for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GlaxoSmithKline plc

GSK.L

現在値

1,590.00GBp

変化

17.00(+1.08%)

出来高

1,002,546

本日のレンジ

1,578.80

 - 

1,590.40

52週レンジ

1,328.19

 - 

1,857.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,573.00
始値
1,585.20
出来高
1,002,546
3か月平均出来高
149.92
高値
1,590.40
安値
1,578.80
52週高値
1,857.00
52週安値
1,328.19
発行済株式数
5,017.35
時価総額
79,545.02
予想PER
13.44
配当利回り
6.24

次のエベント

Dividend For GSK.L - 19.0000 GBX

適時開示

その他

GSK says Sanofi, Co In Advanced Discussions With EU To Supply Up To 300 Mln Doses Of Covid-19 Vaccine

Sanofi, GSK Selected For Operation Warp Speed To Supply U.S. Government With 100 Mln Doses Of Covid-19 Vaccine​

GSK Could Maximize Target of 1 Bln Adjuvant Doses Based On Trial Data

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GlaxoSmithKline plcとは

グラクソスミスクライン(GlaxoSmithKline PLC)は、グローバルのヘルスケア会社である。【事業内容】同社は医薬品とワクチンの2つの事業セグメントで事業を展開する。同社は、呼吸器疾患、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)/感染症、ワクチン、免疫炎症、腫瘍学及び希少疾患の6つの分野にわたる研究に注力する。同社は多種な処方薬やワクチン製品を生産する。医薬品セグメントは、多種な急性・慢性疾患を治療するための医薬品を発見・開発・商業化する。ワクチンセグメントは、乳幼児、成人及び高齢者にワクチンを提供する。同社は呼吸器とHIVの薬のポートフォリオを持つ。医薬品セグメントには、呼吸器系、HIV、特殊製品、及びクラシックと既製品が含まれる。ワクチンセグメントは、40以上の小児用、青年用、成人用、高齢者用、旅行用ワクチンのポートフォリオを持つ。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

G S K House, 980 Great West Road

TW8 9GS

United Kingdom

+44.20.80475000

https://www.gsk.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jonathan Richard Symonds

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Emma N. Walmsley

Chief Executive Officer, Executive Director

Iain James Mackay

Chief Financial Officer, Executive Director

Roger G. Connor

President - Vaccines

Brian McNamara

Chief Executive Officer - GSK Consumer Healthcare

統計

2.54 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2017

30.2K

2018

30.8K

2019

33.8K

2020(E)

35.3K
EPS (GBp)

2017

111.800

2018

119.400

2019

123.900

2020(E)

117.923
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.27
株価純資産倍率(四半期)
5.78
株価キャッシュフロー倍率
10.02
総負債/総資本(四半期)
233.13
長期負債/資本(四半期)
189.26
投資利益率(過去12カ月)
15.87
自己資本利益率(過去12カ月)
9.92

最新ニュース

最新ニュース

アングル:新型コロナ、次の革命的療法は「人工抗体」か

世界は今、新型コロナウイルスのワクチンを待望しているところだが、次の大きな前進はがんなどの治療に広く用いられている生命工学的な抗体療法から得られるかもしれない。

EU、新型コロナワクチン調達巡り仏サノフィと協議

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>と英グラクソ・スミスクライン<GSK.L>は31日、共同開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、欧州連合(EU)に最大3億回分供給する方向で協議が進展していると明らかにした。

米、サノフィ・GSKからコロナワクチン5000万人分確保 21億ドル

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>と英グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は31日、両社が共同開発している新型コロナウイルスワクチンについて、米政府が21億ドルを支払い5000万人分を確保したと明らかにした。

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 横ばいで取引を終えた。投資家 は米議会と米連邦準備理事会(FRB)による追加の新型コロナウイルス対策を注視して いる。軟調な決算を発表した銘柄は下落した。 製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は3.2%下落し、約15週 間ぶりの安値を付けた。新型コロナの影響で第2・四半期利益が市場予想を下回ったこと が嫌気された。FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数は1.82 %下落した。 銀行大手のバークレイズは6.1%下落した。新型コロナのパンデミック( 世界的大流行)の影響で貸し倒れが増える可能性から、予想を超...

ロンドン株式市場=横ばい、軟調な決算が重し

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6131.46 +2.20 +0.04 6129.26 ロンドン株式市場は横ばいで取引を終えた。投資家は米議会と米連 邦準備理事会(FRB)による追加の新型コロナウイルス対策を注視し ている。軟調な決算を発表した銘柄は下落した。 製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は3.2% 下落し、約15週間ぶりの安値を付けた。新型コロナの影響で第2・四 半期利益が市場予想を下回ったことが嫌気された。FTSE350製薬 ・バイオテクノロジー株指数は1.82%下落した。 銀行大手...

仏サノフィ、通年の利益予想引き上げ 第2四半期は減収増益

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>は29日、2020年の利益見通しを引き上げた。第2・四半期決算がコスト削減と米製薬会社リジェネロン<REGN.O>株の売却で増益となったことを受けた。

英政府、サノフィ・GSKとコロナワクチン供給契約を締結

英政府は29日、仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>と英同業グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>が共同開発中の新型コロナウイルスのワクチン候補を最大6000万回分確保する契約に調印したことを明らかにした。

EUのコロナワクチン調達交渉が難航、賠償費用面など一致せず

新型コロナウイルスワクチンを巡る欧州連合(EU)と個別の製薬会社との交渉は、賠償費用や支払い方法などを巡って折り合いがつかず、難航しているもようだ。

独キュアバック、米IPO申請 新型コロナワクチン開発に注力

独バイオ医薬企業キュアバックは24日、米国市場での新規株式公開(IPO)に向けた申請を行ったことを発表した。

EXCLUSIVE-EU、WHO主導のコロナワクチン調達に無関心

新型コロナウイルスワクチンを巡り、欧州連合(EU)が世界保健機関(WHO)主導の調達枠組みへの参加に関心を示していないことが、複数の関係者の話で分かった。同枠組みはスピードが遅い上に割高であるため、EUは個別の製薬会社と交渉中で、こうした動きはWHOの取り組みに水を差しかねないという。

UPDATE 1-EXCLUSIVE-EU、コロナワクチン調達でモデルナやJ&Jらと交渉

欧州連合(EU)が新型コロナウイルスワクチン候補の調達に向け、米製薬モデルナや仏サノフィ、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、独ビオンテック 、独キュアバックと交渉していることが、関係筋2人の話で分かった。

EXCLUSIVE-EU、コロナワクチン調達でモデルナやサノフィらと交渉

欧州連合(EU)が新型コロナウイルスワクチンの調達に向け、米製薬モデルナ<MRNA.O>や仏サノフィ<SASY.PA>、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>、独ビオンテック<22UAy.F> <BNTX.O>、独キュアバックと交渉していることが、関係筋2人の話で分かった。

欧州株式市場=反落、軟調な決算や新型コロナ感染の増加で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 372.13 -1.74 -0.47 373.87 FTSEユーロファースト 1450.61 -5.78 -0.40 1456.39 300種 ユーロSTOXX50種 3365.35 -12.86 -0.38 3378.21 欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算や、新型コロナウイ ルスの感染件数の増加が売り材料となった。ただ欧州の復興基金につい て協議する欧州連合(EU)首脳会議を控え、終盤にかけて下落幅を圧 縮した。 欧州中央銀行(ECB)は政策決定会合...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 上昇して取引を終えた。新型コ ロナウイルスワクチン開発進展の兆候で、パンデミック(世界的大流行)後の迅速な経済 回復への期待が高まった。 英オックスフォード大学が開発を進める新型コロナのワクチンに関する朗報が近いう ちに発表される可能性があるとする報道を受け、ライセンス供与されている製薬のアスト ラゼネカが5.2%上昇し、FTSE100種の最大の押し上げ要因となった。 製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は2.9%高だった。米食品 医薬品局(FDA)の諮問委員会がGSKが開発中の血液がん治療薬の承認を支持した...

欧州株式市場=反発、旅行株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 373.87 +6.47 +1.76 367.40 FTSEユーロファース 1456.39 +23.66 +1.65 1432.73 ト300種 ユーロSTOXX50種 3378.21 +56.82 +1.71 3321.39 <.STOXX50E > 欧州株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン開発で進展が あったとする報道を受け、旅行株が急上昇した。 ドイツの航空大手ルフトハンザと欧州格安航空会社(LCC)大手ライア ンエア、ブリティッシュ・エアウェイズ...

ロンドン株式市場=上昇、新型コロナワクチンへの期待で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6292.65 +112.9 +1.83 6179.75 0 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチン開発進展の 兆候で、パンデミック(世界的大流行)後の迅速な経済回復への期待が高まった。 英オックスフォード大学が開発を進める新型コロナのワクチンに関する朗報が近いう ちに発表される可能性があるとする報道を受け、ライセンス供与されている製薬のアスト ラゼネカが5.2%上昇し、FTSE100種の最大の押し上げ要因となった。 製薬大手グラクソ・スミスクライン...

欧州株式市場=反落、テクノロジー株売られる

金融大手INGの首席エコノミスト、カーステン・ブルゼスキ氏は 「最新のZEW指標は、ドイツの経済回復がどのような展開となるかを 表す。ドイツ経済が安定してきていることを示す新たな兆しだ」と述べ た。 銀行株指数は日中から下落幅を圧縮して取り引きを終えた 。米金融大手JPモルガン・チェースが発表した第2・四半期 利益が51%減と、予想ほど落ち込まなかったことが材料視された。 (ーからご覧ください)

田辺三菱系のメディカゴ、コロナワクチン初期治験開始 植物由来

カナダのバイオ医薬品開発会社のメディカゴは14日、新型コロナウイルスワクチンの初期治験を開始したと発表した。

欧州株式市場=反発、新型コロナワクチンへ期待

ETXキャピタルのアナリスト、マイケル・ベイカー氏は「ワクチンの発売が早けれ ば早いほど、各国は自信を持って経済活動を完全に再開でき、回復へ向かえる」と述べた 。両社が大量生産する能力があることも楽観の一因だと付け加えた。 好決算を発表したノルウェーのDNB銀行は9.9%高だった。セキュリテ ィー会社G4Sは9.3%上昇。上半期利益が市場予想を超えるとの見方を示し たことが好感された。 欧州中央銀行(ECB)には目立った動きはないが、欧州連合(EU)は17ー18 日に会合を開き、7500億ユーロ規模の復興基金の詳細について合意を目指す。...

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

英国は、欧州連合(EU)による24億ユーロ(27億ドル)の新型コロナウイルスワクチン事前買い取り案への不参加を表明した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up