for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Genting Berhad

GENT.KL

現在値

3.34MYR

変化

0.01(+0.30%)

出来高

1,550,800

本日のレンジ

3.31

 - 

3.35

52週レンジ

2.91

 - 

6.26

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3.33
始値
3.33
出来高
1,550,800
3か月平均出来高
167.50
高値
3.35
安値
3.31
52週高値
6.26
52週安値
2.91
発行済株式数
3,850.58
時価総額
12,910.06
予想PER
-520.31
配当利回り
3.75

次のエベント

Q3 2020 Genting Bhd Earnings Release

適時開示

その他

Genting Posts QTRLY Net Loss 786.1 MLN RGT

Genting Says Qtrly Net Loss 132.3 Mln RGT

Genting Posts Qtrly Net Profit Of 528.8 Million RGT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Genting Berhadとは

ジェンティング(Genting Berhad)はホスピタリティ産業に事業を運営するGenting Groupの管理を行うマレーシアを拠点とする投資保有・管理会社である。【事業内容】同社は5つの事業区分により構成される。レジャーとホスピタリティ事業はホテル、ゲーム、エンターテインメント、ツアー・旅行関連サービス、統合リゾートの開発・運営及び他のサポート・サービスの提供を含む。プランテーション事業はアブラヤシ栽培、パーム油の精錬及び関連業務に従事する。電力事業は電力の生成・供給に従事する。不動産事業は商業・住宅用不動産の開発に従事する。石油・ガス事業は石油・ガスの探査・開発・生産に従事する。

業種

Hotels & Motels

連絡先

24th Floor

Wisma Genting, Jalan Sultan Ismail

50250

Malaysia

+60.3.21782288

http://www.genting.com

エグゼクティブリーダーシップ

Kok Thay Lim

Non-Independent Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Kong Han Tan

President, Chief Operating Officer, Executive Director

Keong Hui Lim

Deputy Chief Executive Officer

Cheng Yuen Foong

Independent Non-Executive Deputy Chairman of the Board

Yee Fun Wong

Chief Financial Officer

統計

2.00 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, MYR)

2017

20.0K

2018

20.9K

2019

21.6K

2020(E)

13.6K
EPS (MYR)

2017

0.586

2018

1.020

2019

0.622

2020(E)

-0.006
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.82
株価純資産倍率(四半期)
0.37
株価キャッシュフロー倍率
5.24
総負債/総資本(四半期)
117.01
長期負債/資本(四半期)
106.94
投資利益率(過去12カ月)
-0.22
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.15

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(3日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [3日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3384.9806 - 19.8211 - 0.58 3404.0319 3425.6294 3374.2634 前営業日終値 3404.8017 中国 CSI300指 4817.095 -26.792 -0.55 4841.502 4877.012 4800.058 数 前営業日終値 4843.887 香港 ハンセン指数 25007.60 -112.49 -0.45 25026.99 25216.02 24854.58...

東南アジア株式・引け=ジャカルタ反落、マニラは6日ぶり反発

東南アジア株式市場は、大半が下落して引けた。ジャカルタ市場は反落。経済成長や政策対応、インドネシア銀行(中央銀行)の独立性を脅かしかねないとアナリストが警戒する改革案をめぐる不安が、地合いを悪化させた。

東南アジア株式・中盤=マニラとジャカルタが反発、米指標が支援

4日中盤の東南アジア株式市場では、前日に大幅下落したジャカルタ市場とマニラ市場が1%超反発した。強い内容の米製造業指標と米株価上昇が、東南アジア各国での新型コロナウイルス感染者の急増をめぐる懸念を相殺した。

アジア株式市場サマリー:引け(23日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [23日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2976.5281 - 84.2264 - 2.75 3037.9524 3045.0406 2955.3460 前営業日終値 3060.7545 中国 CSI300指 4003.901 -128.030 -3.10 4093.323 4103.524 3972.393 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 4131.931 香港 ハンセン指数 27909.12 -431.92 -1.52 28109.75...

東南アジア株式・引け=おおむね下落、マニラは大幅高

23日の東南アジア株式市場は、おおむね下落して引けた。中国で感染が拡大している新型のコロナウイルスによる肺炎への警戒感が、市場の信認を低下させた。その一方でマニラ市場は安値拾いの買いで上昇し、上昇率が約3カ月ぶりの大きさとなった。

アジア株式市場サマリー:引け(7日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [7日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2768.6795 - 8.8764 - 0.32 2789.0187 2792.6934 2768.6795 前営業日終値 2777.5559 中国 CSI300指 3621.431 -14.898 -0.41 3654.632 3659.078 3621.431 数 前営業日終値 3636.329 香港 ハンセン指数 25997.03 +20.79 +0.08 25977.72 26025.44 25738.80...

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中緊張緩和の兆しで

東南アジア株式市場の株価は大半が上昇して終了した。カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はこの日、米国は中国と貿易交渉を続けるつもりで、9月に中国代表団を招き入れる予定でいると述べ、両国間の緊張が和らぐ兆候を示した。

東南アジア株式・引け=フィリピンが値を消す、タイ9日続伸

東南アジア株式市場では、一時10カ月超ぶりの高値を付けたマニラ市場がほぼ横ばいで引けた。米中通商協議や米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて利食い売りが出た。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、マニラ市場は0.79%高

17日の東南アジア株式市場では大半が上昇。マニラ市場が上げを主導した。シンガポール市場は輸出統計への失望から下落した。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、ジャカルタは0.6%高

中盤の東南アジア株式市場は大半が上昇。インドネシア中央銀行による今年初の金融政策会合を前に、ジャカルタ市場が域内の上昇をリードした。一方、シンガポール市場は、石油を除く輸出の減少を受けて反落した。

東南アジア株式・引け=大半が下落、商い低調

東南アジア株式市場は大半が下落。先週始まった世界的な株安の流れに沿った形で、年末のため商いは低調だった。

東南アジア株式・引け=クアラルンプール1%安、米中摩擦で商い低調

東南アジア株式市場はクアラルンプール株式市場は下落。総合株価指数KLCIは1%安と4週間ぶりの安値で引けた。他市場は、トランプ米大大統領が中国との貿易問題をめぐる合意への期待に冷や水を浴びせたことから、低調な商いだった。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米大統領の対中追加制裁警告が圧迫

27日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半の市場が下落した。トランプ米大統領は26日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに対し、発動済みの2000億ドル分の対中制裁関税について、関税率を予定通り現在の10%から25%に引き上げる公算が大きいと語った。これを受けて貿易摩擦緩和期待が後退したことが株価下落の背景にある。

東南アジア株式・中盤=全般に小動き、マニラは大幅高

週明け19日中盤の東南アジア株式市場の株価は、マニラ市場が大幅高。先週のフィリピン中央銀行の利上げを受けて続伸している。一方、他の市場は米中貿易戦争を巡る警戒感を背景に取引が低調となっている。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米中貿易摩擦を警戒

7日中盤の東南アジア株式市場の株価は、他のアジア市場と歩調を合わせて大半が下落した。米国と中国の貿易摩擦が激しさを増すことに対する警戒感や、新興国市場でくすぶる経済不安が地合いを悪化させた。

東南アジア株式・中盤=休場明けジャカルタが大幅下落

東南アジア株式市場では、中盤段階(0346GMT、日本時間午後0時46分時点)で連休明けのジャカルタ市場の総合株価指数が2.43%下落した。取引時間中としては約2カ月ぶりの大幅な下げ。

東南アジア株式・引け=大半が上伸、ホーチミンは2%超高

14日の東南アジア株式市場では大半が上伸。マレーシア総選挙後初の取引でクアラルンプール市場が上昇したほか、ホーチミン市場は不動産株主導で2%超高となった。

東南アジア株式・引け=シンガポール反落、マニラは反発

東南アジア株式市場はシンガポールが反落して引けた。アジア全般でハイテク株が売られたのに追随した。一方、今週売り込まれていたマニラは反発して取引を終えた。

東南アジア株式・中盤=大幅安、米中貿易戦争への懸念で

23日中盤の東南アジア株式市場の株価は大幅安。トランプ米大統領が中国製品に輸入関税を導入する措置を公表、両国間の貿易戦争の可能性が高まり、世界的に警戒ムードが広がった。

東南アジア株式・中盤=マニラとジャカルタが大幅安、FOMC結果控え

20日中盤の東南アジア株式市場では、マニラ株とジャカルタ株が大幅安。東南アジア市場全般の下落を主導している。米連邦公開市場委員会(FOMC)結果を控えた米株安がリスク志向を減退させた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up