for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゼネラル・エレクトリック・カンパニー

GE.N

現在値

7.70USD

変化

0.60(+8.46%)

出来高

22,935,444

本日のレンジ

7.44

 - 

7.86

52週レンジ

5.48

 - 

13.26

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7.10
始値
7.53
出来高
22,935,444
3か月平均出来高
2,133.76
高値
7.86
安値
7.44
52週高値
13.26
52週安値
5.48
発行済株式数
8,753.29
時価総額
62,148.35
予想PER
--
配当利回り
0.56

次のエベント

Q3 2020 General Electric Co Earnings Call

適時開示

その他

GE Signs Agreements With Power Generation Joint Stock Corporation 3

Long Ridge Energy Terminal Partners With New Fortress Energy And GE To Transition Power Plant To Zero-Carbon Hydrogen

GE Hitachi Nuclear Energy Announces It Will Be Working With Ontario Power Generation

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゼネラル・エレクトリック・カンパニーとは

ゼネラル・エレクトリック(General Electric Company)はグローバルなデジタル産業会社である。【事業内容】同社の製品とサービスは航空機エンジン、発電、石油・ガス生産装置、医療用イメージング、金融、工業製品を含む。同社の事業はエネルギー生産関連製品とサービスを含む電力事業、再生可能エネルギーを提供する再生可能エネルギー事業、液化天然ガスとパイプラインを含む石油・ガス事業、商用・軍用航空機エンジンと統合デジタル・コンポーネント等を含む航空機事業、医療イメージング、デジタル・ソリューション、患者モニタリングと診断、創薬等の医療技術を提供するヘルスケア事業、鉄道、鉱業、海洋、定置発電と掘削産業の供給業者である輸送業、エネルギー接続と照明事業を含むエネルギー接続・照明事業、並びに金融サービスを提供するキャピタル事業を含む。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

5 NECCO STREET

BOSTON, MA

02210

United States

+1.617.4433000

https://www.ge.com

統計

2.24 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

122.1K

2018

121.6K

2019

95.2K

2020(E)

78.6K
EPS (USD)

2017

1.050

2018

0.650

2019

0.650

2020(E)

-0.046
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.63
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.71
株価純資産倍率(四半期)
1.85
株価キャッシュフロー倍率
6.84
総負債/総資本(四半期)
243.14
長期負債/資本(四半期)
216.24
投資利益率(過去12カ月)
1.72
自己資本利益率(過去12カ月)
1.35

最新ニュース

最新ニュース

米GE、第3四半期は黒字 コロナ禍から電力事業など改善

米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>が28日発表した第3・四半期決算は、市場予想に反して黒字となったほか、プラスのキャッシュフローを計上した。コスト削減と電力事業および再生可能エネルギー事業の改善が寄与した。

コラム:サムスン電子の李健熙会長が残した混乱の「企業統治」

韓国・サムスン電子<005930.KS>の李健熙会長は、見事ではあるが深く傷ついた帝国を残した。父親の事業を引き継ぎ、スマートフォンや半導体を製造する3550億ドル規模の巨大企業へと発展させ、「韓国株式会社」に残した功績は今後も残るだろう。だが、その78年間の生涯にはスキャンダルもまた根深く、一族による経営支配を脅かし続けている。

焦点:ラストベルトもトランプ離れ、コロナ失政批判で地盤動揺

米オハイオ州北東部のコートランドで暮らすターニャ・ウォジャークさん(39)は生粋の共和党員で、トランプ大統領が再選を果たす上では欠かせない郊外地域の女性層の典型だ。しかし、既に彼女の心はトランプ氏から離れてしまった。

米ベーカー・ヒューズ、第3四半期は3期連続の赤字 需要低迷続く

米石油サービス大手ベーカー・ヒューズ<BKR.N>が21日発表した第3・四半期決算は、3四半期連続の赤字となった。同社は、新型コロナウイルス感染拡大を受けたコモディティー価格の下落が引き続き石油設備やサービス需要を圧迫する可能性があるとの見通しを示した。

コラム:「史上最高齢」の争い、米大統領にも定年制導入を

米国民は間もなく、史上最高齢の大統領候補2人のうちどちらかを選ばなければならない。もし民主党のバイデン前副大統領が勝利すれば大統領就任時は78歳で、フランクリン・D・ルーズベルト以降の歴代民主党大統領の平均年齢を28歳も上回る。そして実はバイデン氏は、私の父親の年齢に達することになる。

NY市場サマリー(9日)米株続伸、ドルは3週間ぶり安値

<為替> 米国の追加新型コロナウイルス経済対策で合意が得られるとの楽観的な見方を背景に、ドルが3週間ぶりの低水準を付けた。

米国株式市場=続伸、コロナ経済対策への期待追い風 週間でも大幅上昇

インバーネス・カウンセルのチーフ投資ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は、 「トランプ大統領がコロナ対策巡るスタンスを翻し、以前よりも大規模な支援パッケージ を提案したことを市場は好感している」と述べた。 また、11月3日に迫る米大統領選で野党民主党の大統領候補バイデン前副大統領が 勝利する可能性を市場が消化し始めたとことも指摘された。 S&P情報技術は1.5%高で、S&P総合の押し上げに寄与。一方、エ ネルギーは1.6%下落した。 週間では、ナスダックが4.6%、S&Pは3.8%、ダウは3.3%それぞれ上昇 した。 小型株で構成する...

米GE、SECが民事訴訟起こす可能性 保険事業の会計処理で

米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>は6日、傘下のGEキャピタルの保険事業における会計処理が証券法に違反した疑いがあるとして、民事訴訟を起こす可能性があると証券取引委員会(SEC)から通知を受け取ったと明らかにした。

日立の送配電網子会社、2025年までに利益が目標上限に=CEO

日立製作所<6501.T>の送配電網子会社、日立ABBパワーグリッドのクラウディオ・ファキン最高経営責任者(CEO)は、2025年までに利益を目標の上限付近に引き上げることが可能との見通しを示した。

アングル:コロナ禍で「余る」航空機、解体・部品業者に商機

新型コロナウイルスの世界的大流行により航空機の運航休止が広がる中、航空機の解体や中古部品の売買を手掛ける事業が持ち直しの兆しを見せている。航空各社が航空機の引退を前倒ししているためだ。

NY市場サマリー(17日)ドル/円7週ぶり安値、米株下落

フォード・モーターも3.7%高。ミシガン工場で、主力ピックアップトラック「F150」の 新モデル生産を開始したと発表した。 米国株式市場: <金先物> ドルの上昇に伴う割高感などに圧迫され、4営業日ぶりに反落。中心限月12月物の清算 値(終値に相当)は前日比20.60ドル(1.05%)安の1オンス=194 9.90ドル。 NY貴金属: <米原油先物> 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラ ス」が減産順守の姿勢を改めて強調したことなどを受けて、3日続伸。米国産標準油種WTIの中心限月 10月物の清算値...

米株下落、ハイテク株の売り継続 失業保険申請は高止まり

米国株式市場は下落。ハイテク関連株の売りが継続し、アマゾン<AMZN.O>やアップル<AAPL.O>などの下げが相場を圧迫した。朝方発表された新規失業保険申請件数の高止まりが続いていることも嫌気された。

米GE、今年下半期にキャッシュフロー黒字化=カルプCEO

米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>のカルプ最高経営責任者(CEO)は16日、同社のフリーキャッシュフローが今年下半期に黒字に転じるとの見通しを示した。

米大統領、イラク駐留米軍撤収を確約 イランが敵対行動なら支援

トランプ米大統領は20日、イラクのカディミ首相と初会談を行い、同国に駐留する米軍の撤収を改めて確約した。ただイランが敵対的な行動を起こした場合、イラクを支援する用意があると表明した。

シェブロンなど米5社、イラクのエネルギー関連事業で合意

米石油大手シェブロン<CVX.N>を含む米企業5社は19日、イラク政府と同国でのエネルギー関連事業に関する合意に署名した。エネルギー部門でのイラン依存脱却を後押しする狙いがある。20日にはトランプ米大統領と訪米中のイラクのカディミ首相による会談が控える。

米GE、第2四半期損失は予想上回る コロナが航空機事業に打撃

米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>が29日発表した第2・四半期決算は、予想を上回る損失を計上した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が航空機事業に打撃となった。ただキャッシュアウトフローは予想ほど膨らまなかった。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、11週連続で過去最低=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した7月17日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、前週比5基減の253基となり、1940年の統計開始以来の最低水準を11週連続で更新した。

ボーイング、5月の納入4機に減少 MAX運航停止や新型コロナで

米航空機大手ボーイング<BA.N>が9日に公表した5月の納入機数は4機と、4月の6機から減少し、5月としては60年ぶりの低水準となった。前年同月比では87%減少した。

訂正:パキスタン旅客機が住宅街に墜落、80人の死亡確認 2人生存

パキスタン当局によると、南部カラチで22日、パキスタン国際航空(PIA)の旅客機が着陸直前に住宅街に墜落した。生存者が2人救出されたが、多くの乗客らが犠牲になったとみられる。

米投資ファンド、第1四半期にハイテクやエネルギー株の保有拡大

米投資ファンドは第1・四半期に大手ハイテク企業や、売り込まれていたエネルギーセクターへの投資を拡大した。15日に公表された規制当局への提出資料で明らかになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up