for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

General Motors Company

GM.N

現在値

34.75USD

変化

-1.37(-3.79%)

出来高

1,235,409

本日のレンジ

34.65

 - 

37.08

52週レンジ

34.59

 - 

66.56

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
36.12
始値
37.01
出来高
1,235,409
3か月平均出来高
379.48
高値
37.08
安値
34.65
52週高値
66.56
52週安値
34.59
発行済株式数
1,458.24
時価総額
52,248.77
予想PER
5.10
配当利回り
--

次のエベント

General Motors Co Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

GM's South Korea Unit April Global Sales Down 7.8% Y/Y To 19,785 Vehicles

General Motors Says Chair And CEO Mary T. Barra's 2021 Total Compensation $29.1 Million Versus $23.7 Million In 2020

Hertz CEO Says U.S. Demand From Overseas Tourists Remains Subdued, Down 65% Compared To 2019

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

General Motors Companyとは

ゼネラル・モーターズ(General Motors Co)は、トラック、クロスオーバー、自動車及び自動車部品の設計、製造及び販売を行 い、全世界でソフトウェア対応サービスやサブスクリプションを提供する。【事業内容】GM Financial Company, Inc.を通じて自動車金融サービスを提供する。(GMファイナンシャル)セグメントを通じて自動車金融サービスを提供する。GM北米(GMNA)及びGMインターナショナル(GMI)は、ビュイック、キャデラック、シボレー及びGMCブランドで自動車の開発、製造及び販売 を行う。セグメントは、GMNA、GMI、クルーズ、GMファイナンシャルから構成される。クルーズ事業は、自律走行車技術の開発と商業化に従事する。オンスターとコネクティッドサービスを、定額制および無料サービスを通じて、全世界で約2,200万台のコネクティッドカーに提供する。また、移動体発電、クラス7/8トラック、機関車、航空宇宙、船舶用途など、輸送と産業にわたる水素燃料電池アプリケーションの開発も行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

300 Renaissance Center

DETROIT, MI

48265-0001

United States

+1.313.6671500

https://www.gm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mary T. Barra

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Mark L. Reuss

President

Paul A. Jacobson

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Matthew Tsien

Executive Vice President, Chief Technology Officer

Craig B. Glidden

Executive Vice President, General Counsel

統計

1.93 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

137.2K

2020

122.5K

2021

127.0K

2022(E)

153.4K
EPS (USD)

2019

4.820

2020

4.900

2021

7.070

2022(E)

7.024
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.95
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.40
株価純資産倍率(四半期)
0.87
株価キャッシュフロー倍率
2.54
総負債/総資本(四半期)
176.83
長期負債/資本(四半期)
123.63
投資利益率(過去12カ月)
6.03
自己資本利益率(過去12カ月)
3.98

最新ニュース

最新ニュース

パナソニックのメキシコ工場、米が調査要請 労働者の権利巡り

米通商代表部(USTR)は18日、メキシコ・レイノサにあるパナソニックの自動車部品工場について、労働者の権利が侵害されている事実がないかどうか調査するよう、メキシコ当局に要請した。米政府がUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)に基づき、メキシコにおける労働問題を巡って調査を求めるのは3例目。

GMなど自動車大手3社、ミシガン州の一部でマスク着用義務を再開

ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーター、ステランティスの自動車大手3社は15日、新型コロナウイルス感染が拡大しているミシガン州南東部で従業員のマスク着用義務を再開すると発表した。

仏ルノー、韓国子会社株34%を中国の吉利汽車に売却へ

仏自動車大手ルノーは10日、韓国子会社ルノー・コリア・モーターズの株式の34%を中国の吉利汽車に2640億ウォン(2億0700万ドル)で売却すると発表した。自国市場てこ入れや電気自動車(EV)への投資を拡充する。

仏ルノー、韓国子会社株の34%を中国の吉利汽車に売却へ

仏自動車大手ルノーは10日、韓国子会社ルノー・コリア・モーターズの株式の34%を中国の吉利汽車に2640億ウォン(2億0700万ドル)で売却すると発表した。自国市場てこ入れや電気自動車(EV)への投資を拡充する。

中国新車販売、4月は48%減=業界団体推計

中国の自動車業界団体、中国汽車工業協会(CAAM)は6日、4月の新車販売台数が前年同月より48%減ったとの推計を発表した。新型コロナウイルスを徹底的に封じ込める中国政府の「ゼロコロナ政策」による工場閉鎖や、自動車販売店のショールームへの入場制限、支出抑制が響いた。

韓国LGES、第1四半期利益は予想上回る テスラ向け電池好調

韓国の電気自動車(EV)用電池大手、LGエナジー・ソリューション(LGES)が27日発表した第1・四半期決算は24%の減益と、予想ほど利益が落ち込まなかった。

米GM第1四半期、利益が予想上回る 高価格車種に注力

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が26日発表した第1・四半期決算は、利益が予想を上回った。半導体不足と供給網の混乱で生産が制限される中、利益率の高い高価格の車種の販売に注力したことが奏功した。

UPDATE 1-米GM第1四半期、利益が予想上回る 高価格車種に注力

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が26日発表した第1・四半期決算は、利益が予想を上回った。半導体不足と供給網の混乱で生産が制限される中、利益率の高い高価格の車種の販売に注力したことが奏功した。

テスラの驚異的に高い粗利益率、一部アナリストが持続可能性を懸念

米電気自動車(EV)大手テスラが20日発表した第1・四半期決算で、粗利益率が32.9%と目を見張るような高水準になった。これはゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターといった従来の自動車メーカーの2倍以上だ。ただウォール街の一部アナリストの間では、今後さらなる増産のためには費用が膨らむのが必至で、原材料価格上昇も続いている点からすると、こうした利益率は維持できないのではないかとの懸念が出ている。

メキシコ労組、パナソニック工場で権利侵害訴え 米に調査要求

メキシコ北東部タマウリパス州の労働組合(SNITIS)は18日、同州のレイノサにあるパナソニックの自動車部品工場で労働者の権利が侵害されていると訴え、米政府に調査を求めた。

テスラなど、上海封鎖緩和にらみ工場再開準備 物流などが障害に

米テスラなどのメーカーが上海工場の再開準備に着手した。上海市当局は新型コロナウイルス感染阻止のために導入したロックダウン(都市封鎖)の解除に向けた取り組みを加速している。ただ企業からは、物流面の体制が整わず、再開は簡単ではないとの声も聞かれる。

テスラなど、上海封鎖緩和にらみ工場再開準備に着手

米テスラなどのメーカーが上海工場の再開準備に着手した。上海市当局は新型コロナウイルス感染阻止のために導入したロックダウン(都市封鎖)の解除に向けた取り組みを加速している。

上海、20日までに封鎖転換目指す 隔離区域外の感染ゼロに=関係筋

新型コロナウイルスの感染拡大でロックダウン(都市封鎖)を行っている中国・上海市は、隔離区域外での感染拡大を20日までに封じ込める目標を設定した。事情に詳しい関係筋が明らかにした。住民の不満が高まる中、封鎖を緩和し、市民生活の正常化につなげたい考えだ。

コラム:中国「ゼロコロナ」、世界の自動車メーカーに試練

中国当局が引き続きゼロコロナ政策に熱を上げているため、世界の主要自動車メーカーは「低速運転」を強いられている。新型コロナウイルスのオミクロン株に対する中国の厳しいロックダウン(都市封鎖)導入によってサプライチェーン(供給網)は動きが止まる一方、ウクライナの戦争が原材料コストを押し上げている。この状況を見ると、自動車業界は今年、2020年以上に厳しい局面に陥りかねない。

ホンダ、今後10年で研究開発8兆円投資 30年までにEV30車種投入

ホンダは12日、電気自動車(EV)やソフトウエアを含む研究開発に今後10年で約8兆円を投資すると発表した。2030年までにEV30車種を世界で投入し、EVの年間生産規模を200万台超にする。開発中の全固体電池には約430億円を投じ、24年春に実証ラインを立ち上げ、20年代後半に発売するモデルへの採用を目指す。

BRIEF-ホンダ:今後10年で研究開発費8兆円投資、電動化ソフトウエア投資含め5兆円投入

* ホンダ:北米での電池調達はGM製アルティウム、GMの他に生産合弁会社の設立検討 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

アングル:リチウム生産の「グリーン」技術、巨額投資でも難題

電気自動車(EV)などのバッテリー材料として欠かせないレアメタル(希少金属)のリチウムで革新的な生産技術が注目を集め、鉱業大手のリオ・ティントや米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)、さらには米エネルギー省までもが開発に多額の資金を投じている。

米政権、EV産業に関する会合開催 テスラのマスク氏ら出席

バイデン米政権は、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)やゼネラル・モーターズのメアリー・バーラCEOら大手自動車メーカーのトップと6日に会合を開き、電気自動車(EV)や充電を巡って意見交換したと発表した。

コラム:マスク氏がツイッター取締役に、「熱狂」相場は既に終了

米ツイッターは即座に行動を起こした。米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイッター株を9%取得したことが4日に開示されるやいなや、同氏を取締役に指名した。これは正しい判断だ。

ホンダとGM、新型EV開発で連携 量販価格帯 27年に投入

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は5日、量販価格帯の電気自動車(EV)の開発で連携すると発表した。提携拡大によって2027年から数百万台の生産を目指し、米EV大手テスラに攻勢をかける。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up