for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーション

INTC.OQ

現在値

56.81USD

変化

0.73(+1.30%)

出来高

5,563,478

本日のレンジ

56.42

 - 

56.99

52週レンジ

42.86

 - 

59.58

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
56.08
始値
56.67
出来高
5,563,478
3か月平均出来高
392.13
高値
56.99
安値
56.42
52週高値
59.58
52週安値
42.86
発行済株式数
4,430.00
時価総額
247,123.50
予想PER
12.32
配当利回り
2.22

次のエベント

Intel Corp at UBS Global TMT Conference

適時開示

その他

Intel Corp Says To Redeem 3.25% Junior Subordinated Convertible Debentures Due 2039

Mediatek Says Dell Expected To Be Among First OEM's To Deliver Intel-Powered Laptops

Intel- Director James Goetz Reports Open Market Purchase Of Common Shares On Nov 20

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インテル・コーポレーションとは

インテル(Intel Corporation)はクラウド等の製品及び技術の設計・製造に従事する会社である。【事業内容】同社の事業はクライアント・コンピューティング・グループ(CCG)、データ・センター・グループ(DCG)、モノのインターネット・グループ(IOTG)、非揮発性メモリ・ソリューション・グループ(NSG)、インテル・セキュリティ・グループ(ISecG)、プログラマブル・ソリューション・グループ(PSG)、 新技術グループ(NTG)を含む。同社は相手先ブランド製造業者(OEM)、相手先ブランド設計・製造業者(ODM)、クラウドと通信サービス・プロバイダー、産業、通信、自動車機器メーカー等の顧客にコンピュータ、ネットワーク、通信プラットフォームを提供する。同社はマイクロプロセッサとチップセット、スタンドアロンのシステムオンチップ(SoC)またはマルチチップ・パッケージ等のコンポーネントと技術を統合するプラットフォームを提供する。CCGオペレーティング事業はノートブック、ツー・イン・ワンシステム消費者と企業向けのデスクトップ・コンピュータ、タブレット、電話機に統合されたプラットフォームを含む。

業種

Semiconductors

連絡先

2200 Mission College Blvd

+1.408.7658080

https://www.intel.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Andrew D. Bryant

Chairman of the Board

Robert H. Swan

Chief Executive Officer, Director

George S. Davis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Venkata S. M. Renduchintala

Group President - Technology, Systems Architecture and Client Group and Chief Engineering Officer

Sandra Rivera

Chief People Officer, Executive Vice President

統計

2.86 mean rating - 43 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

59.5K

2017

62.8K

2018

70.8K

2019(E)

71.0K
EPS (USD)

2016

2.720

2017

3.460

2018

4.580

2019(E)

4.611
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.31
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.51
株価純資産倍率(四半期)
3.33
株価キャッシュフロー倍率
8.33
総負債/総資本(四半期)
38.94
長期負債/資本(四半期)
31.93
投資利益率(過去12カ月)
17.79
自己資本利益率(過去12カ月)
14.76

最新ニュース

最新ニュース

米アマゾン、データセンター向け半導体開発

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は3日、データセンターのサーバーに使う、より強力な半導体を設計したと発表した。市場を牛耳る米インテル<INTC.O>とアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>に挑戦を突き付ける。

NY市場サマリー(3日)

<為替> トランプ米大統領の発言をきっかけに米中通商協議進展への期待が一気に後退、リスクオフ取引となる中、ドルが売られ、円やスイスフランには買いが入った。人民元は値下がりし10月以来の安値を付けた。

米国株式市場=3日続落、米中通商合意への期待が後退

米国株式市場は3営業日続落して取引を終えた。トランプ米大統領やロス米商務長官の発言を受け、米中貿易摩擦の早期緩和に向けた期待が後退した。

NY市場サマリー(3日)

<為替> トランプ米大統領の発言をきっかけに米中通商協議進展への期待が一気に 後退、リスクオフ取引となる中、ドルが売られ、円やスイスフランには買いが入った。人 民元は値下がりし10月以来の安値を付けた。 トランプ大統領は、中国との通商交渉合意に期限はないとし、来年11月の大統領選 挙後まで待った方が良いかもしれないと発言した。市場では米中の「第一段 階」の合意が間近ともみられていただけに、発言を受けてドル全般に対する失望売りが広 がったという。 米下院情報特別委員会は3日、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾調査報告 書を公表した。...

米クアルコムの5G技術ライセンス訴訟、自動車メーカーが反対意見書

次世代通信規格5G技術に関する米クアルコム<QCOM.O>の特許ライセンス慣行に異議を唱えて自動車メーカーなどが起こした訴訟は、来年1月に米第9巡回区連邦控訴裁判所(高裁)で審理が始まる。

米、ファーウェイへの販売制限強化を検討=関係筋

米政府は、米国の技術が用いられている海外製品の中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売制限を強化する可能性があると、関係者2人が明らかにした。

〔焦点〕生産は想定外の落ち込み、内需の功に異変 台風で説明できず

10月の鉱工業生産は大方の想定以上に落ち込み、台風の影響を考慮しても弱さが際立つ結果となった。電子デバイス関連は底入れがうかがわれるものの、自動車や一般機械など日本の生産を担ってきた主要分野の落ち込みを補いきれていない。増税後の消費の弱さからみて、政府の消費平準化策は想定通りの効果を発揮できなかった可能性もある。今後打ち出される経済対策も発動までにタイムラグがあり、景気後退のリスクも懸念される。

米デル、通期売上高見通しを引き下げ PC向けチップ不足で

米デル・テクノロジーズ<DELL.N>は26日の決算発表で、パソコン(PC)向けチップの供給不足を理由に通期売上高見通しを引き下げた。同社の株価は時間外取引で5%近く下落した。

コラム:TikTokにあってファーウェイにないもの

は、共通の問題を抱えている。中国政府とのつながりを懸念する米議会から攻撃を受けているのだ。

アップルとインテル、ソフトバンクG傘下のフォートレスを提訴

米国のアップル<AAPL.O>とインテル<INTC.O>は20日、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループが特許権を買い集め、ハイテク企業を次々に訴えている行為は反トラスト法(独占禁止法)に違反するとして、カリフォルニア州北部地区連邦地裁に提訴した。

米インテル、PC向けチップ供給なお「タイト」 外部委託を拡大

米半導体大手インテルは20日、パソコン(PC)向けチップの需要増加への対応に苦戦する中、供給拡大に向け、委託業者への依存を強めていることを明らかにした。

中国EV上海蔚来汽車とイスラエルのモービルアイ、自動運転車開発で提携

中国の電気自動車(EV)メーカー、上海蔚来汽車(NIO)<NIO.N>と、米インテル<INTC.O>傘下でイスラエルを本拠とする自動運転技術のモービルアイは5日、中国の消費者市場向け自動運転車の開発で提携すると発表した。金銭的な詳細は明らかにされていない。

高値もみあい、重要イベント通過し企業業績に関心移る=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、高値でもみあう展開が想定されている。米国で発表されたISM製造業景気指数は3カ月連続で節目を割り込んだものの、良好な雇用統計の結果が打ち消した。重要イベントを無難に消化した形となる一方、米中通商協議の進展が期待されており、調整を入れた日本株に対する不安が後退しそうだ。連休中に主要3指数がそろって最高値を更新した米国株式市場の動きも追い風になる。そうした中、マーケットでは今後の関心が本格化した企業の決算発表に移り、6日のソフトバンクグループ<9984.T>、7日のトヨタ自動車<7203.T>などが注目されている。

マクドナルドCEO解任、社員との関係を規定違反と判定

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>は3日、スティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)が、社員との合意に基づく関係を巡って解任されたと発表した。

来週の日本株は底堅いか、米経済指標や企業決算見極め

来週の東京株式市場は、米経済指標や企業決算の内容を見極めつつ、底堅い展開となりそうだ。今晩米国で発表されるISM製造業景気指数と雇用統計が注目されるが、日本は4日が休日で、すぐには株価に織り込めない。連休明けに米国市場の反応を含めて消化することになる。国内では引き続き企業決算が相次ぐ。6日のソフトバンクグループ<9984.T>、7日のトヨタ自動車<7203.T>などが注目される。

ポスト5G通信技術で国家プロジェクト、首相が検討指示=未来投資会議

政府は29日、「未来投資会議」でポスト5Gと呼ばれる次々世代通信技術で日本企業の競争力を確保する方策を議論した。次世代の5G(第5世代通信技術)では中国勢が世界の先端を走っており、巻き返しのため政府として国家プロジェクトを立ち上げる方針を示した。地銀・バス会社の再編や高齢者向け自動車運転技術の開発などと共に、来夏に取りまとめる成長戦略に盛り込む方針だ。

首相、ポスト5G技術で国家プロジェクト検討指示=未来投資会議

安倍晋三首相は29日夕、官邸で開かれた未来投資会議で、次次世代の通信技術であるポスト5G技術で、国家プロジェクトの検討を梶山弘志経済産業相らに指示した。

アジア株式市場サマリー:中盤(28日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:57 2976.22 +21.290 +0.72 2958.6860 2977.1064 2956.9607 前営業日終値 2954.9327 中国 CSI300指 12:57 3924.66 +27.868 +0.72 3904.982 3926.173 3897.818 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 3896.792 香港 ハンセン指数 12:56 26971.68 +304.29 +1.14 26770.11 27005.68 26762.70...

今日の株式見通し=続伸、米国株高など支え 手仕舞い売りの可能性も

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は続伸が予想されている。前週末の米国株主要3指数が上昇して取引を終え、為替は1ドル108円後半と直近の高値圏を維持している。東京市場はプラス圏でのスタートが見込まれる。今週は日米で金融政策イベントを控えており、高値圏では手仕舞い売りが出る可能性もあるが、大きく売り込まれる材料は見当たらず、マイナス圏に沈んだとしても下げは限定的になるとみられている。

NY市場サマリー(25日)

<為替> ドルが上昇。米中が閣僚級の電話協議を経て「第1段階」通商合意の部分成立に近づいていると伝わったことが材料視された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up