for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジェネラル・ダイナミクス・コーポレーション

GD.N

現在値

196.03USD

変化

-2.11(-1.06%)

出来高

337,338

本日のレンジ

195.04

 - 

197.82

52週レンジ

129.17

 - 

199.54

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
198.14
始値
197.80
出来高
337,338
3か月平均出来高
21.59
高値
197.82
安値
195.04
52週高値
199.54
52週安値
129.17
発行済株式数
283.55
時価総額
55,250.69
予想PER
17.50
配当利回り
2.43

次のエベント

Q3 2021 General Dynamics Corp Earnings Release

適時開示

その他

General Dynamics Sees Full-Year Company-Wide Revenue Of About $39.2 Bln - Conf Call

General Dynamics Posts Q2 Earnings Per Share $2.61

General Dynamics Board Declares Dividend, Authorizes Additional Share Repurchases

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジェネラル・ダイナミクス・コーポレーションとは

ゼネラル・ダイナミクス(General Dynamics Corporation)は、世界的な航空宇宙防衛企業である。【事業内容】同社は、ビジネス航空、戦闘車両、武器システム・軍需品、軍用・商用造船及び通信・情報技術の製品・サービスを提供する。同社は、航空宇宙、戦闘システム、情報システムとテクノロジー及びマリンシステムの4つのビジネスグループを通じて運営する。航空宇宙グループは、航空機設計、操縦室及びキャビンシステム、ならびに製品サービスやサポートを提供する。戦闘システムグループは、戦闘車両、武器システム、軍需品を提供する。情報システムとテクノロジーグループは、多様なプログラムをサポートする技術、製品、サービスを提供する。マリンシステムグループは、原子力潜水艦、地上戦闘機及び補助戦闘物流船を設計・製造する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

11011 Sunset Hills Rd

RESTON, VA

20190-5311

United States

+1.703.8763000

https://www.gd.com

エグゼクティブリーダーシップ

Phebe N. Novakovic

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jason W. Aiken

Senior Vice President, Chief Financial Officer

Christopher Marzilli

Executive Vice President - Technologies

Mark C. Roualet

Executive Vice President - Combat Systems

Robert Edward Smith

Executive Vice President - Marine Systems

統計

2.41 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

36.2K

2019

39.4K

2020

37.9K

2021(E)

39.1K
EPS (USD)

2018

11.220

2019

11.980

2020

11.000

2021(E)

11.235
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.43
株価純資産倍率(四半期)
3.61
株価キャッシュフロー倍率
13.64
総負債/総資本(四半期)
85.93
長期負債/資本(四半期)
65.16
投資利益率(過去12カ月)
9.04
自己資本利益率(過去12カ月)
6.11

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

米22年度予算案、歳出6兆ドル要求 インフラ投資など重点

バイデン米大統領は28日、2022会計年度(21年10月─22年9月)の予算教書を議会に提出した。インフラ投資や教育、気候変動対策などに重点を置き、歳出額は要求ベースで6兆0100億ドルに膨らんだ。

米政権の国防予算要求、中国抑止に向けた核兵器近代化も=関係筋

バイデン米大統領が2022年度(21年10月─22年9月)の予算教書で求めた国防総省の予算7150億ドルについて、中国抑止に向けた核兵器の近代化などに充てられるとの見方を、予算の内容に詳しい複数の関係筋が示した。

2020年のビジネスジェット機納入、前年比20.4%減少=業界団体

一般航空機製造者協会(GAMA)によると、2020年における世界のビジネスジェット機納入は前年比20.4%減の644機となった。新型コロナウイルス感染拡大で前半に生産が影響を受けたという。

米下院、国防権限法案を可決 トランプ氏は拒否権発動の構え

米議会下院は8日、国防予算の大枠を定める総額7400億ドルの国防権限法案(NDAA)を335対78の圧倒的な賛成多数で可決した。トランプ大統領は拒否権を発動する意向を示している。

バイデン氏、国防予算削減に苦慮へ 雇用への影響大きく

米大統領選で勝利を確実にした民主党候補のバイデン前副大統領は、来年1月の大統領就任後、党内の進歩派から国防予算の削減を求める強い圧力に直面する見通しだ。

プライベートジェット運航回復に期待高まる、渡航制限緩和などで

休暇目的の旅行需要の持ち直しと欧州での渡航制限の緩和を背景に、今夏はプライベートジェットによるチャーター便の引き合いが強まっている。業界幹部や調査会社の話で明らかになった。新型コロナウイルスで大打撃を受けた航空業界で慎重ながらも期待する声が出ている。

米ロッキード、通年見通し上方修正 4─6月期決算好調

米軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチン<LMT.N>は21日、通年業績見通しを上方修正した。第2・四半期(6月28日まで)決算は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた供給面の混乱を克服し、最新鋭ステルス戦闘機「F35」を扱う宇宙航空部門の売上高が増加した。

リンクトイン利用したハッカー、欧州の防衛企業に不正侵入=調査

スロバキアのサイバーセキュリティ会社ESETは17日、ハッカー集団が欧州の軍事請負企業ネットワークに入り込むため、ビジネス向け交流サイト(SNS)のリンクトイン上で米防衛大手のコリンズ・エアロスペースやゼネラル・ダイナミクス<GD.N>で働く人材採用担当者を装っていたとする調査結果を公表した。

米政権、4.8兆ドルの21年度予算案提示 民主党は反発

トランプ米大統領は10日、総額4兆8000億ドル規模の2021会計年度(20年10月─21年9月)予算教書を議会に提出した。野党民主党は医療保険や社会保障に関する一般教書演説での表明が守られていないとして反発している。

米国防費、核や兵器開発費増額 トランプ政権が21年度予算で

トランプ米大統領は10日、2021会計年度(20年10月─21年9月)予算教書を議会に提出した。国防費は7405億ドルを要求し、核兵器のほか武力衝突に備えた兵器の研究・開発費の増額を盛り込んだ。

〔情報BOX〕新型コロナウイルス、これまでの感染状況(2月4日現在)

* https://graphics.reuters.com/CHINA-HEALTH/0100B59Y39P/index.html (情報を更新・追加しました。)

シンガポール航空ショー、新型肺炎でボンバルディアなど出展見合わせ続出

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中で、11日から始まるシンガポール航空ショーへの出展を見合わせる航空機メーカーが相次いでいる。これまでにカナダのボンバルディア<BBDb.TO>、米テキストロン<TXT.N>、米ゼネラル・ダイナミクス<GD.N>傘下のガルフストリームなどが不参加を表明した。

中国、台湾向け武器売却に関連する米企業との取引停止を警告

中国外務省の耿爽報道官は15日の定例会見で、中国政府および企業は、台湾への武器売却に関連する米企業との取引を停止することになると述べた。ただ、具体的な企業名は挙げなかった。

中国、台湾向け武器売却に関連する米企業との取引停止を警告

中国外務省の耿爽報道官は15日の定例会見で、中国政府および企業は、台湾への武器売却に関連する米企業との取引を停止することになると述べた。

中国、台湾に武器売却の米企業に制裁へ 「安全保障脅かす」

中国外務省は12日、米企業による台湾への総額22億ドルの武器売却は中国の主権と国家安全保障を脅かすとし、武器売却に関与する企業に制裁措置を科す方針を発表した。

米国務省、台湾への武器売却計画を承認 22億ドル相当

米国防総省は8日、台湾への武器売却計画を米国務省が承認したことを明らかにした。22億ドル相当の戦車やミサイルなどが売却される可能性がある。

米国務省、台湾への武器売却計画を承認 22億ドル相当=国防総省

米国防総省は8日、台湾への武器売却計画を米国務省が承認したと明らかにした。22億ドル相当の戦車やスティンガーミサイルなどが売却される可能性がある。

米国、台湾への武器売却を準備 戦車など20億ドル超=関係筋

米国が台湾への武器売却を進めようとしている。事情に詳しい関係者4人が匿名で明らかにした。米中貿易摩擦が激化する中、中国の反感を買う可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up