for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JC ペニー・カンパニー・インク

JCP.N

現在値

0.35USD

変化

0.02(+6.43%)

出来高

871,377

本日のレンジ

0.33

 - 

0.36

52週レンジ

0.26

 - 

1.43

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
0.33
始値
0.35
出来高
871,377
3か月平均出来高
177.49
高値
0.36
安値
0.33
52週高値
1.43
52週安値
0.26
発行済株式数
320.98
時価総額
104.35
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 J C Penney Company Inc Earnings Release

適時開示

その他

J C Penney Company Withdraws Financial Guidance It Previously Issued On Feb. 27

J C Penney Will Expand Curbside Pickup Services To 50 Additional Locations Across U.S.

J C Penney Co Announces Appointment Of Six Vice Presidents

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JC ペニー・カンパニー・インクとは

ジェーシー・ペニー(J. C. Penney Company, Inc.)は持株会社である。【事業内容】同社の事業は百貨店とjcpenney.comというウェブサイトを通じて消費者に商品やサービスを販売することを含む。百貨店とウェブサイトは顧客にサービスを提供し、ウェブサイトは店舗の品揃えと他のカテゴリとほぼ同じ商品の組み合わせを提供し、百貨店は 流通施設や店舗、またはサプライヤーの倉庫から顧客に直接出荷され、店舗の顧客がピックアップすることによって、オンライン顧客の購入を実現する。同社はJCPenney内のSephoraを通じて家庭用アパレル、靴、アクセサリー、ファインジュエリー、ファッションジュエリー、美容製品、家具、家電製品を販売する。同社はまた、デパートでは、スタイリングサロン、光学、ポートレート写真、カスタム装飾などのサービスを顧客に提供する。子会社はJ. C. Penney Corporation, Inc.である。同社は百貨店及

連絡先

6501 Legacy Dr

PLANO, TX

75024-3698

United States

+1.972.2431100

http://ir.jcpenney.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald William Tysoe

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Jill A. Soltau

Chief Executive Officer, Director

Bill Wafford

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Therace M. Risch

Executive Vice President, Chief Information Officer and Chief Digital Officer

Brynn L. Evanson

Executive Vice President - Human Resources

統計

3.56 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

12.5K

2019

12.0K

2020

11.2K

2021(E)

10.0K
EPS (USD)

2018

0.220

2019

-0.940

2020

-0.800

2021(E)

-1.281
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.01
株価純資産倍率(四半期)
0.13
株価キャッシュフロー倍率
0.38
総負債/総資本(四半期)
448.97
長期負債/資本(四半期)
431.12
投資利益率(過去12カ月)
-4.53
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.41

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(16日)

昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加した。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準を付けた。[nL4N29L3K4][nL4N29L3WV]

米国株市場は主要指数最高値、S&P初の3300台 IT株が高い

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が初めて3300台に乗せたほか、他の主要株価指数も最高値で取引を終えた。情報技術(IT)株の上昇や堅調な小売統計、強い内容となったモルガン・スタンレー<MS.N>の決算に支援された。

NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米経済指標がドル相場の支えになった。 昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加し た。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準 を付けた。 BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の為替戦略部長、グレッグ・アンダ ーソン氏は「特にフィラデルフィア指数の伸びが好感され、すでに低い景気後退(リセッ ション)確率がさらに後退した」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.1%高の97.329。前日の海外市場で は一時97.085と1月8日以来...

米年末商戦小売売上高、19年は4.1%増 ネット販売堅調=NRF

全米小売業協会(NRF)は16日、2019年の米年末商戦小売売上高(自動車ディーラー、ガソリンスタンド、レストランを除く)が前年同期比4.1%増の7302億ドルになったと発表した。

米年末商戦小売売上高、19年は4.1%増 ネット販売堅調=NRF

全米小売業協会(NRF)は16日、2019年の米年末商戦小売売上高(自動車ディーラーを除く)が前年同期比4.1%増の7302億ドルになったと発表した。

米小売売上高、12月は0.3%増 3カ月連続プラス

米商務省が16日発表した2019年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致した。3カ月連続で増加した。家計は自動車以外おおむね購入を増やしており、19年末時点で米経済が緩やかに成長していたことを示す。

NY市場サマリー(9日)

<為替> 米・イランの衝突懸念が一段と後退する中、円が売られ、対ドルで2週間ぶり安値を付けた。市場の焦点は中東情勢から米中通商協議や米雇用統計などに移行しているという。

米国株式が最高値更新、貿易で楽観ムード アップルが高い

米国株式市場は主要株価3指数が最高値を更新して取引を終えた。米中通商合意を巡る楽観的な見方が高まったほか、アップル<AAPL.O>など大型株が大きく値上がりし、相場を支援した。

米コールズやホーム・デポの見通しさえず、年末商戦期待に冷や水

米百貨店コールズ<KSS.N>とホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が発表した四半期決算と業績見通しはともにさえない内容となり、今年の年末商戦に向けた市場の期待に水を差す格好となった。

米株は地合い回復、小売統計好調で景気懸念が後退

米国株式市場は前日の急落から落ち着きを取り戻し、ダウとS&P総合500種はプラス圏で終了した。朝方発表の7月の米小売統計が好調だったで、景気後退や米中貿易戦争を巡る懸念が払拭された。

米ウォルマート、5─7月業績は予想上回る 貿易摩擦の影響限定的

米小売大手ウォルマート<WMT.N>が15日発表した第2・四半期(5─7月)決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。通期利益見通しも上方修正した。

米政権、対中追加関税発動なら消費者の負担は122億ドル=全米小売業協会

全米小売業協会(NRF)は21日、トランプ米政権が追加的に3000億ドルの中国製品に対する関税措置を発動させた場合、衣料品、履物、玩具、家庭用品などが影響を受け、米国の消費者が被るコストは122億ドルに上るとの試算を示した。

対中関税第4弾、JCペニーとメーシーズが衣料品などの除外訴え

米百貨店JCペニー<JCP.N>とメーシーズ<M.N>は20日、トランプ大統領が検討している第4弾の対中制裁関税について、衣料品や靴を対象から外すよう訴えた。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

アングル:米国の対中追加関税、自国企業に与える影響

米トランプ政権による中国製品への輸入関税引き上げを受け、多くの米消費関連企業が業績に悪影響が及ぶとの懸念を示した。米政府は先週、中国からの輸入品2000億ドル相当に対する関税率を10%から25%に引き上げた。

NY市場サマリー(21日)

に対する規制について、トランプ米政権が一時緩和したことを受けた。

米株市場はハイテク株中心に上昇、ファーウェイ規制緩和で

米国株式市場はハイテク株中心に上昇して取引を終えた。米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する規制措置を一部緩和したことを受け、同セクターの企業業績を巡る懸念が後退した。

米ナイキなど173社、対中追加関税批判 消費者や企業に打撃

米ナイキ<NKE.N>やアンダーアーマー<UAA.N>など、スポーツ用品大手や靴を扱う小売業者173社は20日、追加関税対象となる中国製品のリストから靴を外すようトランプ米大統領に訴えた。

米主要港湾の輸入量、対中関税引き上げ前の需要一巡で頭打ち

米国の主要な港湾の輸入量は、中国製品に対する関税が引き上げられる前に同国製品を前倒しで確保する小売業者の需要が一巡したことを受け、頭打ちとなったことが8日、明らかになった。

米年末商戦、店舗・ネットで滑り出し好調 賃金上昇が追い風

年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた米国では23日、電気製品や衣料品などの大規模セールに多くの客が駆けつけた。好調な景気動向や賃金の伸びに支えられ、米消費支出が堅調に推移している様子が浮き彫りとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up