for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

グラクソスミスクライン

GSK.L

現在値

1,353.40GBp

変化

-2.20(-0.16%)

出来高

277,432

本日のレンジ

1,349.20

 - 

1,356.20

52週レンジ

1,190.80

 - 

1,748.55

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,355.60
始値
1,355.00
出来高
277,432
3か月平均出来高
174.62
高値
1,356.20
安値
1,349.20
52週高値
1,748.55
52週安値
1,190.80
発行済株式数
5,031.44
時価総額
68,206.26
予想PER
13.75
配当利回り
5.90

次のエベント

Dividend For GSK.L - 19.0000 GBX

適時開示

その他

EMA Starts Rolling Review Of Sotrovimab (VIR-7831) For Treatment Of COVID-19

GSK Appoints Charles Bancroft As Member Of Nominations & Corporate Governance And Science Committees

GSK Says ViiV Healthcare Starts Rolling Submission Of NDA With USFDA For Long-Acting Cabotegravir

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

グラクソスミスクラインとは

グラクソスミスクライン(GlaxoSmithKline PLC)は、グローバルのヘルスケア会社である。【事業内容】同社は医薬品とワクチンの2つの事業セグメントで事業を展開する。同社は、呼吸器疾患、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)/感染症、ワクチン、免疫炎症、腫瘍学及び希少疾患の6つの分野にわたる研究に注力する。同社は多種な処方薬やワクチン製品を生産する。医薬品セグメントは、多種な急性・慢性疾患を治療するための医薬品を発見・開発・商業化する。ワクチンセグメントは、乳幼児、成人及び高齢者にワクチンを提供する。同社は呼吸器とHIVの薬のポートフォリオを持つ。医薬品セグメントには、呼吸器系、HIV、特殊製品、及びクラシックと既製品が含まれる。ワクチンセグメントは、40以上の小児用、青年用、成人用、高齢者用、旅行用ワクチンのポートフォリオを持つ。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

G S K House, 980 Great West Road

TW8 9GS

United Kingdom

+44.20.80475000

https://www.gsk.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jonathan Richard Symonds

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Emma N. Walmsley

Chief Executive Officer, Executive Director

Iain James Mackay

Chief Financial Officer, Executive Director

Roger G. Connor

President - Global Vaccines

Brian McNamara

Chief Executive Officer - GSK Consumer Healthcare

統計

2.61 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2018

30.8K

2019

33.8K

2020

34.1K

2021(E)

33.2K
EPS (GBp)

2018

119.400

2019

123.900

2020

115.900

2021(E)

98.624
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.98
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.10
株価純資産倍率(四半期)
4.59
株価キャッシュフロー倍率
10.68
総負債/総資本(四半期)
176.38
長期負債/資本(四半期)
155.04
投資利益率(過去12カ月)
11.51
自己資本利益率(過去12カ月)
7.35

最新ニュース

最新ニュース

田辺三菱子会社のコロナワクチン、カナダで逐次審査へ 後期治験中

田辺三菱製薬のカナダ子会社メディカゴは23日、同社が開発する新型コロナウイルスワクチンについて、リアルタイムで臨床試験(治験)データを評価する逐次審査がカナダ当局によって認められたと明らかにした。

米英など、熱帯雨林保護計画を立ち上げ アマゾンやネスレも参加

米国とノルウェー、英国は、アマゾンやネスレなどの企業と協力し、世界の熱帯雨林の保護を目的とした官民プロジェクト「Lowering Emissions by Accelerating Forest Finance (LEAF)」を立ち上げる。

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた 。比重の大きい製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が買われ全体水準を押し上 げた。鉱業株も値を上げた。 GSKは4.6%高だった。欧州医薬品庁(EMA)が、GSKのモノクロ ーナル抗体を新型コロナウイルス感染の治療に使えるかを審査していると述べたことが材 料視された。アクティビスト(物言う投資家)として知られる米ヘッジファンドのエリオ ット・マネジメントが数十億ポンド分のGSK株を買ったとする報道も買い材料だった。 金属の値上がりに伴いFTSE350種貴金属指数と工業用金属指数 は2.40...

ロンドン株式市場=続伸‌ 、‌GSKと鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6983.50 +43.92 +0.63 6939.58 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。比重 の大きい製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が買われ全体水 準を押し上げた。鉱業株も値を上げた。 GSKは4.6%高だった。欧州医薬品庁(EMA)が、 GSKのモノクローナル抗体を新型コロナウイルス感染の治療に使える かを審査していると述べたことが材料視された。アクティビスト(物言 う投資家)として知られる米ヘッジファンドのエリオット・マネジメン トが数十億...

米ウィルと英GSK、コロナ治療薬の緊急使用許可を米などで申請へ

米ウィル・バイオテクノロジーと英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は10日、共同開発した新型コロナウイルス抗体治療薬の良好な治験結果を受け、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請すると発表した。

仏サノフィのmRNAコロナワクチン、年内に準備できず=CEO

フランスの製薬大手サノフィのポール・ハドソン最高経営責任者(CEO)は、米トランスレート・バイオと共同開発中の新型コロナウイルスのワクチン候補について「年内には準備できないだろう」との見方を示した。

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。新型コ ロナウイルスワクチンによる経済回復への期待感が出ている中で、ヘルスケア株が上昇し た。 製薬のアストラゼネカとグラクソ・スミスクライン(GSK)は3. 1%、1.8%それぞれ上昇した。 金融株も買われ、保険大手プルーデンシャルは2.9%高だった。 2020年の英国内総生産(GDP)は9.9%減と過去最大の落ち込みとなったが 、第4・四半期は前期比1.0%増となり、景気後退(リセッション)に戻る事態を避け られた。 OANDAのシニア市場アナリスト、クレイグ・アーラム氏は「第4・四半期の...

ロンドン株式市場=続伸、ワクチン期待でヘルスケア株上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6589.79 +61.07 +0.94 6528.72 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンによる経済 回復への期待感が出ている中で、ヘルスケア株が上昇した。 製薬のアストラゼネカとグラクソ・スミスクライン(GSK)は3. 1%、1.8%それぞれ上昇した。 金融株も買われ、保険大手プルーデンシャルは2.9%高だった。 2020年の英国内総生産(GDP)は9.9%減と過去最大の落ち込みとなったが 、第4・四半期は前期比1.0%増となり...

新型コロナワクチン、毎年接種が必要になる公算大=英担当相

英国のザハウィ・ワクチン担当相は7日、新型コロナウイルス感染者が秋になると急増し、ワクチン接種が毎年必要になる公算が大きいとの見方を示した。

英、独キュアバックとコロナ変異株ワクチン開発で協力

英政府は5日、独キュアバックと新型コロナウイルス変異株にも有効なワクチンの開発協力で合意したと発表した。必要になった場合に5000万回分の供給を受ける。

欧州市場サマリー(3日)

欧州株式市場: <ユーロ圏債券> 欧州中央銀行(ECB)のドラギ前総裁がイタリア大統領による 首相候補指名を受け入れる意向を示したことを受け、イタリア国債利回りが大きく低下し た。 ドラギ氏はこの日、マッタレッラ大統領による首相候補指名を受け入れると表明。新 政権樹立に向け議会の支持を得る自信があると述べた。 サクソバンクの債券ストラテジスト、アルセア・スピノッツィ氏は「ドラギ氏の政権 樹立は難航する可能性があるが、議員は解散総選挙を望んでいないため、最終的には成功 するとみている」と述べた。 終盤の取引でイタリア10年債利回りは6.5...

ロンドン株式市場=反落、GSK見通し悪化でヘルスケア株下落

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6507.82 -8.83 -0.14 6516.65 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの接種が進 むにつれて経済回復が加速するとの期待がある一方、ヘルスケア株が売られ全体水準を押 し下げた。 製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は6.3%下落し、FTSE 100種の最大の押し下げ要因だった。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)によ りコロナ以外の医療品事業が打撃を受けているとし、2021年の利益が予想以上に落ち 込むと...

英GSK、21年利益は予想以上に減少へ コロナ流行が圧迫

英グラクソ・スミスクライン(GSK)は3日、2021年通期利益が予想より大きく落ち込む可能性があると述べた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)でコロナ以外の治療で混乱が続くことや新薬への投資などが要因。

仏サノフィ、米ファイザー製コロナワクチンの生産支援 7月から

製薬大手の仏サノフィのハドソン最高経営責任者(CEO)は26日、米ファイザーが開発した新型コロナウイルスワクチンの充填・包装を7月から開始すると発表した。増大するワクチン需要への対応を支援する。

メルクがコロナワクチン開発中止、免疫反応不十分 治療薬に注力

米製薬大手メルクは25日、新型コロナウイルスワクチン2種類の開発を打ち切ると発表した。初期の治験データで、他社のワクチンや新型コロナに感染し回復した人の免疫と比べ免疫反応が劣っていたためと説明した。

米政府のワクチン計画首席顧問が辞任、政権引き継ぎで助言へ

新型コロナウイルスワクチンや治療薬の開発・製造を支援するトランプ米政権のプロジェクト「オペレーション・ワープ・スピード(OWS)」の首席顧問、モンセフ・スラウイ氏が辞任した。ただ、約4週間はコンサルタントとしてバイデン次期政権に助言する。米大統領の政権移行チーム関係者が12日夜、ロイターに明らかにした。

独キュアバック、新型コロナワクチンでバイエルとの提携発表

ドイツのバイオ製薬会社キュアバックは開発中の新型コロナワクチンについて、当局の承認獲得や配布で医薬品・化学大手バイエルと提携する。両社が7日発表した。

独キュアバック、コロナワクチンでバイエルと提携=ビルト紙

ドイツのバイオ製薬会社キュアバックは、新型コロナウイルスワクチン候補の承認獲得・配布に向け、医薬品・化学大手バイエルと提携することで合意した。ロイターが現地紙ビルトの報道内容を事前に入手した。

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 続伸し、終値は3月以来の高値 を付けた。英国と欧州連合(EU)が休暇中に通商協定で合意し、英EU離脱の混乱を避 けられたことが好感された。 29日のロンドン株式市場は、英国とEUの合意後初めての取引だった。ポンドが上 昇したにもかかわらず、日用品のユニリーバや酒造大手のディアジオな ど国際企業がFTSE100種の大きな押し上げ要因となった。製薬のアストラゼネカ<A ZN.L>とグラクソ・スミスクライン(GSK)も値を上げた。 ジェフリーズのアナリストは投資家向けのメモで「配当性向の改善やワクチンの接種 開始、海外企業...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up