for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジー・エス・ケー

GSK.L

現在値

1,774.20GBp

変化

-7.80(-0.44%)

出来高

3,279,724

本日のレンジ

1,774.00

 - 

1,790.00

52週レンジ

1,215.83

 - 

1,817.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,782.00
始値
1,788.60
出来高
3,279,724
3か月平均出来高
185.80
高値
1,790.00
安値
1,774.00
52週高値
1,817.00
52週安値
1,215.83
発行済株式数
5,083.97
時価総額
90,596.43
予想PER
14.72
配当利回り
4.21

次のエベント

GSK plc at Deutsche Bank dbAccess Global Consumer Conference

適時開示

その他

Glaxosmithkline Confirms It Has Changed Its Name To GSK PLC

GlaxoSmithKline Says 38% Of Votes Cast At AGM Against Resolution To Approve The Remuneration Policy

GSK Says Vishal Sikka Will Join Co's Board As Non-Executive Director

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジー・エス・ケーとは

ジー・エス・ケー(GSK plc)(旧名:GlaxoSmithKline PLC)はグローバルなヘルスケア会社である。【事業内容】人々を助けることにより、人間の生活の質を向上させることに注力する。医薬品、ワクチン、消費者向けヘルスケアの3つのコア事業を通じて事業を展開する。医薬品事業には呼吸器系、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、免疫炎症、腫瘍学における確立された医薬品のポートフォリオがある。患者に革新的な新薬を提供するための免疫学、ヒト遺伝学や高度な技術に焦点を当てる。研究開発事業は高い医療ニーズと市場の可能性を組み合わせた感染症に対するワクチンの開発に焦点を当てる。消費者向けヘルスケア事業は科学と消費者の洞察を組み合わせて、口腔の健康、痛みの緩和、風邪、インフルエンザとアレルギー、消化器の健康、ビタミン、ミネラル、サプリメントの日常のヘルスケアブランドを作成する。処方薬、ワクチン、消費者向けヘルスケア製品を提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

980 Great West Road

TW8 9GS

United Kingdom

+44.20.80475000

https://www.gsk.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jonathan Richard Symonds

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Emma N. Walmsley

Chief Executive Officer, Executive Director

Iain James Mackay

Chief Financial Officer, Executive Director

Roger G. Connor

President - Vaccines and Global Health

Brian McNamara

Chief Executive Officer - GSK Consumer Healthcare

統計

2.63 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2019

33.8K

2020

34.1K

2021

34.1K

2022(E)

36.4K
EPS (GBp)

2019

123.900

2020

115.900

2021

113.200

2022(E)

121.037
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.48
株価純資産倍率(四半期)
5.60
株価キャッシュフロー倍率
10.39
総負債/総資本(四半期)
205.97
長期負債/資本(四半期)
180.62
投資利益率(過去12カ月)
10.85
自己資本利益率(過去12カ月)
7.16

最新ニュース

最新ニュース

欧州経営者の信頼感が大幅低下、ウクライナ戦争で=調査

欧州産業円卓会議(ERT)の調査によると、欧州企業経営者の信頼感は今年上半期に大幅に冷え込んだ。ウクライナ危機やエネルギー価格の高騰が響いた。多くの企業は消費者に価格を転嫁している。

ロンドン株式市場=続伸、中国の新型コロナ規制緩和期待で

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。中国が新型コロナウイルス対策の規制を緩和するとの期待感から買 いが優勢となった。ただ、堅調な英雇用統計を受けたポンドの上昇が相 場の重しとなり、上昇率は欧州株を下回った。 英国の2022年1─3月の失業率は1974年以来の低水準とな った。一方、高インフレの影響でボーナスを除いた実質賃金は前年比で 2013年以来の大幅な落ち込みとなった。 INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は顧客向けメモで「 雇用は引き続き保たれているが、賃金上昇の勢いはやや衰えると思われ る。これは、今後数カ月間はそれほど...

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。製薬株や資源関連株の上昇が相場を支えた。ただ、中国の低調な経済指標を受けて同国経済の減速懸念が強まり、投資家心理は重かった。

ロンドン株式市場=続伸、製薬株や資源関連株が上昇

週明けロンドン株式市場は続伸して取引 を終えた。製薬株や資源関連株の上昇が相場を支えた。ただ、中国の低 調な経済指標を受けて同国経済の減速懸念が強まり、投資家心理は重か った。 英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(G SK)はそれぞれ1.8%、2.5%上昇。石油大手のシェル< SHEL.L>、BPはそれぞれ1.5%、0.9%上げた。 中国が新型コロナウイルスの規制緩和計画を打ち出し、工業用金属 が値上がりしたのを背景にスイスの商品取引・資源大手グレンコア<GLE N.L>、チリ産銅大手アントファガスタはそれぞれ3.4%、2...

欧州市場サマリー(13日)

ドイツ10年債利回りは上昇し0.96%。ただ週間では18bp低下 し、3月第1週以降で最大の低下となる見込み。 アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサIM)のニック・ヘイズ氏は、 ドイツ債利回りはマイナス0.5%近辺から1%まで上昇しており、一服してもおかしく はないとの見方を示した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.0411 1.0414 ドル/円 129.22 128.79 ユーロ/円 134.53 134.15 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値...

ロンドン株式市場=反発、ディフェンシブ銘柄が上昇

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。ディフェンシブ銘柄の上昇が相場全体を押し上げた。ただ、インフ レの高止まりや景気減速への懸念も根強く、投資家心理は重かった。 FTSE100種は週間ベースで0.41%上昇した。 中型株で構成するFTSE250種指数は13日の取引で2. 26%上昇し、週間では0.52%上げた。 FTSE350種銀行株指数は反発し、3.12% 高。英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(G SK)はそれぞれ3.2%、2.5%上昇。シクリカル(景気 循環)銘柄の酒造大手のディアジオ、英日用品のユニリーバ<UL...

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。金融株 や製薬株の上昇が相場を押し上げた。 FTSE350種銀行株指数、保険株指数はそれぞれ 0.33%、0.96%上昇した。 英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(GSK)はそ れぞれ1.0%、0.5%高。英日用品のユニリーバも1.8%上げた。 FTSE100種は国際的な企業で構成されているほか、原油や金属価格に つられて値上がりしている商品株のおかげで、国内企業中心の中型株をアウトパフォーム している。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.41%高。中型株はこれまで 大きく...

ロンドン株式市場=反発、金融や製薬株が上昇

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。金融株や製薬株の上昇が相場を押し上げた。 FTSE350種銀行株指数、保険株指数<.FTNMX3 03010>はそれぞれ0.33%、0.96%上昇した。 英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(G SK)はそれぞれ1.0%、0.5%高。英日用品のユニリー バも1.8%上げた。 FTSE100種は国際的な企業で構成されているほか、 原油や金属価格につられて値上がりしている商品株のおかげで、国内企 業中心の中型株をアウトパフォームしている。 AJベルの金融アナリスト、ダニー・ヒューソン氏は...

再送-コロナワクチン各社、縮小する追加接種市場でさらに競争激化へ

これまでできるだけ多くの新型コロナウイルスワクチンをできるだけ早く供給しようとしてきたメーカー各社がペースを落とし、市場規模がより小さく競争のより厳しい追加接種市場向けの戦略を練るようになっている。

欧州市場サマリー(4日)

独10年債利回りは3.5ベーシスポイント(bp)上昇の0.998 % 。一時は1.036%と、15年6月以来の高水準を付けた。 イタリア10年債利回りは11bp上昇の2.97%と、20年3月以 来の高水準。独伊10年債利回り格差は198.5と、20年5月以来の 水準に拡大した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場終 コード 盤 ユーロ/ドル    1.0538 1.0524 ドル/円 129.97 130.08 ユーロ/円 137.00 136.93 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX...

ロンドン株式市場=反落、製薬と生活必需品株が下落

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。生活必需品株と製薬株の下落が相場を圧迫した。投資家は、米連邦準 備理事会(FRB)が4日午後に発表する政策金利の決定に注目してい る。 英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(G SK)はそれぞれ1.7%、1.3%下落。酒造大手のディア ジオ、英日用品のユニリーバは1.8%、1.0%下 げた。 FTSE350種鉱業株指数は1.57%安。リベ ルムが投資判断を引き下げた資源大手のリオ・ティント、アン グロ・アメリカンがそれぞれ2.7%、2.0%下落したのが 相場を押し下げた。 一方、欧州連合...

ロンドン株式市場=反発、商品株や銀行株が押し上げ

ロンドン株式市場は反発して取引を終えた 。商品株や銀行株が買われたのが相場を押し上げた。 石油大手のBP、シェル、英資源大手アングロ・ア メリカンが3.7─4.8%上昇。FTSE100種は 約2カ月ぶりの高値水準を付けた。 NNインベストメント・パートナーズの欧州株式責任者、マールテ ン・ギールディンク氏は「FTSE100の構成が、市場が好調な最大 の理由だ」とし、「現在の商品の状況は大きく異なっている。もしイン フレのリスクを回避したいのであれば、商品関連を買いたいのは株投資 家としての自然な反応だ」と述べた。 原油や金属価格の高騰を...

ロンドン株式市場=続落、シェル株が売られる

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。ロシア事業撤退に伴う評価損の計上を決めた石油大手のシェル<SHEL. L>が2.1%下落し、相場全体を押し下げた。評価損は最大50億ドル になるという。 米連邦準備理事会(FRB)のタカ派的な姿勢や、インフレ加速の 要因となっているウクライナ紛争で景気減速への懸念が広がり、石油・ ガス株、鉱業株、銀行株、保険株などの幅広い業種が下落した。 ブルックス・マクドナルド・アセット・マネジメントの投資責任者 、エドワード・パーク氏は「(FRBが6日発表した)米連邦公開市場 委員会(FOMC)議事要旨は、...

ロンドン株式市場=反落、米利上げ懸念で売り

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。米国の積極的な金融引き締めに対する懸念に加え、西欧諸国の対ロシ ア経済制裁による景気減速への警戒感も広がり、売りが優勢となった。 英日用品のユニリーバは1.1%安。バークレイズによる 目標株価の引き下げが嫌気された。 ただ、生活必需品株が上昇したため、相場の下げ幅は限定的だった 。英製薬のアストラゼネカは1.2%上げた。たばこのインペ リアル・ブランズは3.3%上昇し、上半期の利益見通しを引 き上げたことが好感された。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(B AT)も2.4%上げた。 市場参加者は...

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。製薬株や公益株が買われて相場を支えた。投資家は、ウクライナに侵攻したロシアに対する西欧諸国による追加経済制裁の行方を注視している。

ロンドン株式市場=続伸、製薬株や公益株が上昇

ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。製薬株や公益株が買われて相場を支えた。投資家は、ウクライナに侵 攻したロシアに対する西欧諸国による追加経済制裁の行方を注視してい る。 英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(G SK)がそれぞれ1.9%、3.1%上昇した。 エネルギー供給会社SSE、英水道事業のユナイテッド・ ユーティリティーズ、英電力・ガス供給のナショナル・グリッド は3.5─3.6%上げた。 FTSE350種石油・ガス株指数は0.59%高 。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要減少への懸念が広がる中、 欧州連合...

ロンドン株式市場=反発、停戦交渉進展の兆しで

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。ロシアとウクライナの停戦交渉に進展の兆しがあることから投資家 心理が改善し、相場を支援した。 金融大手のHSBC、保険大手プルーデンシャル はそれぞれ1.6%、5.3%上昇。生活必需品株の酒造大手ディアジ オ、英日用品ユニリーバはそれぞれ1.6%、3.0 %上げた。 イスタンブールで開かれたロシアとウクライナの停戦交渉後、ウク ライナのキエフとチェルニヒウ近郊での軍の展開を大幅に縮小すること を決めたとロシアの国防次官が明らかにし、投資家心理が改善した。 また、ウクライナ側の交渉担当者は29日の...

ロンドン株式市場=反落、エネルギー株に売り

個別銘柄では、英銀大手のバークレイズが4.1%下落。 仕組み債の販売に関するミスで約4億5000万ポンド(5億9180 億ドル)の損失を計上したと発表し、自社株買いが遅れるとの見通しを 示したことが嫌気された。 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7473.14 -10.21 -0.14 7483.35 (ーからご覧ください)

ロンドン株式市場=続伸、商品関連株が堅調

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。商品関連株や生活必需品株が堅調に推移し、相場を支えた。ただ、 高インフレによる景気減速への懸念も強く、相場の上げ幅は限られた。 ミサイル攻撃によりサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ の施設で火災が発生したと伝わり、原油価格が値上がりしたことを背景 に石油大手のシェル、BPがそれぞれ1.4%、0.6 %上昇した。 ドルで利益を上げる企業も買われ、酒造大手のディアジオ 、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)はそれぞれ 1.9%、1.2%上げた。 FTSE100種は週間ベースで1.06...

UPDATE 1-ロンドン株式市場=反発、製薬株が相場押し上げ

(表を追加しました) [24日 ロイター] - ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。製薬株や生活必需品株が買われたのが相場を押し上げた。ただ、高 インフレやウクライナ危機の影響に対する懸念が投資家心理の重しとな り、中型株で構成するFTSE250種指数は0.52%安で 引けた。 英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(G SK)はそれぞれ1.1%、0.8%上昇。アストラゼネカは 、新型コロナウイルス感染予防のために開発した抗体医薬の使用を、欧 州の医薬品規制当局が12歳以上を対象に承認したことが好感された。 ポンドの下落...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up