for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

57.85USD

変化

0.47(+0.82%)

出来高

18,119,736

本日のレンジ

56.95

 - 

57.94

52週レンジ

43.61

 - 

68.49

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
57.38
始値
57.47
出来高
18,119,736
3か月平均出来高
602.31
高値
57.94
安値
56.95
52週高値
68.49
52週安値
43.61
発行済株式数
4,038.00
時価総額
231,700.40
予想PER
12.41
配当利回り
2.42

次のエベント

Q2 2021 Intel Corp Earnings Release

適時開示

その他

Montage Technology Plans To Sign Procurement Agreements With Intel Corp

UK's CMA Says Start Of Merger Investigation On Anticipated SK Hynix / Intel Deal

UK's CMA Starts Probe Into Anticipated Acquisition Of Intel's Nand And SSD Business By SK Hynix

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corporation)は、製品とテクノロジーの設計と製造を行う。【事業内容】クライアントコンピューティンググループ(CCG)、データセンターグループ(DCG)、モノのインターネットグループ(IOTG)、不揮発性メモリソリューショングループ(NSG)、モービルアイ、プログラマブルソリューショングループ(PSG)、その他すべての7つの事業セグメントを通じて運営する。CCGセグメントには、エンドユーザーのフォームファクター向けに設計されたプラットフォームが含まれ、シンとライト、コマーシャルとゲーム、および隣接の2つのセグメントに焦点を当てる。DCGセグメントには、コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク機能のためのワークロード最適化プラットフォームが含まれる。IOTGセグメントには、市場セグメントのターゲット業種及び組み込みアプリケーション向けの高性能コンピューティングソリューションが含まれる。NSGセグメントは、インテル・オプテーンテクノロジーとインテル3次元(3D)NANDテクノロジーに基づくメモリ及びストレージ製品を提供する。モービルアイセグメントは、運転支援と自動化ソリューションを提供する。PSGセグメントには、プログラム可能な半導体、主にフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)と特定用途向け集積回路(ASIC)が含まれる。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

SANTA CLARA, CA

95054-1537

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Omar Syed Ishrak

Independent Chairman of the Board

Patrick P. Gelsinger

Chief Executive Officer, Director

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Sandra Rivera

Chief People Officer, Executive Vice President

Steven Ralph Rodgers

Executive Vice President, General Counsel

統計

2.84 mean rating - 43 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

70.8K

2019

72.0K

2020

77.9K

2021(E)

72.8K
EPS (USD)

2018

4.580

2019

4.870

2020

5.300

2021(E)

4.626
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.90
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.98
株価純資産倍率(四半期)
2.90
株価キャッシュフロー倍率
7.55
総負債/総資本(四半期)
44.96
長期負債/資本(四半期)
41.65
投資利益率(過去12カ月)
14.86
自己資本利益率(過去12カ月)
12.47

最新ニュース

最新ニュース

半導体の供給不足、数年続く可能性=米インテルCEO

米半導体大手インテルのパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は31日、自動車や家電の生産に影響が出ている世界的な半導体不足について、解決するまでには数年かかる可能性があるとの見解を示した。

米の半導体企業支援法案が難航 厳格化目指す修正提案に企業側反発

米国が中国の科学技術に対抗するための上院の対中法案の扱いを巡り、米企業団体などが反発を強めている。法案について、超党派の複数の議員が内容のさらなる厳格化を目指す修正法案を提案しているためで、修正議論の行方が宙に浮いた形だ。

米CEO報酬、株主投票での否決が過去最多=報告書

最高経営責任者(CEO)の報酬プランが株主によって否決される米上場企業が今年、過去最多に上っていることが、コンサルティング会社ISSコーポレート・ソリューションズの報告で分かった。

焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

長く存在感を失ってきた日本の半導体産業の復権に向けたラストチャンスをものにしようと、日本政府が動き始めた。ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)なども巻き込む青写真を描くが、海外の競合相手は政府からの巨額の支援をテコに投資合戦に臨む。米中問題の狭間で身動きが取れず、政府サポートが見劣りする日本企業のつけ入る隙は大きくはない。

台湾TSMC、米半導体工場に数百億ドル規模の追加投資検討=関係筋

半導体受託製造で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が、米アリゾナ州の半導体工場に数百億ドル規模の追加投資を検討していることが、複数の関係筋の話で分かった。一方で欧州の生産強化の話は進んでいないという。

インテル、イスラエルで自動運転などR&D強化 6億ドル投資へ

米半導体大手インテルは2日、イスラエルでの研究開発(R&D)拡充に6億ドル追加投資する方針を示すとともに、新工場への100億ドルの投資を確認した。

米インテル、欧州半導体工場新設に約100億ドルの助成金要請=報道

米半導体大手インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)が、欧州の半導体工場新設に80億ユーロ(97億ドル)の助成金を求めていることが分かった。

独連銀、国内の半導体供給問題は第2四半期に悪化と予想

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のチーフエコノミスト、イェンス・ウルリヒ氏は30日、ロイターに対し、国内産業における半導体供給の問題は第2・四半期に悪化し、今年の独経済の回復に影響すると語った。

EUが半導体連合の形成を検討、域外メーカー依存脱却で=当局者

欧州連合(EU)は、STマイクロエレクトロニクス、NXP、インフィニオン、ASMLを含めた半導体連合の形成を検討している。世界的に半導体不足に見舞われる中、域外メーカーへの依存度を引き下げたい考えだ。4人のEU当局者が明らかにした。

台湾の聯華電子、半導体工場の生産能力拡大に36億ドル投資へ

台湾の半導体受託生産大手、聯華電子(UMC)は28日、台湾南部の工場の生産能力を拡大するため、今後3年間で1000億台湾ドル(35億9000万米ドル)を投資することを明らかにした。

世界の半導体不足、年内に緩和の兆し=米インテルのメキシコ法人

米半導体大手インテルのメキシコ子会社のトップは、メキシコ自動車産業に悪影響を及ぼしている世界的な半導体不足について、年内に緩和する兆候があるとの見方を示した。

台湾企業、EU域内で先進半導体を生産せず=経済部長

台湾の王美花・経済部長(経済相)は28日、台湾ハイテク企業が欧州連合(EU)域内で先進半導体を生産することはないと発言した。また、受託生産最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は最先端の半導体を台湾で生産することを重視していると述べた。

米半導体AMD、第1四半期は93%増収 需要堅調で通年見通し上げ

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が発表した第1・四半期決算は、売上高が93%増の34億5000万ドルと、市場予想の32億1000万ドルを上回った。

サムスン物産の子会社、テキサス州で太陽光発電所の建設検討

韓国のサムスン物産の子会社は、米テキサス州に6億7300万ドル規模の太陽光発電所を建設することを検討している。

欧州委員、インテルCEO・TSMC幹部と会談へ 半導体不足めぐり

欧州連合(EU)欧州委員会は23日、ブルトン委員(域内市場担当)が米半導体大手インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)と30日に会談すると発表した。欧州委は、輸入半導体への依存度を低下させたいと考えている。

台湾、半導体産業の成長は今後数年続くと予想

台湾の国家発展委員会のクン明シン主任委員(閣僚)は23日、台湾の主要な半導体産業は今後数年にわたる成長が見込まれ、大規模な設備投資を行っても過剰供給の懸念はないと述べた。また今後10年ほどは、競合相手は数社しか登場しないとの見通しを示した。

台湾、半導体産業の成長は今後数年続くと予想

台湾の国家発展委員会のクン明シン主任委員(閣僚)は23日、台湾の主要な半導体産業は今後数年にわたる成長が見込まれ、大規模な設備投資を行っても過剰供給の懸念はないと述べた。また今後10年ほどは、競合相手は数社しか登場しないとの見通しを示した。

インテル、第2四半期利益見通しが市場予想下回る 株価下落

米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。

台湾TSMC、生産能力拡大へ29億ドル支出 取締役会が承認

半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は22日、生産能力拡大に向けた28億9000万ドルの支出を取締役会が承認したと発表した。自動車メーカーなどに影響が出ている世界的な半導体不足に対応する。

米株反落、バイデン氏の増税案巡る報道受け

米国株式市場は反落して取引を終えた。バイデン大統領が富裕層に対するキャピタルゲイン課税引き上げを提案する見通しというニュースを受け、利益確定の売りが出たことが指摘された。来週発表されるハイテク大手の四半期決算も注目される。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up