for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

前日終値

51.57USD

変化

-0.17(-0.33%)

出来高

11,849,647

本日のレンジ

51.50

 - 

51.99

52週レンジ

42.36

 - 

59.59

As of on the NASDAQ ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
51.74
始値
51.70
出来高
11,849,647
3か月平均出来高
451.15
高値
51.99
安値
51.50
52週高値
59.59
52週安値
42.36
発行済株式数
4,430.00
時価総額
230,138.50
予想PER
11.83
配当利回り
2.43

次のエベント

Q3 2019 Intel Corp Earnings Release

適時開示

その他

Intel Promotes Gregory Bryant & Michelle Johnston Holthaus To Executive Vice President

Intel Declares Quarterly Cash Dividend

Intel Corp Says Director Reed Hundt Reports Open Market Sale Of 10,000 Shares Of Common Stock - SEC Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corporation)はクラウド等の製品及び技術の設計・製造に従事する会社である。【事業内容】同社の事業はクライアント・コンピューティング・グループ(CCG)、データ・センター・グループ(DCG)、モノのインターネット・グループ(IOTG)、非揮発性メモリ・ソリューション・グループ(NSG)、インテル・セキュリティ・グループ(ISecG)、プログラマブル・ソリューション・グループ(PSG)、 新技術グループ(NTG)を含む。同社は相手先ブランド製造業者(OEM)、相手先ブランド設計・製造業者(ODM)、クラウドと通信サービス・プロバイダー、産業、通信、自動車機器メーカー等の顧客にコンピュータ、ネットワーク、通信プラットフォームを提供する。同社はマイクロプロセッサとチップセット、スタンドアロンのシステムオンチップ(SoC)またはマルチチップ・パッケージ等のコンポーネントと技術を統合するプラットフォームを提供する。CCGオペレーティング事業はノートブック、ツー・イン・ワンシステム消費者と企業向けのデスクトップ・コンピュータ、タブレット、電話機に統合されたプラットフォームを含む。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Andrew D. Bryant

Chairman of the Board

Robert H. Swan

Chief Executive Officer, Director

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Venkata S. M. Renduchintala

Group President - Technology, Systems Architecture and Client Group and Chief Engineering Officer

Sandra Rivera

Chief People Officer, Executive Vice President

統計

2.98 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

59.5K

2017

62.8K

2018

70.8K

2019(E)

69.4K
EPS (USD)

2016

2.720

2017

3.460

2018

4.580

2019(E)

4.390
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.17
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.27
株価純資産倍率(四半期)
3.07
株価キャッシュフロー倍率
7.78
総負債/総資本(四半期)
38.45
長期負債/資本(四半期)
33.48
投資利益率(過去12カ月)
17.89
自己資本利益率(過去12カ月)
15.29

最新ニュース

NY市場サマリー(23日)

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.52対1の比率 で上回った。ナスダックは5.27対1で値下がり銘柄数が多かった。米取引所の合算出 来高は80億7000万株。直近20営業日の平均は75万8000万株。 米国株式市場: <金先物> 米中貿易摩擦の激化やパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の 発言を背景に買い進まれ、大幅反発した。中心限月12月物の清算値は前日比29.10 ドル(1.93%)高の1オンス=1537.60ドル。 中国政府はこの日、米国による制裁関税「第4弾」に対する報復として、米製品75 0億...

米国株式市場=ダウ急落623ドル安、米中摩擦の激化で売り膨らむ

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.52対1の比率 で上回った。ナスダックは5.27対1で値下がり銘柄数が多かった。米取引所の合算出 来高は80億7000万株。直近20営業日の平均は75万8000万株。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 25628.90 -623.34 -2.37 26134.2 26320.2 25507.1 1 9 8  前営業日終値 26252.24 ナスダック総合 7751.77 -239.62 -3.00 7943.65 8005.34 7730.77  ...

米インテル、初のAIチップ「スプリングヒル」リリース

米インテルは20日、初の人口知能(AI)チップ「スプリングヒル」をリリースした。 最小限の消費電力で大量のデータ処理が可能で、大型コンピューターセンター向けにデザインされている。 同チップはイスラエルの施設で製造。インテルはこれまでに、イスラエルのAI新興企業3社に1億2000万ドル超を投じている。 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

仏デジタル課税は国際税制損ねる、米IT大手が公聴会で証言

仏政府が導入するIT(情報技術)企業への「デジタル課税」について、米国の業界大手や業界団体は19日、国際税制やその改革に向けた多国間の取り組みを台無しにするとの見解を示した。

UPDATE 3-米、禁輸猶予を3カ月延長 ファーウェイ「不公正な扱い続く」

米国のロス商務長官は19日、米政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米一部製品の禁輸措置の執行猶予を11月18日まで90日間延長すると明らかにした。ファーウェイは、一時的な猶予延長で不公正な扱いが変わるものでないとコメントした。

焦点:米中貿易協議見守る米企業、影響を最小限に留める計画も

今回の米決算シーズンでは、幅広い業種の企業から米中貿易戦争を懸念する声が数多く聞かれた。ただ、影響を乗り越えるための対処法を示した企業も多かった。

米クアルコムの見通しに暗雲、ファーウェイが中国でシェア拡大

がシェアを急速に拡大しているとし、見通しを下方修正した。また、第3・四半期(4─6月)決算は売上高が市場予想を下回った。発表を受けて同社株は一時6%下落した。

クアルコム、4─6月売上高・7─9月見通しが予想下回る 株価6%安

米通信用半導体大手クアルコムが31日発表した第3・四半期(4─6月)決算は売上高が市場予想を下回った。第4・四半期(7─9月)の業績見通しも予想に届かず、クアルコムの株価は引け後の取引で約6%下落した。

米株市場は買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価<.DJI>は小幅高。一方、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>やフェイスブック<FB.O>が売られ、ナスダック総合指数<.IXIC>とS&P総合500<.SPX>は下落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。

米国株式市場=買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価は小幅高、 ハイテク株の多いナスダック総合指数は下落して取引を終えた。米連邦公開市場 委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27221.35 +28.90 +0.11 27192.2 27275.8 27178.0 4 5 6  前営業日終値 27192.45 ナスダック総合 8293.33 -36.88 -0.44 8325.10 8325.28 8247.37  前営業日終値 8330.21 S&P総合500 3020.97...

神経質、重要イベント目白押し 国内は企業決算見極め=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、神経質な動きが予想されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)、米中貿易協議、米雇用統計など重要イベントが目白押しとなるほか、国内主要企業の決算発表も続く。国内の企業業績がそれほど悪くないと受け止められれば日経平均は2万2000円の方向へ強含む可能性があるが、米国株市場が大きく崩れたりドル/円が円高方向に振れたりした場合は、先週の上昇分を返上する展開もあり得る。

米国株反発、アルファベット・スタバ決算やGDP好感

米国株式市場は反発し、S&P総合500種指数とナスダック総合指数が終値で過去最高値を記録した。グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>やコーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>の好決算、第2・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値が予想ほど減速しなかったことを好感した。

NY市場サマリー(26日)

商務省が発表した第2・四半期の実質GDPの速報値(季節調整済み)は年率換算で 前期比2.1%増えた。同統計を受け、連邦準備理事会(FRB)が来週、利下げに踏み 切るとの見方が強まった。 ナショナル証券の首席市場ストラテジストは「市場が必要としていた内容だった。景 気の著しい減速を示すものではなかったと同時に、FRBが路線変更を迫られるほど力強 いものでもなかった。景気は減速はしているものの、警戒すべき程度まで減速しているわ けではない」と語った。 このほか、ネット通販大手アマゾン・ドットコムが1.6%安。第2・四半 期決算は利益が予想を...

神経質、重要イベント目白押し 国内は企業決算見極め=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、神経質な動きが予想されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)、米中貿易協議、米雇用統計など重要イベントが目白押しとなるほか、国内主要企業の決算発表も続く。国内の企業業績がそれほど悪くないと受け止められれば、日経平均は2万2000円の方向へ強含む可能性があるが、米国株市場が大きく崩れたり、ドル/円が円高方向に振れたりした場合は今週の上昇分を返上する展開もあり得る。

アップル、インテルのモデムチップ事業大半買収へ 10億ドルで

アップル<AAPLO>は25日、米半導体大手インテル<INTC.O>のスマートフォン向けモデムチップ事業の大半を10億ドルで買収する方針を明らかにした。スマホ向けチップの内製化へと大きな一歩を踏み出した。

UPDATE 1-今日の株式見通し=反落、利益確定売り優勢か 円安は支え

(内容を追加して更新します) [東京 26日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均   21756.55 22362.92 19241.37               +46.98 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9 21620(円建て) 月限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は反落になると予想される。米国株主要3指数が下落した流れを 引き継ぎ、弱含みで始まりそうだ。前日まで3日続伸し2カ月半ぶりの高値を付けたことから利益確定売り も出る可能性がある...

今日の株式見通し=反落、利益確定売り優勢か 円安は支え

           前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均   21756.55 22362.92 19241.37               +46.98 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9 21620(円建て) 月限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は反落になると予想される。米国株主要3指数が下落した流れを 引き継ぎ、弱含みで始まりそうだ。前日まで3日続伸し2カ月半ぶりの高値を付けたことから利益確定売り も出る可能性がある。一方、為替が円安方向に振れていることや、米インテルや米アルファベット...

アップル、インテルのモデムチップ事業大半買収へ 10億ドルで

アップルは25日、米半導体インテルのスマートフォン向けモデムチップ事業の大半を10億ドルで買収する方針を明らかにした。

コラム:「トランプ・ファースト」に苦しむ米IT大手

米国の巨大IT企業が「トランプ・ファースト」政策に苦しんでいる。トランプ米大統領は、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>と国防総省のクラウド契約に口出しし、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルと中国との関係に疑問を呈し、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への販売許可も利用して米IT企業を罰する構えをみせている。

米IT大手、ファーウェイ販売許可で迅速対応要請=NEC委員長

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は9日、トランプ大統領が前日に大手IT首脳らと開いた会合に関連し、企業側は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売許可申請で迅速な対応を求めていると述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up