for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハリバートン・カンパニー

HAL

現在値

38.78USD

変化

0.30(+0.78%)

出来高

8,889,934

本日のレンジ

38.15

 - 

39.18

52週レンジ

17.82

 - 

42.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
38.48
始値
38.53
出来高
8,889,934
3か月平均出来高
275.59
高値
39.18
安値
38.15
52週高値
42.60
52週安値
17.82
発行済株式数
901.98
時価総額
34,572.73
予想PER
20.30
配当利回り
1.25

次のエベント

Dividend For HAL.N - 0.1200 USD

適時開示

その他

Aker BP And Halliburton To Collaborate

Halliburton Co - Board Declared A 2022 Q2 Dividend Of Twelve Cents

Halliburton Says On April 27, 2022, Co Entered Into A $3.5 Billion Five Year Revolving Credit Agreement

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハリバートン・カンパニーとは

ハリバートン(Halliburton Co)は、炭化水素の特定と地質データの管理から、掘削と地層の評価、坑井の建設・完成、フィールドのライフサイクル全体にわたる生産の最適化に至るまで、貯留層のライフサイクル全体にわたって上流の石油・天然ガス業界にサービスと製品を提供する。【事業内容】完了・生産セグメントと掘削・評価セグメントの2つのセグメントで運営される。完成・生産セグメントは、セメント、刺激、介入、圧力制御、特殊化学品、人工リフト及び完成サービスを提供する。掘削・評価セグメントは、井戸建設活動のモデル化、測定、掘削及び最適化を可能にするフィールド及びリザーバのモデリング、掘削、評価及び坑井配置ソリューションを提供する。同社は国内及び独立した石油・天然ガス会社にサービスを提供する。

業種

Oil Well Services & Equipment

連絡先

3000 N Sam Houston Pkwy E

HOUSTON, TX

77032-3219

United States

+1.281.8712699

https://www.halliburton.com/en-US/default.html

エグゼクティブリーダーシップ

Jeffrey A. Miller

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Eric J. Carre

Chief Financial Officer

Joe D. Rainey

President - Eastern Hemisphere

Mark J. Richard

President, Western Hemisphere

Lawrence J. Pope

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President - Administration

統計

2.07 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

22.4K

2020

14.4K

2021

15.3K

2022(E)

19.1K
EPS (USD)

2019

1.240

2020

0.650

2021

1.080

2022(E)

1.889
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.14
株価純資産倍率(四半期)
4.92
株価キャッシュフロー倍率
13.99
総負債/総資本(四半期)
121.56
長期負債/資本(四半期)
121.56
投資利益率(過去12カ月)
9.19
自己資本利益率(過去12カ月)
7.32

最新ニュース

最新ニュース

米石油・ガス掘削リグ稼働数、8週連続で増加

米エネルギーサービス企業、ベーカー・ヒューズの週間データ(13日までの週)によると、米国内の石油および天然ガスの掘削リグ稼働数は前週から9基増加の714基で、2020年3月以来の最多を更新した。増加は8週連続。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、7週連続で増加

米エネルギーサービス企業、ベーカー・ヒューズの週間データ(6日までの週)によると、米国内の石油および天然ガスの掘削リグ稼働数は前週から7基増加の705基で、2020年3月以降で最多だった。増加は7週連続。

焦点:北米の石油増産ブームに壁、条件厳しく人手集まらず

米テキサス州の油田で働いていたジェレミー・デービスさん(38)は2020年、解雇された。17年間働き続けたエネルギー業界を離れることはなかったが、それ以降の職場では不幸な出来事に相次いで見舞われた。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、過去最長の21カ月連続増

米エネルギーサービス企業ベーカー・ヒューズの週間データ(29日までの週)によると、米国内の石油および天然ガスの掘削リグ稼働数は前週から3基増加し2020年3月以降で最多となった。価格上昇や政府の増産要請を背景に、稼働数は過去最長となる1年9カ月連続で増加した。

米国株式市場=ナスダック急伸、ツイッターがマスク氏の買収で合意

米国株式市場はナスダック総合が急伸。ツイッターが電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)による買収で合意したことを受け、取引終盤にかけグロース株への買いが膨らんだ。

NY市場サマリー(25日)ドル2年ぶり高値、ナスダック急伸

NY外為市場: <債券> 利回りが小幅低下した。中国での新型コロナウイルス対策のロックダウン (都市封鎖)に対する懸念が浮上し、先週の金利上昇基調が一部反転した。 北京市は25日、最大行政区で全住民・在勤者の新型コロナ検査を開始。上海市のよ うな厳しいロックダウンが実施されるとの懸念から株式市場が急落した。 3年債、5年債、7年債利回りはいずれも10ベー シスポイント(bp)程度低下した。指標10年債利回りは、先週末の2. 906%から2.8121%に低下した。 2年債利回りも2.6194%に低下した。先週末は2.715%を付け ていた...

米ハリバートン、ロシア資産3.4億ドルに差し押さえリスク

米油田サービス大手ハリバートンは22日、ロシアに保有する3億4000万ドルの資産が差し押さえられるほか、事業撤退を巡って将来的に費用を計上する可能性があると警告した。

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週連続増=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス企業ベーカー・ヒューズが発表した週間データ(22日までの週)によると、石油と天然ガスを合わせた米国内の掘削リグ稼働数は5週間連続で増加した。

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。世界経 済の減速懸念を背景とした売りに加え、金融機関が投資判断を引き下げた企業も下落して 相場を圧迫した。英日用品のユニリーバ、レキット・ベンキーザー、酒 造大手のディアジオなど、生活必需品銘柄の下落が目立った。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.75%下落。下落率が大きか ったのは空港や鉄道駅で食品・飲料販売を手掛ける英SSPグループで6.3% 安。ドイツ銀行が投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げたことが嫌気された。 世界銀行は18日、ロシアのウクライナ侵攻の影響により、2022...

欧州株式市場=反落、国債利回り上昇とウクライナ危機が重し

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 国債利回りの上昇やウクライナ戦争への懸念が重しとなり、企業の決算 発表が集中するシーズンを控えて神経質な展開となった。 ヘルスケアや主要消費財を含むディフェンシブ銘柄が相場全体を押 し下げた。 原油価格が下落したものの、STOXX欧州600種石油・ガス株 指数が0.52%上昇した。 中央銀行が金融引き締めを進めるとの見方を背景に、欧米の債券利 回りは急上昇した。 フランス石油大手トタル、英同業大手のBP、シ ェル がそれぞれ1.4%、0.4%、1.6%上昇した。 TSロンバードの戦略部門のトップ、アンドレア・チチオーネ...

米ハリバートン、ロシアでの新規事業を停止

米石油サービス大手ハリバートンは18日、ロシアのウクライナ侵攻を受けた米政府の制裁措置を踏まえ、ロシアにおける新規事業を停止したと発表した。国営ロシア企業など、特定の既存の顧客も対象となるという。

油田サービス会社、ロシア撤退でも減収分容易に補える=米専門家

専門家は1日、米油田サービス会社について、ロシアから撤退しても、他の地域の収入で減収分を容易に補うことができるとの認識を示した。

石油不足時代に突入へ=ハリバートンCEO

米油田サービス大手ハリバートンのジェフ・ミラー最高経営責任者(CEO)は6日、化石燃料の開発投資が長年にわたって低迷したことを受けて、世界が石油不足の時代に突入しつつあるとの認識を示した。

米シュルンベルジェ、4-6月利益が予想超え 原油価格回復で需要増

米石油サービス大手・シュルンベルジェが23日発表した第2・四半期(6月30日終了)決算は、原油価格の回復で同社サービスへの需要が増え、営業利益率が大幅に上昇し、利益が予想を上回った。同社は下半期について、楽観的な見通しを示した。

NY市場サマリー(20日)10年債利回りが切り返す、米株反発

<為替> 新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大で世界的な経済成長が頓挫するとの懸念から、安全資産と見なされるドルに買いが入った。一方、リスク選好度の影響を受けやすい資源通貨の豪ドルやニュージーランドドルなどは下落した。

米国株式市場=反発、好決算が追い風 景気再び楽観視

米国株式市場は反発。一連の企業の好決算に加え、景気を巡る楽観的な見方が再び強まる中、リスクオン取引となった。

米ハリバートン、第2四半期利益は前期比33.5%増 原油高が支援

米石油サービス会社ハリバートンが20日発表した第2・四半期決算(6月30日まで)は利益が前期比33.5%増加した。原油価格の上昇によりオイルフィールドサービスへの需要が高まった。

シェブロンのベネズエラ事業、米政府がライセンス更新

米財務省は1日、ベネズエラで操業している最後の米石油大手シェブロンについて、12月1日まで同国内で操業できるようライセンスを更新したと明らかにした。

米CEO報酬、株主投票での否決が過去最多=報告書

最高経営責任者(CEO)の報酬プランが株主によって否決される米上場企業が今年、過去最多に上っていることが、コンサルティング会社ISSコーポレート・ソリューションズの報告で分かった。

石油需要、22年中にコロナ前水準回復=米シュルンベルジェCEO

米石油サービス大手シュルンベルジェのルプェッシュ最高経営責任者(CEO)は23日、石油需要は今後数年にわたる成長サイクルの始まりにあるとし、2022年末には新型コロナウイルス禍前の水準に戻るという見方を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up