for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Imperial Brands PLC

IMB.L

前日終値

1,732.40GBp

変化

-25.80(-1.47%)

出来高

2,476,682

本日のレンジ

1,714.20

 - 

1,779.80

52週レンジ

1,670.00

 - 

2,713.50

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,758.20
始値
1,779.80
出来高
2,476,682
3か月平均出来高
52.74
高値
1,779.80
安値
1,714.20
52週高値
2,713.50
52週安値
1,670.00
発行済株式数
947.26
時価総額
16,406.99
予想PER
6.43
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For IMB.L - 72.0000 GBX

適時開示

その他

Imperial Brands Sees Low Single Digit Rev, EPS Growth In 2020

Imperial Brands Appoints Thérèse Esperdy Chairman

Imperial Brands Says CEO Alison Cooper To Step Down

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Imperial Brands PLCとは

インペリアル・ブランズ(Imperial Brands PLC)(旧名:Imperial Tobacco Group PLC)は消費者製品企業である。【事業内容】同社は一連のタバコ、ファインカット無煙タバコ、およびペーパーと葉巻を含むタバコのポートフォリオに焦点を当てる。同社のセグメントはリターン・マーケッツ・ノース、リターン・マーケッツ・サウス、グロース・マーケッツ、アメリカとロジスティックスを含む。同社のリターン・マーケッツ・ノース・セグメントは、オーストラリア、ベルギー、ドイツ、オランダ、ポーランド、イギリスを含む。リターン・マーケッツ・サウス・セグメントは、アルジェリア、コートジボワールとモロッコを含むフランス、スペインとアフリカ市場を含む。グロース・マーケッツ・セグメントは、イラク、ノルウェー、ロシア、サウジアラビア、台湾を含む。同社の事業はタバコやタバコ関連製品の製造、マーケティング、販売を含むタバコ事業、インペリアルタバコなどタバコ製品の製造業者のためのタバコ製品の流通、及び一連の非タバコ製品やサービスを含むロジスティックス事業により構成される。

業種

Tobacco

連絡先

121 Winterstoke Road

+44.117.9636636

http://www.imperialbrandsplc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark David Williamson

Non-Executive Chairman of the Board

Alison J. Cooper

Chief Executive Officer, Executive Director

Oliver Tant

Chief Financial Officer, Executive Director

Matthew R. Phillips

Executive Director, Chief Development Officer

John Matthew Downing

Company Secretary

統計

2.37 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2017

8.7K

2018

8.7K

2019

9.0K

2020(E)

9.1K
EPS (GBp)

2017

267.000

2018

271.300

2019

272.800

2020(E)

269.237
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.39
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.52
株価純資産倍率(四半期)
3.34
株価キャッシュフロー倍率
6.84
総負債/総資本(四半期)
276.16
長期負債/資本(四半期)
236.93
投資利益率(過去12カ月)
5.45
自己資本利益率(過去12カ月)
3.35

最新ニュース

最新ニュース

トランプ米大統領、電子たばこ業界と会合へ

トランプ米大統領は11日ツイッターに、電子たばこ関連の肺疾患の問題で、業界の代表と会合を開くと投稿した。米政権は全米で肺疾患や死亡例が広がっているとして、電子たばこの規制強化を検討している。

焦点:欧州企業、第4四半期から来年にかけても業績低迷か

投資家は、欧州企業の第3・四半期決算が3期連続で減益となると覚悟しているが、来年に向けて収益が持ち直すという期待さえ裏切られる恐れが出てきた。米国による関税の発動や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感、世界的な景気減速などが背景。

コラム:米国の電子たばこに逆風、英老舗インペリアルにも打撃

英たばこ大手インペリアル・ブランズ<IMB.L>は事業を再び成長させると投資家に約束していたが、成長は火がつく前にしぼんでしまった。米国での電子たばこの取り締まり強化が、英国の老舗企業も窒息させようとしている。

欧州市場サマリー(26日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中が 通商協議で合意に至るとの期待が相場を押し上げた。 中国商務省は米国と10月の通商協議について緊密に連絡を取っていると述べた。ト ランプ米大統領は前日、近いうちに妥結する可能性があると発言している。 広範な部門が買われた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手 BPが相場の主な押し上げ要因だった。金融株やヘルスケア株も値上がりした。 ポンド安は国際的な銘柄の押し上げ材料となった。 一方、たばこのインペリアル・ブランズは12.9%急落し、2011年1 月以来の安値を付けた。売り上げと...

ロンドン株式市場=反発、米中通商合意に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7351.08 +61.09 +0.84 7289.99 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中が通商協議で合意に至るとの期待が 相場を押し上げた。 中国商務省は米国と10月の通商協議について緊密に連絡を取っていると述べた。ト ランプ米大統領は前日、近いうちに妥結する可能性があると発言している。 広範な部門が買われた。石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルや英石油大手 BPが相場の主な押し上げ要因だった。金融株やヘルスケア株も値上がりした。 ポンド安は国際的な銘柄...

欧州株式市場=反発、米中通商協議に前向きな見方

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 389.95 +2.36 +0.61 387.59 種 FTSEユーロファー 1534.98 +10.97 +0.72 1524.01 スト300種 ユーロSTOXX50 3532.18 +19.15 +0.55 3513.03 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反発して取引を終えた。中国が米中通商協議について前向きな発言を したことで買い安心感が広がった。 中国商務省は、米国と緊密に連絡を取っており10月の通商協議が進展するように準 備を進めているとした...

英インペリアル、業績見通し下げ 米の電子たばこ取締強化が圧迫

英たばこ大手インペリアル・ブランズは26日、米国での電子たばこ取り締り強化が業績を圧迫するとし、通年の利益と売上高見通しを下方修正した。

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。序 盤は値下がりしたものの、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感からポンド が下落し、輸出銘柄を押し上げた。 英最高裁判所が、ジョンソン英首相による議会休会を「違法」とする判決を出したこ とで英議会が再開した。CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「議 会が何を達成できるかはすぐには分からない。離脱期日までの期間は行き詰まりを打開す るのではなく、政治家による口先だけの主張で時間を無駄にする可能性が高い」と指摘す る。 国内経済に左右される銘柄が多い中型株で構成する...

ロンドン株式市場=横ばい、ポンド安が相場下支え

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7289.99 -1.44 -0.02 7291.43 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤は値下がりしたものの、英国の 欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感からポンドが下落し、輸出銘柄を押し上げた 。 英最高裁判所が、ジョンソン英首相による議会休会を「違法」とする判決を出したこ とで英議会が再開した。CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「議 会が何を達成できるかはすぐには分からない。離脱期日までの期間は行き詰まりを打開す るのではなく...

米フィリップ・モリスとアルトリア合併断念、ジュールCEO退任

米たばこ大手フィリップ・モリス・インターナショナル<PM.N>と同業アルトリア・グループ<MO.N>は25日、約10年前に分離した両社の統合を目指し進めていた合併協議を打ち切ると発表した。

欧州市場サマリー(20日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。欧州委員会のユンケル委員長が、英国と欧州連合(EU)離脱協定案で合意することが可能との考えを示し、ポンドが上昇したことが相場の重しとなった。

ロンドン株式市場=反落、ポンド高が重し

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7344.92 -11.50 -0.16 7356.42 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。欧州委員会のユンケル 委員長が、英国と欧州連合(EU)離脱協定案で合意することが可能と の考えを示し、ポンドが上昇したことが相場の重しとなった。 ポンド高を受け日用品メーカーのユニリーバやレキット・ ベンキーザーなどの国際的な銘柄が売られた。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)とたばこ のインペリアル・ブランズは1.5%と2.1%それぞれ下落 した。米国で電子...

ロンドン株式市場=反落、ポンド高を嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7128.18 -75.79 -1.05 7203.97 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米国の大幅利下げへの期待が後退したほ か、ポンド高を嫌気して輸出関連株が売られた。 欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の協定案で争点のアイルランド国境問題を巡 り、ドイツのメルケル首相が解決に前向きな姿勢を示したことでポンドが上昇した。収益 の多くをドルで稼ぐ酒造大手のディアジオや英日用品のユニリーバとい った国際銘柄が売られた。 米連邦準備理事会(FRB)が前日公表...

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。決算発 表を受け、世界経済を巡る懸念が広がった。2部門を除く全セクターがマイナス圏で終了 した。 FTSE100種の比重が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとB Pが大きな押し下げ要因だった。ハリケーンが過ぎ去ったメキシコ湾で石油生産が 再開するとの見方から原油が値下がりしたためだ。鉱業株も値を下げた。 米鉄道輸送大手CSXとドイツのソフトウエア大手SAPが貿易摩 擦の打撃を指摘し軟調な決算を発表したことや、米中通商協議が停滞しているとの報道で 市場心理は一段と悪化した。 オンラインファッション...

ロンドン株式市場=続落、決算受け世界経済への懸念広がる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7493.09 -42.37 -0.56 7535.46 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。決算発表を受け、世界経済を巡る懸念が 広がった。2部門を除く全セクターがマイナス圏で終了した。 FTSE100種の比重が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとB Pが大きな押し下げ要因だった。ハリケーンが過ぎ去ったメキシコ湾で石油生産が 再開するとの見方から原油が値下がりしたためだ。鉱業株も値を下げた。 長引く米中貿易摩擦による企業利益への打撃や、摩擦が一段と高まるとの...

欧州市場サマリー(8日)

ジュリアス・ベアのアナリストは「ギリシャ国債格付けがジャンク(投機的)等級で あるにもかかわらず、足元の利回りが投資適格級並みの水準で取引されているということ は、市場がすでに多くのプラス要因を織り込んでいるといえる」と述べた。 S&Pグローバルは「新政権による政策対応で経済成長は押し上げられ、社会経済の 問題は解決に向かう可能性がある」との見解を示し、こうした見方は格付け見通し(ポジ ティブ)に織り込まれているとした。現在の格付けは「Bプラス」。 ギリシャ10年債利回りは一時14ベーシスポイント(bp)低下し過 去最低となる2.014...

ロンドン株式市場=続落、米利下げ期待後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7549.27 -3.87 -0.05 7553.14 週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。前週末発表され た好調な米雇用統計を受け、米連邦準備理事会(FRB)による積極的 な利下げへの期待が後退したことが引き続き重しになった。 CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は「通常は 好調な雇用統計で市場心理が好転するものだが、これまでの株高はFR Bによる今月の利下げ期待が買い材料だったため、株式は今日、幅広く 売られた」と述べる。 広範な部門が...

欧州市場サマリー(6日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。世界経済を巡る懸念を背景に各国中央銀行が近いうちに金融政策を緩和するとの期待が相場を押し上げた。ただ欧州中央銀行(ECB)の最新の決定が期待外れの内容となり、相場は終盤に欠けて上昇幅を圧縮した。

ロンドン株式市場=続伸、各国中銀による緩和政策への期待で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7259.85 +39.63 +0.55 7220.22 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。世界経済を巡る懸念を背景に各国中央銀 行が近いうちに金融政策を緩和するとの期待が相場を押し上げた。ただ欧州中央銀行(E CB)の最新の決定が期待外れの内容となり、相場は終盤に欠けて上昇幅を圧縮した。 序盤は、米国と中国・メキシコとの貿易摩擦が懸念される中で主要な中銀が景気を刺 激するとの期待が広がった。 その後ECBは理事会で、少なくとも2020年上半期終わりまで金利...

欧州市場サマリー(28日)

イタリア政権幹部はこの日、欧州委のモスコビシ委員(経済・財務担当)はEU財政 規律の順守に向けイタリアに対する制裁措置を導入することに前向きではないものの、必 要になった場合は選択肢として存在しているとの見解を示した。 イタリア国債利回りは短期債から長期債にわたり上昇し、10年債利回 りは2.73%と、約2週間ぶりの高水準を付けた。前日は11ベーシスポイント(bp )上昇。2日間の上昇としては2月上旬以来の大きさとなった。 DZ銀行のストラテジスト、ダニエル・レンツ氏は「イタリア政府と欧州委との間の あつれきが再び高まるとの懸念が出ており...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up