for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゼネラル・エレクトリック・カンパニー

GE.N

前日終値

11.44USD

変化

-0.08(-0.69%)

出来高

12,882,074

本日のレンジ

11.34

 - 

11.50

52週レンジ

6.66

 - 

11.75

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
11.52
始値
11.45
出来高
12,882,074
3か月平均出来高
1,252.11
高値
11.50
安値
11.34
52週高値
11.75
52週安値
6.66
発行済株式数
8,733.55
時価総額
100,610.50
予想PER
18.79
配当利回り
0.35

次のエベント

General Electric Co Healthcare Investor Day at the RSNA Annual Meeting

適時開示

その他

Hanwha AeroSpace Wins $302 Mln Engine Parts Supply Deal From General Electric

Adage Capital Partners Ups Share Stake In GE, Nike and AMD

Safran and Aero Engine Corporation of China to strengthen co-operation on WZ16 French-Chinese helicopter engine

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゼネラル・エレクトリック・カンパニーとは

ゼネラル・エレクトリック(General Electric Company)はグローバルなデジタル産業会社である。【事業内容】同社の製品とサービスは航空機エンジン、発電、石油・ガス生産装置、医療用イメージング、金融、工業製品を含む。同社の事業はエネルギー生産関連製品とサービスを含む電力事業、再生可能エネルギーを提供する再生可能エネルギー事業、液化天然ガスとパイプラインを含む石油・ガス事業、商用・軍用航空機エンジンと統合デジタル・コンポーネント等を含む航空機事業、医療イメージング、デジタル・ソリューション、患者モニタリングと診断、創薬等の医療技術を提供するヘルスケア事業、鉄道、鉱業、海洋、定置発電と掘削産業の供給業者である輸送業、エネルギー接続と照明事業を含むエネルギー接続・照明事業、並びに金融サービスを提供するキャピタル事業を含む。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

41 Farnsworth St

+1.617.4433000

https://www.ge.com

エグゼクティブリーダーシップ

H. Lawrence Culp

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

David L. Joyce

Vice Chairman of General Electric Company and President and Chief Executive Officer, GE Aviation

Jamie S. Miller

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Raghu Krishnamoorthy

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President

Michael J. Holston

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.60 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

123.7K

2017

122.1K

2018

121.6K

2019(E)

93.7K
EPS (USD)

2016

1.490

2017

1.050

2018

0.650

2019(E)

0.612
株価売上高倍率(過去12カ月)
1,336.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.98
株価純資産倍率(四半期)
3.60
株価キャッシュフロー倍率
16.09
総負債/総資本(四半期)
333.80
長期負債/資本(四半期)
272.78
投資利益率(過去12カ月)
0.29
自己資本利益率(過去12カ月)
0.22

最新ニュース

最新ニュース

米石油掘削リグ稼働数、3週連続で減少=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した11月8日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比7基減の684基と2017年4月以来の低水準だった。減少は3週連続。

米石油掘削リグ稼働数は5基減少、17年4月以来の低水準

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した11月1日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比5基減の691基と2017年4月以来の低水準だった。

FOMCこうみる:米好況を確認する形に=キャピタル・パートナーズ 倉持氏

25ベーシスポイント(bp)の利下げを決定したことは予想通り。一方、パウエル議長が今後の追加利下げがないことを示唆したものの、そうなった場合に軟化すると懸念されていた米国株式市場が上昇し、東京市場に安心感を与えそうだ。

S&Pが最高値更新、FOMC決定受け

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種は終値で最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)は29─30日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp)の利下げを決定した。

米GE、第3四半期は調整後利益が予想上回る 流動性見通し上方修正

米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>が30日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、継続事業ベースの株主帰属損益が13億3000万ドルの赤字となった。ただ、航空機部品の価格上昇や堅調なヘルスケア事業などに支えられ、調整後利益はアナリスト予想を上回ったほか、通年のキャッシュフロー見通しも上方修正した。

米石油掘削リグ稼働数、過去最長の減少続く 利益重視し投資抑制=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した10月25日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比17基減の696基で、2017年4月以来の低水準だった。週間では4月以来の大幅減少。

米石油掘削リグ稼働数、2週連続で増加=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した10月18日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比1基増の713基で、前週に続き増加した。2週連続の増加は6月以降で初めて。

米石油掘削リグ稼働数、8週ぶりに増加=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した10月11日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比2基増の712基となった。増加は8週間ぶり。

コラム:米GEが少し身軽に、社員は憂き目 投資家には朗報

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>も齢127歳とあって、体の節々が痛むようだ。同社が発表した年金コスト抑制策によって痛みも少しは和らぎ、長く苦難を忍んできた投資家もいくらか報われるだろう。ただ、数万人の従業員は憂き目を見る。

米GE、国内従業員2万人の年金凍結へ 債務削減で

米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>は7日、国内従業員約2万人を対象に、年金基金を2021年1月1日から凍結すると発表した。積み立て不足を縮小し、債務を削減するため。

米石油掘削リグ稼働数、7週連続で減少=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した10月4日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比3基減の710基で、2017年5月以来の低水準となった。

米石油掘削リグ稼働数、10カ月連続減 過去最長=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した9月27日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比6基減の713基で、2017年5月以来の低水準となった。

米石油掘削リグ稼働数、17年5月以来の低水準=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した9月20日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は、前週比14基減の719基だった。

米石油掘削リグ稼働数、4週連続減=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した9月13日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比5基減の733基となり、2017年11月以来の低水準だった。これで4週連続で減少した。前年同期の稼動数は867基。

米株上昇、貿易巡る楽観的な見方でハイテク・工業株が高い

米国株式市場は上昇して取引を終了。中国が対米報復関税の対象から一部の製品を免除すると発表したことが好感され、関税の動きに敏感なハイテク株や工業株の買いが膨らんだ。S&P総合500種は7月30日以来、初めて3000を上回って終了した。

石油価格、当面はレンジ内で推移へ=ベーカー・ヒューズCEO

米ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>の石油サービス子会社、ベーカー・ヒューズ<BHGE.N>のロレンゾ・シモネリ最高経営責任者(CEO)は3日、石油価格は「予見可能な将来にわたって」レンジ内での推移が続くとの見通しを示したほか、北米の石油・ガス田については、短・中期的には支出はほとんど伸びないことが見込まれると指摘した。

米石油掘削リグ稼働数、18年1月以来の低水準=ベーカー・ヒューズ

* グラフィック:http://graphics.thomsonreuters.com/15/rigcount/index.html

米石油掘削リグ稼働数、4カ月ぶり大幅減=ベーカー・ヒューズ

ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した8月23日までの週の国内石油掘削リグ稼働数は前週比16基減の754基と、約4カ月ぶりの大幅な減少となった。生産者が新規掘削向けなどの投資を削減している。

米国務省、台湾向け新型F16戦闘機の売却承認 80億ドル相当

米国務省は、台湾への新型「F16」戦闘機の売却を承認した。売却額は80億ドルになる可能性がある。国防総省傘下の国防安全保障協力局が20日、議会に正式に通知した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up