for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インク

HD.N

前日終値

238.85USD

変化

1.56(+0.66%)

出来高

1,482,398

本日のレンジ

236.76

 - 

239.30

52週レンジ

158.09

 - 

239.30

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
237.29
始値
238.44
出来高
1,482,398
3か月平均出来高
75.40
高値
239.30
安値
236.76
52週高値
239.30
52週安値
158.09
発行済株式数
1,095.15
時価総額
259,868.90
予想PER
23.42
配当利回り
2.29

次のエベント

Q3 2019 Home Depot Inc Earnings Release

適時開示

その他

Home Depot Says In Q2, Received Grand Jury Subpoena From A U.S. Attorney And Amendment Of Subpoena From EPA Civil Enforcement Division

Home Depot Sets Quarterly Dividend Of $1.36 Per Share

Home Depot Reports Q2 Earnings Per Share $3.17

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インクとは

ホーム・デポ(The Home Depot, Inc.)は住宅改善小売業者である。【事業内容】同社は建材、住宅改善製品、芝生・園芸製品を販売し、各種サービスを提供する。「Home Depot」店舗には日曜大工(DIY)顧客、デッド・イット・フォー・ミー(DIFM)顧客、プロフェッショナルな顧客という3つの主要顧客グループを含む。DIY顧客は自宅所有者が製品を購入し、自分のプロジェクトと設置を完成させる。同社は製品とプロジェクト知識を提供するように設計されたオンライン・リソースと他のメディアを通じて、店舗内と製品の両方で特定の製品とインストール質問をアシストする。DIFM顧客は自分自身で材料を購入し、サードパーティを雇ってプロジェクト・設置を完成させる住宅所有者である。プロフェッショナルな顧客はプロのリノベーターまたはリフォーム業者、一般請負業者、修理業者、インストーラー、中小企業オーナー、商人である。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

2455 Paces Ferry Rd SE

+1.770.4338211

https://www.homedepot.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Craig A. Menear

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Richard V. McPhail

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Matthew A. Carey

Chief Information Officer, Executive Vice President

Teresa Wynn Roseborough

Executive Vice President, General Counsel and Corporate Secretary

Timothy A. Hourigan

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.18 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

94.6K

2018

100.9K

2019

108.2K

2020(E)

110.8K
EPS (USD)

2017

6.450

2018

7.460

2019

9.890

2020(E)

10.134
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.81
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.36
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
19.52
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
36.44
自己資本利益率(過去12カ月)
22.63

最新ニュース

最新ニュース

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

米、中国製タイルに補助金相殺関税 最大222%

米商務省は10日、中国のセラミックタイルメーカーが同国政府から不当な補助金を受けていることが明らかになったとし、中国から輸入するセラミックタイルに対し暫定的に約104─222%の関税を課すと発表した。

金融株売られ下落、FRB議長講演に注目=米株市場

米国株式市場は下落。ダウ平均株価<.DJI>は173ドル値下がりして終了した。金融株が売られたことが重しとなった。市場では米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が23日にワイオミング州ジャクソンホールの年次経済シンポジウムで行う講演が注目されている。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが再び下落。米国債利回りの低下がドル売りを誘った。景気後退(リセッション)への懸念が根強い中、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が週末にワイオミング州ジャクソンホールで開かれる年次経済シンポジウムでの講演でハト派発言を行うという期待が膨らんだ。

米小売業界、対中追加関税に反発 価格上昇や雇用への打撃を警告

トランプ米大統領が3000億ドル相当の中国製品に対する10%の制裁関税を9月1日に発動すると表明したことを受け、米主要小売業界団体は1日、関税発動は個人消費を冷え込ませるうえ、価格上昇や雇用への打撃につながるとして強く反発した。

アングル:米国の対中追加関税、自国企業に与える影響

米トランプ政権による中国製品への輸入関税引き上げを受け、多くの米消費関連企業が業績に悪影響が及ぶとの懸念を示した。米政府は先週、中国からの輸入品2000億ドル相当に対する関税率を10%から25%に引き上げた。

小売りが決算発表、米中貿易摩擦の影響に注目=今週の米株式市場

20日に始まる週の米国株式市場は、ホーム・デポ<HD.N>、ノードストローム<JWN.N>、コールズ<KSS.N>、ターゲット<TGT.N>など小売り企業が決算発表を予定しているが、米中貿易摩擦の影響が注目されそうだ。

経営破綻の米シアーズ、前会長らを提訴 資金返還求める

経営破綻した米小売大手シアーズ・ホールディングスは、破綻前にシアーズから不法に資金を搾取したとして、エディ・ランパート前会長、および同氏が運営するヘッジファンド、ESLインベストメンツのほか、ムニューシン米財務長官らを提訴した。

米中貿易戦争、米企業は関税対象品の輸入先を中国以外に変更=報告書

米中貿易戦争を受け、米企業は家具や冷蔵庫、自動車用タイヤなど関税対象となった製品について、ベトナム、韓国、台湾、メキシコなど中国以外の国からの輸入に切り替えている。

米国株式市場はおおむね下落、世界経済懸念・アップルが重し

米国株式市場は世界経済の減速に対する懸念が重しとなり、不安定な取引の中でおおむね下落して終了した。動画ストリーミングサービスへの参入などを発表したアップル<AAPL.O>が売られたことも相場の押し下げ要因となった。

米国株は小反落、経済指標まちまちで

米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、小反落して取引を終えた。経済指標が強弱まちまちの内容となったほか、一部の企業ニュースが嫌気された。米中通商協議などの行方が注目される中、投資家の様子見姿勢も目立った。

NY市場サマリー(26日)

 上院銀行委員会で議長が証言している間、ドルは当初じり高で推移したが、質疑応答に入ると下落した。

米国株は続伸、トランプ氏の米中通商合意巡る楽観で

米国株式市場は続伸して取引を終えた。トランプ米大統領が中国製品に対する関税の引き上げを延期すると表明し、両国は通商合意にかなり近づいているとの見解を示したことが背景。ただ主要株価3指数はいずれも、日中高値からは大幅に失速して終了した。

アップル・ウォルマート・IBMなどの首脳、米政府の諮問委に参加へ

米商務省は13日、トランプ政権の労働力政策に関する諮問委員会に、アップル<AAPL.O>、ウォルマート<WMT.N>、IBM<IBM.N>などの大手米企業の最高経営責任者(CEO)が参加することを明らかにした。

米労働力政策諮問委にアップル・ウォルマートなどのCEO参加=商務省

米商務省は13日、トランプ政権の労働力政策に関する諮問委員会に、アップル、ウォルマート、IBMなどの大手米企業の最高経営責任者(CEO)が参加することを明らかにした。

米年末商戦売り上げ、6年ぶり大幅プラス

マスターカードの利用・決済状況をまとめた調査「スペンディング・パルス」によると2018年の米国の年末商戦の売り上げは前年比5.1%増加し8500億ドルを超えた。6年ぶりの大幅な伸びとなった。全米小売業協会は4.3-4.8%増を予想していた。好調な経済と早期の値引きが追い風となった。

NY市場サマリー(13日)

<為替> 英国と欧州連合(EU)が英国の離脱合意の草案で合意したことを受け、ユーロと英ポンドが上昇した。これに伴い、前日に上昇したドルに対しては利食い売りが出た。

米株はダウとS&P小幅安、エネルギー株やボーイング下落

米国株式市場はダウとS&P500が小幅続落して取引を終えた。エネルギー株やボーイング<BA.N>が売られ、ハイテク株の小幅上昇や通商協議進展への期待感を打ち消す格好となった。

NY市場サマリー(17日)

<為替> ドルが上昇し1週間ぶり高値を付けた。午後に公表された9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け、今後も利上げが継続するとの見方が強まった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up