for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループ

ICAG.L

現在値

169.40GBp

変化

-1.94(-1.13%)

出来高

14,996,067

本日のレンジ

167.38

 - 

171.20

52週レンジ

90.47

 - 

180.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
171.34
始値
169.94
出来高
14,996,067
3か月平均出来高
320.68
高値
171.20
安値
167.38
52週高値
180.10
52週安値
90.47
発行済株式数
4,954.42
時価総額
8,477.95
予想PER
31.43
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2022 International Consolidated Airlines Group SA Earnings Release

適時開示

その他

IAG Says British Airways Will Not Pay Dividend In 2022 & 2023

IAG Expects Significantly Positive Operating Profit And Operating Cash Flow For FY 2022

IAG Says Q3 Operating Profit At 1.21 Bln Euros

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループとは

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループ(International Consolidated Airlines Group SA)は、航空事業及び付随業務を行う会社である。【事業内容】セグメントには、ブリティッシュエアウェイズ、イベリア、ブエリング、エアリンガスおよびその他のグループ会社が含まれる。イギリス、スペイン、アイルランドの航空会社を組み合わせる。268以上の目的地に約529機の航空機がある。ボーイング747航空機、エアバスA340航空機、エアバスA320航空機、エアバスA330-200航空機、ボーイング777-200航空機、エンブラーE170航空機を含む多様な航空機フリートサービスを運営する。子会社を通じ、航空会社のマーケティング、航空会社の運営、保険、航空機のメンテナンス、保管および保管サービス、航空貨物の運営、貨物輸送サービスの提供を行う。ロンドン、マドリッド、バルセロナ、ローマ、ダブリンなどの都市でサービスを提供する。

業種

Airline

連絡先

Waterside (HAA2),

PO Box 365

HARMONDSWORTH, MAD

UB7 0GB

United Kingdom

https://www.iairgroup.com/es

エグゼクティブリーダーシップ

Javier Ferran Larraz

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Luis Gallego Martin

Chief Executive Officer, Executive Director

Stephen William Lawrence Gunning

Chief Financial Officer

Adam Daniels

Chairman and Chief Executive Officer of IAG Loyalty

Sean Liam Doyle

Chief Executive Officer of British Airways

統計

2.21 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

25.5K

2020

7.8K

2021

8.5K

2022(E)

22.7K
EPS (EUR)

2019

0.775

2020

-1.230

2021

-0.610

2022(E)

0.066
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.62
株価純資産倍率(四半期)
5.40
株価キャッシュフロー倍率
19.08
総負債/総資本(四半期)
1,127.39
長期負債/資本(四半期)
987.76
投資利益率(過去12カ月)
-6.89
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.20

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=反発、金融株が押し上げ

ロンドン株式市場は反発して取引を 終えた。英企業の決算シーズンが本格化する中、金融株が買われたのが 相場を押し上げた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.56%高。 第3・四半期の決算が好調だったプライベートエクイティ(PE)ファ ンドの3iグループが9.2%と大幅上昇した。 FTSE350種投資銀行・証券株指数は3.64 %上げた。 銀行株指数、石油・ガス株指数はそ れぞれ1.45%、0.90%上昇した。 プルリミ・ウェルスの最高投資責任者(CIO)、パトリック・ア ームストロング氏は「中国が経済活動を再開し、欧州のエネルギー...

欧州市場サマリー(25日)

個別銘柄では、IT関連サービスを手がけるデンマークのネットカンパニー・グルー プが21.2%と急落。EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)見通し が市場予想を下回ったのが嫌気された。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> 域内国債利回りが上昇した。欧州中央銀行(ECB)当局者のタ カ派的発言を受けて利回り低下基調が反転し、中核国債と周辺国債の利回りスプレッドは 拡大した。 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのマクルーフ・アイルランド中銀総裁とナー ゲル独連銀総裁は25日、3月以降も利上げを続ける必要があるとしても驚きではないと の見方...

ロンドン株式市場=続落、マイクロソフトの業績見通しを嫌気

ロンドン株式市場は続落して取引を 終えた。朝方は上昇して取引が始まったが、その後は米マイクロソフト の暗い業績見通しを受けて投資家心理が悪化してマイナス圏で引けた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.26%安。 マイクロソフトが、収益の大きいクラウドサービス事業の成長 減速を警告したことで米国株が下落。世界のIT株に売りが波及した。 昨年12月の英生産者物価指数(PPI)は、市場予想に反して産 出指数の前月比が低下した。イングランド銀行(英中央銀行)はこの結 果を歓迎している可能性がある。 短期金融市場は、英中銀が来週の会合で50...

欧州空港の旅客数、完全回復時期は25年に後ずれ=業界団体

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州の空港でつくる業界団体「ACIヨーロッパ」は20日、域内空港旅客数が完全回復する時期の見通しについて、従来の2024年ではなく、25年に後ずれすると表明した。

欧州市場サマリー(31日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。英ポンドの下落を受けてドルで利益を上げる企業が買われ、FTSE100種は9月下旬以来、約5週間ぶりの高値を付けた。月間では2.91%高と、3カ月ぶりにプラスとなった。

ロンドン株式市場=反発、5週間ぶり高値

週明けのロンドン株式市場は反発し て取引を終えた。英ポンドの下落を受けてドルで利益を上げる企業が買 われ、FTSE100種は9月下旬以来、約5週間ぶりの高値 を付けた。月間では2.91%高と、3カ月ぶりにプラスとなった。 中型株で構成するFTSE250種指数は31日の取引で 0.15%下げたが、月間では4.20%上げた。 31日は、収益の大部分を海外から得る国際企業の英製薬のアスト ラゼネカ、英日用品のユニリーバ、石油大手のBP<BP .L>が1.3─1.4%上昇した。 格安航空会社(LCC)のイージージェットは6.1%と 大幅上昇。英航空大手...

ライアンエア、通期乗客数見通しを上方修正 英国での発着拡大

アイルランドを本拠とする欧州格安航空大手ライアンエアは23日、3月末までの1年間の乗客数予想を従来の1億6500万人から1億6650万人に上方修正した。

英BA、冬期の運航スケジュールを調整へ

[22日 ロイター] - 英IAG傘下のブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は22日、10月末までの運航本数を一段と削減し、冬季の運航スケジュールを調整すると発表した。

BA、ヒースロー空港混乱で短距離便航空券の販売を一時停止

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は2日、ロンドン・ヒースロー空港発の短距離便の航空券の販売を一時停止したと発表した。8月16日以前に出発する国内便と欧州便が対象となる。

英BA、短距離便の航空券販売を8日まで停止 空港の旅客制限で

英IAG傘下のブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、ヒースロー空港を出発する短距離フライトのチケット販売を今月8日まで停止した。

英航空IAG、第2四半期はコロナ後初の黒字 搭乗率が回復

[ロンドン 29日 ロイター] - 英大手航空会社ブリティッシュ・エアウェイズなどを傘下に置くIAG が29日発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)以来、初めて黒字に転換した。欧州便の需要が伸びた。

ロンドン株式市場=続伸、商品関連株がけん引

週明けロンドン株式市場は続伸して取引 を終えた。商品関連株が上昇したほか、世界的に投資家心理が改善した ことも相場を押し上げた。 ドルの下落や、ロシアからの供給減少への警戒感を背景に原油先物 が値上がりしたため、石油大手のシェル、BPはそれぞ れ2.4%、2.5%上昇した。 スイスの商品取引・資源大手グレンコア、資源大手のリオ ・ティントはそれぞれ3.2%、2.9%上昇。中国当局が不 動産市場の危機を回避するための措置を打ち出したことやドル安が好感 されて、金属価格が値上がりしたことが押し上げ要因だった。 中型株で構成するFTSE250...

ロンドン株式市場=反発、週間ベースは0.52%下落

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。石油株やディフェンシブ銘柄が買われたのが相場を押し上げた。 石油大手のシェル、英製薬のアストラゼネカ、ブ リティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が2.7─3. 2%上昇。中型株で構成するFTSE250種指数は1.91 %上げた。 ただ、中央銀行による積極的な利上げや世界経済の急減速への懸念 を背景に、FTSE100種は週間ベースで0.52%下げた 。 イングランド銀行(英中央銀行)のラムスデン副総裁は14日、持 続的な物価上昇を繰り返さないために、金利をさらに上げる必要がある との考えを示した...

ロンドン株式市場=続落、米インフレ懸念で売り

ロンドン株式市場は続落して取引を終え た。インフレ抑制のために主要中央銀行がより積極的に金融引き締めを 進めるとの懸念が売りを促した。企業の不安な業績見通しが相次いでい ることや、商品価格の値下がりも投資家心理を冷やした。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.23%安。 短期金融市場は現在、イングランド銀行(英中央銀行)が来月の会合で 政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げる確率は72.8% とみている。 FTSE350種石油・ガス株指数、鉱業株指数<. FTNMX551020>はそれぞれ3.34%、4.51%下落。急速な...

ロンドン株式市場=反落、予想上回る米CPIで売り

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。6月の米消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を上回り、 米連邦準備理事会(FRB)が利上げを加速させて米国が景気後退に陥 るとの懸念から売りが優勢となった。 5月の英国内総生産(GDP)は予想に反してプラス成長を示した が、景気後退への不安を和らげることはできなかった。旅行業の需要堅 調などがけん引し、イングランド銀行(英中央銀行)が利上げ継続の計 画について自信を強めた可能性がある。 エクイティ・キャピタルの首席マクロエコノミスト、スチュアート ・コール氏は「これで英中銀が来月に50ベーシスポイント...

欧州市場サマリー(12日)

<ロンドン株式市場> 小幅上昇して取引を終えた。生活必需品などの景気動向に左右されにくいとされるディフェンシブ銘柄が買われた。ただ、中国の新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)や、中央銀行の追加利上げ見通しを背景に鉱業株とエネルギー株が下落したのが相場の重しとなり、全体の上げ幅は限られた。

英ヒースロー空港、出発旅客数に上限 航空券の販売中止を要請

[ロンドン 12日 ロイター] - 英ロンドンのヒースロー空港は12日、夏季の間に同空港を出発する旅客数に上限を設定すると同時に、航空各社に対し航空便のチケットを新たに販売しないよう要請した。

ロンドン株式市場=小幅上昇、生活必需品株が買われる

ロンドン株式市場は小幅上昇して取引を 終えた。生活必需品などの景気動向に左右されにくいとされるディフェ ンシブ銘柄が買われた。ただ、中国の新型コロナウイルス対策のロック ダウン(都市封鎖)や、中央銀行の追加利上げ見通しを背景に鉱業株と エネルギー株が下落したのが相場の重しとなり、全体の上げ幅は限られ た。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.10%高。 英日用品のユニリーバ、日用品のレキット・ベンキーザー<RKT .L>、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は1. 0─1.2%上昇。 一方、FTSE350種鉱業株指数、石油...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。ポンド安を好感した買いに加え、製薬や公益事業などのディフェンシブ銘柄が上昇したのが相場を下支えする一方、中国での新型コロナウイルス感染再拡大や欧州でのエネルギー危機への懸念を背景に、鉱業株は売られた

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、ディフェンシブ銘柄が相場下支え

週明けロンドン株式市場はほぼ横ばいで 取引を終えた。ポンド安を好感した買いに加え、製薬や公益事業などの ディフェンシブ銘柄が上昇したのが相場を下支えする一方、中国での新 型コロナウイルス感染再拡大や欧州でのエネルギー危機への懸念を背景 に、鉱業株は売られた 中型株で構成するFTSE250種指数は0.40%安。 英電力・ガス大手セントリカ、エネルギー供給会社SSE<SSE. L>はそれぞれ3.4%、3.1%上昇。ジョンソン英首相が、石油・ガ ス会社に対する超過利潤課税を延長する計画はないと述べたことが材料 視された。 英国の次期首相争いが...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up