for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジョンソン・エンド・ジョンソン

JNJ.N

現在値

140.38USD

変化

0.82(+0.59%)

出来高

1,920,185

本日のレンジ

139.92

 - 

141.58

52週レンジ

122.00

 - 

148.58

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
139.56
始値
139.93
出来高
1,920,185
3か月平均出来高
156.23
高値
141.58
安値
139.92
52週高値
148.58
52週安値
122.00
発行済株式数
2,631.87
時価総額
369,462.30
予想PER
16.19
配当利回り
2.71

次のエベント

Q4 2019 Johnson & Johnson Earnings Release

適時開示

その他

XBiotech Announces Agreement To Sell True Human Antibody Bermekimab Targeting Il-1A To Janssen

Janssen To Acquire Investigational Bermekimab From Xbiotech

FDA Approves Amgen's Biosimilar To J&J's REMICADE

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジョンソン・エンド・ジョンソンとは

ジョンソン・アンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)は医療分野において各種製品の研究・開発・製造・販売に従事する持株会社である。【事業内容】同社は消費者、医薬品、医療デバイスという3つの事業区分により構成される。同社は人間の健康と幸福に関連する商品を中心に提供する。消費者事業はベビー・ケア、口腔ケア、スキン・ケア、市販薬、女性の健康と創傷ケア市場に使用される各種製品を含む。医薬品事業は免疫学、感染症、神経科学、腫瘍学、心臓血管と代謝疾患を含む5つの治療分野を中心とする。医療デバイス事業は整形外科、外科手術、心臓血管、糖尿病ケア及び視力ケア分野に使用される製品を含む。研究施設は米国、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、日本、オランダ、シンガポール、スイス、英国に位置する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

1 Johnson And Johnson Plz

+1.732.5242455

https://www.jnj.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alex Gorsky

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Paulus A. Stoffels

Vice Chairman- Executive Committee, Chief Scientific Officer

Joaquin Boix Duato

Vice Chairman - Executive Committee

Joseph J. Wolk

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Peter M. Fasolo

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

統計

2.11 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

71.9K

2017

76.5K

2018

81.6K

2019(E)

82.1K
EPS (USD)

2016

6.730

2017

7.300

2018

8.180

2019(E)

8.669
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.77
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.52
株価純資産倍率(四半期)
6.34
株価キャッシュフロー倍率
17.53
総負債/総資本(四半期)
49.34
長期負債/資本(四半期)
46.24
投資利益率(過去12カ月)
11.38
自己資本利益率(過去12カ月)
9.09

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(4日)

<為替> 前日値上がりした円やスイスフランが反落。トランプ米大統領の発言で米中通商協議進展への期待が一転して上向き、リスクオン取引となった。

米国株式市場=反発、米中通商合意への期待膨らむ

米国株式市場は反発して取引を終えた。トランプ米大統領が、中国との通商協議は「極めて順調」に進捗していると述べたことを受け、「第1段階」の合意への楽観的な見方が高まった。

米検察当局、オピオイドのメーカー・流通企業6社を刑事捜査

米連邦検察が、刑事事件として立件する可能性を念頭に、麻薬入り医療用鎮痛剤「オピオイド」の大量流通に関与したメーカーおよび医薬品卸6社を捜査していることが、規制当局への提出資料で明らかになった。

S&Pが最高値更新、FOMC決定受け

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種は終値で最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)は29─30日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp)の利下げを決定した。

米ウォルマートなど3社、J&J製ベビーパウダーを店頭から撤去

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>が同社製ベビーパウダーの一部から微量のアスベストが検出されたとしてリコール(自主回収)を実施した問題で、ウォルマート<WMT.N>、CVSヘルス<CVS.N>、ライト・エイドの3社はJ&J社製の22オンス(約620グラム)入りベビーパウダーを全て店頭から撤去した。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、医薬関連大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、連邦地裁の審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、製薬会社大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンドは継続

<15:39> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンドは継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上昇期待感を持ちつつ、高値警戒感も意識せざるを得 ない投資家の気迷い心理を表している。25日移動平均線(2万1919円80銭=21日)や75日移動 平均線(2万1373円83銭=同)は右肩上がりで、上昇トレンドの継続を示唆。拡散基調に入ったボリ ンジャーバンドのプラス2シグマに沿う形で上昇する可能性がある。 一方、現値は年初来高値圏。短期RSI(相対力指数)は買われ過ぎ圏内、騰落レシオ(東証1部、2 5日平均)も121%台となっている...

日経平均続伸、模様眺めでも下値不安は感じられず

東京株式市場で日経平均株価は続伸し、56円高の2万2548円で取り引きを終えた。連休の谷間で大きなポジションが取りづらく、高寄りして始まった後は一進一退の展開となった。模様眺めムードも強かったが、下値不安は感じられず、後場にかけて強い基調を維持。終値ベースでは連日の年初来高値更新となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場、指数は3日続伸でも底打ち感なし

<15:21> 新興株市場、指数は3日続伸でも底打ち感なし  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸した。指数自体は上昇した ものの、「東証1部の方に資金が流れており、底を打った感じではない。決算が出てから取引される銘柄も 増えている」(国内証券)といい、弱い地合いが続いているという。 個別では、ロゼッタ が堅調。プロパスト 、栄電子 、中村超硬 、霞ヶ 関キャピタル はストップ高比例配分。YKT も大幅高となった。半面、エディア は大幅安。メディア工房 も売られた。 <13:11> 日経平均は後場堅調、売...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場堅調、売り方の買い戻し

<13:11> 日経平均は後場堅調、売り方の買い戻し 日経平均は後場堅調。前場に付けたきょうの高値を更新し2万2500円台後半で推移している。特段 のニュースは見当たらないものの、米中通商協議が小康状態に入ったことがベースにあるという。「とりあ えず下がらないのでしっかりしている、というのが現状。積極的に買われているというより、下値が堅いの で売り込めないし、売り方の買い戻しも続いている」(国内証券)との声が出ていた。 <11:50> 前場の日経平均は続伸、商い細るが強い基調を維持 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比62円66銭高...

前場の日経平均は続伸、商い細るが強い基調を維持

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比62円66銭高の2万2555円34銭となり、続伸した。前週末の米国株式市場が軟調となったほか、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)で離脱案の採決について議会が先送りする動議を可決したものの、これらは材料視されていない。一方、連休の谷間とあって模様眺めムードが強く、前場段階の東証1部の売買代金は7051億6300万円と細っている。それでも、下値不安は感じられず、全般は強い基調を維持した。

UPDATE 1-今日の株式見通し=もみあい、模様眺めムード強く上値重い

(内容を追加しました) [東京 21日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     22492.68 22615.47 19241.37              +40.82 2019年10月16日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物12 22490(円建て) 月限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみあいが想定されている。前週末の米国 株式市場はダウ工業株30種の下げ幅が目立ったものの、2銘柄のけん引によるも ので材料になりにくい。また、このところ商いが細っている中...

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とボーイング<BA.N>を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで下落。英国と欧州連合(EU)が前日に新たな離脱協定案で合意し、英国の無秩序なEU離脱が回避される見通しになったことで、ユーロ圏が景気後退(リセッション)を回避するとの期待が広がった。

J&J、米でベビーパウダー自主回収 FDAがアスベスト検出

米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>は18日、米国でベビーパウダー約3万3000個をリコール(自主回収)すると発表した。

製薬・卸売の5社、オピオイド訴訟で総額500億ドルの和解提案

米国のオピオイド中毒訴訟の和解に向けて、医薬品メーカーと卸売り計5社が、現金計220億ドルの支払いと280億ドル相当の医薬品と医療サービスの提供を申し出ている。事情に詳しい関係筋2人が16日、ロイターに明らかにした。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 英ポンドが5月中旬以来の高値に上昇。英国と欧州連合(EU)が離脱交渉で合意に近づいているとの報道を受けた。

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る協議への期待が高まる中でポンドが上昇し、輸出銘柄の重しとなった一方、国内経済へのエクスポージャーが高い銀行株が買われた。

米株上昇、好調な企業決算で買い 金融・ヘルスケアが高い

米国株式市場は上昇して終了した。企業決算が好調だったことで買いが先行した。幅広い銘柄が上昇し、主要3指数はすべて上昇。S&P総合500種とナスダック総合は終値で約3週間ぶり高値を付けた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up