for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギャップ・インク

GPS.N

現在値

9.89USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

5.26

 - 

19.86

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9.89
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
265.42
高値
--
安値
--
52週高値
19.86
52週安値
5.26
発行済株式数
372.64
時価総額
3,316.49
予想PER
45.59
配当利回り
9.81

次のエベント

Q1 2020 Gap Inc Earnings Release

適時開示

その他

Gap Inc Announces Pricing Of Offering Of $2.25 Billion Of Senior Secured Notes

Gap Inc - Expect Material Impacts From Evolving COVID-19 Pandemic

Gap To Furlough Majority Store Teams In U.S. And Canada

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギャップ・インクとは

ギャップ (The Gap Inc.) はアパレル小売会社である。【事業内容】同社は「Gap」、「Banana Republic」、「Old Navy」、「Athleta」及び「Intermix」等ブランド名で紳士、婦人及び子供向けのアパレル、アクセサリー及びパーソナルケア製品を提供する。同社の製品は、同社が所有するウェブサイトを通じて、また物流およびフルフィルメントサービスを提供する第三者の使用を通じてオンラインで顧客に提供される。オーダー・イン・ストア、リザーブ・イン・ストア、ファインド・イン・ストア及び店からの出荷を含む全チャネルサービスでブランドのポートフォリオ全体で調整される。ブランドのサードパーティによって設計、製造された製品、特にIntermixブランドを販売する。同社は米国、カナダ、イギリス、フランス、アイルランド、日本、イタリア、中国、香港、台湾、メキシコに会社運営の店舗がある。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

2 Folsom St

SAN FRANCISCO, CA

94105-1205

United States

+1.415.4270100

http://www.gapinc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Bobby L. Martin

Executive Chairman of the Board

Sonia Syngal

President, Chief Executive Officer, Director

Katrina O'Connell

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Mark Breitbard

President, Chief Executive Officer - Banana Republic

Mary Beth Laughton

President and Chief Executive Officer of Athleta

統計

3.22 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

15.9K

2019

16.6K

2020

16.4K

2021(E)

13.4K
EPS (USD)

2018

2.130

2019

2.590

2020

1.970

2021(E)

0.195
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.90
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.20
株価純資産倍率(四半期)
1.11
株価キャッシュフロー倍率
3.54
総負債/総資本(四半期)
37.67
長期負債/資本(四半期)
37.67
投資利益率(過去12カ月)
4.66
自己資本利益率(過去12カ月)
3.51

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(24日現在)

ドイツのIFO経済研究所が発表した4月の業況指数は74.3と、過去最低となった。下方修正された前月の85.9から低下した。

ギャップ、今後1年の事業継続に資金不足の恐れ 新型コロナ影響

米衣料品小売大手ギャップ<GPS.N>は23日、今後12カ月の事業継続に必要となる十分な資金がない恐れがあると警告し、起債による資金調達に加え、人員削減や設備投資先送りなどが必要になる可能性があるとした。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(24日現在)

トヨタ自動車は23日、5月4日から北米での生産を段階的に再開すると発表した。同社の北米生産は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)を受け3月に操業が停止されていた。

UPDATE 1-〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(31日現在)

マレーシアのザフルル・アジズ財務相は、今年の同国の財政赤字は国内総生産(GDP)比で4%に達する見込みだと明らかにした。前週発表された新型コロナウイルス対応の580億ドル規模の経済対策が財政を圧迫する。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(31日現在)

オーストリアのクルツ首相は30日、新型コロナウイルスの感染拡大ペースは依然速すぎるとして、スーパーマーケットの来店者に通常仕様のマスク着用を義務付けると発表した。

メーシーズなど米小売り3社、多数社員を一時帰休へ 休業延長で

米百貨店大手メーシーズ<M.N>とコールズ<KSS.N>、および衣料品小売りのギャップ<GPS.N>は30日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業が長引くことを踏まえ、従業員の多くを一時帰休にすると発表した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(18日現在)

スペインのサンチェス首相は18日議会で演説し、新型コロナウイルス感染拡大によりスペイン経済はマイナス成長になるとの見通しを示した。その上で、ウイルスとの「戦争」に立ち向かうよう呼び掛けた。

米ギャップとニーマン・マーカス、新型コロナで店舗を一時閉鎖

は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2週間店舗を閉鎖する。

米上院議員、新疆の強制労働対策求め商務長官に書簡

米上院外交委員会幹部のボブ・メネンデス議員(民主党)が10日、ロス商務長官に書簡を送付し、米企業は中国の新疆ウイグル自治区における「おぞましい」強制労働を故意に黙殺していると糾弾した。そのうえで、米国の企業と消費者に強制労働で生産された商品の購入を止めさせるよう求めた。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが主要通貨に対して当初値上がりしていたものの、その後は買いが続かず下げに転じた。米中通商協議を巡って警戒感が根強いほか、感謝祭明けの週末で動意薄となった。

米国株は下落、米中通商懸念で軟調地合い 小売株さえず

米国株式市場は下落して取引を終えた。米中通商協議を巡る懸念に加え、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」での店舗の集客が例年よりも少なかったことで小売株が売られた。

米年末商戦スタート、例年より行列少なめ ネット販売増などで

米国では29日、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた。今年は店舗に行列をつくる人の姿が例年より少なく、セール前倒しやオンラインショッピング拡大の影響が出ているとみられる。

アングル:年末商戦の勝敗、見極めは感謝祭明けの値引き具合

米国では感謝祭開けの金曜日、いわゆるブラックフライデーに当たる29日から年末商戦が始まる。株式市場で既に進行している勝ち組と負け組の選別は、商戦をきっかけに一層拍車が掛かるかもしれない。

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

NY市場サマリー(8日)

<為替> ドル指数が3週間ぶりの高水準を付けた。米中追加関税撤廃を巡る不透明感が高まる中でリスク選好度が低下し、安全資産とされるドルに買いが入った。同様に安全資産と見なされる円も買われた。

米主要株価指数が最高値更新、ウォルト・ディズニー高い

米国株式市場は上昇し、主要株価指数が揃って最高値を更新。S&P総合500種指数<.SPX>が週間で5週連続で値上がりした。

アングル:米中貿易摩擦で対中輸出減のアジア、生き残り模索

タイは外国企業誘致を狙った法改正や税制優遇措置を柱とする「移転パッケージ」を発表。マレーシアも企業を誘致するため投資承認を加速する委員会を設置し、今月に入って5億ドル超の計画を承認したと明らかにした。

アングル:米国で洋服レンタル急拡大、実店舗と「共食い」懸念も

ニュージャージーの博物館で広報担当者として働くリサ・バティットさん(54歳)は、もう服を買うことはほとんどないという。レンタルするようになったからだ。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

NY市場サマリー(31日)

<為替> トランプ米大統領がメキシコの移民対策が不十分として同国の輸出品に関税をかける方針を示したことを受け、安全通貨としての円に買いが殺到し、円は対ドルで約1%上昇した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up