for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Gazprom PAO

GAZP.MM

前日終値

226.00RUB

変化

0.00(0.00%)

出来高

18,157,400

本日のレンジ

224.06

 - 

227.15

52週レンジ

145.02

 - 

256.40

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
226.00
始値
226.00
出来高
18,157,400
3か月平均出来高
719.95
高値
227.15
安値
224.06
52週高値
256.40
52週安値
145.02
発行済株式数
22,127.00
時価総額
5,350,214.00
予想PER
3.79
配当利回り
7.35

次のエベント

Q3 2019 Gazprom PAO Earnings Release

適時開示

その他

Gazprombank mulls selling turbine maker REP Holding to Gazpromenergoholding

Gazprom Neft recommends H1 dividend of 18.14 roubles/share

PGNiG expects Gazprom arbitration end before year-end - CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Gazprom PAOとは

ガスプロム(Gazprom PAO)はガスパイプラインシステムを運営する会社である。【事業内容】同社はロシア連邦でガスの生産・輸送に従事する。同社とその子会社は、石油生産、精製事業及び発電・発熱に従事する。同社の主要な業務には、ガスの探査及び生産、ガス輸送、ロシア連邦内及び海外でのガス販売、ガス貯蔵、原油及びガス・コンデンセートの生産、石油、ガス・コンデンセートと他の炭化水素の加工及び精製製品の販売、並びに電気・熱エネルギーの生産・販売が含まれる。その他金融・業務は、主にその他商品の生産、工事とサービスの提供を含む。同社の業務部門は、ガス生産、輸送、ガス販売、ガス貯蔵、原油・ガスコンデンセートの生産、精製、電気・熱エネルギーの生産・販売、及びその他を含む。

業種

Natural Gas Utilities

連絡先

ul. Nametkina, 16, V-420, GSP-7

+7.495.7193001

http://www.gazprom.com

エグゼクティブリーダーシップ

Viktor Alekseevich Zubkov

Chairman of the Board of Directors, Non-Executive Director

Aleksey Borisovich Miller

Chairman of the Management Committee, Deputy Chairman of the Board of Directors, Executive Director

Elena Aleksandrovna Vasileva

Deputy Chairwoman of the Management Committee - Chief Accountant

Mikhail Leonidovich Sereda

Member of the Board of Directors, Executive Director, Deputy Chairman of the Management Committee, Head of the Management Committee's Administration

Vitaly Anatolevich Markelov

Member of the Board of Directors, Executive Director, Deputy Chairman of the Management Committee

統計

2.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, RUB)

2016

5,593.2K

2017

6,546.1K

2018

8,224.2K

2019(E)

7,853.0K
EPS (RUB)

2016

38.596

2017

32.320

2018

65.890

2019(E)

59.920
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.01
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.64
株価純資産倍率(四半期)
0.37
株価キャッシュフロー倍率
2.20
総負債/総資本(四半期)
28.85
長期負債/資本(四半期)
25.35
投資利益率(過去12カ月)
10.10
自己資本利益率(過去12カ月)
8.63

最新ニュース

最新ニュース

ノルドストリーム2、建設中止は非現実的=独国防相

ドイツのクランプカレンバウアー国防相は11日、ラトビアの首都リガで記者会見し、ロシア・ガスプロムが主導する欧州向けガス・パイプライン事業「ノルドストリーム2」の現状を踏まえると、建設を中止できると考えるのは非現実的だと述べた。欧州諸国と米国はこの計画に反対している。

欧州でロ影響力拡大も、ガスパイプライン計画巡り米エネ長官警告

ペリー米エネルギー長官は7日、ロシアの天然ガスを欧州に輸出する「ノルドストリーム2」と「トルコストリーム」の2本のパイプラン計画は、欧州でロシアの政治的影響力を高める恐れがあると指摘した。

インド、対ロシア貿易を25年までに年間300億ドルに拡大へ

ロシアのゴーカレ外務次官は4日、インドとロシアが両国間の年間貿易額を現在の110億ドルから2025年までに300億ドルに増やす方針だと明らかにした。

ロシア、民間企業による北極海沖合の開発を支援=天然資源相

ロシアのコブイルキン天然資源環境相は4日、民間石油・ガス会社による北極海沖合での開発認可を支援する考えを明らかにした。

米上院外交委、ノルドストリーム2巡る制裁法案可決

米上院外交委員会は31日、ロシアの天然ガスをドイツに輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」の建設に関わる企業と個人に制裁を科す法案を可決した。トランプ政権は、「ノルドストリーム2」を通じて欧州に対するロシアの経済的な影響力が強まることを警戒している。

EU、米関税に備える必要 今後数カ月に自動車などで=独当局者

ドイツ政府で欧米関係のコーディネーターを務めるピーター・バイエル氏は、欧州連合(EU)加盟国は今後数カ月間に米国が自動車など複数の分野でEUに関税を発動する可能性に備える必要があるとの見方を示した。

トランプ米大統領、ノルドストリーム2計画巡り制裁検討

トランプ米大統領は12日、ロシア産ガスをバルト海経由で欧州に輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」プロジェクトを阻止するため、制裁措置を検討していると明らかにし、ドイツに対しエネルギーでロシアに依存しないよう警告した。

トランプ米大統領、ノルドストリーム2計画巡り制裁検討

トランプ米大統領は12日、ロシア産ガスをバルト海経由で欧州に輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」プロジェクトを巡る制裁措置を検討しているとし、ドイツに対しエネルギーでロシアに依存しないよう警告した。

OPECプラス協調減産、上半期に終了の公算=ガスプロムネフチ幹部

ロシア石油大手ガスプロムネフチ<GAZP.MM>のヤコブレフ第1副CEO(最高経営責任者)は16日、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国による協調減産が今年上半期に終了する見通しを示した。ただ原油を巡る世界的なアライアンスは、少なくとも主要産油国間の協調との形で維持されるとした。

米副大統領、イラン政策などでEU批判 独首相は協調訴え

ペンス米副大統領は16日、ミュンヘン安全保障会議でイランやベネズエラに対する政策を巡り欧州同盟国を非難し、ロシアを含む世界的な協調を訴えたメルケル独首相の呼びかけを拒否した。

ドイツの銀行、ロシア事業継続へ米国の対ロ制裁リスク抑制を模索

ドイツの銀行は既存のロシア事業を継続できるよう、米国による新たな対ロシア制裁のリスク抑制を目指している。ドイツ銀行協会が作成した内部文書で明らかになった。

EU加盟国、ロシアのパイプライン建設規制案を支持

欧州連合(EU)加盟国は8日、ロシア産ガスを欧州北部に運ぶパイプライン建設事業「ノルドストリーム2」を規制するEUの提案を支持した。

独ゲルマニア航空が破産、全便の運航を停止

ゲルマニア航空はベルリンを拠点として1986年に設立。37機を運航し、年間利用者数は約400万人。欧州、北アフリカ、中東への60以上の路線があり、イランやイラク、アルメニアなどにも運航していた。

ガスプロム、三菱UFJとシティから計10.6億ドルの融資=報道

ロシア国営のガス生産企業ガスプロムは、三菱UFJフィナンシャル・グループとシティバンクから計9億2500万ユーロ(10億6000万ドル)の融資を受けた。インタファクス通信が31日、企業データを基に伝えた。

ロシア、米のノルドストリーム2計画反対は「不当競争」と反発

ロシア政府は12日、同国産ガスをバルト海経由で欧州に輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」建設を妨げようとする米国の試みについて、単なる商業計画の阻止を狙った不当競争の一例にすぎないと反発した。

EXCLUSIVE-ロシア、OPECとの減産受け入れへ 規模など依然協議=関係筋

ロシア政府は、石油輸出国機構(OPEC)との減産が必要との考えに傾きつつあるが、時期や減産規模についてなおOPEC主要国のサウジアラビアと協議している。業界筋2人が明らかにした。

ロシア政府、国内の産油制限せず=ガスプロムネフチ

ロシア国営天然ガス独占企業ガスプロムの石油子会社ガスプロムネフチは16日、ロシア政府はもはや国内石油会社の原油増産を制限していないと明らかにし、同国が石油輸出国機構(OPEC)と進めてきた協調減産が、当面、実質失効状態であることを示唆した。

ノルドストリーム2へ投資する欧州企業、制裁の可能性=米国務省

米国務省は11日、ロシアとドイツの間で建設が計画されている天然ガスパイプライン「ノルドストリーム2」へ投資する西側企業に対し、制裁対象となる可能性があると警告した。

焦点:外資泣かせの北朝鮮ビジネス、また失敗繰り返すか

2000年に最初の南北首脳会談が行われる数カ月前、韓国サムスン電子<005930.KS>は、平壌の有力なコンピューター研究施設に73万ドル(約8000万円)を投資した。

米ロのエネルギー相、26日に会談へ=関係筋

ペリー米エネルギー長官とロシアのノバク・エネルギー相が26日にワシントンで会談する。事情に詳しい関係筋が22日、明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up