for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KB Home

KBH.N

現在値

34.31USD

変化

0.13(+0.38%)

出来高

73,095

本日のレンジ

33.11

 - 

34.38

52週レンジ

9.83

 - 

42.12

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
34.18
始値
33.32
出来高
73,095
3か月平均出来高
30.91
高値
34.38
安値
33.11
52週高値
42.12
52週安値
9.83
発行済株式数
97.86
時価総額
3,094.81
予想PER
--
配当利回り
1.76

次のエベント

Dividend For KBH.N - 0.1500 USD

適時開示

その他

KB Home Raises Quarterly Cash Dividend 67%

Kb Home Reports 2020 Third Quarter Results

Kb Home Reports 2020 Second Quarter Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KB Homeとは

ケー・ビー・ホーム(KB HOME)は住宅建築会社である。【事業内容】同社は、一戸建ておよび戸建て住宅を含む住宅購入者向けに設計された新規住宅の販売・建設に従事する。同社は4つの住宅建設セグメントと1つの金融サービスセグメントにより構成される5つのセグメントを通じて運営する。住宅建設セグメントには西海岸、南西部、中央部および南東部が含まれる。住宅建設セグメントは主に住宅目的で土地の取得と開発に従事する。金融サービス事業は損害保険と地震・洪水・個人不動産保険を住宅購入者に提供し、中東および東南アジアの住宅市場にタイトルサービスを提供する 。同社は開発コミュニティ、都市のインフィル場所にある複合使用プロジェクトの一環としての住宅を提供する。

業種

Construction Services

連絡先

10990 Wilshire Blvd

LOS ANGELES, CA

90024

United States

+1.310.2314000

https://www.kbhome.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jeffrey T. Mezger

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Jeff J. Kaminski

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Matthew W. Mandino

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Brian James Woram

Executive Vice President, General Counsel

Albert Z. Praw

Executive Vice President - Real Estate and Business Development

統計

2.63 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

4.4K

2018

4.5K

2019

4.6K

2020(E)

4.1K
EPS (USD)

2017

1.850

2018

1.710

2019

2.850

2020(E)

2.945
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.28
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.68
株価純資産倍率(四半期)
1.30
株価キャッシュフロー倍率
9.04
総負債/総資本(四半期)
68.13
長期負債/資本(四半期)
68.13
投資利益率(過去12カ月)
7.35
自己資本利益率(過去12カ月)
6.14

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(27日)

<為替> ニュージーランド(NZ)ドルが対ドルで7週間ぶりの大幅安となった。NZ準備銀行(中央銀行)が次は利下げの可能性が高いと表明、世界成長鈍化に直面する中で新たにハト派色を打ち出した。

米国株式市場は下落、国債利回り低下を嫌気

米国株式市場は下落して終了した。米国債利回りが再び低下し、長短利回りの逆転が長期化していることで、米景気に対する懸念が高まっている。

米国株式市場は反発、米が新たな対中関税保留との報道で

米国株式市場は反発して取引を終えた。米国が新たな対中関税の発動を保留するとの報道を受け、両国間の摩擦緩和に期待が広がった。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が一部の業界幹部に対し、米中通商協議が進められる中、米政府は中国製品に対する新たな関税措置の導入を保留していると明らかにした。この報道を受けて株価は当初の下げからプラスに転じた。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 英ポンドが急落した。英政府は前日、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)協定の暫定合意案を閣議了承したが、これに抗議してラーブ離脱担当相が辞任したことを受けポンドが売られ、1日の下落としては対ユーロで2006年10月、対円で2月下旬以来の大きさとなった。EU離脱協定の暫定合意案を巡ってはラーブ氏のほか、マクベイ雇用・年金相らも辞任を表明。メイ首相の不信任投票を求める動きもあり、メイ氏は厳しい局面に立たされている。

NY市場サマリー(29日)

<為替> 欧州連合(EU)首脳らが難民・移民問題を巡って合意、ドイツのメルケル首相への圧力が和らいだと受け止められ、ドルが対ユーロで3営業日ぶり安値を付けた。

米国株は小幅高、ナイキ急伸 四半期では3指数すべてプラス

米国株式市場は小幅高。スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>の上げが目立った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up