for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

52.04USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

48,595

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

47.87

 - 

68.49

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
52.04
始値
0.00
出来高
48,595
3か月平均出来高
718.52
高値
--
安値
--
52週高値
68.49
52週安値
47.87
発行済株式数
4,067.00
時価総額
217,536.30
予想PER
10.16
配当利回り
2.59

次のエベント

Intel Corp Investor Meeting

適時開示

その他

Health Discovery Says On Dec 27 Court Granted Intel Corp's Motion To Dismiss Patent Infringement Claims Asserted Against Intel By Co

Intel Becomes The Latest Company To Back Away From An In-Person CES - Techcrunch

Intel Announces Intent To Take Mobileye Public

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corp)は、製品およびテクノロジーの設計と製造を行う。【事業内容】セグメントは、データセンターグループ(DCG)、モノのインターネットグループ(IOTG)、モービルアイ、不揮発性メモリソリューショングループ(NSG)、およびプログラマブルソリューショングループ(PSG)である。DCGセグメントは、コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク機能のためのワークロード最適化プラットフォームを開発する。IOTGセグメントは、垂直産業や組み込み市場全体に拡張できるテクノロジーやビジネスのユースケースを解決する高性能コンピューティングプラットフォームを開発する。モービルアイセグメントは、運転支援と自動運転ソリューションを提供する。NSGセグメントは、インテル・オプテーンテクノロジーとインテル3次元(3D)NANDテクノロジーに基づくメモリおよびストレージ製品を提供する。PSGセグメントは、プログラム可能な半導体、主にFPGAおよび特定用途向け集積回路(ASIC)および関連製品を提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

SANTA CLARA, CA

95054-1537

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Omar Syed Ishrak

Independent Chairman of the Board

Patrick P. Gelsinger

Chief Executive Officer, Director

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Principal Accounting Officer

Christy Pambianchi

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Steven Ralph Rodgers

Executive Vice President, General Counsel

統計

2.90 mean rating - 48 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

70.8K

2019

72.0K

2020

77.9K

2021(E)

73.5K
EPS (USD)

2018

4.580

2019

4.870

2020

5.300

2021(E)

5.285
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.41
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.77
株価純資産倍率(四半期)
2.42
株価キャッシュフロー倍率
6.63
総負債/総資本(四半期)
44.74
長期負債/資本(四半期)
39.53
投資利益率(過去12カ月)
16.14
自己資本利益率(過去12カ月)
13.47

最新ニュース

最新ニュース

インテル、オハイオ州に先進半導体工場新設へ 200億ドル投資

米半導体大手インテルは21日、先進半導体の製造に向け200億ドル投じてオハイオ州に新工場2カ所建設する方針を明らかにした。8つの工場を擁することができる1000億ドル規模の「メガサイト」に向けた第一歩となる。

インテル、オハイオ州に大型生産拠点 200億ドル投資へ=関係筋

関係筋によると、米半導体大手インテルは21日、オハイオ州コロンバス近郊に200億ドルを投じて大型生産拠点を設立すると発表する。先進半導体を開発・製造する。

訂正(6日配信記事)-米GM、新たな運転支援機能にクアルコム製チップを採用

(原文の訂正により、本文2段落目の「米国とカナダの道路の最大95%に対応し」を「米国とカナダにおける運転シーンで最大95%を占める、一般道路および高速道路の両方でハンズフリー運転を可能にし」に訂正します。)

米インテル、新疆への言及削除 中国の反発受け

米半導体大手インテルが、部品メーカーへの年次書簡から中国・新疆ウイグル自治区への言及を削除したことが分かった。メーカー側に同自治区の製品や労働力の使用禁止を通告したことに中国で反発が広がったことを受けた。

米インテル、ゲーム用GPU「Arc」でエヌビディアに対抗

米インテルは4日、ゲーム向けのGPU(画像処理半導体)「Arc」の出荷を開始したと発表した。競合米エヌビディアが独占する市場に対抗する。

米AMD、ノートPC向け半導体の新製品発表 法人PCで攻勢

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)は4日、ノート型パソコン向けCPU(中央演算処理装置)の新製品「Ryzen(ライゼン)6000」を米ラスベガスで開幕したデジタル技術見本市「CES」で発表した。

UPDATE 1-中国、米ウォルマートとサムズ・クラブを非難 新疆産品巡り

中国共産党の汚職監視機関である中央規律検査委員会(CCDI)は31日、新疆ウイグル自治区の産品を巡って、米小売大手ウォルマートと系列の会員制スーパー「サムズ・クラブ」を「愚かで短絡的」などと激しく非難した。

韓国SKハイニックス、インテルNAND事業買収の第1段階完了

韓国の半導体大手SKハイニックスは30日、米同業インテルのNAND型フラッシュメモリー事業買収計画の第1段階を完了したと発表した。中国を含む8カ国の規制当局から承認を得た。

米インテル、中国に謝罪 新疆製品の使用禁止巡り

米半導体大手インテルは23日、部品メーカーに中国・新疆ウイグル自治区の製品や労働力の使用禁止を通告したことについて、中国国民に謝罪した。中国内で反発が強まっていることを受けた措置。

GM・グーグルもCES対面参加見送り、コロナ感染拡大で

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)や米アルファベット傘下のグーグルおよび自動運転車部門ウェイモ、北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は23日、来年1月に米ラスベガスで開催されるデジタル見本市「CES」への対面式参加を見合わせるとそれぞれ発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が理由。

UPDATE 1-GM・グーグルもCES対面参加見送り、コロナ感染拡大で

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)や米アルファベット傘下のグーグルおよび自動運転車部門ウェイモ、北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は23日、来年1月に米ラスベガスで開催されるデジタル見本市「CES」への対面式参加を見合わせるとそれぞれ発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が理由。

米インテル、中国に謝罪 新疆製品の使用禁止巡り

米半導体大手インテルは23日、部品メーカーに中国・新疆ウイグル自治区の製品や労働力の使用禁止を通告したことについて、中国国民に謝罪した。中国内で反発が強まっていることを受けた措置。

中国がインテルに反発、新疆製品の使用禁止通達で

米半導体大手インテルが、新疆ウイグル自治区の製品や労働力の使用禁止を納入業者に通達したことを巡り、中国からの反発に直面している。

SKハイニックスのインテルNAND事業買収、中国当局が認可

韓国の半導体大手SKハイニックスは22日、米インテルからNAND型フラッシュメモリー事業を買収する計画について、中国の独占禁止当局から承認を得たと発表した。

米インテル、処理能力を機器間で融通するソフト開発 メタバース視野

米インテルの幹部は、共有された仮想環境を意味する「メタバース」の領域に参入する戦略を初めて公表し、ラップトップ使用時に他の機器に搭載された半導体の処理能力を融通するソフトウエアの開発に取り組んでいると明らかにした。

午前の日経平均は続伸、好地合い継続 上値追いには慎重

8日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比318円45銭高の2万8774円05銭と続伸した。前日の米国株式市場の上昇を好感して、好地合いを引き継ぐ形で堅調に推移した。ただ、戻り売りが警戒されており、さらなる上値追いには慎重な様子となっている。

ホットストック:東エレクなど半導体関連株がしっかり、SOXは一時5%超の大幅上昇

東京エレクトロン、レーザーテックなど半導体関連株がしっかりとなっている。前日の米国株式市場で、フィラデルフィア半導体指数(SOX)が一時5%超の上昇となるなど大幅高となったことが材料視された。

UPDATE 1-今日の株式見通し=堅調、米株高好感で日経2万9000円を意識

(詳細を追加して更新します。) [東京 8日 ロイター] - きょうの東京株式市場で、日経平均株価は堅調な値動 きが想定されている。7日の米国株式市場では、新型コロナウイルスのオミクロン変異株 への警戒感が後退したことなどで主要3株価指数が大幅続伸した。東京株式市場もその底 堅い流れを引き継ぎ、ハイテク株を中心に幅広い業種で買いが先行する見通し。日経平均 は2万9000円を意識した値固めの展開となりそうだ。 日経平均の予想レンジは2万8600円─2万9050円。 7日の米国株式市場は大幅続伸し、ナスダック総合は3%超高となった。オ ミクロン...

米国株式市場=続伸、ハイテク株買われナスダック大幅高

米国株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念が後退し、ハイテク株への買いがナスダック総合を押し上げた。

UPDATE 2-米国株式市場=続伸、ハイテク株買われナスダック大幅高

(出来高などを追加しました) [7日 ロイター] - 米国株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルス の新たな変異株「オミクロン株」を巡る懸念が後退し、ハイテク株への買いがナスダック 総合を押し上げた。 インテルは自動運転技術を開発するモービルアイの株式を2022年に米国 で上場させる計画を好感して3%上昇。フィラデルフィア半導体指数は一時5%超 の大幅高となった。 オミクロン株を巡る前向きなニュースも支援材料となった。 英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)はこの日の取引開始前に、 米Virバイオテクノロジーと共同開発した...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up