for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

現在値

184.26USD

変化

7.30(+4.13%)

出来高

1,303,267

本日のレンジ

179.88

 - 

187.28

52週レンジ

130.87

 - 

250.08

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
176.96
始値
180.58
出来高
1,303,267
3か月平均出来高
91.67
高値
187.28
安値
179.88
52週高値
250.08
52週安値
130.87
発行済株式数
343.87
時価総額
60,851.90
予想PER
--
配当利回り
2.83

次のエベント

Q1 2020 Goldman Sachs Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Goldman Sachs Says Michael Richman To Become Chief Compliance Officer

Fed Unlikely To Order Big U.S. Banks To Suspend Dividends - WSJ

Goldman Sachs Group Inc Reports 34.3% Stake In Key Energy Services Inc As Of March 6, 2020

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(The Goldman Sachs Group, Inc.)は企業、金融機関、政府、個人に各種金融サービスを提供する投資銀行、証券と投資管理会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。投資銀行事業は財務アドバイザリーと引受事業を含む。機関投資家サービス事業は市場を作り、債券、株式、通貨とコモディティ商品の取引を促進する。投資・貸付活動事業は負債証券とローン、公的・私的株式証券、インフラストラクチャー及び不動産等の各種資産クラスにわたる投資とリレーションシップ・バンキング事業を含む。投資管理事業は投資とウェルス・アドバイザリー・サービスを提供する。

連絡先

200 West St

NEW YORK, NY

10282-2102

United States

+1.212.9021000

http://www.goldmansachs.com

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Stephen M. Scherr

Chief Financial Officer

Karen P. Seymour

Executive Vice President, General Counsel, Secretary, Head of the Legal Division

John F. W. Rogers

Executive Vice President, Chief of Staff and Secretary to the Board of Directors

統計

2.33 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

32.1K

2018

36.6K

2019

36.5K

2020(E)

33.8K
EPS (USD)

2017

19.760

2018

25.270

2019

21.030

2020(E)

16.954
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.11
株価純資産倍率(四半期)
0.78
株価キャッシュフロー倍率
6.34
総負債/総資本(四半期)
661.83
長期負債/資本(四半期)
242.79
投資利益率(過去12カ月)
1.95
自己資本利益率(過去12カ月)
0.88

最新ニュース

最新ニュース

米ゴールドマン、利益相反の隠匿で株主が集団訴訟へ

米国で7日、米金融大手ゴールドマン・サックス<GS.N>の利益相反の隠匿を巡り、株主による集団訴訟が認められた。

米銀、FRB健全性審査用の資本計画で配当実施を維持へ=FT

米大手金融機関は、米連邦準備理事会(FRB)が実施する大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)に向けて6日に提出する年間資本計画で、配当実施を擁護する方針。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が5日、関係筋の話として伝えた。

独政府、ルフトハンザ航空への数十億ユーロ支援で協議=関係者

ドイツ政府は、新型コロナウイルス感染拡大によって全路線の95%運休という大打撃を受けているルフトハンザ航空<LHAG.DE>に対して、数十億ユーロ規模の支援することを協議している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

米経済成長率、第2四半期は-34% 失業率15%=ゴールドマン

米金融大手ゴールドマン・サックスは31日、米経済は第2・四半期に34%のマイナス成長に陥るとし、従来予想のマイナス24%から下方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新規失業保険申請件数の急増を踏まえると、米経済成長率のマイナス幅は拡大し、失業率も上昇するとしている。

新型コロナ危機、石油業界を大きく変える要因に=ゴールドマン

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)とそれに伴う原油価格下落により石油業界はより効率的でより力強くなるだろうが、将来の供給不足リスクは高まる──。ゴールドマン・サックスは30日、このようなアナリスト・ノートを発表した。

米エアビー、銀行と10億ドル融資枠延長を協議 業績回復には自信

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは25日、金融機関との電話会合を行い、現在の10億ドルの融資枠を延長する方向で協議した。会合に参加した関係筋が明らかにした。

米大手金融機関、今年の賞与は約30%減に 新型コロナでレイオフも

業界関係者や銀行幹部によると、新型コロナウイルスの感染拡大によってリセッション(景気後退)が想定される中、米大手金融機関の今年のボーナスは約30%減少する見通し。レイオフ(一時解雇)も検討されている。

ウォール街のボーナス平均、今年は大幅減覚悟も 新型コロナ直撃

米ウォール街の2019年の平均賞与は16万4100ドルと、前年から3%増えたものの、今年は一転、新型コロナウイルスの影響で大幅な落ち込みも覚悟しなければならないようだ。

米ゴールドマン、傘下MMFに18億ドル注入 流動性強化

米金融大手ゴールマン・サックス・グループ<GS.N>は23日、傘下のマネーマーケット・ファンド(MMF)2本に前週、計18億ドル超の資金を注入したと明らかにした。

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円後半、ドル需給ひっ迫が収まるかがカギ

ドルは109.68円付近。この日は早朝の高値111.26円から先ほど付けた安値109.66円の値幅となり、依然高ボラティリティー相場が続いている。

〔マーケットアイ〕外為:豪ドル63円前半、2009年2月以来の安値圏を推移

先週19日には59.90円まで下落し2009年2月以来の安値を付けた。翌日65.54円まで急反発したが、きょうの豪ドル/円では円の強さが勝り、再び11年ぶりの安値圏での取引となっている。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円前半、米長期金利は下げ渋り

米10年国債利回りは現在0.8293%付近。午前5時台に一時0.9577%まで上昇したが、午前9時過ぎには0.7818%まで低下し、その後は0.80%台で一進一退となっている。

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは110円付近、ドル資金供給オペきっかけに持ち高調整

正午のドル/円は、20日のニューヨーク市場午後5時時点(110.80/83円)に比べ、ドル安/円高の110.07/09円。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円前半、米コロナ対策法案の上院採択失敗で不透明感

米上院は22日、1兆ドル超の新型コロナウイルス対策法案の採決に向けた動議を否決した。民主党の反対で、可決に必要な60票(議席数100)の支持が得られず、手続き上のハードルをクリアできなかった。

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円前半、ドル需要とFRBのドル供給のせめぎあい

ドルは110.32円付近。早朝から不安定な値動きが続いており、現時点までにドルの値幅は110.28―111.26円と約1円まで拡大している。

米規制当局、金融機関に借り手支援促す 新型コロナに対応

米金融規制当局は22日、金融機関に対し、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受ける借り手を支援するよう促す共同声明を発表した。

コラム:FRBの窓口貸出、中小銀行には「使えない」わけ

米連邦準備理事会(FRB)は、大手金融機関の力を借りて、割引窓口(ディスカウント・ウィンドウ)貸出制度の利用を拡大させようとしている。同制度の利用が与える不名誉という悪い印象を軽減するため、モルガン・スタンレー<MS.N>、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>を含む米銀大手8行が制度を利用すると表明したが、中小銀行が追随するかどうかは明らかではない。

大手米銀8行、FRB窓口貸出の利用表明

大手米銀8行は16日、米連邦準備理事会(FRB)の割引窓口(ディスカウント・ウィンドウ)貸出制度を利用する方針を明らかにした。

米が戦略備蓄を積み増しても、原油30ドル割れは防げず=ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス(GS)は、現在の市場の供給超過量を勘案すると、米政府が緊急時に備えて積み立てている戦略石油備蓄(SPR)の積み増しに向け購入量を増大させても、第2・四半期および第3・四半期の原油価格30ドル割れを防ぐには不十分、との見方を示した。

第1および第2四半期の米成長率を下方修正=ゴールドマン

ゴールドマン・サックス<GS.N>15日、新型コロナウイルスの景気への影響を踏まえ、今年の第1・四半期と第2・四半期の米経済成長率を引き下げた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up