for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

現在値

347.32USD

変化

-7.08(-2.00%)

出来高

1,499,170

本日のレンジ

346.40

 - 

359.32

52週レンジ

270.64

 - 

426.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
354.40
始値
358.34
出来高
1,499,170
3か月平均出来高
55.56
高値
359.32
安値
346.40
52週高値
426.14
52週安値
270.64
発行済株式数
334.79
時価総額
118,650.60
予想PER
5.92
配当利回り
2.26

次のエベント

Dividend For GS_pa.N - 0.2396 USD

適時開示

その他

Goldman Sachs Reports Fourth Quarter Earnings Per Common Share Of $10.81

Goldman Sachs Asset Management completes $5bn close of Petershill IV

Reddit Taps Morgan Stanley And Goldman Sachs For IPO- Bloomberg News

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(Goldman Sachs Group Inc)は、企業、金融機関、政府および個人を含む多様な顧客層に、投資銀行業務、証券業務、投資運用および消費者金融業務にわたる幅広い金融サービスを提供するグローバルな金融機関である。【事業内容】投資銀行事業、グローバル・マーケッツ事業、アセット・マネジメント事業、コンシューマーとウェルス・マネジメント事業の4つのビジネスセグメントで事業を展開する。投資銀行事業は、財務アドバイザリー業務、引受業務、法人向け融資業務を行う。グローバル・マーケッツ事業は、債券・通貨・コモディティ(FICC)および株式、仲介・融資活動を行う。アセット・マネジメント事業は、顧客の金融資産の保全と拡大を支援する投資サービスを提供する。コンシューマーとウェルス・マネジメント事業は、ファイナンシャル・プラニング、投資運用、預金取引、融資など、幅広い財産管理およびバンキング・サービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

200 West St

NEW YORK, NY

10282-2102

United States

+1.212.9021000

https://www.goldmansachs.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Denis P. Coleman

Chief Financial Officer

John F. W. Rogers

Executive Vice President, Chief of Staff and Secretary to the Board

Sheara J. Fredman

Chief Accounting Officer, Controller

統計

2.21 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

36.5K

2020

44.6K

2021

59.3K

2022(E)

48.8K
EPS (USD)

2019

21.030

2020

24.740

2021

59.450

2022(E)

40.635
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.84
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
5.00
総負債/総資本(四半期)
802.81
長期負債/資本(四半期)
237.42
投資利益率(過去12カ月)
4.25
自己資本利益率(過去12カ月)
1.72

最新ニュース

最新ニュース

米銀、トレーディング収入の「新常態」見極めへ 市場正常化で

米大手銀行はトレーディング収入が、ここ2年の新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)中の高水準とパンデミック前の水準との間の「ニューノーマル」に落ち着くと予想している。

モルガンS、第4四半期利益が予想上回る M&Aブーム寄与

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)が19日に発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は利益が市場予想を上回った。M&A(企業の合併・買収)ブームを背景にアドバイザリー業務が好調だった。

モルガンS、第4四半期利益が予想上回る M&Aブーム寄与

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)が19日に発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は利益が市場予想を上回った。M&A(企業の合併・買収)ブームを背景にアドバイザリー業務が好調だった。

米大手銀、賃上げで今年は人件費増加 人材獲得競争が激化

インフレ圧力や新型コロナウイルスの感染リスク、労働市場の逼迫により、米大手銀行は今年、労働力を確保するために賃金を引き上げざるを得ず、人件費が膨らむとみられる。

今日の株式見通し=続落、米ナスダック安で日経2万8000円割れ

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は続落が想定される。前日の米国株式市場でナスダック総合が大幅安となった流れを引き継ぎ、東京市場でもハイテク株を中心に売りが広がるとみられている。日経平均は再び2万8000円を割り込み、下値を模索する展開となりそうだ。

ゴールドマン第4四半期は13%減益、トレーディング低調 株価下落

米ゴールドマン・サックスが18日に発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は利益が約13%減少し、市場予想を下回った。投資銀行部門は好調だったものの、株価変動が乏しくトレーディング事業が悪化したほか費用が増加した。これを受け株価は一時8%下落した。

NY市場サマリー(18日)株式大幅安、10年債利回り2年ぶり高水準

<為替> 米国債利回りの上昇を受けドルが上昇した。一日の上昇としては2週間ぶりの大きさとなる。円は日銀が超緩和的な金融政策の維持を決めたことを受け一時下落したものの、その後は安定化した。

米国株式市場=大幅安、国債利回り上昇やゴールドマン決算が重し

米国株式市場は主要指数が大幅に下落して取引を終えた。ゴールドマン・サックスの決算が振るわず金融株の重しとなったほか、米国債利回りの上昇を受けてハイテク株が売られた。

NY市場サマリー(18日)株式大幅安、10年債利回り2年ぶり高水準

米国株式市場: <金先物> 3営業日続落した。軟調な米経済指標を受けて買いが先行した後で、米 長期金利の上昇やドル高を嫌気した売りに押された。2月物の清算値(終値に相当)は前 週末比4.10ドル(0.23%)安の1オンス=1812.40ドル。 NY貴金属: <米原油先物> 中東情勢悪化への警戒感などを背景に、続伸した。米国産標準油種 WTIの2月物清算値(終値に相当)は前週末比1.61ドル(1.92%)高の85. 43ドルと、中心限月ベースで2014年10月以来7年3カ月ぶりの高値となった。3 月物は1.53ドル高の84.83ドル。 NYMEX...

米国株式市場=大幅安、国債利回り上昇やゴールドマン決算が重し

米連邦準備理事会(FRB)がインフレ対応により積極的になるとの見方から、債券 市場では米10年債利回りが2年ぶり高水準に上昇し、2年債利回りは1%を上回った。 年初来の国債利回り急上昇は特にハイテクなどグロース(成長)株の重しとなってい る。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30 35368.47 -543.34 -1.51 35661.76 35661.76 35262.02 種  前営業日終値 35911.81 ナスダック総合 14506.90 -386.86 -2.60 14681.83 14740.54...

ゴールドマン、第4四半期は13%減益 トレーディング収入低調

米ゴールドマン・サックスが18日に発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は利益が約13%減少し、市場予想を下回った。投資銀行部門は好調だったものの、株価変動が乏しくトレーディング事業が悪化した。株価は序盤の取引で7%超下落した。

アングル:中国ゼロコロナ政策が窮地、初期の成功「あだ」に

中国が新型コロナウイルスの感染を徹底的に封じ込める「ゼロコロナ戦略」を強化しつつある。現在流行の主流となっているオミクロン変異株は毒性が比較的弱い可能性があるものの、感染防御態勢を緩める理由にはならない、というのが当局の立場だ。しかしロックダウン(都市封鎖)も3年目に入り、経済的な混乱ばかりか社会不安さえ取りざたされるようになった。

香港ファンド、日韓バーガーキング売却へ 10億ドル超=関係筋

香港の投資ファンド、アフィニティ・エクイティ・パートナーズが、日本と韓国のバーガーキング事業の売却手続きを今週開始することが分かった。関係筋が明らかにした。売却額は10億ドルを超える可能性がある。

NY市場サマリー(14日)ダウ下落、ドル反発 米債利回り上昇

<為替> ドルが4日ぶりに反発。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めに向けた動きが注目される中、今週見られたドル売り圧力が和らいだ。また、金融市場でのリスク選好度低下に伴い、高リスク通貨を売る動きも広がった。

米国株式市場=ダウ下落、銀行決算に失望

米国株式市場はダウ工業株30種が下落して取引を終えた。米大手銀行の第4・四半期決算が失望され、金融株が大きく下落した。

JPモルガン四半期利益予想上回る、投資銀行好調

米金融大手JPモルガン・チェースが14日発表した2021年第4・四半期決算は、トレーディング収入の落ち込みが響き、14%の減益となった。しかし、投資銀行部門の好調に支援され、1株利益は市場予想を上回った。

ゴールドマン、米従業員のオフィス復帰を2月に延期=BBG

米ゴールドマン・サックスが米国の従業員に対し、オフィス復帰をさらに2週間延期し、2月1日にすると通知したことが分かった。ブルームバーグが13日、関係者の話として報じた。

スイス中銀、大手金融機関とCBDCの実証実験

スイス国立銀行(SNB、中央銀行)は13日、ホールセール型中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験を大手金融機関と実施し、成功を収めたと発表した。

モルガンS、最優秀従業員の賞与20%強引き上げへ=関係者

米金融大手モルガン・スタンレーは、最も優秀な成績を残した従業員に対して、前年より20%余り多い賞与を支給する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

UPDATE 2-米国株式市場=続伸、CPI受け一段の引き締め巡る懸念緩和

(内容を追加しました) [12日 ロイター] - 米国株式市場は続伸して取引を終えた。 この日発表された昨年12月の消費者物価指数(CPI)上昇率は数十 年ぶりの高水準となったものの、市場予想とおおむね一致し、米連邦準 備理事会(FRB)が一段の引き締めを余儀なくされるという懸念が幾 分和らいだ。 グロース(成長)株がバリュー株をアウトパフォームしたことから S&P総合500種とナスダック総合の上昇率がダウ工 業株30種よりも高かった。 S&P主要11セクターでは10セクターが上昇。素材 が約1%高、一般消費財が0.6%高、情報技術が...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up