for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルファベット

GOOGL.O

現在値

1,614.17USD

変化

57.29(+3.68%)

出来高

2,589,425

本日のレンジ

1,608.65

 - 

1,681.32

52週レンジ

1,008.87

 - 

1,726.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,556.88
始値
1,667.44
出来高
2,589,425
3か月平均出来高
38.30
高値
1,681.32
安値
1,608.65
52週高値
1,726.10
52週安値
1,008.87
発行済株式数
680.16
時価総額
1,062,390.00
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2020 Alphabet Inc Earnings Release

適時開示

その他

Alphabet Inc Reports Qtrly Earnings Per Share $16.40

Alphabet Reports Total Revenue Of $46.2 Billion In Q3

Fitbit Inc - Fitbit And Google Continue To Work Towards Obtaining Required Regulatory Clearances

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルファベットとは

アルファベット(Alphabet Inc)は持株会社である。【事業内容】同社の事業はGoogle Inc. (Google)及びAccess、Calico、CapitalG、GV、Nest、Verily、Waymo及びX等のインターネット製品を含む。同社は2つの事業区分により構成される。Google事業はSearch、Ads、Commerce、Maps、YouTube、Google Cloud、Android、Chrome及びGoogle Play等のインターネット製品、並びにハードウェア製品を含む。Google事業はデジタル・コンテンツ、アプリケーションとクラウド・オファリングの広報・販売及びハードウェア製品の販売に従事する。他の事業はGoogle Fiberを通じてインターネットとテレビ・サービスの提供、Nest製品とサービスの提供及びVerilyを通じてライセンス供与、研究・開発サービスの提供を行う。同社はユーザーがGoogleとの通話を可能とするGoogle Assistant、店舗への道を指図するGoogle Maps、写真の保存・整理を支援するGoogle Photosを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

1600 Amphitheatre Pkwy

MOUNTAIN VIEW, CA

94043-1351

United States

+1.650.2530000

https://abc.xyz/

エグゼクティブリーダーシップ

John L. Hennessy

Independent Chairman of the Board

Sundar Pichai

Chief Executive Officer, Director

Sergey Brin

Co-Founder, Director

Lawrence E. Page

Co-Founder, Director

Ruth M. Porat

Chief Financial Officer, Senior Vice President

統計

1.82 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

110.9K

2018

136.8K

2019

161.9K

2020(E)

173.4K
EPS (USD)

2017

32.010

2018

43.700

2019

49.160

2020(E)

44.394
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.40
株価純資産倍率(四半期)
5.12
株価キャッシュフロー倍率
24.02
総負債/総資本(四半期)
2.49
長期負債/資本(四半期)
1.94
投資利益率(過去12カ月)
13.86
自己資本利益率(過去12カ月)
11.78

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕外為:ドル104円の牙城守れるか、クロス円での円高リスクを警戒

この日は、欧米でのコロナ感染拡大や、米大統領選を巡る不透明感を背景に、国内外の株式市場が下落し、為替市場ではリスク回避の円買いが広がっている。

〔マーケットアイ〕外為:ドル104円前半、アジア株の下落でユーロ/円の戻り鈍い

こうした中で、月末の五・十日にあたるこの日は、午後の取引でも国内企業によるドル売り予約が出ているとされ、ドル/円の上値を抑えている。

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは104円前半、手じまい売りで上値切り下げ

正午のドルは前日NY市場終盤から小幅安の104円前半。米株先物の軟調が続き、アジア株も売られる中、小幅に上値を切り下げた。

米IT大手の決算まちまち、アルファベット上昇 アップル下落

米IT大手が29日発表した7-9月期決算は、まちまちの内容となった。時間外取引ではグーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>が上昇、アップル<AAPL.O>が下落、ツイッター<TWTR.N>は急落している。

米アルファベットの第3四半期は増収、広告が回復

米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>が29日発表した第3・四半期決算は、売上高がプラスに転換し、アナリスト予想を上回った。新型コロナウイルス流行で打撃を受けた企業が、広告を再開したことを受けた。

〔マーケットアイ〕外為:ドル104円半ばで売買交錯、米株先物は下げ渋り

ドルは104.49円まで下落した後もみあい。一時1%を超える下げとなった米株先物は小幅に下げ幅を縮小したが、前日に大きく売られたユーロは再び122円台を割り込み、海外でつけた3カ月半ぶり安値に接近している。

訂正-米アルファベット第3四半期は増収、企業の広告再開が寄与

米グーグルの持ち株会社アルファベットが29日発表した第3・四半期決算は、売上高がプラスに転換し、アナリスト予想を上回った。新型コロナウイルス流行で打撃を受けた企業が、広告を再開したことを受けた。

コラム:米巨大IT企業の規制、本当の「負け組」は中小企業

一部の米議員はフェイスブックなど米IT(情報技術)大手の社会的な影響力のそぎ落としを望んでいる。そうなれば結局のところ、デートサイトや企業情報サイトなどを運営する小規模なIT企業も取り返しの付かない打撃を被るだろう。政治家が改革の武器に選んだインターネット関連法の見直しは、いかにも大ざっぱ過ぎる。

NY市場サマリー(29日)株式反発、ユーロ一時4週間ぶり安値

<為替> ユーロが対ドルで下落し、4週ぶり安値を付けた。欧州中央銀行(ECB)が追加緩和の可能性を示唆したことが材料となった。

米株反発、ナスダック1.6%高 決算控え大手IT株に買い

米国株式市場は反発して終了した。決算発表を控えた主要情報技術株に買いが入ったほか、米経済指標が堅調だったことで、前日の急落から持ち直した。

米上院公聴会にIT大手3社CEO、法改正の本題離れ政治論争に

米上院の商業科学運輸委員会で28日、運営するプラットフォーム上の投稿コンテンツに対するプラットフォーマーの免責を定めた通信品位法230条の改正を巡る公聴会が開かれた。フェイスブック<FB.O>のザッカーバーグCEO(最高経営責任者)、ツイッター<TWTR.N>のドーシーCEO、アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルのピチャイCEOがオンライン形式で出席した。

グーグル、EUデジタル新規制案への対抗措置強化

米グーグル<GOOGL.O>は、欧州連合(EU)のIT分野での厳しい新規制に対抗する60日間の戦略を開始した。米政府などと協力して、EUの担当高官に反対の意思を示すほか、新規制がコスト高につながることを説明する。ロイターがこのほど入手した、同社の10月付の内部文書で判明した。

訂正:米株急落、ダウ943ドル安 コロナ再拡大や米大統領選に警戒感

米国株式市場は急落し、主要3指数は軒並み3%超安で終了した。世界的な新型コロナウイルス感染再拡大を巡る懸念や、間近に迫る米大統領選への警戒感が圧迫した。

NY市場サマリー(28日)ダウ943ドル安、ユーロ/ドル下落

<為替> 安全資産としてドルが買われ、ユーロは1週間ぶりの安値を付けた。ドイツとフランスのロックダウン(都市封鎖)措置に関するニュースを受けた。11月3日の米選挙を控え、ユーロや円のインプライド・ボラティリティーは数カ月ぶりの高水準となった。

伊当局がグーグル調査、広告市場で支配的地位を乱用した疑い

イタリアの反トラスト当局は28日、同国のオンラインディスプレー広告市場で支配的な地位を乱用した疑いを巡って、米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルを調査していることを明らかにした。

NY市場サマリー(27日)ドル下落、米株まちまち

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが下落。前日の上げや株安を背景に利食い売りが出た。新型コロナウイルスの感染第2波への懸念や米大統領選を巡る不安がくすぶる中、ドルは円や資源通貨などに対して値下がりした。

米株まちまち、追加策協議の行き詰まりが重し

米国株式市場はまちまちで終了した。軟調な企業決算に加え、米大統領選前の追加経済対策実現の観測が後退したことで、ダウとS&Pが下落した一方、ナスダックは主要情報技術企業の決算発表を控えやや上昇した。

米控訴裁、ウィーチャットの米国内ダウンロード禁止要請を却下

米国の第9巡回連邦控訴裁判所は26日、中国の対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の米国内でのダウンロードを即座に禁じることを米政府に認めるよう求めていた司法省の訴えを退けた。

米連邦地裁、司法省のグーグル提訴で30日に初審理

米首都ワシントンの連邦地裁は26日、米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルによる反トラスト法(独占禁止法)違反を巡り米司法省が提起した訴訟について、30日に最初の審理を開くと発表した。

ダウ650ドル安、コロナ感染急拡大や経済対策巡る不透明感が圧迫

米国株式市場は薄商いの中、大幅安となった。新型コロナウイルス感染者が急増し、追加のコロナ経済対策合意を巡る不透明感が増したことを受け、S&P総合500種は4週間ぶりの大幅な下げ率を記録した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up