for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インク

HD.N

現在値

332.05USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

223.61

 - 

333.48

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
332.05
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
98.04
高値
--
安値
--
52週高値
333.48
52週安値
223.61
発行済株式数
1,075.22
時価総額
357,802.20
予想PER
25.87
配当利回り
1.98

次のエベント

Q1 2021 Home Depot Inc Earnings Release

適時開示

その他

The Home Depot Announces Fourth Quarter And Fiscal 2020 Results

Home Depot Says HD Supply Agreed To Pay Termination Fee Of $275 Mln Upon Deal Termination

The Home Depot Announces Third Quarter Results Plans

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホーム・デポ・インクとは

ザ・ホーム・デポ(The Home Depot, Inc.)は、ホームセンターの小売業者である。【事業内容】顧客に建材、ホームセンター製品、芝生と庭の製品、装飾製品の品揃えを提供し、ホームセンター設置サービスや工具や機器のレンタルを含む多様なサービスを提供する。プエルトリコ連邦やアメリカ領ヴァージン諸島とグアムの領土を含む米国(U.S.)全体、カナダとメキシコに約2291のホームデポストアを運営する。2つの主要な顧客グループにサービスを提供する。ディーアイワイ(DIY)の顧客には、製品を購入、自分のプロジェクトと設置を完了する住宅所有者が含まれる。プロの顧客は、主にプロのリフォーム業者やリモデリング業者、ゼネコン、便利屋、不動産管理者、建築サービス請負業者、および電気技師、配管工、塗装工などの専門業者である。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

2455 Paces Ferry Rd SE

ATLANTA, GA

30339-1834

United States

+1.770.4338211

https://www.homedepot.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Craig A. Menear

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Edward P. Decker

President, Chief Operating Officer

Richard V. McPhail

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Matthew A. Carey

Chief Information Officer, Executive Vice President

Teresa Wynn Roseborough

Executive Vice President, General Counsel and Corporate Secretary

統計

2.11 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

108.2K

2020

110.2K

2021

132.1K

2022(E)

135.6K
EPS (USD)

2019

9.890

2020

10.250

2021

11.940

2022(E)

12.788
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.71
株価純資産倍率(四半期)
108.64
株価キャッシュフロー倍率
23.26
総負債/総資本(四半期)
1,128.77
長期負債/資本(四半期)
1,085.84
投資利益率(過去12カ月)
32.05
自己資本利益率(過去12カ月)
21.12

最新ニュース

最新ニュース

米ゲームストップ、新CEO探しに着手 デジタル変革視野に

米ゲーム販売のゲームストップが新たな最高経営責任者(CEO)を探していることが関係筋の話で12日に明らかになった。実店舗からネット販売に軸足を移す中、ジョージ・シャーマン現CEOに代わる人材を模索する。

米ホーム・デポ、11─1月期売上高が予想上回る 先行きは不透明

米ホームセンター大手のホーム・デポが発表した第4・四半期(1月31日終了)決算は、既存店売上高が24.5%増加し、アナリスト予想(18.9%増)を上回った。ただ、売上高の好調が今後も続くかどうか先行きは不透明だとした。

NY市場サマリー(23日)ドル小幅高、S&Pとダウ上昇

<為替> ドルが小幅高。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はこの日の議会証言で、緩和的な金融政策がインフレ高進を招くとの見方を否定し、米景気支援の継続がなお必要と強調した。

米国株式市場=S&Pとダウ上昇、終盤に切り返す

米国株式市場は終盤に切り返し、S&P総合500種とダウ工業株30種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン下で上昇してきた銘柄と、経済再開から恩恵を受ける銘柄の間で綱引きが続く展開だった。

アマゾン、12月に計5億ドル超の臨時賞与 物流現場の米社員らに

米アマゾン・ドット・コムは26日、年末商戦期に流通現場などで勤務する米国内の従業員に総額5億ドル超の臨時ボーナスを支給すると発表した。新型コロナウイルス流行下で働く従業員に配慮した措置。

米株反落、コロナ封鎖懸念や軟調な小売統計で

米国株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染が拡大し、経済再封鎖のリスクが高まっているほか、小売統計が軟調だったことを受け、ワクチン開発の進展を巡る楽観的な見方が後退した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(17日)株式反落、ドル1週ぶり安値

(表を更新し株式を追加しました。) [17日 ロイター] - <為替> 薄商いの中、ドルが下落し1週ぶり安値を付けたほか、人民元が約2年半 ぶりの水準に値上がりした。 OANDA(ニューヨーク)のシニア市場ストラテジスト、エドワード・モヤ氏は「 新型コロナウイルスが引き続き相場のキーワードになっている」と指摘。短期的に米国だ けでなく世界中がコロナの圧迫を受け、議会や米連邦準備理事会(FRB)は追加の対応 を迫られるとした上で、ドルの軟調地合いに変わりはないと述べた。 午後の取引で、ドルは通貨バスケットに対し0.1%安の92.426。...

米ホーム・デポ、8─10月期増収増益 従業員ボーナス積み増しへ

米ホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が17日発表した第3・四半期(11月1日まで)決算は、既存店売上高の伸びが予想を上回った。

ダウ・S&P最高値、ワクチン期待で 旅行株など高い

米国株式市場は主要3指数が続伸し、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJT>は終値での最高値を更新した。新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する新たな明るいニュースが追い風となった。一方、米国内の感染拡大を受けて制限措置を強化する地域も出ている。

焦点:「社会運動」にどう対応、悩む米企業 慎重派なお多数

今年5月、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に首を押さえつけられて死亡した事件をきっかけとして全米に抗議行動が広がると、米主要企業の間で、人種差別に正面から取り組み、社会正義の実現を後押しすると表明する動きが相次いだ。

米アメックス、多様性促進で10億ドル投資を表明

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>は29日、人種とジェンダーの平等促進に向け10億ドルを投資すると表明した。

米年末商戦、オンライン売上増加 富裕層の支出堅調=デロイト予想

コンサルティング会社デロイトによると、今年の年末商戦時期の米小売り売上高は、新型コロナウイルスの影響により、少なくとも過去10年で最も低い伸びが見込まれる。ただ、富裕層の購買意欲が旺盛なほか、ネット販売の好調が見込まれる。

米株は軟調、主要指数は2週続落 情報技術株に売り

米国株式市場は、情報技術関連株などに対する買いが衰えたことで、ナスダック総合は小幅安、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終えた。ダウ工業株30種はプラス圏で引けたものの、週足では3指数そろって2週連続で下落した。

NY市場サマリー(18日)S&P最高値、ドル2年3カ月ぶり安値

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが5日続落し、2年3カ月ぶりの安値に沈んだ。米連邦準備理事会(FRB)の刺激策の効果がドル安につながっているほか、米国株式市場ではS&P総合500種が最高値を更新した。

S&P最高値、強気相場入り 新型コロナ禍から回復

米国株式市場では、S&P総合500種<.SPX>が終値として過去最高値を更新した。3月23日に新型コロナウイルス感染拡大を受けて付けた安値からは約55%上昇。2月下旬に始まった弱気相場はS&P500種の歴史の中で最も短かった。

米ホーム・デポ、四半期売上高が過去最高 住宅改修品の需要好調

米ホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が18日発表した第2・四半期(8月2日まで)決算は、純売上高が過去最高に達した。新型コロナウイルス流行に伴う外出制限措置を背景に、塗料や工具など住宅改修関連製品の需要が急増する中、既存店売上高が少なくとも20年ぶりの大幅な伸びを記録した。

NY市場サマリー(17日)ナスダック最高値更新、ドルは下落

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落した。リスクオンの動きで安全資産の買い意欲が弱まり、米株市場ではナスダック総合<.IXIC>が最高値を更新したほか、S&P総合500種<.SPX>も最高値にあとわずかに迫った。

米株まちまち、ナスダックは最高値更新 ハイテク株堅調

米国株式市場はまちまち。ダウ平均株価<.DJI>は86ドル安で引ける一方、ナスダック総合指数<.IXIC>は100ポイント強値上がりし、終値で最高値を更新した。金融・工業株に売りが出る中、半導体大手エヌビディア<NVDA.O>などハイテク株は堅調だった。

米株3日続伸、早期景気回復期待高まる

米国株式市場は主要3株価指数が3日続伸した。5月の米小売売上高が大きく回復したことに加え、新たな景気刺激策が導入されるとの観測が出ていることで、米経済は予想よりも早く回復するとの期待が高まっている。

米ロウズ、第1四半期は増収増益 新型コロナ特需は縮小見込み

米ホームセンター大手ロウズ<LOW.N>が20日発表した第1・四半期(5月1日まで)決算は増収増益となった。新型コロナウイルス流行による行動制限を受けて日曜大工への支出が増えた。ただ、こうした傾向は今後数カ月で縮小するとの見方も示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up