為替> ニューヨーク外為市場は不安定な値動きとなる中、円が下落した。前日は 日銀がイールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)下での10年物国債金利 の許容変動幅拡大を決めたことに反応し、円は対ドルで約4%急伸していた。 終盤の取引で、ドル/円は0.4%上昇した。 マネックスUSAのディーリング・トレーディング部門のバイスプレジデント、ジョ ン・ドイル氏は「前日の動きは正当化されるものだったが、幾分大きすぎたため、その反 動が幾分出ていることは自然だ」と指摘。ドル/円が目先、振れる展開になることが見込 まれるという見方を示した...

米国株式市場=続伸、ダウ526ドル高 企業決算や消費者信頼感改善が支援

米国株式市場は主要3指数が続伸し て取引を終えた。スポーツ用品大手ナイキと宅配大手フェデッ クスの決算や消費者信頼感の改善、インフレ期待の低下に支援 された。 ナイキは北米での堅調な需要を背景に第2・四半期(9─11月) 売上高が市場予想を上回り、株価が急伸した。 フェデックス株も上昇。同社は9月に業績見通しを撤回し市場の混 乱につながったが、9─11月決算発表でガイダンスを示し、10億ド ルのコスト削減計画を発表した。 コンファレンス・ボード(CB)が21日発表した12月の米消費 者信頼感指数は4月以来の高水準を記録。インフレが鈍化し...

米フェデックス、コスト削減加速を発表 株価上昇

[20日 ロイター] - 米宅配大手フェデックスは20日、需要減少に先手を打つため10億ドルの追加コスト削減を行い、積極的な節減を加速すると発表した。

米国株式市場=5日ぶり小反発、年末商戦巡る懸念や米債利回り上昇が重し

米国株式市場は5営業日ぶりに反発して取引を終えた。ただ年末商戦期を巡る懸念や日銀による予想外の金融政策調整を受けた米国債利回り上昇に圧迫され、上値は限定的にとどまった。

米国株式市場=5日ぶり反発、年末商戦巡る懸念や米債利回り上昇が重し

インデペンデント・アドバイザー・アライアンスのクリス・ザッカ レリ最高投資責任者(CIO)は「日銀のニュースは債券市場を動かし 、今も影響が続いている」と述べた。 投資家はまた、年末商戦期に当たる第4・四半期の企業業績につい て懸念している。 BMOファミリー・オフィスのキャロル・シュレイフ副CIOは「 われわれはかなり合理的な期待を持ってきたが、小売業者は大規模なセ ールを余儀なくされている」と話した。 宅配大手フェデックスが引け後に発表する決算が注目され る中、ダウ輸送株がアンダーパフォームした。  終値 前日比 % 始値 高値 安値...

米ターゲット、年末商戦含む四半期売上高の減少見込む 株価17%安

[16日 ロイター] - 米ディスカウント大手ターゲットは16日、書き入れ時の年末商戦を含む第4・四半期の売上高が減少するという見通しを示した。物価高騰や消費支出の「劇的な変化」によって、玩具から電子機器まで多岐にわたる商品の需要減退していると説明した。

米フェデックス、貨物部門の一部従業員を一時帰休に

[14日 ロイター] - 米宅配大手フェデックスは14日、取り扱い貨物量の減少を理由に米国の一部貨物部門の従業員を一時帰休にする。

フェデックス、米国荷物配送量は9─11月期も想定下回る状況

米宅配大手フェデックスは8日、米国における荷物配送量が第2・四半期(9─11月)も想定を下回り続けているとの見方を示した。

米UPS、利益が予想上回る 需要鈍化も値上げ・コスト管理奏功

[25日 ロイター] - 米貨物輸送大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)が25日発表した第3・四半期決算は、調整後利益が市場予想を上回った。電子商取引(EC)の需要が鈍化する一方、配送料金の引き上げやコスト管理が奏功した。

米企業の業績見通し下方修正に懸念、米株価大幅安の要因に

米自動車大手フォード・モーターなどの米優良企業が最近、インフレや需要減退による収益悪化の見通しを示したのを契機として、今後の米企業収益全般に懸念が広がっている。折から米株は来年の米景気後退(リセッション)入りを織り込んで下落を続けており、投資家は一段と警戒感を強めそうだ。

米国株式市場=大幅安、利上げや景気後退懸念で

米国株式市場は大幅安で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派的な金利政策が米経済を後退させるとの懸念の中、ポジション調整の売りが出た。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up