for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コカ・コーラ・カンパニー

KO.N

現在値

45.15USD

変化

1.24(+2.82%)

出来高

3,114,980

本日のレンジ

43.86

 - 

45.25

52週レンジ

36.27

 - 

60.13

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
43.91
始値
43.89
出来高
3,114,980
3か月平均出来高
376.26
高値
45.25
安値
43.86
52週高値
60.13
52週安値
36.27
発行済株式数
4,294.89
時価総額
188,588.70
予想PER
23.68
配当利回り
3.73

次のエベント

Q2 2020 Coca-Cola Co Earnings Release

適時開示

その他

Coca-Cola To Close Odwalla Juice Business - WSJ

Berkshire Hathaway Says It Ended Q1 With $137.3 Bln Cash And Equivalents

The Coca-Cola Company Announces Strategic Partnership With Microsoft

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コカ・コーラ・カンパニーとは

コカ・コーラ(The Coca-Cola Company)は飲料会社である。【事業内容】同社は非アルコール性飲料ブランドの所有またはライセンス供与及びマーケティングを行い、炭酸飲料を主要製品として、水、強化水、ジュースと果汁飲料、インスタント茶とコーヒー、スポーツ飲料、乳製品とエネルギー飲料を含む各種スチル飲料を提供する。同社は欧州・中東・アフリカ事業、ラテンアメリカ事業、北米事業、アジア太平洋事業、ボトリング投資事業、及びコーポレート事業を含む。同社は「Coca-Cola」、「Diet Coke」、「Fanta」及び「Sprite」等の非アルコール性炭酸飲料ブランドの保有・マーケティングを行う。同社は500以上の非アルコール飲料ブランドの所有・ライセンス供与・販売を行う。同社は飲料ベースと呼ばれる飲料濃縮物、噴水シロップを含むシロップ、完成した発泡性とスチル飲料の販売・製造・販売を行う。

業種

Beverages (Nonalcoholic)

連絡先

1 Coca Cola Plz NW

ATLANTA, GA

30313-2420

United States

+1.404.6762121

http://www.coca-colacompany.com

エグゼクティブリーダーシップ

James R. Quincey

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Brian J. Smith

President, Chief Operating Officer

John Murphy

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Nikos Koumettis

President of the Europe, Middle East and Africa Group

Alfredo Rivera

President - Latin America Group

統計

2.05 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

35.4K

2018

31.8K

2019

37.3K

2020(E)

32.8K
EPS (USD)

2017

1.910

2018

2.080

2019

2.110

2020(E)

1.852
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.07
株価純資産倍率(四半期)
10.38
株価キャッシュフロー倍率
16.35
総負債/総資本(四半期)
277.53
長期負債/資本(四半期)
171.24
投資利益率(過去12カ月)
17.04
自己資本利益率(過去12カ月)
11.05

最新ニュース

最新ニュース

フェイスブック、400社超が広告掲載停止 ヘイトスピーチ問題で

米フェイスブック<FB.O>がヘイトスピーチ(憎悪表現)対策に苦慮している。コカ・コーラ<KO.N>やスターバックス<SBUX.O>など名だたる企業がフェイスブックへの広告掲載のボイコットに参加を表明。ボイコット中止を狙ったぎりぎりの協議も成果はなく、400社以上の企業広告が7月1日から1カ月間、消える。

米FRB、たばこ大手やバークシャー子会社の社債を購入

米連邦準備理事会(FRB)が6月中旬までに4億2800万ドル相当の個別企業の社債を購入したことが、28日公表のデータで明らかになった。対象企業には小売大手・ウォルマートやたばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社、バークシャー・ハザウェイの公益事業子会社が含まれた。

米ペプシコ、第1四半期利益が予想上回る コロナ規制で菓子好調

米清涼飲料大手ペプシコ<PEP.O>が28日発表した第1・四半期決算(3月21日まで)は、調整後の利益が予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大で外出制限が敷かれる中、スナックやオートミール、パンケーキミックス粉などの売り上げが伸びた。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(22日現在)

中国で最近、新型コロナウイルス感染拡大が特に顕著な黒竜江省ハルビン市は22日、市外からの移動の制限を一段と強化した。現地の政府系メディアによると、市民および市内で登録されている車両以外は、住宅地に入ることを禁じた。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(22日現在)

トルコのエルドアン大統領は21日、国内の新たな新型コロナウイルス感染者数が横ばいになり始めており、トルコは5月下旬のイスラム教の断食(ラマダン)開けに通常生活に戻ることを目指すと述べた。国営アナドル通信が伝えた。

米株続落、原油安・企業業績が懸念材料

米国株式市場は続落して終了した。原油価格の急落に加え、企業の業績見通し悪化を受け、深刻な景気減速に対する懸念が高まっていることが重しとなった。

米コカ・コーラ、1-3月期決算は予想上回る 今期はコロナ直撃

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が21日発表した第1・四半期決算(3月27日まで)は、売上高と利益が予想を上回った。一方、今第2・四半期については、新型コロナウイルスの影響が響くと警告した。

米企業決算シーズン本格化、バランスシートなどに注目

米企業の決算シーズンが20日からの週に本格化する。投資家にとっては、新型コロナウイルスによる企業のバランスシートへの影響などについて手掛かりを得る機会となる。

米主要スポンサー、東京五輪の1年延期を支持

2020年東京五輪の米主要スポンサーは、国際オリンピック委員会(IOC)と安倍晋三首相が合意した1年程度の延期に支持を表明した。スポンサー契約に詳しい専門家によると、多額の協賛金の返金は求めないとみられる。

インド、全土に外出禁止令 南アジアで新型コロナ懸念高まる

新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、南アジアでは24日、インドで全国的な外出禁止令が発令されたほか、パキスタンで小売店の営業停止などの措置が取られた。アフガニスタンでは駐留している北大西洋条約機構(NATO)部隊で4人の感染が確認された。

アングル:東京五輪に不透明感、動揺するスポンサー企業

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が本格化し、7月からの東京五輪・パラリンピック開催に不透明感が漂い始めた。国際オリンピック委員会(IOC)をはじめ、主催者側は中止も延期もないと強く主張しているが、多額の協賛金を支払う五輪のスポンサー企業の間には動揺がみられる。

米議員、ウイグル強制労働防止法案を公表

米有力議員は11日、中国・新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族の強制労働で製造された商品の対米輸入を防ぐ「ウイグル強制労働防止法案」をまとめた。

米上院議員、新疆の強制労働対策求め商務長官に書簡

米上院外交委員会幹部のボブ・メネンデス議員(民主党)が10日、ロス商務長官に書簡を送付し、米企業は中国の新疆ウイグル自治区における「おぞましい」強制労働を故意に黙殺していると糾弾した。そのうえで、米国の企業と消費者に強制労働で生産された商品の購入を止めさせるよう求めた。

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中通 商協議の先行き不透明感が相場の重しとなった。 トランプ米大統領は講演で、米中通商協議の進展について新たな情報を明らかにしな かった。香港のデモが和らぐ兆しがないことと合わさり、金融大手HSBCなど アジアへのエクスポージャーが高い銘柄が値を下げた。投資家は米中通商協議に注視して いる。両国関係の緊張緩和や関税撤廃に向けた動きがみられる中でも投資家は米中が正式 に合意に至るまで慎重な姿勢を保っている。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬のアストラゼネカなどの 輸出銘柄は買われ、FTSE100...

ロンドン株式市場=反落、米中通商協議に先行き不透明感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7351.21 -14.23 -0.19 7365.44 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中通商協議の先行き 不透明感が相場の重しとなった。 トランプ米大統領は講演で、米中通商協議の進展について新たな情 報を明らかにしなかった。香港のデモが和らぐ兆しがないことと合わさ り、金融大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い 銘柄が値を下げた。投資家は米中通商協議に注視している。両国関係の 緊張緩和や関税撤廃に向けた動きがみられる中でも投資家は米中が正式...

南ア向けに企業が総額240億ドルの投資約束=ラマポーザ大統領

南アフリカのラマポーザ大統領は6日、国内外の企業が総額約3600億ランド(240億ドル)相当の南ア向け投資を約束したと明らかにした。

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とボーイング<BA.N>を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで下落。英国と欧州連合(EU)が前日に新たな離脱協定案で合意し、英国の無秩序なEU離脱が回避される見通しになったことで、ユーロ圏が景気後退(リセッション)を回避するとの期待が広がった。

米コカ・コーラ、第3四半期売上高が予想上回る ミニ缶好調

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が18日発表した第3・四半期(9月27日まで)決算は、売上高が市場予想を上回った。「コカ・コーラゼロシュガー」などソーダのミニ缶販売が好調だった。

訂正:NY市場サマリー(23日)

<為替> 前日にトランプ大統領と議会指導部が2年間の借り入れ権限の延長と歳出枠の設定で合意したことを受け、ドル指数が約5週間ぶりの水準に上昇。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up