for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GSK plc

GSK.L

現在値

1,423.40GBp

変化

10.40(+0.74%)

出来高

9,840,322

本日のレンジ

1,407.00

 - 

1,435.20

52週レンジ

1,280.92

 - 

2,280.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,413.00
始値
1,407.00
出来高
9,840,322
3か月平均出来高
158.23
高値
1,435.20
安値
1,407.00
52週高値
2,280.50
52週安値
1,280.92
発行済株式数
4,094.20
時価総額
57,728.20
予想PER
10.55
配当利回り
7.09

次のエベント

Q4 2022 GSK plc Earnings Release

適時開示

その他

Gsk PLC Reports 10.95% Passive Stake In Wave Life Sciences Ltd

Wuxi Biologics And Gsk Enter Into License Agreement On Multiple Novel Bi- & Multi-Specific T Cell Engagers

Wave Life Sciences And GSK Announce Collaboration To Discover And Develop Oligonucleotide Therapeutics Focusing On Novel Genetic Targets

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

GSK plcとは

ジー・エス・ケー(GSK plc)は、グローバルなバイオファーマ企業である。【事業内容】病気の予防と治療のためのワクチンと専門医薬品を製造する。そのセグメントには、コマーシャルオペレーションと研究開発が含まれる。卵巣癌、子宮内膜癌、多発性骨髄腫などの癌治療薬の開発を行う。COVID-19の新しいモノクローナル抗体治療薬を開発した。製品分野は、ワクチン、スペシャリティ医薬品、一般医薬品が含まれる。ワクチンのポートフォリオには20種類以上のワクチンが含まれ、生涯を通じて様々な病気や感染症から人々を守るために役立つ。専門薬には、慢性自己免疫疾患であるループス、呼吸器疾患、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)などの免疫介在性疾患に対する医薬品が含まれる。一般医薬品としては、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の吸入薬、抗生物質、皮膚疾患治療薬などがある。約12カ所のワクチン製造拠点からなるグローバルネットワークを有する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

980 Great West Road

TW8 9GS

United Kingdom

+44.20.80475000

https://www.gsk.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jonathan Richard Symonds

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Emma N. Walmsley

Chief Executive Officer, Executive Director

Iain James Mackay

Chief Financial Officer, Executive Director

Roger G. Connor

President - Vaccines and Global Health

Brian McNamara

Chief Executive Officer - GSK Consumer Healthcare

統計

2.81 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2019

33.8K

2020

34.1K

2021

34.1K

2022(E)

29.0K
EPS (GBp)

2019

154.875

2020

144.875

2021

141.500

2022(E)

133.688
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.22
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.83
株価純資産倍率(四半期)
6.27
株価キャッシュフロー倍率
8.39
総負債/総資本(四半期)
241.64
長期負債/資本(四半期)
211.12
投資利益率(過去12カ月)
9.42
自己資本利益率(過去12カ月)
6.08

最新ニュース

最新ニュース

ユニリーバ、新CEOにオランダ乳業大手トップ 株価上昇

[ロンドン 30日 ロイター] - 英食品・日用品大手ユニリーバは30日、次期最高経営責任者(CEO)にオランダ乳業大手フリースランド・カンピーナのハインツ・シューマッハCEOを起用すると発表した。7月にアラン・ジョープ現CEOと交代する。

訂正(18日配信記事)-米モデルナ、RSウイルスワクチンが60歳以上で有効性83.7%

米バイオ医薬品大手モデルナは17日、RSウイルス感染症に対するメッセンジャーRNA技術使用ワクチンの後期臨床試験で、60歳以上の少なくとも咳と発熱の2症状発症を抑える有効性が83.7%だったと発表した。今年上半期に世界で規制当局に承認申請する方針という。

ファイザーなどの製薬会社、1月に米で350以上の薬価引き上げへ

ファイザー、ブリストル マイヤーズ スクイブなどの製薬会社が1月初旬に米国で350以上の処方箋薬の価格を引き上げる予定であることが、ヘルスケア調査会社3アクシス・アドバイザーズのデータ分析で分かった。

欧州株式市場=5営業日続落、銀行株や日用品銘柄が低迷

欧州株式市場は5営業日続落して取引 を終えた。景気後退への懸念が強まる中、銀行株や日用品関連銘柄が低 迷したのが相場全体を押し下げた。 米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)などの主要 中央銀行が金融政策を来週決めるのを控え、投資家は神経質になってい る。 JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテ ジスト、ヒュー・ギンバー氏は「今は様子見モードだ。来週はすべての 市場にとって重要な週で、現在から年末にかけての動きを方向づけるこ とになる」と指摘した。 STOXX欧州600種銀行株指数は0.26%下げ、4...

ロンドン株式市場=続落、フレイザーズが売られる

ロンドン株式市場は続落して取引を終 えた。企業の決算内容を嫌気した売りに押された。来週予定される主要 中央銀行が金融政策を決める会合を控えて、投資家の間では様子見ムー ドも強かった。 スポーツ用品小売業のフレイザーズ・グループは9.0% 下落。半期決算の利益は上向いたが、見通しは厳しくて不透明だと警告 したことが材料視された。 FTSE350種小売株指数は1.93%下げた。 景気後退への懸念が強まる中、全体的に世界の株式市場は方向感を欠い た。投資家は米連邦準備理事会(FRB)とイングランド銀行(英中央 銀行)の決定に注目している。 IG...

英ユニリーバ、米のアイスブランド売却検討 30億ドル相当=報道

英食品・日用品大手ユニリーバが、「クロンダイク」や「ブレイヤーズ」といった米国で展開するアイスクリームブランドの売却を検討している。ブルームバーグ・ニュースが8日報じた。評価額は最大30億ドルになる可能性があるとしている。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。景気 後退への懸念が強まり、シクリカル(景気循環)銘柄が売られたのが相場を押し下げた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.89%下落した。 景気により敏感とされるFTSE350種銀行株指数、化学株指数<. FTNMX552010>、工業用金属指数、石油・ガス株指数が0. 87─1.99%安。 米大手銀行が今週、景気後退が迫っていると警告したほか、堅調な経済指標を受けて 米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの懸念が強まり、米株式市場 の主要指数も圧迫された。 イングランド...

ロンドン株式市場=続落、景気後退への懸念で

ロンドン株式市場は続落して取引を終 えた。景気後退への懸念が強まり、シクリカル(景気循環)銘柄が売ら れたのが相場を押し下げた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.89%下落した 。 景気により敏感とされるFTSE350種銀行株指数<.FTNMX30101 0>、化学株指数、工業用金属指数、石油 ・ガス株指数が0.87─1.99%安。 米大手銀行が今週、景気後退が迫っていると警告したほか、堅調な 経済指標を受けて米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き 締めへの懸念が強まり、米株式市場の主要指数も圧迫された。 イングランド...

欧州株式市場=4営業日続落、景気後退懸念で

欧州株式市場は4営業日続落して取引 を終えた。世界的な景気後退懸念が強まる中、投資家の警戒感からエネ ルギーや銀行銘柄などが売られた。ヘルスケア株の上昇により下げ幅は 抑えられた。 複数の米銀大手が6日、来年の景気後退リスクを警告し、米国市場 が下げたのに続いた。 STOXX欧州600種石油・ガス株指数は1.96%安 。米の燃料在庫が市場予想より大きかったため需要への懸念が強まり、 原油価格が下落したのが嫌気された。 銀行株指数は0.81%安。インフレのピーク時期を巡る 見解が交錯する中、ユーロ圏の国債利回りが数週間ぶりの低水準となっ...

GSKやファイザーなど4社、米連邦地裁の「ザンタック」訴訟で勝訴

製薬大手、英グラクソ・スミスクライン(GSK)、米ファイザー、仏サノフィ、独ベーリンガーインゲルハイムの胃炎・消化性潰瘍治療薬「ザンタック」が原因でがんになったとして利用者らが4社を訴えていた裁判で、米フロリダ州の連邦地裁は6日、十分な科学的根拠に基づいていないとして訴えを退けた。

mRNAのインフルワクチン、マウスで幅広い効果=米研究

[24日 ロイター] - 24日に発表された米国の研究によると、新型コロナウイルスワクチンと同じメッセンジャーRNA(mRNA)技術を採用したインフルエンザワクチンが、マウスを使った実験でこれまでに知られている20種類のインフルエンザウイルスおよびその派生種に対して幅広い防御効果を示した。

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、米市場休場で薄商い

ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取 引を終えた。米金融市場が感謝祭の祝日で休場となる中で商いは薄く、 鉱業株に買いが入ったものの、配当落ち銘柄が売られ、上昇は相殺され た。 米連邦準備理事会(FRB)が23日に公表した11月1─2日の 連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、政策立案者の「かなり多 数」が利上げペース鈍化が「間もなく適切になる」との見方に同意した ことが分かり、市場に安心感が広がった。 エクイティ・キャピタルのマクロエコノミスト、スチュアート・コ ール氏は「FRBのハト派化が始まった可能性があり、今後ハト派のが 勢いを増...

ロンドン株式市場=続伸、鉱業や工業株が押し上げ

ロンドン株式市場は続伸して取引を 終えた。S&Pグローバル/CIPSが発表した英国の11月の総合購 買担当者景気指数(PMI)が市場予想を上回ったことが好感され、鉱 業株や工業株が買われたのが相場を押し上げた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.40%高。 FTSE350種鉱業株指数は1.54%上昇した。 英最高裁が、英国からの独立の是非を問うスコットランドの住民投 票について、中央政府の同意を得ずに実施することはできないとの判断 を下したことも相場の支援材料だった。 キャピタル・ドット・コムのシニア市場アナリスト、ダニエラ・ハ...

ロンドン株式市場=反発、石油株が押し上げ

ロンドン株式市場は反発して取引を 終えた。石油株が買われたのが相場を押し上げ、FTSE100種指数 は2カ月超ぶりの高値を付けた。 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成す る「OPECプラス」が増産の可能性を協議しているとの報道について 、サウジアラビアのエネルギー相が否定したことから原油価格が値上が りし、石油大手のシェル、BPはそれぞれ4.8%、6 .5%と大幅上昇した。 また、BPはシティグループが投資判断を「中立」から「買い」に 引き上げたことにも支援された。 FTSE350種石油・ガス株指数、鉱業株指数<...

欧州市場サマリー(21日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。中 国の新型コロナウイルス感染再拡大への懸念からコモディティー(商品)株が売られたの が相場を押し下げた。ただ、英ポンドの下落を受けて国際企業が買われたため、相場の下 げ幅は限定的だった。 中国の需要鈍化懸念を背景に原油や銅が値下がりしたため、FTSE350種石油・ ガス株指数は3.32%、工業用金属指数は2.01%そ れぞれ下落した。 中国では、中部の河南省鄭州市から南西部の重慶市まで新型コロナ感染者数が再び増 加している。 プルリミ・ウェルスの最高投資責任者(CIO)、パトリック・アームストロング...

ロンドン株式市場=反落、中国の新型コロナ感染再拡大で売り

週明けロンドン株式市場は反落して 取引を終えた。中国の新型コロナウイルス感染再拡大への懸念からコモ ディティー(商品)株が売られたのが相場を押し下げた。ただ、英ポン ドの下落を受けて国際企業が買われたため、相場の下げ幅は限定的だっ た。 中国の需要鈍化懸念を背景に原油や銅が値下がりしたため、FTS E350種石油・ガス株指数は3.32%、工業用金属 指数は2.01%それぞれ下落した。 中国では、中部の河南省鄭州市から南西部の重慶市まで新型コロナ 感染者数が再び増加している。 プルリミ・ウェルスの最高投資責任者(CIO)、パトリック・ア...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 反落して終了した。第3・四半期の国内総生産(GDP)統計を受け英ポンド相場が上昇したことが重しになった。ただ中型株指数は大きく上昇した。

ロンドン株式市場=反落、GDP統計受けたポンド高が重し

ロンドン株式市場は反落して終了し た。第3・四半期の国内総生産(GDP)統計を受け英ポンド相場が上 昇したことが重しになった。ただ中型株指数は大きく上昇した。 英国立統計局(ONS)が発表した第3・四半期のGDPは前期比 0.2%減。長期的なリセッション(景気後退)の入り口に立ったとみ られるが、ロイターがまとめた市場予想(0.5%減)ほどは落ち込ま なかった。 予想ほど悪化しなかったことで、英ポンドが上昇。ドル建 てで収益を稼ぐ製薬大手のアストラゼネカやグラクソ・スミス クライン(GSK)のほか、たばこ大手のブリティッシュ・ア メリカン・タバコ...

ブリストル系企業の特許、米最高裁はギリアドによる侵害認めず

ブリストル・マイヤーズ・スクイブ傘下企業ジュノ・セラピューティクスが、リンパ腫向け治療法の特許をギリアド・サイエンシズ子会社カイト・ファーマに侵害されたと訴えている問題で、米連邦最高裁は7日、特許を無効とした二審判決の取り消しを求めていたジュノ側の上告を棄却した。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英ポ ンドの上昇を嫌気した売りに加え、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が下落 したことも相場を押し下げた。 グラクソ・スミスクライン(GSK)は4.7%と大幅安。血液がん治療薬 「ブレンレップ」が後期試験で主な目標を達成できなかったと発表したことが嫌気された 。FTSE350種製薬・バイオテクノロジー株指数は1.62%下げた 。 英ポンドが上昇したため、ドルで利益を上げる英製薬のアストラゼネカ、酒 造大手のディアジオはそれぞれ0.9%、1.2%下落した。 一方、中型株で構成するFTSE250...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up