for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

General Motors Company

GM.N

現在値

37.95USD

変化

1.47(+4.03%)

出来高

5,248,771

本日のレンジ

36.44

 - 

38.23

52週レンジ

30.34

 - 

55.55

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
36.48
始値
36.60
出来高
5,248,771
3か月平均出来高
266.33
高値
38.23
安値
36.44
52週高値
55.55
52週安値
30.34
発行済株式数
1,420.70
時価総額
51,827.02
予想PER
5.07
配当利回り
0.99

次のエベント

Q4 2022 General Motors Co Earnings Release

適時開示

その他

GM, LG Scrap Plans To Partner On Fourth U.S. Battery Factory - WSJ

GM Investing $918 Million In Four U.S. Facilities For V-8 Engine Production, Ev Components

General Motors Says Remains Confident Of Legal Position In Dispute With Labour Union In India

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

General Motors Companyとは

ゼネラル・モーターズ(General Motors Co)は、トラック、クロスオーバー、自動車及び自動車部品の設計、製造及び販売を行 い、全世界でソフトウェア対応サービスやサブスクリプションを提供する。【事業内容】GM Financial Company, Inc.を通じて自動車金融サービスを提供する。(GMファイナンシャル)セグメントを通じて自動車金融サービスを提供する。GM北米(GMNA)及びGMインターナショナル(GMI)は、ビュイック、キャデラック、シボレー及びGMCブランドで自動車の開発、製造及び販売 を行う。セグメントは、GMNA、GMI、クルーズ、GMファイナンシャルから構成される。クルーズ事業は、自律走行車技術の開発と商業化に従事する。オンスターとコネクティッドサービスを、定額制および無料サービスを通じて、全世界で約2,200万台のコネクティッドカーに提供する。また、移動体発電、クラス7/8トラック、機関車、航空宇宙、船舶用途など、輸送と産業にわたる水素燃料電池アプリケーションの開発も行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

300 Renaissance Center

DETROIT, MI

48265-3000

United States

+1.313.5565000

https://www.gm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mary T. Barra

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Mark L. Reuss

President

Paul A. Jacobson

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Craig B. Glidden

Executive Vice President - Global Business Solutions, General Counsel, Company Secretary

Julian Blissett

Executive Vice President and President, GM China

統計

2.20 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

137.2K

2020

122.5K

2021

127.0K

2022(E)

154.4K
EPS (USD)

2019

4.820

2020

4.900

2021

7.070

2022(E)

7.195
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.19
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.35
株価純資産倍率(四半期)
0.84
株価キャッシュフロー倍率
2.61
総負債/総資本(四半期)
172.53
長期負債/資本(四半期)
118.77
投資利益率(過去12カ月)
5.73
自己資本利益率(過去12カ月)
3.79

最新ニュース

最新ニュース

アングル:トヨタからテスラへ、EVが呼ぶ自動車業界の「王者交代」

トヨタ自動車が26日に予想外の社長交代を発表し、企業連合を組む日産自動車とルノーは資本関係の見直し作業を急いでいる。

モービルアイ、第4四半期売上高が予想上回る 23年見通しも堅調

[26日 ロイター] - 米インテル傘下の自動運転技術開発企業モービルアイ・グローバルが発表した2022年第4・四半期の売上高は市場予想を上回った。運転支援システムへの需要が伸長した。23年通年についても堅調な売上高見通しを示した。

韓国LGエナジー、第4四半期は大幅増益 北米の見通し良好

韓国の車載電池大手LGエナジー・ソリューション(LGES)は27日、北米の車載電池の需要が今年は高水準で推移し、増収要因になるとの見通しを示した。

UPDATE 1-韓国LGエナジー、第4四半期は大幅増益 北米の見通し良好

韓国の車載電池大手LGエナジー・ソリューション(LGES)は27日、北米の車載電池の需要が今年は高水準で推移し、増収要因になるとの見通しを示した。

テスラ「オートパイロット」が7位に転落、運転支援システムランク

[ワシントン 25日 ロイター] - 米消費者団体専門誌「コンシューマー・リポート」は25日、電気自動車(EV)大手テスラの運転支援システム「オートパイロット」が、主要12システムのランキングで7位に順位を落としたと発表した。2020年は2位だった。

米GMと韓国LG、インディアナ州電池工場建設計画を中止=関係筋

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と韓国電池大手LGエナジー・ソリューションが米国で4番目となる合弁バッテリーセル工場をインディアナ州に建設する計画を中止することが20日、明らかになった。関係者2人がロイターに語った。

コラム:年初に顕在化した3つの変化、日銀の変容は日本株に重荷=藤戸則弘氏

年明け早々にマーケットで「3つの変化」が顕在化している。「第1の変化」は、中国経済の先行き回復を評価する動きだ。

米当局、ガソリン車より重いEVの安全性に懸念表明

[ワシントン 11日 ロイター] - 米運輸安全委員会(NTSB)のジェニファー・ホメンディ委員長は11日、車体重量がより重い電気自動車(EV)が道路利用者の重傷および死亡リスクを高めていると懸念を表明した。

米フォードの22年販売は-2.2%、SUV好調で減少率縮小

[5日 ロイター] - フォード・モーターの2022年の米自動車販売は、186万4464台となり、前年比2.2%減少した。在庫状況の改善やスポーツ多目的車(SUV)やトラックの販売好調を背景に、減少率は21年の7%から縮小した。

〔表〕2022年第4四半期の米自動車販売台数トップ20車種

RANK VEHICLE Q4 2022 Q4 2021 PCT CHNG 1 Ford F-Series P/U 186,650 191,173 -2.4 2 Chevy Silverado-C/K P/U 141,912 115,376 +23.0 3 Ram P/U 105,255 134,616 -21.8 4 Toyota RAV4 96,600 94,292 +2.4 5 Toyota Camry 80,798 57,026 +41.7 6 GMC Sierra P/U 72,415 57,738 +25.4 7 Toyota...

米NY市、政府車両900台超をEVに切り替えへ 充電器も増設

米ニューヨーク市は4日、運輸省から受けた1010万ドルの補助金を活用して、市が所有する化石燃料車900台超を電気自動車(EV)に切り替えるとともに、315基のEV用充電器を増設すると発表した。

マイクロソフト、自動運転技術のガティックに出資へ=関係筋

関係筋によると、米マイクロソフトは、自動運転技術のスタートアップ企業ガティック(カリフォルニア州)に出資する方向で交渉を進めている。

GM、22年米自動車販売で首位奪還 トヨタ抜く

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が2022年の米自動車販売台数でトヨタを抜き、首位を奪還した。

GM、22年米自動車販売で首位奪還 トヨタ抜く

[4日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が2022年の米自動車販売台数でトヨタを抜き、首位を奪還した。

米商用EV向け税額控除、リース車両も対象に 財務省が指針

米財務省は29日、来年1月1日から消費者がリース契約した電気自動車(EV)も最大7500ドルの商用EV向け税額控除の適用対象にする方針を明らかにした。北米以外で組み立てられたEVも控除が受けられるようになる。

米商用EV優遇措置、輸送業界の「クリーンビークル」普及につながるか

米インフレ抑制法に盛り込まれた商用電気自動車(EV)購入に対する新たな税額控除制度が来年1月1日から始まる。大型商用EVなら1台当たり最大4万ドル、小型商用EVでも最大7500ドルの控除が適用され、宅配サービスをはじめとする輸送業界にクリーンビークル(バッテリー式EVとプラグインハイブリッド車=PHV、燃料電池車=FCVの総称)への切り替えを促す狙いだ。

米商用EV向け税額控除、リース車両も対象に

米財務省は29日、消費者がリース契約した電気自動車(EV)について、来年1月1日から最大7500ドルの商用向け税額控除対象になるとの見解を明らかにした。

米上院委、自動車各社にウイグル強制労働と供給網の関係確認求める

米上院財政委員会は、大手自動車メーカー8社に対して自社のサプライチェーン(供給網)が中国・新疆ウイグル自治区における強制労働問題と関係していないと確認するよう求める書簡を送った。書簡内容が22日に公表された。

UPDATE 1-米上院委、自動車各社にウイグル強制労働と供給網の関係確認求める

米上院財政委員会は、大手自動車メーカー8社に対して自社のサプライチェーン(供給網)が中国・新疆ウイグル自治区における強制労働問題と関係していないと確認するよう求める書簡を送った。書簡内容が22日に公表された。

米財務省、EV税額控除でバッテリー調達基準の詳細指針公表を延期

米国で8月成立したインフレ抑制法に基づき来年1月1日から電気自動車(EV)購入者向けの最大7500ドルの税額控除制度が改定されるのに伴い、財務省は19日、控除対象のバッテリー調達基準に関する指針の詳細公表時期を来年3月中に延期すると発表した。インフレ抑制法はEV搭載バッテリーの部品や使用される重要鉱物の調達を巡る税額控除については基本条件を定めるにとどめ、財務省に対し、今年末までに詳しい指針を策定することを指示していた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up