for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FGV Holdings Bhd

FGVH.KL

現在値

1.26MYR

変化

-0.02(-1.56%)

出来高

2,565,300

本日のレンジ

1.25

 - 

1.28

52週レンジ

0.72

 - 

1.59

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1.28
始値
1.28
出来高
2,565,300
3か月平均出来高
272.22
高値
1.28
安値
1.25
52週高値
1.59
52週安値
0.72
発行済株式数
3,645.83
時価総額
4,560.19
予想PER
40.32
配当利回り
1.60

適時開示

その他

FGV Holdings Updates Steps To Address Withhold Release Order Issued By U.S. Customs And Border Protection

FGV Holdings Clarifies On Article Regarding Palm Oil Labour Abuse Findings

FGV Holdings Bhd Says October Production Of Palm Kernel 64,276 MT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FGV Holdings Bhdとは

FGVホールディングス(FGV Holdings Bhd)(旧名:Felda Global Ventures Holdings Berhad)は投資持株会社である。【事業内容】同社のセグメントには新鮮なフルーツバンチ(FFB)の栽培、収穫および生産、原油パーム油およびパーム核(PK)へのFFBの処理を含むプランテーションエステート活動に従事するパームアップストリーム、粗パーム油(CPO)の精製、洗練漂白脱臭パーム油とパームオレインの分別、PKの粉砕、バイオディーゼル製品の加工と販売、オレオケミカル、グラフェンとナノチューブの生産、 包装製品の生産に従事するパーム・ダウンストリーム、砂糖精製、精製砂糖と糖蜜の販売とマーケティングに従事する砂糖事業、施設の貿易と輸送に従事する貿易、マーケティング、物流(TML)事業、ゴム加工、研究開発活動、肥料の加工と生産、栽植材の販売、情報技術、安全保障、旅行に従事するそのほかの事業を含む。

業種

Crops

連絡先

Level 20, Wisma FGV, Jalan Raja Laut,

50350

Malaysia

+60.3.27890000

http://www.fgvholdings.com/#

エグゼクティブリーダーシップ

Wira Azhar bin Abdul Hamid

Non-Independent Non-Executive Chairman of the Board

Haris Fadzilah Bin Hassan

Group Chief Executive Officer

Yusli bin Mohamed Yusoff

Non-Executive Independent Deputy Chairman of the Board

Mohd Hairul Bin Abdul Hamid

Group Chief Financial Officer

Khairil Anuar Haji Aziz

Group Chief Executive Officer, MSM Malaysia Holdings Berhad

統計

2.91 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, MYR)

2017

17.0K

2018

13.5K

2019

13.3K

2020(E)

14.3K
EPS (MYR)

2017

0.039

2018

-0.300

2019

-0.066

2020(E)

0.015
株価売上高倍率(過去12カ月)
52.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.34
株価純資産倍率(四半期)
1.11
株価キャッシュフロー倍率
5.93
総負債/総資本(四半期)
116.38
長期負債/資本(四半期)
48.24
投資利益率(過去12カ月)
-0.00
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.00

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=まちまち、クアラルンプールとマニラが上昇

中盤の東南アジア株式市場はまちまち。米追加経済対策法案の上院通過をめぐる不安がリスク選好を圧迫している。

アジア株式市場サマリー:引け(1日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [1日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 中国 CSI300指 休場 - - - - - <.CSI30 数 0> 前営業日終値 - 香港 ハンセン指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 香港 ハンセン中国株 休場 - - - - - 指数 前営業日終値 - 韓国 総合株価指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 台湾 加権指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 豪 S&P/ASX...

東南アジア株式・引け=大半が上昇=米刺激策期待で

東南アジア株式市場は大半が上昇。新型コロナウイルス流行に対応した米国の追加刺激策が進展する兆候を受け、世界的に楽観ムードが広がった。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、米財政刺激策への期待で

1日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が上昇。祝日による一部市場の休場で薄商いとなる中、シンガポール市場が1カ月超ぶりの上昇率となり、アジアの株式市場をけん引した。米追加経済対策に進展の兆しがあり、地合いは押し上げられた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up