for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション

IBM.N

現在値

118.09USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

90.60

 - 

158.72

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
118.09
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
94.10
高値
--
安値
--
52週高値
158.72
52週安値
90.60
発行済株式数
890.58
時価総額
105,827.50
予想PER
10.72
配当利回り
5.49

次のエベント

Q3 2020 International Business Machines Corp Earnings Release (Preliminary)

適時開示

その他

Australia's Fair Work Ombudsman Says IBM Back-Paid Australian Employees More Than $12 Mln

IBM And ESPN Announce New Feature In Fantasy Football App

Crealogix And IBM Collaborate To Help Banks Accelerate Digital Transformation

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションとは

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(International Business Machines Corporation)は技術会社である。【事業内容】同社はコグニティブ・ソリューション、グローバル・ビジネス・サービス(GBS)、技術サービスとクラウド・プラットフォーム、システム及びグローバル・ファイナンシングという5つの事業区分により構成される。コグニティブ・ソリューション事業は記述的・予測的・規範的分析から認知システムまで各種機能を提供して、自然言語で対話し、ビッグ・データを処理し、人々とコンピュータとのやりとりから学ぶ能力を持つコグニティブ・コンピューティング・プラットフォームであるWatsonを含む。GBS事業はクライアントにコンサルティング、アプリケーション管理サービス、グローバルなプロセス・サービスを提供する。技術サービスとクラウド・プラットフォーム事業は情報技術インフラストラクチャー・サービスを提供する。システム事業はクライアントにインフラストラクチャー技術を提供する。グローバル・ファイナンシング事業は顧客金融、商業資金調達、再製造及びリマーケティングを含む。

業種

Computer Services

連絡先

1 New Orchard Rd

ARMONK, NY

10504-1722

United States

+1.914.4991900

https://www.ibm.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Virginia M. Rometty

Executive Chairman of the Board

James M. Whitehurst

President

Arvind Krishna

Chief Executive Officer, Director

James J. Kavanaugh

Senior Vice President, Chief Financial Officer, Finance and operation

Diane J. Gherson

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President

統計

2.61 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

79.1K

2018

79.6K

2019

77.1K

2020(E)

74.0K
EPS (USD)

2017

13.800

2018

13.810

2019

12.810

2020(E)

11.067
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.25
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.40
株価純資産倍率(四半期)
5.15
株価キャッシュフロー倍率
7.22
総負債/総資本(四半期)
315.01
長期負債/資本(四半期)
269.81
投資利益率(過去12カ月)
7.04
自己資本利益率(過去12カ月)
5.19

最新ニュース

最新ニュース

米FCCはソーシャルメディア規制導入拒否を、業界団体が訴え

フェイスブック<FB.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などが加盟するインターネット協会は2日、連邦通信委員会(FCC)に対し、トランプ政権が求めている、ソーシャルメディアが有害な投稿を削除する権限を狭める規制導入への要請を拒否するよう求めた。

米大手企業CEO、マイノリティー雇用促進で団体結成

米大手企業の首脳がマイノリティーの雇用促進を目指す団体「ニューヨーク・ジョブズ・CEOカウンシル」を結成した。

マイクロソフト、アジュール売上高伸び率初の50%割れ 4─6月期

米マイクロソフト<MSFT.O>が22日発表した第4・四半期(4─6月)決算は、市場予想を上回る増収となったものの、クラウドサービス「アジュール」の売り上げの伸びが47%と、初めて50%を下回った。

米IBM、4-6月決算は予想上回る デジタル化加速でクラウド好調

米IBM<IBM.N>が20日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は減収減益となったものの、売上高と調整後の1株利益が予想を上回った。新型コロナウイルス流行に伴い大企業のデジタル化が加速する中、利益率の高いクラウドコンピューティング事業が堅調だったことが貢献した。

NY市場サマリー(20日)ユーロ/ドル4ヵ月ぶり高値、ナスダック最高値

<為替> ニューヨーク外為市場ではユーロが対ドルで約4カ月ぶりの高値を更新。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済の立て直しに向け、欧州連合(EU)が総額7500億ユーロの復興基金案で近く合意するとの期待が追い風となった。

米IBM、第2四半期決算予想上回る クラウド好調

米IBMが20日に発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は減収減益となったものの、売上高と調整後の1株利益が予想を上回った。利益率の高いクラウドコンピューティング事業が堅調だったことが貢献した。決算発表を受け、株価は時間外取引で約6%上昇している。

ナスダック最高値、有望なワクチン治験結果など追い風

米国株式市場は上昇して取引を終えた。ハイテク株が買われ、ナスダック総合が終値ベースで最高値を更新した。新型コロナウイルスの新規感染者数は増加しているものの、新型コロナ感染症ワクチンの有望な治験結果が追い風となった。

マイクロソフト、警察への顔認証システム販売を一時停止

米マイクロソフト<MSFT.O>は11日、米国で顔認証システムの乱用を防ぐ規制が制定されるまで、警察への同システムの販売を見合わせるすると発表した。

米IBM、顔認証事業から撤退へ CEOが議員宛て書簡で表明

米IBM<IBM.N>のクリシュナ最高経営責任者(CEO)は8日、米有力議員らに宛てた書簡で、顔認証・分析ソフトウエアの提供をやめる方針を明らかにするとともに、国民の監視や人種的分析を目的とした使用に反対を表明した。

米IBM、顔認証事業から撤退へ CEOが議員宛て書簡で表明

米IBMのクリシュナ最高経営責任者(CEO)は8日、米有力議員らに宛てた書簡で、顔認証・分析ソフトウエアの提供をやめる方針を明らかにするとともに、国民の監視や人種的分析を目的とした使用に反対を表明した。

みずほ、システム運用子会社に日本IBMが65%出資へ

みずほフィナンシャルグループ<8411.T>は2日、みずほのシステム運用業務を担う子会社、みずほオペレーションサービスの発行済み株式65%を6月末までに日本IBMに売却すると発表した。みずほオペレーションサービスは両社の合弁会社となり、みずほの出資比率は35%となる。

米フェイスブックとスナップ、人種差別を非難 黒人暴行死受け

米ミネソタ州で黒人男性が白人警官に暴行され死亡した事件を巡る抗議デモが広がる中、写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営するスナップ<SNAP.N>とフェイスブック<FB.O>は1日、人種間の不平等を非難する立場を表明した。

米政府諮問委、将来の雇用創出でデジタルインフラの重要性訴え

アップル<AAPL.O>など米大手企業のトップがメンバーの「ホワイトハウス労働力政策諮問委員会」は19日、官民が協力して、未来の雇用創出を支援する新たなデジタルインフラを構築するよう呼び掛ける見通し。関係者が明らかにした。

米アマゾン、禁輸措置対象の中国企業から検温カメラ購入=関係筋

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が新型コロナウイルス対策のため、米政府から禁輸措置を受けている中国の監視カメラ製造大手から体温測定カメラを購入していることが分かった。事情に詳しい関係者3人がロイターに明らかにした。

米株続落、原油安・企業業績が懸念材料

米国株式市場は続落して終了した。原油価格の急落に加え、企業の業績見通し悪化を受け、深刻な景気減速に対する懸念が高まっていることが重しとなった。

米IBM、新型コロナ受け20年通期見通し撤回 配当は継続へ

米IBM<IBM.N>は20日、新型コロナウイルスによる不透明性を理由に2020年の通期見通しを撤回すると明らかにした。ただ、同社顧客は新型コロナ危機の影響が比較的小さく、配当支払いは継続するとした。

ダウ平均592ドル安、米原油先物が史上初のマイナスに

米国株式市場は下落して取引を終えた。米原油先物が史上初のマイナス圏に陥ったことを受け、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による世界経済への悪影響が改めて浮き彫りになった。

米IBM、新型コロナ受け20年通期見通し撤回 配当は継続へ

米IBMは20日、新型コロナウイルスによる不透明性を理由に2020年の通期見通しを撤回すると明らかにした。ただ、同社顧客は新型コロナ危機の影響が比較的小さく、配当支払いは継続するとした。

米企業決算シーズン本格化、バランスシートなどに注目

米企業の決算シーズンが20日からの週に本格化する。投資家にとっては、新型コロナウイルスによる企業のバランスシートへの影響などについて手掛かりを得る機会となる。

JPモルガン、配当停止も 今年は「深刻な景気後退」に=CEO

米銀最大手JPモルガン・チェース<JPM.N>のダイモン最高経営責任者(CEO)は6日、今年は「深刻な景気後退」に陥るとの見方を示した。新型コロナウイルスの危機が悪化すれば配当を停止する可能性があると述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up