for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

International Consolidated Airlns Grp SA

ICAG.L

現在値

170.50GBp

変化

4.00(+2.40%)

出来高

77,991,642

本日のレンジ

166.60

 - 

177.55

52週レンジ

86.54

 - 

453.06

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
166.50
始値
172.40
出来高
77,991,642
3か月平均出来高
967.82
高値
177.55
安値
166.60
52週高値
453.06
52週安値
86.54
発行済株式数
4,965.79
時価総額
8,233.59
予想PER
-1.57
配当利回り
5.19

次のエベント

Full Year 2020 International Consolidated Airlines Group SA Earnings Release

適時開示

その他

UK's ICO Fines British Airways £20 Mln For Data Breach

Hedge fund Marshall Wace takes 3% stake in BA owner IAG - FT

ICAG Says Cancellation Of CDI Subscription Rights

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

International Consolidated Airlns Grp SAとは

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループ(International Consolidated Airlines Group, S.A.)は、航空事業及び付随業務を行う会社である。【事業内容】セグメントには、ブリティッシュエアウェイズ、イベリア、ブエリング、エアリンガス及びその他のグループ企業が含まれる。イギリス、スペイン、アイルランドの航空事業を組み合わせる。268以上の目的地に約573機の航空機を持つ。Airbus A318、Airbus A319、Airbus A340-600、Boeing 787-800、Embraer E190及びBoeing 777-200等の各種航空機サービスを運営する。子会社を通じて、航空マーケティング、航空運営、保険、航空機の保守、保管サービス、航空貨物業務及び貨物輸送サービスを提供する。ロンドン、マドリード、バルセロナ、ローマ、ダブリン等の都市でサービスを提供する。ブランドには、「British Airways」、「Iberia」、「LEVEL」、「Vueling」、「Aer Lingus」、「IAG Cargo」及び「Avios」が含まれる。

業種

Airline

連絡先

Waterside Haa2,

PO Box 365

WEST DRAYTON, MAD

UB7 0GB

United Kingdom

+44.20.85642800

https://www.iairgroup.com/es

エグゼクティブリーダーシップ

Antonio Vazquez Romero

Chairman of the Board

Alex Cruz

Non-Executive Chairman of the Board

Luis Gallego Martin

Chief Executive Officer, Executive Director

Steve Gunning

Chief Financial Officer, Executive Director

Andrew Crawley

Chairman and Chief Executive Officer of IAG Loyalty

統計

2.18 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

23.0K

2018

24.4K

2019

25.5K

2020(E)

8.6K
EPS (EUR)

2017

0.681

2018

0.780

2019

0.775

2020(E)

-1.159
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.49
株価純資産倍率(四半期)
7.18
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
2,115.40
長期負債/資本(四半期)
1,753.40
投資利益率(過去12カ月)
-14.47
自己資本利益率(過去12カ月)
-8.50

最新ニュース

最新ニュース

英、入国者の自主隔離期間短縮へ 希望者にウイルス検査

イギリスは新型コロナウイルス感染予防のために設けている入国者の自主隔離期間を短縮するため、新たな制度を12月15日から導入する。感染リスクの高い国からの入国者は、5日間の隔離後にウイルス検査を受けて陰性反応が出れば、隔離措置は終わる。

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 続伸し、週初からの上昇率は約 8%になった。新型コロナウイルスワクチンへの楽観論が、国内の感染拡大や欧州連合( EU)との通商協議行き詰まりを巡る懸念を上回った。 FTSE100種は1.4%高で、6月10日以来の高値。ブリティッシュ ・エアウェイズ親会社のIAGは、ゴールドマン・サックスが投資判断を「バイ 」に引き上げたことを受け8%急伸した。 通貨ポンドの下落でドルで稼ぐ企業も上昇。アストラゼネカ、ブリティッシ ュ・アメリカン・タバコ、ユニリーバなどが高い。 CMCの市場アナリストは顧客ノートで、今週のワクチン関連...

ロンドン株式市場=続伸、コロナワクチン期待で5カ月ぶり高値

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6382.10 +85.25 +1.35 6296.85 ロンドン株式市場は続伸し、週初からの上昇率は約8%になった。新型コロナウイル スワクチンへの楽観論が、国内の感染拡大や欧州連合(EU)との通商協議行き詰まりを 巡る懸念を上回った。 FTSE100種は1.4%高で、6月10日以来の高値。ブリティッシュ ・エアウェイズ親会社のIAGは、ゴールドマン・サックスが投資判断を「バイ 」に引き上げたことを受け8%急伸した。 通貨ポンドの下落でドルで稼ぐ企業も上昇。アストラゼネカ...

空売り投資家、ワクチン期待受けた旅行関連株の反発で多額の損失

9日の欧米株式市場では、新型コロナウイルスワクチンのニュースがきっかけとなり、これまでコロナ行動規制の影響を受けてきた旅行・レジャー関連株や銀行株の買い戻しが進み、これらの銘柄に空売りを入れていた投資家は多額の損失を出した。

米ファイザーのコロナワクチン「9割超に効果」、近く緊急使用申請

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は9日、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテック<BNTX.O>と共同開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)で感染を防ぐ有効率が90%を超えたと発表した。

米ファイザーのコロナワクチン、9割超に効果 近く緊急使用申請

米製薬大手ファイザーは9日、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックと共同開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)で感染を防ぐ確率が90%以上に達したと発表した。

英BAが11月の減便発表、コロナ対策の渡航規制受け

インターナショナル・コンソリデーテッド・エアラインズ・グループIAG)傘下の英ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)<ICAG.L>は、11月の運行を減らす計画。新型コロナウイルス感染拡大抑制策として、政府がレジャー目的の渡航の規制を強化したのを受けた。

スペイン、エア・ヨーロッパ支援策承認 4.75億ユーロ

スペイン政府は3日、エア・ヨーロッパに対する4億7500万ユーロ(5億5600万ドル)の支援策を承認した。戦略分野の企業が新型コロナウイルス禍を乗り切るのを支援するため創設された基金を活用する最初の大手スペイン企業となった。

英BA親会社、第3四半期は赤字 コロナ第2波で冬も大幅減便

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAG<ICAG.L>は、第3・四半期が13億ユーロ(15億4000万ドル)の赤字だったと明らかにした。新型コロナウイルスのパンデミックを受けた旅行低迷が一段と深刻化し、冬の運航便をさらに減らす。

航空機内のコロナ感染確率、2700万人に1人は不適切な推計=専門家

米アラバマ大学の伝染病の専門家、デービッド・フリードマン氏は、航空機内で新型コロナウイルスに感染する可能性は極めて低いとする国際航空運送協会(IATA)の調査結果について「不適切な計算」に基づいているとの見解を明らかにした。

英ヴァージン、客室乗務員とパイロットのコロナ検査開始

は、客室乗務員とパイロットの新型コロナウイルス検査を開始したと発表した。英当局が空港での乗客に対する検査実施に動き、旅行業界の回復につながるとの期待も高まっている。

欧州市場サマリー(21日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。違法な 資金移動疑惑で金融大手HSBCと大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャー ト)、同バークレイズが5%超値を下げた。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため の封鎖措置が再び導入されるとの不安から旅行株も売られた。 FTSE100種は3カ月超ぶりの大幅安となり、約2週間ぶりの安値を付けた。 英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGは12. 1%急落。ジョンソン英首相が新型コロナの感染拡大を抑えるために再び全国で封鎖措置 を導入することを検討しているとの報道が材料視...

ロンドン株式市場=続落、銀行と旅行株が安い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5804.29 -202.76 -3.38 6007.05 週明けのロンドン株式市場は続落して取引を終えた。違法な資金移動疑惑で金融大手 HSBCと大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)、同バークレイズが 5%超値を下げた。新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための封鎖措置が再び導入さ れるとの不安から旅行株も売られた。 FTSE100種は3カ月超ぶりの大幅安となり、約2週間ぶりの安値を付けた。 英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社...

欧州株式市場=続落、コロナ第2波への不安で3カ月ぶり大幅安

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 356.82 -11.96 -3.24 368.78 FTSEユーロファース 1385.22 -44.45 -3.11 1429.67 ト300種 ユーロSTOXX50種 3160.95 -122.74 -3.74 3283.69 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は続落して取引を終えた。STOXX欧州60 0種は3カ月ぶりの大幅安となった。新型コロナウイルスの第2波への 不安から旅行・娯楽株が売られたほか、大手銀に関する約2兆ドル規模 の違法資金移動疑惑...

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。エネル ギー株が売られ全体水準を押し下げた。英国の新型コロナウイルス感染件数が増えている ことから新たな封鎖措置が不安視され、中型株では消費関連株が売られた。 英国のハンコック保健相は、新型コロナの感染が全国で拡大していると指摘、入院患 者が8日ごとに倍増していると述べた。10月に全国的な封鎖措置を導入するかどうかに ついてはコメントしなかった。 この日発表された8月の小売売上高は前月に続き増加した。オンライン小売り増加が 目立った。ただ、集会を制限する新たな措置が導入されたことで、レストラン...

欧州株式市場=続落、旅行や銀行株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 368.78 -2.45 -0.66 371.23 種 FTSEユーロファー 1429.67 -8.94 -0.62 1438.61 スト300種 ユーロSTOXX50 3283.69 -32.88 -0.99 3316.57 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は続落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染 件数が欧州全土にわたり増加していることから、初期段階にある経済回 復が脅かされるとの不安が高まり、旅行と銀行、自動車株が売られた。 英クルーズ運航会社...

欧州株式市場=続伸、小売株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 373.13 +2.17 +0.58 370.96 FTSEユーロファース 1446.16 +7.08 +0.49 1439.08 ト300種 ユーロSTOXX50種 3338.84 +6.58 +0.20 3332.26 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。「ザラ」を傘下に持つスペ インのアパレル大手インディテックスが好決算を発表し、小売株が広範 に買われた。 インディテックスは8.1%上昇した。オンライン売り上 げが大幅に増えているほか...

欧州株式市場=続伸、鉱業と高級ブランド銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 370.96 +2.45 +0.66 368.51 FTSEユーロファース 1439.08 +10.08 +0.71 1429.00 ト300種 ユーロSTOXX50種 3332.26 +15.47 +0.47 3316.79 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。中国の好調な統計を受け、 鉱業株や高級ブランド株が買われた。スウェーデンのファストファッシ ョン大手H&Mは決算が好感され大幅高となった。 世界2位の衣料小売りであるH&M...

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。原油需 要が減るとの見方から比重の大きいエネルギー株が売られた。 石油大手BPは1.9%下落した。気候変動対策や新型コロナウイルスの危機 により化石燃料の需要が減るとの見通しを示したことが売り材料だった。原油価格は安定 していた。 一方、中型株では世界最大の警備会社G4Sが25.1%急騰し、7カ月近 くぶりの高値を付けた。カナダの同業ガーダ・ワールド・セキュリティによる29億50 00万ポンド(38億ドル)の買収提案を「ご都合主義的だ」と拒否したことが材料視さ れた。 英国と欧州連合(EU)の...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up