for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Foot Locker, Inc.

FL.N

前日終値

45.37USD

変化

-0.83(-1.80%)

出来高

442,663

本日のレンジ

43.84

 - 

46.21

52週レンジ

33.12

 - 

68.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
46.20
始値
46.06
出来高
442,663
3か月平均出来高
62.70
高値
46.21
安値
43.84
52週高値
68.00
52週安値
33.12
発行済株式数
107.04
時価総額
4,991.24
予想PER
9.37
配当利回り
3.26

次のエベント

Q3 2019 Foot Locker Inc Earnings Release

適時開示

その他

Foot Locker Inc Declares Quarterly Dividend Of $0.38 Per Share

Leidos Holdings & Idex Set To Join S&P 500 Grubhub & Foot Locker To Join S&P Midcap 400 National Beverage To Join S&P Smallcap 600

Foot Locker Inc Reports Q1 2019 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Foot Locker, Inc.とは

フット・ロッカー(Foot Locker, Inc.)は靴とアパレルの小売業者である。【事業内容】同社は運動用品店と直販という2事業を通して運営する。同社は、フット・ロッカー、キッズ・フット・ロッカー、レディ・フット・ロッカー、シャン・スポーツ、フットアクション、ランナー・ポイント、Sidestep、SIX:02などのビジネスを含む運動用フットウェアおよびアパレル小売店である。直販事業は、マルチブランドであり、インターネット、モバイルサイト、カタログを通じて顧客に直接販売する。同事業は、eastbay.com、final-score.com、eastbayteamsales.com、及びsp24.comのウェブサイトを運営する。同事業には、店舗のバナー(footlocker.com、ladyfootlocker.com、six02.com kidsfootlocker.com、champssports.com、footaction.com、footlocker.ca、footlocker.eu、runnerspoint.com及びsidestep-shoes.com)のブランド名に合わせて、デスクトップとモバイルのウェブサイトが含まれる。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

330 W 34th St

+1.212.7203700

http://www.footlocker-inc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard A. Johnson

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Lauren B. Peters

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Stephen D. Jacobs

Executive Vice President; Chief Executive Officer - North America

Lewis Phillip Kimble

Executive Vice President and Chief Executive Officer - Asia Pacific

Vijay Talwar

Executive Vice President and Chief Executive Officer - EMEA

統計

2.29 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

7.8K

2018

7.8K

2019

7.9K

2020(E)

8.1K
EPS (USD)

2017

4.820

2018

4.110

2019

4.710

2020(E)

4.922
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.71
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.63
株価純資産倍率(四半期)
2.10
株価キャッシュフロー倍率
7.47
総負債/総資本(四半期)
4.90
長期負債/資本(四半期)
4.90
投資利益率(過去12カ月)
11.46
自己資本利益率(過去12カ月)
9.34

最新ニュース

最新ニュース

米企業団体、トランプ大統領に対中追加関税引き上げの延期を要請

全米小売業協会や全米民生技術協会など160以上の企業団体は28日、トランプ米大統領に対する書簡で、今年予定されている中国輸入品に対する関税引き上げはホリデーシーズン中の価格上昇を引き起こす可能性があると警告し、あらゆる対中追加関税の引き上げを延期するよう訴えた。

NY市場サマリー(24日)

<為替> ドル指数が前日に付けた2年ぶりの高値から下落した。4月の米耐久財受注が軟調となり、米中貿易戦争が一部要因となり製造製造業部門だけでなく、米経済全般が減速しつつある可能性が改めて示されたことがドルの重しとなった。

米国株は小幅高、米中通商関係巡るトランプ氏の楽観的な発言で

米国株式市場は小幅高で取引を終えた。前日は急落していたが、中国との通商関係に関するトランプ米大統領の楽観的な発言を受け、投資家の懸念が緩和した。

米ナイキなど173社、対中追加関税批判 消費者や企業に打撃

米ナイキ<NKE.N>やアンダーアーマー<UAA.N>など、スポーツ用品大手や靴を扱う小売業者173社は20日、追加関税対象となる中国製品のリストから靴を外すようトランプ米大統領に訴えた。

米国株、ダウ4日ぶり反発 米中協議への期待が買い後押し

米国株式市場はダウ平均株価<.DJI>とS&P総合500種指数<.SPX>が4日ぶりに反発。米中通商協議への期待感が買いを後押しした。一方、米中の製造業統計はさえず、相場の足を引っ張った。

NY市場サマリー(1日)

<為替> ドルが上昇し、対円で10週間ぶり高値を付けた。この日発表された一連の米指標は低調な内容となったものの、米中通商合意への期待からリスク選好の動きが強まった。

NY市場サマリー(1日)

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.79対1の比率 で上回った。ナスダックでも1.86対1で値上がり銘柄数が多かった。 米取引所の合算出来高は79億5000万株。直近20営業日の平均は72億700 0万株。 米国株式市場: <金先物> 世界的な株高を背景に安全資産とされる金の需要は減退し、5日続落し た。4月物の清算値は前日比16.90ドル(1.28%)安の1オンス=1299.2 0ドルと、中心限月ベースで1月25日以来約1カ月ぶりの安値を付けた。 米通商代表部(USTR)が前日、3月1日に設定されていた米中両国...

NY市場サマリー(21日)

<為替> 米株上昇のほか、イタリア予算案を巡り楽観的な見方が出ていることでリスク選好度が改善し、ドルが下落した。米株式市場は今週に入ってからハイテク株を中心に売られていたが、この日は米アップルをはじめとする主要ハイテク銘柄に買い戻しが入り、相場は上昇した。ただ、ケンブリッジ・グローバルペイメンツ(トロント)の首席市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は、株価はこの日上向いたものの、回復したように見えても実際はそうでなかったことが過去2週間で数回あったため、リスク選好はなお「極めて抑制」された状態にあるとしている。

米国株はS&Pとナスダックが反発、エネルギー・ハイテク株上昇

米国株式市場はS&Pとナスダックが反発。このところ売り込まれていたエネルギー株やハイテク株に買いが入った。ただ、終盤にかけてアップルが下げに転じたことに押され、S&Pはこの日の安値付近で引けた。ダウは横ばい。ダウとS&Pはいずれも年初来の騰落がマイナスとなっている。S&P技術指数<.SPLRCT>は0.6%上昇。ソフトウエア企業オートデスク<ADSK.O>の上昇が寄与した。

NY市場サマリー(25日)

<為替> 原油安を受けた資源国通貨の下落のほか、イタリアとスペインの政治懸念を反映しユーロが下落したことを反映し、ドル指数が上昇した。

S&Pとダウ下落、原油急落でエネルギー株下落

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が下落。原油価格の急落でエネルギー株が下げた。ただ、半導体や小売が上昇し、下げは限定的だった。

米国株式市場は下落、税制改革法案の行方に懸念

米国株式市場は共和党の税制改革法案の行く末に懸念が出ていることで、主要3指数が揃って下落して終了した。

NY市場サマリー(21日)

<為替> ドルが円とユーロに対して下落した。米カンザスシティー地区連銀がワイオミング州ジャクソンホールで今週開催する年次シンポジウムに投資家の注目が集まる中、北朝鮮情勢を巡る地政学的緊迫感が高まり、ドルを売る動きが優勢になった。

米国株式市場は小幅まちまち、経済シンポ前に手控えムード

米国株式市場は小幅まちまち。米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる経済シンポジウムの開催を前に積極的な取引が手控えられた。原油価格が下落したため、エネルギー株は全般に下げた。

米国株式市場は小幅続落、ホワイトハウスの新たな混乱受け

ホワイトハウスは、トランプ大統領がスティーブン・バノン首席戦略官兼大統領上級顧問を更迭したことを明らかにした。バノン氏は、反ユダヤ主義や白人ナショナリズムの思想を持つと批判を浴びていた。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対して下落。トランプ米大統領の政権運営能力を巡る根強い不安がドルの地合い悪化につながった。

ナイキとアマゾンの提携、スポーツ用品小売りの販売に打撃

スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>が特定の商品をアマゾン<AMZN.O>やインスタグラムで販売する試験プログラムは、ナイキとオンライン小売業者との関係強化の前兆であり、フット・ロッカー<FL.N>などのスポーツ用品小売り業者の販売に打撃となる可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up