for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション

IBM

現在値

128.39USD

変化

0.00(-0.00%)

出来高

4,905,506

本日のレンジ

127.67

 - 

129.24

52週レンジ

90.56

 - 

158.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
128.39
始値
128.28
出来高
4,905,506
3か月平均出来高
117.37
高値
129.24
安値
127.67
52週高値
158.75
52週安値
90.56
発行済株式数
891.06
時価総額
114,402.80
予想PER
15.21
配当利回り
5.08

次のエベント

Q4 2020 International Business Machines Corp Earnings Release

適時開示

その他

Larsen & Toubro Infotech Expands Multi-Year Alliance With IBM

Red Hat To Acquire Kubernetes-Native Security Leader StackRox

IBM Appoints Martin Schroeter As CEO Of "Newco" Independent Managed Infrastructure Services Business To Spin Out From IBM

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションとは

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(International Business Machines Corp)は、テクノロジー会社である。【事業内容】クラウド及びコグニティブソフトウェア、グローバルビジネスサービス、グローバルテクノロジーサービス、システム、グローバルファイナンスの5つのセグメントで事業を行う。クラウド及びコグニティブソフトウェアソリューションセグメントは、統合された安全なクラウド、データ、人工知能(AI)ソリューションを顧客に提供する。コグニティブアプリケーション、クラウド及びデータプラットフォーム、トランザクション処理プラットフォームの3つのビジネス領域で構成される。グローバルビジネスサービスセグメントは、コンサルティング、ビジネスプロセス及びアプリケーション管理サービスを提供する。グローバルテクノロジーサービスセグメントは、情報技術(IT)インフラストラクチャ及びプラットフォームサービスを提供する。システムセグメントは、マルチクラウド及びエンタープライズAIワークロードの要件を満たすのに役立つインフラストラクチャプラットフォームを提供する。グローバルファイナンスセグメントは、主にIBM Credit LLCを通じてファイナンス事業、並びに再製造とリマーケティング事業を行う。

業種

Computer Services

連絡先

1 New Orchard Rd

ARMONK, NY

10504-1722

United States

+1.914.4991900

https://www.ibm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Arvind Krishna

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

James M. Whitehurst

President

Gary D. Cohn

Vice Chairman

James J. Kavanaugh

Senior Vice President, Chief Financial Officer, Finance and operation

Diane J. Gherson

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President

統計

2.59 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

79.1K

2018

79.6K

2019

77.1K

2020(E)

74.0K
EPS (USD)

2017

13.800

2018

13.810

2019

12.810

2020(E)

8.428
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.52
株価純資産倍率(四半期)
5.39
株価キャッシュフロー倍率
7.80
総負債/総資本(四半期)
308.44
長期負債/資本(四半期)
259.94
投資利益率(過去12カ月)
6.96
自己資本利益率(過去12カ月)
5.28

最新ニュース

最新ニュース

米IBM、2425万ドルの和解金支払いで合意 補助金巡る調査で

米IBMは、学校や図書館のブロードバンド化に向け支給された補助金に関する連邦通信委員会(FCC)の調査2件を巡り、和解金2425万ドルを支払うことで合意した。

S&P下落、コロナ変異種巡る懸念で 経済対策受け下げ幅縮小

米国株式市場は、S&P総合500種が下落して取引を終えた。ただ一時の大幅な下げからは持ち直した。新型コロナウイルスの変異種を巡る懸念が重しとなる一方、米議会指導部が合意した追加経済対策に支援された。

アングル:S&P500種指数、テスラ急騰で大型株の影響力拡大へ

19日の米株式市場では、S&P総合500種指数<.SPX>への採用が決まった電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>が続伸し、時価総額5000億ドルが視野に入った。

米アップル、自社チップ「M1」搭載のMacBookなど発表

米アップル<AAPL.O>は10日、自社開発のプロセッサー「M1」を搭載したラップトップパソコン「MacBook Air(マックブック・エア)」などの新商品を発表した。

米アップル、自社チップ「M1」搭載のMacBookなど発表

米アップルは10日、自社開発のプロセッサー「M1」を搭載したラップトップパソコン「MacBook Air(マックブック・エア)」などの新商品を発表した。

米経済界、バイデン氏に祝意 コロナ対策やインフラ投資に期待

米国の経済界は、大統領選で勝利した民主党のバイデン前副大統領と協力していく意向を相次いで表明、新型コロナウイルス対策やインフラ投資で迅速な行動に期待を寄せている。

米IBM、通信会社向けクラウドプラットフォーム事業に参入

米IBM<IBM.N>は5日、通信会社向けのクラウドプラットフォーム事業を立ち上げ、フィンランドのノキア<NOKIA.HE>、韓国のサムスン電子<005930.KS>の2社と提携した。

インド株式市場・序盤=反発、リライアンスやIT銘柄に買い

インド 日本時間14時0 前日比 % 始値 分 SENSEX指数<. 39,865.25 + 115.40 + 0.29 39,779.82 BSESN> 前営業日終値 39,749.85 日本時間13時59 前日比 % 始値 分 NSE指数 11,714.75 + 43.95 + 0.38 11,678.45 前営業日終値 11,670.80 インド株式市場は反発。この日決算発表を予定する石油大手インディアン・オイル・ コープ(IOC)と複合企業リライアンス・インダストリーズが上昇、IT銘柄も下支え している。 0345GMT(日本時間午後...

NY市場サマリー(20日)ドル1カ月ぶり安値、米株上昇

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落し、主要通貨に対して1カ月 ぶりの安値を付けた。市場は米大統領選を前に追加の景気刺激策の行方を注目しているほ か、欧州の新型コロナウイルス再拡大も懸念された。 ドル指数は2日続落し、9月21日以来の92.991まで下落。民主党のペ ロシ下院議長は、政権側との経済対策取りまとめについて楽観的だと述べた。 ユーロは0.49%高の1.184ドルと、1カ月ぶり高値を付けた。 ストーンエックスのグローバル市場ストラテジスト、ユセフ・アバシ氏は、「ドル安 が長期化する可能性があると考えるべき」とし、...

米株上昇、ダウ113ドル高 コロナ追加対策巡る楽観で

米国株式市場は上昇して取引を終えた。米国の新型コロナウイルス追加経済対策を巡る楽観的な見方が強まった。民主党のペロシ下院議長は来月初旬までの支援実現に向けホワイトハウスと合意できると発言。20日中にも合意の兆しが見られるはずだと述べた。

米IBM、第3四半期は売上高が予想上回る クラウド事業好調で

米IBM<IBM.N>が19日発表した第3・四半期決算は、売上高が市場予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で企業のデジタル化が加速し、クラウドコンピューティング事業の需要が高まったことが寄与した。

米IBM、第3四半期は売上高が予想上回る クラウド事業好調で

米IBMが19日発表した第3・四半期決算は、売上高が市場予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で企業のデジタル化が加速し、クラウドコンピューティング事業の需要が高まったことが寄与した。

NY市場サマリー(19日)ドル小幅安、米株は下落

市場では、民主党が上院で過半数を奪還すれば、大規模な財政支援策が可決される可 能性が高まるとの見方から、選挙後は長期債利回りが上昇するとの観測も出ている。ただ 、感染拡大で経済活動が阻害される中、連邦準備理事会(FRB)は当面は低金利政策を 維持すると見られており、国債利回りに対する下向き圧力は解消しないとの見方も強い。 シーポート・グローバル・ホールディングス(ニューヨーク)のマネジング・ディレ クター、トム・ディガロマ氏は「コロナ禍で経済が痛手を受ける中、金利はかなりの低水 準で推移する」との見方を示した。 財務省は21日に220億...

米株下落、ダウ410ドル安 コロナ経済対策巡る不透明感で

米国株式市場は下落。追加の新型コロナウイルス経済対策協議が期日の20日までに合意に至る道筋はまだ見えていない。ペロシ下院議長は前日、11月3日の米大統領選前の議会通過には、20日までの合意が必要との認識を示していた。

米IBMが分社化発表、クラウド事業に注力へ 創業109年目の大転換

米IBM<IBM.N>は8日、データセンターの技術サポートなどアウトソーシングサービスを提供するITインフラサービス部門を2021年末までに別会社として分離し、上場させる計画を発表した。従来事業からの多角化を図り、利益率の高いクラウド事業に注力するこれまでの取り組みの総決算となる。

NY市場サマリー(8日)追加経済対策期待で株続伸 ドル横ばい

米追加経済対策を巡っては、トランプ大統領が6日、「大統領選が終わるまでコロナ対策を巡る協議を停止するよう指示した」と突然表明した後に、個別の対策の承認を呼び掛けるなど状況が二転三転し、リスク心理の振れに従い、ドル相場も揺れてきた。

米株続伸、ダウ122ドル高 追加経済対策巡る協議再開で

米国株式市場は続伸して取引を終えた。トランプ大統領の発言を受け、追加の新型コロナウイルス経済対策への期待が高まった。一方、この日発表された新規失業保険申請件数は、労働市場の回復ペースが鈍化しているという見方を裏付ける内容になった。

米IBMが分社化発表、クラウド事業に注力へ

米IBMは8日、従来事業からの多角化を図り、利益率の高いクラウド事業に注力する取り組みとして、2社に分割することを発表した。

米FCCはソーシャルメディア規制導入拒否を、業界団体が訴え

フェイスブック<FB.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などが加盟するインターネット協会は2日、連邦通信委員会(FCC)に対し、トランプ政権が求めている、ソーシャルメディアが有害な投稿を削除する権限を狭める規制導入への要請を拒否するよう求めた。

米大手企業CEO、マイノリティー雇用促進で団体結成

米大手企業の首脳がマイノリティーの雇用促進を目指す団体「ニューヨーク・ジョブズ・CEOカウンシル」を結成した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up