for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループ

ICAG.L

現在値

113.26GBp

変化

-3.54(-3.03%)

出来高

2,202,968

本日のレンジ

113.16

 - 

115.48

52週レンジ

108.58

 - 

196.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
116.80
始値
115.24
出来高
2,202,968
3か月平均出来高
477.45
高値
115.48
安値
113.16
52週高値
196.14
52週安値
108.58
発行済株式数
4,952.29
時価総額
5,763.45
予想PER
-52.55
配当利回り
7.44

次のエベント

Half Year 2022 International Consolidated Airlines Group SA Earnings Release

適時開示

その他

DOHA- British Airways owner IAG CEO says a challenge to find ground staff

International Consolidated Airlines Appoints Heather Ann Mcsharry As Senior Independent

IAG Expects North Atlantic Traffic Back To 2019 Level This Summer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループとは

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループ(International Consolidated Airlines Group SA)は、航空事業及び付随業務を行う会社である。【事業内容】セグメントには、ブリティッシュエアウェイズ、イベリア、ブエリング、エアリンガスおよびその他のグループ会社が含まれる。イギリス、スペイン、アイルランドの航空会社を組み合わせる。268以上の目的地に約529機の航空機がある。ボーイング747航空機、エアバスA340航空機、エアバスA320航空機、エアバスA330-200航空機、ボーイング777-200航空機、エンブラーE170航空機を含む多様な航空機フリートサービスを運営する。子会社を通じ、航空会社のマーケティング、航空会社の運営、保険、航空機のメンテナンス、保管および保管サービス、航空貨物の運営、貨物輸送サービスの提供を行う。ロンドン、マドリッド、バルセロナ、ローマ、ダブリンなどの都市でサービスを提供する。

業種

Airline

連絡先

Waterside (HAA2),

PO Box 365

HARMONDSWORTH, MAD

UB7 0GB

United Kingdom

https://www.iairgroup.com/es

エグゼクティブリーダーシップ

Javier Ferran Larraz

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Luis Gallego Martin

Chief Executive Officer, Executive Director

Steve Gunning

Chief Financial Officer

Adam Daniels

Chairman and Chief Executive Officer of IAG Loyalty

Sean Doyle

Chief Executive Officer of British Airways

統計

2.50 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

25.5K

2020

7.8K

2021

8.5K

2022(E)

21.0K
EPS (EUR)

2019

0.775

2020

-1.230

2021

-0.610

2022(E)

-0.026
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.79
株価純資産倍率(四半期)
7.97
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
2,325.83
長期負債/資本(四半期)
2,033.81
投資利益率(過去12カ月)
-14.70
自己資本利益率(過去12カ月)
-9.06

最新ニュース

最新ニュース

英BAのヒースロー空港従業員が賃上げスト支持 今夏の繁忙期実施も

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の同国ヒースロー空港の地上職従業員が23日、労組の実施した投票で賃上げストを支持した。

再送-欧州株式市場=続落、FRBの大幅利上げ懸念で

(画面に正しく表示されなかったため再送します) [13日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は5営業日続落し て取引を終えた。10日発表された5月の米消費者物価指数(CPI) が前年同月比8.6%上昇と伸び率が40年5カ月ぶりの大きさとなっ たのを背景に、米連邦準備理事会(FRB)が今週の連邦公開市場委員 会(FOMC)で75ベーシスポイントの大幅利上げすることへの懸念 が高まった。 STOXX欧州600種指数は2.4%下落し、3月7日 以来の安値を付けた。 金融引き締めが加速するとの見方から国債利回りは数年ぶりの高水 準となり、テクノロジー...

再送-欧州株式市場=続落、FRBの大幅利上げ懸念で

(画面に正しく表示されなかったため再送します) [13日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は5営業日続落し て取引を終えた。10日発表された5月の米消費者物価指数(CPI) が前年同月比8.6%上昇と伸び率が40年5カ月ぶりの大きさとなっ たのを背景に、米連邦準備理事会(FRB)が今週の連邦公開市場委員 会(FOMC)で75ベーシスポイントの大幅利上げすることへの懸念 が高まった。 STOXX欧州600種指数は2.4%下落し、3月7日 以来の安値を付けた。 金融引き締めが加速するとの見方から国債利回りは数年ぶりの高水 準となり、テクノロジー...

欧州市場サマリー(10日)

<ロンドン株式市場>  続落して取引を終えた。米消費者物価指数(CPI)が引き続き上昇したことで、積極的な利上げへの懸念が強まった。

欧州株式市場=続落、米インフレ高進で景気後退懸念

欧州株式市場は4日続落して取引を終え た。米国の5月消費者物価指数(CPI)の上昇率が予想を上回り、各 国の中央銀行が物価上昇に歯止めをかけようと金融引き締めを進める中 で景気後退が起こるとの懸念が強まって売りが優勢となった。 STOXX欧州600種指数は1カ月ぶり安値。週間では 3.95%の下落。 10日の銀行株指数は4.83%下落し、相場全体を押し 下げた。 イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は5.17%下 落と、3カ月超ぶりの下げ幅。スペインのIBEX指数は3. 68%下落。 米の5月CPIは前年同月比で8.6%上がり、上昇率...

ロンドン株式市場=反発、商品株が相場押し上げ

連休明けロンドン株式市場は反発して取引 を終えた。商品株の上昇が相場を押し上げた。 エリザベス英女王の即位70年を記念する祝賀行事「プラチナジュ ビリー」の休暇が明け、中型株で構成するFTSE250種指数<.FTMC >は1.15%上昇した。 新型コロナウイルスの規制が解除された中国の需要増加期待を背景 に銅価格が値上がりし、資源大手のリオ・ティント、スイスの 商品取引・資源大手グレンコアはそれぞれ3.4%上昇。FT SE350種鉱業株指数は3.30%上げた。 サウジアラビアが7月の原油販売価格を引き上げたことを受けて北 海ブレント先物...

ロンドン株式市場=反落、配当落ち銘柄売られる

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。英国の連休を控え、配当落ち銘柄が売られたのが相場を押し下げた。 配当落ちした英電力・ガス供給のナショナル・グリッド、携 帯電話サービス大手のボーダフォンはそれぞれ4.3%、3. 0%下落。中型株で構成するFTSE250種指数は0.71 %下げた。 英国市場は2日と3日、エリザベス英女王の即位70年を記念する 祝日のため休場となる。 5月は、欧州連合(EU)によるロシア産石油の輸入禁止を見込ん だ原油価格の値上がりを背景に商品株が買われ、FTSE100種<.FT SE>は月間ベースで0.84%上昇...

欧州市場サマリー(31日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。一方、中型株で構成するFTSE2 50種指数は0.63%下落。原油価格の値上がりを背景に航空株が売られた。 格安航空会社(LCC)イージージェット、ウィズエアー、英航空 大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などの親会社IAGは3.3─5. 6%下落した。 FTSE100種は、「物言う投資家」のネルソン・ペルツ氏を取締役に指 名した英日用品のユニリーバが9.4%と大幅上昇したのが押し上げた。 ただ、雑貨ディスカウントストアのB&Mヨーロピアン・バリュー・リテール<BMEB. L>が15.0%...

ロンドン株式市場=続伸、中型株は下落

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。一方、中型株で構成するFTSE250種指数は0.63 %下落。原油価格の値上がりを背景に航空株が売られた。 格安航空会社(LCC)イージージェット、ウィズエアー< WIZZ.L>、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などの親 会社IAGは3.3─5.6%下落した。 FTSE100種は、「物言う投資家」のネルソン・ペル ツ氏を取締役に指名した英日用品のユニリーバが9.4%と大 幅上昇したのが押し上げた。 ただ、雑貨ディスカウントストアのB&Mヨーロピアン・バリュー ・リテールが15.0%...

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。イングランド銀行(英中央銀行)による景気後退の警告や、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などの親会社IAGのさえない決算内容が投資家心理を冷やした。

ロンドン株式市場=反落、景気懸念の高まりで売り

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。イングランド銀行(英中央銀行)による景気後退の警告や、英航空大 手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などの親会社IAGのさえな い決算内容が投資家心理を冷やした。 IAGは8.3%と大幅下落。四半期の営業損失が市場予 想より大きかったことや、ロンドンのヒースロー空港での短距離輸送の 増強計画を縮小したことが嫌気された。 FTSE100種は週間ベースで2.08%下げ、下落率 は3月上旬以来、約2カ月ぶりの大きさだった。中型株で構成するFT SE250種指数は6日に1.35%安で引け、週間では4....

英、新型コロナの全水際対策を18日に撤廃へ

英国のシャップス運輸相は14日、新型コロナウイルス感染に対する最後の水際対策となっていた渡航者位置特定フォーム(PLF)の記入義務について、18日から撤廃すると発表した。

ウクライナ空域回避、航空業界で拡大も=助言会社

ウクライナ情勢の緊迫を受け、フライト運航助言会社OPSGROUPは14日、同国の空域を回避する航空会社が増える可能性があるとの見方を示した。

コロナワクチン接種完了者、英入国時の検査不要に 2月11日から

英国のシャップス運輸相は24日、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した渡航者が英国に入国した際のコロナ検査が不要になると述べた。

JALとANA、米国便の通常運航再開 5G電波の影響巡り一時混乱

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は19日、米国内の新たな第5世代(5G)移動通信サービスによる影響を懸念して欠航にした一部の米国便の運航を20日から再開すると発表した。

JALとANA、米国便の運航再開 5G問題で安全性を確認

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は19日、米国便の運航を20日から再開すると発表した。米国での第5世代(5G)移動通信の新サービス開始を前に、通信電波が運航の安全性に与える影響への懸念から一部の便を欠航すると発表していた。

ANAやJALなど、米国便の一部欠航 5G電波の影響懸念で

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)を含む世界の航空大手は18日、米国で第5世代(5G)移動通信の新サービスが翌日に始まるのを前に、通信電波が運航の安全性に与える影響への懸念から米国便の一部欠航や使用機の変更を相次ぎ決めた。

ロンドン株式市場=続伸、商品関連株が相場押し上げ

ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。米国の金融引き締めへの懸念から売られる場面もあったが、その後は 原油株や鉱業株が相場を押し上げてプラスに転じて引けた。 FTSE100種は2020年2月以来の高値を付けた。 一方、中型株で構成するFTSE250種指数は0.53%下 落。 FTSE350種鉱業株指数が1.91%上昇し、 相場全体をけん引した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国 で構成する「OPECプラス」が2月も現行の増産ペースを維持するこ とを決めたのが好感され、石油大手のBPと英蘭系のロイヤル・ ダッチ・シェルはそれぞれ...

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。FTSE 100種の終値は2020年2月以来、約1年11カ月ぶりの高値を付けた。新 型コロナウイルスのオミクロン変異株が世界経済の回復を妨げる可能性は低いとの見方か ら買われた。 中型株で構成するFTSE250種指数も1.77%上げた。 FTSE350種銀行株指数、保険株指数がそれぞれ 4.76%、3.20%上昇し、相場全体をけん引した。 英国のジョンソン首相が、オミクロン変異株の感染拡大に伴う新たな抑制措置は現在 のところ必要ないと述べたことから、英2年物国債利回りが昨年10月下旬以来の高水準...

欧州株式市場=続伸、銀行と旅行関連株がけん引

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。S TOXX欧州600種指数は2日連続で過去最高値を更新した 。新型コロナウイルスのオミクロン変異株が当初の懸念ほど深刻ではな いとの兆候を受け、景気に敏感な銀行や旅行関連銘柄が相場をけん引し た。 銀行株指数は3.27%上昇。金融当局が引き締めを進め るとの見方から、欧米の国債利回りが上昇したことが背景にある。 シティグループは利上げ見通しや企業収益の伸び、投資収益を踏ま えると欧州の銀行について「オーバーウエイト」だと指摘。フランスの 銀行大手BNPパリバ、英同業ロイズ、スイスのU BSを買い推奨...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up