for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Inovio Pharmaceuticals Inc

INO.O

現在値

1.97USD

変化

0.13(+7.07%)

出来高

31,326,811

本日のレンジ

1.94

 - 

2.18

52週レンジ

1.60

 - 

10.33

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1.84
始値
2.05
出来高
31,326,811
3か月平均出来高
105.54
高値
2.18
安値
1.94
52週高値
10.33
52週安値
1.60
発行済株式数
229.04
時価総額
421.44
予想PER
-1.55
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 Inovio Pharmaceuticals Inc Earnings Release

適時開示

その他

Inovio Pharmaceuticals Reports Qtrly Loss Per Share Of $0.36

Inovio Appoints Jacqueline Shea As CEO

Inovio Reports Q1 Loss Per Share Of $0.36

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Inovio Pharmaceuticals Incとは

イノビオ・ファーマシューティカルズ(Inovio Pharmaceuticals Inc)(Inovio)は、癌や感染症の治療と予防に焦点を当てたデオキシリボ核酸(DNA)免疫療法とワクチンの開発を行う後期バイオテクノロジー会社である。【事業内容】DNAベースの免疫療法は、エレクトロポレーションデリバリーデバイスと組み合わせ、標的疾患と戦うために体内で免疫応答、特にT細胞を生成する。ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因の前癌および癌、インフルエンザ、前立腺癌、乳癌と肺癌および膵臓癌、C型肝炎ウイルス(HCV)、B型肝炎ウイルス( HBV)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、エボラ、中東呼吸器症候群(MERS)およびジカウイルスの治療のためのSynCon免疫療法の臨床プロジェクトを完了、現在または計画中である。免疫療法プラットフォームとCELLECTRAエレクトロポレーションデリバリーテクノロジーにより、インビボ免疫応答を生成する前臨床および臨床段階の製品のパイプラインを所有する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

6769 Mesa Ridge Rd

SAN DIEGO, CA

92121-2995

United States

+1.858.4103134

http://www.inovio.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jacqueline Elizabeth Shea

President, Chief Executive Officer, Director

Jay P. Shepard

Non-Executive Independent Vice Chairman of the Board

Peter D. Kies

Chief Financial Officer

Asli Gevgilili

Chief Human Resource Officer

Laurent M. Humeau

Chief Scientific Officer

統計

2.88 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (USD)

2019

-1.210

2020

-1.070

2021

-1.450

2022(E)

-1.186
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
262.95
株価純資産倍率(四半期)
1.17
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
4.56
長期負債/資本(四半期)
4.56
投資利益率(過去12カ月)
-65.27
自己資本利益率(過去12カ月)
-59.28

最新ニュース

最新ニュース

米イノビオ、コロナワクチンの大規模治験開始へ ブラジル当局の承認受け

米バイオ企業イノビオ・ファーマシューティカルズは26日、同社が開発する新型コロナウイルスワクチンについて、ブラジルの規制当局から認可を得たことを受け、大規模な臨床試験(治験)を開始すると発表した。

米イノビオ、コロナワクチンの安全性と有効性確認 中期治験

米バイオ企業イノビオ・ファーマシューティカルズは10日、新型コロナウイルスワクチンの中期臨床試験(治験)で安全性と有効性が確認されたと発表した。

米イノビオ、コロナワクチンの製造・販売で中国バイオ企業と提携

米バイオ企業イノビオ・ファーマシューティカルズは4日、同社製の新型コロナウイルスワクチン候補の中国国内での製造・販売を巡り、中国のバイオ企業アドワクチン・バイオファーマシューティカルズ(蘇州)と提携すると発表した。

米イノビア、コロナワクチン中期治験で初回投与開始

米バイオ企業イノビオ・ファーマシューティカルズは7日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの中期臨床試験(治験)で、初回の投与を開始したと発表した。

米イノビオ、カネカとコロナワクチン製造委託で合意

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズは3日、同社の新型コロナウイルスワクチン製造について、カネカに委託することで合意したと明らかにした。

情報BOX:新型コロナワクチン、各国の入手時期と接種の進め方

新型コロナウイルスのワクチンで米製薬大手・ファイザーとドイツのバイオ企業・ビオンテック、これと別に米バイオ企業のモデルナが、約95%の有効性を示す臨床試験結果を発表。英製薬大手・アストラゼネカも今週、同社のワクチンの有効性が最大90%の可能性があると発表した。

米イノビオ、コロナワクチン中期治験開始へ

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は16日、開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、米食品医薬品局(FDA)から中期臨床試験(治験)を開始する許可を得たと発表した。

貸株業務の収入が低迷、株高でヘッジファンドの空売り減少

世界的な株高でヘッジファンドの空売りが減っていることを背景に、資産運用会社や証券会社の貸株事業の収入が減少している。

米FDA、イノビオのコロナワクチン後期治験開始を保留 情報不足

米食品医薬品局(FDA)は28日、米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、最終段階の臨床試験(治験)開始の保留を決定した。接種に使用する器具などに関して一段の情報が必要としている。

米イノビオ、コロナワクチン製造をサーモ・フィッシャーに委託

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は8日、開発中の新型コロナウイルスワクチン「INO─4800」の製造について、医療・科学機器を手掛ける米サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック<TMO.N>に委託すると発表した。今月の大規模な臨床試験(治験)に向けて供給量を増やすという。

EU、WHOのコロナワクチン購入枠組み利用を排除せず

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、EU加盟国は世界保健機関(WHO)が主導する新型コロナウイルスワクチンの世界的な公平分配を目的とした枠組み「COVAXファシリティー」を通じてワクチンを購入する可能性があると発表した。

英アストラゼネカ、コロナワクチン供給巡り中国企業と初の協業

生物製剤の製造や販売を手掛ける中国の康泰生物<300601.SZ>が、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>の新型コロナウイルスワクチン候補を中国本土で製造することになった。コロナワクチン供給を巡る中国企業との協業は初めて。

米イノビオ、コロナワクチン13週間の免疫効果確認 動物実験で

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は30日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、サルを使った実験で接種から13週間経過した後も免疫効果が維持されたことを確認したと明らかにした。

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資家の期待

米株式市場では、新型コロナウイルスワクチンの開発競争を巡って、投資家は大量製造が可能な大手製薬会社に期待をかける傾向が強まりつつある。つまり、小規模なバイオテクノロジー企業と投資家の「蜜月関係」が終わりを迎えるかもしれない。

コロナワクチンの初期治験成功、独ビオンテックと米ファイザー

ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテック<22UAy.F>と米製薬大手ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。

UPDATE 1-コロナワクチンの初期治験成功、独ビオンテックと米ファイザー

ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテックと米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。

米イノビオ、コロナワクチン有望な結果 夏にも次段階治験へ

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は30日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、健康なボランティアを対象とした臨床試験(治験)で免疫反応が確認されたとし、夏にも次の段階の治験を開始する見通しを明らかにした。

コロナワクチン、開発推進団体が量産体制の準備急ぐ

官民連携でワクチン開発を推進する国際団体「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」のトップは24日、新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合、年間40億回分のワクチンを生産するため、製造業者との協力を進めていると明らかにした。

米イノビオ、コロナワクチン関連で国防総省から7100万ドル獲得

米バイオ企業のイノビオ・ファーマシューティカルズ<INO.O>は23日、新型コロナウイルスワクチン投与に利用される器具の増産に向け、米国防総省から7100万ドルの資金を獲得したと明らかにした。

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=NYT紙

トランプ米政権は新型コロナウイルスに対するワクチン製造で最も有望な5社を選定した。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が3日、政権高官らの話として報じた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up