for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インク

HD.N

現在値

287.19USD

変化

-0.57(-0.20%)

出来高

1,329,299

本日のレンジ

279.63

 - 

290.34

52週レンジ

279.63

 - 

420.61

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
287.76
始値
289.82
出来高
1,329,299
3か月平均出来高
110.61
高値
290.34
安値
279.63
52週高値
420.61
52週安値
279.63
発行済株式数
1,033.37
時価総額
296,772.30
予想PER
17.41
配当利回り
2.65

次のエベント

Dividend For HD.N - 1.9000 USD

適時開示

その他

The Home Depot Announces First Quarter Results Raises Fiscal 2022 Guidance

The Home Depot Announces Fourth Quarter And Fiscal 2021 Results Increases Quarterly Dividend By 15 Percent Provides Fiscal 2022 Guidance

The Home Depot Declares Q3 Dividend Of $1.65

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インクとは

ホーム・デポ(Home Depot Inc)は、リノベーションの小売業者である。【事業内容】顧客に建材、リノベーション製品、芝生・庭製品、装飾製品、設備のメンテナンス、修理、運用製品を提供し、リノベーション設置サービスや工具・機器のレンタルなど、さまざまなサービスを提供する。プエルトリコ連邦と米領バージン諸島およびグアムの領土を含む米国全体、カナダとメキシコにある約2,296のホームデポストアを運営する。日曜大工(DIY)の顧客と専門家の顧客(プロ)の2つの主要な顧客グループにサービスを提供する。DIYの顧客には、製品を購入し、独自のプロジェクトやインストールを完了する住宅所有者が含まれる。プロは主にプロのリノベーター・リモデラー、ゼネコン、便利屋、不動産管理者、建築サービス請負業者、電気技師、配管工、画家などの専門職人である。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

2455 Paces Ferry Rd SE

ATLANTA, GA

30339-1834

United States

+1.770.4338211

https://www.homedepot.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Craig A. Menear

Chairman of the Board

Edward P. Decker

President, Chief Executive Officer, Director

Richard V. McPhail

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Fahim Siddiqui

Executive Vice President, Chief Information Officer

Teresa Wynn Roseborough

Executive Vice President, General Counsel and Corporate Secretary

統計

2.08 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

110.2K

2021

132.1K

2022

151.2K

2023(E)

155.9K
EPS (USD)

2020

10.250

2021

11.940

2022

15.530

2023(E)

16.450
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.95
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
15.29
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
36.31
自己資本利益率(過去12カ月)
22.15

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(17日)米株大幅上昇、ドル指数3日続落、短期債利回り急上昇

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が3営業日続落した。投資家のリスク選好度が高まり、ドルの投資妙味が低下したことが背景。

NY外為市場=ドル指数3日続落、リスク選好度の回復で

終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が3営業日続落した。投資家のリスク選好度が高まり、ドルの投資妙味が低下したことが背景。

NY市場サマリー(17日)米株大幅上昇、ドル指数3日続落、短期債利回り急上昇

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が3営業日続落した。投資家 のリスク選好度が高まり、ドルの投資妙味が低下したことが背景。 米小売り大手ホーム・デポやユナイテッド航空が好調な業績見通しを 示したほか、中国のハイテク企業取り締まりや新型コロナウイルス感染防止策の緩和を巡 る楽観的見方により、リスクセンチメントが改善した。 主要6通貨に対するドル指数は0.7%低下し103.41。5月6日以来の 低水準を付けた。 ジェフリーズのFXグローバル主任、ブラッド・ベクテル氏は「市場の雰囲気は先週 に比べて劇的に改善し、ほとんどの資産...

NY外為市場=ドル指数3日続落、リスク選好度の回復で

終盤のニューヨーク外為 市場では、ドル指数が3営業日続落した。投資家のリスク選好度が高ま り、ドルの投資妙味が低下したことが背景。 米小売り大手ホーム・デポやユナイテッド航空が好 調な業績見通しを示したほか、中国のハイテク企業取り締まりや新型コ ロナウイルス感染防止策の緩和を巡る楽観的見方により、リスクセンチ メントが改善した。 主要6通貨に対するドル指数は0.7%低下し103.41 。5月6日以来の低水準を付けた。 ジェフリーズのFXグローバル主任、ブラッド・ベクテル氏は「市 場の雰囲気は先週に比べて劇的に改善し、ほとんどの資産クラス...

米国株式市場=S&P下落、テスラなどグロース株に売り エネルギー株は高い

米国株式市場でS&P総合500種が下落。エネルギー株が上昇したものの、さえない中国の経済指標を受けて世界の景気減速懸念が強まる中、電気自動車(EV)テスラなどのグロース株が売られ、全体を圧迫した。

米MMF、59.8億ドル流入 ウクライナ危機で資金逃避

リフィニティブ・リッパーのデータによると、23日までの週に米マネー・マーケット・ファンド(MMF)に59億8000万ドル相当が流入し、週間で1月26日以来の流入となった。

NY市場サマリー(22日)主要株価3指数1%安、利回り上昇 ドル小幅安

<為替> ドルが小幅安。ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の親ロシア地域の独立を承認し軍派遣を命じたことでウクライナ情勢が緊迫化する中、不安定な値動きとなった。

米国株式市場=主要3指数1%安、対ロシア制裁発表が不安あおる

米国株式市場は続落。ウクライナ情勢への警戒感から神経質な展開が続く中、主要株価3指数は軒並み約1%下落した。S&P総合500種は1月3日に付けた終値の最高値から10%超下落し、調整局面に突入した。

米ホーム・デポ、11─1月粗利益率低下 輸送・人件費増で 株価8%安

米ホームセンター大手ホーム・デポが22日発表した2021年第4・四半期(2022年1月まで)決算は粗利益率が低下した。輸送コストや人件費の拡大が高額商品への底堅い需要や値上げによる恩恵を相殺した。

NY市場サマリー(14日)ダウ下落、ドル反発 米債利回り上昇

<為替> ドルが4日ぶりに反発。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めに向けた動きが注目される中、今週見られたドル売り圧力が和らいだ。また、金融市場でのリスク選好度低下に伴い、高リスク通貨を売る動きも広がった。

米国株式市場=ダウ下落、銀行決算に失望

米国株式市場はダウ工業株30種が下落して取引を終えた。米大手銀行の第4・四半期決算が失望され、金融株が大きく下落した。

米国株式市場=下落、インフレ・供給網巡る懸念で

米国株式市場は下落して取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開始するとの見方が高まっている。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場では、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観測が織り込まれた。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下 落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場で は、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観 測が織り込まれた。 NY外為市場: <債券> 米金融・債券市場ではこのところの利回り上昇を受けた買いが入り、利回 りが低下(価格は上昇)した。20年債入札が軟調だったものの、ひどい結果にならなか ったことも作用した。 10年債利回りは一時1.65%と10月26日以来の高水準を付けた が、その後は1....

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線が下値支持線

<16:00> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線が下値支持線 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「中陰線」となった。朝方に2万9909 円97銭で高値を付け、3万円の大台回復を前に上値を押さえられた。終値(2万968 8円33銭=17日)は5日移動平均線(2万9632円22銭=同)をわずかに上回り 、下値支持線として機能した。当面は5日線を意識した動きとなりそうだ。 <15:45> 新興株市場まちまち、メルカリは上場来高値を更新 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数が4日ぶりに小幅反落し、日経ジャスダッ ク平均が5日続伸となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場まちまち、メルカリは上場来高値を更新

<15:45> 新興株市場まちまち、メルカリは 上場来高値を更新 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数が4日ぶりに小幅反落し、日経ジャスダッ ク平均が5日続伸となった。市場では「決算が一巡し、好業績銘柄・テーマ銘柄を選別す る動きがより一層強まっているようだ」(国内証券)との声が聞かれた。個別では、メル カリ が上場来高値を更新した。 マザーズ総合は前営業日比0.01%安。個別では、アスタリスク 、ジモテ ィー 、INCLUSIVE 、ベイシス などがさえない。半面、 メルカリ は3%超高と上場来高値を更新したほか、コアコンセプト・テクノロジ...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、手掛かり材料乏しく見送りムードに

<12:55> 安値もみあい、手掛かり材料乏しく見送りムードに 後場に入ってから日経平均は安値もみあい。2万9700円前後で推移している。好 決算銘柄を中心に下値では買いが入るものの、新たな買い材料に乏しく、上値を取りに行 く動きはみられない。前場は堅調に推移していたトヨタ自動車 も値を消し、一時 マイナスとなった。 市場では「手掛かり材料に乏しく、見送りムードが強くなっている。細り気味の商い が膨らまないと日経平均の3万円回復は難しいのではないか」(国内証券)との声も聞か れる。 <11:35> 前場の日経平均は反落、上値の重さ意識され...

前場の日経平均は反落、上値の重さ意識され戻り売り優勢に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比133円38銭安の2万9674円74銭となり、反落した。米株高を好感してしっかりで始まったものの、日経平均が3万円に近づくと上値の重さが意識され戻り売りに押される動きとなり、中盤から軟調に推移した。

訂正今日の株式見通し=一進一退、米株高と高値警戒が綱引き

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、一進一退の展開が想定されている。米国株価の主要3指数が上昇しており日本株を支援しそうな一方、心理的節目3万円に近づく中、戻り売りが上値を抑えるとみられている。

NY市場サマリー(16日)ドル16カ月ぶり高値、株式上昇

<為替> ドルが上昇し、16カ月ぶり高値を更新。予想を上回る米小売売上高統計が追い風となった。一方、ユーロは下落。成長懸念に加え、欧州で新型コロナウイルス感染が再拡大していることが重しとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up