for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

前日終値

219.73USD

変化

-0.52(-0.24%)

出来高

634,357

本日のレンジ

218.04

 - 

219.95

52週レンジ

151.70

 - 

224.75

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
220.25
始値
219.73
出来高
634,357
3か月平均出来高
49.27
高値
219.95
安値
218.04
52週高値
224.75
52週安値
151.70
発行済株式数
354.09
時価総額
77,987.67
予想PER
10.03
配当利回り
2.27

次のエベント

Principal Financial Group Inc at Goldman Sachs Group Inc Roadshow - London

適時開示

その他

Adage Capital Partners Ups Share Stake In Goldman Sachs By 68.4%

Goldman Sachs Bdc Posts Q3 EPS Of $0.22

Cantor Fitzgerald & Co. Hires Paul Mutter As Head Of Institutional Client Coverage

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(The Goldman Sachs Group, Inc.)は企業、金融機関、政府、個人に各種金融サービスを提供する投資銀行、証券と投資管理会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。投資銀行事業は財務アドバイザリーと引受事業を含む。機関投資家サービス事業は市場を作り、債券、株式、通貨とコモディティ商品の取引を促進する。投資・貸付活動事業は負債証券とローン、公的・私的株式証券、インフラストラクチャー及び不動産等の各種資産クラスにわたる投資とリレーションシップ・バンキング事業を含む。投資管理事業は投資とウェルス・アドバイザリー・サービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

200 West St

+1.212.9021000

http://www.goldmansachs.com

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Lloyd C. Blankfein

Senior Chairman of the Board

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Stephen M. Scherr

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Karen P. Seymour

Executive Vice President, General Counsel, Secretary, Co-Head of the Legal Department

統計

2.54 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

30.6K

2017

32.1K

2018

36.6K

2019(E)

35.0K
EPS (USD)

2016

16.290

2017

19.760

2018

25.270

2019(E)

21.962
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.44
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.44
株価純資産倍率(四半期)
0.97
株価キャッシュフロー倍率
8.10
総負債/総資本(四半期)
628.26
長期負債/資本(四半期)
248.58
投資利益率(過去12カ月)
1.89
自己資本利益率(過去12カ月)
0.88

最新ニュース

最新ニュース

アングル:膨張続ける米企業の役員報酬、株主や政治家から異議

人材会社スペンサー・スチュアートによると、S&P総合500種株価指数企業で、代表権を持たない取締役の平均年間報酬は昨年に前年比2%増の30万4856ドルと過去最高を更新した。10年前からは43%増えた。実際には株式報酬のおかげで、一部の取締役はもっと多くの報酬を得ている。

米GS、広範な経営目標を検討 効率性指標など導入も=関係筋

米金融大手ゴールドマン・サックス<GS.N>は約2年前、2020年までに年間収入を50億ドル積み増すという目標を掲げた。しかし、来年1月に開催する同社初の投資家デーでは、効率性や収益性の指標を含む広範な経営目標を打ち出す可能性がある。

アップルカード巡る性差別問題、アップル共同創業者も疑念を投稿

米アップル<AAPL.O>の共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏は、同社のクレジットカード「アップルカード」の与信限度額を巡って性差別があるとの訴えが出ている問題について、自身も妻よりも10倍の与信限度を付与されたと明らかにした。

NY州、ゴールドマン調査 アップルカード限度額で性差別の疑い

米ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は、金融大手ゴールドマン・サックス<GS.N>がIT大手アップル<AAPL.O>と共同開発したクレジットカード「アップルカード」事業に対する調査を行っている。IT起業家がツイッターで、アップルカードの与信限度を決定するアルゴリズムが性差別を行っていると指摘したことに対応した。

マレーシア、ゴールドマンへの罰金減額を協議=ブルームバーグ

マレーシアは政府系投資会社1MDBを巡るスキャンダルを巡り、米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>への罰金を20億─30億ドルに減額することを協議している。

サウジアラムコのIPO延期、背景に中核投資家の確保=関係筋

による新規株式公開(IPO)の延期を巡って、中核(コーナーストーン)投資家の確保にさらに時間がかかるとの判断が影響していたことが複数の関係筋の証言で明らかとなった。

原油先物は1%超上昇、中国が対米通商協議進展と指摘

米国時間の原油先物価格は上昇。中国が米中通商協議で進展があったと述べたことを受けた。ただ、米原油在庫の増加見通しが上値を抑えた。

ゴールドマン、2020年の米シェールオイル生産の伸び予想引き下げ

ゴールドマン・サックスは、2020年の米シェールオイル生産の増加幅に関する予想を下方修正した。また、20年の世界の石油需要の伸びについても、予想を小幅に引き下げた。

EU、英国の離脱延期要請への対応急がず 英議会の動向見極めへ

欧州連合(EU)は英国のジョンソン首相が要請したEU離脱期限の再延長について、決断を急がず、英国の状況を見極めるため時間を稼ぐ構えだ。複数の外交官が20日、明らかにした。

モルガンS、第3四半期利益が予想上回る 債券取引など好調

米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>が17日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、新規株式公開(IPO)市場への投資で損失を出したものの、債券トレーディング業務とM&A(合併・買収)アドバイザリー業務が好調だったことで利益が予想を上回った。

マレーシア、1MDB巡りゴールドマンの刑事訴追取り下げも=日経

日経アジアン・レビューによると、マレーシアのトミー・トーマス司法長官は、政府系ファンド「1MDB」の巨額汚職に関連して刑事訴追した米ゴールドマン・サックスの子会社3社について、刑事訴追を取り下げることを同社と協議していると述べた。

米バンカメ、コスト削減より投資を重視へ転換

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が16日発表した第3・四半期決算は、コスト削減に頼った利益拡大策から同社が約5年ぶりに離れたことを示した。2007-09年の金融危機後に続いた米銀行界のコスト削減の流れが、投資重視へと急激に転換している最新の兆候だ。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 英ポンドが5月中旬以来の高値に上昇。英国と欧州連合(EU)が離脱交渉で合意に近づいているとの報道を受けた。

米株上昇、好調な企業決算で買い 金融・ヘルスケアが高い

米国株式市場は上昇して終了した。企業決算が好調だったことで買いが先行した。幅広い銘柄が上昇し、主要3指数はすべて上昇。S&P総合500種とナスダック総合は終値で約3週間ぶり高値を付けた。

米シティ、第3四半期収益が予想上回る 個人向け銀行業務好調

米金融大手シティグループ<C.N>が15日発表した第3・四半期決算は、収入と利益がアナリスト予想を上回った。個人向け銀行業務がトレーディング部門の低迷をカバーした。

ゴールドマン、第3四半期は減益で予想下回る 投資銀行部門低調

米金融大手ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>が15日発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。世界経済成長を巡る懸念からM&A(合併・買収)案件などが低調だったほか、新規株式公開(IPO)計画を撤回した共用オフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーへの投資などでつまづいたことが業績を圧迫した。

JPモルガン、第3四半期は予想上回る増益 「消費なお堅調」

米JPモルガン・チェース<JPM.N>が15日発表した第3・四半期決算は利益が市場予想を上回った。同社のダイモン最高経営責任者(CEO)は、米個人消費の堅調さが続いているという見方を示した。

米国株市場は小幅安、米中通商協議巡る不透明感で

米国株式市場は、小幅安で取引を終えた。米中通商協議を巡る不透明感がセンチメント低下につながったほか、15日から本格化する第3・四半期の米企業決算に市場の注目がシフトした。

NY市場サマリー(14日)

<為替> ドルが上昇。米中通商合意や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感から、安全資産としてのドルの投資妙味が高まった。円やスイスフランの買いも膨らみ、対ドルで小幅上昇した。

米銀大手が決算発表へ、幹部会見に注目=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、第3・四半期決算を発表する銀行最大手に関心が集まる見通し。金利の低下を背景にした純金利マージンの縮小により1株利益が3年ぶりに前年比で減少する可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up