for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KLA テンコール・コーポレーション

KLAC.O

現在値

308.90USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

110.19

 - 

317.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
308.90
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
19.97
高値
--
安値
--
52週高値
317.60
52週安値
110.19
発行済株式数
154.46
時価総額
47,111.79
予想PER
24.45
配当利回り
1.18

次のエベント

Q2 2021 KLA Corp Earnings Release

適時開示

その他

Kla Corporation Reports Fiscal 2021 Q1 GAAP Earnings Per Share $2.69

KLA Sees Q1 GAAP Earnings Per Share $2.18 To $2.82

Kla Corporation Reports Fiscal 2020 Third Quarter Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KLA テンコール・コーポレーションとは

ケー・エル・アー(KLA Corporation)(KLA)(旧名:KLA-Tencor Corporation)半導体及び関連ナノエレクトロニクス産業向けにプロセス制御及びイールド管理ソリューションの提供を行う会社である。【事業内容】製品は、パッケージング、発光ダイオード(LED)、パワーデバイス、化合物半導体、データストレージなどの各種なハイテク産業、また、一般的な材料研究でも使用される。製品及びサービスは、世界中のベアウェハ、集積回路(IC)、リソグラフィレチクル(レチクルまたはマスク)及びディスクメーカーに使用される。検査・計測製品及び関連製品は、チップ製造、ウェハ製造、レチクル製造、パッケージ製造、化合物半導体、パワーデバイス、LED及びマイクロエレクトロメカニカルシステム(MEMS)製造、一般目的・ラボアプリケーション、並びに「K-T Pro」及び「K-T」サービス等のグループに分類される。改装されたKLAツールを製品のサービスとサポートとして提供する。

業種

Semiconductors

連絡先

1 Technology Dr

MILPITAS, CA

95035-7916

United States

+1.408.8753000

https://www.kla-tencor.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Edward W. Barnholt

Non-Executive Chairman of the Board, Independent Director

Ahmad A. Khan

President, Semi Conductor Process

Richard P. Wallace

President, Chief Executive Officer, Director

Bren D. Higgins

Chief Financial Officer, Executive Vice President

MaryBeth Beth Wilkinson

Executive Vice President, Chief Legal Officer and Corporate Secretary

統計

2.33 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

4.0K

2019

4.6K

2020

5.8K

2021(E)

6.4K
EPS (USD)

2018

8.000

2019

8.460

2020

10.350

2021(E)

12.476
株価売上高倍率(過去12カ月)
37.11
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.94
株価純資産倍率(四半期)
17.17
株価キャッシュフロー倍率
29.11
総負債/総資本(四半期)
124.51
長期負債/資本(四半期)
124.51
投資利益率(過去12カ月)
17.39
自己資本利益率(過去12カ月)
13.90

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:半導体装置関連は軟調、中国SMIC向け米輸出規制を嫌気

東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどの半導体製造関連銘柄は軒並み下落となっている。中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)向けの一部輸出に対して、米政府が規制を課したことが嫌気されている。ロイターが閲覧した米商務省の25日付の通知によると、SMICに特定の機器を輸出する企業は今後、事前に輸出許可を申請することが求められる。

米、中国SMIC向け輸出規制 「軍事利用リスク」理由

米政府が、中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>向けの一部輸出に規制を課したことが、米商務省の通知で明らかになった。同社に輸出された機器が軍事利用される「容認できないリスク」があるためという。

中国SMIC、米政府が禁輸リストへの追加を検討=関係筋

米トランプ政権は中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)<0981.HK>を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に加えるかどうか検討している。国防総省高官が4日、明らかにした。

EXCLUSIVE-中国SMIC、米政府が禁輸リストへの追加を検討=関係筋

米トランプ政権は中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に加えるかどうか検討している。国防総省高官が4日、明らかにした。

米政府の規制強化案は「残念」=ファーウェイ

の幹部は7日、同社への半導体供給を制限する米政府の計画について「残念だ」とコメントした。

焦点:米ハイテク企業の決算予想、半導体とソフトウエアで明暗

米ハイテク企業の第3・四半期決算の発表がまもなく本格化する。セクター全体は前年同期比で8%近い減益が予想されているが、セクター内では明暗が分かれる見通しだ。半導体企業の利益が大幅に落ち込む一方、情報技術(IT)関連などは総じて底堅いためだ。

NY市場サマリー(30日)

<為替> 米経済が他国をアウトパフォームしていることを示す兆候が一段と強くなったことを受け、ドル指数が1年4カ月ぶりの水準に上昇。

米国株式市場は3指数が1%超上昇、半導体・輸送株が高い

米国株式市場は反発、主要3指数が1%強上げて取引を終えた。安値拾いの買いが入り半導体や輸送株が底堅く上昇した。S&P500は前日、調整局面入りに迫る水準で引けたが、この日は主要11セクターが全て上昇した。

NY市場サマリー(30日)

<為替> 米経済が他国をアウトパフォームしていることを示す兆候が一段と強くな ったことを受け、ドル指数が1年4カ月ぶりの水準に上昇。 終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は0.4%上昇の97.004。一 時は97.02と、2017年6月30日以来の水準に上昇した。 ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズ(ワシントン)のシニア市場ア ナリスト、ジョー・マニンボ氏は「米経済のファンダメンタルズが堅調なことは、米国が 通商戦争による影響の回避に向け最も良好なポジションに付けていることを示しており、 ドル指数の上昇につながっている」...

米、中国半導体JHICCへの製品輸出を制限 新たな火種に

米商務省は29日、中国の福建省晋華集成電路(JHICC)に対する米国企業の輸出を制限したと発表した。同社の新型メモリーチップによって、米軍システム向けにチップを提供する米企業が脅かされる「重大なリスク」があると指摘した。

米S&Pとナスダック下落、ハイテク株値下がり

米国株式市場は、S&P総合500種とナスダック総合が下落して取引を終えた。米国の対中追加関税の可能性が意識されたほか、ソーシャルメディア企業への規制強化懸念などを受け、ハイテク株が値下がりした。

NY市場サマリー(6日)

<為替> ニューヨーク外為市場は、ドルが対円で下げ幅を拡大した。トランプ米大統領が米紙ウォールストリート・ジャーナルのコラムニストに、対日貿易問題を検討する可能性を明らかにしたとのCNBCテレビ報道が重しとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up