for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

現在値

299.23USD

変化

2.21(+0.74%)

出来高

476,966

本日のレンジ

291.78

 - 

300.00

52週レンジ

278.23

 - 

426.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
297.02
始値
294.73
出来高
476,966
3か月平均出来高
55.52
高値
300.00
安値
291.78
52週高値
426.14
52週安値
278.23
発行済株式数
343.45
時価総額
102,769.60
予想PER
8.11
配当利回り
2.67

次のエベント

Q2 2022 Goldman Sachs Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Targa Resources Corp To Acquire Lucid Energy For $3.55 bln

U.S. SEC Is Investigating Goldman Sachs Over ESG Funds - WSJ

Goldman Sachs President Waldron Aims To Expand Ayco Personal Financial Management -Conference

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(Goldman Sachs Group Inc)は、投資銀行、証券、投資管理、消費者金融にまたがる幅広い金融サービスを、企業、金融機関、政府、個人を含む多様な顧客ベースに提供するグローバルな金融機関である。【事業内容】投資銀行、グローバルマーケット、資産管理、消費者およびウェルスマネジメントの4つのセグメントを通じて事業を展開する。投資銀行セグメントは、ファイナンシャルアドバイザリー、引受および企業向け貸付活動で構成される。グローバルマーケットセグメントは、債券、通貨および商品(FICC)および株式、ならびに仲介および資金調達活動で構成される。資産管理セグメントは、クライアントが金融資産を保護および成長させるのに役立つ投資サービスを提供する。消費者およびウェルスマネジメントセグメントは、ファイナンシャルプランニング、投資管理、預金の受け取り、貸付など、多様なウェルスアドバイザリーおよびバンキングサービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

200 West St

NEW YORK, NY

10282-2102

United States

+1.212.9021000

https://www.goldmansachs.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Denis P. Coleman

Chief Financial Officer

John F. W. Rogers

Executive Vice President, Chief of Staff, Secretary to the Board

Sheara J. Fredman

Chief Accounting Officer, Controller

統計

2.13 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

36.5K

2020

44.6K

2021

59.3K

2022(E)

47.6K
EPS (USD)

2019

21.030

2020

24.740

2021

59.450

2022(E)

36.625
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.81
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.71
株価純資産倍率(四半期)
0.98
株価キャッシュフロー倍率
5.07
総負債/総資本(四半期)
807.14
長期負債/資本(四半期)
231.92
投資利益率(過去12カ月)
3.27
自己資本利益率(過去12カ月)
1.30

最新ニュース

最新ニュース

欧州発のビットコインETF、ユーロネクスト上場へ

ジャコビ・アセット・マネジメントは30日、欧州初のビットコイン上場投資信託(ETF)をユーロネクスト・アムステルダムに上場すると発表した。

ゴールドマン、消費者部門で年間12億ドル超の損失見込む=BBG

[28日 ロイター] - ゴールドマン・サックス・グループの内部予測によると、同社の消費者向け金融部門は今年、12億ドル以上の損失を計上する見通し。ブルームバーグが28日に関係者の話として報じた。

米ウォルグリーン、英事業売却を白紙に 「妥当な買収提案なし」

米ドラッグストア大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは28日、英ドラッグストアチェーンのブーツ事業売却計画を白紙化したと明らかにした。世界的な金融市場混乱のあおりを受け、妥当な買収条件を提示する相手が登場しなかったという。

コラム:米中絶否定判断、企業は見て見ぬふりで対応の公算

米連邦最高裁判所が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた以前の「ロー対ウェード判決」を覆す判断を示したことは、歴史的な大事件だ。だが、米国で事業を行う企業にとって、この判断に関する「費用便益分析」の結果はおなじみの内容になる。企業経営者は結局、米国の非リベラル州を新興国と変わらない目で見るだけのことだろう。

ブラックストーンなどPE大手、中絶制限巡り米従業員の旅費負担へ

プライベートエクイティ(PE)大手のブラックストーン、アポロ・グローバル・マネジメント、カーライル・グループは、米従業員が中絶を禁止・制限する州から他の州に中絶関連の医療サービスを受けに行く際の旅費を負担する方針を明らかにした。

米大手4行が健全性審査受け増配、JPモルガンとシティは据え置き

米連邦準備理事会(FRB)による年次ストレステスト(健全性審査)を問題なく乗り越えたことを受け、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴは27日、増配を発表した。

米暗号資産貸付セルシウス、破産申請視野に専門家雇い入れ=米紙

今月に顧客口座の資金引き出しや資金移動を凍結した暗号資産(仮想通貨)預かり・貸し付けの米セルシウス・ネットワークが、連邦破産法適用の申請を視野に助言会社アルバレス・アンド・マーサルから事業整理のコンサルタントを雇った。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が24日、消息筋の話として報じた。

アングル:米ウォール街、昨年の採用ブームに沈静化の兆し

米国経済の先行き不透明感が強まり金融市場が低迷する中、昨年は採用難に見舞われたウォール街では雇用を巡る過熱が沈静化しつつある。

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで表明

米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受け、国内の約半数の州が中絶の制限に動く見通しとなる中、ウォルト・ディズニーやメタ・プラットフォームズなどの企業は相次いで、州外で中絶手術を受ける必要の従業員の交通費などのコストを支援する方針を表明した。

米銀大手は厳しいシナリオでも十分な資本維持、FRB健全性審査

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手金融機関を対象に実施した年次ストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。厳しい経済ショックに見舞われても各行は十分な資本を維持することが判明し、自社株買いと配当金支払いへの道を開く内容となった。

米銀大手は十分な資本維持、FRBがストレステスト結果公表

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手金融機関を対象に実施した年次ストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。厳しい経済ショックに見舞われても各行は十分な資本を維持することが判明し、自社株買いと配当金支払いへの道を開く内容となった。

アングル:強まる景気後退警戒感、米国株にさらなる逆風か

米ウォール街の一部大手行の間で景気後退(リセッション)警戒感が強まっている。連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制を目指して前のめりで金融引き締めに動き始めたからだ。

FRBの健全性審査、大手行は「合格」と資本計画承認を楽観視

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果を公表する。大手行は「合格」のお墨付きをもらい、株主に配当や自社株買いを通じて余剰資本を還元する計画が認められるだろうと楽観視している。

米金融の信用リスク指標に悪化の兆候、FRB利上げで景気懸念

米金融機関の信用リスクの指標とされる「FRA─OISスプレッド」が拡大しており、ストレス(緊張)の高まりを示唆している可能性がある。背景にあるのは連邦準備理事会(FRB)の積極的利上げで浮上した景気悪化への懸念だ。

世界の銀行監督当局、気候変動リスクのチェックリスト公表

主要国の銀行監督当局で構成するバーゼル委員会は15日、気候変動が銀行の給与や資本も含め事業全体にどのように影響を及ぼすか評価するためのチェックリストを公表した。

ロシア版ダボス会議、今年は欧米勢顔見せず プーチン氏17日演説へ

「ロシア版ダボス会議」と称されるロシアの国際経済イベント「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)」が15─18日に開催される。ウクライナに侵攻したロシアに対して西側が厳しい経済制裁を科している中で、かつて顔を見せていた欧米政財界の指導者のほとんどが出席しないというのが今年の大きな特徴だ。

米金利先物市場、15日FOMCでの75bp利上げを89%織り込み

「ロンドン/ニューヨーク 14日 ロイター] - 連邦準備理事会(FRB)が14─15日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で75ベーシスポイント(bp)の大幅利上げを実施するとの見方が、金融市場で急速に拡大している。

米SEC、ゴールドマンのESG関連ファンドを調査=WSJ

米証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの運用する環境・社会・企業統治(ESG)関連ファンドを巡り、同社の資産運用部門を調査している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係者の話として10日に報じた。

コラム:NY勤務はハイブリッドが主流、上がるビル空室率

JPモルガンやゴールドマン・サックスといったウォール街の首脳は従業員の大半が職場に戻ってくるのを望んでいる。だが、ニューヨークの企業経営者としては、むしろ少数派に属する。

デロイト、監査とコンサル事業分割報道を否定

四大監査法人の一角である英系デロイトは8日、監査事業とコンサルティング事業を分割する計画を検討中との米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道は「事実でない」と否定した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up