for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Nordstrom, Inc.

JWN.N

現在値

29.12USD

変化

-0.16(-0.55%)

出来高

168,795

本日のレンジ

28.88

 - 

29.33

52週レンジ

11.88

 - 

46.45

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
29.28
始値
29.20
出来高
168,795
3か月平均出来高
104.12
高値
29.33
安値
28.88
52週高値
46.45
52週安値
11.88
発行済株式数
158.92
時価総額
4,570.62
予想PER
19.41
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Nordstrom Inc Earnings Release

適時開示

その他

Nordstrom Reports Second Quarter 2021 Earnings, Raises Fiscal Year Outlook

Nordstrom Reports Q1 Loss Per Share Of $1.05

Nordstrom Posts Q4 EPS Of $0.21

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Nordstrom, Inc.とは

ノードストローム(Nordstrom, Inc.)は、米国を拠点とするファッション専門小売業者である。【事業内容】同社は、女性、男性、若年成人及び子供向けのプライベートラベルのアパレル、靴、化粧品及びアクセサリーを提供する。同社は、フルプライス及びオフプライス事業を含む小売事業セグメントを通じて顧客にサービスを提供する。同社の事業は、米国及びカナダのフルラインのNordstromストア、米国及びカナダのNordstrom Rackストア、Jeffrey boutiques、Last Chance clearanceストア、Trunk Club clubhouses及びNordstrom Localから構成される。また、同社の顧客は、Nordstrom.com、Nordstromrack.com、HauteLook及びTrunkClub.comを通じて、オンラインでサービスを受ける。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

1617 6th Ave

SEATTLE, WA

98101-1707

United States

+1.206.6282111

https://investor.nordstrom.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Peter E. Nordstrom

President, Chief Brand Officer, Director

James F. Nordstrom

President - Stores

Erik B. Nordstrom

Chief Executive Officer, Director

Anne L. Bramman

Chief Financial Officer

Geevy S. K. Thomas

President - Nordstrom Rack

統計

3.05 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

15.9K

2020

15.5K

2021

10.7K

2022(E)

14.5K
EPS (USD)

2019

3.610

2020

3.180

2021

-4.390

2022(E)

1.454
株価売上高倍率(過去12カ月)
19,698.63
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.34
株価純資産倍率(四半期)
17.05
株価キャッシュフロー倍率
7.11
総負債/総資本(四半期)
1,063.06
長期負債/資本(四半期)
1,063.06
投資利益率(過去12カ月)
0.00
自己資本利益率(過去12カ月)
0.00

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(25日)S&P・ナスダック最高値、利回り上昇

<為替> ドルがほぼ横ばい。市場では米年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でのパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の講演内容に関心が集まっている。

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値、半導体・金融銘柄に買い

米国株式市場は、半導体や金融銘柄に買いが入り、S&P総合500種とナスダック総合が終値ベースで再び最高値を更新した。リスク選好を覆すマイナス要因が見当たらない中、主要3指数はそろって上昇した。

アマゾン、米国で百貨店型の大規模実店舗を複数計画=WSJ

米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは米国で百貨店のような大型実店舗を複数始める計画だ。最初の開店はオハイオ州やカリフォルニア州などが見込まれるという。

米国株式市場=小幅高、長期金利安定

米国株式市場は小幅高で終了した。最近の米連邦準備理事会(FRB)当局者発言を受け、長期金利が落ち着いて推移した。

S&P・ナスダック連日で最高値更新、モメンタム株買い優勢

米国株式市場は続伸。S&P総合500種指数<.SPX>は4営業日連続で終値での最高値を更新した。新型コロナウイルスの流行以降、好調に推移している大型モメンタム株が引き続き選好された。

米ノードストローム、5─7月期は予想より大幅な赤字 売上高53%減

米高級百貨店ノードストローム<JWN.N>が発表した第2・四半期(8月1日まで)決算は、予想よりも大幅な赤字となった。新型コロナウイルスの感染拡大で同四半期のほぼ半分の期間に店舗を閉鎖していたことが背景。売上高も53%減少した。

米NY市で高級服飾店が営業再開、客足確保で大幅値引きも

米ニューヨーク市で24日、ノードストローム<JWN.N>やサックス・フィフスアベニューといった高級百貨店や米宝飾品大手ティファニー<TIF.N>旗艦店が営業を再開。マスクを着用した従業員が顧客を出迎えた。

米株3日続伸、早期景気回復期待高まる

米国株式市場は主要3株価指数が3日続伸した。5月の米小売売上高が大きく回復したことに加え、新たな景気刺激策が導入されるとの観測が出ていることで、米経済は予想よりも早く回復するとの期待が高まっている。

米小売業界、抗議デモ暴徒化で店舗閉鎖 コロナ禍に追い打ち

米ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性が白人警官の暴行によって死亡した事件への抗議デモが全米各地に広がり、暴徒化したデモ隊による略奪などが相次ぐ中、小売大手のターゲット<TGT.N>とウォルマート<WMT.N>は31日、各地の店舗を閉鎖したことを明らかにした。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(29日現在)

イタリア国家統計局(ISTAT)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前四半期比5.3%減と、現行方式の統計が始まった1995年以来で最大のマイナス幅となった。

米百貨店JCペニー、早ければ来週に破産法申請へ=関係筋

米百貨店JCペニー<JCP.N>が早ければ来週にも連邦破産法第11条の適用を申請する用意を進めていることが関係筋の情報で明らかになった。国内で展開する約850店舗の4分の1程度を閉鎖する計画という。

米老舗百貨店ニーマンが経営破綻、新型コロナの店舗閉鎖が打撃

米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループが7日、連邦破産法第11条の適用を申請した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う店舗閉鎖が影響した。コロナ禍による米百貨店大手の経営破綻は初めて。

米高級百貨店ニーマン・マーカス、投資家連合が身売り伴う融資案提示=関係筋

米高級百貨店ニーマン・マーカス・グループが近く破産法適用を申請するのに伴い、債権者から6億ドルの財務支援を取り付ける計画に対抗し、投資会社マドリック・キャピタル・マネジメントとヘッジファンドのサード・ポイントなどで構成する投資家グループが身売りの模索を条件とする融資案を提示したことが明らかになった。

米ギャップとニーマン・マーカス、新型コロナで店舗を一時閉鎖

は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2週間店舗を閉鎖する。

米ノードストローム、国内と加の店舗を一時閉鎖 業績予想撤回

米百貨店ノードストローム<JWN.N>は16日、米国とカナダの店舗を一時的に閉鎖するとともに、2020会計年度の業績見通しを撤回すると発表した。新型コロナウイルスの拡大抑制に向け、他社と歩調を合わせた。

焦点:ネット販売増で複雑化、見えにくい小売各社「真の実力」

クリスマス商戦の時期に同じ店舗を見て回るのが、マーシャル・コーエン氏の30年来の恒例行事だ。

アングル:年末商戦の勝敗、見極めは感謝祭明けの値引き具合

米国では感謝祭開けの金曜日、いわゆるブラックフライデーに当たる29日から年末商戦が始まる。株式市場で既に進行している勝ち組と負け組の選別は、商戦をきっかけに一層拍車が掛かるかもしれない。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが当初軟調だったものの、11月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)が7カ月ぶりの高水準を付けたことを受け、上昇に転じた。

米国株109ドル高、米中協議巡る発言好感 テスラさえず

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価<.DJI>は109ドル値上がりした。米中通商協議を巡る双方の発言が好感されたほか、底堅い経済指標も買い材料となった。

米コールズやホーム・デポの見通しさえず、年末商戦期待に冷や水

米百貨店コールズ<KSS.N>とホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が発表した四半期決算と業績見通しはともにさえない内容となり、今年の年末商戦に向けた市場の期待に水を差す格好となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up