for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ケロッグ・カンパニー

K.N

前日終値

63.35USD

変化

-0.35(-0.55%)

出来高

340,276

本日のレンジ

63.11

 - 

63.96

52週レンジ

51.37

 - 

74.96

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
63.70
始値
63.25
出来高
340,276
3か月平均出来高
55.94
高値
63.96
安値
63.11
52週高値
74.96
52週安値
51.37
発行済株式数
340.63
時価総額
21,579.03
予想PER
16.47
配当利回り
3.60

次のエベント

Q3 2019 Kellogg Co Earnings Release

適時開示

その他

Kellogg Company Announces Expiration And Final Tender Results

Kellogg Co Second Quarter 2019 Earnings Per Share Of $0.84

Kellogg Sets Regular Dividend Of $0.57 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ケロッグ・カンパニーとは

ケロッグ(Kellogg Company)は即席シリアルとインスタント食品の製造・販売に従事する会社である。【事業内容】同社の主力製品はクッキー、クラッカー、トースターペストリー、シリアルバー、フルーツスナック、冷凍ワッフルと野菜食品などの即席シリアルとインスタント食品を含む。同社のセグメントには穀物、トースターペストリー、健康とウェルネスバー、飲料を含む米国モーニングフーズ、クッキー、クラッカー、シリアルバー、風味スナック、フルーツ風味スナックを含む米スナック、食品サービス、自動販売機、ガールスカウト、食品製造業などを含む米国特産品、米国凍結、カシおよびカナダ事業セグメントを含む北米とその他、ヨーロッパ諸国で構成される欧州、中南米とメキシコを含むラテンアメリカ、サブサハラアフリカ、オーストラリア、その他のアジア太平洋市場で構成されるアジア太平洋地域などを含む。

業種

Food Processing

連絡先

1 Kellogg Sq

PO Box 3599

+1.269.9612000

https://www.kelloggcompany.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Steven A. Cahillane

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Christopher M. Hood

Senior Vice President, President of Kellogg North America

Gary H. Pilnick

Vice Chairman - Corporate Development and Chief Legal Officer

Amit Banati

Chief Financial Officer

Alistair D. Hirst

Senior Vice President - Global Supply Chain

統計

2.83 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

13.0K

2017

12.9K

2018

13.5K

2019(E)

13.5K
EPS (USD)

2016

3.740

2017

4.040

2018

4.330

2019(E)

3.846
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.57
株価純資産倍率(四半期)
8.15
株価キャッシュフロー倍率
15.45
総負債/総資本(四半期)
352.38
長期負債/資本(四半期)
311.77
投資利益率(過去12カ月)
6.58
自己資本利益率(過去12カ月)
4.77

最新ニュース

NY市場サマリー(1日)

<為替> ドルが対円で下落。トランプ米大統領がこの日、3000億ドル相当の中国製品に対し10 %の追加関税を9月1日から課すと発表したことを受けた。 トランプ大統領は一連のツイートで、中国が米農産品を購入するという約束を果たしていないと不満を 表明したほか、合成オピオイド「フェンタニル」の取り締まりで習近平・中国国家主席が十分な取り組みを 行っていないと批判した。 米中は今週、上海で閣僚級協議を開催。双方ともに協議は建設的だったと評したが、進展はほとんどな かったとみられ、交渉は長期化する見通しとなった。次回の会合は9月に米国で開く。...

UPDATE 1-米国株式市場=連日の大幅安、トランプ氏の対中関税発表を嫌気

(内容を追加しました) [ニューヨーク 1日 ロイター] - 米国株式市場は連日の大幅安となり、ダウ工 業株30種は280ドル値下がりした。当初は上げていたものの、その後トランプ 米大統領が対中関税の「第4弾」を9月に発動すると表明したことをきっかけに売りが一 気に膨らんだ。 トランプ大統領はツイッターへの投稿で「通商協議は継続している」としつつも、「 米政府は9月1日から、中国から輸入される3000億ドル相当の製品に対し、小幅な1 0%の追加関税を課す。今回の措置にはすでに25%の関税が課されている2500億ド ルの製品は含まれない」...

NY市場サマリー(2日)

<為替> ドルが大多数の通貨に対して上昇した。前日のパウエル連邦準備理事会(F RB)議長のインフレを巡る発言を受け、利下げ観測が後退したことが背景。 英ポンドは、イングランド銀行(英中央銀行)が欧州連合(EU)離脱で政策の先行き不透明性は引き続き高くな っているとの認識を示したことを受け下落した。 終盤の取引で主要通貨に対するドル指数は0.215%高の97.824となっている。 ドルは対ユーロで当初の下げから反転。ドイツ連邦統計庁が発表した3月の小売売上高指数が実質ベースで前月比 0.2%低下と、ロイターがまとめた市場予想の0.4%ほど...

米国株式市場=続落、エネルギー軟調 FRB議長発言の消化続く

米国株式市場は続落して取引を終えた。原油安につられてエネ ルギー株が下落した。前日のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長発言を消化し続けた。 S&Pエネルギー指数の下落がセクター別で目立ち1.71%安。米原油相場は供給過剰懸念 を背景に2%強下落した。 パウエル氏は、インフレの下押し要因による影響は一時的である可能性に言及した。 同氏の発言を受け、市場の年内利下げ予想が後退した。多くの投資家は、FRBの姿勢が理にかなうと みている。 ボケ・キャピタル・パートナーズのキム・フォレスト最高投資責任者(CIO)は「合理的な投資家が 現時点で利下...

米テスラ、オラクル創業者ら2人を独立取締役に 和解の一環

米電気自動車大手のテスラ<TSLA.O>は28日、オラクル<ORCL.N>創業者のラリー・エリソン氏と、米ドラッグストアチェーン大手、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA.O>の国際人事部門責任者、キャサリーン・ウィルソン・トンプソン氏を独立取締役に任命した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(31日)

(株式を更新しました) [31日 ロイター] - <為替> 米経済の底堅さが続いているとの見方を背景に、ドルが主要通貨バスケッ トに対して1年4カ月ぶりの高値を更新。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は0.08%上昇して97.09と、 昨年6月以来の高値を付けた。 ユーロは対ドルで0.24%下落した。月間で約2.5%値下がりし、5カ月ぶりの 大幅安となった。 英国のラーブ欧州連合(EU)離脱担当相は、EU離脱交渉について、合意が確実に 視野に入り、11月後半までにまとまる可能性があるとの見通しを議会への書簡で示した 。これを受け英ポンド...

UPDATE 2-米国株式市場=続伸、ハイテク株や好決算のGM上昇

(内容を追加しました) [ニューヨーク 31日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 25115.76 +241.12 +0.97 25008.8 25336. 25008. 2 55 82  前営業日終値 24874.64 ナスダック総合 7305.90 +144.25 +2.01 7276.62 7368.4 7270.6 9 3  前営業日終値 7161.65 S&P総合500 2711.74 +29.11 +1.09 2705.60 2736.6 2705.6 種 9 0  前営業日終値...

UPDATE 2-米国株式市場=ハイテク株主導で上昇、FRBの景気判断も追い風

(内容を追加しました) [27日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 26439.93 +54.65 +0.21 26418.2 26557. 26379. 7 01 95  前営業日終値 26385.28 ナスダック総合 8041.97 +51.60 +0.65 8021.22 8071.5 8017.9 6 1  前営業日終値 7990.37 S&P総合500 2914.00 +8.03 +0.28 2911.65 2927.2 2909.2 種 2 7  前営業日終値 2905.97 ダウ...

UPDATE 1-NY市場サマリー(5日)

(情報を追加します) [6日 ロイター] - <為替> イタリアのコンテ新首相が政府はユーロ圏からの離脱を検討したことはな いと言明したことを受け、ユーロが上昇した。これに伴い、これまで上向いていたドルは 下落に転じた。 コンテ首相は所信表明演説で、新興組織「五つ星運動」の公約である最低所得保障( ユニバーサル・ベーシックインカム、UBI)や右派政党「同盟」の公約である不法移民 の流入阻止が優先課題になると表明。ただその後議会で、新政権はユーロ離脱は考えてい ないと表明した。 コモンウエルス・フォーリン・エクスチェンジの首席市場アナリスト...

UPDATE 2-米国株式市場=指標堅調でS&P続伸、ナスダック連日最高値

(内容を追加しました) [ニューヨーク 5日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 24799.98 -13.71 -0.06 24820.1 24838. 24710. 2 78 82  前営業日終値 24813.69 ナスダック総合 7637.86 +31.40 +0.41 7621.36 7644.4 7602.3 8 8  前営業日終値 7606.46 S&P総合500 2748.80 +1.93 +0.07 2748.46 2752.6 2739.5 種 1 1  前営業日終値 2746.87...

アップルなどが決算発表、コスト高の影響に注目=今週の米株式市場

30日から始まる週の米株式市場では、コスト高や物価上昇が企業の業績に与える影響を見極めるため、投資家は各社の1─3月期決算に注目している。

UPDATE 2-米国株式市場=米利上げ受け小幅安、エネルギー株は堅調

(内容を追加しました) [ニューヨーク 21日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 24682.31 -44.96 -0.18 24723.49 24977.65 24655.40  前営業日終値 24727.27 ナスダック総合 7345.29 -19.02 -0.26 7347.50 7415.66 7325.35  前営業日終値 7364.30 S&P総合500種 2711.93 -5.01 -0.18 2714.99 2739.14 2709.79  前営業日終値 2716.94 ダウ...

訂正-UPDATE 1-NY市場サマリー(31日)

(金先物の前日比を訂正します) [31日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが小幅高。朝方発表された一連の堅 調な米経済指標を受けて上昇したものの、その後は伸び悩んだ。月間では2月以来の高い 伸びを記録する見通し。 米指標では、第3・四半期の雇用コスト指数が底堅い伸びを示したほか、10月のC B消費者信頼感指数は17年ぶり高水準に達した。同月のシカゴ地区購買部協会景気指数 も2011年3月以来の高水準となった。 これら指標を追い風に、主要6通貨バスケットに対するドル指数は一時上昇。 ただ、米連邦公開市場委員会(...

訂正-NY市場サマリー(31日)

(金先物の前日比を訂正します) [31日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが小幅高。朝方発表された一連の堅 調な米経済指標を受けて上昇したものの、その後は伸び悩んだ。月間では2月以来の高い 伸びを記録する見通し。 米指標では、第3・四半期の雇用コスト指数が底堅い伸びを示したほか、10月のC B消費者信頼感指数は17年ぶり高水準に達した。同月のシカゴ地区購買部協会景気指数 も2011年3月以来の高水準となった。 これら指標を追い風に、主要6通貨バスケットに対するドル指数は一時上昇。 ただ、米連邦公開市場委員会(...

UPDATE 2-米国株式市場=ダウ小幅高、消費者関連株がけん引

(内容を追加しました) [31日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 23377.24 +28.50 +0.12 23369.22 23406.35 23334.39  前営業日終値 23348.74 ナスダック総合 6727.67 +28.71 +0.43 6713.71 6737.75 6705.79  前営業日終値 6698.96 S&P総合500種 2575.26 +2.43 +0.09 2575.99 2578.29 2572.15  前営業日終値 2572.83 ダウ輸送株20種...

アングル:米で「植物性肉」人気、本物そっくりで消費者つかむ

動物性の肉の代わりに、見た目も食感も肉そっくりな「植物由来の肉」を使ったハンバーガーが、夏のバーベキューシーズン真っ盛りの米国で人気を博している。まだまだニッチな製品だが、世界の市場規模は2020年までに50億ドル(約5500億円)に達するとみられている。

今週の米株はFOMCや雇用統計に注目、アップルなど決算目白押し

5月1日からの週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米雇用統計、アップルやフェイスブックの決算など米株式市場の注目材料が目白押しだ。

米国株は主要指数が軒並み最高値、トランプ氏発言で大型減税期待

米国株式市場は上昇し、主要指数がそろって過去最高値を更新して引けた。トランプ米大統領が2、3週間のうちに税制に関する「驚くべき」発表をすると述べたことで、大型減税への期待感が強まった。

インドネシアのヤシ農園で労働搾取、大企業に供給=アムネスティ

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは30日、世界的な大企業にパーム油を供給するインドネシアの農園で、労働搾取が行われているとの調査結果を明らかにした。供給先の企業には、ユニリーバやネスレ、ケロッグ、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などが含まれるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up