for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alphabet Inc

GOOG.O

現在値

1,473.18USD

変化

-9.78(-0.66%)

出来高

1,889,259

本日のレンジ

1,465.64

 - 

1,490.47

52週レンジ

1,013.54

 - 

1,586.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,482.96
始値
1,486.64
出来高
1,889,259
3か月平均出来高
38.55
高値
1,490.47
安値
1,465.64
52週高値
1,586.99
52週安値
1,013.54
発行済株式数
680.16
時価総額
1,014,027.00
予想PER
35.68
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Alphabet Inc Earnings Release

適時開示

その他

Alphabet Reports Q2 Earnings Of $10.13 Per Share

Google Intends To Defend Position In ACCC Case - Google Spokesperson

EU Demands Major Concessions From Google Over Fitbit Deal - FT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Alphabet Incとは

アルファベット(Alphabet Inc)は持株会社である。【事業内容】同社の事業はGoogle Inc. (Google)及びAccess、Calico、CapitalG、GV、Nest、Verily、Waymo及びX等のインターネット製品を含む。同社は2つの事業区分により構成される。Google事業はSearch、Ads、Commerce、Maps、YouTube、Google Cloud、Android、Chrome及びGoogle Play等のインターネット製品、並びにハードウェア製品を含む。Google事業はデジタル・コンテンツ、アプリケーションとクラウド・オファリングの広報・販売及びハードウェア製品の販売に従事する。他の事業はGoogle Fiberを通じてインターネットとテレビ・サービスの提供、Nest製品とサービスの提供及びVerilyを通じてライセンス供与、研究・開発サービスの提供を行う。同社はユーザーがGoogleとの通話を可能とするGoogle Assistant、店舗への道を指図するGoogle Maps、写真の保存・整理を支援するGoogle Photosを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

1600 Amphitheatre Pkwy

MOUNTAIN VIEW, CA

94043-1351

United States

+1.650.2530000

https://abc.xyz/

エグゼクティブリーダーシップ

John L. Hennessy

Independent Chairman of the Board

Sundar Pichai

Chief Executive Officer, Director

Sergey Brin

Co-Founder, Director

Lawrence E. Page

Co-Founder, Director

Ruth M. Porat

Chief Financial Officer, Senior Vice President

統計

1.60 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

110.9K

2018

136.8K

2019

161.9K

2020(E)

168.5K
EPS (USD)

2017

32.250

2018

43.700

2019

49.160

2020(E)

41.925
株価売上高倍率(過去12カ月)
33.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.11
株価純資産倍率(四半期)
4.89
株価キャッシュフロー倍率
22.93
総負債/総資本(四半期)
2.49
長期負債/資本(四半期)
1.94
投資利益率(過去12カ月)
13.86
自己資本利益率(過去12カ月)
11.78

最新ニュース

最新ニュース

カナダ、渡航規制を8月末まで延長 接触確認アプリ導入

カナダ政府は31日、新型コロナウイルス対策として、米国以外の国への渡航規制を8月31日まで延長すると発表した。また、この日、新型コロナウイルス接触確認アプリを正式に導入した。

グーグルのコロナ接触通知アプリ、米20州・地域が利用「検討中」

米アルファベット子会社グーグルは31日、アップルと共同開発した新型コロナウイルス接触通知アプリについて、米国の20の州・地域が利用を「検討中」だと明らかにした。全米の人口の約45%が対象になる。

NY市場サマリー(31日)大手ハイテク好決算で米株上昇、ドルも上昇

主要6通貨に対するドル指数<=USD>は7月は4.1%下落。1カ月の下落率としては2010年9月以来の大きさとなった。新型コロナウイルス感染の再拡大のほか、一部経済指標で米景気回復の失速が示されたことが重しとなり、7月の下落の大部分は最後の10日間のものだった。

米国株114ドル高、大手ハイテク企業の好決算で 上値重く

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は114ドル高で取引を終えた。大手ハイテク企業の好決算を手掛かりに買いが先行。ただ、新型コロナウイルス追加対策法案の行方を巡り、不透明感が根強い中、上値の重い展開になった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、安値引け 調整局面の様相強める

<16:59> 日経平均・日足は「中陰線」、安値引け 調整局面の様相強める 日経平均・日足は「中陰線」、安値引けで下ヒゲがない「大引け坊主」となった。投資家の絶望感とと もに、相場の大幅安を暗示する。チャートの形も完全に下放れのパターンで、本格的な調整局面の様相を強 くしている。200日移動平均線(2万1954円07銭=31日)を割り込み、日足一目均衡表の雲の中 にも突入した。 一方、短期RSI(相対力指数)やストキャスティクスは売られ過ぎ圏内。52週移動平均線はまだ上 向きで、中長期の上昇トレンドを維持しているとの指摘もある。「押し目買...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、ジャスダックは4日続落 IPOは公開価格上回る

<16:23> 新興株市場は軟調、ジャスダックは4日続落 IPOは公開価格上回る 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は4日続落、東証マザーズ指数は反落となった。日経平均が 600円を超える下落となったことを受け、新興株も連れ安の展開となった。マザーズ市場に新規上場した Sun Asterisk と日本情報クリエイト は、ともに公開価格を上回った。 ジャスダック指数は1.56%安。ワークマン 、テラ 、日本マクドナルドホールディ ングス 、ストリームメディアコーポレーション は下落。セプテーニ・ホールディングス<4 293.T>、プロルート...

日経平均は6日続落し629円安、本格調整入り アドバンテスはストップ安

東京株式市場で日経平均は6日続落した。外為市場でドル/円が104円台前半まで円高に振れたことが嫌気され、輸出関連株を中心に売りが先行した。前日に低調な企業決算を発表した銘柄の売りも目立ち、アドバンテスト<6857.T>はストップ安となった。ランチタイムには、きょうの東京都内での新型コロナウイルス感染者数が過去最多の400人超の見通しと報じられると日経平均は一段安となり、終日下げ幅を拡大する展開となった。日足チャートは完全に下放れのパターンとなり、本格的な調整局面の様相を強くしている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は600円安、全業種が値下がり 売りが売りを呼ぶ悪循環

<14:45> 日経平均は600円安、全業種が値下がり 売りが売りを呼ぶ悪循環 日経平均は下げ幅を拡大、前営業日比600円ほど安い2万1700円台前半での推移となっている。 東証33業種では全業種が値下がり。ゴム製品、海運業、鉱業、パルプ・紙などが値下がり率上位となって いる。市場では「新型コロナの感染再拡大、低調な経済指標や企業決算など、複数のネガティブ材料が重な り、売りが売りを呼ぶ悪循環となっている」(国内証券)との声が出ていた。 <12:54> 日経平均は下げ幅拡大、一時500円超安 東京の感染者数最多を嫌気 日経平均は後場下げ...

豪政府、フェイスブックとグーグルに記事使用料の支払い義務付けへ

豪政府は31日、米フェイスブック<FB.O>とアルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルに対し、インターネット上で表示する記事について、国内メディアへの料金支払いを義務付ける方針を明らかにした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、一時500円超安 東京の感染者数最多を嫌気

<12:54> 日経平均は下げ幅拡大、一時500円超安 東京の感染者数最多を嫌気 日経平均は後場下げ幅を拡大、一時前営業日比510円77銭安となった。その後は460円ほど安い 2万1800円台後半での推移となっている。ランチタイム中、複数のメディアが東京都内での新型コロナ ウイルス感染者数が過去最多の400人超の見通しとなると報じたことが嫌気されている。東証1部の売買 代金は1兆4037億7700万円。 市場では「新型コロナの感染再拡大に加え、米GDP、米失業保険申請などのさえない経済指標を受け 、世界経済はV字回復からはまだ遠いことが...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は大幅続落、円高嫌気で売られ本格調整の様相

<11:45> 前場の日経平均は大幅続落、円高嫌気で売られ本格調整の様相 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比418円25銭安の2万1920円98銭となり、大幅 続落となった。外為市場でドル/円が円高に振れたことが嫌気され、輸出関連株を中心に終始売り優勢の展 開。決算の内容が悪かった銘柄も売り込まれた。時間外取引で米株先物は堅調に推移しているものの、下支 え要因になっていない。日経平均の日足チャートは完全に下放れのパターンとなり、本格的な調整局面の様 相を強くしている。 30日の米国株式市場は、ダウ平均株価 が225ドル安で取引を...

米IT4社決算関連ヘッドライン一覧

◎〔BREAKINGVIEWS〕アルファベット、業績苦戦で新規事業が「お荷物」に (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

アルファベット、第2四半期は上場来初の減収 予想は上回る

米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>が発表した第2・四半期決算は、売上高が16年前の上場以来初めて減少した。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の中、同社のウエブ検索、動画閲覧、テレビ会議などの無料サービスに需要が高まり、広告主を維持したことから、市場予想ほどは落ち込まなかった。

コラム:グーグルの親会社アルファベット、新規事業が「お荷物」化

グーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>が長い目で打ち出したさまざまな新規事業が、少なくとも短期的には経営の「お荷物」となりつつある。目先は足を引っ張る要素となりつつある。同社業績はライバルよりも一段と苦戦を強いられ、第2・四半期の売上高は前年同期比で2%減った。対照的にフェイスブック<FB.O>は増収を確保した。

米フェイスブック、第2四半期は売上高が予想上回る 広告収入増加

交流サイト最大手の米フェイスブック<FB.O>が30日発表した第2・四半期決算は売上高がアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)でオンラインサービス利用が増える中、企業がマーケティング予算をデジタル広告に振り向けた。

NY市場サマリー(30日)ドル下落、ダウ225ドル安

<為替> このところのドル下落が継続。トランプ大統領が大統領選延期の可能性に言及したことを受けた。ユーロは2年ぶり水準に上昇した。

米アルファベット、第2四半期は上場来初の減収 予想は上回る

米グーグルの持ち株会社アルファベットが発表した第2・四半期決算は、売上高が16年前の上場以来初めて減少した。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の中、同社のウエブ検索、動画閲覧、テレビ会議などの無料サービスに需要が高まり、広告主を維持したことから、市場予想ほどは落ち込まなかった。

ダウ225ドル安、米GDPやトランプ氏発言で ナスダックは上昇

米国株式市場では、ダウ平均株価<.DJI>が225ドル安で取引を終えた。さえない経済指標が売りを誘ったほか、トランプ大統領が大統領選延期の可能性に言及したことで、市場心理が悪化した。ハイテク株の多いナスダック総合指数<.IXIC>はプラス圏で引けた。

米フェイスブック、第2四半期は売上高が予想上回る

交流サイト最大手の米フェイスブックが30日発表した第2・四半期決算は売上高がアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)でオンラインサービス利用が増える中、企業が広告を増やした。

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>終値は22.857ポイント(0.49%)安の4656.151。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up