for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コカ・コーラ・カンパニー

KO.N

現在値

59.77USD

変化

0.24(+0.40%)

出来高

1,753,063

本日のレンジ

59.48

 - 

59.99

52週レンジ

44.43

 - 

60.06

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
59.53
始値
59.51
出来高
1,753,063
3か月平均出来高
238.86
高値
59.99
安値
59.48
52週高値
60.06
52週安値
44.43
発行済株式数
4,280.00
時価総額
256,855.30
予想PER
--
配当利回り
2.67

次のエベント

Coca-Cola Co at Consumer Analyst Group of New York Conference

適時開示

その他

Coca-Cola Reports Q4 Earnings Per Share $0.47

Hard Rock International Announces Global Partnership With The Coca-Cola Company

Coca Cola HBC Enters Into Deal With Coca-Cola Co's Unit European Refreshments

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コカ・コーラ・カンパニーとは

コカ・コーラ(The Coca-Cola Company)は飲料会社である。【事業内容】同社は非アルコール性飲料ブランドの所有またはライセンス供与及びマーケティングを行い、炭酸飲料を主要製品として、水、強化水、ジュースと果汁飲料、インスタント茶とコーヒー、スポーツ飲料、乳製品とエネルギー飲料を含む各種スチル飲料を提供する。同社は欧州・中東・アフリカ事業、ラテンアメリカ事業、北米事業、アジア太平洋事業、ボトリング投資事業、及びコーポレート事業を含む。同社は「Coca-Cola」、「Diet Coke」、「Fanta」及び「Sprite」等の非アルコール性炭酸飲料ブランドの保有・マーケティングを行う。同社は500以上の非アルコール飲料ブランドの所有・ライセンス供与・販売を行う。同社は飲料ベースと呼ばれる飲料濃縮物、噴水シロップを含むシロップ、完成した発泡性とスチル飲料の販売・製造・販売を行う。

連絡先

1 Coca Cola Plz NW

+1.404.6762121

http://www.coca-colacompany.com

エグゼクティブリーダーシップ

James R. Quincey

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Brian J. Smith

President, Chief Operating Officer

John Murphy

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Nikos Koumettis

President of the Europe, Middle East and Africa Group

Manuel Manuel

President of the Asia Pacific Group

統計

2.23 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

35.4K

2018

31.8K

2019

37.3K

2020(E)

39.0K
EPS (USD)

2017

1.910

2018

2.080

2019

2.110

2020(E)

2.259
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.89
株価純資産倍率(四半期)
13.52
株価キャッシュフロー倍率
24.82
総負債/総資本(四半期)
225.29
長期負債/資本(四半期)
144.97
投資利益率(過去12カ月)
16.39
自己資本利益率(過去12カ月)
10.60

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中通 商協議の先行き不透明感が相場の重しとなった。 トランプ米大統領は講演で、米中通商協議の進展について新たな情報を明らかにしな かった。香港のデモが和らぐ兆しがないことと合わさり、金融大手HSBCなど アジアへのエクスポージャーが高い銘柄が値を下げた。投資家は米中通商協議に注視して いる。両国関係の緊張緩和や関税撤廃に向けた動きがみられる中でも投資家は米中が正式 に合意に至るまで慎重な姿勢を保っている。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬のアストラゼネカなどの 輸出銘柄は買われ、FTSE100...

ロンドン株式市場=反落、米中通商協議に先行き不透明感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7351.21 -14.23 -0.19 7365.44 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中通商協議の先行き 不透明感が相場の重しとなった。 トランプ米大統領は講演で、米中通商協議の進展について新たな情 報を明らかにしなかった。香港のデモが和らぐ兆しがないことと合わさ り、金融大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い 銘柄が値を下げた。投資家は米中通商協議に注視している。両国関係の 緊張緩和や関税撤廃に向けた動きがみられる中でも投資家は米中が正式...

南ア向けに企業が総額240億ドルの投資約束=ラマポーザ大統領

南アフリカのラマポーザ大統領は6日、国内外の企業が総額約3600億ランド(240億ドル)相当の南ア向け投資を約束したと明らかにした。

米国株は下落、ボーイングとJ&Jが重し

米国株式市場は下落して終了した。企業決算はおおむね好調だったものの、中国の経済成長が鈍化したことに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)<JNJ.N>とボーイング<BA.N>を巡るマイナスのニュースが出てきたことでリスク選好度が後退した。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで下落。英国と欧州連合(EU)が前日に新たな離脱協定案で合意し、英国の無秩序なEU離脱が回避される見通しになったことで、ユーロ圏が景気後退(リセッション)を回避するとの期待が広がった。

米コカ・コーラ、第3四半期売上高が予想上回る ミニ缶好調

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が18日発表した第3・四半期(9月27日まで)決算は、売上高が市場予想を上回った。「コカ・コーラゼロシュガー」などソーダのミニ缶販売が好調だった。

訂正:米国株式市場=過去最高値に迫る、米中協議に楽観的な見方

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価は177ドル高で取引を終えたほか、S&P総合500種とナスダック総合が過去最高値に迫った。飲料のコカ・コーラ<KO.N>や航空機エンジン・機械のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)<UTX.N>の決算を好感して買いが集まった。

訂正:NY市場サマリー(23日)

<為替> 前日にトランプ大統領と議会指導部が2年間の借り入れ権限の延長と歳出枠の設定で合意したことを受け、ドル指数が約5週間ぶりの水準に上昇。

UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、米国株高を好感 上値では利益確定売りも

(内容を追加して更新します。) [東京 24日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     21620.88 22362.92 19241.37              +204.09 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9月 21695(円建て) 限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。前日の米国株主要3指数はそろって上 昇し、為替も1ドル108円前半で安定している。投資家心理は悪くなく、東京市場は上昇してスタートし そうだ。ただ...

米国株式市場=ダウ177ドル高、コカ・コーラなど決算好感

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価は17 7ドル高で取引を終えた。飲料のコカ・コーラや航空機エンジン・機械のユナイテ ッド・テクノロジーズ(UTC)の決算を好感して買いが集まった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27349.19 +177.29 +0.65 27231.8 27368.8 27204.5 6 1 8  前営業日終値 27171.90 ナスダック総合 8251.40 +47.27 +0.58 8242.50 8251.83 8193.89  前営業日終値 8204.14 S&P総合500 3005.47...

米コカ・コーラ、通年見通し引き上げ 株価は最高値更新

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が23日公表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。事業の買収・売却や為替の影響を除いた本源的売上高(オーガニックセールス)の通年見通しを引き上げた。新しいコーヒー事業やゼロシュガーソーダ需要に注力する。

米コカ・コーラ、通年見通し引き上げ 株価は最高値更新

米飲料大手コカ・コーラが23日公表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。事業の買収・売却や為替の影響を除いた本源的売上高(オーガニックセールス)の通年見通しを引き上げた。新しいコーヒー事業やゼロシュガーソーダ需要に注力する。

UPDATE 1-今日の株式見通し=小動き、決算本格化前で様子見 ハイテク株には底堅さも

(内容を追加して更新します) [東京 23日 ロイター] -             前営業日終値 年初来高値 年初来安値 日経平均      21416.79 22362.92 19241.37             -50.20 2019年4月24日 2019年1月4日 シカゴ日経平均先物9月限 21390(円建て) きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小動きとなりそうだ。あすから本格化する 国内企業の4―6月期決算発表を前に様子見姿勢が強まりやすい。前日の米国市場でハイ テク・半導体関連株が買われたことから、東京市場でも同様の...

ウーバーが経営陣刷新、COOやマーケティングトップ退任=メモ

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>のコスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は、ブランド立て直しに向けた経営陣の刷新を発表した。

ロンドン株式市場=続落、米中貿易摩擦への懸念で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7310.88 -37.74 -0.51 7348.62 週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。中国の通信機器 大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米政府の制裁措置を受けて米 中貿易摩擦への懸念が高まっている。軟調な決算を発表した欧州格安航 空会社(LCC)大手ライアンエアも相場の重しとなった。 米アルファベット傘下のグーグルがファーウェイとの一 部取引を停止したことで、米中貿易摩擦が悪化するとの見方が台頭。C MCマーケッツの主任市場アナリスト、デービッド・マデン...

焦点:米国経済の悲観払しょく、足元の企業業績や指標で

米国の住宅市場に関する暗いニュースが相次いだことから、住宅建設大手パルトグループ<PHM.N>の今週の四半期決算も最悪の内容になるのではないかと投資家は気をもんでいた。

米S&Pとナスダック最高値、企業決算を好感

米国株式市場は幅広い銘柄に買いが入り、S&P総合500種とナスダック総合が終値としての過去最高値を更新した。一部企業決算が好調だったことで、景気減速懸念が緩和したことが背景。

米コカ・コーラ、第1四半期の業績好調 本源的売上高は6%増

米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>の第1・四半期決算は、売上高と利益が予想を上回った。株価は約3%値上がりした。

米コカ・コーラ、第1四半期の業績好調 本源的売上高は6%増

米飲料大手コカ・コーラの第1・四半期決算は、売上高と利益が予想を上回った。株価は序盤の取引で2%強値上がりした。

決算発表が集中、「業績リセッション」に注目=来週の米株式市場

来週の米株式市場では、企業の決算発表が集中する。企業業績が2四半期連続で減益となる「業績リセッション」を回避できるかを見極める上で重要な週になりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up