for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

JPM.N

現在値

161.93USD

変化

-5.03(-3.01%)

出来高

3,043,051

本日のレンジ

158.84

 - 

162.63

52週レンジ

117.77

 - 

172.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
166.96
始値
161.00
出来高
3,043,051
3か月平均出来高
219.76
高値
162.63
安値
158.84
52週高値
172.95
52週安値
117.77
発行済株式数
2,955.27
時価総額
478,546.20
予想PER
10.82
配当利回り
2.47

次のエベント

Coloplast A/S at JPMorgan Chase & Co Asia-Pacific Roadshow (Virtual)

適時開示

その他

JPMorgan Chase & Co's Long Position In China Merchants Bank Rises To 8.01% - HKEX Filing

JPMorgan Chase & Co's Long Position In Luoyang Glass Rises To 5.17% - HKEX Filing

JPMorgan Chase & Co's Long Position In ENN Energy Rises To 10.03% - HKEX Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーとは

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co)は金融持株会社である。【事業内容】投資銀行業務、金融サービスおよび資産管理を行う。法人セグメントだけでなく、4つのセグメントで運営される。セグメントは、コンシューマー・アンド・コミュニティバンキング、コーポレート・アンド・インベストメントバンク、コマーシャルバンキング、アセットマネジメントである。コンシューマー・アンド・コミュニティバンキングセグメントは、銀行支店、現金自動預け払い機、オンライン、モバイル、電話バンキングを通じて消費者と企業にサービスを提供する。銀行および市場および投資家サービスで構成されるコーポレート・アンド・インベストメントバンクセグメントは、企業、投資家、金融機関、政府および地方自治体に投資銀行業務、市場形成、プライムブローカレッジ、および財務および証券の製品およびサービスを提供する。コマーシャルバンキングセグメントは、貸付、財務サービス、投資銀行業務、資産管理などの金融ソリューションを提供する。資産管理セグメントは、投資および資産管理で構成される。

業種

Investment Services

連絡先

383 Madison Ave

NEW YORK, NY

10179-0001

United States

+1.212.2706000

https://www.jpmorganchase.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James L. Dimon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Daniel E. Pinto

Co-President, Co-Chief Operating Officer

Gordon A. Smith

Co-President, Co-Chief Operating Officer

Jennifer A. Piepszak

Chief Financial Officer

Mary Callahan Erdoes

Chief Executive Officer - Asset & Wealth Management

統計

2.26 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

111.5K

2019

118.7K

2020

122.9K

2021(E)

123.3K
EPS (USD)

2018

9.000

2019

10.720

2020

8.880

2021(E)

14.969
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.93
株価純資産倍率(四半期)
1.88
株価キャッシュフロー倍率
8.45
総負債/総資本(四半期)
208.17
長期負債/資本(四半期)
102.90
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.43

最新ニュース

最新ニュース

中国、JPモルガンCEOの反省に留意=外務省報道官

米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)が24日、中国共産党より同行の方が長続きすると冗談で発言したことを「後悔している」と述べたことについて、中国外務省は25日、反省の弁に留意しているとし、この問題でメディアが騒ぎ立てることを止めるよう期待すると述べた。

環球時報編集長、JPモルガンCEOに「後悔の必要ない」

米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)が24日、中国共産党より同行の方が長続きすると冗談で発言したことを「後悔している」と述べたことを受け、中国共産党機関紙の人民日報傘下「環球時報」の胡錫進編集長は25日、「後悔する必要はない」との見解を示した。

JPモルガンは「中国共産党よりも長生きする」、CEOが冗談

米JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は23日、ボストンで開かれたイベントで、自行が中国共産党よりも長生きするだろうとジョークを飛ばした。

UPDATE 1-NY市場サマリー(23日)ドル安定的に推移、利回り上昇

(表のレートを更新し株式の内容を追加しました) [23日 ロイター] - <為替> ドル指数が約1年4カ月ぶりの高値水準で推移した。バイデン大統領によ るパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の再任指名を受け、22年に利上げが行われ るとの見方が強まった。 ユーロは1年4カ月ぶりの安値から切り返した。IHSマークイットが23日発表し た11月のユーロ圏の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が55.8と、10月の 54.2から上昇したことを受けた。 ドル指数はほぼ横ばいの96.461。オーバーナイトでは96.61と1年 4カ月ぶりの高水準...

UPDATE 2-米国株式市場=ナスダック続落、大型ハイテク株に売り

(内容を追加しました) [23日 ロイター] - 米国株式市場はナスダック総合が 続落して取引を終えた。米国債利回りが上昇し、テスラなど大 型ハイテク株に売りが出た。一方、バリュエーションが割安な銘柄に買 いが入り、S&P総合500種は上昇した。 S&Pグロース指数は0.3%安、バリュー指数は0 .8%高。 米国債利回りは前日に続き上昇。バイデン大統領によるパウエル米 連邦準備理事会(FRB)議長の再任指名を受け、FRBがインフレ対 応に一段と積極的になると見込まれている。 テスラは4%超、マイクロソフトは0.6%下落し、ナス ダックを...

NY市場サマリー(23日)ドル安定的に推移、利回り上昇

<為替> ドル指数が約1年4カ月ぶりの高値水準で推移した。バイデン大統領によ るパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の再任指名を受け、22年に利上げが行われ るとの見方が強まった。 ユーロは1年4カ月ぶりの安値から切り返した。IHSマークイットが23日発表し た11月のユーロ圏の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値が55.8と、10月の 54.2から上昇したことを受けた。 ドル指数はほぼ横ばいの96.461。オーバーナイトでは96.61と1年 4カ月ぶりの高水準を付けた。 ドル/円は115.08円と4年半ぶり高値。 トルコリラは対ドル...

JPモルガン、金融システム上最も重要な銀行に FSBが再指定

主要国の金融当局でつくる金融安定理事会(FSB)は23日、破綻した場合に世界の金融安定が脅かされかねない「世界的にシステム上重要な銀行」のリストを更新し、JPモルガン・チェースが再び世界で最もシステム上重要な銀行となった。BNPパリバとゴールドマン・サックスも1段階引き上げられた。

FRB利上げ、来年第3四半期から開始=JPモルガン

JPモルガンは18日、2022年見通しのリポートで、米連邦準備理事会(FRB)が同年第3・四半期から利上げを開始するとの予想を示した。

情報BOX:米金融大手のドル・10年債利回り予想、22年末は110-120円

米大手金融機関は16日までに2022年末時点のユーロ/ドルとドル/円の為替レート、米10年物国債利回り予想を明らかにした。要点は以下の通り。

在香港米商議所会頭が辞任表明、隔離順守は規制緩和要求と矛盾

在香港米国商工会議所のタラ・ジョセフ会頭は16日、自身が新型コロナウイルス感染対策としての隔離義務を果たさなければならない状況にありながら、政府に規制緩和を求めることはできないとして、辞任を表明した。

米国株式市場=上昇、小売統計やホーム・デポ決算を好感

米国株式市場は上昇して取引を終えた。ホームセンター大手ホーム・デポの決算や米小売統計で消費の堅調さが示され、インフレを巡る懸念が後退したことが背景。

JPモルガン、ワラント巡りテスラ提訴 1.6億ドルの支払い要求

米JPモルガン・チェースは、米電気自動車(EV)大手テスラがJPモルガンに売却したワラント(新株引受権)を巡り、2014年に合意した契約にテスラが「著しく」違反したとして、1億6220万ドルの支払いを求めて米ニューヨーク州マンハッタンの連邦地裁に提訴した。

BNPパリバ、傘下の米銀売却模索=関係者

仏銀行大手BNPパリバは、傘下の米バンク・オブ・ザ・ウエストの売却に向けてアドバイザーと具体的な作業に入っている。より規模が大きく資本力のあるライバルとの競争に苦戦を強いられている米リテール銀行市場から撤退を図る考えだ。複数の関係者がロイターに明かした。

香港のコロナ規制で人員確保がより困難に=米JPモルガンCEO

米金融大手のJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、香港の厳格な新型コロナウイルス感染拡大抑制策により当地での人員維持がより困難になっていると述べた。ブルームバーグ・ニュースが伝えた。

訂正(発表者側の申し出)-米航空大手とアマゾン、持続可能な航空燃料の取り組みに参加

米大手航空会社とアマゾン・ドット・コムの航空子会社が、持続可能な航空燃料(SAF)の開発・利用を加速する取り組みに参加する。

米当局、大手銀に対応要請 気候変動が金融システムにリスク 

米通貨監督庁(OCC)のマイケル・スー長官代行は、大手銀行の首脳らに対し、導入する可能性のある炭素税の影響を含め、気候変動に対するリスクをより真剣に評価・管理するよう求めた。

今日の株式見通し=一進一退、米株高値警戒で上値追いには慎重

今日の東京株式市場で日経平均は、前日終値(2万9794円37銭=4日)近辺での一進一退の値動きが想定されている。米国株式市場で高値警戒感が意識される中、日本株は積極的に上値を追いづらい。今日は週末であることに加え、米雇用統計の発表を今夜控えているため、全体的に様子見ムードに支配される1日となりそうだ。

NY市場サマリー(4日)S&Pとナスダックが最高値更新、ドル上昇、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、前日の連邦公開市場委員会(FOMC)が消化される中、ドルが上昇した。一方、英ポンドはイングランド銀行(英中央銀行)が利上げに踏み切らなかったことを受け下落した。

米国株式市場=S&Pとナスダックが最高値更新、半導体株が高い

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が上昇し、6営業日連続で終値ベースの最高値を更新した。米半導体大手クアルコムが3日発表した好決算を受け、半導体関連株が上昇した。

BofA、中国で証券部門設立へ 来年初に申請計画=報道

バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、中国での証券部門設立に向け当局への承認申請を計画している。ブルームバーグが関係者の話として1日に報じた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up