for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ケー・ケー・アル・アンド

KKR.N

現在値

48.57USD

変化

2.18(+4.70%)

出来高

1,493,760

本日のレンジ

46.88

 - 

48.59

52週レンジ

44.29

 - 

83.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
46.39
始値
47.24
出来高
1,493,760
3か月平均出来高
75.01
高値
48.59
安値
46.88
52週高値
83.90
52週安値
44.29
発行済株式数
592.61
時価総額
39,782.47
予想PER
10.72
配当利回り
1.35

次のエベント

Q2 2022 KKR & Co Inc Earnings Release

適時開示

その他

ASIC Says Avanteos Investments Fined A$1.7 Mln For Defective Disclosure Statements

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ケー・ケー・アル・アンドとは

ケー・ケー・アル・アンド(KKR & Co Inc)は、代替資産管理、資本市場、保険ソリューションを提供するグローバル投資会社である。【事業内容】プライベートエクイティ、クレジット、実物資産に投資する投資ファンドを管理し、ヘッジファンドを管理する戦略的パートナーを擁す。保険子会社は、リタイアメント、ライフ、及び再保険商品を提供する。資産運用事業は、投資家に資金を提供するための投資運用サービスを提供する。2つの事業セグメントを通じて運営する。資産運用事業セグメントには、プライベートマーケット、パブリックマーケット、キャピタルマーケット、プリンシパルアクティビティの4つの事業ラインがある。保険事業セグメントはGlobal Atlantic Financial Groupによって運営される。一連の保護、レガシー、貯蓄商品を顧客に提供し、再保険ソリューションを個人と機関投資家市場全体の顧客に提供する。主に、個人の固定金利年金、固定インデックス年金、及び対象となる生命保険商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

30 Hudson Yards

NEW YORK, NY

10001

United States

+1.302.3389793

エグゼクティブリーダーシップ

Henry R. Kravis

Co-Chairman of the Board

George R. Roberts

Co-Chairman of the Board

Joseph Y. Bae

Co-President, Co-Chief Executive Officer, Director

Scott C. Nuttall

Co-President, Co-Chief Executive Officer, Director

Robert H Lewin

Chief Financial Officer of KKR Management LLC

統計

1.94 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

3.7K

2020

4.0K

2021

6.9K

2022(E)

7.5K
EPS (USD)

2019

1.670

2020

1.780

2021

4.440

2022(E)

4.273
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.26
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.99
株価純資産倍率(四半期)
1.85
株価キャッシュフロー倍率
4.22
総負債/総資本(四半期)
242.73
長期負債/資本(四半期)
242.73
投資利益率(過去12カ月)
5.32
自己資本利益率(過去12カ月)
3.93

最新ニュース

最新ニュース

東芝の非公開化、買収額1株最大7000円を検討 総額3兆円=関係者

東芝に非公開化を提案しているファンドのうち、少なくとも1社が最大1株7000円で買収を検討していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者がロイターに明らかにした。22日の東芝終値を27%上回る価格で、実現すれば買収総額は3兆円になる。

マレリ向け債権取り立て不能の恐れ、みずほは3885億円

みずほフィナンシャルグループ、三井住友トラスト・ホールディングス、りそなホールディングスは31日、各子会社が保有する自動車部品大手マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)向け債権等に、取り立て不能または遅延の恐れが生じたと発表した。

米KKR、アジア企業向けクレジットファンド設立 11億ドル

米プライベートエクイティ(PE)大手のKKRは25日、アジア地域で企業にデットファイナンスを提供するクレジット(債券)ファンドを総額11億ドルで設立したと発表した。

欧州市場サマリー(17日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。中国が 新型コロナウイルス対策の規制を緩和するとの期待感から買いが優勢となった。ただ、堅 調な英雇用統計を受けたポンドの上昇が相場の重しとなり、上昇率は欧州株を下回った。 英国の2022年1─3月の失業率は1974年以来の低水準となった。一方、高イ ンフレの影響でボーナスを除いた実質賃金は前年比で2013年以来の大幅な落ち込みと なった。 INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は顧客向けメモで「雇用は引き続き保 たれているが、賃金上昇の勢いはやや衰えると思われる。これは、今後数カ月間はそれほ...

ロンドン株式市場=続伸、中国の新型コロナ規制緩和期待で

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。中国が新型コロナウイルス対策の規制を緩和するとの期待感から買 いが優勢となった。ただ、堅調な英雇用統計を受けたポンドの上昇が相 場の重しとなり、上昇率は欧州株を下回った。 英国の2022年1─3月の失業率は1974年以来の低水準とな った。一方、高インフレの影響でボーナスを除いた実質賃金は前年比で 2013年以来の大幅な落ち込みとなった。 INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は顧客向けメモで「 雇用は引き続き保たれているが、賃金上昇の勢いはやや衰えると思われ る。これは、今後数カ月間はそれほど...

米KKR、英電力会社コントゥールグローバルを22億ドルで買収へ

米プライベートエクイティ(PE)大手のKKRは17日、英電力会社コントゥールグローバルを17億5000万ポンド(21億6000万ドル)で買収すると発表した。再生エネルギー分野の拡大を目指す。

ホットストック:キトーが買い気配、KKR傘下グロスビーによるTOBが手掛かり

キトーが買い気配となっている。米クロスビーグループが16日、同社と経営統合すると発表し、手掛かりとなっている。

KKR傘下の米グロスビー、キトーにTOB 経営統合へ

キトーと米クロスビーグループは16日、経営統合すると発表した。クロスビーが10月下旬をめどにキトー株を公開買い付け(TOB)し、全株を取得する。

KKR、北米PE旗艦ファンド向けに190億ドル調達

投資ファンド、KKRは25日、同社の新たな北米プライベートエクイティ旗艦ファンド向けに投資家から190億ドルを調達したことを明らかにした。同社としては過去最大のファンドとなる。

日経平均は反落、米株などを嫌気 2万7000円台は維持

東京株式市場で日経平均は447円80銭安の2万7105円26銭と、4営業日ぶりに反落した。前日の米国株安や米長期金利の上昇を嫌気し、ハイテク株を中心に売りが先行。心理的節目の2万7000円を下回る場面がみられたが、売り一巡後は徐々に値を戻す展開となった。企業決算が本格化する前の週末ということもあり、積極的な売買は手控えられ、薄商いだった。

ホットストック:日立物流はストップ高、KKRに売却との報道

日立物流はストップ高買い気配。21日、日立製作所が売却の優先交渉権を米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に与えたと日本経済新聞が報じたことが好感されている。KKRは6000億円超で日立物流を買収し、非公開化する見通しという。筆頭株主の日立は株式の保有比率を現在の4割から1割に引き下げるとしている。

日立物流の株式売却、検討行ってるが現在決定した事実ない=日立

日立製作所は22日、日立物流株売却の優先交渉権を米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に与えたとする一部報道について、検討しているが決定した事実はないとのコメントを発表した。

アジア株式市場サマリー:引け(20日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [20日 ロイター] - 東南アジア株式市場は米株高に追随し総じて上昇した。 マレーシア市場は4日ぶりの上昇、タイ市場は続伸した。 市場は、世界経済概況をめぐり米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長と欧州中央銀行(EC B)のラガルド総裁、英イングランド銀行(中央銀行)のベイリー総裁が21日にどのような発言をするか に注目している。 中国株式市場は続落して引けた。中国人民銀行(中央銀行)は20日、銀行の貸出金利の指標となる最 優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)を予想に反し据え置いた...

KKR、サイバーセキュリティーのバラクーダ買収へ 約40億ドル

米プライベートエクイティ(PE)大手のKKRは12日、同業トーマ・ブラボーからサイバーセキュリティー企業バラクーダ・ネットワークスを買収すると発表した。買収額については明らかにしていない。

KKRのテレコム・イタリア買収交渉難航、財務情報開示巡り対立

米プライベートエクイティ(PE)大手KKRがイタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)に正式に買収提案する可能性が低下している。テレコム・イタリアの財務情報開示を巡り、双方が対立しているためだ。

三菱商、J-REIT運用会社をKKRに譲渡 1157億円で

三菱商事は17日、保有する三菱商事・ユービーエス・リアルティ(MC-UBSR)株をすべて米投資ファンドのKKRに譲渡すると発表した。事業ポートフォーリオの入れ替え・強化の一環で、譲渡価格は1157億円。

テレコム・イタリア、KKRとの正式交渉開始へ

イタリアの通信大手テレコム・イタリアは13日、108億ユーロ(118億ドル)で同社の買収を提案している米プライベートエクイティ(PE)大手KKRと正式な交渉を開始すると発表した。

テレコム・イタリア、分社計画を発表 通期は大幅赤字

イタリアの通信大手テレコム・イタリアは2日、会社を2つに分割する計画を明らかした。計画はピエトロ・ラブリオーラ新最高経営責任者(CEO)が独立路線を維持する前提でまとめた。

米アポロ、第4四半期は52%増益 クレジット管理収入が増加

米プライベートエクイティ(PE)投資会社アポロ・グローバル・マネジメントが発表した第4・四半期決算は、分配可能利益が4億8300万ドルと、前年同期比52%の大幅増となった。クレジット部門の管理・手数料収入が大幅に伸びた。

オリックス、純利益3100億円に上方修正 想定以上の「弥生」売却益で

オリックスは17日、子会社で会計ソフト大手の弥生(東京・千代田)の全保有株式を米投資ファンドKKRに売却すると発表した。売却額は非開示だが、2022年3月期(今期)の第4・四半期に1632億円の株式売却益を計上する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up