for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kuala Lumpur Kepong Berhad

KLKK.KL

現在値

21.46MYR

変化

-0.12(-0.56%)

出来高

28,400

本日のレンジ

21.24

 - 

21.70

52週レンジ

17.40

 - 

25.40

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
21.58
始値
21.50
出来高
28,400
3か月平均出来高
10.75
高値
21.70
安値
21.24
52週高値
25.40
52週安値
17.40
発行済株式数
1,078.48
時価総額
23,458.09
予想PER
--
配当利回り
2.30

次のエベント

Kuala Lumpur Kepong Bhd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Kuala Lumpur Kepong Says September Crude Palm Oil Production Was 79,113 MT

Kuala Lumpur Kepong August Production Figures

TSH Resources Says Units Enters Proposed Disposal Agreements With Taiko Plantations PTE

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kuala Lumpur Kepong Berhadとは

クアラ・ルンプール・ケポン(Kuala Lumpur Kepong Berhad)はプランテーション会社である。【事業内容】同社の主要事業はヤシ製品とゴムのプランテーションである。同社は3つの事業区分により構成される。プランテーション事業はパーム・オイル、パーム・カーネル、ラバー・ラテックス濃縮物、ラバー・ブロック・ラバー等の製品を含む。油脂化学製品事業はパーム・オイルから生産された生分解性界面活性剤であるスルホン化メチル・エステル(SME)を含み、再生可能な植物ベースの材料から各種タイプの脂肪酸、グリセリン、脂肪族アミド、石鹸チップとデリバティブを生産する。不動産事業は幼稚園と小学校の教育を提供する私立学校の建設を行う。パーム・オイル製品は粗パーム・オイル、精製・漂白・脱臭(RBD)パーム・オイルを含む。パーム・カーネルにはパーム・カーネル・オイルとパーム・カーネル・エクスペラー・ケーキを含む。

業種

Crops

連絡先

Bangunan Mayban Trust Ipoh

Level 9, No. 28, Jalan Tun Sambanthan,

30000

Malaysia

+60.5.2408000

https://www.klk.com.my/

エグゼクティブリーダーシップ

Raja Muhammad Alias Bin Raja Muhammad Ali

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Oi Hian Lee

Chief Executive Officer, Executive Director

Sean Meng Leong

Group Chief Financial Officer

Bala Subramaniam

Managing Director of Oleochemical Division

Jia Zhang Lee

Executive Director

統計

2.53 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, MYR)

2017

21.0K

2018

18.4K

2019

15.5K

2020(E)

17.5K
EPS (MYR)

2017

0.944

2018

0.707

2019

0.674

2020(E)

0.777
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.52
株価純資産倍率(四半期)
2.18
株価キャッシュフロー倍率
16.56
総負債/総資本(四半期)
62.66
長期負債/資本(四半期)
48.88
投資利益率(過去12カ月)
5.13
自己資本利益率(過去12カ月)
4.15

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー

東南アジア株式市場は軒並み大幅に上昇して引けた。バンコク市場は2カ月超ぶりの高水準。新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐり、初期段階の治験で有望なデータが得られたことが好感された。

東南アジア株式・引け=軒並み大幅高、ワクチン開発期待で

東南アジア株式市場は軒並み大幅に上昇して引けた。バンコク市場は2カ月超ぶりの高水準。新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐり、初期段階の治験で有望なデータが得られたことが好感された。

東南アジア株式・中盤=マレーシア、シンガポールなど下落

中盤の東南アジア株式市場は、複数の市場が下げている。米中貿易協議に大きな進展が見られないことで、投資家は引き続き神経をとがらせている。マレーシア政府が同国で重要な存在のパーム油業界に新たな食品安全基準を適用する方針を発表したことを受けて、クアラルンプール市場は下落した。

東南アジア株式・中盤=マニラ反発、クアラルンプールは続落

東南アジア株式市場は、マニラ市場が1%超反発している。9月のインフレ率が約3年ぶりの低水準に鈍化したことから、フィリピン中央銀行の追加利下げへの期待が浮上した。一方でクアラルンプール市場は、8月のマレーシアの輸出額が推計を大きく下回ったことが響き、続落している。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、リスク選好抑制で

中盤の東南アジア株式市場は、マニラ市場を筆頭に大半が下落。米政局や米中貿易に関する不安がリスク選好を抑制している。

東南アジア株式・引け=大半が下落、FRBの政策決定控え

東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。予想されている米利下げを控え、投資家らに慎重ムードが広がった。原油相場安を背景にしたバンコク市場の下げが目立った。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、FRBの政策決定控え

18日中盤の東南アジア株式市場の株価は米連邦準備制度理事会(FRB)による政策決定を前に警戒感が広がる中、大半が下落。市場では、18日まで2日間行われる連邦公開市場委員会(FOMC)でFRBが利下げを行うと見込まれている。

東南アジア株式・引け=マニラ2%超下落、ジャカルタ序盤の値を消す

東南アジア株式市場ではマニラ市場は2%超下落。不動産企業などが安かった。ジャカルタ市場は中央銀行の金融決定会合を控え、序盤の値を消し、下落して引けた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up