for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

68.47USD

変化

5.15(+8.13%)

出来高

84,711,037

本日のレンジ

66.46

 - 

69.29

52週レンジ

42.86

 - 

69.29

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
63.32
始値
66.57
出来高
84,711,037
3か月平均出来高
403.71
高値
69.29
安値
66.46
52週高値
69.29
52週安値
42.86
発行済株式数
4,430.00
時価総額
275,442.00
予想PER
--
配当利回り
1.99

次のエベント

Q1 2020 Intel Corp Earnings Release

適時開示

その他

Intel Corp Sees Q1 Non-GAAP Earnings Per Share Of About $1.30

Intel Corp Says 7nm Lead Product On-Track For Q4'21

Intel Board Of Directors Elects New Chairman And New Director

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corporation)はクラウド等の製品及び技術の設計・製造に従事する会社である。【事業内容】同社の事業はクライアント・コンピューティング・グループ(CCG)、データ・センター・グループ(DCG)、モノのインターネット・グループ(IOTG)、非揮発性メモリ・ソリューション・グループ(NSG)、インテル・セキュリティ・グループ(ISecG)、プログラマブル・ソリューション・グループ(PSG)、 新技術グループ(NTG)を含む。同社は相手先ブランド製造業者(OEM)、相手先ブランド設計・製造業者(ODM)、クラウドと通信サービス・プロバイダー、産業、通信、自動車機器メーカー等の顧客にコンピュータ、ネットワーク、通信プラットフォームを提供する。同社はマイクロプロセッサとチップセット、スタンドアロンのシステムオンチップ(SoC)またはマルチチップ・パッケージ等のコンポーネントと技術を統合するプラットフォームを提供する。CCGオペレーティング事業はノートブック、ツー・イン・ワンシステム消費者と企業向けのデスクトップ・コンピュータ、タブレット、電話機に統合されたプラットフォームを含む。

連絡先

2200 Mission College Blvd

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Omar Syed Ishrak

Independent Chairman of the Board

Robert H. Swan

Chief Executive Officer, Director

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Venkata S. M. Renduchintala

Group President - Technology, Systems Architecture and Client Group and Chief Engineering Officer

Sandra Rivera

Chief People Officer, Executive Vice President

統計

2.86 mean rating - 43 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

62.8K

2018

70.8K

2019

72.0K

2020(E)

72.2K
EPS (USD)

2017

3.460

2018

4.580

2019

4.870

2020(E)

4.680
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.83
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.91
株価純資産倍率(四半期)
3.71
株価キャッシュフロー倍率
9.28
総負債/総資本(四半期)
38.94
長期負債/資本(四半期)
31.93
投資利益率(過去12カ月)
17.79
自己資本利益率(過去12カ月)
14.76

最新ニュース

最新ニュース

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 円が対ドルで上昇し、109円台前半で推移した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念される中、安全資産とみられる円が買われた。

インテル、第4四半期業績と通年売上高見通しが予想上回る 株価7%高

米半導体大手インテル<INTC.O>が23日発表した第4・四半期決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。通年の売上高見通しも予想を上回り、半導体業界が長い低迷期から脱しつつあるとの市場の見方を後押しした。

UPDATE 1-インテル、第4四半期業績と通年売上高見通しが予想上回る 株価7%高

米半導体大手インテルが23日発表した第4・四半期決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。通年の売上高見通しも予想を上回り、半導体業界が長い低迷期から脱しつつあるとの市場の見方を後押しした。

NY市場サマリー(21日)

<為替> 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を背景に人民元が急落する一方、安全資産としての円に買いが入った。

米株は最高値から下落、新型ウイルス感染や世界経済巡る懸念で

米国株式市場は、最高値から下落して取引を終えた。中国で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大している問題で米国内で初の患者が確認されたことや、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを引き下げたことが背景。

強含み、バブル後最高値トライも 米企業決算を注視=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、強含みの展開が想定されている。日経平均は円安などを手掛かりに昨年来高値を更新しており、残る高値の目安である2018年10月2日につけたバブル後最高値(終値で2万4270円62銭、立ち会い時間中で2万4448円07銭)を、外部環境次第でトライすることになりそうだ。米株に影響を及ぼすインテル<INTC.O>などの決算の内容が当面の鍵になる。

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

20日から始まる週の米株式市場はネットフリックス<NFLX.O>やインテル<INTC.O>、テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>の決算発表に注目が集まる。2019年10─12月期の決算シーズンの行方を占う材料となるかもしれないが、危険信号と受け止められるような数字が出れば過去最高値を更新し続けている米株式市場に冷水を浴びせることになると警戒する投資家もいる。

強含み、バブル後最高値トライも 米企業決算を注視=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、強含みの展開が想定されている。日経平均は円安などを手掛かりに昨年来高値を更新しており、残る高値の目安である2018年10月2日につけたバブル後最高値(終値で2万4270円62銭、立ち会い時間中で2万4448円07銭)を、外部環境次第でトライすることになりそうだ。米株に影響を及ぼすインテルなどの決算の内容が当面の鍵になる。

焦点:米が半導体巡りオランダに圧力、中国への技術流出を阻止

トランプ政権は、オランダの半導体製造技術が中国に輸出されるのを阻止するため、広範囲な働きかけを強めている。関係筋がロイターに語ったところでは、ポンペオ米国務長官がオランダ政府に働きかけ、米政府当局者はオランダ首相に機密扱いの情報機関報告書を開示したという。

米インテル、自動運転試作車の走行動画公開 センサーにカメラのみ

米半導体大手インテル<INTC.O>は6日、傘下のイスラエル企業モービルアイが手掛ける自動運転車の試作車が車内に搭載された12台のカメラのみを駆使してエルサレムの道路を約20分間走行する動画を公開した。

展望2020:半導体の回復鮮明に、5Gとデータセンターがけん引

2020年は半導体分野の回復基調が鮮明になりそうだ。在庫調整の進展に加え、5G(第5世代通信網)やデータセンター関連の需要がけん引するとみられる。米中摩擦などのリスク要因はくすぶるものの、ひとまず過剰供給への懸念は23年ごろに後ずれするとの見方も出ている。

米エヌビディアのメラノックス買収、EUが無条件で承認へ=関係筋

関係筋によると、米半導体大手・エヌビディア<NVDA.O>は、イスラエルの半導体設計会社メラノックス・テクノロジーズ<MLNX.O>を68億ドルで買収する計画について、欧州連合(EU)の規制当局から無条件で承認を得る見通しだ。

インテル、イスラエルAI新興企業ハバナを買収 約20億ドル

米インテルは16日、イスラエルに拠点を置く人工知能(AI)の新興企業ハバナ・ラブズを約20億ドルで買収すると発表した。

「空飛ぶタクシー」企業、来年は資金調達が急増か=調査

投資家向けウェブサイト、ピッチブックが9日公表した調査結果によると、来年は電気自動車が上空を移動する「空飛ぶタクシー」を手掛ける新興企業が数百万ドル規模の資金を調達し、陸上輸送の新興企業から投資家の資金を奪うかもしれない。

米インテル、量子コンピューター実用化につながるチップ開発

米半導体大手インテル<INTC.O>は9日、量子コンピューターに使用される量子ビット(キュービット)をつなぐ複雑な配線の代わりとなる半導体チップ「ホースリッジ」を開発したと発表した。

米アマゾン、データセンター向け半導体開発

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は3日、データセンターのサーバーに使う、より強力な半導体を設計したと発表した。市場を牛耳る米インテル<INTC.O>とアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>に挑戦を突き付ける。

NY市場サマリー(3日)

<為替> トランプ米大統領の発言をきっかけに米中通商協議進展への期待が一気に後退、リスクオフ取引となる中、ドルが売られ、円やスイスフランには買いが入った。人民元は値下がりし10月以来の安値を付けた。

米国株式市場=3日続落、米中通商合意への期待が後退

米国株式市場は3営業日続落して取引を終えた。トランプ米大統領やロス米商務長官の発言を受け、米中貿易摩擦の早期緩和に向けた期待が後退した。

NY市場サマリー(3日)

<為替> トランプ米大統領の発言をきっかけに米中通商協議進展への期待が一気に 後退、リスクオフ取引となる中、ドルが売られ、円やスイスフランには買いが入った。人 民元は値下がりし10月以来の安値を付けた。 トランプ大統領は、中国との通商交渉合意に期限はないとし、来年11月の大統領選 挙後まで待った方が良いかもしれないと発言した。市場では米中の「第一段 階」の合意が間近ともみられていただけに、発言を受けてドル全般に対する失望売りが広 がったという。 米下院情報特別委員会は3日、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾調査報告 書を公表した。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up