for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハネウェル・インターナショナル・インク

HON.N

現在値

177.39USD

変化

1.38(+0.78%)

出来高

736,602

本日のレンジ

175.22

 - 

178.13

52週レンジ

123.52

 - 

183.12

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
176.01
始値
176.34
出来高
736,602
3か月平均出来高
57.02
高値
178.13
安値
175.22
52週高値
183.12
52週安値
123.52
発行済株式数
962.61
時価総額
124,357.40
予想PER
21.38
配当利回り
2.07

次のエベント

Q4 2019 Honeywell International Inc Earnings Release

適時開示

その他

The Abu Dhabi National Oil Company Selects Honeywell Platform For A Project

Honeywell Forecasts 7,600 New Business Jet Deliveries Over Next Decade Valued At $248 Bln

Honeywell Sees Continued Margin Improvement in Aero Unit In 2020 - Conf Call

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハネウェル・インターナショナル・インクとは

ハネウェル・インターナショナル(Honeywell International Inc.)は総合技術・製造会社。【事業内容】同社は航空宇宙、家庭・建築技 術、性能材料と技術、安全性・生産性のソリューションの4つの事業部門を通じてを行う。航空宇宙部門は、委託者ブランド名製造者(OEM)とその他の顧 客向けに航空機と自動車用の製品、ソフトウェア及びサービスを提供する。家庭・建築技術部門は、製品、ソフトウェア、ソリューション及び技術を提供し、家の所有者が接続して快適性、安全性及びエネルギー使用をコントロールすることを支援する。性能材料と技術部門は、材料、プロセス技術及びオートメーションソリューションの開発・製造に従事する。安全性・生産性のソリューション部門は、生産性、職場の安全性及び資産パフォーマンスを管理する顧客向けに製品、ソフトウェア及び接続されたソリューションを提供する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

300 S Tryon St

+1.704.6276200

http://honeywell.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Darius Adamczyk

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Gregory P. Lewis

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Que Thanh Dallara

President and Chief Executive Officer - Connected Enterprise

Rajeev Gautam

President and Chief Executive Officer - Performance Materials and Technologies

Vikram M. Kapur

President and Chief Executive Officer - Honeywell Building Technologies

統計

1.88 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

39.3K

2017

40.5K

2018

41.8K

2019(E)

36.8K
EPS (USD)

2016

6.600

2017

7.110

2018

8.010

2019(E)

8.139
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.37
株価純資産倍率(四半期)
6.87
株価キャッシュフロー倍率
17.73
総負債/総資本(四半期)
102.77
長期負債/資本(四半期)
61.30
投資利益率(過去12カ月)
14.17
自己資本利益率(過去12カ月)
9.74

最新ニュース

最新ニュース

米ハネウェル、通年売上高見通し下方修正 通商摩擦による投資減が重し

米複合企業ハネウェル・インターナショナルが17日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は売上高が予想に届かず、同社は通年の売上高見通しの上限を下方修正した。世界的に景気が減速する中、企業が支出に慎重になっていることが重しとなっている。

米製造業大手が決算発表へ、通商紛争の影響見極め

今週は米製造業大手が発表する第3・四半期決算が注目される。米経済の足腰の強さと米中通商紛争の影響を見極める重要な材料を投資家に提供するためだ。

アングル:中国拠点のOEM、米中摩擦で自社ブランド強化に舵

台北に本拠を置くロボット掃除機メーカーの松騰実業(マツテック)はこれまで10年以上も、フィリップス<PHG.AS>やハネウェル<HON.N>といった欧米企業とOEM(相手先ブランドによる生産)契約を結び、中国に設立した工場から米国などの海外市場に製品を出荷してきた。

中国、台湾向け武器売却に関連する米企業との取引停止を警告

中国外務省の耿爽報道官は15日の定例会見で、中国政府および企業は、台湾への武器売却に関連する米企業との取引を停止することになると述べた。ただ、具体的な企業名は挙げなかった。

中国、台湾向け武器売却に関連する米企業との取引停止を警告

中国外務省の耿爽報道官は15日の定例会見で、中国政府および企業は、台湾への武器売却に関連する米企業との取引を停止することになると述べた。

中国首相、「改革と開放にコミット」 海外企業トップらに表明

中国の李克強首相は20日、訪中している海外企業の経営幹部らに対し、中国は改革を開放に向けた長期的な方針を維持すると表明し、より多くの経済分野で市場へのアクセスに関する規制が緩和されるとの見解を示した。

G20前に米中閣僚級会合へ、首脳会談に先立ち通商協議

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は19日、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に先立ち、中国側の対米首席交渉官、劉鶴副首相と会談する見通しを示した。

米大手企業トップ、今週の中国首相との会合に出席=ブルームバーグ

米大手企業少なくとも5社の経営トップが今週、北京で開かれる中国の李克強首相との会合に出席することが19日、ブルームバーグの報道で明らかになった。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付けた。米指標が好調だった一方、欧州の製造業指標は弱かった。

米株市場は小幅高、経済指標・企業決算が堅調

米国株式市場では、主要3株価指数が小幅高で終了した。米経済指標のほか、企業決算が堅調だったことが追い風となった。

米ハネウェル、ボーイング新中型機の部品供給に関心

米複合企業ハネウェル・インターナショナルのグレッグ・ルイス最高財務責任者(CFO)は18日、米ボーイングが開発を検討中の新中型機(NMA)の部品供給で得られる収入について試算していることを明らかにした。

米ハネウェル、第1四半期は予想上回る 航空部門好調

米複合企業ハネウェル・インターナショナルが発表した第1・四半期決算は、航空旅客需要の高まりで航空機部品などの需要が押し上げられ、利益が予想を上回った。好調な四半期決算を受け、通年の業績見通しを上方修正した。

情報BOX:米中貿易摩擦、米国企業に与える影響と対応

米国と中国の貿易紛争が激化する中、米企業はその影響を和らげるための措置を講じている。米中両国は既に、お互いの国からの輸入にそれぞれ340億ドル(約3.8兆円)相当の関税を課した。

主要企業の決算発表相次ぐ、関税の影響を警戒=今週の米株式市場

関税措置が米製造業大手に悪影響を及ぼし始めている中、今週の米国株式市場は、相次ぐ米主要企業決算の発表を受け、不透明感や警戒感が高まる可能性がある。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが軒並み下落した。トランプ米大統領がドル高や利上げに改めて不満を表明し、前日に1年ぶり高値を付けた勢いがしぼんだ。トランプ大統領が、連邦準備理事会(FRB)が年内あと2回の利上げを実施すると懸念しているとCNBCが伝え、午後の取引でドルが下げ幅を拡大した。

米国株式市場は横ばい、企業の好決算と貿易摩擦懸念で売り買い拮抗

米国株式市場は横ばいで取引を終えた。企業の好決算が買い材料となる一方、貿易摩擦拡大への懸念が相場の上値を抑えた。

コラム:18年は米国で自社株買い急増、資産「焼却」の羽目に

2018年は米国で自社株買いが急増して、資産が「焼却」される羽目に陥りそうだ。共和党が提唱して成立した税制改革法には法人税率の引き下げや、海外で稼いだ利益の本国送金に対する課税の軽減措置が盛り込まれ、企業には恩恵がもたらされる。

コラム:トランプ米大統領の訪中、金融業界は「蚊帳の外」

米ホワイトハウスが中国で楽に得点しようとする中、金融サービス会社は脇に追いやられている。トランプ米大統領のアジア歴訪で、エネルギーやゼネラル・エレクトリック(GE)GE.Nなどの製造業は中国の新指導部と親密になる機会を得るだろうが、ウォールストリートからは同行しない。

トランプ氏訪中、商品・エネルギー企業が商談成立に期待

トランプ米大統領が11月に中国を訪問する際に通商使節団として同行する米企業は、エネルギーや商品(コモディティ)関連企業が目立つ。一方で、ハイテクや金融企業の参加はほとんどない。ロイターが関連資料を入手した。

米トランプ政権の税制改革、雇用拡大より投資家に恩恵の可能性

トランプ米大統領は、企業の事業投資と雇用拡大を促すために税制改革を実施すると表明しているが、一部大手企業は減税分の使い道について、労働者でなく投資家がより大きな恩恵を受ける計画を示している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up