for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GameStop Corp.

GME.N

現在値

169.80USD

変化

-11.91(-6.55%)

出来高

536,901

本日のレンジ

167.84

 - 

179.25

52週レンジ

10.36

 - 

482.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
181.71
始値
178.10
出来高
536,901
3か月平均出来高
60.80
高値
179.25
安値
167.84
52週高値
482.95
52週安値
10.36
発行済株式数
76.49
時価総額
13,899.27
予想PER
-283.92
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 GameStop Corp Earnings Release

適時開示

その他

Investor Burry Says Scion Asset Management Has Been Issued Subpeona By SEC Over GameStop Investigation

Gamestop Qtrly Adjusted Loss Per Share 76 Cents

Gamestop Corp Completes At-The-Market Equity Offering Program

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GameStop Corp.とは

ゲームストップ(GameStop Corp.)は持株会社である。【事業内容】同社はビデオゲーム製品のマルチチャネル小売企業である。同社はビデオゲームの新品・中古ハードウエア、物理的・デジタルビデオ•ゲームソフト及びアクセサリー、並びにパーソナルコンピュータ(PC)エンターテイメントソフトウェア及びその他商品を販売している。平成24年1月28日現在、同社は米国、オーストラリア、カナダ及び欧州において、主に「GameStop」、「EB Games」及び「Micromania」など6683の自社所有小売店を運営している。同社は米国、カナダ、オーストラリア及びヨーロッパの4つの事業区分により構成される。同社は電子商取引サイトである「www.gamestop.com」、「www.ebgames.com.au」、「www.gamestop.ca」、「www.gamestop.it」、「www.gamestop.es」、「www.gamestop.ie」、「www.gamestop.de」、「www.gamestop.co.uk」及び「www.micromania.fr」を運営している。同社はまた「www.kongregate.com」の運営、「Game Informer」雑誌の発行、Spawn Labs, Inc.及びデジタルPC配信プラットフォームの運営を行っている。平成23年3月31日、同社はSpawn Labs, Incを買収した。平成23年5月、同社はImpulse Incを購入した。

業種

Retail (Technology)

連絡先

625 Westport Pkwy

GRAPEVINE, TX

76051-6740

United States

+1.817.4242000

http://news.gamestop.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Matthew Furlong

President, Chief Executive Officer, Director

Mike Recupero

Chief Financial Officer

Jenna Owens

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Diana Saadeh - Jajeh

Senior Vice President, Chief Accounting Officer

Matt Francis

Chief Technology Officer

統計

4.00 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

8.9K

2020

6.5K

2021

5.1K

2022(E)

5.7K
EPS (USD)

2019

2.700

2020

0.220

2021

-2.140

2022(E)

-0.640
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.49
株価純資産倍率(四半期)
7.45
株価キャッシュフロー倍率
1,654.68
総負債/総資本(四半期)
2.56
長期負債/資本(四半期)
2.56
投資利益率(過去12カ月)
-3.92
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.26

最新ニュース

最新ニュース

米SECがゲームストップ株騒動検証、市場機能は「健全さ」維持と結論

今年1月にビデオゲーム販売のゲームストップ株が乱高下して社会騒動にまでなった問題について、米証券取引委員会(SEC)が18日に待望の検証報告書を公表した。

JPモルガン、第3四半期24%増益 引当金戻し入れなどが追い風

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、利益が前年同期比24%増と、予想を超える伸びとなった。トレーディング事業は低調だったものの、景気回復を受けた貸倒引当金の戻し入れに加え、世界的なディールメーキングの活況を反映し手数料収入が伸びたことが追い風になった。

JPモルガン、第3四半期24%増益 引当金戻し入れなどが追い風

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、利益が前年同期比24%増と、予想を超える伸びとなった。トレーディング事業は低調だったものの、景気回復を受けた貸倒引当金の戻し入れに加え、世界的なディールメーキングの活況を反映し手数料収入が伸びたことが追い風になった。

米SEC、ゲームストップ株騒動の検証報告書を近く公表=委員長

米証券取引委員会(SEC)のゲンスラー委員長は14日、上院銀行委員会に出席し、ゲーム販売ゲームストップの株価がソーシャルメディア上で結束した個人投資家によって押し上げられた案件の検証報告書を近く公表すると述べた。

米ゲームストップ、再建計画詳細なく株価下落 5─7月期は増収

米ゲーム販売ゲームストップが8日発表した第2・四半期(5─7月)決算は、売上高が前年同期比25%増加し、市場予想を上回った。ただ、経営改革計画に関する新たな詳細を明らかにせず、株価は引け後の時間外取引で下落した。

SNS運営の米レディット、評価額100億ドル超に 新規資金調達で

インターネット交流サイト(SNS)を運営する米レディットは12日、フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチが主導する資金調達ラウンドで最大7億ドルを集めると発表した。金融界での影響力の高まりに応じ、評価額は現在の3倍の100億ドル超に達する見込みだ。

JPモルガン、第2四半期利益が倍増超 トレーディング事業は低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第2・四半期決算は、純利益が前年同期比155%増の119億ドル(1株当たり3.78ドル)となった。トレーディング事業が振るわなかったものの、貸倒引当金の戻し入れやディールメーキングの活況が追い風となった。

JPモルガン、第2四半期利益が倍増超 トレーディング事業は低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第2・四半期決算は、純利益が前年同期比155%増の119億ドル(1株当たり3.78ドル)となった。トレーディング事業が振るわなかったものの、貸倒引当金の戻し入れやディールメーキングの活況が追い風となった。

NY市場サマリー(22日)長短金利差拡大、ナスダック最高値

<為替> 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言で、インフレ懸念のみに基づいた性急な利上げは実施しないと改めて確約したことを受け、ドル相場は抑制された。

米国株式市場=ナスダック最高値、大型ハイテク銘柄に買い

米国株式市場は上昇し、ナスダック総合指数が最高値で取引を終了した。グロース(成長)株が注目される中、大型のハイテク銘柄に買いが入った。

英ヘッジファンド閉鎖、米ゲームストップ株下落に賭け損失=FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は22日、米株市場で個人投資家に人気の高い「ミーム株」(インターネットの情報拡散で取引される銘柄)の急騰が初めに起きた1月に、ゲーム販売のゲームストップ株の下げに賭けて損失を被ったロンドン拠点のヘッジファンド「ホワイト・スクエア・キャピタル」が閉鎖すると伝えた。

アングル:ラッセル指数が25日に年次入れ替え、SPACやミーム銘柄注目

株式市場にとって今年最大の取引イベントになるかもしれないFTSEラッセル指数銘柄の入れ替えが25日に訪れる。投資家が今年、これに身構えるのは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響や、インターネットでの情報拡散が取引を左右する「ミーム株」に象徴される相場大変動が反映されるとみられるからだ。影響を受ける投資資金も何兆ドルもに上る可能性がある。

米国株式市場=S&P最高値、CPI受け長期インフレ懸念後退

米国株式市場は、S&P総合500種指数が終値で最高値を更新した。朝方発表された消費者物価指数(CPI)統計を受け、インフレの高進が一過性にとどまるとの見方が広がった。

ミーム株への個人資金の流入、過去2週間で1月ピーク時に匹敵

調査会社バンダ・リサーチは9日、個人投資家が過去2週間で「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)に投じた資金は12億7000万ドルに上り、米ゲーム販売大手のゲームストップ株を中心に熱狂的な取引が拡大した今年1月のピーク時と同水準になったと発表した。

米国株式市場=ダウ152ドル安、CPI控え警戒感 「ミーム株」一部急騰

米国株式市場は、ダウ工業株30種が152ドル値下がりして取引を終えた。消費者物価指数(CPI)統計の発表を翌日に控え、警戒感が広がった。一方、個人投資家の間で人気の高い「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)は一部が急騰した。

米クローバー・ヘルスが一時109%高、「ミーム」株急騰広がる

米株式市場で個人投資家に人気の高い「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)の上昇が続く中、保険会社のクローバー・ヘルス・インベストメンツが8日の取引で一時109%急騰した。

米国株式市場=まちまち、個人投資家はミーム株物色

米国株式市場は主要株価指数がまちまちとなった。明確な手掛かり材料に欠け、機関投資家の動きが鈍い一方、個人投資家による「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)物色は継続した。

米SEC、市場操作の兆候調査 「ミーム株」急騰で

映画館チェーン大手AMCエンターテインメントなど、米株市場で個人投資家に人気の高い「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)の急騰が続く中、米証券取引委員会(SEC)は不正行為や市場操作の兆候を調査していると発表した。

米国株式市場=まちまち、方向感欠く展開

米国株式市場は方向感を欠く展開となる中、まちまち。ダウ工業株30種が下落する半面、ナスダック総合は上昇。S&P総合500種はほぼ変わらずで取引を終えた。インフレ高進懸念もくすぶっている。

米SEC、市場操作の兆候調査 ミーム株急騰で

米証券取引委員会(SEC)は7日、市場を監視し、不正行為や市場操作の兆候を調査していると発表した。米株市場では米映画館チェーン大手AMCエンターテインメントなど、個人投資家の間で人気の高い「ミーム株」(ネットの情報拡散で取引される銘柄)の急騰が続いている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up