for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

前日終値

213.74USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

151.70

 - 

238.50

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
213.74
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
47.75
高値
--
安値
--
52週高値
238.50
52週安値
151.70
発行済株式数
359.56
時価総額
76,853.11
予想PER
9.21
配当利回り
2.34

次のエベント

Berenberg and Goldman Sachs German Corporate Conference

適時開示

その他

GitLab says Completed $268 Mln Series E Round Of Funding

Goldman Sachs Brian Lee Will Become Chief Risk Officer, Effective Nov. 4

Goldman-Backed Fibre Broadband Venture Cityfibre Takes Steve Holliday As Chair - Sky News

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(The Goldman Sachs Group, Inc.)は企業、金融機関、政府、個人に各種金融サービスを提供する投資銀行、証券と投資管理会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。投資銀行事業は財務アドバイザリーと引受事業を含む。機関投資家サービス事業は市場を作り、債券、株式、通貨とコモディティ商品の取引を促進する。投資・貸付活動事業は負債証券とローン、公的・私的株式証券、インフラストラクチャー及び不動産等の各種資産クラスにわたる投資とリレーションシップ・バンキング事業を含む。投資管理事業は投資とウェルス・アドバイザリー・サービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

200 West St

+1.212.9021000

http://www.goldmansachs.com

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Lloyd C. Blankfein

Senior Chairman of the Board

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Stephen M. Scherr

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Karen P. Seymour

Executive Vice President, General Counsel, Secretary, Co-Head of the Legal Department

統計

2.56 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

30.6K

2017

32.1K

2018

36.6K

2019(E)

35.4K
EPS (USD)

2016

16.290

2017

19.760

2018

25.270

2019(E)

23.198
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.42
株価純資産倍率(四半期)
0.97
株価キャッシュフロー倍率
7.59
総負債/総資本(四半期)
578.83
長期負債/資本(四半期)
254.94
投資利益率(過去12カ月)
2.05
自己資本利益率(過去12カ月)
0.97

最新ニュース

ブレント、サウジ施設6週以上停止なら75ドル超え=ゴールドマン

ゴールドマン・サックスは、攻撃を受けたサウジアラビアの石油施設の稼働停止期間が6週間以上に及んだ場合、北海ブレント先物<LCOc1>は1バレル=75ドルを超える可能性があるとの見方を示した。

サウジアラムコ、IPO主幹事にJPモルガンなど9行選定=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは、計画している新規株式公開(IPO)の主幹事に米JPモルガン・チェースなど9つの金融機関を選定した。関係筋が11日、ロイターに明らかにした。

再送-米ゴールドマン、19年の石油需要の伸びを下方修正

米金融大手ゴールドマン・サックスは9日付のリポートで、2019年の石油需要の伸びは鈍化すると予測した。インドや日本、その他の経済協力開発機構(OECD)非加盟のアジア各国、中東、南米での需要減が要因という。

アラムコ、国内市場に段階的に上場 年内にまず1%=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコがリヤドにあるサウジアラビア証券取引所(タダウル)への株式上場を段階的に進めることが複数の関係筋の話で明らかになった。年内に1%の株式、来年にさらに1%を上場するとしている。

サウジアラムコIPO、JPモルガンなどが主幹事獲得へ=関係筋

関係筋によると、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが計画している新規株式公開(IPO)では、JPモルガン<JPM.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>、ナショナル・コマーシャル・バンク<1180.SE>が主幹事に選ばれる見通し。

JPモルガン、サウジアラムコIPOの主幹事獲得へ=関係筋

米銀大手JPモルガン・チェースがサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)の主幹事に選ばれる見通しだと関係筋が8日、明らかにした。今週中に最終決定が下される可能性が高いという。

ドイツ経済、「減速の初期」にある=ゴールドマンCFO

米金融大手ゴールドマン・サックスのスティーブン・シェール最高財務責任者(CFO)は5日、ドイツ経済について「景気減速の初期」にあるとの認識を示した。

米ゴールドマン、パートナー10人超が年内に退職も=WSJ

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は4日、金融大手ゴールドマン・サックス・グループのパートナー10人超が退職について会社側と交渉しており、年内にも同社を去る可能性があると報じた。

主要投資銀行、上半期収入は13年ぶり低水準=コアリション

業界分析会社コアリションが5日発表した最新データによると、世界の主要投資銀行の今年1─6月収入総額は前年同期比11%減の768億ドルと、上半期としては2006年以来13年ぶりの低水準となった。

ゴールドマン、自動車保証事業セーフガードの売却を模索=関係筋

米金融大ゴールドマン・サックス<GS.N>のバイアウト部門は、自動車保証事業を手掛けるセーフガード・プロダクツ・インターナショナルの売却を模索している。複数の関係筋が21日、明らかにした。負債を含めた評価額は10億ドル以上となる可能性があるという。

コラム:トランプ政権で手綱緩む、ホワイトカラー犯罪の訴追減少

「貧しくてかわいそうな弁護士だ」などと言う人は聞いたことがない。しかし、米国では司法の変化を映し、ホワイトカラー犯罪を担当する被告側弁護士の需要が減っている。変化とは、銀行その他の企業に対する訴訟の減少だ。もしかすると、米企業はついに素行を改めたのかもしれない。いやそれよりも、検察が見て見ぬふりをし、別の獲物を追い始めた可能性の方が高そうだ。

コラム:米大手行の時価総額が急減、景気後退サインか

米大手銀5行はこの3週間だけで、合計約1250億ドルもの時価総額を失った。今や5行のうち、株価純資産倍率(PBR)が1倍を上回っているのはJPモルガン<JPM.N>だけだ。これを歴史的に考えれば、投資家が景気後退(リセッション)がやってくると考え、そちらの方向にいち早く賭けたことを意味する。しかし直近の金融危機で得られた経験に基づくと、そうしたメッセージが正確とは言えなくなる。

今日の株式見通し=急反落、米国株安を嫌気 香港デモにも警戒感

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、急反落となる見通し。週明けの米国株式市場が軟化したことが嫌気される一方、引き続き円高警戒感が強いことから、主力銘柄を中心に売り優勢の展開になるとみられる。米中貿易摩擦に加え、香港デモなど地政学的な緊張感も懸念されだしており、旧盆休み中で薄商いの中、厳しい展開となりそうだ。

今日の株式見通し=急反落、米国株安を嫌気 香港デモにも警戒感

           前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均   20684.82 22362.92 19241.37               +91.47 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9 20265(円建て) 月限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は、急反落となる見通し。週明けの米国株式市 場が軟化したことが嫌気される一方、引き続き円高警戒感が強いことから、主力銘柄を中 心に売り優勢の展開になるとみられる。米中貿易摩擦に加え、香港デモなど地政学的な緊 張感も懸念されだしており、旧盆休...

UPDATE 1-NY市場サマリー(12日)

(債券の内容を更新しました) [12日 ロイター] - <為替> 主要6通貨に対するドル指数がおおむね横ばいで推移したほか、円高が進 んだ。全般的に夏枯れ相場となる中、様子見ムードが根強かった。 ドル指数は0.1%安の97.390。米中貿易戦争の長期化が米経済に悪影 響を及ぼすという懸念から下げが拡大する場面もあった。貿易戦争長期化に伴いマネーの 逃避先として円が買われるという思惑から円が対ドルで上昇、0.4%高の105 .26円近辺で取引された。 ウエスタンユニオン・ビジネスソリューション(ワシントン)のシニア市場アナリス ト、ジョー・マニンボ...

NY市場サマリー(12日)

米国株式市場: <金先物> 米中貿易摩擦激化に対する懸念が強まる中、対ユーロでのドル安を背景 に買われ、小反発した。中心限月12月物の清算値は前週末比8.70ドル(0.58% )高の1オンス=1517.20ドル。 トランプ米大統領が9日、中国との貿易協議で「合意する準備ができていない」と述 べ、9月上旬に予定されている閣僚級協議の開催が不透明となっていることを示唆した。 これを受けて、米中「貿易戦争」に対する警戒感が広がり、週明けの米株式相場は一時3 00ドル超下落。金に「質への逃避」の買いが入った。 また、外国為替市場では、ドルが対ユーロ...

UPDATE 1-米国株式市場=主要指数1%超安、香港デモなど地政学的緊張が重し

(内容を追加しました) [ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国株式市場は主要株価指数が1%超下落 して取引を終えた。長引く米中貿易摩擦を背景に景気後退懸念が高まる中、地政学的な緊 張感が投資家の動揺を誘った。 主要3指数は薄商いの中、そろって大幅安。香港の抗議デモ、アルゼンチン大統領予 備選での現職マクリ氏敗北、長期化する米中貿易摩擦を巡って市場の不安が続いた。 パフォーマンス・トラスト・キャピタル・パートナーズのトレーディング責任者、ブ ライアン・バトル氏は、債券の大幅高を受けて株式が売られたとし、「政治的な不透明感 を巡る問題...

米中貿易戦争、リセッションにつながる恐れ高まる=ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス<GS.N>のエコノミストらは11日、米中貿易戦争がリセッション(景気後退)につながるリスクが高まっていると指摘した。両国は2020年の米大統領選までには通商協議で合意しないとの見方も示した。

マレーシア、ゴールドマン現役・元幹部ら17人訴追 1MDB巡り

マレーシア当局は9日、政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を巡る汚職疑惑を巡り、米金融大手ゴールドマン・サックスの複数部門の現役・元幹部など17人を刑事訴追した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up