for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルファベット

GOOGL.O

現在値

2,721.88USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

1,016

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

1,402.15

 - 

2,765.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,721.88
始値
0.00
出来高
1,016
3か月平均出来高
29.57
高値
--
安値
--
52週高値
2,765.94
52週安値
1,402.15
発行済株式数
667.64
時価総額
1,799,580.00
予想PER
30.12
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Alphabet Inc Earnings Release

適時開示

その他

Alphabet Inc Reports Second Quarter Revenues Of $61.9 Billion

AbbVie And Calico Announce Second Extension Of Collaboration

Adagio Therapeutics Inc Files For IPO Of Up To $100 Mln– SEC Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルファベットとは

アルファベット(Alphabet Inc)は、グーグル(Google)及びその他の賭けのセグメントで構成される持株会社である。【事業内容】Googleセグメントには、GoogleサービスとGoogleクラウドが含まれる。Googleサービス製品とプラットフォームには、Android、Chrome、Gmail、Googleドライブ、Googleマップ、Googleフォト、Googleプレー、検索及びYouTubeが含まれる。Googleクラウドは、GoogleクラウドプラットホームやGoogleワークスペース等のエンタープライズ対応のクラウドサービスを提供する。Googleクラウドプラットホームを使用し、開発者はインフラストラクチャ上でアプリケーションを構築・テスト・デプロイする。Googleワークスペースコラボレーションツールには、Gmail、Docs、Drive、Calendar、Meet等のアプリケーションが含まれる。Googleセグメントは、広告、デジタルコンテンツの販売、アプリケーション、クラウドサービス事業を行う。ハードウェア製品には、Pixelスマートフォン、Googleテレビを搭載したChromecast、Google NestHubスマートディスプレイが含まれる。その他の賭けセグメントは、インターネット及びテレビサービスの販売、ライセンス供与及び研究開発(R&D)サービスを行う。

業種

Computer Services

連絡先

1600 Amphitheatre Pkwy

MOUNTAIN VIEW, CA

94043-1351

United States

+1.650.2530000

https://abc.xyz/

エグゼクティブリーダーシップ

John L. Hennessy

Independent Chairman of the Board

Sundar Pichai

Chief Executive Officer, Director

Sergey Brin

Co-Founder, Director

Ruth M. Porat

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Kent Walker

Senior VicePresident of Global Affairs and Chief Legal Officer, Google, and CorporateSecretary of Alphabet

統計

1.70 mean rating - 47 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

136.8K

2019

161.9K

2020

182.5K

2021(E)

237.1K
EPS (USD)

2018

43.700

2019

49.160

2020

58.610

2021(E)

88.069
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.42
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.17
株価純資産倍率(四半期)
7.41
株価キャッシュフロー倍率
23.73
総負債/総資本(四半期)
6.03
長期負債/資本(四半期)
6.03
投資利益率(過去12カ月)
24.46
自己資本利益率(過去12カ月)
20.50

最新ニュース

最新ニュース

コラム:米巨大IT、潤沢資金が自社株買いに集中する切実な理由

米巨大IT企業は、次の買収相手が鏡に映った自分自身だと分かるだろう。グーグルの持ち株会社・アルファベット、アマゾン・ドット・コム、アップル、フェイスブック、マイクロソフト5社の手元資金合計額は6000億ドル前後に上る。売上高も過去最高を更新する中で、投資家は各社にせっかくの稼ぎを有効活用して欲しいと強く望むだろう。ただ、その使い道は、自社株買いの拡大が既定路線になるのではないか。 

米国株式市場=S&P横ばい、FRB議長が利上げ程遠いと強調

米国株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が利上げ検討は程遠いとの認識を示したことを受け、S&P総合500種がほぼ横ばいで終了した。

NY市場サマリー(28日)S&P横ばい、ドル下落

<為替> ドルが下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)でテーパリング(量的緩 和の縮小)に関する予定が示されなかったことでドル売りが広がった。 FOMCでは新型コロナウイルスの感染者が増加しているにもかかわらず、米経済の 回復は引き続き順調との見方を表明。また、引き続き明るい見通しを示すとともに、金融 支援策の最終的な撤回に向けた議論を継続する意向を示した。 ドルは通貨バスケットに対し0.149%安の92.324。FOMC声明の 発表直後は92.766まで上昇した。 ポンド/ドルは0.15%高の1.3904ドル。コロナ感染者の 減少傾向...

グーグル、米社員にワクチン接種義務付けへ 在宅勤務も延長

米アルファベット傘下のグーグルは28日、米国内の従業員が同社キャンパス(拠点)に出社する前に新型コロナウイルスワクチンの接種を義務付けると発表した。

米国株式市場=S&P横ばい、FRB議長が利上げ程遠いと強調

米国株式市場は、米連邦 準備理事会(FRB)のパウエル議長が利上げ検討は程遠いとの認識を 示したことを受け、S&P総合500種がほぼ横ばいで終了した 。一方、ナスダック総合は、グーグルを傘下に持つアルファベ ットが過去最高値を付けるなどしたことで上昇した。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 34930.93 -127.59 -0.36 35109.9 35116.3 34876.8 5 7 4  前営業日終値 35058.52 ナスダック総合 14762.58 +102.01 +0.70 14715.6 14798.8...

アルファベット、第2四半期売上高・利益が過去最高 広告好調

米グーグルの持ち株会社アルファベットが27日発表した第2・四半期決算は売上高と利益が共に過去最高を記録した。市場予想も上回った。ネット通販の利用増を背景に、小売りをはじめとする企業が広告支出を拡大したことが業績押し上げに寄与した。

UPDATE 2-アルファベット、第2四半期売上高・利益が過去最高 広告好調

米グーグルの持ち株会社アルファベットが27日発表した第2・四半期決算は売上高と利益が共に過去最高を記録した。市場予想も上回った。ネット通販の利用増を背景に、小売りをはじめとする企業が広告支出を拡大したことが業績押し上げに寄与した。

米国株式市場=6営業日ぶり反落、ハイテク決算やFOMC控え警戒感

米国株式市場は6営業日ぶりに反落し、ダウ工業株30種は85ドル安で取引を終えた。大手ハイテク企業の決算発表や連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、警戒感が広がった。

NY市場サマリー(27日)株式6営業日ぶり反落、ドル下落

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅下落。米連邦準備理事会(FRB)が27─28日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和の縮小(テーパリング)開始時期を巡り何らかの手掛かりを示すか注目されている。

NY市場サマリー(27日)株式6営業日ぶり反落、ドル下落

また、国際通貨基金(IMF)は世界経済見通しの改定で、2021年の世界成長率 予想を6%で据え置いた。米国などの先進国の予想を引き上げる一方で、新型コロナウイ ルス感染拡大が深刻な新興国の予想を引き下げた。 ユーロ/ドルは0.26%高の1.1833ドル。 ポンドも対ドルで0.55%上昇し、1.38925ドル。英国で はコロナ制限措置の大半が解除されたものの、感染者数が減少傾向にあることが材料視さ れた。 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは1.04%高の3万7677.5 8ドル。 NY外為市場: <債券> 米債利回りが低下した。高インフレ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線を引き続き上回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線を引き続き上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。前日に続いて200日移動 平均線(2万7759円57銭=27日現在)を上回り、急落局面以降、強めていた下値 不安感を和らげている。 今回の足は気迷いを示す「コマ」に準じるものの、2日連続して戻りを演じながら弱 さを感じさせる「陰線」だっただけに、心理的にも弱気が後退したことを示した格好。こ のまま200日線が支持線として機能すれば、リバウンドに対する期待を膨らませること になりそうだ。 <15:10> 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード

<15:10> 新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は続伸し た。市場では「個人投資家に物色意欲が感じられず、日々参加者が減っているようだ。見 送りムードに支配されている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したサーキュレーション は公開価格を77. 07%上回る3205円で初値を付け、その後も上値を追う展開となった。 マザーズ総合は前営業日比0.45%安。グローバルウェイ が連日のストッ プ高となったほか、BCC もストップ高。半面...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は膠着、商い細り見送りムードが支配

<14:05> 後場の日経平均は膠着、商い細り見送りムードが支配 後場の日経平均は膠着状態となり、2万8000円をやや下回る水準で推移している 。午後2時05分現在で、東証1部の売買代金は1兆3000億円台と閑散商状。商いが 細り見送りムードが支配している。 オリンピックの開始後、マーケット参加者が一段と減ったもようで、「営業現場では 個人の手数料が上がらないという話も聞く。決算が注目されているとは言え、参加者が少 なければ動きようがない」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、米株高...

午前の日経平均は続伸、米株高を好感 盛り上がり欠く

27日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比98円79銭高の2万7932円08銭となり、続伸した。米株高を好感して上昇して始まった後、高値圏でのもみあいに移行した。米連邦公開市場委員会(FOMC)や決算シーズンの本格化を前に、商いは盛り上がりを欠いた。 

今日の株式見通し=堅調、米株高を好感 買い一巡後は様子見も

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、堅調な展開が予想されている。米国市場での株高を受けて買い優勢で始まりそうだ。買い一巡後は、国内企業の決算シーズン本格化に向けて様子見姿勢が強まり、もみあいが見込まれている。

米国株式市場=3指数が過去最高値、ハイテク決算を楽観視

米国株式市場は、主要株価3指数が前日に続き、終値ベースで過去最高値を更新した。今週に予定される大手ハイテク企業の決算への楽観的な見方から買いが入った。ただ連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、警戒感が出ている。

米テクノロジー大手、過激派コンテンツ監視対象を拡大

米大手テクノロジー企業から成る団体「テロリズムに対抗するためのグローバル・インターネット・フォーラム(GIFCT)」は26日、過激派コンテンツを企業間で共有する重要なデータベースの内容を大幅に拡大し、白人至上主義者や極右過激派による投稿を取り締まることを目指していることをロイターに明らかにした。

大手ハイテク企業決算とFOMCに注目=今週の米株式市場

26日からの週の米株式市場では、ハイテクやインターネット大手などの企業決算のほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まりそうだ。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up