for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.O

現在値

38.61USD

変化

1.20(+3.21%)

出来高

38,159,913

本日のレンジ

37.74

 - 

38.64

52週レンジ

36.60

 - 

57.83

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
37.41
始値
37.84
出来高
38,159,913
3か月平均出来高
728.90
高値
38.64
安値
37.74
52週高値
57.83
52週安値
36.60
発行済株式数
4,089.00
時価総額
157,876.30
予想PER
10.95
配当利回り
3.78

次のエベント

Q2 2022 Intel Corp Earnings Release

適時開示

その他

Intel On Overturning of Roe V Wade Says Will Continue To Provide Resources For Those Who Need To Travel For Safe, Timely Healthcare

Intel Warns Ohio Expansion Plans Could Be Delayed Or Scaled Back Because Congress Is Dragging Its Feet On The 'CHIPS Act'- CNBC

Schneider Electric Works With Intel To Extend EcoStruxure Automation Expert

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corp)は、製品および技術の設計と製造に従事する。【事業内容】セグメントは、クライアントコンピューティンググループ(CCG)、データセンターグループ(DCG)、モノのインターネットグループ(IOTG)、モービルアイ、不揮発性メモリーソリューショングループ(NSG)、プログラマブルソリューショングループ(PSG)などがある。CCG事業は、PC体験を可能にする長期的なオペレーティングシステム、システムアーキテクチャ、 ハードウェア、アプリケーションの統合に注力する。DCG事業は、計算機、ストレージ、ネットワーク機能のワークロードに最適化されたプラットフォームを開発する。IOTG事業は、垂直的な産業や組込み市場にわたって拡張するビジネスユースケースの技術的ニーズを解決する高性能なコンピュートプラットフォームを開発する。モービルアイ事業は、運転支援および自動運転ソリューションを提供する。NSG事業は、インテル3D NANDテクノロジーをベースとしたメモリおよびストレージ製品を提供する。PSG事業は、FPGAを中心としたプログラマブル半導体、ストラクチャードASIC、および関連製品を提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

RNB-4-151, 2200 MISSION COLLEGE BLVD

SANTA CLARA, CA

95054

United States

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Omar Syed Ishrak

Independent Chairman of the Board

Patrick P. Gelsinger

Chief Executive Officer, Director

David A. Zinsner

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Principal Accounting Officer

Christy Pambianchi

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Sandra L. Rivera

Executive Vice President, General Manager - Data center and AI Group

統計

2.96 mean rating - 45 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

72.0K

2020

77.9K

2021

74.7K

2022(E)

75.0K
EPS (USD)

2019

4.870

2020

5.300

2021

5.470

2022(E)

3.491
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.42
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.03
株価純資産倍率(四半期)
1.53
株価キャッシュフロー倍率
4.28
総負債/総資本(四半期)
36.11
長期負債/資本(四半期)
31.79
投資利益率(過去12カ月)
18.00
自己資本利益率(過去12カ月)
15.06

最新ニュース

最新ニュース

米インテル、制裁金取り消しの返金で欧州委に延滞利息6億ドル請求

米半導体大手インテルは欧州連合(EU)欧州委員会に対し、同社に制裁金支払いを命じた欧州委決定がEU司法裁判所の下級審である一般裁判所(ルクセンブルク)に取り消されたのに伴う返却金で、利息分5億9300万ユーロ(6億2400万ドル)が未納だとして支払い請求を起こした。一般裁判所に提出した訴状を20日、ロイターが確認した。

台湾TSMC、24年にASMLの最先端露光装置を調達=幹部

半導体受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の幹部は16日、オランダの半導体製造装置大手ASMLの最先端露光装置の次世代版を2024年に確保する見通しだと明らかにした。

EU一般裁判所、クアルコムに対する欧州委の制裁金は無効と判決

欧州連合(EU)司法裁判所の一般裁判所は15日、EU欧州委員会の米半導体大手クアルコムに対する4年前の制裁金支払い命令は無効だとの判決を下した。手続き面で幾つも適正ではない部分があり、クアルコムの行動を巡る欧州委の分析結果に妥当性が認められないとしている。

米インテル、PC用半導体部門の採用凍結 少なくとも2週間

米半導体大手インテルはコスト削減策の一環として、パソコン(PC)向け半導体を手掛ける部門で採用を凍結している。ロイターが入手した8日付の社内メモで分かった。

NY市場サマリー(8日)ドル一時134.47円、株式反落

対円では一時1ドル=134.47円に上昇。2002年2月27日以来、約20年ぶり高値を更新した。終盤は1.17%高の1ドル=134.17円。

米国株式市場=反落、米長期金利3%超えで

米国株式市場は反落して取引を終えた。米長期債利回りが心理的に重要な水準である3%を突破したことに加え、原油価格が急騰し、インフレや金利見通しへの懸念が強まった。

NY市場サマリー(8日)ドル一時134.47円、株式反落

<為替> ドルが序盤の下落から一転、上昇した。米国株式市場が下落したことで安 全資産の投資妙味が高まった。 対円では一時1ドル=134.47円に上昇。2002年2月27日以来、約20年 ぶり高値を更新した。終盤は1.17%高の1ドル=134.17円。 ユーロも対円で2015年1月5日以来の高値を付けた。円は対ユーロでここまで1 0営業日連続で下落しており、この8カ月で最も長く下落が続いている。終盤のユーロ/ 円は1.3%上昇の143.780円。 ドル指数は0.107%上昇の102.520。 ユーロ/ドルは0.15%上昇の1.0715ドル...

米アプライド、第3四半期売上高見通しが予想下回る 供給問題で

米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズが19日に発表した第3・四半期の売上高見通しは市場予想を下回った。中国でのロックダウン(都市封鎖)措置によって供給面のボトルネックが悪化し、半導体製造装置に対する需要への対応が妨げられていることを示唆した。

半導体の国際企業連合ISMC、インド南部州に30億ドルで工場建設へ

半導体の国際コンソーシアム(企業連合)であるISMCは30億ドルを投じてインド南部カルナタカ州に半導体製造工場を建設する。同州政府が1日発表した。

米インテル、第2四半期見通しが市場予想下回る 供給網懸念で

米半導体大手インテルが28日に発表した第2・四半期の売上高と利益の見通しは市場予想を下回った。パソコン(PC)需要の低迷と中国での新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)に伴うサプライチェーン(供給網)の不確実性の高まりが影響するという。

米インテル、第2四半期見通しが市場予想下回る 供給網懸念で

米半導体大手インテルが28日に発表した第2・四半期の売上高と利益の見通しが市場予想を下回った。パソコン需要の低迷と中国での新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)に伴うサプライチェーン(供給網)の不確実性の高まりが影響するという。

今日の株式見通し=強もちあい、自律反発期待の買いが先行 連休やFOMCを前に手控えも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいの展開が想定されている。米国株が底堅い動きとなる中、前日の下げからの自律反発を期待した買いが先行するとみられる。買い一巡後は、大型連休や米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、積極的な売買は手控えられそうだという。中国経済減速への懸念はくすぶり、引き続き中国株の動向に関心が寄せられている。今日は日銀の金融政策決定会合の結果発表がある。

サムスン電子、再生エネ企業連合に加盟へ 5月にも発表=関係筋

関係筋によると、韓国のサムスン電子は、早ければ来月にも、電力を全て再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的な企業連合「RE100」に加盟する計画。米アップルなど提携先が気候変動対策で行動を求めていることが背景。

台湾企業、中国・昆山工場の状況まちまち 欣興電子は徐々に再開

台湾のプリント基板メーカー、欣興電子(ユニマイクロン)は20日、中国東部・江蘇省の昆山市にある自社工場が徐々に生産を再開していると明らかにした。

UPDATE 1-台湾企業、中国・昆山工場の状況まちまち 欣興電子は徐々に再開

台湾のプリント基板メーカー、欣興電子(ユニマイクロン)は20日、中国東部・江蘇省の昆山市にある自社工場が徐々に生産を再開していると明らかにした。

台湾企業が相次ぎ中国東部で生産停止、コロナ行動規制で

台湾の電子部品メーカーなど約30社の企業は13日、中国東部の新型コロナウイルス感染防止策によって、少なくとも来週まで現地工場の稼働停止を余儀なくされたと明らかにした。

アングル:ロシアの偵察機から米国製半導体、軍事転用どう防ぐ

米シリコンバレーの半導体製造企業マーベルは、2016年に回収されたロシアの偵察用ドローンの中から自社製半導体が見つかったことを知り、その経緯を調べ始めた。

米インテルがロシアで事業停止、ウクライナ戦争非難

米インテルは5日、ロシア事業を停止したと明らかにした。ウクライナ侵攻を受け、ロシアでのビジネスから撤退する企業が相次いでいる。

カスペルスキーのソフト利用企業にサイバー攻撃のリスク=米政府

米政府は、ロシアがウクライナに侵攻した翌日から、ロシアの情報セキュリティー企業カスペルスキーのソフトウエアを利用している複数の米企業に対して内密に警告を出し始めた。ロシア政府がこのソフトを通じて何らかのサイバー攻撃を仕掛けてくる危険があるとの内容だ。1人の米政府高官と2人の事情に詳しい関係者が明らかにした。

インテルCEO、昨年報酬額は平均的従業員の1711倍

米半導体インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)の昨年報酬額(就任した2月からの11カ月)は1億7860万ドルで、平均的従業員の1711倍に上った。その79%近くは株式報酬が占めている。30日に公表された規制当局への届出書類で分かった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up