for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

現在値

368.75USD

変化

7.70(+2.13%)

出来高

703,074

本日のレンジ

362.86

 - 

370.85

52週レンジ

185.52

 - 

393.05

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
361.05
始値
363.00
出来高
703,074
3か月平均出来高
61.23
高値
370.85
安値
362.86
52週高値
393.05
52週安値
185.52
発行済株式数
339.76
時価総額
122,671.10
予想PER
7.98
配当利回り
1.38

次のエベント

Jones Lang LaSalle Inc Sustainability Investor Webcast Hosted by Goldman Sachs

適時開示

その他

Goldman Sachs Group's Long Position In Ganfeng Lithium Falls To 6.96% - HKEX Filing

Goldman Sachs Group Inc's Long Position In Ganfeng Lithium Rises To 7.02% - HKEX Filing

Galaxy Digital Secures Position As Liquidity Provider For Goldman Sachs' Bitcoin Futures Block Trade

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(The Goldman Sachs Group, Inc.)は企業、金融機関、政府、個人に各種金融サービスを提供する投資銀行、証券と投資管理会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。投資銀行事業は財務アドバイザリーと引受事業を含む。機関投資家サービス事業は市場を作り、債券、株式、通貨とコモディティ商品の取引を促進する。投資・貸付活動事業は負債証券とローン、公的・私的株式証券、インフラストラクチャー及び不動産等の各種資産クラスにわたる投資とリレーションシップ・バンキング事業を含む。投資管理事業は投資とウェルス・アドバイザリー・サービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

200 West St

NEW YORK, NY

10282-2102

United States

+1.212.9021000

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Stephen M. Scherr

Chief Financial Officer

John F. W. Rogers

Executive Vice President, Chief of Staff and Secretary to the Board

Sheara J. Fredman

Chief Accounting Officer, Controller

統計

2.15 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

36.6K

2019

36.5K

2020

44.6K

2021(E)

50.3K
EPS (USD)

2018

25.270

2019

21.030

2020

24.740

2021(E)

44.806
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.98
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.02
株価純資産倍率(四半期)
1.39
株価キャッシュフロー倍率
7.45
総負債/総資本(四半期)
774.23
長期負債/資本(四半期)
237.04
投資利益率(過去12カ月)
3.01
自己資本利益率(過去12カ月)
1.26

最新ニュース

最新ニュース

米ストレステスト、全23行がクリア 自社株買い・配当制限解除へ

米連邦準備理事会(FRB)は24日、大手金融機関を対象に実施したストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。銀行が十分な資本を保有していることが判明したため、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)を受け導入した自社株買いと配当金支払いの制限を30日付で解除する。

FRB、銀行の自社株買いと配当金の制限解除へ 健全性審査結果発表

米連邦準備理事会(FRB)は24日、大手金融機関を対象に実施したストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。銀行が十分な資本を保有していることが判明したため、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)を受け導入した自社株買いと配当金支払いの制限を30日付で解除する。

米最高裁、ゴールドマンの株主集団訴訟認めず=原告「利益相反隠蔽で損失」

米連邦最高裁は21日、金融大手ゴールドマン・サックスが2008年の金融危機前にリスクの高いサブプライム証券を組成した際、利益相反を隠蔽(いんぺい)していたため、株価低下で130億ドル超の損失を被ったと主張する投資家の集団訴訟を認めない決定を下した。

米ゴールドマン、英国でトランザクションバンキングを開始

米金融大手ゴールドマン・サックスは21日、英国で企業向けトランザクションバンキング事業を立ち上げたと発表した。昨年米国で開始した同サービスを英国にも導入し収益拡大を目指す。

JPモルガン、ロボアドの英ナツメグ買収 英リテール銀参入控え

米金融大手JPモルガン・チェースが、オンラインで資産運用を助言する英ナツメグを買収した。英国のリテール銀行・投資市場に参入する同社の計画の一環。

ゴールドマン、米利上げ時期予想23年に前倒し 確率は五分五分

米ゴールドマン・サックスは、15─16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、米連邦準備理事会(FRB)による新型コロナウイルス禍後の最初の利上げ時期の見通しを2023年に前倒した。 

JPモルガン、英ナツメグ買収 リテール銀行事業拡大

米金融大手JPモルガン・チェースが英オンライン・ウェルスマネジメントのナツメグを買収した。事業を英国のリテール銀行と投資市場に拡大する計画の一環となる。

JPモルガンとゴールドマン、英従業員のオフィス復帰計画を延期

銀行大手のJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスは、英国の従業員のオフィス復帰計画を先送りすると明らかにした。

米アメックス、週2日まで在宅勤務可能に オフィス復帰で

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)は、テレワークと出勤を組み合わせたハイブリッド型の勤務によるオフィス復帰計画を明らかにした。大半の従業員に週2日までの在宅勤務を認める方針。

米モルガンSのNY本社従業員、9月までに職場復帰を=CEO

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)のジェームス・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は14日、大方の従業員が9月にニューヨーク・マンハッタンの本社に復帰していなければ、「非常に失望する」と述べた。

コラム:米大手銀、従業員のオフィス復帰で欧州勢に先行

米国の銀行が、欧州勢との距離をさらに広げるかもしれない。JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)とゴールドマン・サックスのデービッド・ソロモンCEOは、遅くとも今夏中にニューヨークとロンドンの従業員を職場に復帰させたい考えだ。かたやバークレイズ、ドイツ銀行、HSBCは、ゆったりと構えている。米銀バンカーの方が顧客と対面する時間が増え、案件獲得シェアをますます拡大する可能性がある。  

ゴールドマン、米従業員にワクチン状況報告要請 今月の職場復帰計画

米ゴールドマン・サックスが米国の従業員に対し、新型コロナウイルスワクチン接種の有無や状況を今週10日までに必ず報告するよう求めていた。ロイターが社内メモを確認した。同社は米従業員を6月中旬までに職場に復帰させる計画を進めている。

米企業のM&A活発化へ、CEOの景況感改善=ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グループのジョン・ウォルドロン社長兼最高執行責任者(COO)は3日、米企業経営陣の間で景気に対する楽観的な見方が強まっているとし、国内でM&A(合併・買収)の動きが活発化するとの見通しを示した。

ゴールドマン、米経済巡る楽観視背景に企業合併増を予想=社長

米金融大手、ゴールドマン・サックス・グループのジョン・ウォルドロン社長兼最高執行責任者(COO)は3日、米国内で経済への楽観姿勢を企業幹部が強めているとして、企業合併が増えるとの見通しを示した。

米JPモルガン、中国合弁の完全子会社化を申請

米JPモルガンは、中国本土の証券合弁会社の完全子会社化を当局に申請した。広報担当者が明らかにした。昨年に出資比率を71%に引き上げていた。

ゴールドマン、日本での不動産投資を年2500億円に 従来から倍増

米ゴールドマン・サックスが、日本での不動産投資を年2500億円規模に拡大させることが31日、分かった。これまでの投資額は1000億―1500億円だった。事情に詳しい関係者が明らかにした。

中国、コモディティー価格の決定で中心的な役割担わず=GS

米ゴールドマン・サックスは、コモディティー価格の決定で中国はもう中心的な役割を担っていないと指摘、先進国の需要回復ペースを踏まえると、中国は買い手として西側諸国の消費者から締め出されているとの見方を示した。

米大手銀トップ公聴会、手数料巡り民主党から批判

米下院の金融サービス委員会は27日、大手金融機関の経営トップを招き公聴会を開いた。民主党議員からは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下で金融機関が国民から多額の手数料を徴収したとの批判が出た。

米大手銀トップ議会証言、JPモルガンCEOは手数料巡りやり玉に

米大手金融機関の経営トップは26日、上院銀行委員会の公聴会で証言を行い、全般的な経済や役員報酬のほか、気候変動や人種差別に至る広範な問題について、議員らの厳しい質問に回答した。

米大手銀トップが議会証言、報酬から社会問題に至る厳しい質問に回答

米大手金融機関の経営トップは26日、上院銀行委員会の公聴会で証言を行い、全般的な経済や役員報酬のほか、気候変動や人種差別に至る広範な問題について、議員らの厳しい質問に回答した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up