for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Keppel Corporation Limited

KPLM.SI

現在値

6.51SGD

変化

-0.01(-0.15%)

出来高

841,100

本日のレンジ

6.51

 - 

6.56

52週レンジ

5.04

 - 

7.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6.52
始値
6.55
出来高
841,100
3か月平均出来高
87.58
高値
6.56
安値
6.51
52週高値
7.00
52週安値
5.04
発行済株式数
1,819.61
時価総額
11,870.04
予想PER
13.48
配当利回り
5.06

次のエベント

Half Year 2022 Keppel Corporation Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Keppel Corp Announces Completion Of Divestment Of Entire Interest In Keppel Logistics Pte.

Keppel Corp Says It Completed Divestment Of Stake In Indo-Trans Keppel Logistics Vietnam

Keppel Corp Says It Signs Power Purchase Agreement With Electricite Du Laos

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Keppel Corporation Limitedとは

ケッペル・コーポレーション(Keppel Corporation Limited)は、投資持株および管理会社である。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。オフショアアンドマリン(O&M)セグメントは、世界のオフショアエネルギーおよび海洋セクターにサービスを提供する。インフラストラクチャセグメントのポートフォリオは、電力とガス、環境工学、ロジスティクス、およびデータセンターのビジネスで構成される。プロパティセグメントは、デジタル接続されたコミュニティを作成するために、住宅、オフィス、商業開発および統合開発を開発する。投資セグメントは、資産管理、都市ソリューション、通信事業で構成される。ケッペルキャピタルは、主要なグローバル市場における不動産、インフラストラクチャ、データセンターの資産を含む多様なポートフォリオを持つ。

業種

Electric Utilities

連絡先

1 Harbourfront Avenue

#02-01 Keppel Bay Tower

098632

Singapore

+65.6.2706666

https://www.kepcorp.com/en/

エグゼクティブリーダーシップ

Leong Kay Teoh

Non-Executive Non Independent Chairman of the Board

Chin Hua Loh

Chief Executive Officer, Executive Director

Hon Chew Chan

Chief Financial Officer, Chairman of Keppel Land ltd

Devarshi Das

Chief Executive Officer - Infrastructure, Keppel Capital Alternative Asset Pte Ltd

Chiang Jopy

Chief Executive Officer of Keppel Infrastructure Fund Management Pte Ltd, the Trustee-Manager of Keppel Infrastructure Trust ( KIT)

統計

1.80 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2019

7.6K

2020

6.8K

2021

8.6K

2022(E)

8.5K
EPS (SGD)

2019

0.388

2020

0.079

2021

0.559

2022(E)

0.484
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.67
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.38
株価純資産倍率(四半期)
0.98
株価キャッシュフロー倍率
8.38
総負債/総資本(四半期)
99.67
長期負債/資本(四半期)
60.28
投資利益率(過去12カ月)
5.10
自己資本利益率(過去12カ月)
3.14

最新ニュース

最新ニュース

テマセク傘下のリグ建造部門が合併、数十億ドル規模 業界低迷で

シンガポールの石油掘削装置(リグ)建造大手セムコープ・マリン(セムマリン)は、複合企業ケッペルで同業を手掛ける海洋部門と合併することで合意した。規模は数十億ドル。政府系投資会社テマセクの支援を受ける両社は業界の低迷に対応するため、1年前から交渉を進めていた。

SPH買収、企業連合が条件引き上げ 再びケッペル上回る

シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)への買収を提案している不動産開発業者3社の連合「カスケーデン・ピーク」は15日、買収条件を約39億シンガポールドル(28億8000万米ドル)に引き上げたと発表した。同じく買収提案している複合企業ケッペルを上回った。

テマセク出資の企業連合、SPHに買収提案 ケッペル上回る額で

シンガポール政府系投資会社テマセクの出資先を含む不動産開発業者3社で構成する企業連合は29日、メディア事業などを手掛けるシンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)を33億4000万シンガポールドル(24億8000万米ドル)で買収する提案を発表した。

テマセク出資の企業連合、SPHに買収提案 ケッペル上回る額で

シンガポール政府系投資会社テマセクの出資先を含む不動産開発業者3社で構成する企業連合は29日、メディア事業などを手掛けるシンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)を33億4000万シンガポールドル(24億8000万米ドル)で買収する提案を発表した。

訂正:FB、北米と東南アジア結ぶ海底ケーブル敷設へ グーグルと提携

米フェイスブック(FB)は29日、グーグルなどとの提携プロジェクトとして、シンガポール、インドネシア、北米をつなぐ2本の新たな海底ケーブルを敷設すると発表した。

アジア株式市場サマリー:引け(4日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [4日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3355.3666 - 29.6140 - 0.87 3336.4076 3360.1061 3328.5518 前営業日終値 3384.9806 中国 CSI300指 4770.219 -46.876 -0.97 4737.237 4778.203 4726.556 数 前営業日終値 4817.095 香港 ハンセン指数 24695.45 -312.15 -1.25 24668.80 24813.96 24488.64...

東南アジア株式・中盤=大半が下落、クアラルンプールは上昇

東南アジア株式市場は大半が下落。米雇用統計の発表を前に、米国市場の急落が投資家の不安を高めている。

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [28日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3403.8066 + 53.6938 + 1.60 3346.2893 3405.8768 3339.6494 前営業日終値 3350.1128 中国 CSI300指数 4844.265 +112.920 +2.39 4727.292 4850.488 4719.353 前営業日終値 4731.345 香港 ハンセン指数 25422.06 +140.91 +0.56 25330.77 25749.40 25258.16...

東南アジア株式・中盤=まちまち、シンガポールが高い

中盤の東南アジア株式市場はまちまち。0427GMT(日本時間午後1時27分)時点でシンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)が1.82%高。前日の米国株の値上がりに追随した。

アジア株式市場サマリー(11日)

東南アジア株式市場は、大半が上昇して取引を終えた。最近の中国の景気回復の兆しや、一段の外国資金流入が相場を押し上げた。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、シンガポールは下げる

11日の東南アジア株式市場は、大半が上昇して取引を終えた。最近の中国の景気回復の兆しや、一段の外国資金流入が相場を押し上げた。

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、中国の景気支援方針を好感

東南アジア株式市場は、軒並み上昇。最大貿易相手国である中国が貸出金利を引き下げるとともに、一段の景気対策を打ち出す方針を表明したことが好感された。

シンガポール、出稼ぎ労働者に「水上ホテル」 新型コロナ対策

シンガポール政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけるため、出稼ぎ労働者向けに「水上ホテル」を用意する計画だ。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米中合意と景気減速めぐる不安で

中盤の東南アジア株式市場は、大半がマイナス圏で取引されている。米中貿易合意をめぐる先行き不透明感が、新たな協議を前に再燃する一方、世界的な景気減速をめぐる不安が引き続き市場の地合いを揺るがしている。

アジア株式市場サマリー:引け(22日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [22日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2954.3799 + 14.7620 + 0.50 2945.6001 2954.6415 2934.3873 前営業日終値 2939.6179 中国 CSI300指 3895.881 +15.041 +0.39 3896.315 3897.435 3870.549 数 前営業日終値 3880.840 香港 ハンセン指数 26786.20 +60.52 +0.23 26813.81 26844.29 26698.30...

東南アジア株式・引け=米中貿易合意を期待、マニラが高い

22日の東南アジア株式市場の株価は、マニラ市場を筆頭に、軒並み上昇して引けた。米中貿易摩擦が解決するとの期待から投資家の買いが再燃した。

テマセク、ケッペルの経営権取得を提案 30億ドル

は、同国の複合企業ケッペル・コープ<KPLM.SI>の経営権を約41億シンガポールドル(30億1000万米ドル)で取得することを提案した。

東南アジア株式・引け=まちまち、シンガポールは4日ぶり反発

東南アジア株式市場の株価は、強弱まちまちの展開となる中、シンガポール市場が4営業日ぶりに反発した。主要銘柄ケッペル・コープとセムコープ・インダストリーズが負債を抱えるブラジル企業と和解に達したことを受けて値上がりし、ストレーツ・タイムズ指数(STI)を押し上げた。一方でジャカルタ市場は消費者関連株と銀行株主導で下げた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up