for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェデックス・コーポレーション

FDX.N

現在値

261.73USD

変化

-12.68(-4.62%)

出来高

475,696

本日のレンジ

258.00

 - 

266.82

52週レンジ

88.79

 - 

293.24

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
274.41
始値
262.09
出来高
475,696
3か月平均出来高
73.45
高値
266.82
安値
258.00
52週高値
293.24
52週安値
88.79
発行済株式数
262.59
時価総額
72,057.87
予想PER
--
配当利回り
0.95

次のエベント

Q2 2021 FedEx Corp Earnings Release

適時開示

その他

DHL Express Sees Peak Season Volume Up More Than 50%

Fedex Corp. Reports Strong First Quarter Results

FedEx Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.65 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フェデックス・コーポレーションとは

フェデックス(FedEx Corporation)は「FedEx」というブランドで、独立的に運営して協力的に管理される集合的に競合する企業を通じて、輸送、電子商取引及びビジネス・サービスの提供に従事する会社である。【事業内容】同社の事業はFedEx送達、TNT送達、FedExグラウンド、FedEx貨物輸送とFedExサービスを含む。FedEx送達事業は米国国内外においてパッケージ及び貨物の配送サービスを提供する。TNT送達事業は文書、小包、貨物を一日限定または時間限定で収集・輸送・配送する。FedExグラウンド事業はビジネスと住宅のマネー・バックができる地上配送サービスを提供する。FedEx貨物輸送事業は小口トラック貨物(LTL)の輸送サービスを提供する。FedExサービス事業は他の企業向けに販売、マーケティング、情報技術、通信、顧客サービス及び他のバック・オフィス・サポートを提供する。

業種

Air Courier

連絡先

942 Shady Grove Rd S

MEMPHIS, TN

38120-4117

United States

+1.901.8187500

http://www.fedex.com/

統計

2.07 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

65.5K

2019

69.7K

2020

69.2K

2021(E)

76.6K
EPS (USD)

2018

15.310

2019

15.520

2020

9.500

2021(E)

15.863
株価売上高倍率(過去12カ月)
40.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
3.70
株価キャッシュフロー倍率
13.23
総負債/総資本(四半期)
119.67
長期負債/資本(四半期)
119.23
投資利益率(過去12カ月)
2.86
自己資本利益率(過去12カ月)
2.44

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(16日)ドル上昇、ナスダック下落

<為替> 不安定な値動きの中、ドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)が16日までに開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でゼロ金利政策を維持すると同時に、当面の経済見通しを引き上げたことが材料視された。

S&P・ナスダック下落、FRB低金利維持でもIT株に売り

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が下落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表された声明を受け、米連邦準備理事会(FRB)が長期にわたり金利をゼロ付近に維持するとの見方が強まったものの、IT(情報技術)株への売りに押された。

米フェデックス、6─8月決算は予想上回る コロナで宅配需要増

米宅配大手フェデックス<FDX.N>が15日発表した第1・四半期(6─8月)決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大でネット通販の利用が増加したことが寄与し、株価は引け後の時間外取引で6.4%上昇した。

郵便投票で米郵政公社の代役務まらず、UPSとフェデックスが指摘

米物流大手のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>とフェデックス<FDX.N>は14日、11月の大統領選で増加が見込まれている郵便投票について、配達遅延を警告している米郵政公社(USPS)に代わり取り扱うべきとの見方を一蹴した。

お知らせ:重複記事を削除します

「フェデックスのパイロット労組、香港での業務停止を要求」は重複のため削除します。

NFLレッドスキンズ、チーム名変更を発表 差別的との批判で

米プロフットボールリーグ(NFL)ワシントン・レッドスキンズは13日、1933年から使われているチーム名とロゴを変更すると発表した。

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別的と圧力

米プロフットボールリーグ(NFL)ワシントン・レッドスキンズのオーナー、ダン・スナイダー氏は3日、チーム名の変更を検討すると明らかにした。

日経平均は小反発、国内外のコロナ感染再拡大が重荷

東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。前日の米国株高は支援材料となったものの、投資家心理は盛り上がりに欠けた。国内外で新型コロナウイルスの感染増加が伝わっていることが重荷。今晩発表される米雇用統計や週末の東京都知事選の結果を見極めたい向きもいるという。

ホットストック:ヤマトHDが堅調、フェデックス急伸から連想買い

ヤマトホールディングスが堅調な展開となっている。前日の米国株式市場でフェデックスが前日比11.7%高と急伸したことから連想買いを誘った。

NY市場サマリー(1日)ドル下落、ナスダック・S&P続伸

<為替> 不安定な取引の中、ドルが下落。米経済指標が全般的に堅調だった上、欧州の経済指標も改善しつつあることから、安全通貨としての需要が後退した。ただ新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかかっていないことで、ドル相場の見通しは底堅いと予想されている。

米株はナスダック・S&Pが続伸、コロナワクチンへの期待で

米国株式市場ではナスダック総合<.IXIC>とS&P総合500<.SPX>が続伸。国内で新型コロナウイルス感染者数は増加しているものの、安全かつ有効なワクチンが開発され、新たなロックダウン(都市封鎖)措置は回避されるとの期待が追い風となった。

米郵政公社、1─3月期の損失45億ドルに倍増 金融支援必要

米郵政公社(USPS)は8日、1─3月期の損失が2倍以上の45億ドルに膨らんだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の減速で向こう1年半で財務状態が大きく悪化する恐れがあるとし、現在のサービス水準を維持するために政府の金融支援が必要になるとの認識を示した。

米アマゾン、自社配送サービスを一時停止へ=WSJ

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、新たな配送サービス「アマゾン・シッピング」を6月から一時停止する。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が7日、関係筋の情報として報じた。

UPDATE 1-〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(6日現在)

ドイツ政府が発表した2月の鉱工業受注指数は、前月比1.4%低下した。海外からの受注が大幅に減少し、新型コロナウイルスの影響が出たとみられる。 > 〔ロイター為替予測調査〕インドルピー、目先は新型コロナで軟調 政府の対応がカギ

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(6日現在)

バンク・オブ・アメリカ(BofA)は3日、1日までの週にジャンク債ファンドに過去最大となる69億ドルの資金が流入したと発表した。3月月間では債券ファンドからは「歴史的」な規模の2840億ドルが流出し、現金資産に約6580億ドルが流入したが、直近週では市場心理の改善が見られたとしている。

米デルタ航空など、米政府に従業員の給与支援を申請 新型コロナ対策

米デルタ航空<DAL.N>とジェットブルー・エアウェイズ<JBLU.O>は3日、米政府に対し従業員の給与支援を申請した。給与支援は新型コロナウイルス感染拡大を受けた運航停止による危機を乗り切るためのもの。ただ両者は支援は「十分ではない」としている。

米航空各社、財務省に支援金の早期支給を要請 配分の提案も

米国の主要航空会社が米財務省に書簡を送り、最大で580億ドルに上る航空会社への助成金や融資の支給を急ぐよう要請するとともに、各社への資金配分の仕方について提案した。28日付の書簡をロイターが確認した。

アマゾン、新型コロナ検査キット配布支援 ゲイツ氏も資金拠出

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は23日、米マイクロソフト<MSFT.O>創業者のビル・ゲイツ氏が資金を拠出する研究プログラムと協力し、シアトル市で新型コロナウイルスの家庭用検査キットを配布すると明らかにした。

今週の米株は押し目買いの判断困難、新型コロナの影響見極めきれず

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から世界の金融市場が動揺するなか、米国株式市場も急落する展開が続いている。しかし、押し目買いの好機を見極めるのはかなり難しい。リフィニティブのデータによると、来年の収益予想に基づいたS&P総合500種指数<.SPX>の株価収益率(PER)は、2月末の19倍超から18日には14.2倍に落ち込んだ。

焦点:中国頼みの製造業、物流ストップでお手上げ状態

高速道路は封鎖され、労働者は職場に行けず、製品供給は細り続けており、貨物船や航空機による輸送も機能不全――。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up