for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールデン・アグリ・リソーシス

GAGR.SI

現在値

0.23SGD

変化

0.01(+2.22%)

出来高

11,445,600

本日のレンジ

0.22

 - 

0.24

52週レンジ

0.14

 - 

0.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
0.23
始値
0.23
出来高
11,445,600
3か月平均出来高
293.36
高値
0.24
安値
0.22
52週高値
0.30
52週安値
0.14
発行済株式数
12,692.07
時価総額
2,888.45
予想PER
6.28
配当利回り
3.41

次のエベント

Dividend For GARPY.PK - 0.3890 USD

適時開示

その他

Golden Agri-Resources Says Budgeted Capital Expenditure Of US$150 Mln In 2021

Golden Agri-Resources Posts 1H Net Profit Of $153 Million

Golden Agri-Resources Posts 1Q Net Profit Of US$ 41 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールデン・アグリ・リソーシスとは

ゴールデン・アグリ・リソーシス(Golden Agri-Resources Ltd)は投資持株会社。【事業内容】同社はアブラヤシの栽培・収穫、パーム原油(CPO)とヤシのカーネル(PK)への新鮮な果房の加工、並びに食用油、マーガリンとショートニングなどの工業用品と消耗財へのCPOの精製に従事する。同社は2つの事業区分により構成される。インドネシアのアグリビジネス事業はインドネシアにおいて、アブラヤシ農園の所有・栽培、及び工場・製油所と消費用食用油・マーガリンの生産者の所有・運営を行う。中国のアグリビジネス事業は中国において、港湾、油糧種子の貯蔵庫、破砕・精製所及び精製された食用油・食品の生産業者の所有・運営を行う。同社はインドネシアで約455700ヘクタールのアブラヤシ農園を栽培している。平成23年7月、同社はPT Sinar Mas Agro Resources and Technology Tbkにある2%の持分を取得した。平成23年1月、同社はPT Dami Mas Sejahteraに残る50%の持分を取得した。

業種

Food Processing

連絡先

108 Pasir Panjang Road

#06-00 Golden Agri Plaza

118535

Singapore

+65.6.5900800

https://www.goldenagri.com.sg/

エグゼクティブリーダーシップ

Franky Oesman Widjaja

Executive Non-Independent Chairman and Chief Executive Officer

Muktar Widjaja

Executive Non-Independent Director and President

Rafael Buhay Concepcion

Executive Non-Independent Director and Chief Financial Officer

Chen Sau Hua

Deputy Chief Financial Officer

The Biao Ling

Managing Director, Upstream Operations

統計

3.20 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

7.2K

2019

6.4K

2020

7.1K

2021(E)

8.2K
EPS (USD)

2018

0.014

2019

0.015

2020

0.003

2021(E)

0.027
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.18
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.26
株価純資産倍率(四半期)
0.48
株価キャッシュフロー倍率
2.96
総負債/総資本(四半期)
69.17
長期負債/資本(四半期)
28.99
投資利益率(過去12カ月)
6.47
自己資本利益率(過去12カ月)
4.31

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・引け=大半が堅調、米中の通商合意に期待感

10日の東南アジア株式市場の株価は、大半が堅調だった。トランプ米政権は同日、対中追加関税を引き上げたものの、両国が貿易協議を継続する中、合意の可能性に期待が広がった。

東南アジア株式・中盤=まちまち、マニラ・シンガポールが高い

4日中盤の東南アジア株式市場はまちまち。フィリピンの2018年12月のインフレ率が7カ月ぶりの低水準となったことを受けて、マニラ株は上伸している。一方でシンガポール株は、安値拾い買いがで反発している。

東南アジア株式・中盤=軒並み上伸、米中「一時休戦」を好感

週明け3日中盤の東南アジア株式市場の株価は、アジア株全般に足並みをそろえて上昇した。米中の貿易戦争の「一時休戦」が、投資家のリスク選好意欲を高めた。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、シンガポールは上昇

中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が下落。さえない内容の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が嫌気された。ただ、シンガポール市場は上昇した。米中首脳会談にも注目が集まっており、アジア市場全般は小幅安となった。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、世界の成長懸念が再燃

12日中盤の東南アジア株式市場では大半が下落。先週発表された中国の経済指標を受け、世界の経済成長を巡る懸念が再燃し、地合いが圧迫された。

東南アジア株式・引け=全般的に下落、マニラ株は続伸

19日の東南アジア株式市場の株価は全般的に下落した。中国で弱い内容の統計が発表され、貿易摩擦をめぐる懸念が強まり、投資家心理が悪化した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up