for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Groupon Inc

GRPN.O

現在値

1.25USD

変化

-0.04(-2.73%)

出来高

4,449,029

本日のレンジ

1.20

 - 

1.31

52週レンジ

0.48

 - 

3.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1.28
始値
1.30
出来高
4,449,029
3か月平均出来高
346.38
高値
1.31
安値
1.20
52週高値
3.75
52週安値
0.48
発行済株式数
566.92
時価総額
709.91
予想PER
-6.44
配当利回り
--

次のエベント

Groupon Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

First Trust Portfolios LP Reports Passive Stake In Groupon

Groupon Inc - Rich Williams Is No Longer Serving As CEO

Groupon Partners With Redeam To Bring More Of World's Top Experiences To Groupon Marketplace

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Groupon Incとは

グルーポン(Groupon, Inc.)は商品やサービスを割引で提供することにより、加盟店と消費者を結ぶ世界のオンラインローカル商取引市場を運営する。【事業内容】同社は米国とカナダを含む北米事業、ヨーロッパ、中東、アフリカを含むEMEA事業、その他の国際事業という3つの事業を運営する。同社はローカル・スペシャル(ローカル)、Grouponグッズ(グッズ)、Groupon Getaways(トラベル)という3つの主要商品とサービスを提供する。ローカルには地元や国内の商人からの提供品と地元のイベントが含まれる。グッズはエレクトロニクス、スポーツ用品、宝飾品、玩具、家庭用品、アパレルなどの製品ラインを提供する。トラベルは国内線と国際線をカバーするホテル、航空運賃、パッケージの割引など、割引料金と市場料金の両方で旅行を提供する。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

600 W Chicago Ave Ste 400

CHICAGO, IL

60654-2067

United States

+1.312.3341579

https://www.groupon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Eric P. Lefkofsky

Independent Chairman of the Board

Aaron Z. Cooper

Interim Chief Executive Officer

Melissa Thomas

Chief Financial Officer, Chief Accounting Officer, Treasurer

Manjunath Gangadharan

Chief Accounting Officer

Dane A. Drobny

Chief Administrative Officer, General Counsel, Corporate Secretary

統計

3.00 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

2.8K

2018

2.6K

2019

2.2K

2020(E)

1.1K
EPS (USD)

2017

0.110

2018

0.180

2019

0.130

2020(E)

-0.199
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.32
株価純資産倍率(四半期)
1.80
株価キャッシュフロー倍率
7.75
総負債/総資本(四半期)
58.06
長期負債/資本(四半期)
56.02
投資利益率(過去12カ月)
-1.97
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.89

最新ニュース

最新ニュース

米株市場は続伸、米中通商協議への期待やCPI受け

米国株式市場は続伸して取引を終えた。米中通商協議の進展への期待が高まったほか、消費者物価指数(CPI)統計でインフレが抑制されていることが示され、米連邦準備理事会(FRB)が当面金利を据え置くとの見方を裏付ける格好となった。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ドルが上昇。注目されていた1月の消費者物価指数(CPI)は、総合指数の伸びが前月比で横ばいとなる一方、食品・エネルギーを除くコア指数は5カ月連続で0.2%の伸びを維持した。これを受け米連邦準備理事会(FRB)は利上げを継続するとの見方が広がった。

焦点:低所得層が支える米国経済の「パラドックス」

経済指標のほぼ全てが、米国経済の活況を示している。だが、雇用拡大と消費増大の勢いを伝えるニュースの裏側を探れば、この好調さが主として、低所得層による貯蓄取り崩しや、債務積み増しによって支えられていることが分かる。

中国の大連万達、テンセントとの合弁で「スマート・リテール」展開

中国の大連万達グループは、中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>と合弁事業を立ち上げると発表した。「スマート・リテール」戦略の展開に向けオンラインとオフラインの事業を統合させる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up