for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GameStop Corp.

GME.N

現在値

44.69USD

変化

4.67(+11.67%)

出来高

1,463,082

本日のレンジ

40.77

 - 

47.99

52週レンジ

19.40

 - 

63.92

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
40.02
始値
41.29
出来高
1,463,082
3か月平均出来高
282.67
高値
47.99
安値
40.77
52週高値
63.92
52週安値
19.40
発行済株式数
75.90
時価総額
12,186.74
予想PER
-7.45
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 GameStop Corp Earnings Release

適時開示

その他

Sezzle Initiates Lawsuit Against Gamestop

GameStop Appoints Diana Saadeh-Jajeh As CFO, Effective Immediately

GameStop Says Terminated Employment Of Michael Recupero As CFO Effective Immediately

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GameStop Corp.とは

ゲームストップ(GameStop Corp.)は持株会社である。【事業内容】同社はビデオゲーム製品のマルチチャネル小売企業である。同社はビデオゲームの新品・中古ハードウエア、物理的・デジタルビデオ•ゲームソフト及びアクセサリー、並びにパーソナルコンピュータ(PC)エンターテイメントソフトウェア及びその他商品を販売している。平成24年1月28日現在、同社は米国、オーストラリア、カナダ及び欧州において、主に「GameStop」、「EB Games」及び「Micromania」など6683の自社所有小売店を運営している。同社は米国、カナダ、オーストラリア及びヨーロッパの4つの事業区分により構成される。同社は電子商取引サイトである「www.gamestop.com」、「www.ebgames.com.au」、「www.gamestop.ca」、「www.gamestop.it」、「www.gamestop.es」、「www.gamestop.ie」、「www.gamestop.de」、「www.gamestop.co.uk」及び「www.micromania.fr」を運営している。同社はまた「www.kongregate.com」の運営、「Game Informer」雑誌の発行、Spawn Labs, Inc.及びデジタルPC配信プラットフォームの運営を行っている。平成23年3月31日、同社はSpawn Labs, Incを買収した。平成23年5月、同社はImpulse Incを購入した。

業種

Retail (Technology)

連絡先

625 Westport Pkwy

GRAPEVINE, TX

76051-6740

United States

+1.817.4242000

https://news.gamestop.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ryan Cohen

Independent Chairman for the Board

Matthew Furlong

President, Chief Executive Officer, Director

Diana Saadeh - Jajeh

Chief Financial Officer

Nir Patel

Chief Operating Officer

Alain Attal

Independent Director

統計

4.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

6.5K

2021

5.1K

2022

6.0K

2023(E)

6.5K
EPS (USD)

2020

0.055

2021

-0.535

2022

-1.140

2023(E)

-0.922
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.99
株価純資産倍率(四半期)
8.38
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
2.91
長期負債/資本(四半期)
2.46
投資利益率(過去12カ月)
-28.26
自己資本利益率(過去12カ月)
-16.61

最新ニュース

最新ニュース

ナスダックで高騰続いた尚乗数科株が急落、新たな「ミーム株」か

3日の米ナスダック市場で、今週になって時価総額が一時メタ・プラットフォームズを上回っていた香港フィンテック企業の尚乗数科(AMTDデジタル)株が40%急落した。

米ロビンフッド、人員23%削減へ 取引低迷で

米新興オンライン証券ロビンフッド・マーケッツは2日、従業員の約23%を削減すると発表した。第2・四半期決算は取引低迷が響いて44%の減収となった。

米ロビンフッド、4月に続き人員削減へ さらに約23%

米新興オンライン証券ロビンフッド・マーケッツは2日、従業員の約23%を削減すると発表した。これを受け、時間外取引で同社株価が3%超下落した。

米ゲームストップ、従業員をレイオフへ CFO辞任=メディア

[7日 ロイター] - ゲーム販売の米ゲームストップは従業員をレイオフする方針だと、米ニュースメディアのアクシオスが7日、会社のメモを引用して報じた。マイク・レキュペロ最高財務責任者(CFO)は既に辞任したという。株価は引け後の時間外取引で約8%下落している。

ゲームストップ、1対4の株式分割を取締役会が承認 株価上昇

[6日 ロイター] - ゲーム販売の米ゲームストップは6日、取締役会が1株を4株とする株式分割を承認したと発表した。株価は引け後の時間外取引で5%超上昇した。

米下院のミーム株報告書、SECなど当局に規制強化の新規則を要請

米下院金融委員会は24日、昨年1月の「ミーム株」ブームについて報告書を発表し、米証券取引委員会(SEC)や米金融取引業規制機構(FINRA)に関連の市場リスク解決の強化を迫った。「安定より取引拡大を優先する文化」に対処するため、新規則を設けるよう求めている。

米SEC委員長、個人投資家の売買注文巡り市場改革の問題点提起

米証券取引委員会(SEC)のゲンスラー委員長は8日に行った講演で、SECの株式市場の構造改革の一環として個人投資家の売買注文に関する問題点に言及し、改善を進めていく必要があると強調した。

UPDATE 1-米SEC委員長、個人投資家の売買注文巡り市場改革の問題点提起

米証券取引委員会(SEC)のゲンスラー委員長は8日に行った講演で、SECの株式市場の構造改革の一環として個人投資家の売買注文に関する問題点に言及し、改善を進めていく必要があると強調した。

米ゲームストップ、2─4月期売上高予想上回る オンライン強化奏功

米ゲーム販売ゲームストップが1日発表した第1・四半期(2─4月期)決算は、純売上高が13億8000万ドルと市場予想平均13億2000万ドルを上回った。

米株への個人投資家の資金流入、ミーム株熱狂時に迫る=調査

調査会社バンダ・リサーチによると、米国株式市場での個人投資家の買い越しが、2021年に「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)が熱狂的に取引された際とほぼ同水準となった。

メルビン・キャピタル閉鎖へ、ミーム株や今年の株安で多額損失

米ヘッジファンドのメルビン・キャピタルが閉鎖することが18日分かった。ファンドを率いるゲイブ・プロトキン氏が投資家への書簡で明らかにした。

米個人投資家、5日の株安局面で26億ドル資金投入=調査会社

5日の米国株急落局面で個人投資家が積極的に資金を投入したことが、調査会社バンダ・リサーチの調査で分かった。

アングル:米個人の鉄板トレードに変化、株安でも安値拾いに二の足

米株式市場ではこのところ、株価の下落局面でも個人投資家が安値拾いに慎重になっているようだ。金融引き締めやウクライナ戦争など数々の悪材料で痛手を受けている株式市場の下支え要因に陰りが出ている。

JPモルガン、第1四半期は42%減益 インフレとウクライナに警戒

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第1・四半期決算は利益が前年同期比42%減の82億8000万ドル(1株当たり2.63ドル)となった。投資銀行業務が低調だったほか、貸倒引当金の計上が響いた。

JPモルガン、第1四半期は42%減益 投資銀行業務低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第1・四半期決算は利益が前年同期比42%減の82億8000万ドル(1株当たり2.63ドル)となった。投資銀行業務が低調だったほか、貸倒引当金の計上が響いた。

アングル:米個人投資家が投機買い、ミーム株や暗号資産押し上げ

米金融市場で個人投資家が再び活気付き、「ミーム株」から仮想通貨(暗号資産)に至るまで、リスク資産を買い上げている。

NY市場サマリー(1日) ドル上昇、長短金利逆転 株価上昇

<為替> ドルが上昇した。3月の米雇用統計が堅調な内容となり、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に向け利上げペースを速めるとの見方が強まった。

米国株式市場=S&P小幅高、堅調な雇用統計で米利上げ路線継続

米国株式市場はS&P総合500種の小幅上昇で第2・四半期をスタートした。米雇用統計で堅調な労働市場が示され、米連邦準備理事会(FRB)がタカ派的な政策スタンスを維持する可能性が高いとの見方を受けた。

米ゲームストップ、株式分割を提案 株主総会日程は未定

米ゲーム販売・ゲームストップは31日、配当の形で株式数を増やし株式分割を可能にするほか、「将来の企業ニーズに柔軟に対応するため」の提案について、株主の承認を求めると発表した。

米市場で「ミーム株」騒動再来か、ゲームストップとAMCが急伸

米株式市場でソーシャルメディアに後押しされた個人投資家の買いが空売り銘柄に壮絶なショートスクイーズ(踏み上げ)を強いてから1年余りとなる中、今週は名だたる「ミーム株(インターネットの情報拡散で取引される銘柄)」が再び急伸している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up