for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Gap Inc

GPS.N

現在値

16.27USD

変化

-0.03(-0.18%)

出来高

999,753

本日のレンジ

16.07

 - 

16.76

52週レンジ

15.84

 - 

37.63

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
16.30
始値
16.25
出来高
999,753
3か月平均出来高
192.53
高値
16.76
安値
16.07
52週高値
37.63
52週安値
15.84
発行済株式数
373.40
時価総額
6,086.47
予想PER
12.10
配当利回り
2.94

次のエベント

Dividend For GPS.N - 0.1200 USD

適時開示

その他

Gap Inc Reports Qtrly Net Sales $3.94 Billion Versus $3.99 Billion

Gap Provides An Update On European Strategic Review

Gap Says Board Authorized A Q4 Fiscal Year 2021 Dividend Of $0.12 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Gap Incとは

ギャップ(The Gap, Inc.)はアパレル小売企業である。【事業内容】「Old Navy」、「ギャップ」、「Banana Republic」、「Athleta」、「Intermix」、「Janie and Jack」、「Hill City」等のブランド名で男性、女性、子供向けのアパレル、アクセサリー、パーソナルケア製品を提供する。製品は、所有のウェブサイトを通じて、及び物流とフルフィルメントサービスを提供するサードパーティの使用を通じて、オンラインで顧客に提供される。オムニチャネルサービスには、ブランドのポートフォリオ全体に合わせて調整された店舗での注文、店舗での予約、店舗での検索、店舗からの出荷などが含まれる。また、特に「Intermix」ブランドにおいて、ブランド化されたサードパーティによって設計・製造された製品を販売する。米国、カナダ、イギリス、フランス、アイルランド、日本、イタリア、中国、香港、台湾、メキシコに同社が運営する店舗がある。「ギャップ」、「Banana Republic」及び「Old Navy」の店舗を、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東、アフリカに展開する。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

2 Folsom St

SAN FRANCISCO, CA

94105-1205

United States

+1.415.4270100

https://www.gapinc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Bobby L. Martin

Executive Chairman of the Board

Sonia Syngal

Chief Executive Officer, Director

Katrina O'Connell

Executive Vice President, Chief Financial Officer

Mark Breitbard

President, Chief Executive Officer - Gap Brand

Nancy Green

President and Chief Executive Officer - Old Navy

統計

2.71 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

16.6K

2020

16.4K

2021

13.8K

2022(E)

16.7K
EPS (USD)

2019

2.590

2020

1.970

2021

-2.110

2022(E)

1.342
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.37
株価純資産倍率(四半期)
2.19
株価キャッシュフロー倍率
6.90
総負債/総資本(四半期)
53.25
長期負債/資本(四半期)
53.25
投資利益率(過去12カ月)
4.06
自己資本利益率(過去12カ月)
2.83

最新ニュース

最新ニュース

今日の株式見通し=強含み、米株上昇受け 半導体や自動車が堅調に

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みの展開が想定されている。前日の米国株式市場が上昇したことで、全体的に買い優勢になるという。フィラデルフィア半導体指数(SOX)の上昇で半導体関連株や、円安から自動車株などが堅調に推移しそうだ。ただ、感謝祭で今晩の米株は休場となるため後半は見送りムードとなり、上値は限定的になるとみられる。

UPDATE 2-NY市場サマリー(24日)ドル上昇、国債利回りは今年最高近辺

(表のレートを更新し、株のリポートを追加しました。) [24日 ロイター] - <為替> ドルが幅広い通貨に対し上昇。米連邦準備理事会(FRB)が他の主要中 銀よりも速いペースで金融政策を引き締めるという観測が高まる中、対ユーロで16カ月 ぶり、対円で約5カ月ぶり高値を付けた。 FRBが24日に公表した11月2─3日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要 旨では、高インフレが続けば債券買い入れプログラムの縮小ペースを加速させ、より迅速 に利上げを実施することに複数の政策当局者が前向きな姿勢を見せていたことが分かった 。 また、サンフランシスコ...

米国株式市場=上昇、エヌビディアなどハイテク株が支援

米国株式市場はおおむね上昇して取引を終えた。半導体大手エヌビディアなどのハイテク株の上昇に支援された。

NY市場サマリー(24日)ドル上昇、国債利回りは今年最高近辺

<為替> ドルが幅広い通貨に対し上昇。米連邦準備理事会(FRB)が他の主要中銀よりも速いペースで金融政策を引き締めるという観測が高まる中、対ユーロで16カ月ぶり、対円で約5カ月ぶり高値を付けた。

米国株式市場=上昇、エヌビディアなどハイテク株が支援

米国株式市場はおおむね上昇して取引を 終えた。半導体大手エヌビディアなどのハイテク株の上昇に支援された 。 一方、衣料小売りのギャップと高級百貨店ノードストロー ムは軟調な決算を受けて大幅安となった。両社は年末商戦期を 前にサプライチェーン問題について警告した。 S&P主要セクターでは一般消費財が上昇した。10月 の個人消費支出が前月比1.3%増と前月から伸びが加速し、市場予想 を上回ったことが背景。 米連邦準備理事会(FRB)が物価の目安とする変動の大きい食品 とエネルギーを除いたコア個人消費支出(PCE)価格指数の伸びも加 速した。...

米ギャップ、通年業績予想を下方修正 株価下落

米衣料小売りのギャップは23日、通年の業績見通しを下方修正した。サプライチェーン(供給網)の制約や商品輸送コストの増大で売上高が最大6億5000万ドル減少するとの見通しを示した。これを受けて株価は時間外取引で一時19%下落した。

米国株式市場=下落、インフレ・供給網巡る懸念で

米国株式市場は下落して取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開始するとの見方が高まっている。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場では、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観測が織り込まれた。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下 落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場で は、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観 測が織り込まれた。 NY外為市場: <債券> 米金融・債券市場ではこのところの利回り上昇を受けた買いが入り、利回 りが低下(価格は上昇)した。20年債入札が軟調だったものの、ひどい結果にならなか ったことも作用した。 10年債利回りは一時1.65%と10月26日以来の高水準を付けた が、その後は1....

米国株式市場=下落、インフレ・供給網巡る懸念で

米国株式市場は下落して 取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧 迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開 始するとの見方が高まっている。 小売り大手ターゲットは好調な決算を発表。通年の見通し を引き上げたほか、利益が予想を上回った。ただ、株価は下落し、前日 の同業ウォルマートの下げに追随した。両社ともサプライチェ ーンの問題により第3・四半期の利益率が圧迫された。 18日に決算発表を控えるメーシーズ、コールズ、来 週に発表予定のギャップ、アーバン・アウトフィッターズ<URBN .O>など...

米国株式市場=S&P小幅安、国債利回り上昇などが重し

米国株式市場は、S&P総合500種が小幅安で終了した。8月の小売売上高が予想外に増加し、景気回復の強さを示したことから終盤に下げ幅を縮小した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)ドル・国債利回り上昇、小売売上高予想外の増加で

(株のリポートを追加しました。) [16日 ロイター] - <為替> ドル指数が上昇し約3週間ぶりの高値を付けた。8月の米小売売上高が予 想外に増加し、経済成長が急激に鈍化するという懸念が後退した。 ドル指数は0.5%高の92.866。8月27日以来の高値を付けた。 米商務省が16日に発表した8月の小売売上高(季節調整済み)は前月より0.7% 増え、市場予想の0.8%減に反して増加した。オンライン販売のほか、家具が大きく伸 び、自動車販売の低迷が相殺された。 CIBCキャピタル・マーケッツの北米外為戦略部門責任者、ビパン・ライ氏は「基...

NY市場サマリー(27日)ドル下落、S&Pとナスダック最高値 FRB議長講演受け

<為替> ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が米年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で行った講演はハト派的と受け取られた。

米国株、S&P500とナスダックが最高値 FRB議長講演で安心感

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種指数とナスダック総合指数が終値で最高値を更新した。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を受け安心感が広がった。

米ギャップ、通期売上高見通し上方修正 第2四半期も好調 株価7%高

米衣料小売りのギャップは26日、通期の純売上高見通しを上方修正した。新型コロナ制限の緩和に伴い外出や人との集まりが増える中、好調な需要を見込む。見通しの引き上げは2回目。合わせて発表した第2・四半期の売上高も好調で、同社株価は引け後の時間外取引で7%上昇した。

米副大統領が企業トップと会合、保育関連政策への支持訴え

ハリス米副大統領は12日、ソフトウエア大手マイクロソフトや手作り品の電子商取引サイトを運営するエッツィ―を含む7社の最高経営責任者(CEO)と会合を開き、国全体の競争力向上における手頃な保育サービスの重要性を強調した。

米マイクロソフトなどワクチン義務化、自動車3社はマスク義務復活

米食肉大手、タイソン・フーズとマイクロソフトは3日、従業員などに新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付ける方針を明らかにした。

米ギャップが仏と伊の店舗売却交渉、欧州はオンライン販売に

米衣料小売りのギャップは30日、フランスとイタリアの店舗の売却に向け交渉中だと明らかにした。同社は欧州でのプレゼンスをオンラインに限定し、コスト削減する方針。

NY市場サマリー(3日)ドル下落、ハイテク株売られるもダウとS&P上昇

<為替>  ドルが主要通貨バスケットに対し下落。失望を誘う米指標や米債利回りの低下がドルを圧迫した。日本や中国、英国が祝日だったことで、薄商いとなった。

米ダウやS&P上昇、ハイテク株は軟調

米国株式市場では、ダウ工業株30種はS&P総合500種指数が上昇。おおむね底堅い企業決算が買いの手掛かりとなった。一方、大型ハイテク株を含むグロース株には売りが出て、ナスダック総合指数は軟調だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up