for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

JPM.N

現在値

96.10USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

76.95

 - 

141.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
96.10
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
482.67
高値
--
安値
--
52週高値
141.10
52週安値
76.95
発行済株式数
3,047.02
時価総額
294,464.30
予想PER
16.74
配当利回り
3.73

次のエベント

JPMorgan Auto Conference (Virtual)

適時開示

その他

Marqeta's Modern Card Issuing Platform To Deliver Commercial Card Tokenization For J.P. Morgan

JP Morgan Reports Q2 Earnings Per Share of $1.38

JPMorgan Says Expect FY2020 Adjusted Expense Of About $65 Billion

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーとは

JPモルガン・チェース(JPMorgan Chase & Co.)は金融持株会社である。【事業内容】同社は投資銀行事業、融資サービスの提供に従事する。同社は4つの事業区分と企業事業により構成される。消費者・コミュニティ・バンキング事業は銀行支店、現金自動預払機(ATM)、オンライン、モバイルと電話バンキングを通じて、消費者・企業にサービスを提供する。企業・投資銀行事業は企業、投資家、金融機関、政府と地方自治体に投資銀行業務、マーケット・メイキング、プライム・ブローカレッジ、トレジャリーと証券商品・サービスを提供する銀行業務と市場・投資家サービスを含む。商業銀行事業は貸出、トレジャリー・サービス、投資銀行業務、資産管理を含む金融ソリューションを提供する。資産運用事業は投資・資産管理を含む。

業種

Investment Services

連絡先

383 Madison Ave

NEW YORK, NY

10179-0001

United States

+1.212.2706000

https://www.jpmorganchase.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James L. Dimon

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Daniel E. Pinto

Co-President, Co-Chief Operating Officer

Gordon A. Smith

Co-President, Co-Chief Operating Officer

Jennifer A. Piepszak

Chief Financial Officer

Mary Callahan Erdoes

Chief Executive Officer - Asset & Wealth Management

統計

2.26 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

103.6K

2018

111.5K

2019

118.7K

2020(E)

116.1K
EPS (USD)

2017

6.980

2018

9.000

2019

10.720

2020(E)

5.800
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.48
株価純資産倍率(四半期)
1.26
株価キャッシュフロー倍率
11.45
総負債/総資本(四半期)
227.12
長期負債/資本(四半期)
119.87
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.85

最新ニュース

最新ニュース

欧州銀行監督機構、銀行にEU離脱計画の完全履行を要請

欧州銀行監督機構(EBA)は29日、英国を拠点に欧州連合(EU)の顧客にサービスを提供している銀行に対し、移行期間が切れる年末までにEU離脱計画を完全に履行する必要があると表明した。

コラム:米大手投資銀、世間が納得しない大幅な報酬増額

米大手投資銀行の賞与が、世間の非難を浴びかねない水準まで再び膨れ上がってきた。モルガン・スタンレー<MS.N>、ゴールドマン・サックス<GS.N>、JPモルガン<JPM.N>はいずれも、第2・四半期にトレーディングや引き受け業務の収入が急増したことを受け、報酬支払額を前年同期に比べてずっと大きく引き上げた。だがこうした好業績は米連邦準備理事会(FRB)の大盤振る舞いなどのおかげで実現し、片や何百万人もの国民が新型コロナウイルス危機に伴う経済悪化に苦しんでいる中で、多額の報酬を払うという理屈は業界の外では全く通用しないだろう。

米大手銀が個人の返済猶予を延長、貸倒損失の発生も後ずれへ

米銀大手の幹部らは、新型コロナウイルスの感染拡大で経済的に打撃を受けている多数の個人顧客に対するクレジットカードや自動車ローン、住宅ローンの返済猶予を延長したと明らかにした。

欧州株式市場=反落、軟調な決算や新型コロナ感染の増加で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 372.13 -1.74 -0.47 373.87 FTSEユーロファースト 1450.61 -5.78 -0.40 1456.39 300種 ユーロSTOXX50種 3365.35 -12.86 -0.38 3378.21 欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算や、新型コロナウイ ルスの感染件数の増加が売り材料となった。ただ欧州の復興基金につい て協議する欧州連合(EU)首脳会議を控え、終盤にかけて下落幅を圧 縮した。 欧州中央銀行(ECB)は政策決定会合...

米バンカメ、第2四半期利益が半減 多額の貸倒引当金積み増し

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が16日に発表した第2・四半期決算(6月30日まで)は、新型コロナウイルスの感染拡大で多額の貸倒引当金を積み増したことが響き、利益が半分以下に縮小した。

米モルガンS、第2四半期利益は過去最高 トレーディング収入増

米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>が16日発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルス危機を受けた金融市場の変動でトレーディング収入などが伸び、利益が過去最大になった。

米バンカメ、第2四半期利益が半減 多額の貸倒引当金積み増し

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が16日に発表した第2・四半期決算(6月30日まで)は、新型コロナウイルスの感染拡大で多額の貸倒引当金を積み増したことが響き、利益が半分以下に縮小した。

欧州株式市場=反発、旅行株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 373.87 +6.47 +1.76 367.40 FTSEユーロファース 1456.39 +23.66 +1.65 1432.73 ト300種 ユーロSTOXX50種 3378.21 +56.82 +1.71 3321.39 <.STOXX50E > 欧州株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチン開発で進展が あったとする報道を受け、旅行株が急上昇した。 ドイツの航空大手ルフトハンザと欧州格安航空会社(LCC)大手ライア ンエア、ブリティッシュ・エアウェイズ...

ゴールドマン、四半期利益は予想超え トレーディング収入93%増

米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>が15日発表した第2・四半期決算は、トレーディング収入が93%急増したことを追い風に利益が市場予想を大きく上回った。

コラム:米株式市場、コロナを「消化済み」にできないリスク

今週は、14日のJPモルガン<JPM.N>、シティグループ<C.N>、ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>を皮切りに大手米銀が相次いで第2・四半期決算を発表する。13日午前の段階でS&P総合500種はほぼ横ばい、ハイテク株が上昇していた点からすると、一部の投資家にとって新型コロナウイルスは材料として既に消化され、決算シーズンに注目が移った形になっている。だが新型コロナが、もはや片付いた問題のままで済まされるかどうかは、また別の話だ。

NY市場サマリー(14日)ドル下落、米株上昇

<為替> ドルが下落。インフレ期待がやや高まったほか、欧州連合(EU)の景気刺激策を巡る楽観的な見方を背景にユーロが上昇した。

米株上昇、エネルギー・素材株に買い 感染急増は重視せず

米国株式市場では、新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念は大きく意識されず、上昇して終了した。エネルギー株と素材関連株に買いが入ったことが押し上げ要因となった。

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。資 源株が相場を下支えした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた新たな封鎖措置を巡る 懸念から国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は下落した。 FTSE100種は日中の安値から大幅に回復。エネルギーや鉱業株が相場を下支え した。ポンド安も追い風となった。石油大手のBPは2.6%高だった。BPが株 を保有するアケルBPの第2・四半期の税引き前利益が市場予想を上回った ことが買い材料となった。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.21%下落。テクノロジー企 業を対象としている...

欧州株式市場=反落、テクノロジー株売られる

金融大手INGの首席エコノミスト、カーステン・ブルゼスキ氏は 「最新のZEW指標は、ドイツの経済回復がどのような展開となるかを 表す。ドイツ経済が安定してきていることを示す新たな兆しだ」と述べ た。 銀行株指数は日中から下落幅を圧縮して取り引きを終えた 。米金融大手JPモルガン・チェースが発表した第2・四半期 利益が51%減と、予想ほど落ち込まなかったことが材料視された。 (ーからご覧ください)

WRAPUP 1-米銀決算、トレーディング収入が急増 持続性に疑問も

今年3月以降の株式および債券市場の大幅変動が米銀大手のトレーディング収入の急増をもたらし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う影響を相殺した。ただ、トレーディング収入が持続的に増加する可能性は低いとみられている。

JPモルガン、第2四半期はトレーディング収入好調 引当金は急増

米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>が14日発表した第2・四半期決算は減益となったものの、トレーディング収入の急増を追い風に1株利益は市場予想を上回った。

米Wファーゴ、第2四半期は08年以来の赤字 引当金積み増しが重し

米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>が14日発表した第2・四半期(6月30日まで)決算は、2008年の金融危機以降で初めて赤字に陥った。新型コロナウイルス感染拡大を受け貸し倒れ引当金を95億7000万ドル積み増したことなどが重しとなった。

NY市場サマリー(13日)ドルほぼ横ばい、S&Pとナスダック下落

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企 業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。 主要6通貨に対するドル指数は序盤の下げを取り戻し、終盤は0.07%安の 96.538。 ドルは先週まで3週連続下落。新型コロナウイルスの最悪期は過ぎたとの見方から、 投資家はリスク通貨に向かっている。 ただこの日は、カリフォルニア州のニューソム知事が州内の感染拡大に歯止めがかか らないこと受け、全州のバーやレストランの屋内営業停止のほか、感染拡大が深刻な地域 での教会、ジム、美容院などの閉鎖を再び指示した。 この...

ドルほぼ横ばい、今週は企業決算や小売指標が注目=NY市場

ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。

NY市場サマリー(10日)ナスダック最高値、ドル下落

<為替> ドルが下落。新型コロナウイルスワクチンを巡る期待からリスク選好が上向き、株価が値上がりする一方、ドルは売られた。ドル指数は週間で約1カ月ぶりの大幅な下げとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up