for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コカ・コーラ・カンパニー

KO.N

現在値

63.54USD

変化

0.10(+0.16%)

出来高

4,509,305

本日のレンジ

63.26

 - 

63.72

52週レンジ

54.02

 - 

67.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
63.44
始値
63.45
出来高
4,509,305
3か月平均出来高
306.51
高値
63.72
安値
63.26
52週高値
67.20
52週安値
54.02
発行済株式数
4,324.51
時価総額
274,347.10
予想PER
25.54
配当利回り
2.77

次のエベント

Q4 2022 Coca-Cola Co Earnings Release

適時開示

その他

Berkshire Says About 73% Of Aggregate Fair Value Was Concentrated In Five Companies As Of Sept 30

Coca-Cola Co Files For Mixed Shelf Size Not Disclosed - SEC Filing

Coca-Cola Reports Third Quarter 2022 Results And Raises Full-Year Guidance

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コカ・コーラ・カンパニーとは

コカ・コーラ(Coca-Cola Co)は、飲料会社である。【事業内容】セグメントには、欧州・中東・アフリカ、ラテンアメリカ、北米、アジア太平洋地域、グローバルベンチャー、ボトリング投資が含まれる。コカ・コーラ、スパークリングフレーバー、水分補給、スポーツ、コーヒー・紅茶、栄養、ジュース、乳製品、植物性飲料、新興国飲料などのカテゴリーに分類される多様な飲料ブランドを所有またはライセンス供与し、販売する。「コカ・コーラ」、「スプライト」、「ファンタ」、「ダイエットコーク」、「コカ・コーラゼロシュガー」の5つのノンアルコール発泡性飲料ブランドを所有・販売する。水分補給、スポーツ、コーヒー、お茶のブランドには、「クオリアス」、「綾鷹」、「ボディアーマー」、「シエル」、「コスタ」、「ドガダン」、「ダサニ」、「フューズティー」、「ジョージア」、「グラソースマートウォーター」、「グラソービタミンウォーター」、「ゴールドピーク」、「パワード」などがある。栄養ドリンク、ジュース、乳製品、植物性飲料のブランドには、「AdeS」、「Del Valle」、「fairlife」、「innocent」、「Minute Maid」、「Minute Maid Pulpy」、「Simply」がある。製品は約200カ国以上で消費者に提供される。

業種

Beverages (Nonalcoholic)

連絡先

1 Coca Cola Plz NW

ATLANTA, GA

30313-2420

United States

+1.404.6762121

https://www.coca-colacompany.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James R. Quincey

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John Murphy

President, Chief Financial Officer

Henrique Braun

President - International Development

Nikolaos Koumettis

President of the Europe Operating Unit

Alfredo Rivera

President of the North America Operating Unit

統計

2.11 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

37.3K

2020

33.0K

2021

38.7K

2022(E)

42.7K
EPS (USD)

2019

2.110

2020

1.950

2021

2.320

2022(E)

2.484
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.81
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.48
株価純資産倍率(四半期)
12.03
株価キャッシュフロー倍率
24.37
総負債/総資本(四半期)
173.59
長期負債/資本(四半期)
155.50
投資利益率(過去12カ月)
14.03
自己資本利益率(過去12カ月)
10.89

最新ニュース

最新ニュース

フランスとスペイン、ガソリン新車販売停止の宣言に加わる

フランスとスペインは17日、エジプトで開催中の国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)で、ガソリン車など内燃機関を用いる自動車の新車販売を2035年までに停止する宣言に新たに加わった。従来計画を5年前倒しする

コカ・コーラが通期見通し引き上げ、7─9月実質利益・売上は予想超え

米飲料大手コカ・コーラは25日、本業の売上高と調整後1株利益について通期見通しを引き上げた。製品を値上げしたものの、今のところ需要が堅調を維持しているためだ。

NY市場サマリー(25日)新首相就任でポンド上昇、米債利回り低下 株3日続伸

<為替> 英ポンドが対ドルで6週間ぶり高値を付けた。英国で25日、スナク新首相が就任したことを受け、リスク心理が改善した。将来の利上げペースを巡る懸念がくすぶる中、主要通貨に対するドル指数は3週間ぶり安値に沈んだ。

米国株式市場=3日続伸、ダウ337ドル高 利上げペース鈍化観測で

米国株式市場は続伸して取引を終えた。軟調な経済指標で米連邦準備理事会(FRB)の積極的金融引き締めが効果を現していることが示された。長期金利の低下も株高の一因となった。

メキシコ新経済相、国税トップのブエンロストロ氏が就任

[メキシコシティ 7日 ロイター] - メキシコのロペスオブラドール大統領は7日、ラケル・ブエンロストロ氏を新たな経済相に任命した。クルティエル前経済相は国のエネルギー部門統制強化を巡って、6日に辞任していた。

米ツイッターへの広告停止相次ぐ、児童ポルノ関連投稿と並列表示で

マツダや英家電大手ダイソン、米誌フォーブスなど世界の主要企業数社が相次いで、米ツイッターへの広告出稿を一部停止している。各社がロイターに明らかにした。ツイッター上で各社の広告が、児童ポルノへ誘導する投稿と並んで表示されたため。

ペプシコ、ロシアで生産停止 発表から半年

米飲料大手ペプシコは、ロシアで炭酸飲料「ペプシ」「マウンテンデュー」「セブンアップ」の製造を中止したことをロイターに明らかにした。

焦点:コカ・コーラやマックも、ロシア撤退企業が直面する商標乱用

ロシアのウクライナ侵攻を受けてコカ・コーラやマクドナルドなど西側の有名企業が続々とロシアから撤退したが、同国ではその後コピー商品や無許可輸入が横行しており、企業は長年にわたる法廷闘争に直面している。撤退した企業に対してロシア法廷は冷たく、闘争はリスクの高い賭けとなりそうだ。

UPDATE 1-NY市場サマリー(26日)ドル上昇・債券利回り低下、米株下落

(株のリポートを追加しました) [26日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対し上昇。リセッション(景気後退)懸念が 強まっていることが背景。27日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)声明に も注目が集まる。一方、ユーロは下落。ガス供給懸念が圧迫要因となった。 欧州連合(EU)は26日のエネルギー相会合で、ロシアからの天然ガス供給が停止 する事態に備えて8月から来年3月まで自主的にガス使用量を15%削減する案を承認し た。 米小売大手ウォルマートの通年利益見通し下方修正を嫌気し米株価は下落。 リスク選好度の低下...

米国株式市場=下落、ウォルマート業績予想受け小売株売られる

米国株式市場は下落して取引を終えた。小売大手ウォルマートが25日、通年の利益見通しを下方修正したことを受け、小売り関連株が売られた。また、コンファレンス・ボード(CB)が26日発表した7月の消費者信頼感指数が約1年半ぶりの低水準を記録したことも重しとなった。

アングル:米消費まちまち、安価必需品への需要旺盛 高額商品購入も衰えず

[ニューヨーク/ロンドン 26日 ロイター] - 約40年ぶりの物価高に直面する米経済がリセッション(景気後退)に向かっている兆候を示すか見極めようと、投資家は第2・四半期の企業決算を注視している。安価な食品や日用品、ファストフードなどへの需要が旺盛となる半面、旅行関連支出や5万ドルを超えるピックアップトラックなど高額商品の購買意欲も衰えていない。これまでに発表された決算からは、米経済の約3分の2を占める個人消費は強弱まちまちのシグナルを発している。

米コカ・コーラ、通期売上高見通し上方修正 旺盛な飲料需要で

[26日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラは26日、通期売上高見通しを上方修正した。コスト上昇を受けて値上げするものの、炭酸飲料への旺盛な需要が追い風になるという。

企業決算に注目、ドル高逆風 FOMCも焦点=今週の米株式市場

25日からの週の米株式市場は、ドル高や物価高騰が企業の業績に及ぼしている影響について手掛かりを得ようとアップルやマイクロソフト、コカ・コーラなど一連の決算に関心が集まる。

ペプシコ、通期の売上高予測を上方修正 数カ月以内に再値上げも

米清涼飲料大手ペプシコは12日、通期の売上高予測を引き上げた。また、物価は上昇しているものの、飲料や菓子類の需要が持続しているとして、数カ月以内にさらに値上げを実施する可能性があると明らかにした。

ペプシコ、通期の売上高予測を上方修正

米清涼飲料大手ペプシコは12日、通期の売上高予測を引き上げた。物価は上昇しているものの、ソーダやスナックの需要が持続していることが背景。

インド、ストローなど使い捨てプラ禁止、最大の公害要因に対策

インドは1日、ストローからタバコ容器まで広範囲な製品について使い捨てプラスチックの使用を禁止した。公害悪化への対策を講じた形で、規制繰り延べを求めた食品・飲料・消費在業者の訴えを退けた。

ロシア産コーラ「チェルノゴロフカ」に商機、米同業撤退で

米清涼飲料大手コカ・コーラと同業ペプシコがロシアでの炭酸飲料の販売を停止したことを受け、ロシア生まれの飲料「コーラ・チェルノゴロフカ」のメーカーが商機に期待を膨らませている。

「ビッグマック」新製品名で販売続く、マクドナルド撤退のロシア

ロシアにあるマクドナルドのフランチャイズ店のほとんどは12日、新ブランド名と新オーナーの下で営業を再開したが、一部の店舗では同社の「ビッグマック」が販売されている。ただ、製品名は「ボリショイ・バーガー」や「ビッグ・バーガー」に代わった。

米マクドナルド、ロシア事業売却へ 費用最大14億ドル

ファストフードチェーン大手の米マクドナルドは16日、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、ロシア事業の売却手続きを開始したと明らかにした。

米バークシャー、シティグループ株など新たに取得 第1四半期

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは16日、第1・四半期にシティグループなど複数企業の株式を新たに取得したことを明らかにした。株式市場のボラティリティーを利用し、これまで主に現金で保有していた511億ドルを投入した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up