for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

44.28USD

変化

0.17(+0.39%)

出来高

46,794,171

本日のレンジ

43.61

 - 

44.80

52週レンジ

43.61

 - 

69.29

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
44.11
始値
44.10
出来高
46,794,171
3か月平均出来高
695.32
高値
44.80
安値
43.61
52週高値
69.29
52週安値
43.61
発行済株式数
4,098.00
時価総額
180,762.80
予想PER
--
配当利回り
2.99

次のエベント

Intel Corp Split For ITLC34.SA - Ratio 6-1

適時開示

その他

Mavenir Private Holdings II Ltd Says Co Now Sees IPO Of Up To 12.5 Million Class A Ordinary Shares

Intel Says In Q4, Expects Covid-19 Impacts Will Drive Weaker Demand In Data-Centric Businesses - SEC Filing

Intel Says Targeting Ice Lake Server Qualification By EOY

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corporation)はクラウド等の製品及び技術の設計・製造に従事する会社である。【事業内容】同社の事業はクライアント・コンピューティング・グループ(CCG)、データ・センター・グループ(DCG)、モノのインターネット・グループ(IOTG)、非揮発性メモリ・ソリューション・グループ(NSG)、インテル・セキュリティ・グループ(ISecG)、プログラマブル・ソリューション・グループ(PSG)、 新技術グループ(NTG)を含む。同社は相手先ブランド製造業者(OEM)、相手先ブランド設計・製造業者(ODM)、クラウドと通信サービス・プロバイダー、産業、通信、自動車機器メーカー等の顧客にコンピュータ、ネットワーク、通信プラットフォームを提供する。同社はマイクロプロセッサとチップセット、スタンドアロンのシステムオンチップ(SoC)またはマルチチップ・パッケージ等のコンポーネントと技術を統合するプラットフォームを提供する。CCGオペレーティング事業はノートブック、ツー・イン・ワンシステム消費者と企業向けのデスクトップ・コンピュータ、タブレット、電話機に統合されたプラットフォームを含む。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

SANTA CLARA, CA

95054-1537

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

統計

3.07 mean rating - 43 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

62.8K

2018

70.8K

2019

72.0K

2020(E)

75.1K
EPS (USD)

2017

3.460

2018

4.580

2019

4.870

2020(E)

4.847
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.31
株価純資産倍率(四半期)
2.42
株価キャッシュフロー倍率
5.29
総負債/総資本(四半期)
49.04
長期負債/資本(四半期)
48.37
投資利益率(過去12カ月)
18.93
自己資本利益率(過去12カ月)
15.73

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(27日)ドル下落、米株まちまち

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが下落。前日の上げや株安を背景に利食い売りが出た。新型コロナウイルスの感染第2波への懸念や米大統領選を巡る不安がくすぶる中、ドルは円や資源通貨などに対して値下がりした。

米株まちまち、追加策協議の行き詰まりが重し

米国株式市場はまちまちで終了した。軟調な企業決算に加え、米大統領選前の追加経済対策実現の観測が後退したことで、ダウとS&Pが下落した一方、ナスダックは主要情報技術企業の決算発表を控えやや上昇した。

米AMD、ザイリンクスを350億ドルで買収 インテルとの競争激化

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>は27日、同業のザイリンクス<XLNX.O>を350億ドルで買収することで合意したと発表した。今後はデータセンター向け半導体市場で、ライバルであるインテル<INTC.O>との競争がさらに激しさを増しそうだ。

コラム:サムスン電子の李健熙会長が残した混乱の「企業統治」

韓国・サムスン電子<005930.KS>の李健熙会長は、見事ではあるが深く傷ついた帝国を残した。父親の事業を引き継ぎ、スマートフォンや半導体を製造する3550億ドル規模の巨大企業へと発展させ、「韓国株式会社」に残した功績は今後も残るだろう。だが、その78年間の生涯にはスキャンダルもまた根深く、一族による経営支配を脅かし続けている。

NY市場サマリー(23日)米株はまちまち、ドルは週間で1%下落

<為替> ドルが主要通貨に対して小幅安。米大統領選を控え、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議に不透明感が漂う中、週間ベースでは約1%の下落となる見込み。

米国株はまちまち、コロナ対策協議にらみ不安定な展開

米国株式市場はまちまち。追加の新型コロナウイルス経済対策協議の行方をにらみ値動きの激しい展開となる中、ナスダック総合<.IXIC>とS&P総合500種<.SPX>は続伸して終了。ダウ工業株30種<.DJI>は小反落した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポートも方向性見いだせず

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、週末で見送り気分広がる

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、模様眺めで後場の上下振れ幅は43円68銭

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場強含み、バイデン氏優勢の見方変わらず上げ幅拡大

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

午前の日経平均は反発、米大統領討論会は消化難

23日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比49円68銭高の2万3523円95銭となり、反発した。 オーバーナイトの米国株式市場が上昇した流れを引き継いだ。ただ、米大統領候補のテレビ討論会を控えた様子見ムードが広がる中で時間外取引での米株先物の軟化やが重しとなり、日経平均は買い一巡後は上げ幅を縮小。一時はマイナス圏に転落した。

ホットストック:半導体関連株がさえない、インテル利益率大幅低下受け

東京エレクトロン、SCREENホールディングス、アドバンテストなどがさえない。米インテルが22日発表した第3・四半期決算で利益率が大幅に低下したことを受け、売り優勢となっている。

米インテル、第3四半期は利益率が大幅低下 低価格半導体シフトで

米インテル<INTC.O>が22日発表した第3・四半期決算は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響でノートパソコン向け半導体が好調だった一方で、データセンター向けはコロナの打撃を受けた政府・企業の支出削減で不調となり、営業利益率が大幅に低下した。株価は時間外で10%下落した。

米インテル、データセンター事業が7%減収 コロナ禍で需要減少

米インテルが22日発表した第3・四半期決算は、データセンター事業の売上高が7%減の59億ドルと、ファクトセットがまとめたアナリスト予想平均(62億1000万ドル)を下回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、顧客からの需要が減少した。

アジア株式市場サマリー:引け(21日)

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3325.0247 - 3.0782 - 0.09 3332.1470 3332.1470 3304.1693 前営業日終値 3328.1029 中国 CSI300指 4792.828 -0.639 -0.01 4801.631 4801.631 4758.855 数 前営業日終値 4793.467 香港 ハンセン指数 24754.42 +184.88 +0.75 24695.54 24903.00 24653.16 前営業日終値 24569.54 香港 ハンセン中国株...

コラム:SKハイニックスのNAND事業取得、防御が最大の攻撃

韓国の半導体大手SKハイニックス<000660.KS>による米インテル<INTC.O>のNANDメモリー事業取得は、半導体セクターがまさに必要としていた措置だった。

韓国SKハイニックス、インテルのNAND事業を90億ドルで取得へ

韓国の半導体大手SKハイニックス<000660.KS>は20日、米インテル<INTC.O>のNAND型フラッシュメモリー事業と中国・大連にある製造工場を90億ドルで取得すると発表した。対価はすべて現金で支払う。

韓国SKハイニックス、インテルのNAND事業など90億ドルで取得へ

韓国の半導体大手SKハイニックスは20日、米インテルのNANDメモリーチップを含むソリッドステートドライブ(SSD)事業と中国・大連にある製造工場を約90億ドルで取得すると発表した。対価はすべて現金で支払う。

インテル、韓国SKハイニックスにNAND事業売却検討=関係筋

米インテル<INTC.O>が韓国の半導体大手SKハイニックス<000660.KS>にNANDメモリーチップ事業を約100億ドルで売却する準備を進めていることが関係者の話で分かった。

台湾TSMC、通期売上高予想を引き上げ 第3四半期は過去最高益

半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW> <TSM.N>は通期の売上高予想を引き上げた。また第3・四半期の純利益が過去最高となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up