for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

First Solar, Inc.

FSLR.O

現在値

132.53USD

変化

4.32(+3.37%)

出来高

2,175,112

本日のレンジ

129.80

 - 

135.81

52週レンジ

59.60

 - 

140.64

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
128.21
始値
131.47
出来高
2,175,112
3か月平均出来高
57.64
高値
135.81
安値
129.80
52週高値
140.64
52週安値
59.60
発行済株式数
106.59
時価総額
13,841.30
予想PER
-2,442.10
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 First Solar Inc Earnings Release

適時開示

その他

Azure Power Signs Agreement For 600 MW Of First Solar’s High-Performance Modules

First Solar To Invest Up To $1.2 Billion In Scaling Production Of American-Made Responsible Solar

First Solar Announces Q2 2022 Financial Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

First Solar, Inc.とは

ファースト・ソーラー(First Solar Inc)は太陽光発電(PV)太陽エネルギー・ソリューションのプロバイダーである。【事業内容】薄膜半導体技術によってPV太陽電池モジュールの設計、製造、販売を行う。また、主に同社製造のモジュールを使用し、システム所有者に運用および保守(O&M)サービスを提供するPV太陽光発電システムを開発、設計、構築、および販売する。2つの事業セグメントにより構成される。モジュール事業は太陽光を電気に変換するテルル化カドミウム(CdTe)ソーラー・モジュールの設計、製造、販売を行う。システム事業はプロジェクト開発、エンジニアリング、調達、建設(EPC)サービス、O&Mサービスなど、特定の市場で発電所ソリューションを提供する。その顧客には、公益事業者、独立系発電事業者、商業および産業会社、その他のシステム所有者が含まれる。

業種

Semiconductors

連絡先

SUITE 600, 350 WEST WASHINGTON STREET

TEMPE, AZ

85281

United States

+1.602.4149300

https://www.firstsolar.com/en-Emea/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael J. Ahearn

Non-Executive Chairman of the Board

Mark R. Widmar

Chief Executive Officer, Director

Alexander R. Bradley

Chief Financial Officer

Caroline Stockdale

Chief People and Communications Officer

Markus Gloeckler

Chief Technology Officer

統計

2.31 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

3.1K

2020

2.7K

2021

2.9K

2022(E)

2.6K
EPS (USD)

2019

1.480

2020

3.730

2021

4.380

2022(E)

-0.095
株価売上高倍率(過去12カ月)
73.58
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.58
株価純資産倍率(四半期)
2.35
株価キャッシュフロー倍率
30.63
総負債/総資本(四半期)
2.97
長期負債/資本(四半期)
2.88
投資利益率(過去12カ月)
2.86
自己資本利益率(過去12カ月)
2.58

最新ニュース

最新ニュース

米下院、「インフレ抑制法案」を可決 バイデン氏署名で成立へ

[ワシントン 12日 ロイター] - 米下院は12日、4300億ドル規模の「インフレ抑制法案」を可決した。上院でも7日に可決されており、バイデン大統領の署名を経て近く成立する。11月8日の中間選挙を前にバイデン大統領への追い風となる。

焦点:米企業増税法案が収益圧迫へ、EVなどは恩恵 自社株買いラッシュも

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米上院が7日可決した4300億ドル規模の歳出・歳入法案について、市場関係者は企業利益を小幅に押し下げ、自社株買いラッシュを引き起こす可能性を指摘する。一方、電気自動車(EV)やバイオ燃料、太陽光エネルギーなど一部のセクターには追い風になるとみられる。

米、太陽光パネル関税を4年延長 一部条件緩和

バイデン米大統領は4日、トランプ前政権が導入した太陽光パネル関税を4年延長すると発表した。ただし国内で主力なタイプは対象外とするなど制限を緩和した。

米副大統領、印首相と会談 自由で開かれたインド太平洋地域強調

ハリス米副大統領は23日、インドのモディ首相と会談し、自由で開かれたインド太平洋地域の重要性を強調した。米国は、インド太平洋地域で影響力を強める中国に同盟国との関係強化で対抗しようとしている。

太陽光発電の国内比率、35年までに4割以上可能と米エネルギー省

米エネルギー省は17日、太陽光発電について、議会が再生可能エネルギー事業や太陽光の関連部材工場への優遇税制などを成立させれば、2035年までに国内の電力供給の40%以上を賄うことが可能とする文書を公表した。

米インフラ計画、EV・クリーンエネルギー振興に大規模投資

バイデン米大統領が31日に発表した2兆ドル強のインフラ投資計画には、電気自動車(EV)、再生可能エネルギー、最先端のクリーンエネルギー技術の振興に向けた大規模投資が盛り込まれた。一方、化石燃料業界への補助金は廃止する方針が示された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up