for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Intesa Sanpaolo SpA

ISP.MI

現在値

2.08EUR

変化

-0.02(-0.86%)

出来高

52,775,172

本日のレンジ

2.08

 - 

2.11

52週レンジ

1.58

 - 

2.92

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2.10
始値
2.10
出来高
52,775,172
3か月平均出来高
2,313.03
高値
2.11
安値
2.08
52週高値
2.92
52週安値
1.58
発行済株式数
19,890.66
時価総額
39,810.03
予想PER
9.27
配当利回り
7.28

次のエベント

Intesa Sanpaolo SpA Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Bank Of Italy classifies UniCredit, Intesa, MPS and Banco BPM as systemically important for Italy

Intesa Sanpaolo Signs MoU With PAM

Intesa Sanpaolo Completes Sale Of 5.1% In Nexi Via ABB For 8.7 EUR/Shr

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Intesa Sanpaolo SpAとは

インテーザ・サンパオロ(Intesa Sanpaolo S.p.A.)はイタリアを拠点とする銀行会社である。【事業内容】6つの事業セグメントで構成される。バンカデイテリトリ事業には、イタリアの伝統的な貸付及び預金回収活動と関連する金融サービスが含まれる。IMIコーポレート&インベストメントバンキング事業は、イタリア国内及び海外のコーポレートバンキング、投資バンキング、公的金融をカバーする。国際子会社銀行事業は、商業銀行子会社及び関連会社を通じ、国際市場における商業活動を監督する。プライベートバンキング事業は、個人の富裕層に特定の商品やサービスを提供する。資産管理事業は、資産管理ソリューションを開発する。保険事業は、子会社のIntesa Sanpaolo Vita S.p.A.及びFideuram Vita S.p.A.の管理を監督するとともに、保険商品の組み合わせを開発する。国際的に事業を展開する。

業種

Money Center Banks

連絡先

via Monte di Pieta, 8

20121

Italy

+39.011.5551

https://www.intesasanpaolo.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gian Maria Gros-Pietro

Non-Executive Chairman of the Board

Carlo Messina

Chief Executive Officer, Managing Director, General Manager, Executive Director

Paolo Andrea Colombo

Independent Deputy Chairperson of the Board

Stefano Del Punta

Chief Financial Officer

Paola Angeletti

Chief Operating Officer

統計

2.00 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

18.1K

2020

19.0K

2021

20.9K

2022(E)

21.2K
EPS (EUR)

2019

0.240

2020

0.200

2021

0.220

2022(E)

0.226
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.25
株価純資産倍率(四半期)
0.64
株価キャッシュフロー倍率
7.36
総負債/総資本(四半期)
119.72
長期負債/資本(四半期)
119.72
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.32

最新ニュース

最新ニュース

伊ウニクレディト、通期利益目標引き上げ 第3四半期は予想上回る

[ミラノ 26日 ロイター] - イタリアの大手銀行ウニクレディトは26日、2022年の利益目標を48億ユーロ(4800億ドル)以上に引き上げたと発表した。金利上昇と貸倒引当金の減少が寄与した。第3・四半期の利益は市場予想を上回った。

伊銀ウニクレディト、国内顧客に80億ドル支援へ インフレ負担減

[ミラノ 5日 ロイター] - イタリア第二の銀行であるウニクレディトは5日、記録的なエネルギーコストと物価上昇で打撃を受けた企業や家庭の負担軽減に向け、最大80億ユーロ(80億ドル)相当の支援策を発表した。

ロシア、「非友好国」投資家の株売却を年内禁止 サハリン1など

[モスクワ 5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

ロ、「非友好国」投資家の株式売却を年内禁止 サハリン1など

[5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

ロシア中銀、外国銀行の国内事業売却を個別審査へ=総裁

[モスクワ 22日 ロイター] - ロシア中央銀行のナビウリナ総裁は22日、外国銀行によるロシア事業売却計画は個別に審査する考えを示した。政府は欧米の制裁への報復措置として、外国銀行がロシアから撤退する試みを阻止すると警告している。

欧州株式市場=反発、好調な企業決算が押し上げ

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 好調な企業決算が相場を押し上げた。 景気後退への懸念が強まる中、欧州中央銀行(ECB)の大幅利上 げが発表され、相場の上げ幅は限定的だった。 ECBは21日、政策金利の0.5%ポイント引き上げを決定した 。利上げは2011年以来11年ぶり。ユーロ圏消費者物価指数は6月 に過去最高の前年比8.6%に上昇しており、引き上げ幅は前回の理事 会で示唆した0.25%ポイントの倍。中銀預金金利はゼロ%となる。 イタリアの銀行株指数は2.90%安。ドラギ首相 が辞表を提出し、イタリアは新たな政治的混乱に陥った。9...

米シティなど外資系銀行、ロシアで人材募集 撤退困難で

[モスクワ 21日 ロイター] - 金融業界筋や人材紹介会社によると、米シティやオーストリアのライファイゼンバンク・インターナショナルなどは今月からロシアで人材の募集を開始した。同国からの撤退が困難なことが背景にある。

ロシア中銀、外銀現法の接収に慎重=関係筋

ウクライナ侵攻への経済制裁により、ロシアに進出する外資系銀行が融資業務などを停止する中、ロシアの当局者や企業の間で支店など現地法人の経営権接収を求める声が上がっている。しかし、複数の関係筋によると、ロシア中央銀行は取り付け騒ぎを招くとの懸念から接収には慎重だという。

伊インテーザ・サンパオロ株が上昇、ECBが自社株買い認可

イタリア銀行最大手インテーザ・サンパオロの株価が27日午前の取引で3.2%上昇。

ヘッジファンドのブリッジウォーター、今週欧州株67億ドル空売り=調査

空売りデータ会社ブレークアウト・ポイントによると、著名投資家レイ・ダリオ氏率いる世界最大のヘッジファンド、米ブリッジウォーター・アソシエーツが今週これまでに欧州企業少なくとも21社の株に空売りポジションを取った。金額規模では少なくとも計67億ドルで、業種は金融からエネルギーまで多岐にわたる。欧州企業への悲観的な見方の表れである可能性がある。

イタリアの銀行株が急落、ECB資産購入終了で国債価格下落懸念

イタリアの銀行株指数が10日、急落した。イタリア国債の5分の1を保有している欧州中央銀行(ECB)が、7月1日に資産購入プログラムを終了することを決定したのを背景に売られた。

伊経済、ロシア産ガス供給停止ならマイナス成長も=中銀総裁

イタリア中央銀行のビスコ総裁は31日、ロシア産天然ガスの供給が止まれば、同国の国内総生産(GDP)が2022─23年の平均でマイナス成長になる可能性があると指摘した。

伊銀インテーザ、ロシア向け融資は51億ユーロ グループ全体の1%

イタリア銀行最大手インテーザ・サンパオロは16日、ロシア顧客向け融資の総額は51億ユーロ(約56億ドル)だと明らかにした。グループ全体の1%に当たり、輸出信用機関の保証対象になると説明した。

イタリア、ロシア北極圏LNG事業に融資停止=関係筋

イタリアはロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシア天然ガス大手ノバテクが主導する北極圏の液化天然ガス(LNG)生産事業への融資を停止した。関係筋2人が1日、明らかにした。

アングル:デジタル化急ぐ銀行に「待った」、欧州高齢者の反乱

スペインの元泌尿器科医、カルロス・サンフアンさん(78)は昨年12月末、面倒な金融アプリに業を煮やし、銀行にもっと親切なサービスを求める運動をオンラインで開始した。「私は老人だが、ばかではない」を合言葉にしたこの「反乱」には、2月半ばまでに64万を超える署名が集まり、実際に銀行が対応を変えるという望外の成果に結びついている。

インテーザ・サンパオロ、220億ユーロ以上を株主に還元へ

イタリアの銀行大手インテーザ・サンパオロは4日、2025年の純利益を65億ユーロ(75億ドル)とし、同年までに220億ユーロ以上を株主に還元すると表明した。

イタリア株式市場が上昇、マッタレッラ大統領の再任を好感

31日のイタリア株式市場は、銀行株主導で上昇した。同国の大統領選挙がマッタレッラ大統領(80)の再選で決着したことを好感した。

プーチン大統領、イタリア企業と会合 エネルギー分野の関係強調

ウクライナを巡り西側との緊張が高まる中、ロシアのプーチン大統領は26日、イタリア企業幹部とのオンライン会合に出席し、ロシアのエネルギー産業とイタリアの関係の重要性を強調した。

欧州市場サマリー(5日)

ドイツ銀行のストラテジスト、ジム・リード氏は「エネルギー価格の高騰により、イ ンフレが現在の予測よりも一段と加速するとの懸念が再燃した」と述べた。 ドイツ10年債のブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)<DE10YIL= RR>は1.7%と2013年以来の高水準を付けた。 ユーロ圏の期待インフレ率の目安となる5年先5年物インフレスワップ<EUIL5YF5Y=R >は1.8369%と6年ぶりの高水準。過去最高となったガス価格や原油価格の上昇が 将来の物価の伸び加速への期待を高めた。 ドイツ10年債利回りは3.5ベーシスポイント(bp)上昇...

欧州株式市場=反発、銀行株とテクノロジー株買われる

欧州株式市場は反発して取引を終えた。金 利上昇期待による銀行株の急伸や、低迷していたテクノロジー株の上昇 が全体相場を押し上げた。 STOXX欧州600種の上昇率は約11週間ぶりの大きさで、主 要セクターは全て上がった。 7日連続で値下がりしていたSTOXX欧州600種テクノロジー 株指数は2.24%上昇。ドイツの半導体大手インフィニオン ・テクノロジーズが4.8%高。2021年の売上高予想を 据え置くとともに、22年の業績がさらに拡大するとの見通しを示した 。 銀行株指数は3.50%上昇し、1年半以上ぶりの高値を 記録した。JPモルガン...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up