for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハネウェル・インターナショナル・インク

HON.N

現在値

228.66USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

117.18

 - 

232.35

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
228.66
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
56.54
高値
--
安値
--
52週高値
232.35
52週安値
117.18
発行済株式数
694.56
時価総額
158,817.10
予想PER
28.56
配当利回り
1.63

次のエベント

Dividend For HON.N - 0.9300 USD

適時開示

その他

Honeywell Announces Transfer Of Stock Exchange Listing To Nasdaq

Garrett Motion Consensual Plan Of Reorganization Receives Court Approval

Honeywell Overdelivers On All Guided Metrics In Q1, Raises Full-Year Sales And Adjusted EPS Guidance

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ハネウェル・インターナショナル・インクとは

ハネウェル・インターナショナル(Honeywell International Inc.)は総合技術・製造会社。【事業内容】同社は航空宇宙、家庭・建築技 術、性能材料と技術、安全性・生産性のソリューションの4つの事業部門を通じてを行う。航空宇宙部門は、委託者ブランド名製造者(OEM)とその他の顧 客向けに航空機と自動車用の製品、ソフトウェア及びサービスを提供する。家庭・建築技術部門は、製品、ソフトウェア、ソリューション及び技術を提供し、家の所有者が接続して快適性、安全性及びエネルギー使用をコントロールすることを支援する。性能材料と技術部門は、材料、プロセス技術及びオートメーションソリューションの開発・製造に従事する。安全性・生産性のソリューション部門は、生産性、職場の安全性及び資産パフォーマンスを管理する顧客向けに製品、ソフトウェア及び接続されたソリューションを提供する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

300 S Tryon St

CHARLOTTE, NC

28202-1040

United States

+1.704.6276200

https://www.honeywell.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Darius Adamczyk

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Gregory P. Lewis

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Que Thanh Dallara

President and Chief Executive Officer - Connected Enterprise

Rajeev Gautam

President and Chief Executive Officer - Performance Materials and Technologies

Vimal M. Kapur

President and Chief Executive Officer - Honeywell Building Technologies

統計

2.15 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

41.8K

2019

36.7K

2020

32.6K

2021(E)

34.9K
EPS (USD)

2018

8.010

2019

8.160

2020

7.100

2021(E)

8.005
株価売上高倍率(過去12カ月)
34.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.87
株価純資産倍率(四半期)
8.83
株価キャッシュフロー倍率
27.35
総負債/総資本(四半期)
118.58
長期負債/資本(四半期)
89.65
投資利益率(過去12カ月)
11.06
自己資本利益率(過去12カ月)
7.78

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(23日)米国株反発、ドル下落 利回り小動き

<為替> 米国債利回りの頭が重かったことで、ドルが主要通貨に対し下落した。市場では来週の連邦公開市場委員会(FOMC)が注目されている。

米株は反発、好調な指標追い風 来週のハイテク決算に注目

米国株式市場は反発。好調な米指標を追い風に、S&P総合500種は終値で最高値に迫った。また、好決算への期待から、来週四半期決算を発表するハイテク大手の銘柄に買いが入った。

NY市場サマリー(9日)ドル小幅高、ダウとS&P最高値

<為替> ドル指数が小幅高。米中の物価統計が予想を上回る中、米国債利回りの上昇につられる格好となった。

米国株、ダウ・S&P最高値 グロース株の好調継続

米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種とS&P総合500種が終値で最高値を更新した。米10年債利回りの低下を追い風にハイテクなどのグロース株の好調が続く中、ダウとS&Pは3週連続で上昇した。

米アマゾン、ベゾス氏がCEO退任へ 第4四半期は3期連続最高益

米アマゾン・ドット・コムは2日、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が今年第3・四半期に会長に退くと発表した。同時に発表した2020年第4・四半期決算は3四半期連続の過去最高益となり、売上高は四半期として初めて1000億ドルを超えた。

米、中国・ロシアの軍関連企業リスト公表 取引制限の対象に

米政府は21日、軍と関係があるとみられる中国やロシアの企業のリストを公表した。これらの企業は広範囲の米製品・技術の購入が制限される。

NY市場サマリー(3日)ドル下落、米株急伸

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが下落。3日投開票の米大統領選で民主党のバイデン大統領候補が勝利し、大規模な景気刺激策が実施されるとの見方から、リスク選好の動きが高まった。

米国株式市場=大幅高、バイデン氏勝利と追加刺激策に期待

米大統領選の投票日となった3日の米国株式市場は、大幅上昇して取引を終えた。結果判明のプロセスが長引かず、追加財政刺激策が早期に打ち出されるとの期待が高まった。

米株反落、ワクチン期待後退 景気対策巡る不透明感も圧迫

米国株式市場は反落。新型コロナウイルスワクチン治験中断を巡るニュースや追加のコロナ経済対策を巡る不透明感がセンチメントを圧迫した。企業の四半期決算も注目された。

今日の株式見通し=強もちあい、利益確定売りこなしつつ値固めに

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定されている。引き続きワクチン開発の期待を頼りに強い地合いを維持する公算が大きいが、時価水準では戻り売りが厚いとみられ、一本調子では上昇しにくいという。コロナショック以前の株価に到達したことで目標達成感も生じることから、利益確定売りをこなしつつ値固めの展開になるとの見方が出ている。

NY市場サマリー(25日)S&P・ナスダック最高値更新、ドル下落

<為替> ドルが下落。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を27日に控え、警戒感が漂っている。また、予想を上回るドイツ業況指数を受け、ユーロ買いが膨らんだ。

S&P・ナスダック連日の最高値、コロナ治療期待や米中協議受け

米国株式市場は、S&P総合500種指数<.SPX>とナスダック総合指数<.IXIC>が連日で最高値を更新する一方、ダウ工業株30種<.DJI>は60ドル値下がりした。新型コロナウイルス治療への期待や米中通商協議の進展が相場の下支えになった。

米大統領、イラク駐留米軍撤収を確約 イランが敵対行動なら支援

トランプ米大統領は20日、イラクのカディミ首相と初会談を行い、同国に駐留する米軍の撤収を改めて確約した。ただイランが敵対的な行動を起こした場合、イラクを支援する用意があると表明した。

シェブロンなど米5社、イラクのエネルギー関連事業で合意

米石油大手シェブロン<CVX.N>を含む米企業5社は19日、イラク政府と同国でのエネルギー関連事業に関する合意に署名した。エネルギー部門でのイラン依存脱却を後押しする狙いがある。20日にはトランプ米大統領と訪米中のイラクのカディミ首相による会談が控える。

NY市場サマリー(24日)米株続落、ドルは下落

<為替> 安全通貨である円が上昇し、4カ月超ぶりの高値を付けた。一方、ドルは売られ、約2年ぶりの安値を形成。新型コロナウイルス感染者の増加継続や米国の新型コロナ対策法案の遅れ、米中間の緊張懸念などを背景に、リスク選好の動きが後退した。

米国株続落、決算やコロナ感染が重し インテル大幅安

米国株式市場は続落して取引を終えた。週末を控える中、軟調な企業決算や新型コロナウイルス感染者の急増、地政学的な不確実性などを背景に幅広く売りが出た。

米副大統領は自主隔離下にない、11日も勤務継続=報道官

ペンス米副大統領が側近の新型コロナウイルス感染を受けて自主隔離に入ったとの一部報道について、デビン・オマリー報道官はこれを否定。11日もホワイトハウスで執務する予定であることを明らかにした。

米副大統領が自主隔離、側近の新型コロナ感染で=ブルームバーグ

ペンス米副大統領は、側近の新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、自主隔離に入った。米ブルームバーグの記者がツイッターへの投稿で報じた。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7日現在)

ノルウェー中央銀行は7日、政策金利を0.25%から0%に引き下げた。市場では据え置き予想が大勢だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を和らげるため利下げに踏み切った。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7日現在)

フランス保健当局は6日、新型コロナウイルス感染症による死者が278人(1.1%)増加し、2万5809人に達したと発表した。累計の死者数は世界で5番目に多く、4番目に高いスペインの死者数に迫っている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up