for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

現在値

208.03USD

変化

2.34(+1.14%)

出来高

669,131

本日のレンジ

206.50

 - 

211.36

52週レンジ

130.87

 - 

250.08

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
205.69
始値
206.70
出来高
669,131
3か月平均出来高
69.10
高値
211.36
安値
206.50
52週高値
250.08
52週安値
130.87
発行済株式数
344.08
時価総額
70,773.03
予想PER
--
配当利回り
2.43

次のエベント

Dividend For GS_pa.N - 0.2396 USD

適時開示

その他

Goldman Poised To Pay More Than $2 Bln In DOJ's 1MDB Probe - Bloomberg News

Goldman Sachs Sees U.S. GDP Contraction Of 3.4% In 2020

Goldman Sachs Reports Third Quarter EPS Of $9.68

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(The Goldman Sachs Group, Inc.)は企業、金融機関、政府、個人に各種金融サービスを提供する投資銀行、証券と投資管理会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。投資銀行事業は財務アドバイザリーと引受事業を含む。機関投資家サービス事業は市場を作り、債券、株式、通貨とコモディティ商品の取引を促進する。投資・貸付活動事業は負債証券とローン、公的・私的株式証券、インフラストラクチャー及び不動産等の各種資産クラスにわたる投資とリレーションシップ・バンキング事業を含む。投資管理事業は投資とウェルス・アドバイザリー・サービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

200 West St

NEW YORK, NY

10282-2102

United States

+1.212.9021000

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Stephen M. Scherr

Chief Financial Officer

Karen P. Seymour

Executive Vice President, General Counsel, Secretary, Head of the Legal Division

John F. W. Rogers

Executive Vice President, Chief of Staff and Secretary to the Board of Directors

統計

2.20 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

32.1K

2018

36.6K

2019

36.5K

2020(E)

41.2K
EPS (USD)

2017

19.760

2018

25.270

2019

21.030

2020(E)

17.842
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.29
株価純資産倍率(四半期)
0.90
株価キャッシュフロー倍率
10.55
総負債/総資本(四半期)
739.95
長期負債/資本(四半期)
262.39
投資利益率(過去12カ月)
1.17
自己資本利益率(過去12カ月)
0.52

最新ニュース

最新ニュース

菅首相、年末までに中間とりまとめ指示 政府の成長戦略会議が初会合

政府は16日、成長戦略を議論する有識者会議「成長戦略会議」の初会合を開催した。ウィズコロナ時代の事業再構築や労働生産性の向上、国際金融都市の実現などを柱に経済成長に向けたシナリオを描く。菅義偉首相は、初会合で「年末までに中間的な取りまとめをお願いしたい」と述べ、関係閣僚に対応を急ぐよう指示した。

コラム:米ウォール街、アジアや欧州に比べ遅れる職場復帰

米ウォール街のトレーダーは「リスク」を引き受けることが生計の道だ。しかし新型コロナウイルスのパンデミックを抑えるために導入されている措置で、例えば職場のデスクに戻って新型コロナ感染の危険を冒すべきかどうかといった判断は、自らコントロールできない。中国、あるいは東京でさえ、ニューヨークに比べると現在オフィスで働く人はずっと多い。ある人には「安全最優先」に聞こえることも、別の人には不満の種になる。

米ゴールドマン、第3四半期は大幅増益 トレーディング部門好調

米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>が14日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、トレーディング部門の好調などを背景に大幅増益となり、市場予想を上回った。

米ゴールドマン、第3四半期は大幅増益 トレーディング部門好調

米ゴールドマン・サックス・グループが14日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、トレーディング部門の好調などを背景に大幅増益となり、市場予想を上回った。

JPモルガン、第3四半期利益が予想上回る 活況な取引寄与

米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>が13日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益が市場予想を大幅に上回った。金融市場の取引が活況だったほか、貸倒引当金が3カ月前の105億ドルから6億1100万ドルに大幅に減少したことが寄与した。

米株反落、ワクチン期待後退 景気対策巡る不透明感も圧迫

米国株式市場は反落。新型コロナウイルスワクチン治験中断を巡るニュースや追加のコロナ経済対策を巡る不透明感がセンチメントを圧迫した。企業の四半期決算も注目された。

JPモルガン、第3四半期利益が予想上回る 活況な取引寄与

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益が市場予想を大幅に上回った。金融市場の取引が活況だったほか、貸倒引当金が3カ月前の105億ドルから6億1100万ドルに大幅に減少したことが寄与した。

米ゴールドマン、財務目標の変更検討 新型コロナ受け

米金融大手ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>が、年初に設定した財務目標の変更を検討していることが、アナリストや内部関係者の話で分かった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、ビジネスモデルの改革がうまく進んでいないという。

値固め、2万4000円を意識 個別は企業決算に注目=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、節目の2万4000円に向けて値固めの動きが想定されている。11月3日の米大統領選挙投票日まで1カ月を切り、トランプ大統領とバイデン前副大統領両候補の動向が注目されるが、大幅に下落するリスクは小さいとの見方が多い。国内企業の7─9月期決算が本格化する中、開示内容を見極めながら個別物色となる展開も予想される。

中国アリババ傘下アントのIPO、ルビオ米上院議員が延期訴える

米共和党のマルコ・ルビオ上院議員は9日、米政府に対し、中国の電子商取引大手アリババ・グループ<9988.HK>傘下の金融会社アント・グループの新規株式公開(IPO)を延期する選択肢を検討すべきだと主張した。

値固め、2万4000円を意識 個別は企業決算に注目=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、節目の2万4000円に向けて値固めの動きが想定されている。11月3日の米大統領選挙投票日まで1カ月を切り、トランプ大統領とバイデン前副大統領両候補者の動向が注目されるが、大幅に下落するリスクは小さいとの見方が多い。国内企業の7─9月期決算が本格化する中、開示内容を見極めながら個別物色となる展開も予想される。

米ウェルズ・ファーゴ、商業銀行部門で人員削減開始

米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>は、商業銀行部門で人員削減を開始した。ほぼすべての業務が影響を受ける幅広い人員削減の一環。広報担当が7日、明らかにした。

英EU通商合意成立の公算、ポンド買い推奨=ゴールドマン

米ゴールドマン・サックスは5日、最近のイベントは英国と欧州連合(EU)が11月初旬までの通商合意に向けて進んでいることを示しているとして、顧客にポンド買いを推奨している。

米ゴールドマン、GMのカード事業を25億ドルで買収へ=WSJ

米ゴールドマン・サックス<GS.N>はゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>のクレジットカード事業を約25億ドルで買収する計画。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、関係筋の話として報じた。

米ゴールドマン、人員削減再開へ 「少数を削減」

米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>は30日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のなか停止していた人員削減を再開する方針を明らかにし、「少数の削減」を進める考えを示した。

大手金融機関、接戦の大統領選に備え 市場混乱を警戒

大手金融機関は、11月の米大統領選結果の判明が遅れ、選挙後の数日、もしくは数週間、各国の株式や債券市場が混乱するリスクを意識し始めているという。

米FRB、大手行の自社株買い禁止・配当制限を20年末まで延長

米連邦準備理事会(FRB)は30日、大手銀行を対象とした現行の資本還元制限を2020年末まで延長すると発表した。大手行は引き続き自社株買いが禁止され、配当支払いに上限が設けられる。

ゲーム開発ソフトのユニティ、米でIPO 目標上回る13億ドル

ゲーム開発ソフトを手掛けるユニティ・ソフトウェア<U.N>が17日、ニューヨークで新規株式公開(IPO)を実施し、目標を上回る13億ドルを調達した。

米CFTCの諮問委、気候変動は金融システム上のリスクと指摘

米商品先物取引委員会(CFTC)の諮問委員会は9日公表の報告書で、気候変動は「ゆっくりと」米国の金融安定にシステミックなリスクをもたらしているとの見解を示し、連邦準備理事会(FRB)や証券取引委員会(SEC)などの当局による緊急の対応が必要だと訴えた。

中国アントIPO、米ゴールドマンがリードマネジャーに=関係筋

中国電子商取引大手アリババ・グループ<BABA.N><9988.HK>傘下の金融会社アント・グループが計画する最大300億ドル規模の新規株式公開(IPO)で、米ゴールドマン・サックス<GS.N>が香港市場上場についての共同リードマネジャーを務める。複数の関係筋の話で分かった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up