for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギリアド・サイエンシズ・インク

GILD.O

現在値

66.54USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

5,849,329

本日のレンジ

66.30

 - 

67.54

52週レンジ

56.56

 - 

80.92

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
66.54
始値
66.47
出来高
5,849,329
3か月平均出来高
162.04
高値
67.54
安値
66.30
52週高値
80.92
52週安値
56.56
発行済株式数
1,254.18
時価総額
83,453.02
予想PER
9.42
配当利回り
4.27

次のエベント

Gilead Sciences Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Legal & General fund unit seeks split of Gilead Sciences CEO/Chair roles

Gilead Sciences Announces Steps To Expand Availability Of Remdesivir In India

NIH Says Clinical Trial Of Therapeutics For Severely Ill Hospitalized COVID-19 Patients Begins

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギリアド・サイエンシズ・インクとは

ギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences, Inc.)は医薬品の発見・開発・商業化を行う研究型バイオ医薬品会社である。【事業内容】同社の製品ポートフォリオと治験薬のパイプラインはヒト免疫不全ウイルス、後天性免疫不全症候群(HIV/AIDS)、肝疾患、癌、炎症、呼吸器疾患、心血管疾患を含む。HIV/AIDS患者用製品は「Descovy」、「Odefsey」、「Genvoya」、「Stribild」、「Complera」、「Eviplera」、「Truvada」、「Emtriva」、「Tybost」、「Vitekta」を含む。肝臓疾患患者用製品は「Vemlidy」、「Epclusa」、「Harvoni」、「Sovaldi」、「Viread」、「Hepsera」を含む。同社は血液学・腫瘍疾患の患者にZydeligを提供する。心臓血管疾患の患者用製品は「Letairis」、「Ranexa」、「Lexiscan」を含む。炎症・呼吸器疾患治療用の製品は「Cayston」と「Tamiflu」を含む。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

333 LAKESIDE DR

FOSTER CITY, CA

94404

United States

+1.650.5743000

https://www.gilead.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Daniel O'Day

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Andrew D. Dickinson

Chief Financial Officer

Brett Alan Pletcher

Executive Vice President - Corporate Affairs, General Counsel, Company Secretary

Flavius Martin

Executive Vice President - Research

Johanna Mercier

Chief Commercial Officer

統計

2.31 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

22.1K

2019

22.4K

2020

24.7K

2021(E)

24.7K
EPS (USD)

2018

6.670

2019

6.630

2020

7.090

2021(E)

7.060
株価売上高倍率(過去12カ月)
323.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.26
株価純資産倍率(四半期)
4.40
株価キャッシュフロー倍率
41.79
総負債/総資本(四半期)
159.17
長期負債/資本(四半期)
147.25
投資利益率(過去12カ月)
0.50
自己資本利益率(過去12カ月)
0.43

最新ニュース

最新ニュース

米ギリアドとメルク、コロナ危機のインド支援 抗ウイルス薬提供

米製薬会社ギリアド・サイエンシズとメルクは26日、インドで新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを受け、同国に対する支援を表明した。

インドのコロナ新規感染が世界最多、軍や欧米諸国が緊急支援へ

インドで26日、1日当たりの新型コロナウイルス感染者が35万2991人となり、5日連続で世界最多を更新した。欧米諸国が緊急支援に乗り出す中、インド政府は軍隊の医療インフラを可能な限り民間に提供すると発表した。

米ギリアド、インドでのレムデシビル増産支援へ コロナ拡大で

米製薬会社ギリアド・サイエンシズは26日、インドで新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを受けて、コロナ治療薬として承認済みの「レムデシビル」のインド生産を拡大するため、原薬の提供などを行うと明らかにした。

厚労省、バリシチニブをコロナ治療薬として承認 国内3例目

厚生労働省は23日、新型コロナウイルスの治療薬として米イーライリリーの「バリシチニブ」を承認した。バリシチニブは関節リウマチやアトピー性皮膚炎の治療薬で、新型コロナによる肺炎の治療に効果があるという。「レムデシビル」との併用で投与する。

ワクチン製造大国のインド、感染急増でコロナワクチン輸入へ

インド政府は13日、欧米や日本で承認された新型コロナウイスルワクチンの緊急使用を許可すると発表した。国内での安全性試験を免除する。

インド、レムデシビルの輸出禁止 国内のコロナ感染急増で

インド政府は11日、抗ウイルス薬の「レムデシビル」とその薬剤成分の輸出を当面禁止すると発表した。国内では新型コロナウイルスの感染者が急増しており、輸出禁止によって国内需要に優先的に対応する。

ファイザー、新ワクチン独自開発へ mRNA技術応用=WSJ

米製薬大手ファイザーは、新型コロナウイルスワクチン開発の成功を踏まえ、コロナワクチンと同様にメッセンジャーRNA(mRNA)技術を応用した、新たなウイルスワクチンの開発に単独で乗り出す構えだ。

米ギリアドとメルク、長期作用型HIV治療薬の試験で提携

米バイオ医薬品大手ギリアド・サイエンシズと製薬大手メルクは15日、長期作用型のエイズウイルス(HIV)治療薬の開発を目指し、それぞれの開発中の薬を組み合わせて試験を行う提携を発表した。

米ギリアド、第4四半期は26%増収 21年見通しも予想上回る

米製薬会社ギリアド・サイエンシズが4日発表した2020年第4・四半期決算は、売上高が26%増加し、市場予想を上回った。新型コロナウイルス感染症患者の治療向けに世界的に承認されている抗ウイルス薬「レムデシビル」の販売が寄与した。2021年の業績見通しも市場予想を上回り、同社株は引け後の時間外取引で2%上昇した。

UPDATE 1-米ギリアド、第4四半期は26%増収 21年見通しも予想上回る

米製薬会社ギリアド・サイエンシズが4日発表した2020年第4・四半期決算は、売上高が26%増加し、市場予想を上回った。新型コロナウイルス感染症患者の治療向けに世界的に承認されている抗ウイルス薬「レムデシビル」の販売が寄与した。2021年の業績見通しも市場予想を上回り、同社株は引け後の時間外取引で2%上昇した。

欧州当局、レムデシビルによるコロナ治療の規約変更を勧告

欧州医薬品庁(EMA)は11日、新型コロナウイルスの治療薬として使用する抗ウイルス薬「レムデシビル」に関して、使用できる条件を明確にするために条件付き販売許可について一部規約の変更を勧告した。

米感染症学会、新型コロナ入院患者へのレムデシビル使用を支持

米国感染症学会(IDSA)は23日、米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルス感染症の入院患者に使用すべきと発表した。

NY市場サマリー(20日)ダウ219ドル安、ドル上昇

<為替> ドルがユーロや円などの主要通貨に対して上昇した。市場では新型コロナウイルス感染拡大への警戒感と、ワクチン開発への期待がせめぎ合っている。

ダウ219ドル安、コロナ感染急増がワクチン期待に水差す

米国株式市場は下落し、ダウ工業株30種<.DJI>が219ドル安で取引を終えた。新型コロナウイルス感染の急増がワクチン実用化への期待に水を差す格好となった。

WHO、コロナ入院者にレムデシビル使用推奨せず 事前認証除外

世界保健機関(WHO)は20日、米ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の抗ウイルス薬「レムデシビル」について、症状の重さにかかわらず、新型コロナウイルス感染症の入院患者による使用は推奨しないとの指針を出した。致死率や酸素吸入の必要性で改善につながるとの証拠がないためとし、事前認証(PQ)リストから除外した。

WHO、コロナ入院患者の治療でレムデシビル使用推奨せず

世界保健機関(WHO)は20日、米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」について、症状の重さにかかわらず、新型コロナウイルス感染症の入院患者による使用は推奨しないとの指針を出した。致死率や酸素吸入の必要性で改善につながるとの証拠がないためだとした。

リリーの関節炎薬、米当局がコロナ治療でレムデシビルとの併用を緊急承認

米食品医薬品局(FDA)は19日、米製薬大手イーライリリーの関節炎薬「バリシチニブ」について、新型コロナウイルス治療における米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」との併用に緊急使用許可を出した。

ヒューマニゲン、コロナ抗体医薬開発で米政府と提携

バイオ医薬品のヒューマニゲンは6日、新型コロナウイルス感染症に対する抗体医薬品の開発で米政府と提携したと発表した。入院患者を対象とした後期臨床試験(治験)で効果が確認されたとしており、2021年第1・四半期に米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可の承認を申請する。

WHO、コロナ抗体薬に注力 富士フ子会社工場に生産能力確保

世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの薬剤供給に向け、国際協力体制を通じたモノクローナル抗体薬の買い取りを目指しており、富士フイルム<4901.T>の子会社、フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ(FDB)のデンマーク工場に生産能力を確保したことが、内部資料で分かった。

独、レムデシビル購入を擁護 初期コロナ治療で効果と主張

ドイツのシュパーン保健相は3日、米製薬ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>の抗ウイルス薬「レムデシビル」が新型コロナウイルス感染症の初期段階の治療で効果があるとして、同薬を追加購入する決定を擁護した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up