for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Galliford Try Holdings PLC

GFRD.L

現在値

167.80GBp

変化

0.80(+0.48%)

出来高

226,441

本日のレンジ

165.20

 - 

172.20

52週レンジ

100.00

 - 

213.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
167.00
始値
170.00
出来高
226,441
3か月平均出来高
7.20
高値
172.20
安値
165.20
52週高値
213.00
52週安値
100.00
発行済株式数
111.05
時価総額
185.46
予想PER
11.78
配当利回り
2.81

次のエベント

Half Year 2022 Galliford Try Holdings PLC Earnings Release

適時開示

その他

Galliford Try Holdings Says Maintaining Strong Cash Position With Margins In Line With Board's Expectations

Galliford Try To Buy Substantially All Of NMCN's Water Business

Galliford Try Says Building Business Appointed To New £1.6 Bln LHC Public Buildings, Construction, And Infrastructure PB3 Framework

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Galliford Try Holdings PLCとは

ガリフォード・トライ・ホールディングス(Galliford Try Holdings PLC)(旧名:Galliford Try PLC)は、イギリスを拠点とする建設会社である。【事業内容】Galliford Try Brand、Morrison Construction、及びOak Dry Lining and Rock & Alluviumの3つのブランドがある。建設事業は、公共部門、民間部門、規制部門で建築及びインフラ開発を実施する。プロジェクトには、設計・建設、建設のみ、改修などのサービスを伴う資産の建設が含まれる。ユーティリティ及びインフラストラクチャ資産全体のサービスの保守、更新、アップグレード、及び管理も提供する。空港、沿岸防衛・港湾、商業、管理・司法、データセンター、教育、施設管理、健康、ホテル、石油・ガス、鉄道、水上及び風力発電所を含む産業にサービスを提供する。

業種

Construction Services

連絡先

Cowley Business Park, Cowley

UB8 2AL

United Kingdom

+44.0189.855001

https://www.gallifordtry.co.uk

エグゼクティブリーダーシップ

Peter Ventress

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Bill Hocking

Chief Executive Officer, Executive Director

Andrew Duxbury

Group Finance Director, Executive Director

Kevin Allan Corbett

General Counsel, Member of the Executive Board, Company Secretary

Mark Baxter

Managing Director, Member of the Executive Board

統計

1.50 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2019

2.7K

2020

1.8K

2021

1.1K

2022(E)

1.3K
EPS (GBp)

2019

115.600

2020

270.900

2021

6.800

2022(E)

14.179
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.08
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.16
株価純資産倍率(四半期)
1.38
株価キャッシュフロー倍率
7.83
総負債/総資本(四半期)
14.32
長期負債/資本(四半期)
8.87
投資利益率(過去12カ月)
7.19
自己資本利益率(過去12カ月)
1.65

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。新型コ ロナウイルス感染の増加を巡る懸念が相場の重しとなった。また、ポンド高が輸出銘柄を 押し下げた。 ポンドの値上がりを受けブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)と 日用品のユニリーバ、同レキット・ベンキーザー、酒造大手のディアジオ は0.5%から1.6%下落した。 FTSE100種は週間ベースで4月以来の大幅高となった。英国の新たな 景気刺激策のほか、米製薬大手ファイザーが9日、新型コロナワクチンの有効率 が90%を超えたと発表したことが買い材料となった。 英国と欧州連合(EU)は16...

ロンドン株式市場=続落、コロナ懸念とポンド高で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6316.39 -22.55 -0.36 6338.94 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染の増加を巡る懸 念が相場の重しとなった。また、ポンド高が輸出銘柄を押し下げた。 ポンドの値上がりを受けブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)と 日用品のユニリーバ、同レキット・ベンキーザー、酒造大手のディアジオ は0.5%から1.6%下落した。 FTSE100種は週間ベースで4月以来の大幅高となった。英国の新たな 景気刺激策のほか、米製薬大手...

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 上昇して取引を終えた。中東で本 格的な衝突が起きる可能性が薄れたことで買い安心感が広がった。 トランプ米大統領はイランに対するさらなる武力行使を見送る方針を示した。イラン は報復措置が完結したことを示唆した。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「撃ち合いは今のと ころ終わったようだ。ただいつでも緊張が高まる可能性はある」と述べた。「比較的落ち 着いたことから、注目は経済指標と米中通商合意に戻る」と指摘した。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.04%下落した。建材のSI Gが20.9%...

ロンドン株式市場=上昇、米イラン衝突への不安後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7598.12 +23.19 +0.31 7574.93 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。中東で本格的な衝突が 起きる可能性が薄れたことで買い安心感が広がった。 トランプ米大統領はイランに対するさらなる武力行使を見送る方針 を示した。イランは報復措置が完結したことを示唆した。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「 撃ち合いは今のところ終わったようだ。ただいつでも緊張が高まる可能 性はある」と述べた。「比較的落ち着いたことから、注目は...

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。景気減 速を背景に欧州中央銀行(ECB)が今週、そして米連邦準備理事会(FRB)が月内に 利下げするとの見方からリスク志向が強まった。 小売りのJDスポーツ・ファッションは8.8%上昇し、過去最高値を付けた 。英国の小売り部門が不安視される中でも、利益が増えたことが好感された。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPはFTSE100種の最 大の押し上げ要因だった。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要国が減産継続で合意 するとの期待から原油が値上がりし、石油株を押し上げた。 中型株では建設の...

ロンドン株式市場=反発、主要中銀の利下げ期待で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7267.95 +32.14 +0.44 7235.81 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。景気減速を背景に欧州中央銀行(ECB )が今週、そして米連邦準備理事会(FRB)が月内に利下げするとの見方からリスク志 向が強まった。 小売りのJDスポーツ・ファッションは8.8%上昇し、過去最高値を付けた 。英国の小売り部門が不安視される中でも、利益が増えたことが好感された。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPはFTSE100種の最 大の押し上げ要因だった。石油輸出国機構...

欧州市場サマリー(17日)

ユーロ圏の10年債利回りは軒並み3─6ベーシスポイント(bp)低下。 イタリア10年債利回りは一時1.57%と、2016年終盤以来の低 水準を付けた。 仏10年債利回りは5bp低下のマイナス0.04%と、今月初旬に付 けた過去最低水準のマイナス0.14%に迫った。 独10年債利回りもマイナス0.29%。 FRBの利下げ観測を背景に、欧州中央銀行(ECB)が9月に利下げを実施すると の憶測も広がっている。 クーレECB専務理事は、理事会を来週に控えたこの日、インフレ率が目標に向かう のを支援するために、必要なら行動する用意があると述べた。...

ロンドン株式市場=反落、石油株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7535.46 -41.74 -0.55 7577.20 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。前日からの原油安に伴い石油株が売られ たほか、軟調な業績見通しを示した銘柄が値を下げた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは1.5%と2.9%そ れぞれ下落した。FTSE100種の最大の押し下げ要因だった。 鉱業・化学のジョンソン・マッセイは5.4%安だった。利益の大部分を占 める大気清浄部門の通期利益が落ち込むとの見通しが嫌気された。 金・銀生産のフレスニロ...

欧州市場サマリー(28日)

イタリア政権幹部はこの日、欧州委のモスコビシ委員(経済・財務担当)はEU財政 規律の順守に向けイタリアに対する制裁措置を導入することに前向きではないものの、必 要になった場合は選択肢として存在しているとの見解を示した。 イタリア国債利回りは短期債から長期債にわたり上昇し、10年債利回 りは2.73%と、約2週間ぶりの高水準を付けた。前日は11ベーシスポイント(bp )上昇。2日間の上昇としては2月上旬以来の大きさとなった。 DZ銀行のストラテジスト、ダニエル・レンツ氏は「イタリア政府と欧州委との間の あつれきが再び高まるとの懸念が出ており...

ロンドン株式市場=反落、たばこと製薬株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7268.95 -8.78 -0.12 7277.73 連休明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。たばこと製薬銘柄が売られ、全 体水準を押し下げた。 調査会社ニールセンのデータによると、18日までの4週間にたばこの売り上げが減 少。これを受け、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)とたばこのイ ンペリアル・ブランズがFTSE100種の主要な押し下げ要因となった。 英製薬のアストラゼネカは2.5%安と、5営業日ぶりに反落した。同業の グラクソ・スミスクライン...

ロンドン株式市場=反発、英首相がEU離脱の是非問う2度目の国民投票の可能性を提示

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100 7328.92 +18.04 +0.25 7310.88 種 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。英国のメイ首相が、欧 州連合(EU)離脱を問う2度目の国民投票を実施するかどうかを議会 に問う方針を表明したことでEU離脱の動向に左右されやすいとみなさ れている住宅建設銘柄が買われた。 米国が中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)への制裁 措置の一部に猶予を与えると発表したことで、アジアへのエクスポージ ャーが高い銘柄が値を上げた。 投資家は何週間もの間、...

ロンドン株式市場=上昇、約6カ月ぶり高値

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7469.92 +33.05 +0.44 7436.87 ロンドン株式市場は2018年10月上旬以来、6カ月超ぶりの高 値に上昇して取引を終えた。中国の好調な指標を受けてアジアへのエク スポージャーが高い金融株が買われた。ポンド安も相場の押し上げ要因 となった。 3月の中国の新築住宅価格は伸びが前月からやや加速した。政府の 景気刺激策が奏功しているとの期待が高まった。米中貿易摩擦が間もな く解消するとの期待も相場を押し上げた。中国は世界最大の金属消費国 であることから...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up