for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インク

GS.N

現在値

281.76USD

変化

-1.28(-0.45%)

出来高

691,251

本日のレンジ

280.08

 - 

285.67

52週レンジ

130.87

 - 

309.33

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
283.04
始値
284.31
出来高
691,251
3か月平均出来高
63.77
高値
285.67
安値
280.08
52週高値
309.33
52週安値
130.87
発行済株式数
344.07
時価総額
99,569.78
予想PER
9.94
配当利回り
1.73

次のエベント

Goldman Sachs Technology and Internet Conference (Virtual)

適時開示

その他

Goldman Sachs Reports Q4 EPS Of $12.08

Instacart Says Nick Giovanni Is Joining Co On Jan 27 As New CFO

Buffett says small businesses need help, Solomon expresses concern about IPO euphoria--CNBC

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ゴールドマン・サックス・グループ・インクとは

ゴールドマン・サックス・グループ(The Goldman Sachs Group, Inc.)は企業、金融機関、政府、個人に各種金融サービスを提供する投資銀行、証券と投資管理会社である。【事業内容】同社は4つの事業区分により構成される。投資銀行事業は財務アドバイザリーと引受事業を含む。機関投資家サービス事業は市場を作り、債券、株式、通貨とコモディティ商品の取引を促進する。投資・貸付活動事業は負債証券とローン、公的・私的株式証券、インフラストラクチャー及び不動産等の各種資産クラスにわたる投資とリレーションシップ・バンキング事業を含む。投資管理事業は投資とウェルス・アドバイザリー・サービスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

200 West St

NEW YORK, NY

10282-2102

United States

+1.212.9021000

エグゼクティブリーダーシップ

David M. Solomon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John E. Waldron

President, Chief Operating Officer

Stephen M. Scherr

Chief Financial Officer

Karen P. Seymour

Executive Vice President, General Counsel, Secretary, Head of the Legal Division

John F. W. Rogers

Executive Vice President, Chief of Staff and Secretary to the Board of Directors

統計

2.19 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

36.6K

2019

36.5K

2020

44.6K

2021(E)

40.2K
EPS (USD)

2018

25.270

2019

21.030

2020

24.740

2021(E)

29.122
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.70
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.86
株価純資産倍率(四半期)
1.04
株価キャッシュフロー倍率
9.20
総負債/総資本(四半期)
729.17
長期負債/資本(四半期)
221.88
投資利益率(過去12カ月)
2.08
自己資本利益率(過去12カ月)
0.88

最新ニュース

最新ニュース

コラム:米ゴールドマン、波乱に見舞われつつも目標へ前進

米金融大手ゴールドマン・サックスはデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)が昨年1月に強気の経営目標を打ち出したが、その後の1年の軌跡はさながら人の一生のように波乱に満ちたものだった。2020年決算はトレーディング部門が好調だったが、他のほぼ全部門は厳しい逆風に見舞われ、これに同社が長年受け継いできた悪い慣行が加わり、波瀾万丈の内容となっている。

NY市場サマリー(19日)リスク選好改善しドル下落、米株反発

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが2営業日連続で下落した。バイデン次期大統領が財務長官に指名したイエレン前連邦準備理事会(FRB)議長が議会の指名承認公聴会で景気支援の拡充を提唱したことが歓迎され、リスク選好度が改善したことがドル売りにつながった。

米株反発、イエレン次期財務相が大規模経済対策を支持

米国株式市場は反発して取引を終えた。バイデン次期政権の財務長官に指名されたイエレン前連邦準備理事会(FRB)議長が議会の公聴会で、大規模な経済対策の必要性を訴えた。

ゴールドマン、第4四半期利益が倍増超 トレーディング業務など好調

米ゴールドマン・サックス・グループが19日発表した2020年第4・四半期決算は、利益が倍増超となった。トレーディング部門が好調だったほか、民泊仲介エアビーアンドビーや料理宅配ドアダッシュなどの大型IPO(新規株式公開)案件を追い風に、引き受け業務の手数料収入が急増した。

ゴールドマン、第4四半期利益が倍増超 トレーディング業務など好調

米ゴールドマン・サックス・グループが19日発表した2020年第4・四半期決算は、利益が倍増超となった。トレーディング部門が好調だったほか、民泊仲介エアビーアンドビーや料理宅配ドアダッシュなどの大型IPO(新規株式公開)案件を追い風に、引き受け業務の手数料収入が急増した。

今日の株式見通し=もみあいに終始、手掛かり材料難で連日の薄商い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は薄商いのなか、もみあいに終始するとみられている。オーバーナイトの米国株式市場は休場。海外投資家の参加が少なく、売買代金が膨らみにくい中、積極的な買いは手控えられそうだ。

ゴールドマン、21年米成長率を6.6%に上方修正 新政権の景気対策で

ゴールドマン・サックス・グループは16日に公表したリポートで、バイデン米次期大統領の景気対策が米国の景気回復を後押しすると指摘し、2021年の国内経済成長率予想を6.4%から6.6%に引き上げた。上方修正は今月に入り2度目となる。

JPモルガン、第4四半期利益が予想上回る 貸倒引当金縮小

米金融大手JPモルガン・チェースが15日に発表した2020年第4・四半期決算(12月31日まで)は、貸倒引当金の縮小や投資銀行部門などの好調な業績を追い風に、利益が市場予想を大幅に上回った。

UPDATE 1-JPモルガン、第4四半期利益が予想大幅に上回る 貸倒引当金縮小

米金融大手JPモルガン・チェースが15日に発表した2020年第4・四半期決算(12月31日まで)は、貸倒引当金の縮小や投資銀行部門などの好調な業績を追い風に、利益が市場予想を大幅に上回った。

米ゴールドマン、「マーカス」部門増強に向け買収を検討=関係筋

米金融大手ゴールドマン・サックス・グループは、傘下のコンシューマー・バンキング部門「マーカス」の増強に向け買収を検討している。3人の銀行筋が明らかにした。

原油先物は小幅安、世界のコロナ感染拡大を嫌気

アジア時間の原油先物は小幅に下落。世界の新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念が引き続き相場の重しとなっているが、米国の週間原油在庫が再び減少するとの見方で下値は限定的になっている。

議会乱入で米企業の献金停止相次ぐ、バイデン氏承認反対議員に

トランプ米大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した問題を受け、バイデン氏の大統領選勝利認定に反対した議員への献金を停止する企業が相次いでいる。

米銀、中国軍関連企業への投資商品引き揚げ 米大統領令発効控え

中国軍関連企業への投資を禁じる米大統領令の発効を控え、香港で米金融大手が禁止対象の中国企業への投資を減らしている。

ゴールドマンCEO、年末までに全従業員の職場復帰見込む=通信社

ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は5日、ブルームバーグテレビのインタビューで、主要製薬会社が新型コロナウイルスワクチンを投入している点から考えて、年末までには全従業員が職場復帰を果たせるとの見通しを示した。

イエレン氏、過去2年の講演料収入700万ドル 金融機関などで

米国の次期財務長官に指名されたジャネット・イエレン前連邦準備理事会(FRB)議長が、過去2年間で少なくとも700万ドルの講演料を受け取っていたことが、開示資料で31日、明らかになった。

コラム:効果限定的な米追加対策、バイデン氏に必要な発想の転換

長年にわたってワシントンの政界にどっぷりと漬かってきたバイデン次期米大統領は、そうしたインサイダーとしての思考からもう少し離れた立場に身を置けば、場当たり的な側面が目立つ新型コロナウイルス追加経済対策を根本から作り直せるはずだ。議会がようやくまとめ上げた9000億ドルの対策はないよりましだがなお不十分で、統一性を欠くために効果が限られる。つまり今後さらなる支援が求められるだろうが、次は政治的な意思と発想の転換が是非とも必要だ。

S&P下落、コロナ変異種巡る懸念で 経済対策受け下げ幅縮小

米国株式市場は、S&P総合500種が下落して取引を終えた。ただ一時の大幅な下げからは持ち直した。新型コロナウイルスの変異種を巡る懸念が重しとなる一方、米議会指導部が合意した追加経済対策に支援された。

FRBの健全性審査、全行が基準クリア 自社株買いを容認

米連邦準備理事会(FRB)が18日に発表した大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果は、すべての対象行が最低資本要件をクリアした。FRBは大手行に課していた自社株買いなどを制限する措置を緩和した。

アングル:相次ぐIPO時の過小評価、個人投資家殺到で価格急騰

米株式市場に最近上場した民泊仲介大手・エアビーアンドビー、料理宅配最大手・ドアダッシュは、いずれも取引初日に株価が高騰した。投資銀行関係者によると、今年は個人投資家からかつてないほどの引き合いが来ているため、新規株式公開(IPO)時の価格設定がその後の値上がりに比べると過小評価だったことになる「アンダープライシング」を招かないようにするのが難しいという。

焦点:コロナ禍・EU離脱で「二重苦」、英シティの再起の道は

フィンテック分野の起業家であるルイス・リュー氏にとって、この地球上にロンドンより素晴らしい都市はありえなかった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up