for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

JPM.N

現在値

117.32USD

変化

3.40(+2.98%)

出来高

4,139,220

本日のレンジ

112.84

 - 

117.80

52週レンジ

111.50

 - 

172.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
113.92
始値
112.94
出来高
4,139,220
3か月平均出来高
293.31
高値
117.80
安値
112.84
52週高値
172.95
52週安値
111.50
発行済株式数
2,937.05
時価総額
334,588.80
予想PER
9.96
配当利回り
3.51

次のエベント

Dividend For JPM.N - 1.0000 USD

適時開示

その他

JPMorgan Chase Tells Employees That It Will Pay For Travel To States That Allow Legal Abortions- CNBC

JPMorgan Lays Off Hundreds In Mortgage Business After Rate Surge- Bloomberg News

JPMorgan Chase & Co's Long Position In H-Share Of Hutchmed Rises To 5.10% - HKEX Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーとは

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co)は金融持株会社である。【事業内容】投資銀行業務、金融サービスおよび資産管理を行う。法人セグメントだけでなく、4つのセグメントで運営される。セグメントは、コンシューマー・アンド・コミュニティバンキング、コーポレート・アンド・インベストメントバンク、コマーシャルバンキング、アセットマネジメントである。コンシューマー・アンド・コミュニティバンキングセグメントは、銀行支店、現金自動預け払い機、オンライン、モバイル、電話バンキングを通じて消費者と企業にサービスを提供する。銀行および市場および投資家サービスで構成されるコーポレート・アンド・インベストメントバンクセグメントは、企業、投資家、金融機関、政府および地方自治体に投資銀行業務、市場形成、プライムブローカレッジ、および財務および証券の製品およびサービスを提供する。コマーシャルバンキングセグメントは、貸付、財務サービス、投資銀行業務、資産管理などの金融ソリューションを提供する。資産管理セグメントは、投資および資産管理で構成される。

業種

Investment Services

連絡先

38Th Fl, 270 Park Ave

NEW YORK, NY

10017

United States

+1.212.2706000

https://www.jpmorganchase.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James L. Dimon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Daniel E. Pinto

President, Chief Operating Officer

Peter L. Scher

Vice Chairman

Jeremy Barnum

Chief Financial Officer

Mary Callahan Erdoes

Chief Executive Officer - Asset and Wealth Management

統計

2.41 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

118.7K

2020

122.9K

2021

125.3K

2022(E)

127.7K
EPS (USD)

2019

10.720

2020

8.880

2021

15.360

2022(E)

11.421
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.79
株価純資産倍率(四半期)
1.32
株価キャッシュフロー倍率
6.92
総負債/総資本(四半期)
201.01
長期負債/資本(四半期)
102.57
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.11

最新ニュース

最新ニュース

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで表明

米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受け、国内の約半数の州が中絶の制限に動く見通しとなる中、ウォルト・ディズニーやメタ・プラットフォームズなどの企業は相次いで、州外で中絶手術を受ける必要の従業員の交通費などのコストを支援する方針を表明した。

米銀大手は厳しいシナリオでも十分な資本維持、FRB健全性審査

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手金融機関を対象に実施した年次ストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。厳しい経済ショックに見舞われても各行は十分な資本を維持することが判明し、自社株買いと配当金支払いへの道を開く内容となった。

米銀大手は十分な資本維持、FRBがストレステスト結果公表

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手金融機関を対象に実施した年次ストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。厳しい経済ショックに見舞われても各行は十分な資本を維持することが判明し、自社株買いと配当金支払いへの道を開く内容となった。

世界の石油探査・生産は加速へ=米シュルンベルジェCEO

米石油サービス大手シュルンベルジェのオリビエ・ルプェッシュ最高経営責任者(CEO)は22日、世界の石油探査・生産業界の支出は幅広く加速する見通しで、生産の伸びにつながるとの見解を示した。

JPモルガン、住宅ローン部門で人員削減 金利上昇で需要減

米金融大手のJPモルガン・チェースは22日、インフレ高進と住宅ローン金利上昇に伴う住宅需要の減少を受け、住宅ローン部門で人員削減を開始したと明らかにした。

FRBの健全性審査、大手行は「合格」と資本計画承認を楽観視

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果を公表する。大手行は「合格」のお墨付きをもらい、株主に配当や自社株買いを通じて余剰資本を還元する計画が認められるだろうと楽観視している。

米金融の信用リスク指標に悪化の兆候、FRB利上げで景気懸念

米金融機関の信用リスクの指標とされる「FRA─OISスプレッド」が拡大しており、ストレス(緊張)の高まりを示唆している可能性がある。背景にあるのは連邦準備理事会(FRB)の積極的利上げで浮上した景気悪化への懸念だ。

米金融大手がプライムレート引き上げ、FRB利上げ受け

米金融大手のJPモルガン・チェース、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)は15日、最優遇貸出金利(プライムレート)を16日付で75ベーシスポイント(bp)引き上げ4.75%にすると発表した。

バイデン氏、労組の大会でウォール街批判 経済政策の正当性強調

バイデン米大統領は14日、米労働総同盟産別会議(AFL─CIO)の大会で演説し、ウオール街と共和党への批判を繰り広げると同時に自らの経済政策の正当性を主張した。インフレ高進と景気悪化懸念で低迷が続く支持率の回復に向け、支持基盤である労組にアピールした。

コラム:外資系銀行の中国ハネムーン、「共同富裕」で終焉

中国でのビジネスがようやく軌道に乗ったと思っていた外資系銀行は、もうしばらく待つ必要がありそうだ。中国の証券規制当局は、クレディ・スイスの中国担当最高経営責任者(CEO)のジャニス・フー氏らを呼び、高額な役員報酬の引き下げやボーナス期間の先送りを求めたとブルームバーグが匿名の情報筋の話として報じた。不当に高い報酬は習近平国家主席が推進する格差是正の取り組み「共同富裕」を妨げるというのが理由で、一見公平を期す話と思えるが、実際は国内銀行の外資に対する優位性を高めるだけだろう。

アップル音楽・ゲーム売上高、25年までに計80億ドル超=JPモルガン

米JPモルガンのアナリストチームは13日、米アップルの音楽とゲームの配信サービス売上高が合計で2025年までに36%増えて82億ドルになり、全社売上高での割合も高まるとの見通しを示した。内訳は音楽が約70億ドル、ゲームが約12億ドル。アップル端末の膨大なユーザー層を定額制配信サービスに取り込めると予測している。

米景気後退入りの確率約50%=モルガンSのゴーマンCEO

米金融大手モルガン・スタンレーのゴーマン最高経営責任者(CEO)は13日、米経済は約50%の確率で景気後退(リセッション)に入るとの見方を示した。ただ深刻なものになる可能性は低いとした。

コラム:NY勤務はハイブリッドが主流、上がるビル空室率

JPモルガンやゴールドマン・サックスといったウォール街の首脳は従業員の大半が職場に戻ってくるのを望んでいる。だが、ニューヨークの企業経営者としては、むしろ少数派に属する。

デロイト、監査とコンサル事業分割報道を否定

四大監査法人の一角である英系デロイトは8日、監査事業とコンサルティング事業を分割する計画を検討中との米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道は「事実でない」と否定した。

米インフレ低下しなければ9月も50bpの利上げ=クリーブランド連銀総裁

米クリーブランド地区連銀のメスター総裁は3日、連邦準備理事会(FRB)当局者が6月と7月に実施するとしている50ベーシスポイント(bp)の利上げから引き締めペースを減速させるには、インフレがピークを付けたと示す説得力のある証拠が必要との考えを示した。

テスラ、10%人員削減・採用停止か マスク氏「経済に悪い印象」

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、経済について「超悪い印象」を持っており、10%程度の人員削減が必要との見解を示した。2日に幹部に送った「世界的に採用全面停止」と題した電子メールで明らかになった。

現在の経済混乱、自身のキャリアで最も困難=ゴールドマン社長

米金融大手ゴールドマン・サックスのジョン・ウォルドロン社長兼最高執行責任者(COO)は2日、現在の経済的混乱は自身のキャリアの中で最も困難なものの一つであると述べた。

中国の金融機関向けサイバーセキュリティー規則案、業界団体が懸念表明

アジア証券業金融市場協会(ASIFMA)は、中国証券監督管理委員会(証監会)が提案した金融機関向けのサイバーセキュリティー規則案について、西側諸国の金融機関がハッカー攻撃などのリスクにさらされやすくなるとの懸念を証監会に伝えた。

米経済に「ハリケーン」迫る、FRBの対応必要=JPモルガンCEO

米金融大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は1日、米経済が直面している課題を迫りくる「ハリケーン」と呼び、連邦準備理事会(FRB)は景気後退(リセッション)回避に向け、強力な措置を講じる必要があるという認識を示した。

アングル:米株ファンド7週ぶり買い越し、純流入額は3月以来の高水準

リフィニティブ・リッパーのデータによると、25日までの週に米株式ファンドに差し引きで46億1000万ドルの資金が流入した。純流入は4月6日の週以来、7週ぶり。買越額は3月23日以来で最大。S&P総合500種とナスダック総合指数の週間騰落がドットコム・バブル崩壊の2001年以降で最長の7週連続下落となった後、いずれも3%超上昇になったことが背景。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up