for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

JPM.N

現在値

153.15USD

変化

1.91(+1.26%)

出来高

2,050,311

本日のレンジ

152.12

 - 

153.69

52週レンジ

91.40

 - 

167.40

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
151.24
始値
152.28
出来高
2,050,311
3か月平均出来高
294.03
高値
153.69
安値
152.12
52週高値
167.40
52週安値
91.40
発行済株式数
2,988.16
時価総額
456,859.10
予想PER
10.96
配当利回り
2.35

次のエベント

JPMorgan Chase & Co at UBS Financial Services Conference (Virtual)

適時開示

その他

JPMorgan Chase & Co's Long Position In AIA Falls To 7.60% - HKEX Filing

JPMorgan Chase & Co's Long Position In Ping An Insurance Rises To 12.16% - HKEX Filing

JPMorgan Chase & Co's Long Position In WuXi AppTec Falls To 4.98% - HKEX Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーとは

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co)は金融持株会社である。【事業内容】投資銀行業務、金融サービスおよび資産管理を行う。法人セグメントだけでなく、4つのセグメントで運営される。セグメントは、コンシューマー・アンド・コミュニティバンキング、コーポレート・アンド・インベストメントバンク、コマーシャルバンキング、アセットマネジメントである。コンシューマー・アンド・コミュニティバンキングセグメントは、銀行支店、現金自動預け払い機、オンライン、モバイル、電話バンキングを通じて消費者と企業にサービスを提供する。銀行および市場および投資家サービスで構成されるコーポレート・アンド・インベストメントバンクセグメントは、企業、投資家、金融機関、政府および地方自治体に投資銀行業務、市場形成、プライムブローカレッジ、および財務および証券の製品およびサービスを提供する。コマーシャルバンキングセグメントは、貸付、財務サービス、投資銀行業務、資産管理などの金融ソリューションを提供する。資産管理セグメントは、投資および資産管理で構成される。

業種

Investment Services

連絡先

383 Madison Ave

NEW YORK, NY

10179-0001

United States

+1.212.2706000

https://www.jpmorganchase.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James L. Dimon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Daniel E. Pinto

Co-President, Co-Chief Operating Officer

Gordon A. Smith

Co-President, Co-Chief Operating Officer

Jennifer A. Piepszak

Chief Financial Officer

Mary Callahan Erdoes

Chief Executive Officer - Asset & Wealth Management

統計

2.30 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

111.5K

2019

118.7K

2020

122.9K

2021(E)

122.8K
EPS (USD)

2018

9.000

2019

10.720

2020

8.880

2021(E)

13.961
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.20
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.77
株価純資産倍率(四半期)
1.80
株価キャッシュフロー倍率
8.36
総負債/総資本(四半期)
208.57
長期負債/資本(四半期)
104.73
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.39

最新ニュース

最新ニュース

FRBの銀行自己資本要件、ゴールドマンとモルガンSが13%台と最大

米連邦準備理事会(FRB)は5日、今年の銀行ストレステスト(健全性審査)の結果を踏まえ、各行に求める自己資本比率を発表した。10月1日付で適用する。

コラム:銀行の装い強まるドーシー氏の米スクエア、大手行には脅威

米ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が率いる米決済サービス大手スクエアが、ウォール街の舞台裏にとどまらず、表側にまで活動の場を広げつつある。「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)」と呼ばれる後払い決済サービスを手掛ける豪アフターペイを290億ドルで買収すると1日に発表したスクエアは、銀行の装いも濃くしている。JPモルガン、シティグループあるいはバンク・オブ・アメリカなどとの唯一の違いは、スクエアには歴史的な経緯による重荷も、分厚い規制も、さまざまな過去の不正記録もないという点だ。大手行はこの脅威を真剣に受け止めざるを...

米企業の好決算相次ぐ、市場は大幅増益予想を一段と引き上げ

本格化している米企業の四半期決算で好業績が相次いでおり、すでに大幅増益を見込んでいる市場予想の一段の引き上げにつながっている。

BNPパリバ、第2四半期は26.6%増益 国内リテールが好調

フランスの銀行大手BNPパリバが30日発表した第2・四半期決算は、純利益が26.6%増の29億1000万ユーロだった。

UPDATE 2-中国当局、市場の懸念払拭に動く 株価は反発

中国当局は29日、国内金融市場の混乱を受けて投資家の懸念払拭に動いた。これを受けて、中国株式市場は大きく反発した。

アングル:米企業、コロナ後の通勤再開計画はCEO次第

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、IT業界としては珍しく、職員に早く通勤を再開するよう求めている。かたや米シティグループのジェーン・フレーザーCEOは金融業界の潮流に逆らい、コロナ後も柔軟な働き方を認める方針だ。

ドイツ銀、ジュニア級アナリストの給与引き上げ=関係者

ドイツ銀行 は、投資銀行部門で中堅以下のアナリストの給与を引き上げる。関係者が20日夜にロイターに明らかにした。

米JPモルガン、ダイモンCEOに業績連動報酬 長期続投促す

米金融大手JPモルガン・チェースは20日、業績連動型報酬の一種であるSAR(ストック・アプリシエーション・ライト)の形でジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)に150万のオプションを付与したと発表した。

米ナスダック、未公開株取引プラットフォーム分離で大手行と提携

米取引所運営ナスダックは20日、新規株式公開(IPO)前の未公開株を取引できるプラットフォームを分離・独立させるため、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなど米大手銀行と提携した。

焦点:中銀デジタル通貨普及に備える米欧銀

世界の中央銀行がデジタル通貨分野に踏み込もうとしている中で、関係する政策や技術的な計画に影響力を行使する取り組みについて、商業銀行が対応を強化している。複数の業界幹部への取材や公表資料によって、その実態が判明した。

印ペイティーエムがIPO申請、最大22.3億ドル調達へ

ソフトバンクグループが出資するインドの決済サービス会社ペイティーエムは、国内規制当局に新規株式公開(IPO)を申請した。最大1660億ルピー(22億3000万ドル)を調達する。提出された草案文書で16日明らかになった。

米国株式市場=ナスダック続落、アップルやアマゾンなど安い

米国株式市場は、ナスダック総合が続落。アップルやアマゾン・ドット・コムなどのハイテク大手の下げが圧迫した。朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が昨年3月以来の水準に改善したことを受け、インフレ高進を巡る懸念が強まった。

モルガンS、第2四半期利益が予想上回る 投資銀行業務に追い風

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)が15日に発表した第2・四半期決算は、投資銀行部門の伸びが後押しとなり、利益が予想を上回った。

米銀大手4行、経済回復受け第2四半期は好決算に

今週発表された米銀大手4行の第2・四半期決算は軒並み好調な内容となった。米経済が回復し始めている上、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う貸倒損失が顕在化しなかったことが寄与した。

米Wファーゴ、第2四半期利益が予想超え 貸倒引当金戻し入れで

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日発表した第2・四半期決算は利益が市場予想を上回った。貸倒引当金16億ドルの戻し入れが利益を押し上げた。

米シティ、第2四半期利益が予想上回る 貸倒引当金戻し入れ寄与

米金融大手シティグループが14日発表した第2・四半期利益(6月30日まで)は市場予想を上回った。景気回復に伴う貸倒引当金の戻し入れがトレーディング収入やクレジットカード部門の落ち込みを相殺した。

焦点:銀市場にもレディット軍団、「急騰狙い」は成功するか

米ワシントン州シアトル在住で飲食店勤務一筋のケリー・クレーカーさん(56)は今年3月以来、毎週自由に使えるお金の半分に当たる約100ドル(約1万1000円)をシルバーコイン購入につぎ込んでいる。オンライン掲示板レディット上で、来るべきインフレから身を守るために銀資産を買おうと呼び掛けるフォーラムに参加しているからだ。

焦点:JPモルガンとゴールドマン、デジタル技術で英消費者金融に挑戦

英国の消費者金融市場はこれまで幾多の外国勢が進出を目指しながらも、結局は撤退の憂き目を見てきた。そこに対し、米大手銀行JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスがデジタル技術を武器に、足場を確保しようと挑戦している。

NY市場サマリー(13日)長期債利回り上昇、米株下落

ドルは通貨バスケットに対し0.59%高の92.762と、今月8日以来の高値。先週付けた3カ月ぶり高値の92.844に迫った。

米国株式市場=下落、S&Pとナスダックは日中に最高値更新

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が取引時間中に過去最高値を更新した後、小幅安で取引を終えた。6月の米消費者物価指数(CPI)の大幅な伸びやJPモルガンおよびゴールドマン・サックスの決算を消化した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up