for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GlaxoSmithKline plc

GSK.L

現在値

1,291.80GBp

変化

-12.40(-0.95%)

出来高

8,312,632

本日のレンジ

1,284.00

 - 

1,305.20

52週レンジ

1,284.00

 - 

1,857.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,304.20
始値
1,295.20
出来高
8,312,632
3か月平均出来高
133.72
高値
1,305.20
安値
1,284.00
52週高値
1,857.00
52週安値
1,284.00
発行済株式数
5,017.38
時価総額
64,814.45
予想PER
--
配当利回り
7.66

次のエベント

Dividend For GSK.L - 19.0000 GBX

適時開示

その他

GSK Nucala Filings Accepted By EMA For Three Additional Eosinophil-Driven Diseases

GSK's Zejula Get EC Approval As First-Line Monotherapy Maintenance Treatment In Advanced Ovarian Cancer

GSK Sees FY2020 Adj EPS At Lower End Of -1% To -4% Range At CER

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GlaxoSmithKline plcとは

グラクソスミスクライン(GlaxoSmithKline PLC)は、グローバルのヘルスケア会社である。【事業内容】同社は医薬品とワクチンの2つの事業セグメントで事業を展開する。同社は、呼吸器疾患、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)/感染症、ワクチン、免疫炎症、腫瘍学及び希少疾患の6つの分野にわたる研究に注力する。同社は多種な処方薬やワクチン製品を生産する。医薬品セグメントは、多種な急性・慢性疾患を治療するための医薬品を発見・開発・商業化する。ワクチンセグメントは、乳幼児、成人及び高齢者にワクチンを提供する。同社は呼吸器とHIVの薬のポートフォリオを持つ。医薬品セグメントには、呼吸器系、HIV、特殊製品、及びクラシックと既製品が含まれる。ワクチンセグメントは、40以上の小児用、青年用、成人用、高齢者用、旅行用ワクチンのポートフォリオを持つ。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

G S K House, 980 Great West Road

TW8 9GS

United Kingdom

+44.20.80475000

https://www.gsk.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jonathan Richard Symonds

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Emma N. Walmsley

Chief Executive Officer, Executive Director

Iain James Mackay

Chief Financial Officer, Executive Director

Roger G. Connor

President - Vaccines

Brian McNamara

Chief Executive Officer - GSK Consumer Healthcare

統計

2.50 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2017

30.2K

2018

30.8K

2019

33.8K

2020(E)

34.7K
EPS (GBp)

2017

111.800

2018

119.400

2019

123.900

2020(E)

115.951
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.20
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.89
株価純資産倍率(四半期)
4.54
株価キャッシュフロー倍率
9.06
総負債/総資本(四半期)
197.73
長期負債/資本(四半期)
163.33
投資利益率(過去12カ月)
13.61
自己資本利益率(過去12カ月)
8.61

最新ニュース

最新ニュース

欧州でインフルワクチン不足、コロナと「ツインデミック」リスク

欧州の一部都市でインフルエンザの予防接種への需要が急増してワクチンが不足しており、新型コロナウイルスとインフルエンザの両方の感染が広がる「ツインデミック」が起きるリスクが高まっている。

韓国、インフル予防接種中止せず 「死亡原因の可能性低い」

韓国の保健当局者は22日、若者と高齢者1900万人を対象とした無料のインフルエンザ予防接種プログラムを中止しない考えを示した。過去数日間で少なくとも13人が接種を受けた後に死亡しており、中止を求める声が強まっている。

ノーベル化学賞に仏米女性2人、遺伝子改変の「はさみ」開発

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、遺伝子を改変する「はさみ」を開発し、がんの新たな治療に貢献したほか、遺伝性疾患の治療の可能性を見いだした女性研究者2人に授与すると発表した。

英GSK、コロナ抗体医薬の初期治験拡大 安全性確認

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>と米バイオテクノロジー会社のウィル・バイオテクノロジー<VIR.O>は、共同開発している新型コロナウイルス感染症向け抗体医薬の安全性が確認されたため、臨床試験(治験)を拡大する。

EU、コロナワクチン確保へさらに多くの企業と交渉=欧州委員長

欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は2日、EUが新型コロナウイルスのワクチン確保に向けて、さらに多くの企業と交渉していると語った。一方、欧州で新型コロナの感染者数が再び増加していることについて「心配だ」と述べた。

コロナワクチン、21年に広く利用へ GSKトップが楽観的見方

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>のウォルムスリー最高経営責任者(CEO)は29日、新型コロナウイルスワクチンが来年、広く利用可能になるとの楽観的な見通しを示した。

世界の新型コロナ死者数、実際はより多い可能性=WHO

世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は28日、新型コロナウイルス感染症による世界の公式な死者数はおそらく実際の死者数よりも少なく見積もられていると述べた。

アストラゼネカのコロナ治験中断「珍しくない」、専門家ら指摘

英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>が新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を世界的に中断したことについて、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は9日、残念ではあるが、ワクチン開発における安全対策としては珍しくないという考えを示した。

欧米製薬9社、コロナワクチン開発で科学的な基準順守 共同声明

新型コロナウイルスワクチンの開発競争が加速し安全性への懸念が台頭する中、欧米の製薬会社9社は8日、開発中のワクチンの免疫効果を巡る科学的な基準を守るとする共同声明を発表した。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 反発して終了した。製薬大手のアストラゼネカ<AZN.L>とグラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>がそれぞれ新型コロナウイルスワクチンに関連するニュースで買われたことに加え、英ポンド安が輸出株の上昇につながった。

欧州株式市場=反発、経済指標やコロナワクチン巡る進展で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 367.97 +6.04 +1.67 361.93 FTSEユーロファース 1426.00 +23.09 +1.65 1402.91 ト300種 ユーロSTOXX50種 3314.07 +53.48 +1.64 3260.59 <.STOXX50E > 欧州株式市場は3営業日ぶりに反発。米国市場が休場となる中、経済指標や新型コロ ナウイルスワクチンを巡る進展が材料となった。 豪政府は7日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同 で開発中のコロナワクチン...

ロンドン株式市場=反発、コロナワクチンで製薬上昇 ポンド安で輸出株に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5937.40 +138.32 +2.39 5799.08 ロンドン株式市場は、反発して終了した。製薬大手のアストラゼネ カとグラクソ・スミスクライン(GSK)がそれぞれ新 型コロナウイルスワクチンに関連するニュースで買われたことに加え、 英ポンド安が輸出株の上昇につながった。 FTSE100種はこれまで3週連続で下落していたが、 この日は上昇。FTSE250種も反発した。ただ米市場が祝 日のため休場となっていることで、商いは薄かった。 英国のジョンソン首相が、10...

仏サノフィと英GSK、コロナワクチンの臨床試験開始

製薬大手の仏サノフィ<SASY.PA>と英グラクソ・スミスクライン(GSK)はタンパク質ベースの新型コロナワクチン候補の臨床試験を開始したと発表した。12月までに最終試験段階への到達を目指す。

英GSK、コロナ抗体医薬の初期治験開始へ 米ウィルと共同開発

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は31日、米バイオテクノロジー会社のウィル・バイオテクノロジー<VIR.O>と共同で新型コロナウイルス感染症治療薬として開発している抗体医薬について、初期の臨床試験(治験)を開始すると発表した。

EXCLUSIVE-仏サノフィ、新型コロナワクチンに自信=CEO

フランス製薬大手サノフィ<SASY.PA>のハドソン最高経営責任者(CEO)は28日のロイターのインタビューで、同社は新型コロナウイルスワクチン開発に自信を強めていると話した。ワクチン候補の臨床試験(治験)開始に向けた準備を進めていることが背景。

EU、米モデルナと予備交渉終了 コロナワクチン供給で5社目

欧州連合(EU)は24日、新型コロナウイルスワクチンの供給を巡り、米バイオ医薬大手のモデルナ<MRNA.O>との予備交渉が終了したと明らかにした。

コラム:加速するワクチン開発、残る多くの疑問点

アストラゼネカ<AZN.L>、ファイザー<PFE.N>などの製薬企業グループが、新型コロナウイルスに対するワクチンについて規制当局からの承認を得られる日も近いかもしれない。米連邦議会予算局の試算によれば、今回のパンデミックによって生じるコストは米国だけでも約8兆ドル(約855兆円)とされているが、ワクチン開発が成功すれば危機の緩和も見えてくる。

欧州株式市場=続落、英国の入国者隔離対策を嫌気

フランスのCAC40指数は1.58%下落。フランスの 航空大手エールフランスKLMは5.8%安だった。 米国と中国の小売売上高が軟調だったことも相場を押し下げた。そ の他、ユーロ圏の第2・四半期の就業者数と国内総生産(GDP)が過 去最大の落ち込みを記録した。 米中関係が緊迫化する中、近く開かれる米中貿易交渉が不安視され ている。米国株を過去最高値へ押し上げる主な材料となった米国の景気 刺激策の交渉が進展していないことも懸念材料だ。 こうした中、欧州株は週間ベースで2週連続のプラスとなった。金 融システムに大量の資金が入っていることや、...

英政府、J&Jとノババックスとコロナワクチン購入契約

英政府は、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とノババックス<NVAX.O>の米製薬2社から新型コロナウイルス感染症ワクチン候補を購入する契約を締結した。これで英政府のワクチン購入契約は6件となった。

コロナワクチン開発のキュアバック、IPOで2.13億ドル調達=関係筋

新型コロナウイルスのワクチンを開発する独キュアバック<CVAC.O>は13日、ニューヨーク市場で新規株式公開(IPO)を行い、2億1300万ドルを調達した。関係者が明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up