for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インク

HD.N

現在値

274.73USD

変化

3.09(+1.14%)

出来高

581,119

本日のレンジ

271.80

 - 

275.00

52週レンジ

140.66

 - 

275.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
271.64
始値
272.42
出来高
581,119
3か月平均出来高
90.69
高値
275.00
安値
271.80
52週高値
275.00
52週安値
140.66
発行済株式数
1,075.52
時価総額
292,155.00
予想PER
26.71
配当利回り
2.21

次のエベント

Q2 2020 Home Depot Inc Earnings Release

適時開示

その他

Home Depot Says Will Open 3 New Distribution Centers In Georgia Over Next 18 Months

Bj’S Wholesale Club Appoints Monica Schwartz As Senior Vice President, Chief Digital Officer

Home Depot Reports Q1 EPS Of $2.08

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インクとは

ザ・ホーム・デポ(The Home Depot, Inc.)は、ホームセンターの小売業者である。【事業内容】顧客に建材、ホームセンター製品、芝生と庭の製品、装飾製品の品揃えを提供し、ホームセンター設置サービスや工具や機器のレンタルを含む多様なサービスを提供する。プエルトリコ連邦やアメリカ領ヴァージン諸島とグアムの領土を含む米国(U.S.)全体、カナダとメキシコに約2291のホームデポストアを運営する。2つの主要な顧客グループにサービスを提供する。ディーアイワイ(DIY)の顧客には、製品を購入、自分のプロジェクトと設置を完了する住宅所有者が含まれる。プロの顧客は、主にプロのリフォーム業者やリモデリング業者、ゼネコン、便利屋、不動産管理者、建築サービス請負業者、および電気技師、配管工、塗装工などの専門業者である。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

2455 Paces Ferry Rd SE

ATLANTA, GA

30339-1834

United States

+1.770.4338211

https://www.homedepot.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Craig A. Menear

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Richard V. McPhail

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Matthew A. Carey

Chief Information Officer, Executive Vice President

Teresa Wynn Roseborough

Executive Vice President, General Counsel and Corporate Secretary

Timothy A. Hourigan

Executive Vice President - Human Resources

統計

2.26 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

100.9K

2019

108.2K

2020

110.2K

2021(E)

116.3K
EPS (USD)

2018

7.460

2019

9.890

2020

10.250

2021(E)

10.270
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.61
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
21.92
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
32.65
自己資本利益率(過去12カ月)
19.91

最新ニュース

最新ニュース

米株3日続伸、早期景気回復期待高まる

米国株式市場は主要3株価指数が3日続伸した。5月の米小売売上高が大きく回復したことに加え、新たな景気刺激策が導入されるとの観測が出ていることで、米経済は予想よりも早く回復するとの期待が高まっている。

米ロウズ、第1四半期は増収増益 新型コロナ特需は縮小見込み

米ホームセンター大手ロウズ<LOW.N>が20日発表した第1・四半期(5月1日まで)決算は増収増益となった。新型コロナウイルス流行による行動制限を受けて日曜大工への支出が増えた。ただ、こうした傾向は今後数カ月で縮小するとの見方も示した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(20日現在)

世界貿易機関(WTO)は20日、財貿易(モノの貿易)に関する指数が2016年7月の算出開始以来で最低となったと発表、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2020年前半の世界貿易は大幅に減少する可能性があると指摘した。

NY市場サマリー(19日)株式下落、債券は20年債入札注視

<為替> ドルが対ユーロで下落した。新型コロナウイルス対策としてフランスとドイツが示した欧州連合(EU)の復興基金案を受けたユーロ高がこの日も続いた。

ダウ平均390ドル下落、コロナワクチン巡る報道で失速

米国株式市場は下落して終了した。前日は米モデルナ<MRNA.O>の新型コロナウイルス感染症のワクチンに対する期待で上昇したが、同ワクチンの効果に疑念を示す報道が出たことで、取引終盤にかけて相場は下落した。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(20日現在)

バイオ医薬大手の米モデルナが開発を進める新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、初期段階での小規模治験データは有効性を評価する上で重要な意味を持たないと、医科学メディア「スタット(STAT)」が19日、専門家の話として報じた。

米ホーム・デポ、2-4月期は10%減益 コロナ関連費用が圧迫

米ホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が19日発表した第1・四半期決算(5月3日まで)は10%を超える減益となった。新型コロナウイルス関連費用が業績を圧迫した。

米投資適格級社債の発行額、過去最高に FRBの無制限QE決定で

米連邦準備理事会(FRB)が23日に無制限の量的緩和(QE)を行う方針を決定したことを受け、米国企業による投資適格級債券発行を通じた資金調達額は27日までの週に過去最高の1091億ドルに達した。

コラム:米でマスク不足が深刻化、中国依存で関税引き上げ直撃

米国でマスクなど衛生用品のサプライチェーン(製品の調達・供給網)の状況悪化が続いている。マスクや手袋、防護服はすでに米国による中国製品の輸入関税引き上げの影響で在庫が圧迫され、ジャスト・イン・タイム方式(カンバン方式)の在庫管理に影響を与えていた

米新築住宅販売、1月は12年半ぶり高水準 住宅市場に底堅さ

米商務省が26日に発表した1月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比7.9%増の76万4000戸と、2007年7月以来、12年半ぶりの高水準を記録した。気温が平年よりも温暖だったことに加え、米連邦準備理事会(FRB)が昨年行った3回の利下げに伴う住宅金利の低下が販売を後押しした。

米新築住宅販売、1月は12年半ぶり高水準 住宅市場に底堅さ

米商務省が26日に発表した1月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比7.9%増の76万4000戸と、2007年7月以来、12年半ぶりの高水準になった。住宅市場が底堅いことで、新型コロナウイルスが及ぼす経済への打撃を和らげ、史上最長期間続く景気拡大を支える可能性を示唆した。市場予想は3.5%増の71万戸だった。

米株は小幅高、最高値更新 堅調な米経済指標受け

米国株式市場は主要株価3指数が小幅に上昇し、最高値を更新して取引を終えた。住宅・製造業統計が堅調となり、米経済を巡る投資家心理が改善した。

NY市場サマリー(11日)

<為替> 米連邦準備理事会(FRB)が金利据え置きを決定し、金利変更はないことを示唆したこと受け、ドル指数が4カ月ぶりの低水準を付けた。

米株は小反発、FRBが金利据え置き 波乱なく通過

米国株式市場は小反発して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)は11日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利の据え置きを決定。緩やかな経済成長や低失業率は来年の米大統領選まで続くとの見方を示し、金利が現行水準にとどまる可能性が高いことを示唆した。

今日の株式見通し=続落、手仕舞い売り優勢 香港情勢を注視

きょうの東京株式市場で日経平均株価は続落が予想されている。前日の米国株式市場は主要3指数がまちまち。手仕舞い売りが優勢となり、上海・香港市場と為替などの動向を見ながら推移するとの見方が出ている。朝方、米上院が香港人権法案を可決し下院へ送付したと伝わり、外為市場でやや円高が進行したことは上値を重くする材料となりそうだ。

NY市場サマリー(19日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が4営業日ぶりに小反発。ただ、米中通商協議を巡る不透明感を背景に投資家の慎重姿勢が継続している。

米コールズやホーム・デポの見通しさえず、年末商戦期待に冷や水

米百貨店コールズ<KSS.N>とホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が発表した四半期決算と業績見通しはともにさえない内容となり、今年の年末商戦に向けた市場の期待に水を差す格好となった。

米国株市場はダウとS&Pが下落、小売企業の業績見通しさえず

米国株式市場はダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>が最高値から下落して取引を終えた。ホームセンター大手ホーム・デポ<HD.N>や百貨店コールズ<KSS.N>のさえない業績見通しを受け、消費支出への懸念が高まった。米中貿易摩擦も引き続き重しとなった。

NY市場サマリー(19日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が4営業日ぶりに小反発。た だ、米中通商協議を巡る不透明感を背景に投資家の慎重姿勢が継続している。 主要6通貨に対するドル指数は0.05%高。直近3営業日では0.6%下落 していた。 テンパスのシニア外為トレーダー兼ストラテジスト、フアン・ペレス氏は「貿易を巡 る不確実性が全てだ」と述べた。 米中通商協議を巡っては「第1段階」の合意に向けた期待が高まっていたものの、C NBCが18日、中国政府が米国との通商合意を巡り悲観的なムードになっていると報道 。19日にはトランプ米大統領が、米政府...

米国株式市場=ダウとS&Pが下落、小売企業の業績見通しさえず

米国株式市場はダウ工業株30種と S&P総合500種が最高値から下落して取引を終えた。ホームセンター大手ホー ム・デポや百貨店コールズのさえない業績見通しを受け、消費支出への懸 念が高まった。米中貿易摩擦も引き続き重しとなった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27934.02 -102.20 -0.36 28079.7 28090.2 27894.5 6 1 2  前営業日終値 28036.22 ナスダック総合 8570.66 +20.72 +0.24 8578.02 8589.76 8536.73  ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up