for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

53.07USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

28,478,845

本日のレンジ

52.94

 - 

53.92

52週レンジ

43.61

 - 

68.49

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
53.07
始値
53.03
出来高
28,478,845
3か月平均出来高
515.60
高値
53.92
安値
52.94
52週高値
68.49
52週安値
43.61
発行済株式数
4,057.00
時価総額
215,751.30
予想PER
11.13
配当利回り
2.61

次のエベント

Dividend For INTC.OQ - 0.3475 USD

適時開示

その他

Intel Accelerates Process And Packaging Innovations

Intel Corp QTRLY Data Center Group (DCG) Revenue Of $6.5 Billion, Down 9%

Intel CEO Says M&A Will Remain Part Of Strategy For Building Foundry Business

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corp)は、製品およびテクノロジーの設計と製造を行う。【事業内容】セグメントは、データセンターグループ(DCG)、モノのインターネットグループ(IOTG)、モービルアイ、不揮発性メモリソリューショングループ(NSG)、およびプログラマブルソリューショングループ(PSG)である。DCGセグメントは、コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク機能のためのワークロード最適化プラットフォームを開発する。IOTGセグメントは、垂直産業や組み込み市場全体に拡張できるテクノロジーやビジネスのユースケースを解決する高性能コンピューティングプラットフォームを開発する。モービルアイセグメントは、運転支援と自動運転ソリューションを提供する。NSGセグメントは、インテル・オプテーンテクノロジーとインテル3次元(3D)NANDテクノロジーに基づくメモリおよびストレージ製品を提供する。PSGセグメントは、プログラム可能な半導体、主にFPGAおよび特定用途向け集積回路(ASIC)および関連製品を提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

SANTA CLARA, CA

95054-1537

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Omar Syed Ishrak

Independent Chairman of the Board

Patrick P. Gelsinger

Chief Executive Officer, Director

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Steven Ralph Rodgers

Executive Vice President, General Counsel

Sandra Rivera

Executive Vice President, General Manager - Datacenter and AI Group

統計

2.84 mean rating - 44 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

70.8K

2019

72.0K

2020

77.9K

2021(E)

73.8K
EPS (USD)

2018

4.580

2019

4.870

2020

5.300

2021(E)

4.785
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.83
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.78
株価純資産倍率(四半期)
2.53
株価キャッシュフロー倍率
7.09
総負債/総資本(四半期)
41.56
長期負債/資本(四半期)
37.22
投資利益率(過去12カ月)
14.28
自己資本利益率(過去12カ月)
12.08

最新ニュース

最新ニュース

中国「米超党派委はうそでっち上げ」、北京五輪スポンサー非難で

米議会の超党派委員会が27日にコカ・コーラなど2022年北京冬季五輪の米スポンサー企業が中国の人権問題よりも自社の利益を優先させていると非難したことを受け、在米中国大使館の報道官は同委員会が「中国を中傷するためにあらゆるうそをでっち上げることに夢中になっている」と述べた。

米AMD、第2四半期は予想超え 強気の売上高見通しで株価上昇

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が27日に発表した第2・四半期決算は、売上高と利益が予想を上回った。データセンターやゲーム機向け半導体の需要拡大を見込み、第3・四半期の売上高についても市場予想を上回る見通しを示した。

米議会超党派委、北京冬季五輪の米スポンサーを非難 人権問題巡り

米議会の超党派委員会は27日、コカ・コーラなど2022年北京冬季五輪の米スポンサー企業が中国の人権問題よりも自社の利益を優先させているとして強く非難した。

米国株式市場=6営業日ぶり反落、ハイテク決算やFOMC控え警戒感

米国株式市場は6営業日ぶりに反落し、ダウ工業株30種は85ドル安で取引を終えた。大手ハイテク企業の決算発表や連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、警戒感が広がった。

NY市場サマリー(27日)株式6営業日ぶり反落、ドル下落

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅下落。米連邦準備理事会(FRB)が27─28日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和の縮小(テーパリング)開始時期を巡り何らかの手掛かりを示すか注目されている。

台湾TSMC、ドイツの新拠点巡り明言避ける

半導体受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は26日、ドイツに新工場を建設する可能性に関し、協議は初期段階でまだ確定的なことは言えないと表明した。

インテルとTI、需要見通し対照的 半導体他社の決算に注目

米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)とインテルが直近決算発表時に示した需要見通しは対照的な内容だった。投資家は26日からの週に予定されている他の半導体メーカーの企業決算で今後の需要動向を見極める必要がある。

アングル:五輪テレビ観戦支える最新技術、センサーやAIで選手を可視化

新型コロナウイルス禍でほぼすべての会場が無観客となる東京五輪。多くの人が自宅のテレビで選手を応援することになるが、最新のセンサーや人工知能(AI)が中継技術を支え、新たな五輪の観戦体験ができそうだ。選手の体の動きを細かく捉えて瞬時にデータ化することが可能となり、視聴者はレースの途中経過を詳細に把握できるようになる。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

インテル、通期売上高見通しを上方修正 年末の弱さ示唆で株下落

米半導体大手インテルは22日、通期売上高予想を上方修正した。ただ、これは第2・四半期が好調だったことや第3・四半期の見通しが市場予想をやや上回ったことが要因とみられ、第4・四半期の弱さを示唆。株価は引け後の時間外取引で2.8%下落した。

NY市場サマリー(22日)ドル小幅高、国債利回り低下

<為替> リスク選好度の浮き沈みにに伴い不安定な値動きとなる中、ドルが主要通貨バスケットに対し小幅上昇。一方、欧州中央銀行(ECB)理事会の結果が消化される中、ユーロは下落した。

米国株式市場=小幅高、ハイテクやグロース株に買い

米国株式市場は小幅高。ダウ工業株30種は25ドル高で取引を終えた。ハイテク株やグロース(成長)株などに買いが入った。

米インテル、通期売上高見通しを上方修正 市場予想上回る

米半導体大手インテルは22日、通期売上高予想を上方修正した。競争力強化に向け外注と社内生産の拡大という2つの戦略に注力している。

蘭ASML、第2四半期は38%増益 半導体不足で販売急増

オランダの半導体製造装置大手、ASMLが21日発表した第2・四半期決算は、純利益が38%増の10億3000万ユーロ(12億2000万ドル)だった。

蘭ASML、第2四半期は38%増益 半導体不足で販売急増

オランダの半導体製造装置大手、ASMLが21日発表した第2・四半期決算は、純利益が38%増の10億3000万ユーロ(12億2000万ドル)だった。

モービルアイ、NY市で自動運転の実証実験開始

米インテル傘下で自動運転技術を開発するイスラエルのモービルアイは20日、米ニューヨーク市で自動運転車の実証実験を始めたと明らかにした。交通の混雑が激しいマンハッタンでも実験を行い、技術の進歩を証明する。

半導体受託生産グローバルファウンドリーズ、NY州に工場新設へ

半導体受託生産のグローバルファウンドリーズは19日、ニューヨーク州の本社近くに第2の工場を建設すると発表した。世界的な半導体不足に対応するため10億ドルを投じて生産を拡大する計画も明らかにした。

決算・連休を前に不安定、コロナ懸念は重しに=今週の東京株式市場

今週の東京市場で日経平均株価は、決算シーズンの本格化や五輪開幕に伴う4連休を前に薄商いが見込まれる中、不安定な相場展開になりそうだ。決算シーズンに入り、好調な企業業績への期待が支えになる一方、新型コロナウイルスのデルタ変異株の世界的な感染動向や世界経済の正常化遅延への懸念が強まれば下方圧力が高まり得る。

NY市場サマリー(16日)米国株は下落、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。週間では1カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。小売売上高が予想外に伸びたことで、第2・四半期の成長拡大が意識された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up