for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

28.26USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

52,621,578

本日のレンジ

27.53

 - 

28.29

52週レンジ

24.59

 - 

52.51

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
28.26
始値
27.78
出来高
52,621,578
3か月平均出来高
778.57
高値
28.29
安値
27.53
52週高値
52.51
52週安値
24.59
発行済株式数
4,137.00
時価総額
115,629.10
予想PER
42.35
配当利回り
5.22

次のエベント

Dividend For INTC.OQ - 0.3650 USD

適時開示

その他

Intel Says Forecasting Q1 2023 Revenue Of $10.5 Billion To $11.5 Billion

Intel Q4 Earnings Miss Expectations

Intel Says Customer & Partner Adoption For 4Th Gen Xeon From AWS, Cisco, Dell, Google Cloud, IBM Cloud,Microsoft Azure, Nvidia, Oracle Cloud, Others

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corp)は、製品および技術の設計と製造に従事する。【事業内容】セグメントは、クライアントコンピューティンググループ(CCG)、データセンターグループ(DCG)、モノのインターネットグループ(IOTG)、モービルアイ、不揮発性メモリーソリューショングループ(NSG)、プログラマブルソリューショングループ(PSG)などがある。CCG事業は、PC体験を可能にする長期的なオペレーティングシステム、システムアーキテクチャ、 ハードウェア、アプリケーションの統合に注力する。DCG事業は、計算機、ストレージ、ネットワーク機能のワークロードに最適化されたプラットフォームを開発する。IOTG事業は、垂直的な産業や組込み市場にわたって拡張するビジネスユースケースの技術的ニーズを解決する高性能なコンピュートプラットフォームを開発する。モービルアイ事業は、運転支援および自動運転ソリューションを提供する。NSG事業は、インテル3D NANDテクノロジーをベースとしたメモリおよびストレージ製品を提供する。PSG事業は、FPGAを中心としたプログラマブル半導体、ストラクチャードASIC、および関連製品を提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

RNB-4-151, 2200 MISSION COLLEGE BLVD

SANTA CLARA, CA

95054

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Frank D. Yeary

Independent Chairman of the Board

Patrick P. Gelsinger

Chief Executive Officer, Director

David A. Zinsner

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Christy Pambianchi

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Sandra L. Rivera

Executive Vice President, General Manager - Data center and AI Group

統計

3.23 mean rating - 43 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

77.9K

2021

74.7K

2022

63.1K

2023(E)

52.4K
EPS (USD)

2020

5.300

2021

5.470

2022

1.840

2023(E)

0.691
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.83
株価純資産倍率(四半期)
1.14
株価キャッシュフロー倍率
5.49
総負債/総資本(四半期)
41.46
長期負債/資本(四半期)
37.16
投資利益率(過去12カ月)
5.55
自己資本利益率(過去12カ月)
4.57

最新ニュース

最新ニュース

米インテル、社員・役員給与減額 PC市場低迷受け

[31日 ロイター] - 米半導体大手インテルは31日、社員および役員の給与を大幅に引き下げたと発表した。同社は先週、パソコン(PC)市場の低迷やシェア低下を背景に市場予想を下回る業績見通しを示した。

米AMDの第4四半期、売上高が予想上回る 株価上昇

[31日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が31日発表した第4・四半期決算は、売上高が市場予想を上回った。同社が競合インテルに猛追しているとの投資家期待が高まった。

米AMD、第1四半期売上高見通しが予想下回る

[31日 ロイター] - 米半導体大手アドバンスト・マイクロ ・デバイセズ(AMD)が31日示した第1・四半期の売上高見通しは市場予想を下回った。パソコン(PC)需要の低迷やデータセンター市場の減速が重しとなる見通し。

NY市場サマリー(27日)株続伸、利回り上昇 ドルは対ユーロで小幅高

<為替> ドルが対ユーロで小幅な上昇にとどまった。米個人消費の落ち込みとインフレの冷え込みを示す経済指標を受けた。

米国株式市場=続伸、週間でも値上がり 来週のFOMCに注目

米国株式市場は続伸し、不安定な展開となった今週の取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控える中、経済指標や企業の業績見通しは需要軟化の可能性と経済の底堅さ双方を示している。

米インテル、AMDにシェア奪われ失速 年内の回復目指す

[オークランド(米カリフォルニア州)/バンガロール 27日 ロイター] - 米半導体大手インテルは、弱い第1・四半期業績見通しが市場に衝撃を与える中、今年中にバランスを回復すると表明した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が75日線などを上抜け

<16:04> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が75日線などを上抜け 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。相場の弱もち合いを示して いる。終値は2万7382円56銭。 5日移動平均線(2万7269円11銭=27日)が、75日線(2万7194円8 3銭=同)、100日線(2万7695円63銭=同)、200日線(2万7224円6 5銭=同)など主要な長期の移動平均線を下から上に突き抜け、「ゴールデンクロス」と なった。 相場の上昇期入りのシグナルとされ底堅い展開が見込まれる。今後は、心理的節目の 2万7500円を明確にキープ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、上場2日目のテクノロジーズは初値下回る

<15:44> 新興株はマザーズが続落、上場2日目のテクノロジーズは初値下回る 新興株式市場は、マザーズ総合は前営業日比0.81%安の770.96ポイントと 、続落した。東証グロース市場指数は同0.84%安の978.08ポイントだった。新 興株市場は足元、上昇基調が続いていたため、利益確定の売りが優勢となった。 上場2日目のテクノロジーズはは公開価格の3.6倍の3650円で初値を 付け、一時4000円まで上昇。終値は3600円で初値を下回った。 個別では、ナノキャリアがストップ高となったほか、インパクトホールディ ングスが8.4%高としっかりだった...

モービルアイ、第4四半期売上高が予想上回る 23年見通しも堅調

[26日 ロイター] - 米インテル傘下の自動運転技術開発企業モービルアイ・グローバルが発表した2022年第4・四半期の売上高は市場予想を上回った。運転支援システムへの需要が伸長した。23年通年についても堅調な売上高見通しを示した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、企業決算を警戒し模様眺め

<13:39> 日経平均は一進一退、企業決算を警戒し模様眺め 後場の日経平均はプラス圏とマイナス圏を行き来しながら、一進一退の値動きを続け ている。足元では40円高の2万7400円付近で推移している。「週末の上、日米の企 業決算への警戒感が根強く、手掛かりに乏しい中では模様眺めになりやすい」(国内証券 のストラテジスト)という。 きょうは海運株の下げが目立っており「一部の証券が格下げしたのが、きょうの下げ の一因だろう」(別の国内証券のストラテジスト)とみられている。日本郵船や 商船三井は約4%安となっている。業種別の値下がり率トップは...

午前の日経平均は小幅反発、強弱材料入り交じり方向感欠く

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比18円43銭高の2万7381円18銭と、小幅に反発した。米株高を好感して小高く始まったが、日銀の政策修正への思惑や米企業業績への懸念が重しとなりマイナスに転じる場面があるなど、強弱材料が入り交じって方向感を欠いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時マイナス、日銀の追加修正思惑が重し インテル決算嫌気も

<10:17> 日経平均は一時マイナス、日銀の追加修正思惑が重し インテル決 算嫌気も 日経平均は一時マイナスに転換した。小高く寄り付いた後、徐々に上げ幅を縮小した 。 市場では「日銀の政策修正への思惑が相場の重しになっているようだ」(国内証券の ストラテジスト)との声が聞かれた。金利先高観から銀行が買われている一方、不動産業 はさえない。 1月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)が104.2と、 前年同月比4.3%上昇し、前月の3.9%上昇を上回って1981年5月以来の伸び率 となり、思惑につながったとみられる。...

米国株式市場=上昇、GDP受け景気懸念和らぐ テスラが高い

米国株式市場は上昇して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控える中、一連の経済指標や強弱入り交じる企業決算を受けて値動きの荒い展開となった。

インテル、第1四半期は赤字予想 株価引け後急落

[26日 ロイター] - 米半導体大手・インテルは26日、第1・四半期が赤字となる見通しを示した。パソコン市場の低迷やデータセンター向けの減速が重しとなっており、市場予想を下回る低調な業績見通しを受けて株価は時間外取引で9.5%急落した。

UPDATE 2-インテル、第1四半期は赤字予想 株価引け後急落

[26日 ロイター] - 米半導体大手・インテルは26日、第1・四半期が赤字となる見通しを示した。パソコン市場の低迷やデータセンター向けの減速が重しとなっており、市場予想を下回る低調な業績見通しを受けて株価は時間外取引で9.5%急落した。

ASML、第4四半期利益は予想上回る 23年は25%以上の増収へ

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングが25日発表した第4・四半期決算は、利益が予想を上回った。

ASML、第4四半期利益は予想上回る 23年は25%以上の増収へ

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングが25日発表した第4・四半期決算は、利益が予想を上回った。

米インテル、イタリアで半導体工場新設を検討中

米半導体大手インテルは20日ロイターに対し、昨年3月公表した欧州での生産体制強化計画を巡り、イタリアは依然として新たな半導体工場を開設する候補地であると説明した。

主要決算に注目、ハイテク株の反発持続力試す=今週の米株式市場

23日から始まる週の米株式市場では、一連の主要企業決算を受け、テクノロジー株などの大型株が最近の上昇を維持できるか試される見通しだ。

米アップル、新型M2チップ搭載のマックブックをサプライズ発表

[17日 ロイター] - 米アップルは17日、新型プロセッサー「M2 Pro」と「M2 Max」を搭載したノートパソコン「Macbook(マックブック)」を発表した。通常のスケジュールより数週間早く、1月に発表するのは異例。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up