for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kraft Heinz Co

KHC.O

現在値

33.35USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

8

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

32.73

 - 

44.87

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
33.35
始値
0.00
出来高
8
3か月平均出来高
160.78
高値
--
安値
--
52週高値
44.87
52週安値
32.73
発行済株式数
1,225.44
時価総額
40,868.41
予想PER
12.36
配当利回り
4.80

次のエベント

Q3 2022 Kraft Heinz Co Earnings Release

適時開示

その他

Kraft Heinz Sees Long-Term Adjusted EPS Growth Of 6% To 8%

Kerry Group Acquires B2b Powdered Cheese Business Of Kraft Heinz

Kraft Heinz Announces Agreement To Sell B2B Powdered Cheese Business To Kerry Group

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kraft Heinz Coとは

クラフト・ハインツ(Kraft Heinz Co)は、世界的な食品・飲料会社である。【事業内容】セグメントには、米国、国際、カナダが含まれる。調味料とソース、チーズと乳製品、食事、肉、リフレッシュメント飲料、コーヒー、その他の食料品を含む食品と飲料製品を世界中で製造・販売する。「Kraft」、「Oscar Mayer」、「Heinz」、「Philadelphia」、「Lunchables」、「Velveeta」、「Maxwell House」、「Kool-Aid」、「Ore-Ida」、「Jell-O」、「Master」、「Quero」、「Golden Circle」、「Wattie's」など、さまざまなブランドで製品を提供する。製品は、独自の販売組織、独立したブローカー、代理店、およびディストリビューターを通じて、チェーン、卸売、共同および独立した食料品店、コンビニエンスストア、ドラッグストア、バリューストア、パン屋、薬局、量販店、クラブストア、フードサービスディストリビューター、およびホテル、レストラン、病院、医療施設、特定の政府機関などの機関に販売される。

業種

Food Processing

連絡先

1 Ppg Pl

PITTSBURGH, PA

15222-5415

United States

+1.412.4565700

https://www.kraftheinzcompany.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Miguel Patricio

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John T. Cahill

Vice Chairman of the Board

Andre Maciel

Global Chief Financial Officer, Executive Vice President

Melissa Werneck

Executive Vice President and Global Chief People Officer

Rashida La Lande

Executive Vice President, Global General Counsel, Chief Sustainability and Corporate Affairs Officer, Corporate Secretary

統計

2.68 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

25.0K

2020

26.2K

2021

26.0K

2022(E)

26.0K
EPS (USD)

2019

2.850

2020

2.880

2021

2.930

2022(E)

2.675
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.59
株価純資産倍率(四半期)
0.84
株価キャッシュフロー倍率
18.50
総負債/総資本(四半期)
42.87
長期負債/資本(四半期)
40.42
投資利益率(過去12カ月)
1.53
自己資本利益率(過去12カ月)
1.37

最新ニュース

最新ニュース

訂正(18日配信記事)-米バークシャー、オキシデンタル株追加購入 保有比率19.4%に

(18日配信の記事で、バークシャー側の発表により本文2段目の株式購入期間を「14─16日」から「14─18日」に訂正します。)

米バークシャー、シティグループ株など新たに取得 第1四半期

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは16日、第1・四半期にシティグループなど複数企業の株式を新たに取得したことを明らかにした。株式市場のボラティリティーを利用し、これまで主に現金で保有していた511億ドルを投入した。

米ゼネラル・ミルズ、通期売上高・利益見通し引き上げ

米食品大手ゼネラル・ミルズは23日、第3・四半期決算(2月末まで)を発表し、通期の売上高・利益の見通しを引き上げた。価格引き上げのほか、シリアルやスナックバー、ペットフードに対する強い需要が背景。

主要消費財メーカー、米国での追加値上げ計画

米主要消費財メーカーが今年、米国での価格を従来計画よりもさらに、または広範囲に引き上げる計画を発表した。ハーシーやクロロックスのほか、紙製品「クリネックス」を製造するキンバリー・クラークなどが含まれる。

米FTC、供給網混乱巡る調査に着手 アマゾンなど9社に説明要請

米連邦取引委員会(FTC)は29日、供給網の混乱を巡る調査に着手したと明らかにし、小売大手ウォルマートやアマゾン・ドット・コム含む大手9社に対し状況を詳細に説明するよう要請した。

バークシャーの第3四半期、営業利益18%増 手元資金は過去最大

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイが6日に発表した第3・四半期決算は、営業利益が18%増加した。株高を背景に一部株式を売却し、手元資金は過去最大となった。

米国株式市場=ダウ・S&P下落、ADP雇用報告が予想大幅に下回る

米国株式市場はまちまち。ダウ工業株30種とS&P総合500種が下落する一方、ナスダック総合指数は小幅高で取引を終了した。民間部門雇用者数の伸びが予想を大幅に下回ったことが嫌気された。

米クラフト・ハインツ、英工場に約1.99億ドル投資へ 今後4年で

米食品大手クラフト・ハインツは1日、米国の承認が得られれば、英北西部の食品製造施設に今後4年間で総額1億4000万ポンド(1億9883万ドル)を投資する計画を発表した。

2020年の世界食品販売、過去最高の伸び コロナ規制で家計需要増

市場調査会社カンターが21日公表した調査によると、2020年の世界の食品販売は前年比10%増加し、過去最高の伸びを記録した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う規制で在宅時間が増え、家庭での調理や飲酒が増加したことが背景という。

来年中の物価目標達成は困難、労働市場の溝深く=ボストン連銀総裁

米ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は17日、2022年末までに物価目標を達成するのは困難という見方を示した。

米クラフト・ハインツ、ナッツ事業売却で交渉 30億ドル=WSJ

米食品大手クラフト・ハインツがナッツブランド「プランターズ」を、米同業ホーメル・フーズに約30億ドルで売却する方向で交渉を行っていることがわかった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が2日、関係筋の話として報じた。

アングル:「ロックダウン2.0」、メーカーの想定外だった消費行動

英国が再びロックダウンに入るとのうわさが最初に広まると、近所のスーパーマーケットの棚からはまた、パンやトイレットペーパーが姿を消し、リアンヌ・バーンズさんは絶望感を抱いた。だが、驚いたことにほんの数日のうちに、在庫はすっかり回復したのである。

米企業、社員の大統領選投票を後押し 有給やフレックスタイム制

米企業各社は、11月の大統領選で社員の投票を後押しするため、様々な取り組みを行っている。投票所に行くための有給休暇を提供したりフレックスタイム制を導入する企業があるほか、新型コロナウイルスの影響でスタッフ不足が予想される投票所でのボランティアを推奨する企業もある。

アングル:コロナ自粛で米国消費が急変、浮いたお金で高額支出も

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で米国の消費財市場は様相が一変した。大きな理由は在宅勤務の普及だ。ロイターがさまざまな消費財の需要や価格の動向を分析した結果、衣料や食品まであらゆる消費財で、長年有効だった消費モデルが新型コロナ危機で激変したことが分かった。

バークシャー第2四半期、コロナで評価損98億ドル 自社株買い

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が8日発表した第2・四半期決算は純利益が前年同期比87%増加した。米アップル<AAPL.O>など保有銘柄の株価回復が寄与した。ただ、傘下の金属部品メーカー、プレシジョン・キャストパーツに関連した評価損98億ドルを計上するなど、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で事業部門に影響が広がっていることも浮き彫りになった。

米上院議員、新疆の強制労働対策求め商務長官に書簡

米上院外交委員会幹部のボブ・メネンデス議員(民主党)が10日、ロス商務長官に書簡を送付し、米企業は中国の新疆ウイグル自治区における「おぞましい」強制労働を故意に黙殺していると糾弾した。そのうえで、米国の企業と消費者に強制労働で生産された商品の購入を止めさせるよう求めた。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ユーロが対ドルで約2年ぶりの安値を付けた。中国で新型コロナウイルスの死者数と感染者数が急増したことを受け、ドルを含む米資産に買いが入ったことが背景。

米国株式市場=反落、新型肺炎巡る懸念で 決算も強弱まちまち

米国株式市場は前日の最高値から反落して取引を終えた。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念のほか、企業決算が強弱まちまちの内容となったことが背景。

米株反落、通商合意巡る不透明感で アップル・FBは高い

米国株式市場は反落。アップル<AAPL.O>やフェイスブック<FB.O>が前日発表した四半期決算は好調な内容だったが、米中通商合意を巡る不透明感が重しとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up