for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

56.66USD

変化

-5.80(-9.29%)

出来高

85,729,315

本日のレンジ

56.65

 - 

59.62

52週レンジ

43.61

 - 

69.29

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
62.46
始値
58.85
出来高
85,729,315
3か月平均出来高
846.04
高値
59.62
安値
56.65
52週高値
69.29
52週安値
43.61
発行済株式数
4,098.00
時価総額
255,961.10
予想PER
13.80
配当利回り
2.11

次のエベント

Dividend For INTC.OQ - 0.3475 USD

適時開示

その他

Intel Says Forecasting First-Quarter 2021 Non-GAAP Revenue Of $17.5 Billion

Intel Corp Says 10NM Supply Unit Growth Up 4X YoY In Quarter

Intel Corp Reports Fourth Quarter Earnings Per Share Of $1.42

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corporation)は、製品とテクノロジーの設計と製造を行う。【事業内容】クライアントコンピューティンググループ(CCG)、データセンターグループ(DCG)、モノのインターネットグループ(IOTG)、不揮発性メモリソリューショングループ(NSG)、モービルアイ、プログラマブルソリューショングループ(PSG)、その他すべての7つの事業セグメントを通じて運営する。CCGセグメントには、エンドユーザーのフォームファクター向けに設計されたプラットフォームが含まれ、シンとライト、コマーシャルとゲーム、および隣接の2つのセグメントに焦点を当てる。DCGセグメントには、コンピューティング、ストレージ、およびネットワーク機能のためのワークロード最適化プラットフォームが含まれる。IOTGセグメントには、市場セグメントのターゲット業種及び組み込みアプリケーション向けの高性能コンピューティングソリューションが含まれる。NSGセグメントは、インテル・オプテーンテクノロジーとインテル3次元(3D)NANDテクノロジーに基づくメモリ及びストレージ製品を提供する。モービルアイセグメントは、運転支援と自動化ソリューションを提供する。PSGセグメントには、プログラム可能な半導体、主にフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)と特定用途向け集積回路(ASIC)が含まれる。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

SANTA CLARA, CA

95054-1537

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Omar Syed Ishrak

Independent Chairman of the Board

Robert H. Swan

Chief Executive Officer

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Sandra Rivera

Chief People Officer, Executive Vice President

Steven Ralph Rodgers

Executive Vice President, General Counsel

統計

2.92 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

70.8K

2019

72.0K

2020

77.9K

2021(E)

70.0K
EPS (USD)

2018

4.580

2019

4.870

2020

5.300

2021(E)

4.524
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.25
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.28
株価純資産倍率(四半期)
3.43
株価キャッシュフロー倍率
7.49
総負債/総資本(四半期)
49.04
長期負債/資本(四半期)
48.37
投資利益率(過去12カ月)
18.93
自己資本利益率(過去12カ月)
15.73

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(22日)ダウ・S&P反落、ドルは4日ぶり上昇

<為替> 4日ぶりにドルが上昇した。海外の経済指標が軟調だったことでリスク選好度が低下し、安全通貨としてのドルに買いが入った。

米株はダウとS&Pが反落、IBM・インテルが安い

米国株式市場は、ダウ工業株30種とS&P総合500種が反落。IBMやインテルが低調な決算を受けて売られ、相場を圧迫した。また、米経済活動が数カ月以内に完全に再開することへの期待が後退しつつあると、アナリストは指摘する。

ファーウェイから分離の低価格スマホ、大手半導体メーカーと契約

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)から分離した低価格スマートフォン事業会社「HONOR(オナー)」は22日、米インテルやクアルコムなど大手半導体メーカーから供給を受ける契約を結んだと発表した。

米インテルとのライセンス契約、ライバル企業は消極的か

米半導体大手インテルの幹部は、外部の企業と半導体生産技術のライセンス契約を結ぶ可能性に言及しているが、アナリストは、ライバルの台湾積体電路製造(TSMC)やサムスン電子が、インテルとのライセンス契約に関心を示すかは疑問だと指摘している。

インテル、第4四半期決算は予想超え 外部委託拡大を明言せず

米半導体大手インテルは21日、第1・四半期決算が利益と売上高ともに市場予想を上回るとの見通しを示した。新型コロナウイルス流行に伴い家で過ごす生活へのシフトが進む中、パソコンやサーバー向け半導体需要が堅調な状況が続くと見込む。

NY市場サマリー(21日)ドル3日続落、S&P・ナスダック最高値

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが3日続落。予想を上回る米経済指標や大規模な景気刺激策を巡る楽観的な見方で米経済の回復期待が高まり、高利回り通貨を求める動きが強まった。

米株はS&P・ナスダック最高値、バイデン政権の経済対策に期待

米国株式市場は、S&P総合500種とナスダック総合が終値で最高値を更新した。労働市場の回復が緩慢なことを示す経済指標を受け、バイデン新政権による新型コロナウイルス追加経済対策への期待が広がった。

インテル、第4四半期決算は予想超え 今期も予想上回る見込み

米半導体大手インテルは21日、第1・四半期決算が利益と売上高ともに市場予想を上回るとの見通しを示した。新型コロナウイルス流行に伴い家で過ごす生活へのシフトが進む中、パソコンやサーバー向け半導体需要が堅調な状況が続くと見込む。

米、インテルなどにファーウェイ向けライセンス取り消し=関係者

トランプ米政権は、半導体大手インテルを含めた中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のサプライヤーに対して、ファーウェイ向けのさまざまなライセンス供与の許可を取り消し、新規の許可申請も却下すると通知した。事情に詳しい関係者がロイターに明かした。

中国・香港株式市場・前場=上昇、中国GDP統計を好感

中国 前場終値 前日比 % 始値 上海総合指数 3,591.3253 + 24.9475 + 0.70 3,554.797 7 前営業日終値 3,566.3778 CSI300指数<.C 5,504.170 + 46.088 + 0.84 5,438.162 SI300> 前営業日終値 5,458.081 香港 前場終値 前日比 % 始値 ハンセン指数 28,712.79 + 138.93 + 0.49 28,454.59 前営業日終値 28,573.86 ハンセン中国株指数< 11,396.01 + 75.48 + 0.67 11,266.78...

コラム:米インテル、次期CEOにかかる重圧と期待感

自分の退任報道で自社の時価総額が250億ドルも膨らめば、その最高経営責任者(CEO)はつらいに違いない。インテルのロバート・スワンCEOが13日朝に味わったのは、まさにこういう経験だった。2月にVMウェアのパット・ゲルシンガーCEOと交代すると伝わると、同日寄り付きの米株式市場でインテル株は12%急伸。失われた競争力をインテルが取り戻すのではないか、との投資家の期待を反映した形だ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、終値と25日線の乖離率は5.86%

<16:01> 日経平均・日足は「大陽線」、終値と25日線の乖離率は5.86% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「大陽線」。高値まで買いで攻めたが、売り方の抵抗で押し戻さ れた。上ヒゲが長いことから、売りの抵抗が強かったことを表している。 5日移動平均線(2万8189円67銭=14日)が上を向いていることから、上昇余地はあるものの 、終値と25日移動平均線の乖離(かいり)率は5.86%と相場の過熱感が出始め、騰勢が弱まる可能性 も示唆している。 <15:48> 新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安 新興株市場はさえない。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安

<15:48> 新興株市場はさえない、マザーズ指数は2%超安 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場からは「日 経平均が堅調な値動きとなる中、新興株市場では買いの主体が不在だったようだ。新興株市場では材料出尽 くし感もあり、さえない動きとなった」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)とのが聞かれた。 日経ジャスダック平均は小反落し、前営業日比0.63%安。個別では、フィスコ 、CAIC A などが上昇。半面、不二精機 、インターライフホールディングス 、テーオーホ ールディングス などは値下がり。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、相場の過熱感を指摘する声も

<14:28> 日経平均は上げ幅縮小、相場の過熱感を指摘する声も 日経平均は上げ幅縮小、180円ほど高い2万8600円台で推移している。堅調に推移していた半導 体関連株が軟化したことを受け、後場の高値から300円ほど低い水準となっている。 市場からは「さすがに短期間で急上昇しただけに、相場の過熱感が意識される水準だ。日経平均と25 日移動平均線の乖離率は6%近くまで達し、高値圏警戒感もある。2万9000円を目前に、一進一退の動 きが続きそうだ」(国内証券)とのが聞かれた。 <13:17> 日経平均は上値追い、2万9000円意識する水準に...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、2万9000円意識する水準に

<13:17> 日経平均は上値追い、2万9000円意識する水準に 日経平均は後場に入ってさらに上値を追い、2万8900円台半ばで推移している。一時、2万897 4円80銭を付け、2万9000円を意識した動きとなっている。市場からは「正午過ぎごろにバイデン新 政権での追加経済対策について、2兆ドルを超えるもようとの報道が出たことも支援材料となっているよう だ」(国内証券)との声が聞かれた。また、値上がり銘柄数は約5割にとどまっており、「値がさ株の一角 の上昇が、日経平均全体の押し上げにつながっている」(同)という。 <11:50> 前場の...

前場の日経平均は続騰、機械受注を好感 持たざるリスクが支配

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比392円42銭高の2万8849円01銭となり、続騰。ほぼこの日の高値で引けた。朝方発表された11月機械受注統計が予想を上回る結果となり、景気敏感株を中心に幅広く物色されている。利益確定売りがかさんでいるものの、市場のムードは「持たざるリスク」が支配している状況だ。売買代金は引き続き高水準となっている。

インテル、CEOに元CTOのゲルシンガー氏 生産の課題克服へ

米インテルは13日、ボブ・スワン最高経営責任者(CEO)に代わり、元最高技術責任者(CTO)で、クラウドコンピューティング会社VMウェアCEOのパット・ゲルシンガー氏が来月15日に新CEOに就任すると発表した。新CEOの下で、半導体の製造を巡る課題克服を目指す。

NY市場サマリー(13日)ドル上昇、S&P500種小幅高

<為替> ドルが上昇し、約3週間ぶり安値から回復した。次期米政権による追加刺激策実施や新型コロナウイルス禍からの景気回復への期待が追い風となった。

S&P上昇、ディフェンシブ銘柄が主導

米国株式市場はS&P総合500種が小幅高で取引を終了。ディフェンシブ銘柄が上げを主導した。米議会でトランプ大統領の弾劾訴追に向けた審議が行われる中、追加財政刺激策の詳細が待たれている。

NY市場サマリー(13日)ドル上昇、S&P500種小幅高

終盤の取引で10年債利回りは1.071%。前日は1.187%と、 約10カ月ぶりの高水準を付けていた。 労働省がこの日に発表した2020年12月の消費者物価指数(CPI、季節調整済 み)は前月比0.4%上昇し、市場予想と一致した。ガソリン価格の大幅な値上がりが物 価全体を押し上げ、伸びは前月の0.2%から拡大。前年比でも1.4%上昇と、前月の 1.2%を上回った。 30年債利回りは一時1.807%まで低下。前日は1.915%と、 昨年3月20日以来の高水準を付けていた。 5年債利回りは0.476%と、前日に付けた昨年3月26日以来の高水...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up