for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヒューレット・パッカード・カンパニー

HPQ.N

前日終値

19.65USD

変化

-0.05(-0.25%)

出来高

3,194,766

本日のレンジ

19.54

 - 

19.90

52週レンジ

15.93

 - 

24.17

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
19.70
始値
19.80
出来高
3,194,766
3か月平均出来高
307.31
高値
19.90
安値
19.54
52週高値
24.17
52週安値
15.93
発行済株式数
1,481.91
時価総額
29,193.70
予想PER
8.91
配当利回り
3.58

次のエベント

Q4 2019 HP Inc Earnings Release

適時開示

その他

HP Board Of Directors Unanimously Rejects Unsolicited Xerox Proposal

Carl Icahn Makes Case For Xerox-HP Union - WSJ

Hp Inc Says Board Has Declared Cash Dividend Of $0.1762 Per Share On Co's Stock

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヒューレット・パッカード・カンパニーとは

エッチ・ピー(HP Inc.)は個人消費者、政府・保健・教育セクターの中小企業(SMB)及び大手企業向けに製品、技術、ソフトウェア、ソリューション及びサービスを提供する会社である。【事業内容】同社はパソコンとその他のアクセスデバイス、イメージングと印刷製品、並びに関連する技術、ソリューションおよびサービスを提供する。同社は3つの事業を運営する。パーソナルシステム事業は、商業用パソコン(PC)、コンシューマPC、ワークステーション、シンクライアント、コマーシャルタブレットとモビリティデバイス、小売販売時点管理システム、ディスプレイとその他のアクセサリ、ソフトウェア、及びサポートとサービスを提供する。印刷事業は消費者および商用プリンタのハードウェア、消耗品、メディア、ソリューションおよびサービス、スキャンデバイスを提供する。法人投資事業にはHP Labsの業務と特定のビジネスインキュベーションプロジェクトが含まれる。

業種

Computer Hardware

連絡先

1501 Page Mill Rd

+1.650.8571501

http://www.hp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Charles V. Bergh

Independent Chairman of the Board

Enrique J. Lores

President, Chief Executive Officer, Director

Steve J. Fieler

Chief Financial Officer

Alex Cho

President - Personal Systems Business

Kim M. Rivera

President - Strategy and Business Management and Chief Legal Officer

統計

2.87 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

48.2K

2017

52.1K

2018

58.5K

2019(E)

58.6K
EPS (USD)

2016

1.600

2017

1.650

2018

2.020

2019(E)

2.212
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.50
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
5.94
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
51.13
自己資本利益率(過去12カ月)
12.71

最新ニュース

最新ニュース

米HP、ゼロックスによる買収案拒否 逆買収による統合に含み

米パソコン大手HP<HPQ.N>は17日、米事務機器大手・ゼロックス<XRX.N>が提示した現金と株式交換の組み合わせによる335億ドルの買収案について、自社の価値を「著しく過小評価」しているとして拒否したことを明らかにした。その上で、ゼロックスに対する逆買収を模索する意向を示した。

アイカーン氏、HP株も取得 ゼロックスとの統合案を支持=WSJ

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は13日、著名投資家のカール・アイカーン氏が米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>と米パソコン大手HP<HPQ.N>の統合案を後押ししていると伝えた。

著名投資家アイカーン氏、ゼロックスとHPの統合案を支持=WSJ

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は13日、著名投資家のカール・アイカーン氏が米事務機器大手ゼロックスと米パソコン大手HPの統合案を後押ししていると伝えた。

米ゼロックス、HP買収提案 総額330億ドルの可能性=関係筋

複数の関係筋によると、米事務機器大手・ゼロックス<XRX.N>は、米パソコン大手HP<HPQ.N>に対して買収提案を行った。現金と株式交換の組み合わせによる買収で、買収額は約330億ドルと、ゼロックスの時価総額の3倍以上となる。

米ゼロックス、米パソコン大手HPの買収を検討=WSJ

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は5日、米事務機器大手ゼロックスが米パソコン大手HPの買収を検討していると報じた。現金と株式交換を組み合わせ、HPの時価総額である270億ドルを上回る価格での買収が検討されているという。

NY市場サマリー(4日)

<為替> ドルが小幅下落。9月の米雇用統計を受けて取引序盤には上昇したが、米国の政局リスクや米中通商協議の行方などを巡る懸念が重しとなった。

米国株は大幅続伸、「適温」の雇用統計を好感

米国株式市場は大幅続伸。S&P総合500は1日としては8月16日以来の大幅高となった。朝方発表された9月の米雇用統計が「ゴルディロックス(適温)」な内容となり、米景気後退(リセッション)懸念が後退した。

ダウ急落623ドル安、米中摩擦の激化で売り膨らむ

米国株式市場はほぼ全面安の展開となり、ダウ平均株価<.DJI>は623ドル値下がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数<.IXIC>も3%安で取引を終了した。中国が米国製品に対する追加報復関税を発表し、トランプ大統領も米企業に中国からの撤退を要求するなど、米中貿易摩擦が一段と激しさを増したことを嫌気し、売り注文が相次いだ。

NY市場サマリー(23日)

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.52対1の比率 で上回った。ナスダックは5.27対1で値下がり銘柄数が多かった。米取引所の合算出 来高は80億7000万株。直近20営業日の平均は75万8000万株。 米国株式市場: <金先物> 米中貿易摩擦の激化やパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の 発言を背景に買い進まれ、大幅反発した。中心限月12月物の清算値は前日比29.10 ドル(1.93%)高の1オンス=1537.60ドル。 中国政府はこの日、米国による制裁関税「第4弾」に対する報復として、米製品75 0億...

コラム:アップルが序章、生産の「脱・中国」は止められない

米アップル<AAPL.O>が模索を始めた生産の脱・中国は、「長征」さながらの長い道のりながら、避けられない動きだ。

米アップル、対中関税に反対表明 「世界市場で競争力低下」

米アップル<AAPL.O>は、トランプ米政権が計画する対中追加関税に反対する意向を示した。導入されれば、同社の米経済への貢献が低下し、世界市場における同社の競争力が損なわれると主張した。同社の見解が20日、政府のウェブサイトに掲載された。

米アップル、対中関税に反対表明 「世界市場で競争力低下」

米アップルは、トランプ米政権が計画する対中追加関税に反対する意向を示した。導入されれば、同社の米経済への貢献が低下し、世界市場における同社の競争力が損なわれると主張した。同社の見解が20日、政府のウェブサイトに掲載された。

対中関税、デルなど4社がノートパソコンとタブレットの適用外要請

米デル・テクノロジーズ<DELL.N>、HPインク<HPQ.N>、マイクロソフト<MSFT.O>、およびインテル<INTC.O>は19日に共同声明を発表し、トランプ米大統領が計画する対中追加関税の対象にノートパソコンとタブレット端末を含まないよう訴えた。

米デルの第4四半期、売上高が市場予想上回る 再上場後初の決算

米パソコン大手のデル・テクノロジーズ<DELL.N>が28日発表した第4・四半期(2月1日終了)決算は、売上高が市場予想を上回った。サーバーとネットワーク機器の需要が堅調に推移しており、年間の売上高見通しも予想を上回った。

米デルの第4四半期、売上高が約9%増加 時間外で株価上昇

米パソコン大手のデル・テクノロジーズが28日発表した第4・四半期(2月1日終了)決算は、売上高が約9%増加した。サーバーとネットワーク機器の需要が堅調だった。

米国株式市場=小幅安、企業決算や米中通商協議巡る懸念が重し

米国株式市場は小幅下落して取引を終えた。第4・四半期の国内総生産(GDP)統計が予想を上回り相場の下支えとなる一方、企業決算や米中通商協議を巡る懸念が重しとなった。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが対円で10週間ぶり高値。朝方発表された米国の第4・四半期実質国内総生産(GDP)伸び率が予想を上回ったことが追い風となった。ドルは対ユーロでの下げ幅も縮小した。

HPインク、8─10月期は売上高が予想上回る PC事業好調

米HPインク<HPQ.N>が29日発表した第4・四半期(8─10月)決算は、売上高がアナリスト予想を上回った。パソコンなどを含む主力のパーソナルシステム事業が伸びたほか、韓国サムスン電子のプリンター事業買収が寄与した。

HPインク、8─10月期は売上高が予想上回る PC事業好調

米HPインクが29日発表した第4・四半期(8─10月)決算は、売上高がアナリスト予想を上回った。パソコンなどを含む主力のパーソナルシステム事業が伸びたほか、韓国サムスン電子のプリンター事業買収が寄与した。

米国株は上昇、イタリア政局懸念後退で

米国株式市場は上昇して終了した。イタリアの政局混迷が和らぐ兆しを見せていることに加え、原油高でエネルギー関連株に買いが入ったことが押し上げ要因となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up