for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Inovio Pharmaceuticals Inc

INO.O

現在値

16.62USD

変化

0.95(+6.06%)

出来高

21,835,276

本日のレンジ

14.89

 - 

16.88

52週レンジ

1.92

 - 

33.79

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
15.67
始値
15.45
出来高
21,835,276
3か月平均出来高
705.76
高値
16.88
安値
14.89
52週高値
33.79
52週安値
1.92
発行済株式数
167.52
時価総額
3,102.48
予想PER
-12.45
配当利回り
--

次のエベント

Inovio Pharmaceuticals Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Inovio Pharmaceuticals Inc Posts Quarterly Loss Per Share Of $0.83

Inovio Pharmaceuticals Reports Q2 Loss Per Share $0.83

Inovio Says COVID-19 Vaccine Candidate To Enter Phase 2/3 Study In Sept - Conf Call

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Inovio Pharmaceuticals Incとは

アイノビオ・ファーマスーティカル(Inovio Pharmaceuticals, Inc.)は癌と感染症の治療・予防に重点を置くデオキシリボ核酸(DNA)免疫療法とワクチンの開発を行う後期段階のバイオテクノロジー会社である。【事業内容】DNAベースの免疫療法は、エレクトロポレーション送達デバイスと組み合わせて、標的疾患と戦う体内にある免疫応答、特にT細胞を生成する。ヒトパピローマウイルス(HPV)に起因する前癌・癌、インフルエンザ、前立腺癌、乳癌・肺癌・膵臓癌、C型肝炎ウイルス(HCV)、B型肝炎ウイルス(HBV)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、エボラ、中東呼吸器症候群(MERS)及びジカウイルスに対するSynCon免疫療法の臨床プログラムを完成する。免疫療法プラットフォーム及びCELLECTRAエレクトロポレーション送達技術により、インビボ免疫応答を生じる前臨床・臨床段階製品のパイプラインを所有する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

6769 Mesa Ridge Rd

SAN DIEGO, CA

92121-2995

United States

+1.858.4103134

http://www.inovio.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Simon X. Benito

Independent Chairman of the Board

Jong Joseph Kim

President, Chief Executive Officer, Director

Peter D. Kies

Chief Financial Officer

Jacqueline Elizabeth Elizabeth Shea

Chief Operating Officer

Laurent M Humeau

Chief Scientific Officer

統計

2.88 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

0.0K

2018

0.0K

2019

0.0K

2020(E)

0.0K
EPS (USD)

2017

-1.080

2018

-1.050

2019

-1.210

2020(E)

-1.469
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1,131.96
株価純資産倍率(四半期)
15.78
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
42.72
長期負債/資本(四半期)
42.72
投資利益率(過去12カ月)
-82.13
自己資本利益率(過去12カ月)
-73.35

最新ニュース

最新ニュース

米イノビオ、コロナワクチン製造をサーモ・フィッシャーに委託

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は8日、開発中の新型コロナウイルスワクチン「INO─4800」の製造について、医療・科学機器を手掛ける米サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック<TMO.N>に委託すると発表した。今月の大規模な臨床試験(治験)に向けて供給量を増やすという。

EU、WHOのコロナワクチン購入枠組み利用を排除せず

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、EU加盟国は世界保健機関(WHO)が主導する新型コロナウイルスワクチンの世界的な公平分配を目的とした枠組み「COVAXファシリティー」を通じてワクチンを購入する可能性があると発表した。

英アストラゼネカ、コロナワクチン供給巡り中国企業と初の協業

生物製剤の製造や販売を手掛ける中国の康泰生物<300601.SZ>が、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>の新型コロナウイルスワクチン候補を中国本土で製造することになった。コロナワクチン供給を巡る中国企業との協業は初めて。

米イノビオ、コロナワクチン13週間の免疫効果確認 動物実験で

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は30日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、サルを使った実験で接種から13週間経過した後も免疫効果が維持されたことを確認したと明らかにした。

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資家の期待

米株式市場では、新型コロナウイルスワクチンの開発競争を巡って、投資家は大量製造が可能な大手製薬会社に期待をかける傾向が強まりつつある。つまり、小規模なバイオテクノロジー企業と投資家の「蜜月関係」が終わりを迎えるかもしれない。

コロナワクチンの初期治験成功、独ビオンテックと米ファイザー

ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテック<22UAy.F>と米製薬大手ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。

UPDATE 1-コロナワクチンの初期治験成功、独ビオンテックと米ファイザー

ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテックと米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。

米イノビオ、コロナワクチン有望な結果 夏にも次段階治験へ

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は30日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、健康なボランティアを対象とした臨床試験(治験)で免疫反応が確認されたとし、夏にも次の段階の治験を開始する見通しを明らかにした。

コロナワクチン、開発推進団体が量産体制の準備急ぐ

官民連携でワクチン開発を推進する国際団体「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」のトップは24日、新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合、年間40億回分のワクチンを生産するため、製造業者との協力を進めていると明らかにした。

米イノビオ、コロナワクチン関連で国防総省から7100万ドル獲得

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は23日、新型コロナウイルスワクチン投与に利用される器具の増産に向け、米国防総省から7100万ドルの資金を獲得したと明らかにした。

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=NYT紙

トランプ米政権は新型コロナウイルスに対するワクチン製造で最も有望な5社を選定した。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が3日、政権高官らの話として報じた。

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=NYT紙

トランプ米政権は新型コロナウイルスに対するワクチン製造で最も有望な5社を選定した。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が3日、報じた。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米厚生省は21日、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン開発に最大12億ドルの資金援助を行うと発表した。ワクチンを3億回分発注したことも明らかにした。

米イノビオのコロナワクチン、動物実験で抗体確認

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は20日、マウスやモルモットを使った新型コロナウイルスワクチンの実験で抗体や免疫反応が確認されたと明らかにした。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した4月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、政策当局者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、金融政策の効果を上げるために今後何ができ、何をすべきかという広範な議論を始めたことが分かった。

焦点:新型コロナ・ワクチンに潜むリスク、開発焦れば逆効果も

新型コロナウイルスが急速に拡大し、感染者数が世界全体で10万人を超えるなかで、製薬各社は一刻も早くワクチンを開発しようと全力を挙げている。

新型肺炎のワクチン開発へ、米など3研究チームが作業開始

感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)は23日、3つの異なる研究チームが新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた作業を開始したと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up