for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギャップ・インク

GPS.N

現在値

15.37USD

変化

-0.92(-5.65%)

出来高

2,050,660

本日のレンジ

15.27

 - 

16.39

52週レンジ

15.11

 - 

30.83

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
16.29
始値
16.39
出来高
2,050,660
3か月平均出来高
106.77
高値
16.39
安値
15.27
52週高値
30.83
52週安値
15.11
発行済株式数
373.30
時価総額
6,081.05
予想PER
--
配当利回り
5.95

次のエベント

Q4 2019 Gap Inc Earnings Release

適時開示

その他

Gap Becomes thredUP's Largest Clean Out Distribution Partner To Date

Gap Inc Spokeswoman Says Our HQ In China Is Closed, THERE IS NO IMPACT TO SUPPLY CHAIN

Gap Inc No Longer Pursuing Separation Of Old Navy

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ギャップ・インクとは

ギャップ (The Gap Inc.) はアパレル小売会社である。【事業内容】同社は「Gap」、「Banana Republic」、「Old Navy」、「Athleta」及び「Intermix」等ブランド名で紳士、婦人及び子供向けのアパレル、アクセサリー及びパーソナルケア製品を提供する。同社の製品は、同社が所有するウェブサイトを通じて、また物流およびフルフィルメントサービスを提供する第三者の使用を通じてオンラインで顧客に提供される。オーダー・イン・ストア、リザーブ・イン・ストア、ファインド・イン・ストア及び店からの出荷を含む全チャネルサービスでブランドのポートフォリオ全体で調整される。ブランドのサードパーティによって設計、製造された製品、特にIntermixブランドを販売する。同社は米国、カナダ、イギリス、フランス、アイルランド、日本、イタリア、中国、香港、台湾、メキシコに会社運営の店舗がある。

連絡先

2 Folsom St

+1.415.4270100

http://www.gapinc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert J. Fisher

Chairman of the Board, Interim President, Interim Chief Executive Officer

Teri L. List-Stoll

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Principal Accounting Officer

Mark Breitbard

President, Chief Executive Officer - Banana Republic

Mary Beth Laughton

President and Chief Executive Officer of Athleta

Sonia Syngal

President and Chief Executive Officer - Old Navy

統計

3.26 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

15.5K

2018

15.9K

2019

16.6K

2020(E)

16.2K
EPS (USD)

2017

2.020

2018

2.130

2019

2.590

2020(E)

1.797
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.37
株価純資産倍率(四半期)
1.67
株価キャッシュフロー倍率
4.30
総負債/総資本(四半期)
34.37
長期負債/資本(四半期)
34.37
投資利益率(過去12カ月)
10.10
自己資本利益率(過去12カ月)
7.57

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが主要通貨に対して当初値上がりしていたものの、その後は買いが続かず下げに転じた。米中通商協議を巡って警戒感が根強いほか、感謝祭明けの週末で動意薄となった。

米国株は下落、米中通商懸念で軟調地合い 小売株さえず

米国株式市場は下落して取引を終えた。米中通商協議を巡る懸念に加え、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」での店舗の集客が例年よりも少なかったことで小売株が売られた。

米年末商戦スタート、例年より行列少なめ ネット販売増などで

米国では29日、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた。今年は店舗に行列をつくる人の姿が例年より少なく、セール前倒しやオンラインショッピング拡大の影響が出ているとみられる。

アングル:年末商戦の勝敗、見極めは感謝祭明けの値引き具合

米国では感謝祭開けの金曜日、いわゆるブラックフライデーに当たる29日から年末商戦が始まる。株式市場で既に進行している勝ち組と負け組の選別は、商戦をきっかけに一層拍車が掛かるかもしれない。

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

NY市場サマリー(8日)

<為替> ドル指数が3週間ぶりの高水準を付けた。米中追加関税撤廃を巡る不透明感が高まる中でリスク選好度が低下し、安全資産とされるドルに買いが入った。同様に安全資産と見なされる円も買われた。

米主要株価指数が最高値更新、ウォルト・ディズニー高い

米国株式市場は上昇し、主要株価指数が揃って最高値を更新。S&P総合500種指数<.SPX>が週間で5週連続で値上がりした。

アングル:米中貿易摩擦で対中輸出減のアジア、生き残り模索

タイは外国企業誘致を狙った法改正や税制優遇措置を柱とする「移転パッケージ」を発表。マレーシアも企業を誘致するため投資承認を加速する委員会を設置し、今月に入って5億ドル超の計画を承認したと明らかにした。

アングル:米国で洋服レンタル急拡大、実店舗と「共食い」懸念も

ニュージャージーの博物館で広報担当者として働くリサ・バティットさん(54歳)は、もう服を買うことはほとんどないという。レンタルするようになったからだ。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

NY市場サマリー(31日)

<為替> トランプ米大統領がメキシコの移民対策が不十分として同国の輸出品に関税をかける方針を示したことを受け、安全通貨としての円に買いが殺到し、円は対ドルで約1%上昇した。

米国株が大幅安、米の対メキシコ関税導入表明受け

米国株式市場は大幅安で取引を終えた。トランプ米大統領による対メキシコ関税導入表明を受け、貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるとの懸念が高まった。

ギャップ、2─4月既存店売上高は予想以上の減少 通期利益見通し下げ

米アパレル小売大手ギャップ<GPS.N>の第1・四半期(5月4日まで)決算は、既存店売上高が予想以上に減少した。通期利益見通しも下方修正し、ギャップの株価は引け後の時間外取引で11%超急落した。

米国株、ダウ4日ぶり反発 米中協議への期待が買い後押し

米国株式市場はダウ平均株価<.DJI>とS&P総合500種指数<.SPX>が4日ぶりに反発。米中通商協議への期待感が買いを後押しした。一方、米中の製造業統計はさえず、相場の足を引っ張った。

NY市場サマリー(1日)

<為替> ドルが上昇し、対円で10週間ぶり高値を付けた。この日発表された一連の米指標は低調な内容となったものの、米中通商合意への期待からリスク選好の動きが強まった。

NY市場サマリー(1日)

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.79対1の比率 で上回った。ナスダックでも1.86対1で値上がり銘柄数が多かった。 米取引所の合算出来高は79億5000万株。直近20営業日の平均は72億700 0万株。 米国株式市場: <金先物> 世界的な株高を背景に安全資産とされる金の需要は減退し、5日続落し た。4月物の清算値は前日比16.90ドル(1.28%)安の1オンス=1299.2 0ドルと、中心限月ベースで1月25日以来約1カ月ぶりの安値を付けた。 米通商代表部(USTR)が前日、3月1日に設定されていた米中両国...

米株市場は続伸、米中通商協議への期待やCPI受け

米国株式市場は続伸して取引を終えた。米中通商協議の進展への期待が高まったほか、消費者物価指数(CPI)統計でインフレが抑制されていることが示され、米連邦準備理事会(FRB)が当面金利を据え置くとの見方を裏付ける格好となった。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ドルが上昇。注目されていた1月の消費者物価指数(CPI)は、総合指数の伸びが前月比で横ばいとなる一方、食品・エネルギーを除くコア指数は5カ月連続で0.2%の伸びを維持した。これを受け米連邦準備理事会(FRB)は利上げを継続するとの見方が広がった。

米年末商戦売り上げ、6年ぶり大幅プラス

マスターカードの利用・決済状況をまとめた調査「スペンディング・パルス」によると2018年の米国の年末商戦の売り上げは前年比5.1%増加し8500億ドルを超えた。6年ぶりの大幅な伸びとなった。全米小売業協会は4.3-4.8%増を予想していた。好調な経済と早期の値引きが追い風となった。

アングル:台湾「締め出し」狙う中国の戦略、裏目に出るか

台湾が望んでいたのは、アジア各国のチームが参加するラグビーの試合を主催することだった。だが、中国がこの夏、横槍を入れた。台湾に変わって中国が、このイベントを主催すべきだと主張したのだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up