for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alphabet Inc

GOOG.O

現在値

1,482.53USD

変化

2.14(+0.14%)

出来高

671,465

本日のレンジ

1,471.20

 - 

1,485.69

52週レンジ

1,025.00

 - 

1,485.69

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,480.39
始値
1,479.12
出来高
671,465
3か月平均出来高
29.59
高値
1,485.69
安値
1,471.20
52週高値
1,485.69
52週安値
1,025.00
発行済株式数
689.69
時価総額
1,020,705.00
予想PER
31.94
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Alphabet Inc Earnings Release

適時開示

その他

Bharti Airtel Announces Partnership with Google Cloud

BT Becomes Distribution Partner For Google Cloud Gaming Platform Stadia

Google Planning To Phase Out Support For Third-Party Cookies In Chrome Within 2 Years

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alphabet Incとは

アルファベット(Alphabet Inc)は持株会社である。【事業内容】同社の事業はGoogle Inc. (Google)及びAccess、Calico、CapitalG、GV、Nest、Verily、Waymo及びX等のインターネット製品を含む。同社は2つの事業区分により構成される。Google事業はSearch、Ads、Commerce、Maps、YouTube、Google Cloud、Android、Chrome及びGoogle Play等のインターネット製品、並びにハードウェア製品を含む。Google事業はデジタル・コンテンツ、アプリケーションとクラウド・オファリングの広報・販売及びハードウェア製品の販売に従事する。他の事業はGoogle Fiberを通じてインターネットとテレビ・サービスの提供、Nest製品とサービスの提供及びVerilyを通じてライセンス供与、研究・開発サービスの提供を行う。同社はユーザーがGoogleとの通話を可能とするGoogle Assistant、店舗への道を指図するGoogle Maps、写真の保存・整理を支援するGoogle Photosを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

1600 Amphitheatre Pkwy

+1.650.2530000

https://abc.xyz/

エグゼクティブリーダーシップ

John L. Hennessy

Independent Chairman of the Board

Sundar Pichai

Chief Executive Officer, Director

Sergey Brin

Co-Founder, Director

Lawrence E. Page

Co-Founder, Director

Ruth M. Porat

Chief Financial Officer, Senior Vice President

統計

1.69 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

90.3K

2017

110.9K

2018

136.8K

2019(E)

162.7K
EPS (USD)

2016

34.340

2017

32.250

2018

43.700

2019(E)

46.353
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.19
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.58
株価純資産倍率(四半期)
5.24
株価キャッシュフロー倍率
23.43
総負債/総資本(四半期)
2.09
長期負債/資本(四半期)
2.09
投資利益率(過去12カ月)
15.76
自己資本利益率(過去12カ月)
13.46

最新ニュース

最新ニュース

アップル、バックアップ暗号化計画断念 FBIに配慮=関係筋

米アップル<AAPL.O>がストレージサービス「iCloud(アイクラウド)」を通じiPhoneのバックアップを完全に暗号化する計画を断念していたと、関係筋6人がロイターに明らかにした。

第2段階合意で関税の全面撤廃ない、米財務長官が見解

ムニューシン米財務長官は、中国との「第2段階」通商合意について、必ずしも制裁関税が全面的に撤廃されることにはならないとの認識を示した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで述べた。

AI規制、功罪両面のバランスに配慮を=米アルファベットCEO

米アルファベット<GOOGL.O>のスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は20日、人工知能(AI)に関する規制について、功罪両面のバランスに配慮して策定するよう呼び掛けた。欧州連合(EU)欧州委員会は近く規制案を示す見通し。

米仏首脳、デジタル課税巡り年内休戦で合意 交渉は継続

フランスのマクロン大統領は20日、同国政府が導入を計画しているデジタル課税について、トランプ米大統領と「素晴らしい議論」を交わしたとした上で、関税引き上げ回避に向け両国は連携していくと述べた。

米仏首脳、デジタル課税巡り年内休戦で合意 交渉は継続

フランスのマクロン大統領は20日、同国政府が導入を計画しているデジタル課税について、トランプ米大統領と「素晴らしい議論」を交わしたとした上で、関税引き上げ回避に向け両国は連携していくと述べた。

米ハイテク2社の見解相違、顔認証技術の一時利用停止巡り

欧州連合(EU)が検討している顔認証技術の一時的な利用禁止を巡り、米アルファベット<GOOGL.O>のスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は20日、支持を表明した一方、マイクロソフト<MSFT.O>のブラッド・スミス社長兼最高法務責任者(CLO)は冷めた見解を示した。

アルファベットCEO、顔認証技術の一時利用停止支持 悪用懸念

米アルファベットのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は20日、欧州連合(EU)が検討している顔認証技術の一時的な利用禁止を支持すると述べた。不正利用の可能性があるためという。

韓国サムスン電子、スマホ事業トップに最年少社長を起用

韓国のサムスン電子は20日、スマートフォンなどを担当するモバイル事業のトップに盧泰文(ノ・テムン)社長(51)を充てる人事を発表した。最年少の社長を起用することで、スマホ市場で中国の華為技術(ファーウェイ)による追い上げに対抗する。

NY市場サマリー(17日)

<為替> ドルが上昇。対ユーロでは1週間ぶり高値を付けた。ここ数日発表の米経済指標が軒並み堅調な内容となったことを受け、景気減速が差し迫っているとの懸念が後退した。

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済を楽観視

米国株式市場は、主要3指数がそろって終値ベースで過去最高値を更新した。住宅着工件数などの堅調な米経済指標に加え中国経済指標が底堅かったことで、世界的な経済成長が上向くとの期待が台頭したことが背景。中でもS&P総合500種は、アップル<AAPL.O>や通信半導体大手クアルコム<QCOM.O>などのハイテク株が上昇したことで押し上げられた。

米中合意「細部に悪魔潜む」、国際基準に照らし精査=欧州委員

欧州連合(EU)のホーガン欧州委員(通商担当)は16日、米中が署名した「第1段階」の通商合意について、国際ルールに準拠しているかどうか内容を精査する考えを示した。

米中合意「細部に悪魔潜む」、国際基準に照らし精査=欧州委員

欧州連合(EU)のホーガン欧州委員(通商担当)は16日、米中が署名した「第1段階」の通商合意について、国際ルールに準拠しているかどうか内容を精査する考えを示した。

お知らせ=重複記事を削除します

重複して配信された記事を削除しました。

グーグル、2年以内に広告目的のクッキー利用制限へ

米アルファベット<GOOGL.O>子会社グーグルは、今後2年以内に同社のブラウザ(閲覧ソフト)「クローム」でターゲティング広告のためのクッキー(ネット閲覧履歴のデータ)利用を規制する計画だ。個人情報保護強化を求めるユーザーからの声に対応する。14日にブログで明らかにした。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ドルはしっかり。一方、英ポンドは英国経済の成長の弱さが示されたことで月内の利下げ観測が高まり、値下がりした。

S&Pとナスダックが最高値更新、IT株が高い

米国株式市場はアップル<AAPL.O>などIT(情報技術)株が買われ、主要株価3指数が上昇。S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>は最高値を更新して取引を終えた。米中の「第1段階」通商合意の署名を控えた楽観ムードや第4・四半期企業決算への期待が背景。

フェイスブック、米大統領選控え政治広告基準改定 他社に見劣り

交流サイト最大手の米フェイスブック<FB.O>は9日、政治広告の掲載基準を改定すると発表した。利用者が広告のターゲティング機能を停止できる。ただ、外部からの要請や競合他社が公表したものに比べ見劣りする内容になった。

デジタル課税巡る米仏対立、15日間で解決目指す=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は7日、同国のデジタル課税に米国が反発している問題について、15日間で問題の解決を目指す方針でムニューシン米財務長官と一致したことを明らかにした。

NY市場サマリー(6日)

<為替> 米・イランの緊張が継続する中、円が対ドルで一時107.75円近辺と3カ月ぶりの高値を付けた。ただその後は買いが続かず108円台前半に押し戻された。一方、スイスフランは堅調地合いを維持した。

米株は上昇、中東情勢緊迫でも底堅い展開、IT株が高い

米国株式市場は上昇して取引を終えた。中東情勢の緊迫化にもかかわらず底堅い展開になった。アルファベット<GOOGL.O>など情報技術(IT)株が買われた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up