for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

49.02USD

変化

0.46(+0.94%)

出来高

12,039,836

本日のレンジ

48.65

 - 

49.11

52週レンジ

43.63

 - 

69.29

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
48.56
始値
48.73
出来高
12,039,836
3か月平均出来高
622.13
高値
49.11
安値
48.65
52週高値
69.29
52週安値
43.63
発行済株式数
4,253.00
時価総額
204,952.10
予想PER
9.95
配当利回り
2.74

次のエベント

Q3 2020 Intel Corp Earnings Release

適時開示

その他

MediaTek Says First Laptops Enabled By MediaTek And Intel 5G Modem Solution Expected In Early 2021

Intel Says Launching Tiger Lake In Q3

Intel Reports Q2 GAAP EPS Of $1.19

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corporation)はクラウド等の製品及び技術の設計・製造に従事する会社である。【事業内容】同社の事業はクライアント・コンピューティング・グループ(CCG)、データ・センター・グループ(DCG)、モノのインターネット・グループ(IOTG)、非揮発性メモリ・ソリューション・グループ(NSG)、インテル・セキュリティ・グループ(ISecG)、プログラマブル・ソリューション・グループ(PSG)、 新技術グループ(NTG)を含む。同社は相手先ブランド製造業者(OEM)、相手先ブランド設計・製造業者(ODM)、クラウドと通信サービス・プロバイダー、産業、通信、自動車機器メーカー等の顧客にコンピュータ、ネットワーク、通信プラットフォームを提供する。同社はマイクロプロセッサとチップセット、スタンドアロンのシステムオンチップ(SoC)またはマルチチップ・パッケージ等のコンポーネントと技術を統合するプラットフォームを提供する。CCGオペレーティング事業はノートブック、ツー・イン・ワンシステム消費者と企業向けのデスクトップ・コンピュータ、タブレット、電話機に統合されたプラットフォームを含む。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

SANTA CLARA, CA

95054-1537

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Omar Syed Ishrak

Independent Chairman of the Board

Robert H. Swan

Chief Executive Officer, Director

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Sandra Rivera

Chief People Officer, Executive Vice President

Steven Ralph Rodgers

Executive Vice President, General Counsel

統計

3.05 mean rating - 44 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

62.8K

2018

70.8K

2019

72.0K

2020(E)

75.1K
EPS (USD)

2017

3.460

2018

4.580

2019

4.870

2020(E)

4.843
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.60
株価純資産倍率(四半期)
2.50
株価キャッシュフロー倍率
5.79
総負債/総資本(四半期)
46.76
長期負債/資本(四半期)
44.01
投資利益率(過去12カ月)
19.63
自己資本利益率(過去12カ月)
16.70

最新ニュース

最新ニュース

米主要企業、政府に懸念表明 ウィーチャット取引禁止巡り=報道

トランプ米大統領が対話アプリ「微信(ウィーチャット)」を運営する中国の騰訊控股(テンセント)<0700.HK>との取引を45日以内に禁止する大統領令に署名したことに対し、一部の米企業が反発していると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが13日報じた。

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [29日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3294.5521 + 66.5917 + 2.06 3221.9883 3294.5521 3209.9902 <.SSEC > 前営業日終値 3227.9604 中国 CSI300指 4679.008 +110.750 +2.42 4559.163 4680.558 4548.854 <.CSI3 数 00> 前営業日終値 4568.258 香港 ハンセン指数 24883.14 +110.38 +0.45...

アジア株式市場サマリー

中国株式市場は続伸して終了した。景気回復期待から主要指数の上げ幅は1週間ぶりの大きさとなった。ただ米中間の緊張や新型コロナウイルスの感染拡大で上値は抑えられた。

アジア株式市場サマリー:中盤(28日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [28日 ロイター] - 時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:26 3222.12 +16.895 +0.53 3226.1329 3245.2967 3219.0262 <.SSEC > 前営業日終値 3205.2268 中国 CSI300指 12:26 4555.57 +27.116 +0.60 4567.669 4590.250 4542.449 <.CSI3 数 00> 前営業日終値 4528.450 香港 ハンセン指数 12:26 24683.30...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値25日線を上回る パラボリックは陰転

<16:40> 日経平均・日足は「中陽線」、終値25日線を上回る パラボリックは陰転 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。5日移動平均線(2万2753円12銭=27日 )に上値を抑えられる形となったが、終値は25日移動平均線(2万2522円79銭=同)を上回り、 支持線として機能した。ただ、パラボリックは陰転しており、目先の調整局面入りも警戒される。反発時に は一定の戻り売り圧力も掛かりそうだ。 <15:59> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも

<15:59> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸、東証マザーズ指数は続落した。マザーズ市場 では、直近IPO銘柄が買い直された半面、バイオ関連が売られた。「個人投資家の元気はよく、押し目買 い意欲がみられる一方、物色する銘柄に手詰まり感も出ている」(SBI証券のシニア・マーケットアドバ イザー、雨宮京子氏)との声も出ていた。 マザーズ指数は1.79%安。メルカリ 、アンジェス 、そーせいグループ は 安い。Aiming は一時ストップ高を付けた後、売られた。コパ・コーポレーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を縮小、50円安 TOPIXはプラス圏

<14:40> 日経平均は下げ幅を縮小、TOPIXはプラス圏  日経平均は前営業日比40円ほど安い2万2700円台前半。一時前営業日比10円48銭安の水準ま で下げ幅を縮小した。TOPIXはプラス圏での推移となっている。日銀によるETF(上場投資信託)買 い入れへの期待が継続しているようだ。市場では「米中関係悪化などの悪材料はあるものの、きょうは月曜 日なので後場から市場参加する海外投資家の動きが限定的。とりあえず今晩の米国株式市場の動向を見極め たいという様子見ムードから、悪材料を消化できない状態となっている」(国内証券)との声が出ていた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、日銀がETF購入か ニコンは安い

<13:17> 日経平均は下げ幅縮小、日銀がETF購入か ニコンは安い 日経平均は後場下げを幅を縮小し、2万2600円台後半で推移。TOPIXも前営業日比でほぼ横ば い圏となっている。日銀がETF(上場投資信託)を購入したのではないかとの声が出ている。 個別では、ニコン が後場一段安。市場では「デジタルカメラ事業の逆風に加え、米インテルの 半導体技術の開発が遅れていると伝わり、露光装置事業に対する懸念が出ている」(国内証券)との指摘が あった。 <11:42> 前場の日経平均は続落、朝安後に下げ幅縮小 押し目買い 前場の東京株式市場で、...

日経平均は続落、朝安後に下げ幅縮小 押し目買い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比122円31銭安の2万2629円30銭となり、続落した。連休中の米中関係悪化や為替の円高進行などを受けて朝方は安く始まったが、その後は下げ幅を縮小する展開となった。押し目買いのほか、上海株の反発や米株先物の堅調推移が支えになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、売り一巡後は押し目買い流入

<09:55> 日経平均は下げ渋り、売り一巡後は押し目買い流入 日経平均は下げ渋り。連休前との比較で300円を超す下げとなったが、売り一巡後 は押し目買いが流入し、2万2500円台で推移している。 市場では「米中関係の悪化、円高が重しとなり、鉄鋼などの素材、海運業など中国関 連株の下げが目立ったが、売り一巡後は落ち着いた展開となっている。今後は企業決算を 見極めたいというムードになってきそうだ」(国内証券)との声が出ていた。 <09:05> 日経平均は続落、円高嫌気し輸出関連株が売られる 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比255...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は続落、円高嫌気し輸出関連株が売られる

<09:05> 日経平均は続落、円高嫌気し輸出関連株が売られる 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比255円66銭安の2万2495 円95銭となり、続落して始まった。連休中の米国株安がマイナスに作用したほか、10 5円台までドル安/円高に振れた為替相場を嫌気し、輸出関連株が幅広く売られている。 また、米国株式市場でインテル が急落したことを受け、半導体関連株の下げが目 立つ。 <08:50> 寄り前の板状況、輸出関連や半導体関連などが売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、 キヤノン 、ソニー...

ボックス圏で推移、決算発表を注視し方向性を探る=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、日経平均で2万2000円台前半から後半にかけてのボックス圏で推移すると予想されている。新型コロナウイルスに対する警戒感は残りながらも、これから明らかになる決算発表に対する期待が大きく、強弱感が対立しそうだ。連休中に下落した米国株式の動きを織り込んだ後は、決算発表を注視しながら方向性を探る動きになるとみられる。

今日の株式見通し=弱含みの展開、米国株安と円高を嫌気する動きに

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱含みの展開が想定されている。4連休中の米国株式市場が下落したほか、外為市場でドル/円相場が105円台まで円高に振れたことが嫌気されそうだ。前週末のシカゴ日経平均先物の終値にサヤ寄せする格好で始まるとみられる。

UPDATE 1-今日の株式見通し=弱含みの展開、米国株安と円高を嫌気する動きに

(情報を追加しました) [東京 27日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     22751.61 24115.95 16358.19              -132.61 2020年1月17 2020年3月19   日 日 シカゴ日経平均先物9月 22340(円建て 限 ) きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱含みの展開が想定されている。4連休中 の米国株式市場が下落したほか、外為市場でドル/円相場が105円台まで円高に振れた ことが嫌気されそうだ。前週末のシカゴ日経平均先物...

NY市場サマリー(24日)米株続落、ドルは下落

<為替> 安全通貨である円が上昇し、4カ月超ぶりの高値を付けた。一方、ドルは売られ、約2年ぶりの安値を形成。新型コロナウイルス感染者の増加継続や米国の新型コロナ対策法案の遅れ、米中間の緊張懸念などを背景に、リスク選好の動きが後退した。

米国株続落、決算やコロナ感染が重し インテル大幅安

米国株式市場は続落して取引を終えた。週末を控える中、軟調な企業決算や新型コロナウイルス感染者の急増、地政学的な不確実性などを背景に幅広く売りが出た。

米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 外部生産委託拡大も

米半導体大手インテル<INTC.O>は23日、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅れていると明らかにし、外部への生産委託拡大を検討する方針を示した。これを受け、取引終了後の時間外取引で株価は9%下落した。

米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 株価9%安

米半導体大手インテルは23日、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅延していると明らかにした。これを受け、取引終了後の時間外取引でインテル株は9%下落した。

NY市場サマリー(17日)S&P・ナスダック反発、ドルは下落

<為替> ドルが幅広い通貨に対して下落した。欧州連合(EU)首脳による新型コロナウイルス復興基金案を巡る協議は難航しているもようだが、ユーロは4カ月ぶりの高値近辺に浮上した。

米株はS&P・ナスダック反発、コロナ懸念も根強く

米国株式市場は、S&P総合500とナスダック総合が反発。新型コロナウイルス感染再拡大による企業への影響を巡る懸念は根強いものの、政府による刺激策への期待が投資家心理を下支えた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up