for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジョンソン・エンド・ジョンソン

JNJ.BA

現在値

8,990.00ARS

変化

103.50(+1.16%)

出来高

1,228

本日のレンジ

8,870.00

 - 

9,041.00

52週レンジ

5,575.50

 - 

9,041.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8,886.50
始値
8,870.00
出来高
1,228
3か月平均出来高
158.75
高値
9,041.00
安値
8,870.00
52週高値
9,041.00
52週安値
5,575.50
発行済株式数
2,631.40
時価総額
465,731.80
予想PER
17.28
配当利回り
2.55

次のエベント

Q2 2022 Johnson & Johnson Earnings Release

適時開示

その他

Janssen Announces U.S. FDA Breakthrough Therapy Designation Granted For TALQUETAMAB

Genmab Commences New Arbitration Under License Agreement With Janssen

Janssen Presents Initial Results From The Phase 2 Ragnar Study Of Balversa In Patients With Advanced Solid Tumors With FGFR Alterations

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジョンソン・エンド・ジョンソンとは

ジョンソン・アンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)は、ヘルスケア分野における各種製品の研究開発・製造・販売を行う持株会社である。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。人間の健康と福祉に関連する製品に主に焦点をあてる。コンシューマーヘルスセグメントは、スキンケア・ビューティー、一般用医薬品、ベビーケア、オーラルケア、ウィメンズヘルス、創傷治療の各市場で使用されるパーソナルヘルスケアに焦点をあてた製品群を含む。医薬品セグメントでは、免疫学、感染症、神経科学、腫瘍学、循環器・代謝学、肺高血圧症の6つの治療分野に注力する。医療機器セグメントでは、インターベンショナル・ソリューションズ、整形外科、外科、眼科の各分野で使用される多様な製品を提供する。地域別では、米国、欧州、米国を除く西半球、アフリカ、アジア・太平洋地域が含まれる。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

One Johnson & Johnson Plaza

NEW BRUNSWICK, NJ

08933

United States

+1.732.5242455

https://www.jnj.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alex Gorsky

Executive Chairman of the Board

Joaquin Boix Duato

Chief Executive Officer, Director

Joseph J. Wolk

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Peter M. Fasolo

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

James Swanson

Executive Vice President, Chief Information Officer

統計

2.30 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

82.1K

2020

82.6K

2021

93.8K

2022(E)

96.5K
EPS (USD)

2019

8.680

2020

8.030

2021

9.800

2022(E)

10.273
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.84
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.91
株価純資産倍率(四半期)
6.23
株価キャッシュフロー倍率
17.19
総負債/総資本(四半期)
44.37
長期負債/資本(四半期)
38.62
投資利益率(過去12カ月)
14.88
自己資本利益率(過去12カ月)
11.30

最新ニュース

最新ニュース

米オピオイド訴訟、オクラホマ州が医薬品卸売3社と2.5億ドルで和解

オクラホマ州のオコナー司法長官は27日、州内の医療用麻薬オピオイド禍に加担したとして医薬品卸売り・流通大手3社を訴えていた問題で、3社が計2億5000万ドルを支払うことで和解したと発表した。

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで表明

米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受け、国内の約半数の州が中絶の制限に動く見通しとなる中、ウォルト・ディズニーやメタ・プラットフォームズなどの企業は相次いで、州外で中絶手術を受ける必要の従業員の交通費などのコストを支援する方針を表明した。

ケロッグ、3社に分割 スナック事業に注力へ

米食品大手ケロッグ は21日、会社を3分割すると発表した。構造を簡素化し、スナック事業に焦点を絞る。北米シリアル部門と植物由来の食品事業は分離する。

アングル:封鎖明け上海市、外国企業に積極対応 信頼回復なるか

中国・上海市は、新型コロナウイルス対策のために実施したロックダウン(都市封鎖)によって失った外国企業の信頼を回復しようと、さまざまな努力を続けている。

ブリストルとJ&Jのリウマチ薬にコロナ死亡率低下の効果

米国立衛生研究所(NIH)は2日、製薬大手ブリストル・マイヤーズスクイブとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)がそれぞれ開発した関節リウマチ薬について、後期治験(臨床試験)で新型コロナウイルス入院患者の死亡率が大幅に低下する効果があったと発表した。

米ファイザー、GSKとの大衆薬合弁事業株売却へ 分離上場後に

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は1日、一般医薬品(大衆薬)事業を分離・上場する計画について、合弁相手の米ファイザーが保有する32%の株式を7月の上場後に売却する計画だと明らかにした。

アングル:アフリカで余るコロナワクチン、「接種にそっぽ」の訳

ガーナの首都、アクラのマムプロビ・クリニックの屋内は、はしかの予防接種を待つ子どもとその母親で大変な混雑となっている。一方、屋外に設けられた新型コロナウイルスのワクチン接種エリアでは閑古鳥が鳴き、担当者が椅子にもたれてタブレット端末をスクロールしている。

再送-コロナワクチン各社、縮小する追加接種市場でさらに競争激化へ

これまでできるだけ多くの新型コロナウイルスワクチンをできるだけ早く供給しようとしてきたメーカー各社がペースを落とし、市場規模がより小さく競争のより厳しい追加接種市場向けの戦略を練るようになっている。

米ウォルグリーン、オピオイド訴訟でフロリダ州と6.8億ドルで和解

米薬局チェーン大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは5日、医療用麻薬「オピオイド」の中毒蔓延をフロリダ州で深刻化させたと訴えられていた件で、同州と6億8300万ドルの支払いで和解したと発表した。

米FDA、J&J製コロナワクチン使用を制限 血栓症リスクで

米食品医薬品局(FDA)は5日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) の新型コロナウイルスワクチンについて、異常な血栓症を引き起こすリスクがあるとして使用を制限する方針を明らかにした。

米FDA、J&J製コロナワクチン使用を制限 血栓症リスクで

米食品医薬品局(FDA)は5日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) の新型コロナウイルスワクチンについて、異常な血栓症を引き起こすリスクがあるとして使用を制限する方針を明らかにした。

オミクロン株の新派生型2種、当初株感染の免疫迂回か=南ア研究

新型コロナウイルス感染が再び増えている南アフリカの複数の研究機関によると、昨年11月に命名された当初のオミクロン株感染歴のある人の抗体に対し、新たな派生型「BA.4」と「BA.5」がすり抜ける可能性が示された。ただ、ワクチン接種済みの人の血中抗体量は減少がはるかに食い止められたという。

米国株式市場=1カ月ぶり大幅高、好決算やFRB当局者発言で

米国株式市場は反発して取引を終えた。好調な企業業績や米連邦準備理事会(FRB)当局者の利上げに慎重な発言を受け、主要株価3指数は3月16日以来、約1カ月ぶりの大幅な上昇率を記録した。

NY市場サマリー(19日)株上昇、ドルが対円で約20年ぶり高値 30年債利回り3%台乗せ

<為替> ニューヨーク外為市場では、日米の金融政策の方向性の相違を反映し、ドルが対円で約20年ぶりの高値を更新した。

J&J、コロナワクチン売上予想公表を中止 通期利益を下方修正

世界最大のヘルスケア複合企業、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は19日、2022年通期決算の利益予想を下方修正し、新型コロナウイルス用ワクチンの売上高予想の公表を一時的に中止した。以前はワクチンで最大35億ドルの売り上げを見込んでいた。

NY市場サマリー(18日)株下落、ドル2年ぶり高値、利回り約3年ぶり高水準

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、薄商いで地合いが不安定な中、ドルが2年ぶりの高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が50ベーシスポイント(bp)の利上げを複数回実施するとの見方を背景に米債利回りが上昇したことを受けた。

米J&J、オピオイド問題でWバージニア州に和解金9900万ドル

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は18日、医療用麻薬「オピオイド」の中毒問題を巡り、ウェストバージニア州と和解し、9900万ドルを支払うことで合意したと発表した。

今日の株式見通し=強含み、自律反発後はもみあい 企業決算を前に様子見も

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みの展開が想定されている。前日の下落からの自律反発を期待した買いが先行しそうだという。一方、企業決算シーズンを前に上値追いに慎重になりやすいともみられており、買い一巡後は心理的節目2万7000円前後でのもみあいが見込まれている。

米国株式市場=下落、決算発表控え一進一退

米国株式市場は下落して取引を終えた。今週の決算発表を控え、投資家が米債利回りの上昇とバンク・オブ・アメリカ(BofA)の好決算を見比べる中、前週末終値を挟んで一進一退となった。

決算発表本格化、注目のディフェンシブ銘柄=今週の米株式市場

18日からの週の米株式市場は、決算発表シーズンが本格化するなか、ディフェンシブ銘柄の行方が注目されている。地政学的な不透明さや米連邦準備理事会(FRB)のインフレ対策が経済成長を阻害するとの懸念が出ている中で、激動期を乗り切るのにより適しており、配当が高い傾向にあると見なしているためだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up