for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GlaxoSmithKline plc

GSK.L

現在値

1,395.00GBp

変化

-2.60(-0.19%)

出来高

8,916,038

本日のレンジ

1,390.00

 - 

1,405.00

52週レンジ

1,190.80

 - 

1,548.08

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,397.60
始値
1,403.80
出来高
8,916,038
3か月平均出来高
121.82
高値
1,405.00
安値
1,390.00
52週高値
1,548.08
52週安値
1,190.80
発行済株式数
5,031.73
時価総額
70,323.48
予想PER
13.80
配当利回り
5.72

次のエベント

GlaxoSmithKline PLC at Bank of America Global Healthcare Conference (Virtual)

適時開示

その他

SK Bio, GSK Start Late-Stage COVID-19 Vaccine Trial

Australia's Health Department Says It Has Approved Glaxosmithkline's COVID-19 Treatment, Sotrovimab (Xevudy)

iTeos Therapeutics's Unit Got Upfront Payment Of $625 Mln From Glaxosmithkline Intellectual Property Limited

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GlaxoSmithKline plcとは

グラクソスミスクライン(GlaxoSmithKline PLC)は、グローバルのヘルスケア会社である。【事業内容】同社は医薬品とワクチンの2つの事業セグメントで事業を展開する。同社は、呼吸器疾患、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)/感染症、ワクチン、免疫炎症、腫瘍学及び希少疾患の6つの分野にわたる研究に注力する。同社は多種な処方薬やワクチン製品を生産する。医薬品セグメントは、多種な急性・慢性疾患を治療するための医薬品を発見・開発・商業化する。ワクチンセグメントは、乳幼児、成人及び高齢者にワクチンを提供する。同社は呼吸器とHIVの薬のポートフォリオを持つ。医薬品セグメントには、呼吸器系、HIV、特殊製品、及びクラシックと既製品が含まれる。ワクチンセグメントは、40以上の小児用、青年用、成人用、高齢者用、旅行用ワクチンのポートフォリオを持つ。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

G S K House, 980 Great West Road

TW8 9GS

United Kingdom

+44.20.80475000

https://www.gsk.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jonathan Richard Symonds

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Emma N. Walmsley

Chief Executive Officer, Executive Director

Iain James Mackay

Chief Financial Officer, Executive Director

Roger G. Connor

President - Global Vaccines

Brian McNamara

Chief Executive Officer - GSK Consumer Healthcare

統計

2.55 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2018

30.8K

2019

33.8K

2020

34.1K

2021(E)

33.4K
EPS (GBp)

2018

119.400

2019

123.900

2020

115.900

2021(E)

101.220
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.07
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.14
株価純資産倍率(四半期)
4.57
株価キャッシュフロー倍率
11.46
総負債/総資本(四半期)
165.72
長期負債/資本(四半期)
132.94
投資利益率(過去12カ月)
9.78
自己資本利益率(過去12カ月)
6.27

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=続落、ポンド高で3週間ぶり下落幅

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。ポンド高と経済成長の鈍化に対する懸念が相場を圧迫した。 FTSE100種は下落幅は3週間ぶりの大きさとなり、 特に生活必需品株や製薬株の値下がりが目立った。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.21%下落 。 ポンドの上昇を受けてドルで利益を上げる生活必需品株などが下が り、英日用品のユニリーバやブリティッシュ・アメリカン・タ バコ(BAT)、たばこのインペリアル・ブランズが 1.4%─1.6%値下がりした。 ジョンソン首相は今週、医療と社会福祉の財源不足の危機に対応す るために株主への配当金課税...

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。製薬や銀行株の下落が響いた。 英製薬のアストラゼネカや製薬大手グラクソ・スミスクラ イン(GSK)が売られ、FTSE350種製薬・バイオテク ノロジー株指数が下げた。 銀行株指数は1.19%下落。モルガン・スタンレ ーによる株価目標の引き下げが嫌気され、英銀大手のバークレイズ<BAR C.L>とロイズがそれぞれ、1.6%と2.0%値下がりした。 FTSE100種は今年10%上昇しているが、新型コロナウイル ス変異株「デルタ株」のまん延と、サプライチェーンの問題が経済成長 の...

ロンドン株式市場=続落、製薬や銀行株の下落響く

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。製薬や銀行株の下落が響いた。 英製薬のアストラゼネカや製薬大手グラクソ・スミスクラ イン(GSK)が売られ、FTSE350種製薬・バイオテク ノロジー株指数が下げた。 銀行株指数は1.19%下落。モルガン・スタンレ ーによる株価目標の引き下げが嫌気され、英銀大手のバークレイズ<BAR C.L>とロイズがそれぞれ、1.6%と2.0%値下がりした。 FTSE100種は今年10%上昇しているが、新型コロナウイル ス変異株「デルタ株」のまん延と、サプライチェーンの問題が経済成長 の減速につながるとの懸念...

欧州市場サマリー(7日)

ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.1847 1.1874 ドル/円 110.17 109.90 ユーロ/円 130.53 130.50 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 472.87 -2.32 -0.49 475.19 FTSEユーロファースト 1821.56 -8.37 -0.46 1829.93 300種 ユーロSTOXX50種 4225.01 -21.12 -0.50 4246.13 FTSE100種 7149.37 -37.81...

ロンドン株式市場=反落、ヘルスケアや金融に売り

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。製薬・バイオテクノロジー株や投資銀行・証券株が売られ、相場を押 し下げた。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数が 1.50%下落。英製薬のアストラゼネカが2.0%、製薬大 手グラクソ・スミスクライン(GSK)が1.2%それぞれ値 下がりした。 また、投資銀行・証券株も1.04%下落。世界最 大の金融仲介会社TP・ICAPが上半期の利益を下方修正 し、10.7%下落したのが響いた。 ジョンソン英首相は医療や社会福祉の財源危機に対応するため、労 働者、雇用主、一部の投資家に対する増税案を発表...

GSK、コロナ治療薬として「ソトロビマブ」承認を厚労省に申請

グラクソ・スミスクライン(GSK)は6日、モノクローナル抗体「ソトロビマブ」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。特例承認の適用を希望している。

GSKとSKバイオ、新型コロナワクチン候補の後期試験を開始

製薬大手の英GSKと韓国のSKバイオサイエンスは31日、新型コロナウイルスのワクチン候補の後期試験を開始したことを明らかにした。

米、来春までにコロナ制御も ワクチン接種拡大なら=ファウチ氏

米大統領首席医療顧問を務めるファウチ国立アレルギー・感染症研究所所長は24日、新型コロナウイルスワクチンの正式承認がさらに進み、ワクチン接種が一段と拡大すれば、米国は来年初旬までに新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を制御できるとの認識を示した。

欧州市場サマリー(17日)

INGのアナリストは「市場の注目は米経済指標に集まっている」と述べた。 独10年債利回りは一時3ベーシスポイント(bp)低下し、8月5日 以来初めてECBの中銀預金金利を下回った。終盤の取引では、ほぼ横ばいのマイナス0 .47%。 イタリア10年債利回りは1bp上昇の0.58%。独伊10年債利回 り格差は104bp。 コメルツバンクの金利戦略部門責任者、マイケル・レイスター氏は、昨夏に比べEC Bが高水準の債券買い入れを実施していることもユーロ圏国債利回りの低下要因になって いるとの見方を示した。 発行市場ではドイツが新発2年債の入札を...

ロンドン株式市場=反発、エネルギーや製薬銘柄買われる

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。比重の大きいエネルギーや製薬銘柄が買われ全体水準を押し上げた 。英豪系資源大手BHPの好決算や、英経済が安定的に回復しているこ とを示す雇用情勢を受け、市場心理が好転した。 原油価格が持ち直したことで石油大手のBPとロイヤル・ダ ッチ・シェルが値を上げた。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数は 1.27%上昇した。製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<G SK.L>とアストラゼネカ、ジェネリック医薬品メーカー、ヒクマ ・ファーマシューティカルズが1.1%から2.4%値を上げ た。...

独仏、9月にワクチン追加接種実施へ WHOの先送り要請従わず

ドイツとフランスは9月から新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を実施する。世界保健機関(WHO)は追加接種を最低でも9月末まで見送るよう呼び掛けているが、それには従わない方針だ。

独仏、9月にワクチン追加接種実施へ WHOの先送り要請従わず

ドイツとフランスは9月から新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を実施する。世界保健機関(WHO)は追加接種を最低でも9月末まで見送るよう呼び掛けているが、それには従わない方針だ。

仏サノフィ、米トランスレート・バイオ買収へ mRNA分野を強化

仏製薬大手サノフィは、米バイオテクノロジー企業トランスレート・バイオを買収することで合意した。新型コロナウイルスワクチン開発で出遅れたサノフィは、トランスレート・バイオ買収で次世代技術とされるメッセンジャーRNA(mRNA)分野を強化する。

独ビオンテック、mRNA型マラリアワクチンの開発目指す

米製薬大手ファイザーと新型コロナウイルスワクチンの共同開発に成功したドイツのバイオ医薬品会社ビオンテックは26日、この経験を生かしてメッセンジャーRNA(mRNA)技術に基づく初のマラリア予防ワクチンを開発し、2022年末までに臨床試験を開始する目標を明らかにした。

欧州医薬品庁、サノフィ・GSKのコロナワクチン逐次審査開始

欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は20日、仏サノフィと英グラクソ・スミスクライン(GSK)が共同開発する新型コロナウイルスワクチンのローリング・レビュー(逐次審査)を開始したと発表した。

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。鉱業株が軟調だったことや、新型コロナウイルス感染の急増により経済活動再開への期待が後退した。

ロンドン株式市場=続落、軟調な鉱業株と新型コロナ感染急増で

(26日から表は本文の下に表示します) [16日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7008.09 -3.93 -0.06 7012.02 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。鉱業株が軟調だったこ とや、新型コロナウイルス感染の急増により経済活動再開への期待が後 退した。 FTSE350種工業用金属指数と貴金属株指数<. FTNMX551030>は2.80%と1.81%下落した。 銀行株指数は1.65%値を下げた。 英イングランドの主任医務官は、驚くほど早く困難な事態に陥る恐...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。製薬と エネルギー株が売られ、全体水準を押し下げた。1週間ぶりの大幅なマイナスとなった。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数は2.87%下落し た。個別銘柄では製薬のアストラゼネカとグラクソ・スミスクライン(GSK)< GSK.L>の値下がりが目立った。 石油・ガス株指数は2.56%下落。石油大手のロイヤル・ダッチ・ シェルとBPがそれぞれ2.5%、2.9%下がった。 一方、サイバーセキュリティーソフト会社アバストは18.1%急騰。米国 の同業ノートンライフロックとの合併に向けて交渉...

ロンドン株式市場=続落、製薬とエネルギー株売られる

(26日から表は本文の下に表示します) [15日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 7012.02 -79.17 -1.12 7091.19 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。製薬とエネルギー株が 売られ、全体水準を押し下げた。1週間ぶりの大幅なマイナスとなった 。 FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数は 2.87%下落した。個別銘柄では製薬のアストラゼネカとグ ラクソ・スミスクライン(GSK)の値下がりが目立った。 石油・ガス株指数は2.56%下落。石油大手のロ イヤル・ダッチ・シェル...

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。ポンド 高に伴い大半の利益を国外で上げる多国籍企業の株価が下がった。物価の急上昇と新型コ ロナウイルス感染の急増を受け、経済活動の再開が遅れるとの懸念が浮上した。 英国の6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.5%上昇し、約3年ぶりの 高い伸びとなった。イングランド銀行(中央銀行)が目標とする2.0%を上回った。統 計を受けポンドが上昇し、国外の利益が目減りする日用品のユニリーバや製薬大 手グラクソ・スミスクライン(GSK)、酒造大手のディアジオがFTS E100種の大きな押し下げ要因となった...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up