for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kraft Heinz Co

KHC.O

前日終値

31.36USD

変化

0.35(+1.13%)

出来高

2,897,201

本日のレンジ

31.03

 - 

31.49

52週レンジ

24.86

 - 

52.74

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
31.01
始値
31.11
出来高
2,897,201
3か月平均出来高
159.65
高値
31.49
安値
31.03
52週高値
52.74
52週安値
24.86
発行済株式数
1,221.00
時価総額
38,222.33
予想PER
11.15
配当利回り
5.11

次のエベント

Q4 2019 Kraft Heinz Co Earnings Release

適時開示

その他

Kraft Heinz Reports Third Quarter 2019 Results

Kraft Heinz Declares Regular Quarterly Dividend Of $0.40/Share

Director Alexandre Van Damme Reports Open Market Purchase Of 250,000 Shares Of Kraft Heinz

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kraft Heinz Coとは

クラフト・ハインツ(The Kraft Heinz Company)は食品・飲料会社である。【事業内容】同社は調味料、ソース、チーズ、乳製品、食事製品、肉、飲料、コーヒーと他の食料品を含む食品・飲料製品の製造・販売に従事する。同社のセグメントは米国、カナダとヨーロッパを含む。同社はまたラテンアメリカ、アジア、中東、アフリカ(AMEA)等の他の国において事業を運営する。同社は自宅、レストラン等の食事場合に製品を提供する。ブランドには「Kraft」、「Heinz」、「Capri Sun」、「Lunchables」、「Maxwell House」、「Ore-Ida」、「Oscar Mayer」、「Philadelphia」、「Planters」及び「Velveeta」を含む。同社の製品は独自の販売組織、独立ブローカー、代理店と販売業者を通じて、チェーン、卸売、協同・独立食料品店、コンビニエンスストア、ドラッグ・ストア、バリュー・ストア、ベーカリーと薬局に販売される。

業種

Food Processing

連絡先

1 Ppg Pl

+1.412.4565700

http://www.kraftheinzcompany.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alexandre C. Behring

Independent Chairman of the Board

Miguel Patricio

Chief Executive Officer, Interim U.S. Zone President

John T. Cahill

Vice Chairman of the Board

Paulo Basilio

Global Chief Financial Officer

Pedro Drevon

Zone President of Latin America

統計

3.32 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

26.5K

2017

26.2K

2018

26.3K

2019(E)

25.1K
EPS (USD)

2016

3.330

2017

3.550

2018

3.530

2019(E)

2.807
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.51
株価純資産倍率(四半期)
0.74
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
59.36
長期負債/資本(四半期)
54.40
投資利益率(過去12カ月)
-10.56
自己資本利益率(過去12カ月)
-9.76

最新ニュース

最新ニュース

米株反落、通商合意巡る不透明感で アップル・FBは高い

米国株式市場は反落。アップル<AAPL.O>やフェイスブック<FB.O>が前日発表した四半期決算は好調な内容だったが、米中通商合意を巡る不透明感が重しとなった。

米株小反発、原油供給懸念が後退 FOMC決定に注目

米国株式市場は小反発。ダウ平均株価<.DJI>は33ドル高で取引を終えた。週末に起きたサウジアラビア石油施設攻撃を背景とした原油供給懸念が後退し、原油価格が大幅に値下がりした。市場は18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)決定を控え、様子見ムードとなった。

米S&P2カ月ぶり大幅高、指標受け貿易巡る懸念が後退

米国株式市場は上昇して取引を終えた。S&P総合500種<.SPX>は1日としては約2カ月ぶりの大幅な上昇率を記録した。市場予想を上回る米中の経済指標を受け、貿易を巡る懸念が一部和らいだ。

バフェット氏、クラフト・ハインツとWファーゴの株保有維持を示唆

米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は4日、自身が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ<BRKa.N>の株主総会で、食品大手クラフト・ハインツ<KHC.O>と米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>への投資に引き続きコミットする姿勢を示唆した。

ユニリーバ、第1四半期の実質増収率が予想上回る 新興国が好調

英蘭系日用品大手ユニリーバが18日発表した第1・四半期の売上高は予想を上回った。新興国が好調だった。

アングル:S&P500の大幅反発、けん引役はまたもハイテク株

米S&P総合500種株価指数<.SPX>は昨年末の急落後に大幅反発し、現在再び過去最高値に迫ろうとしている。上昇をけん引しているのは、またもやハイテク株だ。

スタバ、食品・小売新興企業向け新設ファンドに1億ドル出資へ

米コーヒーチェーン大手スターバックスは20日、食品・小売関連の新興企業に投資する新設ファンドに1億ドルを出資すると発表した。

クラフト・ハインツの統合に「払い過ぎた」、バフェット氏認める

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(88)は25日、食品大手クラフト・ハインツ<KHC.O>の統合に「払い過ぎた」との認識を示した。同時に保有株を手放すつもりはないとも強調した。

クラフト・ハインツの統合に「払い過ぎた」、バフェット氏認める

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は25日、食品大手クラフト・ハインツの統合に「払い過ぎた」との認識を示した。

バークシャー、第4四半期決算は赤字 保有株の下落など響く

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社のバークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が23日発表した第4・四半期決算は、保有株の下落や、同社投資先のクラフト・ハインツ<KHC.O>を巡る大規模な減損処理などを背景に、253億9000万ドルの赤字を計上した。

バフェット氏、株主への手紙でトランプ氏を暗に批判

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は23日、自らが率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>の株主に毎年恒例の手紙を送り、米経済の成長は自分の政策のたまものと自賛するトランプ大統領に異を唱えたほか、市場環境を考えると大型買収は難しいとの見方を示した。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが下落した。米中首脳が通商問題で合意する公算が大きいとの見方を示したことで、リスク資産に資金が流れたことが背景。

米国株式市場は反発、S&P終値3カ月ぶり高値 通商合意期待で

米国株式市場は反発。米中通商協議が進展しているとの期待から、S&P総合500は昨年11月8日以来の高値で引けた。S&Pは12月終盤に付けた安値から約19%上昇している。

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中通商協議への期待から鉱業株が買われ、全体水準を押し上げた。

ロンドン株式市場=反発、鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7178.60 +11.21 +0.16 7167.39 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。米中通商協議への期待から鉱業株が買わ れ、全体水準を押し上げた。 投資家らは米中通商協議で打開策が見出されるかどうかに注目している。前向きな見 方がある中で銅価格が上昇し、FTSE350種銀行株指数は2.21%上 昇した。 一方、日用品大手ユニリーバとレキット・ベンキーザーはともに1. 5%下落した。米食品大手クラフト・ハインツが四半期決算で損失を出したほか 、加工食品産業...

米株反落、アップル株下落や貿易楽観論後退で

米国株式市場は前日までの3連騰がストップし、反落して取引を終えた。業績見通しが失望を誘ったアップル<AAPL.O>が下落。また、トランプ政権幹部が対中貿易交渉を巡る楽観論を打ち消した。

NY市場サマリー(3日)

<為替> ドルは主要通貨に対し横ばい。この日発表された7月の米雇用統計では、伸びが市場予想を下回ったものの労働市場は引き締まった状態で、年内あと2回の米利上げ観測を支援した。

米株上昇、好調な企業決算受け 貿易懸念への反応は限定的

米国株式市場は上昇して取引を終えた。好調な企業決算を受け、貿易摩擦の激化や予想を下回る7月の米雇用統計への反応は限られた。

米国株式市場はハイテク株主導で大幅安、貿易摩擦巡り懸念強まる

米国株式市場は大幅安。米国と主要諸国との貿易摩擦がエスカレートの兆しを見せる中、S&P総合500とナスダック総合は2カ月以上ぶりとなる大幅な下げを記録した。

NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが下げ渋り。主要6通貨バスケットに対し一時3年ぶり安値をつけていたが、小幅押し戻された。ただ、週間では年初来7週間中で5週目の下げとなる見通し。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up